カテゴリ:皆生トライアスロン( 44 )

 

2018皆生トライアスロン参戦記 4 ラン

 7月24日火曜日、5時に起きて近所のノーストップグルグルコースを3周して40km走りました。

c0236857_08142672.png
加古川の土手まで帰ってきたところで、例のカワイイ彼女と擦れ違って挨拶しました。
擦れ違うたびに彼女の肌の露出度がどんどん高くなってます(^^ゞ。
今朝は、ド根性ガエルのヒロシみたいな丸くて大きなレンズのサングラスに、胸の部分だけを隠す、ああいうのはなんて言うのかな?大き目のスポーツブラっていうか、丈の短いタンクトップっていうか、そんなのと(^^ゞ、おへそ丸出しの小さなショートパンツというなかなか刺激的な出で立ちでした。
小麦色に焼けた肌が眩しかった(^^ゞ。
およそ加古川の土手には似つかわしくないウェアで、南の島のビーチが似合うような恰好で、嬉しくなっちゃった(^^ゞ。
思わず付いて行きそうになったけど、仕事があるのでなんとか自制しました(爆)。
次に会う時はビキニで走ってるかも(爆)。
絶対ついて行っちゃうな(^^ゞ。
でもね、オレは嬉しいけどさ、紫外線は怖いよ~。
年取ってから困らないように、オレみたいに夏でも長袖シャツと長タイツがいいんじゃないのかな~って、余計なお世話ですね(^^ゞ。



 さて、続きです。
バイクを走り終えてT2会場T1も同じ場所なんですけど)に帰ってきました。
バイクスタートする時はペダルにシューズを着けておきますが、バイクフィニッシュ時はペダルにシューズを着けたままだとシューズがぶら下がってしまって地面と干渉して走りにくいことがあるので、シューズを履いたまま降車してラックまで小走りしました。

自分のナンバーのラックにバイクを掛けて、トランジションバッグ置き場まで小走りしました。
忘れないように、真っ先に重ね履きしていたパッドが分厚いレーパンを脱いで、ワセリンを塗りたくった5本指ソックスとランシューズを履いて、キャップ、ランポーチを着けて、サングラスを換えて、トランジションバッグに仕舞い忘れてペナルティを取られる物がないかを指差し確認して、すぐにランスタートしました。
もしも、ヘルメットをトラバッグに入れ忘れて転がっていたりしたら、たぶん10分のペナルティの対象になると思う、たぶんね(^^ゞ。

c0236857_08283558.jpg


スタートしてすぐのエイドで氷をもらって、前日にカボスさんにもらった小さなネット(キッチンのシンクの三角コーナーに被せて生ゴミの水切りをするあのネット(^^ゞ)に入れて頭に乗っけました。 ←これは氷が落ちないのでなかなか良かったですね、佐渡でも使います。

OS-1を飲んで暑い熱いランコースに出ていきました。
おしっこしたかったけどT2会場の仮設トイレは並んでいたのと、ちょっとだけど遠回りになったのでそこには行かずに、海水浴場の常設トイレで済ませました。(選手が利用してもいいトイレです)

c0236857_19554641.jpg
走り始めはいつも身体全体が鉛のようにどよ~んと重く感じるんだけど、重く感じる割には案外速いペースで走れていてビックリする時と、重く感じたままの遅いペースでしか走れない時とがあります(^^ゞ。
最初の1kmでだいたいその日の調子ってのが見えてきます。

遅かった(>_<)。
あっ、今日はアカン日かな?と思ったけど、2~3km走れば上向いてくることもあるし、無理のない(無理はあるよな~)ペースで淡々と走り続けました。

しかし、3km走っても5km走っても身体が軽くなってくる感じは全くなくて、止まらないで走り続けるのがやっとこさっていう体たらくぶりでした。

あ~しんど、なんでこんなしんどいことしてるんやろう?って毎回必ず思うんだけど、どんなに調子良く走れたとしてもしんどいことには違いないし、優勝する選手だって決して楽ではないはずだし、このしんどいレースを走り切った時の達成感が忘れられないからまたエントリーしちゃうんだよなぁ、たぶんみんな同じじゃないのかなぁなんて思いながらね、自分のフィニッシュシーンを想像しながら手は抜かず一生懸命走りました。
遅かったけどね(^^ゞ。

