カテゴリ:マラソン大会( 62 )

 

姫路城マラソンフィニッシュ後

 2月13日火曜日、下半身の筋肉痛はまだ大したことなくて、酷い時なら階段の昇降をするのに手摺をがっちり掴んで腕力の助けを借りないと転げ落ちそうになるぐらいだけど、手摺に頼らなくてもスタスタ歩けるぐらいなので、アクティブレストとして朝ジョグを再開しました。
ゆ~っくりゆ~っくり6.8kmジョグして気持ち良かったぁ(^^ゞ。

c0236857_08213687.jpg

ジョグとも呼べないようなペースですが、身体を動かすことに意味があるのです(^^ゞ。

c0236857_08222858.jpg

 昼休みにもゆっくりゆっくり8kmジョグしました。

 今日の筋肉痛がこの程度の軽さで済んでいるなら、明日になればもっと軽くなっていそうな気がします。
やっぱり成功レースの後の筋肉痛は軽くて、失敗レースの後は酷いっていう傾向はありそうです。
なんて書いといて、明日の朝に酷くなっていたりしたら大笑いですけどね(^^ゞ。

あっ、もしかしたら逆かな。
酷い筋肉痛が出るような不良なコンディションで走ったら失敗レースになって、軽い筋肉痛で済むような良好なコンディションで走ったら成功レースになる・・・・のかもしれませんね。
と、考えれば、よほど無茶なペース配分で前半に飛ばし過ぎるとか、逆に遅すぎるとか、極悪な気象条件等がないなら、スタート位置に立った時点でその日の記録はほぼ決まっているのかもしれませんね。

しかし、それでもプラスマイナス何分かぐらいの幅があって、兜甲児がマジンガーZの操縦をするように(^^ゞ、上手に自分自身を操縦できたら数分速くなり、できなければ数分遅くなるのかもしれませんね。
今回のボクで言えば、スタート位置に立った時点で3時間10分ぐらいで走れるコンディションだったのでしょう。
そこから、ペース配分や、他の選手とのかけひきや精神的な部分や気象条件や補給等がうまくいけば3時間7分台で走れて、失敗すれば3時間12分台だったのかも、あるいはもっと遅かったかもしれません。

ひょっとしたら、もっともっと上手く自分の身体を操縦できていれば、さらに数分速かったかもしれません。
あの時、もうちょっと頑張っていたら・・・・、女性ランナーの尻に見とれてペースダウンしてなければ(^^ゞ・・・・、応援の催促なんぞしてないでその分走りに集中していれば・・・・・、あと1,2km早くスパートしていれば・・・・な~んてことを言いだすとキリがないけど、こんなところがマラソンの魅力なのかもなぁって思います。
もうちょっと上手く走っていればあと1,2分なんとかなったんちゃうか?なんて思いだしたらなかなか止められませんね。
普通のぐ~たらオヤジに戻るのはもう少し先延ばしして、もうしばらくはアスリートを続けることにしました(爆)。


 フィニッシュ直後はフラフラで、しばらく歩くこともままならずに膝に両手をついて前屈みになってゼーゼー言いながら休みました。
あ~、出し切ったぁ~。

フィニッシュする時に、フィニッシュゲートの時計で記録を確認できました。
3時間7分35秒ぐらいだってのはわかったので、サブテンを余裕で達成できて嬉しいのは嬉しいんだけど、次はもっと速く走らなアカンのか~って思うと複雑な憂鬱な気分になったのは本当です(^^ゞ。

もっと速く走らなアカンってことはないんだけどね、やっぱり上を目指しちゃうじゃないですか(^^ゞ。
あ~も~これで十分やん、今後は記録はホドホドでええから楽しく走るってことでもええやん、普通のぐ~たらオヤジに戻ったら、どれだけ楽な暮らしができるやろう(爆)って本気で思いましたよその時は(^^ゞ。

ポカリスウェットをもらって、フィニッシャータオルとメダルをかけてもらいました。
タオルはこれね↓。
c0236857_10231622.jpg
メダルは昨年と同じで、鯱瓦と同じ素材でした。
上の写真の鯱は、姫路城の屋根に乗っている本物と同じサイズのレプリカです↑。

c0236857_18143609.jpg
c0236857_18144850.jpg
c0236857_18150046.jpg
c0236857_18151106.jpg
デジカメを持ってなかったから写真を撮ることができないから何にもすることないし、とにかく寒くて寒くて、さっさと荷物預けに戻って着替えてからこの写真を撮りました。
着替えた後に、鍼灸師会の皆さんが無料でマッサージしてくださっていたので、少し待ってマッサージしていただきました。
日頃、マッサージなんてま~ったくしないもんね。

c0236857_15040112.jpg
お城のポスターの前で写真を撮って、こんな缶バッジを無料で作ってくれるところがあったので、記念に作ってもらいました。
フィニッシュが早かったので、マッサージも缶バッジも、殆ど待たずに済みましたが、次々と選手がやってきていたので、後の選手はこの無料サービスを受けようと思ったら、相当長い待ち時間があったでしょうね(^^ゞ。

c0236857_18141919.jpg
着替えてもまだ寒かったので、とっとと帰りました(^^ゞ。
レース速報の短いブログを書いた後、ポルシェで室津に牡蠣を買いに行きました。

c0236857_18153839.jpg
高校の同級生、公栄水産のI社長です。

c0236857_18155009.jpg
殻付き牡蠣を4kg買ったら、「5キロぐらい入れといたぞ~。」って言ってました。
ありがたいね~。
いつもオマケしてくれるので、ボクもいつもふるさと納税でタダで頂いた果物をお裾分けに持って行くんですよ(^^ゞ。
この日は、大きなキャベツとポンカンをお裾分けしました(^^ゞ。

c0236857_18160382.jpg
剥き身500gも2つ買いました。
小分けにして冷凍しておいて、また毎晩食べる進化鍋に入れます。
c0236857_18163775.jpg

漁師さんが持って来てくれるっていうこんな巻貝をくれました。
売り物にはならないけど、茹でてワサビしょうゆを付けて食うと美味いそうです。

c0236857_18161530.jpg

日曜の夕方に、一人で42個の焼き牡蠣を食べました(^^ゞ。
月曜の夕方にも、残りの41個を一人で食べました(^^ゞ。

あのね、一度に大量の牡蠣を喰うとね、翌日に凄いことが起きるんですよ(^^ゞ。
どんなことが起きるか知りたい?
ん?知りたくない?
ナニ?どうせしょうもないことやろうってか?
たしかにしょうもないことやし、何の役にも立たヘンことかもしれヘンけどさ、雑学の一つとして知っておいても損はせぇへんのとちゃうかな。
もしかしたら、アナタの命を救うことになるかもしれないしね。
書くよ(爆)。

前回、12月だったかな、大量の牡蠣を喰った翌朝のことさ(^^ゞ。
目が覚めていつものように布団の中で豪快に放屁したのさ(^^ゞ。
バフン!
その数秒後、布団の中から湧き出てきたこの世の物とはとても思えぬ何とも表現のしようのないおどろおどろしい強烈な臭気に気絶しそうになったのだ。
日頃、野菜とフルーツと少しの鳥ムネ肉と納豆と豆腐しか食べてないオレの屁は全く無臭で、満員のエレベーターの中でも安心してすかしっ屁できるぐらいで(しないけど(^^ゞ)、人畜無害なんだけど、この日の屁の臭いは52年の人生で全く経験したことがないレベルの異常な臭さだったな~。
すぐに布団から飛び出して部屋から脱出したから健康被害は無かったけどね、寝ぼけてあと二呼吸ぐらい吸いこんでいたら、間違いなく肺が侵されて廃人になっていただろうって思うな。
臭い屁なんて特に珍しくはないけどさ、あの屁だけは臭いなんてユルイ形容詞では表現できないな。
な~んて言えばいいかな?ピッタリの表現が思い付かないけど、ガス漏れ警報器が鳴り響いてガス会社から確認の電話がかかってきそうなぐらいの、とにかく毒ガスレベルだったな。
牡蠣好きな方は用心するべし!
どう?役に立ったでしょ?(爆)
c0236857_18165300.jpg

