3月の走行記録

 3月の走行記録を書いてみます。

2011年10月に青空号を買って以来、今年の1月まではほぼ毎月1000km走ってきましたが、2月は寒かったり山に行くことが多くて500kmを切ってしまいました。

3月はその分を取り戻すべく、積極的に走りましたよ~。

バイク1,208km、ラン57km、スイム8.5kmでした。



今月もワシワシ走るど~(^^ゞ。

ランをもう少し増やさないとなぁ。

今日は雨でした。
昼休みに、いつもなら走れないのでプールで泳ぐところですが、傘をさして職場近くの桜の写真を撮りに行きました。

こういう時間は大切ですね。

ヨウコウザクラだそうです。

c0236857_21212219.jpg


ソメイヨシノ。

c0236857_21213222.jpg


モクレン。

c0236857_2121482.jpg


c0236857_2121577.jpg



ポチっとしていただけたら嬉しいです。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

# by piyopiyodesu | 2013-04-02 21:25 | ロードバイク | Comments(4)  

無補給で160km

 3月31日、再びヴァームの体脂肪燃焼効果を確かめるべく、無補給で160km走ってみました。

日曜日だけどいつもと同じ6時半に起きて、いつものように新聞を読みながら優雅な朝食を食べました。
いつもと同じ、トースト1枚、低脂肪乳400ml、グレープフルーツ1個です。

合計490kcalです。

どんより曇って寒そうだったのでグズグズしていたら、せっかく早起きしたのに家を出るのが9時前になっちゃった(^^ゞ。

もちろん30分ほど前にスーパーヴァームを1袋飲んで出掛けました。

160km走って5時過ぎに帰宅するまで、水以外は一切口にしなくても、ハンガーノックに陥ることなく走り通すことができました。

ほどほどに休憩はしましたけどね。

水は家から持って行った浄水器を通した水道水の他に、「いろはす」のみかん味を1L飲んだので、それが170kcal あります。
それだけです。

走行データです。
走行距離:159.64km
走行時間:6h6m
平均時速:26.14km
平均CAD:88

前回と同様に、ちょっとお腹が空いたなぁと思うものの、脚が動かなくなるようなことはありませんでした。

2時間に1回ぐらい強い空腹感を感じるんですけど、そのうちおさまりました。

9時から5時まで水(と言っても170kcalありますが)しか飲まず、休憩したとは言え160kmもの距離を走ることができたのは、間違いなく体脂肪がエネルギーに変わったからでしょうね。

もしも、ヴァームを飲まずに同じことをしたらどうなっていたでしょう?

これはボクの想像ですが、走り始めて何時間か後に間違いなくハンガーノックに陥るでしょうね。

それでも、しばらく待っていれば徐々に体脂肪がエネルギーに変わり始めて、また走られるようになると思いますが、ハンガーノック前のペースを維持するのに十分なエネルギーが供給されるのかどうかは経験がないのでわかりません。

普通は、運動を始めるとまず血中のグルコース(糖)や、筋肉や肝臓に含まれるグリコーゲンがエネルギーとして使われ、運動開始後30分ぐらいたってから体脂肪が燃え始めるが、ヴァームを運動開始30分前に飲むことによって、始めから体脂肪が燃え始めると、明治は説明しています。

しかも、ヴァームを飲むことによって、飲まない場合よりも、エネルギー源としての体脂肪の使用比率が高まるそうです。

自分で体験した以上、たしかにそんな効果があると思わざるを得ませんね。

グルコースやグリコーゲンがエネルギーに変わると、乳酸が発生します。
乳酸は再びエネルギーに変わるので、乳酸の発生そのものは決して「悪」ではないのですが、乳酸を代謝してエネルギーに変える作業が追い付かないでどんどん乳酸が溜まってしまうと、筋肉が疲労して動かなくなってきます。

ところが、脂肪がエネルギーに変わっても、乳酸が発生しないんですね。

ということは筋肉が疲労しないってことなのかな?

乳酸だけが疲労を引き起こすわけじゃないでしょうが、この点もなんとなくですが体感できたような気がしました。

数値で表すことができないので、あくまでもボクの主観なのですが、長い上り坂を途中でタレルことなく上れた気がするんです。

例えば、こんな長い上り坂があったとします。
これは坂の頂上から見下ろしたところです。

c0236857_2021290.jpg


いつものボクなら、まずはシッティングで上り始めて、徐々にギアを軽くしていきます。
やがて、シッティングで上ることに疲れたり、違う筋肉を使おうと思ってギアを2段ぐらい重くしてダンシングで上るでしょう。
そのうち、ダンシングでも疲れてしまって再びシッティングのインナーローで上るけれど、すぐにまた疲れて結局ダンシングでゆっくり上る。

たいていいつもこんな感じです。

ところが、今日はこんな坂は幾つもあったのですが、始めのシッティングからダンシングに切り替えたらそのままの勢いで頂上まで案外楽に上ることができたんです。

はじめは、クランクを165mmに換えた効果かな?と思ったのですが、どうもそれだけではなさそうだと思ったんですね。

平坦路を出力80%以下ぐらいのペースで巡航するような場合は、主に遅筋が働いているので、乳酸は発生しにくいんですが、登り坂をそこそこのペースで上るような場合は遅筋だけでなく速筋が働いて乳酸が発生しやすい状況になるハズなのですが、今日はタレズに頂上までそこそこのペースで上れたってことは、乳酸の発生量が少なかったのではないかと思いました。

筋肉のパフォーマンスに心肺機能(酸素供給)が追い付いてない感じがしました。

佐用町(旧南光町)のるり寺の山門です。

c0236857_2030061.jpg


母の実家がこのすぐ近くなので、子供の頃から何度も何度も見てきた仁王像です。

c0236857_20304537.jpg


巨大絵馬です。

c0236857_2031378.jpg


120kmぐらいから徐々に右の股関節が痛くなってきました。
実は60kmぐらいから既に痛かったのですが、気のせいだ気のせいだと思いながら走っていたんです。

もはや、気のせいではすませられないぐらいにひどく痛くなってきちゃった。

気のせいじゃなかったんだ!