エイドのテントの奥では、たぶん高校生の子供たちがアイスピックで大きな氷の塊を砕く作業をしてくれていたのだけど、もっと効率良く簡単に砕く方法はないのかな?なんて思いました。
冗談を言い合ったりしてはしゃいでいる感じが伝わってきて、おじさんは嬉しくなりました。
こんな暑い日にタダ働きさせちゃって申し訳ないという気持ちが少しあったのだけど、彼ら彼女らも楽しんでくれているんだなぁって思うと、オレも楽しませてもらおうっていう気になりました。
エイドではOS-1、スイカ、小さなおにぎりをもらいました。

また熱中症気味になったようで、嘔吐しそうな感じがあったんだけど、不思議なことに、走っている間はそれがおさまって、エイドで立ち止まったり、エイドでもらったおにぎりを食べながらちょっとだけ歩いていると嘔吐しそうになりました。
バラモンキングの時とは全く逆ですがな、何でこんなことになるんやろ?
歩いたり立ち止まったりするよりも、遅いけど走っている方がまだ楽に感じて、ノロノロだけど走り続けて折り返しの境港のエイドに着きました。
ここで手首に反射テープを着けてもらって、スペシャルニーズを受け取りました。
よしっ、あと半分、なんとか歩かずに走って帰ろう!

25km走ってますますペースは遅くなり、『ここから全部歩いても制限時間内にはフィニッシュできるだろうな~』なんてぼんやり考えていた時に、ある選手と擦れ違いました。
ボクより少し年長に見える男性選手で、左脚の膝から下が無くて、義足じゃなくて松葉杖を2本使って走られていました。
そんな状態で走っているのも凄いけど、3,000m泳いで、140kmバイクに乗って、あの坂を上って下って、ここまで走ってこられたことに感動しました。
その選手は自分が特別扱いされるのはイヤかもしれないけど、そういう選手を見て何も感じない人はいないよね。
歩いている場合じゃないがな!って思い直して、エイドと赤信号以外では止まらずに走り続けました。
30kmから両方の大腿四頭筋の筋肉痛が出始めて、着地の度に「いてっ、いてっ、あっ、いてっ。」っていう感じで、何でこんな時にこんなところが痛くなるもんかね~、まさに泣きっ面に蜂だなぁ、でもまぁ周りの選手を見回してみても、元気一杯の選手なんていなくてみ~んなヨ~レヨレのボ~ロボロっていう感じで(^^ゞ、オレだけじゃないよな~、みんな同じだよな~って思うと元気が出ました(^^ゞ。

残り2kmぐらいのところにある長いスロープの歩道橋で、上りはいいんだけど下りで大腿四頭筋が死にました(^^ゞ。
棒のようになった脚で何人かに抜かれながらも、なんとか止まらずに陸上競技場まで帰ってきました。
あ~、完走できた~、嬉しい~。
明るいうちにってのは達成できなかったけど、まだ夕焼けの名残があって、ほのかに明るさが残っているうちにフィニッシュできたので、まぁエエかな(^^ゞ。

c0236857_19555453.jpg
 皆生の真夏の太陽は、全ての選手に分け隔てなく平等に容赦なく照り付け、焦がしてくれました。
そして、沿道で応援してくれた皆さんやエイドで働いてくれた皆さんの声援や応援は、全ての選手の背中を押し、勇気づけ、励まし、支えてくれました。
まさにロングトライアスリートの夏の甲子園、全日本トライアスロン皆生大会は素晴らしく感動的な大会なのだ。
この大会に出場させていただいて、皆生鉄人の一人になれたことは、一生忘れられない素晴らしい思い出であり経験であり、また一つボクを成長させてくれたと思っています。
この思い出は、まるで自分の子供のように愛おしい!
言葉では言い表せないぐらいに感謝しています。
ありがとう!
もうこれしかないね。

c0236857_19562683.jpg
カラ元気(^^ゞ。
c0236857_19563328.jpg
鉄人ラーメンを食べる食欲はありました。
2杯食ってやろうと思っていたのだけど、ラーメン屋さんのお姉さんがやたら明るく陽気な人で、「どうぞ~。」って言って目を合わせて手渡しでくれたので、顔を覚えられてて「あなた、さっき食べたでしょ!」って言われたカッコ悪いと思って遠慮しました(^^ゞ。