サザエのつぼ焼きも食えるには食えるけど、見た目がちょっと苦手です。
でも、これぐらいの大きさなら平気ですね、美味かった。
c0236857_18170479.jpg

会場でもらった神戸新聞の号外です。

c0236857_18174583.jpg

なになに・・・・
『コース沿いでは古刹・円教寺がある書写山や国史跡の置塩城跡を楽しんだ』とな?
円教寺は、トム・クルーズ主演のハリウッド映画『ラストサムライ』のロケ地になったお寺です。

そんなもん山の上にあるし、走るのに精いっぱいやのに、楽しむなんてできるわけないやろ~!って一人で突っ込んだよ(^^ゞ。

c0236857_18175582.jpg

翌日の朝刊の記事です。
お城の門の直前まで帰ってきて死にかけた選手がいたんや(@_@)。
0時50分ごろってことは、順調に走ってたらサブ4だったんや(^^ゞ。
28歳でもこんなことが起こるもんなんですね!
助かって良かったね~。
c0236857_18180904.jpg

来年もまた姫路城マラソンを走りたいという気持ちもありますが、一回ぐらいクラシックレースを走ってみるのもエエかなぁな~んていう浮気心もちょっとあってさ、土曜日を休んで受付に行かないといけないってのがちょっと引っ掛かるんだけど、別大マラソンにエントリーしてみようかな~、どうしようかな~、エントリーしてみようかな~、どうしようかな~、エントリーしてみようかな~、どうしようかな~・・・・・あと5回ほどリピート(爆)。
迷っています(^^ゞ。
まだ迷うのは早過ぎるな、ゆっくり考えます(^^ゞ。
トライアスロン仲間のそのちゃん、matsuさん、ハルさんと同じレースでハァハァゼェゼェするのも楽しいかな~(^^ゞ。



にほんブログ村

by piyopiyodesu | 2018-02-13 16:09 | マラソン大会 | Comments(2)  

2018世界遺産姫路城マラソン奮戦記 

 2月12日月曜日、マラソン大会の翌日が休日というのは有難いですね(^^ゞ。
今日の筋肉痛はまだカワイイもんですが、明日はもっと酷くなるでしょうね。

 さて、昨日は5時に起きて、丸餅を6個焼いてインスタント味噌汁2食分に入れて簡易雑煮にして食べました。
さらに、どら焼きを2個食べて、会場に着いてから大福を1個食べて、糖質と塩分の補給はバッチグーでした(^^ゞ。

 首から上と手首から先とデリケートゾーン(^^ゞ以外の、手が届く範囲の全身にホットバウムを塗りました。

c0236857_21464445.jpg

お腹と背中に普通サイズのカイロを貼って、つま先と手袋内にはミニサイズのカイロを貼りました。
スタート直前までは百均のレインコートを着ておいて、スタート10分ぐらい前にカイロと一緒に捨てましたが、手袋内のカイロだけは貼ったままで走りました。

大ちゃん対策として、金曜日の夜、土曜日の朝、昼は固形食は一切食べず、ドリンクゼリー、カロリーメイトゼリー、粉飴をポンジュースに大量に溶かした甘ったるいドリンク、スープ、ヨーグルトだけを食べました。

それなのに、日曜の朝はそれなりの量の大ちゃんが出て(^^ゞ、しかも、何度も出て(爆)、家を出るのが遅くなってしまいました。
もう全部出ただろうと思って出かけようとしたらまだ残っている感じがしてトイレへ。
もう出し尽しただろうと思って靴を履きかけたらまだ残っている感じがしてトイレへ。
こんなのが3回ぐらいあってさ、流れていく大ちゃんに、
「お前ら、一体元は何だったんや?いつ食うたもんやねん?」
って問いかけたい気分でした(爆)。

固形食を食ってなくても大ちゃんは0にはならないのはわかるけどさ、あんなに出るもんか?(あんなにって言われてもわかりませんよね(^^ゞ)
金曜の朝昼に食ったのが残っていたのか?
それとも、土曜の夜に食ったのが、一夜にして大ちゃんに変わったのか?
あ~、不思議(^^ゞ。
オレの身体ってホンマに不思議(^^ゞ。
52年間付き合ってきたけど、未だに理解しかねる部分が多過ぎる(^^ゞ。

まっ、そんなことはどうでもエエことですね(^^ゞ。
加古川駅まで6kmぐらいなんですけど、準備運動としてチャリで行くつもりだったのが時間がなくなってしまったので、クロスケで行きました。

姫路駅でもう一度大ちゃんが出て(^^ゞ、流石にこれを最後にもう大ちゃんの気配は感じなくなりましたね(^^ゞ。
大ちゃんは絶滅しました(^^ゞ。
おかげで、会場では男子用の小のトイレでちょっと待ったぐらいで、十分な準備運動の時間が確保できました。

 こんなウェアで走りました。
これは32km地点で、高校の同級生のモーニングさんが撮ってくれました。
鼻の穴が広がるブリーズライトっていうテープを貼っていますが、フィニッシュの直前には剥がします(^^ゞ。

c0236857_10234389.jpg
トライアスロンで夏のマラソンを何度も走っているせいかどうかわかりませんが、冬のマラソンでもどちらかと言うとボクは寒いよりはちょっと暑いぐらいの方が調子良く走れるんじゃないかと思っています。
この日は最高気温でも6℃で、寒い一日になるのはわかっていたので、小さくて薄っぺらいマラソン専用のランパンとランニングシャツなんかで走ったら寒過ぎてパフォーマンスは上がらないと思って、モンベルのウィックロンの長袖シャツ、ポケットとインナー付きの普通のランパン、CW-Xのカーフサポーターで走りました。
5本指ソックスはファイテン足王で、シューズはターサージールです。
やっぱりターサージールはエエシューズやね、ボクの場合、ランシューズはジョグ用もレース用もアシックスを選んでおけば間違いないね。
今後はアシックス一本でええな(^^ゞ。

サンバイザーを被ってウォームアップを始めたのですが、あまりに頭がスースーして寒かったので、荷物預けまで戻ってキャップに換えました。
デジカメは、本気走りには邪魔になると思って、結局持たずに走りました。

これで、汗はほとんどかかずに寒くも暑くもなくちょうどいいぐらいでした。
汗はもちろんかいてすぐ蒸発したのでしょうが、たいていどんな寒い日でも走れば腰の後ろ部分が汗で濡れるもんですが、そういうことは全くありませんでしたね。
長袖シャツを選んで大正解でした。
暑けりゃ腕まくりすりゃええもんね。

 Aブロックの最後尾に並びましたが、じっとしていると寒いので身体が冷えないように、スタートの直前まで横の狭い歩道で、動物園の熊みたいに行ったり来たりゆ~っくりジョグし続けていました。