DHpで長距離を維持できるようになってきた頃から時々痛みを感じていたのですが、ちょっと痛いぐらいで済んでいたんです。

ところが、この日はどんどん痛みが増していきました。

何が悪いんだろう?
何か原因があるはずだ。

短期間のうちに、DHbを着けたし、サドルを前に出したし、ハンドルを下げたし、サドルを換えたし、クランクも換えたし・・・・・疑わしいモノがたくさんあり過ぎて特定できません(^^ゞ。

DHpで低い姿勢で走ると痛くなるようだったので、ハンドルを一気に下げ過ぎたかな?と思い、6mm上げてみました。

だけど、すぐには痛みはひきませんよね。

サドルを下げてみたり上げてみたり・・・・・・。

ダメです。
どんどん痛くなってきて右脚ではペダルが回せないぐらいになってきました。

右のクリートを外して左脚だけでペダルを回したり、下り坂では脚を止めたりしても右股関節の痛みはひきませんでした。

コンビニでトイレ休憩したら、歩くのも苦痛に感じるほど痛いし、下り坂でしばらく脚を止めた後で回そうとすると、思わず「うっ」とか「あっ」とか声が出るぐらい痛くて、これはマズイ!と思いノロノロ運転でなんとか姫路城まで戻ってきました。

この10kmはきつかったなぁ。

いつもは門の中までバイクで入っていくのですが、今日は観光客で混んでいたので、バイクは押して歩いても入場禁止でした。

姫路城の桜はまだやっと3分咲きぐらいですね。

c0236857_2043275.jpg


c0236857_20433764.jpg


20年に1度の三ツ山大祭がこの日に開幕だったので、総社にも寄ってみました。
全国の神々を三基の『置き山』にお招きして、あらゆる災厄を取り除くという祭礼だそうです。

神様をお迎えする三基の『置き山』のうちの『小袖山』です。
市民から集めた着物が貼り付けてあります。

バチアタリにも、小袖山に青空号を立て掛けています(^^ゞ。

神々をも恐れぬ不届き者です(^^ゞ。

c0236857_20452728.jpg


ムカデを退治しているところだそうな。

c0236857_20475100.jpg


c0236857_20474217.jpg


c0236857_2047554.jpg


c0236857_2048490.jpg


五色山(ごしきやま)です。

c0236857_20483777.jpg


五色山にも青空号を立て掛けて写真を撮ろうとしたら、すぐ近くにいた警備員のおじさんにハンドマイクで

「そこに立て掛けたらあかん!」
と叱られてしまいました。
ごもっとも~(^^ゞ。

マイク使わんでも聞こえるがな(^^ゞ。

こんな神を冒涜する行為が吉と出るか凶と出るか!

c0236857_20502798.jpg


二色山(にしきやま)です。

c0236857_2051014.jpg


c0236857_20511244.jpg


こんなかわいいお稚児さんが大勢いましたよ。

c0236857_20515416.jpg


写真を撮って帰り始めると、な~んと右股関節の痛みが劇的におさまっているではないですか!

全く痛くないわけではないんだけど、ペダリングには殆ど支障がないぐらいで、DHpの時だけまだ少し痛いかなぁっていう程度だったので、またガシガシと走って帰りました。

きっとフレンドリーなボクの振る舞いを全国の神々様が喜んで、よってたかって治してくれたんでしょうね(爆)。
災厄を取り除く祭礼の霊験あらたかでした~。
『吉』と出てよかったのだ~(^^ゞ。


1日待って、1日の夜に体脂肪率を測定しました。
わかりやすいように並べてみますね。

3月27日、ヴァームを飲む前。
体重60.6kg 体脂肪率12.1% 総体脂肪量7330g

3月28日、ヴァームを飲んで無補給でトライアスロン。
翌日の3月29日の夜に測定。
体重59.6kg 体脂肪率11.9% 総体脂肪量7090g

3月31日、ヴァームを飲んで無補給で160kmバイク。
翌日の4月1日の夜に測定。
体重60.4kg 体脂肪率11.2% 総体脂肪量6760g

もうちょっと長期的なデータを集めないと確かなことは言えませんが、今のところは着実に体脂肪量は減少してきていますね。


こんなルートを走りました。




次は、デュアル燃料のハイブリッド走行を試してみようと思います。

うちの近所の菜の花です。

c0236857_2111439.jpg


c0236857_21111694.jpg



ポチっとしていただけたら嬉しいです。
よろしくお願いしますね~。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

# by piyopiyodesu | 2013-04-01 20:52 | ロードバイク ロング | Comments(10)  

スローパンクしたタイヤのその後

 前々回の記事の続きです(^^ゞ。

間にヴァームの記事が入ったので分断してしまいました(^^ゞ。

たった一日の出来事で引っ張るね~(^^ゞ。

枯渇に備えて、記事は一定数は備蓄しておかないとね(^^ゞ。

帰宅後、スローパンクしたタイヤに、パンク防止剤NOTUBESを追加で入れてみました。

コンチネンタルとTUFOのチューブラータイヤは、バルブコアだけを外すことができます。

専用の小さなプラスティックの工具でバルグコアを外します。
簡単に外れます。
この時に、前もって空気を抜いておかないと、ゆるんだバルブコアが飛んでいくかもしれないので要注意です。

c0236857_8393643.jpg


NOTUBESをよく振ってから適量を計量カップにとります。

c0236857_8421265.jpg


注射器で10mlほど入れてみました。

c0236857_8425632.jpg


c0236857_843619.jpg


タイヤ全体に行きわたるように回転させて、穴が開いた部分を下にしてしばらく放置しておいたのですが、空気漏れは止まりませんでした。

おそらく、10mlを全体に行きわたらせたことによって、穴を塞ぐのに十分な量が穴の部分に溜まらなかったのだろうと思ったので、さらに7mlぐらい追加して、回転させずに穴の部分を下にして放置しました

そうすると塞がりました。
これでもう大丈夫です。穴が開いた部分の内側にはNOTUBESの層ができてしっかり穴を塞いでくれているハズなので、もうしばらくの間、このタイヤが使えると思います。

スローパンクしたのが24日で、28日には109km走りましたが、空気漏れはありませんでした。

めでたしめでたし(^^ゞ。


ポチっとしていただけたら嬉しいです。
よろしくお願いしますね(^^ゞ。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

# by piyopiyodesu | 2013-03-31 17:38 | 小ネタ | Comments(0)  

無補給でトライアスロン

 先日、超人気ブログ『自転車コギコギ日記』で、ヴァームのことが紹介してありました。

『ヴァームが効いたと思った日』

です。
読まれた方も多いのではないでしょうか。
まだ読んでない方は、先にコギコギさんの記事を読んでからこの記事を読んでみてくださいね。

その方が話が判りやすいと思います。

説明マル投げ(^^ゞ。

自転車に乗り始める何年も前に、仕事帰りにプールで泳いでいた頃にヴァームを飲んでいました。
特に太っていたわけではないのですが、腹の肉が気になり始めていたので、脂肪が燃えやすいという謳い文句につられて試しに飲んでいたっていう感じでした。

その時は、特に効果らしきものは感じられず、高木ブーが出演していたCMが記憶に残っていただけでした。

「ババッババッバヴァーム、ババッババッバヴァーム」っていうCM覚えていませんか?

コギコギさんの記事を読んで、何でも自分で試してみないと気が済まないボクは、早速ヴァームを買ってきました。

一番高いスーパーヴァームです。

c0236857_21163897.jpg


スーパーヴァームは本気でカラダを動かす人や、さらに上のステージを目指す人のVAAMです。

と書いてあるじゃないですか!

c0236857_21475618.jpg


まるで本気じゃない人は飲まなくてよろしい!と言ってるみたいです。

そうは言ってないか(^^ゞ。

よーし、オレは本気だぜぃ!
飲んでやるぜ!