これは写真用のやらせですからね、いつもはこんな下品な食べ方はしませんよ(^^ゞ。

c0236857_19563977.jpg
アイスは6本ぐらい食べた(^^ゞ。

c0236857_19564683.jpg
スマホをT1会場に置いてきてしまったので、みんなが待っててくれたのに気付かず、ラーメン食べた後で会えました。
お待たせしてごめんなさい(^^ゞ。

c0236857_19565315.jpg

ここから先は開き直りですが(^^ゞ。
オレはサボってなんかないし、手を抜いたりもしてないぞ!
トレーニングの段階で、もっと良い違うやり方があったかもしれないってことは思わないでもないけど、スイムスタートのフォーンが鳴った後では、あの時もっと頑張れたんじゃないか?とか、もっと走れたんじゃないか?なんてことは一切思わないぞ!
ペース配分はもちろんしたけど、熱中症になるかならないかのギリギリのところで、その時その時に自分にできる精一杯のことをやったぞ!
だから、遅かったけど全く悔いなし!
皆生は今年もおもろかった(^^ゞ。

これがいい!と思ってやってきたことが結果に繋がらないことだってあるさ。
今年だめならまた来年挑戦すればエエことやん、出られたらやけど(^^ゞ。
救急車には乗らなかったから、出られるチャンスはあるやろう(^^ゞ。

サザンオールスターズの曲で、タイトルは知らないけど『男ってバカだから夢見ちゃうのさ』っていう歌詞があるよね。
オレにぴったり(^^ゞ。
この曲は恋愛について言ってるんだけど、オレの場合は、過去に出たその大会で一番調子良く走れた時のことを忘れられずに、その時より上を目指しては失敗、目指しては失敗の連続だけど、まっ、そんなトライアスロン人生も悪くないかな(^^ゞ。

月曜日の閉会式とパーティーで。

c0236857_19571172.jpg
c0236857_19571803.jpg

次は佐渡Aが待ってるぜ~、頑張るど~(^^ゞ。
もうちょっと涼しくなってると嬉しいなぁ(^^ゞ。
みんな、ありがとう~!


にほんブログ村

by piyopiyodesu | 2018-07-24 11:48 | 皆生トライアスロン | Comments(0)  

2018皆生トライアスロン参戦記 3 バイク

 皆生が終わって最初の運動は、18日の昼休みに1,500mだけ泳ぎました。
相変わらず美しいフォームでスイスイ気持ち良く泳げたのですが、なんで皆生で遅かったのか?理由はわかっています。
上半身の筋肉はランでは錘になると思って落ちるがままに任せていたので、推進力不足で遅くなったと自己分析しているのですが、どうでしょうか?
どうでしょうか?と言われてもねぇ、お前のスイムが遅くなった理由なんて興味ないし、知らんがな!っていう感じですよね(爆)。
でもたぶんそうです(^^ゞ。
佐渡までにちょっと上半身を鍛えて、ボクの基本的なスピードである100mを2分ぐらいで泳げるようにします。 ←できるんか? ←できるできる、今日から毎日5回懸垂する(^^ゞ

19日は、昼にボランティア作業、夕方6時を過ぎて涼しくなってから7kmジョギングしました。
そして、今朝は5:30に起きて、ゆ~っくり6kmジョギングしました。
日常の生活では皆生の疲れは全く感じなくなり、筋肉痛もほぼ治まりましたが、走るとまだまだ身体も脚も重いですね。
佐渡に向けてぼ~ちぼ~ち上げていきます・・・・って言いたいところだけど、上げていけるんやろか(^^ゞ。

 さて、スイムを終えてウェットスーツの上を脱ぎながらトランジションバッグ置き場まで小走りで走りました。
ガーミンのロックを解除してT1に切り替えた時に見たら、71分でした(>_<)。
スイムスタートの2分前ぐらいにスタートさせたから、70分は超えてないとわかったんだけど、自分としてはいつもと同じぐらいの60分ちょっとぐらいで泳げたものと思っていたので、苦笑いって感じでした。
まっ、しょうがねぇな、バイクとランでジワジワ上げていけばエエやって思ったんですけどね、バイクでもランでも全く上げられませんでした(>_<)。