いつもはスタートラインを通過する時にガーミンをスタートさせるんだけど、今回は号砲と同時にスタートさせました。
デバイスロックしようとしてラップボタンを押してしまったので、距離とラップ数が一つズレちゃった(^^ゞ。

最初の10kmはこんな感じ。
最後尾とは言えAブロックだから、混んではいるものの、速過ぎず遅過ぎず、スロースタートのボクにはちょうどいいぐらいのペースでスタートできました。
1.5~2km辺りで、マイペースで走れるぐいらいにばらけましたね。

c0236857_11485607.png
サブテン(3時間10分切り)を目標にしていたので、イーブンペースは4'30。
10kmまでは様子見で4'35を超えないペースを維持していって、調子が良ければ4'30で、悪そうなら大崩れしないように控えめにいって、なんとか3時間15分14秒の自己ベストの更新だけは達成したいと思っていました。

だいたいね、福澤流のトレーニング方法に従って、たしかに距離だけは長く走ってきたけどさ、4分台で走った距離なんてほんの短い距離しかないし、4分前半なんて週に5~6kmあるかないかぐらいだからね、どれぐらい走れるのか?なんて自分でもさ~っぱり予測がつかなかったんですよ。
走り始めてみて、これはいけそうだと感じるか、こりゃダメだと感じるか、期待半分不安半分っていう感じで、ホンマにどんなレースになるのかが、走ってみるまでわからなかったんですよね。

最初の10kmはかなり苦しくて、こんなにしんどいのが42kmも続くのかぁ、何か言い訳考えて止めようかなぁなんて思いながら走っていました。
心拍数が170を超えて最高心拍数近くまで上がるとやっぱりキツイは(>_<)。

ネガティブな気分に陥っていくのをなんとか切り替えないといけないと思って、『大丈夫大丈夫、もうちょっと走って身体が持久モードに切り替わったら楽になるよ、いつもそうやん!たしかに今はちょっとしんどいけどさ、このペースをなんとか維持していけば、最後になんかエエことあるかもしれへんで。』と、自分を励ましながら走りました。

大勢の人達が応援してくれてたしね、自分が好きでやってることだしね、イヤなら出なきゃいいんだよって思って走りました。
心拍数が上がり過ぎてしんどい時は、ピッチをやや落としてストライドを長めにして、少し楽になったらまたピッチを上げて、上りでペースが落ちるのは当たり前と思って無理せずしっかり腕を振って小股でピッチを上げて、下りでは欲張らずに身体を休ませて、自分なりに少しでも楽に走れるように走り方を微調整しながら走りました。

8~9km走ってやっと少し楽になったかな。
何km走ったら楽になるのかも、その日によるんですよね。
楽に感じた時にもっとペースを上げていけばもっと速く走れるようになるのかもしれないけど、そんなんイヤやなぁ(^^ゞ。
せっかくちょっとだけど楽になったんやから、楽なまま走ろうって思うのが普通やんね~、わざわざまたしんどいことしたくないよね~(^^ゞ。

16km過ぎまでは夢前川に沿って上流(北)に向かって走るので、ゆるい上りで向かい風だったので、折り返したらペースを上げていくつもりでした。
17kmから上がってるでしょう?(^^ゞ。
予定通り!


c0236857_11490312.png

福澤先生は、後半でペースダウンすることを考慮して、中間点で2~3分の貯金を作るペースで走りなさいと言われています。
サブテンのハーフは1時間35分だから、中間点を1時間33分までに通過するのが理想でしたが、ちょっと遅い。
中間点に設置してあったデジタル時計を見て、あ~、遅れてるなぁとは思ったのですが、その前ぐらいから不思議な感覚があったんですよ。


c0236857_10233642.jpg
自分の感覚とはかなり乖離した、4'20を切るボクにとっては速いラップで走り続けることができて自分でもビックリでした。
ゆるい下りで追い風気味だったお蔭だとは思うのですが、同じ条件で走っている周囲の選手と比べてもやや速くて、抜かれることはほとんどなくて、抜きまくり。
決して楽チンではないんだけど、最初の10kmから比べればきつ過ぎる!っていう感じじゃなくて、これぐらいならず~っと維持して行けそうな感じでした。

21~30kmのラップを見てよ!
コレってホンマにオレのラップか?って疑いたくなるような4'10台のペースですよ(爆)。
(左から6列目の数字は上がった高度だから、これが大きいところはペースが落ちるのはしょうがない)


c0236857_11491021.png
福澤先生は、
『基礎的な走力を底上げするには、小さな練習をコツコツと繰り返すことが実は近道なのです。5kmも10kmも、1回走るだけなら大した距離ではないかもしれませんが、その距離を繰り返し走ることが、基礎的な走力を底上げするわけです。』
と、書かれています。
神戸マラソンで2分だけ速くなっても、加古川マラソンで48秒だけ速くなっても、まだ半信半疑でしたが、ガーミンが表示するラップペースを見る度に確信しましたね、オレの走力は間違いなく上がってるぞ!
やっぱり走った距離は裏切らないんだ!ってね。

まだ先は長いし、どこでガクンとくるかはわからないけど、このペースを維持してイッタレ!って思いました。
30kmで夢前川サイクリングロードに入ると、コース幅が狭いので応援の人達との距離が近くて元気が出ました。
32kmでモーニングさんが応援してくれていました。
その先で夢前川を渡って折り返したら、最後の10kmはほぼ追い風。

この辺りでも不思議な感覚がありました。
さすがに疲れてきて、自分の感覚では4分台後半か、もしかしたら5分ぐらいまでペースが落ちているような気がするんだけど、ガーミン表示はまだ4分前半を維持していて、流れる景色はゆっくりに見えるんだけど、まだ抜きまくりが続いている。

安定したフォームでしっかり走っている女性ランナーに追いついた。
この選手はオレよりよっぽどしっかり走っているように見えるのに、追い着いたってことはオレの方が速いんや、何かヘンな感じ。
かなりきつくなっていたこともあって、一瞬、残りはこの人の後ろに着いて走ろうか?オレ好みのお尻だし(爆)・・・・って思ったんだけど、イヤイヤ、何言うとるんや、オレは挑戦者やど、オレの方が速いんやから抜いていくに決まっとるやんけ!
その先にもっとオレ好みの女子選手がおるかもしれへんがな(爆)って思って抜きました(^^ゞ。
気分を害された女性の方がいらっしゃったらゴメンナサイ(^^ゞ。
男はたいていこんなこと考えながら走っております(^^ゞ。
オレだけかもね(^^ゞ


c0236857_11491681.png
35kmぐらいで、久し振りにオレを抜いていった長身の男性選手がいました。 ←エラそうだけど、事実なんです(^^ゞ
よしっ、エエペーサーや!ヤツ(失礼)を追え!ヤツに着いていけ!と思って追いかけました。
一旦離されたけど見える範囲で追い続けて、フィニッシュはオレの方が早かった(^^ゞ。

残り5kmは街中の広い幹線道路でかなり強い追い風でした。
この追い風にはかなり助けられましたね。
いい記録が出やすい風向きだったと思います。
しかし、この時間帯だと沿道の応援者がまだ少なくて、声援も寂しくて、なんかシ~ンとした感じだったんですよね。
去年、3時間50分ほどで走った(歩いた)時の方がよっぽど大きな応援をもらいました。

こんなしょぼい応援じゃ元気出ぇヘンがなって思って、催促しましてん(^^ゞ。

両手を上げて大声で、

「ボクを応援してくださ~い、もっと応援してくださ~い。」

って何度も叫んで応援を強制しましてん(^^ゞ。
そしたらね、みんな声を出して応援してくれましてん(^^ゞ。 ←せなしょうがないやんね(^^ゞ ←こんな選手おらんやろな~(^^ゞ

それで元気が出てね、最後の5kmは一人も抜かれませんでしたよ!