3月28日、7時過ぎに朝食を食べました。
ボクの朝食はだいたいいつも同じです(^^ゞ。
トースト1枚と低脂肪乳400mlとグレープフルーツ1個。

そして、9時ごろにスーパーヴァームを飲みました。
一袋を水に溶かして仁王立ちになって一気飲みです(^^ゞ。

もちろん手は腰にです(^^ゞ。
パイナップルの味でした。
嫌いな味ではないです。
昔飲んだのは、ポカリスウェットを薄めたような味だったけど。

c0236857_21295676.jpg



昨夜の雨で路面が濡れていたこともあって、バイクには乗らずにまずは近所のプールへ行きました。

トライアスロン用のパンツとウェットスーツを着て100往復5000m泳ぎました。
2000m毎に水分だけは補給しました。
水の中にいても汗はかいているハズですよね?

昼前に一旦帰宅して、小一時間ほど休憩しました。
お腹がグ~と鳴りました。
胃の中は空っぽのはずです。
空腹感は感じるけれど、まだ我慢できる程度でした。

水だけ飲んで何も食べませんでした。

次はバイクです。
加古川河川敷マラソンコースへ移動して、 レースのつもりで40km走りました

半分追い風、半分向かい風でしたが、なかなかいいペースで走ることができました。
DHpはいいね!
風を切り裂いて進む感じが気持ちいいです。
気分はもうカンチェラーラですね(^^ゞ。

スピードは随分違うけど(^^ゞ。

c0236857_21271612.jpg


c0236857_21303145.jpg


平坦路だけならケイデンスはこんな感じです。

c0236857_21304198.jpg


サドルの後ろにボトルホルダーを取り付けて、振動で落下しないかをテストしましたが、ボトルが満タンでも空でも落ちることはありませんでした。
サドルの後ろのボトル2本で約1.5kgもありましたが、平坦路なら重さはあまり気になりませんね。

c0236857_7484052.jpg


c0236857_7485215.jpg


走り終えたのが2時過ぎ。
ここまで、水分補給だけで補給食は一切口にしていません。

さらに走り続けたらどうなるのかが気になったので、もう少し走ってみることにしました。

河川敷を後にして加西方面へ。

空腹感は感じるんです。
感じるんだけど強い空腹感ではなくて、小腹が空いたなぁっていう感じがず~っと続いて、先日のハンガーノックの時みたいに脚が動かなくなることはありません。

時々、強い空腹感を感じて、

「あ~、腹へった!このまま走り続けていても大丈夫なのかなぁ?」

と心配になることも何度かあったんですけど、そのまま走り続けていたら、しばらくするとまた小腹が空いたなぁっていう感じに戻るんです。

結局、ほとんど休憩せずに109km走りました。
補給食を買わないからコンビニで止まることもないし、3ボトルだから水も足りるし、疲れたらペースを落として休むから、休憩する必要がなかったんですね。

もちろん、赤信号では停車しましたよ。

アベレージは28.32km/hでしたから、決してノンビリ走ったわけではないです。

道端で綺麗な花を見かけた時は、ちょっと止まって写真を撮ったりはしました。

c0236857_7554839.jpg


c0236857_755567.jpg


5時40分ぐらいに帰宅して、靴を履き替えてすぐに走りに出ました。
変則的だけど一人トライアスロンです(^^ゞ。

さすがに体が重く感じたけど、いつもの10km定番コースを走ることができました。
59分でした。

なんとか1km6分を切りました。
遅いけど、今のボクには上出来です。

6時45分に帰宅するまで、水以外は一切口にしていません。

うっひゃ~、たまげたね~。

ホンマに脂肪が燃えてエネルギーに変わってるんやね!

調べてみると、脂肪1gで9kcal ものエネルギーに変わるんですね。

1日でどれぐらいのカロリーを消費したのでしょうか。
ネットで調べてスイム5kmバイク109kmラン10kmの消費カロリーを計算してみたら、それぞれ約21002600600kcalということがわかりました。

体重、性差、速度まで入力して調べたので、ほぼ正しい数値ではないかと思います。

ただし、スイムの時にウェットスーツを着用したので、その分を補正したいと思います。
ウェットスーツを着ると、バイクで言うとまるでドラフティングしているみたいに楽にスイスイ泳げるので独断で2100kcalの約7割の1500kcalにします

合計で4700kcalです。

朝食分のカロリーも計算してみます。
ネットで調べたら、マーガリン10gを塗った6枚切りトースト1枚で約250kcal。
低脂肪乳400mlはパックに書いてあるからすぐわかる、150kcal。
グレープフルーツ(中)1個は約90kcal。

朝食分は合計約490kcalになりますね。

体脂肪が燃えたことによって得られたのであろう熱量は、
4700-490=4210kcal
ということになり、それに相当する体脂肪量は468gになるハズですね。

(朝食を食べる前からあった血糖量は無視しちゃってるんですけどね)

日頃から体重と体脂肪率をきっちり管理していれば、その変化量は測定可能かもしれません。

しかし、運動直後に測定してもそれは無意味だと思うんですね。
運動直後にはたいてい体重が減っているものですが、それはほとんど水分が減ったことによるものなんですね。

アワイチを走ると1日で2kgぐらい体重が落ちますが、翌日か遅くても翌々日ぐらいには元にもどってしまいます。

また、体脂肪率測定機能のある体重計も、条件をそろえないとなかなか信頼できる測定はできませんよね。
朝と夜では全く違う数値だなんてことは皆さんも経験されていることと思います

ウチにはオムロンのこんな体脂肪率測定機能付き体重計があります。

c0236857_2236766.jpg


体に微弱な電流を流して抵抗値の大きさから体脂肪率を予測する方式なので、皮膚の水分量で随分違った数字になります。

汗ばんでいたり、風呂上がりなどで皮膚が湿っぽい時と、カサカサ乾燥している時では、2~3ポイントもの差が出ます。

そういうわけで、数値の信頼度は低いものの、できるだけ測定時の条件を一定にすることで、変化の傾向ぐらいは参考にできるかなっていうぐらいに思った方がいいと思います。

ウチの体重計によると、ここ数年のボクの体脂肪率は11~12%台で安定しています。
こんなに低くはないだろうと思っていますが、 同じ条件で継続して測定することによって、増加しつつあるのか減少しつつあるのかぐらいはわかるだろうと思っています

一般的には起床後すぐの測定がいいと言われているようですが、ボクはもの凄く快便で、便意で目覚めてベッドからトイレへ慌てて直行っていう日もあれば(^^ゞ、ゆっくり新聞を読みながら優雅な朝食中に徐々に徐々にもよおしてくるっていう日もあるのです(^^ゞ。

排便前後か、朝食前後かで体重が変化してしまうと分母が変わって体脂肪率にも影響があるだろうと思うので、1日の中で最も体の状態が一定であると思われる帰宅後すぐに測定しています。

だから、468gの脂肪が消費されたのかどうかは、翌日の測定を待って結論を出すことになりました。

29日の夜、仕事から帰宅して体脂肪率を測定してみました。

体重59.6kg 体脂肪率11.9% 総体脂肪量は7090g。
そして、27日の夜に測定しておいた体脂肪率は
体重60.6kg 体脂肪率12.1% 総体脂肪量は7330g。
減少した体脂肪量は240g!