これは、バイクスタートしてすぐの日野川の河川敷ですね。
サイクルジャージの下に、ビチョビチョに濡らした例のセームタオルを着けています。

c0236857_18020685.jpg
バイク中は、常に自分の身体の水温計と燃料計を意識していました。
これはディフェンダーの水温計ですが(埃だらけ(^^ゞ)、レッドゾーンまでいったら熱中症(オーバーヒート)だと思って、赤↓ぐらいよりは上がらないように気をつけました。

c0236857_15032977.jpg
これはディフェンダーの燃料計ですが(やっぱり埃だらけ(^^ゞ)、赤ゾーンまで下がっちゃうとハンガーノックで力が出なくなってしまって、慌てて食べても回復するまでに時間がかかるので、その手前のオレンジゾーンを維持するように注意しました。
一度にたくさんは食べられないので、腹が減ってきたなぁって感じるちょっと前に少しづつ食べたり飲んだりしました。
まっ、イメージですけどね(^^ゞ。
チョコバー、カロリーメイトみたいなクッキーみたいなヤツ(^^ゞ、パワーバーのグミ、エナジージェル等、ぴよぴよ商店では品揃え豊富にいろいろ取り揃えておきましたが、やっぱりチョコバーはアカンね。
ネバネバに融けて袋にくっ付いてなかなか出てこないんよ(^^ゞ。
一番良かったのは、家で作って持って来たおにぎりでしたね。
土曜の朝に作ってクーラーボックスに入れて持ってきて、ホテルの冷蔵庫に入れておきました。

c0236857_15032476.jpg
全てのエイドで停車して、全身をビチョビチョに濡らしてもらいました。
濡らしたスポンジを渡してくれる、たぶん高校生の子供達の前で止まって、「頭から思いっきりかけてくださ~い(^^ゞ。」って言ったら、喜んでかけてくれました。
あ~生き返る~、これぞ皆生や~。

c0236857_19553666.jpg
最初の40kmぐらいは大きな坂はなくて、米子道の側道を過ぎてしばらく行った辺りからアップダウンが激しくなってきました。
舗装状態の悪い細い道を過ぎて本格的な上りになると、水温計の針がどんどん上がっていく感じがありましたが、下りになると全身を濡らしていたこともあって、涼しくて気持ち良くて、水温計の針が半分より下まです~っと下がる感覚がありました。
 ところが、100km手前ぐらいかな、中山温泉のエイドが近づく辺りで、上って下って曲がって、上って下って曲がってっていう似たようなアップダウンが何度か連続するあたりで、上りで上がった水温が、下りになっても下がっていかないような感覚がし始めて、
『これはマズイんじゃないか?この調子で行くとレッドゾーンに入ってオーバーヒートしてしまうんじゃないのか?』
と、不安な気持ちになってきました。
『バイクで終わりじゃないからな、風で冷やされるバイクでオーバーヒートしているようでは、42kmなんて走られヘンがな、ちょっとこれはマジでマズイんちゃうの?』
少しでもランが良い状態でスタートできるように、バイクはそれまでもスローペースでしたが、さらに無理をせず、水温が上がらないような走りに徹して、無事に走り切ることを第一に考えるようにしました。
情けないけど、熱中症になってしまってフィニッシュ後までオエオエ苦しいのはもうイヤやもんね~(^^ゞ。

中山温泉のエイドではトイレに入って小と大を出して(ドアの鍵が壊れてたので、誰か不幸な人が、中でボクが力んでいることに気付かずにドアを開けちゃったらゴメンよ~って思いながら力んでました(^^ゞ)、スイカに塩をたっぷりかけて食べました。
改めて全身を濡らして再出発しました。
道端で希望者に水をかけてくれる人が何人かいたので、そこでもかけてもらいました。


c0236857_08281587.jpg

c0236857_08282495.jpg
 日野川の土手では向かい風が強かったけど、かえって涼しくて気持ちいいぐらいでした。
遅かったけどなんとか元気な状態でバイクフィニッシュできました(^^ゞ。

2016年は5:33:47で368位、2017年は5:34:51で341位、今回は6:09:33で516位でした(>_<)。
もう開き直るしかないぐらいの激しい落ちっぷりです(^^ゞ。
さて、ランはどうなってしまうんでしょうか?ランは(^^ゞ。

c0236857_08043835.png


にほんブログ村

by piyopiyodesu | 2018-07-20 14:13 | 皆生トライアスロン | Comments(0)  