最後の1kmのラップを見てよ見てよ(爆)。
3分台なんて、普段の10kmや15kmのビルドアップ走でも走られヘンのに、ラストスパートとは言え41km走ってきてこんなペースで脚が出るなんて信じられヘンがな! ←播州弁です(^^ゞ



c0236857_11492136.png

ネットタイムで、前半は1時間35分17秒、後半は1時間31分50秒のネガティブスプリットでした。

完璧なレース展開でした!
フィニッシュ後にガーミンをストップするのを忘れていたので、ちょっとずれてます。

あ~、最初の10kmで棄権しなくて良かったよ~(^^ゞ。
コツコツ頑張ったらエエことも(たまには)あるもんやな~(^^ゞ。

c0236857_10231622.jpg

c0236857_10232315.jpg




にほんブログ村

by piyopiyodesu | 2018-02-12 14:43 | マラソン大会 | Comments(4)  

なんとサブエイト!

 世界遺産姫路城マラソン走ってきました。
なんと自己ベストを8分以上更新して、3時間7分台でフィニッシュしました。

c0236857_15035532.jpg
それでは、ぴよぴよさんにインタビューしてみましょう。
「ぴよぴよさん、自己ベストおめでとうございます。今のお気持ちをお聞かせください。」

「ありがとうございます。でももうマラソン止めたいです。」

「えっ、それはどうして?」

「もうあんなしんどいことしたくないです。もう止めさせてください。もうこれで勘弁してください。普通のぐーたらオヤジに戻りたい!」

キャンディーズや都はるみみたいなことを言ってますね~、よっぽどきつかったようですね~。
わかるような気がします(^^ゞ。
でもまぁ、毎度のことですからね、明日になればまた気持ちも変わることでしょう。


c0236857_15040868.jpg
イェ~イ(爆)。
これからポルシェでドライブがてら、室津に牡蠣を買いに行ってきま~す。

それでは皆さん、祝福のコメントをお待ちしております(^^ゞ。
8分も速くなったのに、コメントつかなかったらひねくれるからな!
不良になるど!



にほんブログ村

by piyopiyodesu | 2018-02-11 15:14 | マラソン大会 | Comments(10)  

一生懸命走るだけです

 2月10日土曜日、仕事が終わった後、そのまま姫路まで行って世界遺産姫路城マラソンの受付をしてきました。
冷たい雨が降っています。
明日は晴れそうです。
明日がこんな雨じゃなくて良かったぁ!

催し物会場は閑散としていました(^^ゞ。

c0236857_18303624.jpg
参加賞のTシャツです。

c0236857_18304450.jpg
c0236857_18304963.jpg
明日の予想気温は、9時が5℃で12時でも6℃(^^ゞ。
迷った末にマラソン専用ウェアはやめて、普通のランパンとモンベルのウィックロンの長袖シャツで走ることにしました。
さっき届いたばっかりなんです(^^ゞ。
これもタダです(爆)。

c0236857_18305486.jpg

 さて、明日はどんなマラソンになるのか?自分でもさっぱり読めませんが、一生懸命走るだけです。
良い記録で走れようが走れまいが、一生懸命走るだけ!

心地良い達成感と充実感を味わうために出し切ってきます。

しかし、万一、どこかが痛くなって無理して走り続けることで回復に長期間かかりそうな状態に陥ってしまったら、潔く諦めて昨年のように歩いてフィニッシュを目指します。
それは宮古島トライアスロンのことを考えてのことです。

まっ、そんなことにならないように練習してきたつもりですが、本番のペースで本番の距離を走るのは本番だけですからね、日頃の練習では出せないような不思議なパワーが出るのも本番なら、予期せぬ良からぬことが起きるのも本番ですからね。
慎重、かつ、大胆に走ってきますよ!

 昨年、大腿四頭筋の筋肉痛で走れなくなったのは、スタート前にトイレ待ちが長くてウォームアップ不足だったせいだと思うので、今回はそういうことがないように、『パンパース成人男性用 おじいちゃん、これでお漏らしなしね!』を履いて走ります(爆)。
ランパンの方が小さいのでちょっとオムツがはみ出してギャザーが見えちゃうんですけど、そんなの気にしません!
マラソンの方が大事ですからね。
もういらないと思ったら、むしり取ってエイドのゴミ袋に捨てていきます。
ランパン履かずにオムツだけで走っても、『大胆な仮装かな?』って思ってもらえるかもね(^^ゞ。
でもな、オレの激しい走りに耐え切れずに途中で破れちゃって露出しちゃうと逮捕されるからな、『世界遺産姫路城マラソンで初の逮捕者!』なんてニュースになったらカッコ悪いからね。
抑えて走り続けるのもタイヘンだしね、腕振りは大切だからね、フィニッシュで万歳したらモロ出しになるのもマズイしな、やっぱりランパンは履いておくことにしよう(^^ゞ。

 フィニッシュ後に、折角だからお城をバックに写真を撮りたいと思うんだけど、荷物預けまで行っちゃうとお城から遠くなるので、こんな写真は撮れないんですよね。
こんな写真を撮りたかったらデジカメを持って走らないといけないのがちょっと面倒なんだけど、しょうがないので、小さな防水デジカメをランポーチに入れて走ります。
できるだけ余計な物は持ちたくはないけど、こんな写真も撮りたいもんね。
荷物を受け取ってからまたお城の前まで戻るってことは、流れに逆行するから禁止かな、面倒だしね(^^ゞ。

それじゃ頑張って走ってきま~す(^^ゞ。
世界遺産姫路城マラソンを楽しんできま~す(^^ゞ。
イェ~イ(爆)。

c0236857_16450347.jpg
 大阪府の泉佐野市に5,000円のふるさと納税をして、キャベツ10kg頂きました(^^ゞ。
今キャベツ高いからね、こんなデカイのだと600円じゃ買えないかもね。
白菜の代わりに鍋の具にするので、一番外側の葉っぱも捨てずに食っちゃいます(^^ゞ。
流石に千切りにして生で食うには固いけどね(^^ゞ。

c0236857_18310369.jpg
ホンマに10kgあるんやろか?と疑って、5個の重量を量ってみたら、4個はほぼ2,000gで、一番大きいのが2,600gもありました。
疑って申し訳ありませんでしたm(__)m。

c0236857_18311038.jpg
ドレッシング1本とスープ10袋付きです(^^ゞ。
イェ~イ(爆)。

c0236857_18311621.jpg


にほんブログ村

by piyopiyodesu | 2018-02-10 19:01 | マラソン大会 | Comments(2)  

2017加古川マラソン一応奮戦記(^^ゞ 

 加古川マラソンの直前まで、目標タイムをどうしよう?と思っていました。
福澤先生のこの本には、「自己記録更新を狙うのであれば『自己記録タイ』を目指すことが得策だ」と、書いてあるんですね。
これはどういうことか、ボクなりに解釈すると、伸びしろの大きい若いランナーや、マラソンを始めて間もないランナーであれば、マラソン大会の度に自己記録を大きく更新していくことも可能だが、もう何年もマラソンを続けてほぼ頭打ちになりつつある52歳のオヤジランナーは、高望みせずに少しでも更新できたら良しとしなさい。
そのためには前半からとばし過ぎることなく、自己タイ狙いで走って後半に余力を残しなさい・・・・ってことなのでしょう(^^ゞ。