ありゃ!468gの半分ぐらいやん!

これはどう考えたらいいのか?


ヴァームは確かに脂肪を燃えやすくする効果があるようですが、おそらく継続して飲んで、継続して運動しなければ体脂肪率はすぐに元に戻ると思うんです。

昼食と補給食を抜いたのだからと油断して運動後にバカ食いしたら、元に戻るどころか却って体脂肪を増やすことにもなりかねないと思うんです。

生体には恒常性(ホメオスタシス)という機能が備わっていて、生体内の大きな変化をきたさないようにできているんですね。

ヴァームを飲んで1日激しい運動をしたところで、体脂肪率の変化は僅かで、減った体脂肪はすぐにまた溜め込まれて元に戻るだろうと考えています。

ボクの体は、運動後の24時間で既に減った分の脂肪を蓄えつつあるのではないかと思います。
緊急備蓄燃料を常に一定量確保しておこうとする働きがあるはずです。

体脂肪量を減らしたければ、体脂肪量が減少していることに体が気付かないぐらいに、少しづつ少しづつ長期間かけて減らしていくのがリバウンドしにくい賢いやり方じゃないかと思うんです。

体脂肪は全てが「悪」ではなくて、緊急時備蓄燃料としての役割もあるし、体温維持やクッションとしての役割もあるそうですから、あまりにたくさんのクッションを身に纏うのはどうかと思いますが、減らしすぎるのも良くないと思っています。

イチローやプロボクサーじゃないんだから、程ほどに体脂肪がある方が疲れにくいと思います。

ウチの体重計で、10%台にまで落とした(落ちた)ことがありますが、なんだか体がだるくて疲れやすかったのを覚えています。

各自にちょうどいい体脂肪率ってのがあるんでしょうね。

何か目的があって計画的にゆっくりと体脂肪率を減少させるには、ヴァームは役に立つように思います。
それにしても根気と精神力の強さがいる作業だとは思います。

今後も運動前にはヴァームを飲んでデータを集めていこうと思っています。
新しい事実が判明したらお知らせしますね。


なんだか、科学的なようで科学的でない結果になってしまいましたが、何かのヒントになれば書いた甲斐があるというものです。

そんでもって、ポチっとしていただけたら、水だけで運動し続けた甲斐があるってもんです。
よろしくお願いしますね(^^ゞ。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

# by piyopiyodesu | 2013-03-30 07:47 | トライアスロン | Comments(8)  

バイクのあとはラン!

 前回の続きです。
ガイナうどんでしょうゆうどんの大を食べた後、2度空気を補充しながら無事に帰宅しました。

靴を履き替えてヘルメットを脱いで、水を入れた小さいペットボトルを持ったらすぐに走りに出ました。

バイクの後に短い距離でもいいから走る習慣をつけて体を慣らしていこうと思ったのと、仕事の日は昼休みに少しづつ走ったり泳いだりしているのですが、最近忙しくて昼休みがつぶれてしまうことが多かったので、ちょっとでも走っておかねば・・・・と思ったからなんです。

もちろん、この夏に初めて出るトライアスロンを意識してのトレーニングです。

クタクタだろうから5kmか3kmぐらいでもいいや、と思って走り始めたのですが、バイクの復路では何度も休憩したせいか、案外体が軽く感じられて10km定番コースを走ることができました。

10km54分でした。

まだまだ遅いけど、 「第1回一人トライアスロン」の時よりは随分速く走ることができてものすごく嬉しいのら(^^ゞ。

スイムがなかったせいかなという気はするけれどね(^^ゞ。
ショートディスタンスのトライアスロンで3時間を切るのが一応の目標なので、この調子なら達成できるかも!?という感じです。

1.5kmのスイムで30分ちょっと。
40kmのバイクで90分を切る。
10kmのランで60分と考えています。

制限時間内に完走できれば満足とは言いながらも、やっぱり何か目標がある方が頑張れるし、モチベーションも上がるってもんですからね。

達成できるかどうかっていう微妙な目標設定が効果的ですね(^^ゞ。

この日はいろいろあって楽しい一日でした。
よく頑張ったと思います。

我々の歳になると、頑張っても誰も褒めてくれません。
だからボクは自分で褒めます。
頑張った時には、素直に自分自身を褒めてあげるってことはとても大切なことだと思っています。

他人から見たら全然たいしたことない頑張りでもいいんです、人は人、自分は自分です。

自分がどれだけ頑張ったかなんて、誰にもわかりませんからね、わかっているのは自分だけです。
頑張ったのか、さぼったのか、自分が一番よく知っているのです。

あ~あ、今日はちょっとさぼっちゃったなぁって思った日は、次に頑張ればいいですよね。

よーし、今日は頑張ったぞー!っていう日は、発泡酒じゃなくていつもより高いビールを飲むとか(^^ゞ、好きなものを食べるとか、我慢していたものを買うとかして自分に褒美をあげたらいいと思うんですよね。

あるいは、頑張ったポイントを貯めておいて、誕生日とかクリスマスとか、何でもいいんですけど、何か区切りのいい時に思いきって欲しかったパーツを買うなんてことでもいいと思うんです。

人間誰だって、頑張った分を適正に評価してもらわないと、なかなか次の頑張りにつながりませんよね。

ぴよぴよさんは、頑張ったポイントを10ポイント獲得しました(^^ゞ。

ボクは、トライアスロンで3時間を切ったら久しぶりに三宮のセクキャバに行こうかな(爆)。

3大会にエントリーするつもりなので、うまくいけば3回行けるかも!
飽きるかな(^^ゞ。

ポチっとしていただけたらもっと頑張るぞーっていう気持ちになります。
よろしくお願いしますね(^^ゞ。


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

# by piyopiyodesu | 2013-03-29 07:41 | ランニング | Comments(5)  

スローパンクチャーとハンガーノック

 前回の続きです。
福知山のローソンでウィダーinゼリー180kcalを二つ食べて帰り始めました。

125kmぐらい走って長い下り坂を走っている時です。
路面の段差を乗り越えた時の衝撃がグニャンとした感じだったので、パンクか?と思って走りながらタイヤを見たのですがわかりません。

停車してみたら、後輪のタイヤの空気圧がかなり下がっていました。

ありゃりゃ、スローパンクチャーだな。

チューブラータイヤは、よほど大きな穴が開くか、サイドカットしない限りは、一気に空気が抜けてしまうことが起こりにくいし、万一完全に空気が抜けてしまっても、タイヤとホイールは強力な両面テープでしっかり接着してあるので、よほどのことがなければタイヤがホイールから外れてしまうことはありません。

ありませんと言っても自分で経験したわけじゃないですが、外れるわけがないと思っています。
自信を持ってそう言えるぐらい強力な両面テープなんですよ。

だから、下りでスピードが出ている時でも安心だし、大切なホイールが接地して傷だらけになってしまうこともないはずです。

このタイヤは、かなり前からこんなズル剝け箇所が二つあったのですが、もったいなかったのと、どれぐらいモツのだろう?という好奇心から、こんな状態になってから何百kmどころか、たぶん2000kmぐらい走ってます(^^ゞ。

c0236857_23235985.jpg


TUFOのタイヤは、ロックさせるとすぐにズル剝けになっちゃうけど、それでもまだまだ使えることがわかりました。
ひ弱なように見えて耐久性高いです。

出たな!妖怪!ツバ付けジジィ!

になって、疑わしい傷に片っ端からツバを付けてみました。

ズル剝け箇所は大丈夫でした。

ここだここだ!
泡がゆっくりゆっくり膨らむのがわかりました。

c0236857_2324657.jpg


こんな小さな傷でした。

c0236857_23241685.jpg


な~んだ、こんな小さな傷ならこの傷を下にしてしばらく待てば、内部に入れてあるパンク防止剤NOTUBESがすぐに穴を塞いでくれるはず。

過去の実験からNOTUBESに絶大なる信頼を寄せているボクは、安心しきってしばらく放置しておきました。

おしっこして(^^ゞ、ストレッチして、5分たちました。

つばを付けてみたら、アレレ、まだ漏れていました。

よーく考えたら、普通はNOTUBESを30ml入れるべきところを、このタイヤには20mlしか入れなかったんですね。

それはどうしてかと言うと、いくらケチではなくて倹約家のボクでも僅か10mlをケチったわけじゃなくて、NOTUBES注入済みのタイヤを解剖した経験から、20mlで十分パンク防止効果はある!と思ったからなんですね。
ケチったのではなくて、たとえ10gでも軽くしたかっただけなんです。
信じてください!
ケチじゃないんですよケチじゃぁ(^^ゞ。

そのへんのことはコチラに書いてますので、まだ読んでない方は読んでみてくださいね。
世紀の大実験動画もありますからね(^^ゞ。

おそらく、液体状態で残っているNOTUBESがほとんど無かったんでしょうね。

スペアのタイヤもタイヤ交換に必要な工具やリムテープも持っていましたが、交換せずに時々携帯ポンプで空気を補充しながら帰ることにしました。

それはなぜか?

もうしばらくこのタイヤに働いてもらわないといけないんです。
まだ換えるわけにはいかなかったんです。


それはどうしてですか?

うっ、そっ、それは・・・・・・。
そりは言えません。


なぜ言えないのですか?

言いたくないけどどうしても言わなくちゃいけませんか?
聞かないでそっとしておいてもらえないのですか?


ダメですか。
どうしても聞きたいのですね。


わかりました。

そんなに知りたいのなら仕方ありません。
スペアタイヤを持っていながら交換しなかった理由をお話しましょう。


次の次の次ぐらいの記事でね~(爆)(^^ゞ。

6、7km毎に空気を補充しながら135kmぐらい走ったところで、ヤツは突然やってきた!

腹減った!
脚が動かない。

ハンガーノックだ!

午後の仕事中にはしょっちゅうハンガーノックを経験していますが、バイクで走っている最中では2度目です。

お腹が空いたなぁと思いながら走っていたら急にきましたね。
まさに燃料切れっていう感じです。

ハンガーノックで思いだすのが横山ノック氏ですよね(爆)。

ノック氏が大阪府知事に立候補した選挙当日、たまたま友人の結婚披露宴に出席するために大阪市内の某ホテルにいたのです。
夕方、披露宴が終わってロビーでくつろいでいた時にノック氏が現れ、握手してもらったのをよく覚えています。
柔らかい大きな手でした。

「頑張ってください!」
と激励したのにね。

その後、選挙カーの中で選挙応援ボランティアの女子大生のイケナイところを、あのごつい指でチョメチョメしちゃったんですねー(^^ゞ。

人間、謙虚さを忘れてはいけませぬなぁ。
まあ、それ以前の話ですけどね。

故人の悪口はこの辺でええとして、この日の朝食は、トースト1枚、牛乳400ml、グレープフルーツ1個でした(^^ゞ。

福知山に向かう途中で、走りながら160kcalのゼリードリンクを1個と107kcalのパワージェルを1個食べました。
福知山のローソンで180kcalのゼリーを2個。
帰りにパワージェルを1個。

朝食が何kcalだったかはわかりませんが、走行中の摂取カロリーとしては734kcalでは少なすぎましたね。

福知山のローソンで、パンを食べようかなと思ったのですが、ゼリーだけでどこまでモツか行ってみようと思ったんですね。
確信犯的なハンガーノックでした。

時にはこういう経験も必要だと思ったんですね。

パワージェルやドリンクゼリーは、即効性はあるけどいかんせん1個あたりのカロリーがそんなに高くないので、長くはもたないですね。
打ち上げ花火みたいなものと思った方がいいですね。

これがウィグルで箱買いしたパワージェル。
1個41gで107kcal。

c0236857_22351842.jpg


日本仕様はパワーバーと書いてある。
1個41gで120kcal。
微妙に違うのかな。

c0236857_22363942.jpg


パンとかおにぎりみたいに、エネルギーに変わるには少々お時間をいただきますがよろしいですか?的な、持続的にジワジワ燃えますよ~っていう食品と併用するのが良さそうです。

あるいは、パワージェルのようなものならもっと頻繁に食べる必要がありますね。
と思ってよく見たら、パワージェルは運動中は20~45分毎に食べろと書いてありました(^^ゞ。

c0236857_22332373.jpg


あ~、腹減った。
だけど、こんなもん気合と根性でなんとかなるわい!
と思っても身体は正直ですね。

いくら鬼指揮官が「お前らさぼるな、走れ走れ!」と怒鳴っても、兵隊さんは動けません(^^ゞ。
腹が減っては戦はできんとです。
次のコンビニは・・・・・・・・どこだっけ・・・・・・・どこだっけ・・・・・・・忘れた・・・・・・・思い出せない・・・・・・。
頭まで働かなくなってきます(^^ゞ。

加西のローソンまでまだ10kmぐらいあるじゃないか!
このままではとてもそんなに走れない。

まるでカビルンルンにやられたアンパンマンですね、もう全然力が入らない。

転ばない程度にペダルを回すのがやっとです。

あったあった、自動販売機。

c0236857_2327763.jpg


安くてカロリーが高そうなヤツ!
120円のこれを一気飲み。

c0236857_23263686.jpg


まだ足らんど。
次はこれだ!

c0236857_2329717.jpg


思わずのけぞる程の甘ったるさである。
こんな飲み物、ハンガーノックに陥ったサイクリスト以外に飲む人がいるとはとても思えない程の甘さなのだ。
我慢して飲み干したのだ。

水のボトルも空だったので、ポカリスエットも買った。
一気にここのお得意様になってしまったぞ!

c0236857_23271675.jpg


身体は正直なのだ。
ジャムおじさんに新しい顔を焼いてもらったアンパンマンのように元気になったのだ。

だけど、このカロリーだけでは残り30km走れるかどうか微妙かもしれません。

ガイナうどんで美味しいうどんを食べて帰りました。

c0236857_23272524.jpg


試食用の浅漬けと、うどんかりんとうをいただいた。

c0236857_23273459.jpg


箸をつける前に写真を撮るのを忘れていたので、麺が乱れております(^^ゞ。

c0236857_23274116.jpg


ポチっとしていただけたら嬉しいです。
よろしくお願いします。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

# by piyopiyodesu | 2013-03-28 04:32 | ロードバイク ロング | Comments(2)  

テストライド

 3月24日の日曜日。

この日は、 165mmのクランク 、 新しいサドル 、 新しいアイウェア の三つの新しいアイテムのテストライドに出掛けました。

どこへ行こうか?