結果的には、福澤先生の書かれている通りになったわけです(^^ゞ。
先生、流石です!
その筋書き通りに走ったボクも流石です(爆)。

フルマラソンの自己ベストは2015年の加古川マラソンの3:16:02です(ネットタイム)。
まぁでもね、人間誰しも欲はある(^^ゞ、自己タイ狙いで走ってホンマに自己タイだったり、ちょっと遅かったりしたらおもろないやん(^^ゞ。
なんとか僅かに更新できたとしてもだな、フィニッシュした後で、「前半にもう少し上げてたらもうちょっとイケたんちゃうか?」なんてことになったら悔いが残るやんなぁ。
少しは冒険もいるやろ?
体脂肪率が10%切るまで体も絞ったし、もしかして、あっ!と驚くようなとんでもない記録で走れたりなんかしたりして~なんてことをだな、誰しも夢見ますよね(^^ゞ。

と思ってだな、サブテン、つまり3時間10分切り を目標に決めたんだわさ(^^ゞ。 ←どこの言葉やネン!
そんなドラマみたいなことは起きないことはわかってはいてもだな、まだまだ夢見る年頃なんだよね~(^^ゞ。
夢見るのは自由だもんね~(^^ゞ。

c0236857_21371924.jpg

 自宅からスタート会場までは、チャリで30分ほど走って行ったのですが、身体が冷えないように、両手(手袋の中)、両足(爪先)、腹と腰の後ろにカイロを貼っていました。
トイレはウチで済ませたけど、会場に着く前のコース脇の選手用のトイレが空いていて、最後の大ちゃん確認に使えたのが良かったです。
スタート会場のトイレは混んでるもんね、この手は来年以降も使えるな。

スタート位置に並ぶ前にカイロは捨てたんだけど、爪先に貼ったカイロだけは捨てるのを忘れてて、スタート直後に気付きました。
せっかく軽いターサージールなのに、カイロの分だけ重いし、足を圧迫して痛くなっても困るし、止まって取ろうか?と何度か思ったのだけど、結局止まるっていう決断ができず、最後までそのまま走りました。
途中でつま先がかなり熱かったんだけど、走りに影響があったかどうかは不明です(^^ゞ。

c0236857_10064274.png

3時間10分で走るには1kmを4分30秒がイーブンペース、5kmは22分30秒です。
全然走れていません(^^ゞ。
夢は夢のままで終わりました(^^ゞ。

c0236857_09221123.png
先生は、『最初の5kmはウォーミングアップを兼ねて走るので、タイムを稼ぐという考えは完全に捨てて、イーブンペースより少し遅くていい』と書かれているので、5'35~40で、40秒を超えないぐらいで走るつもりでいました。
コース幅は広いとは言えないので、バラケてくるまでは無理な追い越しはせずに、焦らず流れに乗って走りました。
2kmからはほぼマイペースで走れました。
5kmまではほぼ狙い通りのペースでした。

c0236857_10065883.png
『5~15kmの10kmは、ようやくエンジンがかかってくる区間。最初の5kmよりはペースアップして目標レースペースに乗せるがまだまだ抑え気味にいきます』ということなので、じわじわ上げていって10km付近で4'30、15kmで4分20秒台後半まで上げていくつもりでした。
つもりはあくまでもつもりですからね(^^ゞ。
全然上げられていませんね(^^ゞ。
まっ、現実はこんなもんです。
目標設定に無理があったということかな。

c0236857_10071346.png
ウチのすぐ近くの15km付近で、娘が撮ってくれた唯一の写真です(^^ゞ。

c0236857_09224187.jpg

『15~25kmの10kmは、5~15kmでオーバーペースにならなければ、まだまだ気持ち良く走れているはずです。ペースをコントロールして、2~3分ほどの貯金を確保しつつ中間点を通過しましょう。』という指示です。

15kmまではレースペースに乗せつつもまだ抑え気味にいき、中間点までに2~3分の貯金を作るとなると、15kmからかなりペースアップしないといけません。
3時間10分の半分は1時間35分だから、2分の貯金を作るとして、中間点を1時間33分で通過するつもりでした、つもり(^^ゞ。

実際は、グロスとネットの差、33秒を引いても1時間37分41秒で中間点を通過していました。
2分貯金するどころか、3分近く借金してました(爆)。
まっ、現実はこんなもんですよ(^^ゞ。

c0236857_10072713.png

『25kmからは、誰の後ろを走るかで、どれだけ体力を温存できるかが違ってきます。必ず自分に合うペースメーカーを見つけて”連れていって”もらいましょう。』という指示なので、神戸マラソンみたいに自分よりちょっとだけ速そうなランナーを物色したんだけど、なかなかいないんですよね。
36kmまでは遅いながらも落ち込まずにペース維持できていたので、ほとんど抜いてばっかりで、自分より前にいる選手でペースメーカーになるような選手はいなかったです。
こんなこと書いたら無茶苦茶エラそうだけど、ホンマにそうやったんです、ホンマホンマ(^^ゞ。

時々ボクを抜いて行く選手を追いかけて、離されてもなんとか追いつこうとして加古川大堰を渡って36kmまでは大きく落ち込まずに粘ることができました。

c0236857_10074036.png
加古川大堰を渡る時にかなり強い向かい風が吹いていたので、いや~な予感がしたんです(^^ゞ。
渡り終えて河川敷のコース戻ったら残り約7km。
冷たい向かい風がびゅーびゅー吹いてました(>_<)。
前日の予報では西寄りの向かい風だけど2mだったのに、結構強かったなぁ。
去年のよろめくぐらいの爆風に比べりゃまだマシだったけど、あれはキツかったなぁ。
一気に失速(^^ゞ。
風除け風除け、誰か風除けになるランナーはおらんか?と思って探したんだけど、ここでもほとんど抜くばっかりでペースが合うランナーがいなくて、モロに風を受けながら走り続けるしかありませんでした。
まっ、そういうもんだよね。

c0236857_10075519.png
たった48秒だけど、2年分経年劣化した身体で2年前よりは気象条件的には厳しい日に自己ベストで走れたのだから、メデタシメデタシだよね(^^ゞ。
風はたいていの場合、朝の内は弱くても段々強くなるから、最後の下流向きに走る7km区間が追い風か向かい風かで、2~3分は違ってくるんじゃないかな。
2年前はここが追い風だったんです。