できるだけ信号が少なくて、交通量も少なくて、つまり田舎ってことですね(^^ゞ、DHp(ダウンヒルポジション)で長く走れる道がいいと思ったので、3月7日にも行った京都府福知山市の福知山城まで行ってみました。

福知山市が田舎だと言ってるわけじゃないですよ(^^ゞ。
そこまでの途中が田舎なんです(^^ゞ。

往復で165kmほどです。

8時に出発。

107kcalのパワージェル2個と、160kcalのドリンクゼリー1個を持っていきました。

前日に換えたばかりの5mm短いクランクは、交換直後にちょっと乗っただけでは短くなったのは判ったものの、それがボクのペダリングに合っているかどうかまでは判断がつかず、半信半疑の状態でした。

しかし、上りを走り、下りを走り、平地を走って距離が延びるにつれて、疑いの気持ちは確信へと変わっていきました。


これはいい!


絶対オレのペダリングに合っている。

間違いないです。

疲れにくいし、回しやすい!

ケイデンス100~110ぐらいを、長時間持続することが170クランクの時よりも楽になった気がしました。 

ダンシングで上り坂を走る時も、階段を歩いて上る際の一段一段が低くなったような感じでした。


その理由を探ってみましょう。

円周Lの長さを求める公式は

L=2πr  ですね。

クランク(r)が170mmから165mmに5mm短くなることで、ペダルのシャフトの中心が描く円の円周長はどれだけ短くなるかと言うと、

2xπx170-2xπx165=10π=31.4mm=3.14cm

ペダルを1回転させるのに、足を動かす長さ(距離)は3.14cm短くて済むわけですね。

こりで合ってますよね?
こんな単純な計算を間違えていたら赤っ恥だよ(^^ゞ。

もし間違ってたらこっそりおしえてくださいね(爆)。

ケイデンス90で走るとすると、1分間では

3.14x90=282.6cm=2.83m
の差ができます。

1時間だと170m。
1日10時間以上走るってことも珍しくないので、10時間だと1700mもの差ができるってことですね。

足を動かす距離がそれだけ短くて済むってことはその分疲れにくいはずですよね?

別の視点からも考えてみましょう。

ボクは体が固いです。
自慢じゃないですが全ての関節が固いです。

立位体前屈なんてもちろん10cmぐらいマイナスです。

ロッククライミング中に、膝よりちょっと高いぐらいの岩の窪みに爪先を乗せたいのに、股関節が固くて乗せられないなんてことはしょっちゅうです。

昔、体育の授業の準備運動で『腿(もも)上げ』ってしませんでしたか?
太腿を高く上げてその場で駆け足足踏みするアレです。

ボクはあれがものすごく苦手でした。
だって、関節が固くて足が上がらないんだもん。

ペダリング運動って、腿上げに似ていると思いませんか?
腿上げほど深く関節を曲げるわけではないけど、それでも前傾姿勢が強くなればなるほど、腿上げに近づいてきますよね。

クランクが5mm短くなったことによって、ペダルが最上点に来た時の膝関節や股関節の屈曲も僅かだけど少なくて済むし、最下点に来た時の伸展も少なくて済みますよね。

ボクみたいに関節が固い人にとっては、こういうのも大きなポイントではないかと思います。

走ってみた感じでは、極端な表現をすると、アンクリングだけで(足首の屈曲と伸展だけで)もペダルが回せそうな気がするぐらいでした。
流石にそれは無理ですが、そんな気がするぐらい、小さな回転半径でペダルを回せるような感覚を持ちました。

しかし、もちろんいいことばかりでないのは判っています。

支点(BB)から力点(ペダル)までの距離が短い分、作用点(チェーンリングになるのかな?)で同じ仕事をさせるためには、僅かながら大きな力を加えないといけませんね。

だけど、これはボクの考えですが(全部ボクの考えなので、あくまでも参考程度に読んで欲しいのですが)、大きな力が必要ってことについてはあまり神経質にならなくてもいいと思っています。

筋力を鍛えれば済む話です。
そんなものは乗ってれば自然に強くなるはずです。

それよりも、自分のペダリングパターンであるとか、関節の柔軟性であるとか、足の長さやケイデンスに合った長さのクランクを選択するってことはやっぱり重要なことなんだなぁと思いましたね。

たった一度のサイクリングで結論を出してしまうのは尚早かもしれませんが、ボクは確信しましたね。

オレに合っているのは170じゃなくて165だ!とね。

さて、福知山城に着きました。

c0236857_23233564.jpg


c0236857_23234361.jpg



アベレージを見てびっくり。
82km走って30.16!

c0236857_2323158.jpg


c0236857_23231029.jpg


前回、7日にここまで走ってきた時もアベレージが30.19で驚いたのですが、あの日はちょっとした嵐並の強い追い風が背中をビュンビュン押してくれたんですね。

24日は追い風ではあったけれど、7日に比べるとずっと弱い風で、野焼きの煙がゆっくり流れるのを見てやっと追い風とわかるぐらいだったんですよ。

これはひょっとしたら165mmのクランク効果なのかもしれません。

もちろん空気抵抗の少ないDHpのお陰で出た数字ですよ。
DHbなしでは絶対ボクには無理な数字です。


新しいサドル、アリオネK1 TRIは、股間が痛くなりそうでならない(^^ゞ、でもちょっと痛い(^^ゞっていう微妙な感じでしたが、全走行距離のうちの95%ぐらいはDHpで走っても我慢できる程度の痛さだったので、やっぱりDHp向きのサドルなんだなと思いました。

旧サドルよりも股間の痛さが随分マシでしたからね。

アソスのシャモスクリームを塗ろうと思いながら結局塗り忘れてしまったのですが、塗っていれば痛みはもっと軽くて済んだのではないかと思いました。

DHpに限って言えば、やっぱり旧サドルよりもK1の方が乗り心地がいいし、股間に優しいように思いました。

トライアスロンの時だけでなく普段から常用することも考えて、旧サドルと使い比べてみようと思います。

オークリーのアイウェアは、軽くて違和感が少なくてなかなか良かったです。

前傾姿勢で上目遣いに見た時に、フレームが邪魔ではあるんだけど、邪魔な程度がこれまでに使ったアイウェアよりもマシなので、首をあまり起こさなくても前が見えて、首の疲労が軽減されたと思います。

結構回しましたよ。

c0236857_23232546.jpg



さて、まさに順風満帆の往路でしたが、復路ではトラブルが相次ぎました。

一体何が起こったのでしょうか!
無事に帰宅することができたのでしょうか~(^^ゞ。

ヒントは、「ス」と「ハ」です(爆)。



クランクを自分に合った長さに換えるなんて常識じゃん!と思った方、早くおしえてくれたらよかったのにぃ(^^ゞ。
ポチっしてくださいね。

クランクが選べるなんて知らなかった!というボク並みな方、仲良くしましょう(^^ゞ。
お近づきの印に、まあまあお一つポチっとお願いしますだ(^^ゞ。

↓これねコレッ↓
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

# by piyopiyodesu | 2013-03-27 07:41 | ロードバイク ロング | Comments(6)  

オークリーのアイウェア

 遂に遂にオークリーのアイウェアを買いました。

今まで使っていたエリマキトカゲサングラスは、気に入って買ったわけじゃなくて、普通のサングラスで長距離を走っていたら、毎回目がひどく充血するのが心配で、急遽買ったものだったんです。

それでも使い心地が良ければ使い続けても良かったのですが、やっぱりレンズ2枚構造は不格好だし重いせいか鼻が痛くなるしで使いづらかったんです。

皆さんご存知のように、サングラス部分は、時々跳ね上げた拍子に思いがけず外れて落ちることがあって、加古川の底に沈んだサングラスをカヤックで拾いに行ったこともありました。

ナヌ?まだ読んでないですと!
これは読まねば!

ココです(^^ゞ。

続編はココです(^^ゞ。

ブログネタを提供してくれたという点では良かったのですが(爆)、やっぱり間に合わせじゃなくてちゃんとしたカッコイイのが欲しいという物欲に抵抗しきれず、退役させることになったのです。

ボクがサイクリング用のアイウェアに求めたものは・・・・

①度付きのレンズ1枚構造で、昼夜使用できること
②かっこいいこと(^^ゞ
③丸顔のボクに合うこと(爆)
④当然、風の巻き込みが少ないこと
⑤前傾姿勢で上目づかいに前を見る時に、できるだけフレームが視界を遮らないこと
⑥軽くて丈夫で掛け心地が良いこと
⑦できれば安いこと

たまたま、ボクが幾つかメガネを買ったことがある職場近くの三城で、2月にオークリーのことを聞いたら、3月はじめにキャンペーンがあって、その期間中に注文した場合に限り値引きができるってことだったんですよ。

オークリーは一切値引きしないんですってね。

それじゃあこの機会に買っちゃうかってことになったんです。

たくさん種類があるのかと思っていたけど、サイクリング向きの現行モデルは数種類しかないんですね。

レンズの下側に枠があるモデルは却下。
左右のレンズがつながっているモデルは度付きにすると2枚構造になるというので却下。

そうすると、もうフラックジャケットというモデルしかないんですね。
ありゃりゃ、ちょっとがっかりじゃのう。

だけど、かえって迷わずに済んでよかったかも。
日本人の顔に合うアジアフィットモデルにしました。

①の条件を満たすためには調光レンズしかないんですよね。

世界中で調光レンズを作っているのは2、3社しかないそうで、オークリーにはトランジション社製のレンズが付くそうです。

ボクは調光レンズの普通のメガネを一つ持っていて、それにもトランジション社製のレンズが付いているんですね。

レンズの色はブラウン、グレー、ブラックの中から選べて、新発売のブラックだけはミラーコーティングしてあるということでした。

既に持っている調光メガネがグレーなので、違う色ということでブラックにしたかったのですが、ブラックだけは完全にクリアになった状態でもかなり黒くて、夜間に試させてもらったら、暗過ぎて夜道を走るのは危険だと思ったので渋々グレーにしました。

結局既に持っている調光メガネと同じレンズになってしまったというわけです(>_<)。
能がないのう。
レンズの形はもちろん違いますけどね。

c0236857_21215769.jpg


ごついケースです。
嵩張るなぁ。
もっと小さくできないもんかねぇ。

c0236857_21224225.jpg


c0236857_21225481.jpg


室内ですから完全にクリアな状態です。
これでも透過率は100%ではなくて、80%ぐらいだったはずです。

c0236857_21235876.jpg


c0236857_21241536.jpg


屋外ではこんな感じになります。

c0236857_21243595.jpg



23日に届いて24日にロングライドで使ってみたところ、レンズがかなり黒くなっているのに、レンズを通して見る世界は結構明るくて、ちょっと不思議な感じでした。
このレンズには慣れているはずなのにね。

エリマキトカゲサングラスに比べると、前傾姿勢で上目使いに前を見る時に、フレームが視界を遮る程度がかなりマシだったので、長時間DHpで走っても首が楽でした。

掛け心地が軽く違和感が少なく、長時間の使用でも気になりにくかったです。

ちょっと安く買えたので買ってよかったと思います。
加古川に落とさないように大切にしないとなぁ(^^ゞ。


ポチっとしていただけたら嬉しいです。
よろしくお願いしますね~(^^ゞ。


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

# by piyopiyodesu | 2013-03-26 07:58 | 小ネタ | Comments(0)  

165mmのクランク

 3月23日の土曜日に、仕事から帰宅してからインフィニティまでバイクで行ってきました。
交換したばかりのニューサドルフィジークのアリオネK1 TRIで初めての走行です。

旧サドルと比べるとクッション材の厚みが3倍ぐらいあるので、さぞ乗り心地がいいのだろうと思っていたのですが、アレ?アレレレレ~?

旧サドルと殆ど変らないではないですか?

頭の中に『?』マークが一杯詰まって溢れそうな状態で、インフィニティのメカニックの方に聞いてみました。

クッション材が厚いのは乗り心地を良くするためではなく、尻が乗った部分のクッション材が凹んで、その位置で尻を安定させるのが目的なんだって!

知ってました?

それと、サドルの前寄りに乗った時に乗り心地が良くなるようにということだそうです。

もちろん、ママチャリみたいなフワフワした乗り心地に期待していたわけではないですが、ちょっと期待外れ?のような気がしました。

だけど、3倍も厚いんだから全く変わらないってことはないハズ。
明日、長距離を走って確かめてみるつもりです。

さて、インフィニティに来たのは、サドルの疑問に答えてもらうためではなくて、先日注文したあるパーツを交換するためです。

あるパーツとは一体何なのでしょうか~?