走り終えた後も、翌日の筋肉痛も過去のレースの中では最も軽くて、マラソンを走ると必ず水膨れができる足の指数本が痛い以外は、両膝も全くなんともありません。
福澤先生の教えに従って、ジョギングと15kmのビルドアップ走だけしかしてないけど、神戸マラソンと加古川マラソンの結果から判断すれば、あちこち故障持ちのボクには福澤流が合っているように思います。
今後もさらなる記録更新を狙いはしますが、そのためにインターバル走や30km走といった高強度のトレーニングを取り入れるつもりはなくて、これまで通りに福澤先生の教え通りのトレーニングをコツコツ続けていこうと思っています。
その結果、更新できたらもちろん嬉しいし、できなきゃできないでしょうがない、それがボクの限界なのだと納得します。
できるだけ故障せずに、日々のトレーニングを楽しみながら続けられるのが一番です。

c0236857_18552784.jpg
c0236857_18553584.jpg
マラソン専用ウェアは走りやすくて良かったけど、最後の向かい風区間はペースが落ちてることもあって寒くて寒くて、お腹が冷えて下痢するんじゃないか?って心配でしたが、ゼッケンカードがお腹の冷えすぎを防いでくれて助かりました。
腕と脚と足にはホットバームを塗っておいたのだけど、露出する肩に塗り忘れたのと、気温が低い日は腹にも塗っておくべきだと思いました。

c0236857_09230277.jpg
無料のぜんざいを頂きました。
お代わりできたのでするつもりだったのだけど、寒かったせいかちょっとだけ気分が悪くて一杯だけにしときました。 ←珍しい(^^ゞ

c0236857_09231634.jpg
帰宅後、ちょっと休んでから、ポルシェで(^^ゞ室津の高校の同級生が経営する水産会社に牡蠣を買いに行きました。
殻付き牡蠣5kg(^^ゞ。
ウチで牡蠣を食べるのはボクと長女だけです。
昨夜は長女の帰宅が遅かったので、一人で37個食べました(爆)。
もうしばらく牡蠣は食いたくないと思ったけど、今日の昼に長女と一緒にまた食いました。
美味しい~(^^ゞ。

c0236857_09232661.jpg
剥き牡蠣500gを二つ。
まだ小ぶりなので、一袋に40個ぐらい入っているそうです。
これは小分けにして冷凍しておいて、毎晩食べる進化鍋に入れて食べます(^^ゞ。

c0236857_09233489.jpg
 さぁ、次は来年2月11日の世界遺産姫路城マラソンです。
因縁の大会です。
何が因縁なのかは過去の記事を読んでください(^^ゞ。
自己ベストを目指すよ~(^^ゞ。



にほんブログ村

by piyopiyodesu | 2017-12-24 13:09 | マラソン大会 | Comments(4)  

ちょっとだけ速くなりました(^^ゞ

 2年前の加古川マラソンで記録した自己ベストより、48秒だけ速く走りました(^^ゞ。

c0236857_18552784.jpg
世の中甘くないよね~(^^ゞ。
もうちょっとイケルんちゃうか?って思ってたんやけどな~(^^ゞ。
まっ、遅くなるよりはエエかな。
寒くて、ポンポンがピーになるかと思ったよ(^^ゞ。



c0236857_18553584.jpg
予定通りに、一人焼き牡蠣自己ベスト更新祝賀パーチーを開いています(^^ゞ。

c0236857_19051137.jpg



にほんブログ村

by piyopiyodesu | 2017-12-23 19:08 | マラソン大会 | Comments(0)  

第7回神戸マラソン奮戦記 2

 11月21日火曜日、大腿部の筋肉痛で階段昇降はちょっとつらいけど、フルマラソンを走った翌々日としてはまだ軽い方な気がします。
筋肉の超回復に72時間かかるとして、木曜日にはできればゆっくりジョギングしようと思っています。

 さて、続きです(^^ゞ。

0~5kmが24:50
5~10kmが24:16
10~15kmが24:10
15~20kmが23:53
ハーフが1:42:14

でした。
徐々にペースアップしてはいるものの、この調子じゃサブ3.5も危ういぐらいのペースですね(^^ゞ。
スロースタートにもホドがあるっちゅうねん!っていう感じです(^^ゞ。

福澤先生の教えを守ってゆるいトレーニングしかしてこなかったけど、やっぱりもうちょっとインターバルとか高強度のトレーニングをやった方が良かったんじゃないのかなぁ。
今さらこんなこと言っても遅いけど、なんか調子悪いよなぁって思いながら走ってました(^^ゞ。

c0236857_17362598.png

約20kmで折り返して、向かい風から追い風に変わったところで、予定通りにペースアップしました。
どこまでイケルかわからないけど、イケルだけいってみて、失速しそうならペースを落としてもいいから、なんとか最悪でもサブ3.5は達成したいと思って、ジワリジワリとペースアップしました。

20~25kmが23:01
25~30kmが23:10
30~35kmが22:27

追い風が気持ち良かったのと、周囲のランナーがボチボチペースダウンし始めたのか、抜かれることがほとんどなくなって、抜いて抜いて抜きまくる状況になってさらに気持ち良くなって、なかなか良いペースを維持できました。

ちょっと疲れてきたなぁと思った時は、
『ピッチピッチ、ピッチを維持しろ!ピッチが維持できればペースダウンも最小限に抑えられる!ピッチピッチ!ピッチを落とすな!』
と言い聞かせて、疲れた時こそ腕振りをしっかりして腕で足を引き上げるようなつもりで、ストライドが小さくなってもいいから敢えてピッチを上げるように意識しました。

シューズはアシックスのターサージールを選びました。
エエシューズや(^^ゞ。
よ~進むわ(^^ゞ。

c0236857_17365314.png

30kmのちょっと前ぐらいでボクを抜いて行った黄色い長袖シャツで坊主頭のひょろっとした男性ランナーがいて、彼がボクよりほんの少しだけ速いぐらいのペースだったので、彼を追うことにしました。
36kmぐらいまではなんとか付いていけたんだけど、給水所でちょっと離されたらジワジワ差が開いて、やがて見えなくなってしまいました。
それでも彼にピッタリ付いて走ったお陰でペースダウンせずに済んだと思います。
やっぱり同じぐらいのペース(その局面によるけど、自分よりちょっとだけ速いペースのランナーが理想かな)のランナーを追って走るってのはペース維持に効果がありますね。
スピード差があり過ぎると後で死ぬけど(^^ゞ。

90kcalぐらいのジェルを3本持っていて、20kmの折り返し前で1本、25kmぐらいで1本、30kmぐらいで半分飲みました。

給水所ではヴァームウォーターがあればそれを、なければ水を少しづつ飲みました。
ジェルがなくなった35kmぐらいで少し空腹感を感じたので、念のためにバナナ1/4本分ぐらいを二切れとって両手に持って、40kmまでに一口づつ一切れだけ食べて、40km過ぎたらもういらないと思って残りの一切れは捨てました。
これはカロリーを補給するためと言うのではなく、脂肪を燃焼させるための種火としての糖質摂取という風に考えています。
実際、ほんの小さな一口のバナナを良く噛んで食べるだけで、空腹感がすぐになくなってハンガーノックになることなくペース維持できるから効果あるんでしょう。

37kmからの神戸大橋の上りに備えて、直前の1kmほどはほんの気持ち程度ペースを落として呼吸を整えました。
神戸大橋の上り、きついけど、上って、平坦になって、また上って、平坦になって、海を渡って、下りたら残り1.3km。
ここで出し切ってもイケル!と感じたので必死に駆け上りましたよ(^^ゞ。

大橋を渡り終えてポートアイランドに下りた辺りから、下り坂のショックがよくなかったのか?大ちゃんがしたくなって(^^ゞ、残り1.3kmをさらに必死で走りましたがな(^^ゞ。
フィニッシュの喜びで大ちゃんは引っ込んだんですけどね、漏れなくて良かった(^^ゞ。

35~40kmが23:58
40~Finishが10:05
ネットタイムで3:19:50でした。

昨年はたしかネットで3:21:53だったかな?
『トレーニングをもうちょっと真面目にやってれば、あと2分短縮して20分が切れたんじゃないかなぁ』
ってブログに書いたので、今年はその2分を短縮することができて嬉しいです。
だけど、20分切りを狙って走ったわけじゃないんですよ。
走っている最中は時々心拍数とラップタイムを見るぐらいでほとんどガーミンを見ないし、フィニッシュタイムを予測計算なんてしない(したくても脳への血液供給を遮断しているからできない(^^ゞ)ので、フィニッシュゲートのオフィシャル時計を見て初めて、自分の記録を知ったんですけどね(^^ゞ。
ガーミンいらんやんなぁ(^^ゞ。