タイトルに書いてるからバレバレですな(^^ゞ。

ちょっと前に、何かの雑誌(もちろん自転車関連の雑誌なんですけど)に、クランク長はWalkingやRunningで言えば歩幅に該当する部分で、自分に合った長さのクランクを選択することでペダリング効率が良くなる・・・・というようなことが書いてあったのが頭の隅っこに残っていたんですね。

大事なことは何でも数分どころか数秒で忘れてしまうくせに、この件に関してはず~っと忘れずに覚えていたんです。
それだけ気になる記事だったということですね。

ボクは成人男性としては小股でチョコチョコ歩く方だと思うんです。
走る時も小股でピッチ走法です。
(ピッチ走法と言うよりは、ヨチヨチ走法と言う方が正しいと思うんですけど、余計なお世話じゃ~(^^ゞ)

先日、インフィニティでこのことを相談してみたら、クランクを変えてすごく良くなったって言う人もいるし、あんまり変わらないと言う人もいるってことだったんですね。

ボクの乗り方について説明しました。
ロングライドが主体であること。
平均ケイデンスは約90であること。
平坦路なら100~110ぐらいが一番心地良く感じること。

それぐらいよく回しているなら165mmのクランクの方が合うかもしれないということになって、注文したのです。
一般的に、高回転な人には短いクランクが合うということになっているらしいです。

そもそも、この時までどんな長さのクランクがあるのかってことも、青空号に何mmのクランクが着いているのかさえも、知らなかったんですね(^^ゞ。
170mmだったんですね(^^ゞ。

コンパクトクランクなのは知ってましたけどね(^^ゞ。
コンパクトクランクのギア数が幾つかってことを説明してもらったんですけど、ショップを出る時にはもう忘れてました(>_<)。

だいたい身長の1/10が標準らしいので、165cmぐらいの(高校生の時は167.5cmあったのですが、ちょっと擦り減ったようです)ボクには165がピッタリってことになるのですが、これは好みとかペダリングパターンの個性によって合うか合わないかが決まる曖昧な部分なんでしょうね。

高トルク低回転型か、 低トルク高回転型かってことですね。
ボクはどちらかというと後者に近いんだと思います。

105とアルテグラのコンパクトクランクには、165170があって、デュラエースだと167.5という中間サイズが加わるそうです。

定価は105が約11000円、アルテグラは約26000円、デュラエースは5万円以上(@_@)。

迷った末にアルテグラにしました。
デュラエースと迷ったんじゃないですよ(^^ゞ。

手術台に載せられた青空号。

c0236857_19531492.jpg


アルテグラで十二分~(^^ゞ。

デュラエースは高過ぎるど~(T_T)。

c0236857_19532461.jpg


当然だけど新品なのだ(^^)v。

c0236857_19533613.jpg


TOKENのBBです。
スチールベアリングです。

c0236857_1956212.jpg


外した170のクランク。
クランク部分だけが交換できて、チェーンリングはそのまま使えればいいのにねぇ。

左側はクランクの単体パーツがあるそうですが、右側はチェーンリングとセットしかないそうです。

c0236857_19585852.jpg


ギアの磨耗はまだまだ大丈夫かな。
165で決まり!ってことになったらヤフオク行きだな(^^ゞ。

c0236857_200645.jpg



さーて、165のクランクは吉と出るか凶と出るか!

楽しみですね~。

交換後、ショップの前の道で試乗してみたら、ペダリング時にペダルが描く円が小さくなったのはすぐに分かりました。
半径5mm、直径で10mm変わっただけでも判るもんなんですね。

正直言うと、判ってちょっと安心しましたよ(^^ゞ。

判らなかったらガッカリですよね(>_<)。

翌日のロングライドが楽しみだにゃあ(^^ゞ。

クランク長が5mm変わったらどうなるのか興味あるある~と言う方、もちろんポチっとしていただけますよね(^^ゞ。

そんなもん興味ねぇ!って言う方、旦那!ウソはいけませんぜウソは!
顔にはちゃーんと『興味ありまんねん』と書いてありますぜ。
へへへへ。
ポチっとしてくださいね~(^^ゞ。
よろしくお願いします。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

# by piyopiyodesu | 2013-03-24 21:57 | ロードバイク | Comments(5)  

チェーン落ち防止器具

変速が下手っぴなので、フロントがよくチェーン落ちしてたんです。
原因はわかっているんです。
上り坂を上っていく途中で、フロントを軽くするのとリアを重くするのを同時に行うと、チェーン落ちすることが多いです。

それをやると必ずチェーン落ちするならやらないと思うんですが、たいていは大丈夫なのでついついやってしまうんですね。

そこで、以前(いつだったか忘れた、ブログに書いたハズなんだけど)チェーン落ち防止器具を付けてもらいました。

これを付けてからは全くチェーン落ちしなくなり、こんな便利なモノがあるならもっと早く付けときゃよかった!って思ったものです。

ところが、2月28日に奈良県の友人、たつながさんとアワイチを走った時に2度もチェーン落ちしちゃったんです。

チェーン落ち防止器具を付けているのにチェーン落ちしちゃうと、直すのがちょっと面倒なんですよね。
何とか直せたのですが、器具はかなり曲がってしまっているように見えたので、3月2日にインフィニティに行って修正してもらいました。

見てもらったらかなり変形していて、アルミ製だから折れるかもしれませんよと言いながらも何とか再使用できる状態まで修正してもらって付け直しもらったんです。

そして、3日の「ひなまつりアワイチ」では問題は起きなかったのですが、先日のアワニの2周目で再びチェーン落ちしたんです。
しかも2度も。
しかもリアの変速をしただけで。

20日にインフィニティで見てもらったら、またまたかなり変形していたので、もう外してしまおうと思ったんです。
だけど、これからサイクルイベントが続くので、イベントやレース中にチェーン落ちするのは何とか避けたいと思い、新しい器具を買って付け直してもらいました。

インフィニティのある店員さんは、
「そういう器具に頼らなくてもチェーン落ちしないように上手になりましょう。上手な人はチェーン落ちしませんよ。」
って言うんです。

ごもっとも。
気を付けてはいたんですけどね。
リアの変速しただけでフロントがチェーン落ちするなんてどうしようもありません。
変速する瞬間はトルクを抜くのがいいらしいのですが、ひぃひぃ上っている最中になかなかそこまで手と脚と頭が連動しません(^^ゞ。


もう一人の店員さんは、
「フレームによってはチェーン落ちしますよ。」
って言うんです。

ピナレロクワトロはチェーン落ちしやすいフレームなのかな?

新旧パーツです。
赤が新。
青色がなかったんです(^^ゞ。

横から見たらそんなに変形してないように見えますが・・・・・・。

c0236857_2223315.jpg


正面から見たらこの通り。

c0236857_2223948.jpg


そして、あるパーツを注文しました。
今使っているパーツよりも、ボクの体格とボクのペダリングパターンに合うのではないか?と思う5mm短いパーツを試してみることにしたのです。
さて、何でしょう?(^^ゞ。

こんなバイクが置いてありました。
重そうなクランクだなと思ってよく見たら、何かおかしい!

左右のクランクが同じ向きです。

????
c0236857_222473.jpg


c0236857_2225265.jpg



店長さんが、引き脚を鍛えるためのペダルだとおしえてくれました。
引き脚がちゃんとできてないと1分間回すのも難しいらしいです。

勧められて試乗用の靴を借りて乗ってみたら、特に問題無く1分以上回せたので、ちゃんと引き脚が使えているらしいということになりました(^^ゞ。
よかったよかった。

このバイクは1日1分間のペダリングで効果があるらしいです。
普通の固定ローラー30分ぐらいに相当するとか何とか・・・・・・。

c0236857_2225714.jpg


チェーン落ちなんてしたことないっていう方も、そうでない方も、ポチっとしていただけたら嬉しいです(^^ゞ。
よろしくお願いします。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

# by piyopiyodesu | 2013-03-24 21:56 | 小ネタ | Comments(4)