まっ、大した記録じゃないけどね、1年分経年劣化した身体で僅か2分とは言え速く走ったのだから、良しとしましょうかね(^^ゞ。

後半ペースアップできたから言えることだけど、なかなかどうしてクレバーなレース展開だったのではないかいな~(爆)。

c0236857_17194941.jpg
高校の同級生のモーニングさんは、1週間前の岡山マラソンで自己ベストの3時間36分台で走ったばっかりというのに、神戸でも3時間42分台の安定した走りでした。
来週の大阪マラソンも走るって(@_@)。
どんな体力回復力なんや!
彼は去年も同じパターンで3週続けて走ってるからね、今更驚かないけどとても同級生とは思えんなぁ(@_@)。
オレは2週連続は絶対無理(>_<)。

c0236857_17372076.jpg

恒例のハグ~(^^ゞ。
お疲れさ~ん(^^ゞ。
大阪も頑張ってね~。
宮古島に一緒に出られるといいね!
c0236857_17373435.jpg

完走メダル。
c0236857_17383312.jpg

c0236857_17390499.jpg

神戸マラソンね、なかなかいい大会ですよ。
来年も走りたい!って思いました。
一般の応援者が入れない神戸大橋の上では、そろいの黄色いウィンドブレーカーを着た高校生ぐらいのスタッフが声を嗄らして声援を送ってくれたし、神戸大橋を上っていくと、同じ高さの隣の立体駐車場からも応援してくれてました。
大会関係者の皆さん、応援してくれた皆さん、全ての皆さんに心から感謝しています。
ありがとうございました。
お陰で素敵な思い出がまた一つ心のアルバムに加わりました。
あ~、楽しかったよ~!(^^)!

毎年2分づつ短縮していけば、62歳でサブ3達成だな(爆)。
72歳で2時間40分か、悪くないな(^^ゞ。 ←アホ!
c0236857_13520641.png
さぁ、次は大本命!風さえ吹かなければ(^^ゞ高速コースの12月23日の加古川マラソンだよ!
オレの庭(細長~い庭じゃ(^^ゞ)みたいなコースだからね、ここでも一発自己ベストを狙うど~(^^ゞ。



にほんブログ村

by piyopiyodesu | 2017-11-21 22:29 | マラソン大会 | Comments(6)  

第7回神戸マラソン奮戦記 1

 11月19日の日曜日、ついに第7回神戸マラソンの日です。
第4回大会から連続4回目の出場です。
第3回大会に初めてエントリーした時は落選でしたが、第4回で当たって、第5回からは年代別チャレンジ枠ってのができて当選確率が飛躍的に上がったんじゃなかったかな(^^ゞ。
既にうろ覚え(^^ゞ。

 この冬一番の冷え込みになるという予報だったのですが、5時に起きて朝刊を取りに出てみたら、寒いことは寒いけど思っていたほどではなくて、寒いのが苦手(暑いのも苦手、結局全部苦手で悪かったなぁ(^^ゞ)なボクでも、これぐらいならまぁ大したことないなって思いました。

佐藤の切り餅を5個焼いて、インスタント味噌汁二つ分に入れて食べました。
糖質と塩分補給できました。
アンコが入った大福を4個持って行って、電車で1個、会場で1個食べたかな。
いつもなら急激に血糖値が上がらないようにと、ブログネタのために(爆)アンコ抜きするところですが、面倒なので止めました(^^ゞ。
たぶん日頃から運動していれば、大福1~2個分のアンコぐらいでインシュリンが出るほど血糖値は変化しないんじゃないか?って思ってます。

日頃から糖質摂取量をかなり少なくしているので、ボクの体は体脂肪を効率良くエネルギーとして利用できる体質になっていて、レース直前にたくさん食べなくても走れるか、たくさん食べない方がかえって調子よく走れるぐらいになっているのではないか?とは思うんだけど、でもまぁ少ししか食べないのはまだ怖いですね。
食おうと思えばかなりたくさん食えるので、切り餅5個食べてもまだ腹五分目ぐらいでしたけどね(^^ゞ。

お腹と背中とつま先にカイロを貼っておいて、スタート15分前ぐらいに百均のレインウェアの上下と一緒にゴミ集めの方に渡して捨ててもらいました。
足の指には、マメ防止のためにいつもならワセリンを塗るところですが、代わりに足指、腕、脚にホットバームっていう唐辛子の成分が入っていて塗るとポカポカ暖かく感じるクリームを塗りました。
モロにトウガラシ~っていう匂いがします(^^ゞ。

c0236857_21464445.jpg
c0236857_21465039.jpg

足指には多めに、他は少なめにね。
塗り過ぎるとね、痛いぐらいになっちゃうからね、使ってみようと思ったら、レース本番でいきなり使わずに事前に試しておくことをお勧めします(^^ゞ。
顔とか脇とかデリケートゾーン(^^ゞとか、皮膚が薄い敏感なところには塗らない方がいいですよ。
キン〇マなんかに塗ったらタイヘンよ! ←塗ったことないから想像だけど、きっとヒリヒリしてマラソンどころじゃなくなるハズ(^^ゞ
キン〇マヒリヒリのせいでDNSとかDNFなんてことになったら末代までの恥ですからね、気をつけてね(^^ゞ。
塗った指で目に触れたりするとマズイので、必ずゴム手袋を使いましょう(^^ゞ。

筋肉を温めるために、加古川駅まで6kmほどを自転車で行きました。
8時前には三ノ宮駅に着きました。
一番にトイレを済ませて、上着を脱いでレースウェアになって、ヴァーム等のアミノ酸たっぷりのぴよぴよスペシャルドリンクを不味いけど我慢して飲んで、荷物をトラックに預けて、Bブロックの前から1/3ぐらいの左端に並びました。

整列前に、BブロックとCブロックの間の空いた場所で、ゆっくりゆっくり10分ぐらいジョギングしてウォームアップしました。

体が冷えないように時々足踏みしながらスタート時刻を待ちました。

「しあわせ運べるように」の合唱を聴いて、ポロっと出た涙をそっと拭いて、お決まりの黄色い手袋を着けた両手を上げてヒマワリの花を咲かせて(毎年書くけど、ヒマワリというよりイチョウだよね~(^^ゞ)、9時にスタートしました。

昨年はAブロックだったので、すぐにスタートラインを通過したような記憶があるんですけど、今年は思っていたより時間がかかって、グロスとネットのタイム差は1分13秒でした。
まっ、そんな差はどうでもいいのですが、その後もかなり長いこと密集状態が続きました。
スロースタートのボクにはちょうどいいぐらいでしたけど、ジグザグに抜いていく選手もチラホラいるので、足を踏んだり踏まれたりして転倒しないように気を遣いました。
そういうことまで考えると、やっぱりできるだけ前の方からスタートする利点はありますね。
来年も出られたら、もう少し前の方に並んでみようと思います。

周りの選手との間に適度な空間ができて、ほぼ自分が走りたいペースで走れるようになっても、5kmまでは様子見と準備運動だと思って、ラップタイムはあまり気にしないで楽なペースで走りました。

今年からコースが少しだけ変わりました。
昨年までは、神戸の中心部の三宮から西へ走って、明石海峡大橋の手前で折り返していたのを、今回は大橋を過ぎて折り返すように変わったので、ここで往復で約2.5km距離が伸びました。
その分、35kmから神戸大橋を渡ってポートアイランドに下りてから、応援してくれる人がまばらで殺風景な埋め立て地を、アッチに曲がりコッチに曲がり、また曲がりして4km近くも走っていたのが、1.3kmに短縮されました。

去年までのコースを走ったことがあるランナーなら、ほぼ100%の人が新コースを歓迎するんじゃないかなって思うぐらいに、ランナーにとっては大きなコース改善だと思います。
ほんのちょっとのことで劇的に走りやすくなりました。
特に、メンタルな部分で集中力が維持しやすいコースになりましたね。

ビルの間を走っているうちはあまり感じなかったのだけど、海沿いの道に出たら西からの向かい風が強くて、できるだけ前のランナーを風よけにして姿勢を低くして走るようにしました。
ここで頑張り過ぎると余計な体力を使っちゃうから、向かい風ならペースが上がらないのはしょうがないと納得して、こんなペースだとサブ3.5も厳しいかなぁとは思いつつも、追い風になる後半に備えて体力を温存する作戦で走ってました。
福澤流のゆる~いトレーニングしかしてこなかったことも不安材料の一つで、どれぐらい走れるのか?最後までペース維持できるのか?っていう心配もあって、ペースを上げたくても怖くて上げられなかったってのが本音かな(^^ゞ。

そんなペースで走っているとですね、まぁ抜かれる抜かれる(>_<)。
おっちゃんにもおばちゃんにも若い子にも、呆れるぐらいに抜かれる抜かれる(^^ゞ。

ボクがエラかったのは(^^ゞ、どんなに抜かれても焦らず、と言うか深く考えず(^^ゞ、風よけのランナーを時々乗り換えながら、体力消耗を最小限にするために脳への血液供給さえも絶って(爆)、省エネ自動ランニングモード、別名『走る屍モード』で走り続けたことかな(^^ゞ。

どうせ誰かの後ろを走るなら女性の後ろだと思って、できるだけ若くてかわいい感じの女性ランナーの後ろに付いて走りました(^^ゞ。
スキー場と同じで、後ろから見るとみんなかわいこちゃんに見えるんだけど、ほんとに若くてかわいいランナーなのか、おばちゃんが若作りしているのか(爆)を鋭く瞬時に見抜く目を日頃から養っておくことは、他力本願なマラソンランナーとしてはタイヘン重要なのであります(^^ゞ。
がっかりしたくないので、追い抜きざまに振り返って確認するなどという失礼なことは絶対しません。
あ~、これで女性ファンがかなり減ったな(^^ゞ。

ボクは男性ランナーとしてはピッチ(ケイデンス)が速い方じゃないか?と思っていて、今回も平均ピッチが194でした↓。


c0236857_13521417.png

風よけに利用させてもらうなら大柄な男性ランナーがいいに決まってますが、ピッチが合わなくてどうも気持ち良く走れないことが多いんです。
それがね、女性ランナーだとピッタリシンクロしてすごくいい感じで気持ち良く走れることが多いんです。

こんなこと書くとさ、まるでボクがド助平なエロオヤジみたいだけどさ、ボクは福澤先生の教えに従っただけなのさ(^^ゞ。

この本にね、

c0236857_21371924.jpg
こう書いてあるんだわさ(^^ゞ。
ボクのことをド助平なエロオヤジだと早トチリしたそこのアナタ!反省してください!

c0236857_21373210.jpg

ず~っとお尻を見ながら走ってました(大爆)。
お尻が好きで見てたわけじゃなくってね、ん~まぁお尻ももちろん嫌いじゃないけどさ・・・正直言って好きなんだけどさ、ヒィヒィハァハァ走ってるマラソンの最中にヘンなこと考えてる余裕なんぞありまヘンからね(^^ゞ。
ボクは走りに集中するためにいつもかなり俯いて走るからさ、そうすると必然的に視線の先にお尻が来るんだわさ(^^ゞ。
↓これは、20km付近で神戸在住のカヤック仲間が撮ってくれた写真で、左端がボクなんだけどかなり俯いているでしょ、ウソじゃないんですよ。

c0236857_22255807.jpg
だってさ、他にどこ見るよ?
背中見てもしょうがないべ。
頭見るか?見ないべ。
腰?脚?
やっぱ尻だべ(爆)。

ということで、20kmを昨年よりも2分44秒遅れで折り返しました。



にほんブログ村

by piyopiyodesu | 2017-11-20 22:50 | マラソン大会 | Comments(2)  

神戸マラソンでの自己ベストでした!(^^)!

 昨年よりも2分ほど速い、神戸マラソンでの自己ベストでなんとか完走できました(^^ゞ。


c0236857_17194941.jpg
前半は向かい風がかなり強く、混んでるし、身体は重くて調子は悪いわで、後半にスピードアップできることに賭けて我慢我慢の走り。
20kmで折り返してからは、追い風のお蔭で35kmまでは調子良くペースアップの走り。
35kmからはペースが落ちるのを最小限にして我慢我慢の走り。
粘って粘ってネットタイムで3:19:50でした。
前半より後半の方が5分ほど速い理想的なネガティブスプリットでした(^^ゞ。
こんなの初めて(^^ゞ。
あ~、疲れた(^^ゞ。


c0236857_17362598.png
c0236857_17365314.png
今夜は早く寝ます(^^ゞ。



にほんブログ村

by piyopiyodesu | 2017-11-19 18:22 | マラソン大会 | Comments(16)  

明日は神戸マラソン

 神戸マラソンの受付に行ってきました。

c0236857_21250406.jpg
c0236857_21251452.jpg

チーム小出からチーム福澤に移籍後の初レースです(爆)。
どうなることやら(^^ゞ。

福澤先生の教えを守って、コツコツと短い距離をできるだけ毎日走ってきましたが、1kmを4分台で走るなんてのは週に2回のビルドアップランの後半の数キロだけで、あとはほとんどがジョギングなので、ホンマにこんなトレーニングでマラソンが速くなるんかい?と、まだ福澤先生を全面的に信頼しているわけではないのですが(^^ゞ、まぁね、楽だからね(^^ゞ。

自己ベスト更新だ!な~んてことはサラサラ思ってなくて、フィニッシュ後に『あ~、楽しかった、また来年も走りたいな。』と思えればそれでいいぐらいの気持ちで気楽に走るつもりです。

正直言って、調子はと~っても良くないです(^^ゞ。
右膝違和感はもう11ヵ月続いているし、左足母指球の痛みも1年以上続いているし、頭は悪いし口は悪いし性格も決して良いとは言えないし(^^ゞ、好材料は全く見つかりませんが、まぁまぁそんなのはいつものことですからね、これがオレの普通なんだと思って気にしないで楽しみます(^^ゞ。

完走の褒美の2Lで498円のアイスクリームを買いました(^^ゞ。
安上がりな褒美です(^^ゞ。

c0236857_21245204.jpg

頑張るど~(^^ゞ。
あっ、違う違う、頑張らないど~(^^ゞ。
これも違うな、頑張ることは頑張るんだけどさ、楽しむことを頑張るど~っていう感じ?(^^ゞ
まっ、そんなことはどうでもエエですね(^^ゞ。

遊んできますね~(^^ゞ。



にほんブログ村

by piyopiyodesu | 2017-11-18 21:26 | マラソン大会 | Comments(2)