2018皆生トライアスロン参戦記 2 スイム

 7月15日、ついにレース当日の朝を迎えました。
4時に起きて、朝食を黙々と食べました。
前夜のうちに電子レンジでチンしておいたパックの冷えた白ご飯200g(287kcal)を2つと、サバ缶と玉ねぎスープと、大福2個とどら焼き2個ぐらい食ったかな(^^ゞ。

matsuさんとSONOちゃんと、その友人と一緒に5時過ぎにホテルを出て、バイクの自走で6kmほど離れた皆生温泉のスイム会場に向かいました。
皆生大会では、バイク預託は全員が当日の朝なんです。(預託とは言わないか)
大ちゃんは、ホテルの自室で2回、1階のロビーのトイレで1回、スイム会場でも1回出ました(^^ゞ。
皆生の前はゼリーも食べるけど、固形食をいつも以上にたくさん食べたので、出るわ出るわ(^^ゞ。
それでも、玄米ご飯は白米にして、野菜や果物の代わりに野菜ジュースやフルーツジュースを飲んで食物繊維の摂取量は増えないように気を付けていたんですけど、出たな~(爆)。
バイクの途中でも少量だったけど1回出たし、ランの途中ではぶったまげるぐらいの大盛りが1回出たんですよ(@_@。
一度に出ていってくれりゃあ助かるんだけどね~(^^ゞ。
一体、オレの腹の中に何kgのウ●コがたまってたんや!ってびっくりするわ(^^ゞ。

まぁ、大ちゃんにも大ちゃんの都合ってモンがあるんでしょうね(爆)。
食べた時刻が違うんだから、出ていく時刻も違って当然なのかもしれないけどさ、普通は朝食ったのと昼食ったのと夜食ったのが、大腸の中で出会い、そして結ばれ、そして合体して、一体となって一日一回出ていくのではないかと思うんだけど、何でオレの大ちゃんはまとまって一気に出て行ってくれヘンのやろなぁ~(^^ゞ。
まっ、そんなことはオレ以外の人にはどうでもエエことですね(^^ゞ。

バイクをラックに掛けました。
地面には何も置いてはいけません。
ボトルとバイクシューズだけはバイクに装着しておけばOKです。
ベル(警音器)が無いとか、禁止されているペットボトルであるとか、ヘルメットであるとか、余計な物を置いていると、ちゃ~んとマーシャルの方がチェックしていて、知らないうちに10分のペナルティが科されているそうですよ。
バイクとヘルメットのチェックはありません。
c0236857_18014509.jpg
バイク用とラン用のトランジションバッグの置き場は、バイクラック場の隣にあるので、このバッグの中に全部入れておいてここで着替えます。
上半身裸になるぐらいはいいようだけど、下半身裸になって着替える選手が稀にいるらしく、更衣テントに入らずに下半身裸になっているところを見つかると、やっぱり10分プラスされるらしいです。
これはまぁ当然ですよね。
バラモンキングみたいに、着替えても着替えなくても、裸になろうがなるまいが、全選手が更衣テントを通過するというルールでもいいけど、トランジションの流れや、会場の広さによって設置できるテントの数や広さ等、大会によって条件はマチマチなのだから、大会によってルールが違うのは当たり前ですよね。
昨年はフルチンオヤジがいたそうです。(女性目撃者あり(^^ゞ)

c0236857_18015492.jpg
海はべた凪で水温もちょうど良くて、フルスーツでも暑くもなくとても泳ぎやすかったのだけど、3回目の皆生で一番バトルが凄かったです。
スタート前に『世界一優しいバトルの無いスイムにしましょう、もしも隣の人の手が頭に当たったら、心の中で「ありがとう!」って言いましょう。』っていう何か訳の分からん呼びかけがあって(爆)、今年も去年同様かわいいバトルのスタートなんだろなぁって思っていたのだけど、いやいやいやいや、何が何が、ここは宮古島か?っていうぐらいのバトルっていうか、密集状態でしたね。
毎年同じような位置、左端の前から5mぐらいからスタートするのに、今年は混んでたなぁ(>_<)。

でもまぁ、もっと後ろからスタートしない限りは、多少のバトルは避けられないと覚悟はできているので、第1ブイまで我慢すりゃあとは空いてくるだろうと思って、耐えて耐えて、顔を蹴られないように、そして、ずれたゴーグルの水を出す時に平泳ぎして後ろの選手を蹴ってしまわないように注意して、泳いだっちゅうか、あれは泳いだのかな?
泳いだっちゅうより揉まれてたっていう感じなんだけど(^^ゞ、一応手足はクロールのような動きをしていて、少しづつだけど前進してたから、やっぱり泳いでたのかな(爆)。

第1ブイを左折したら徐々にバラけてきて、ビーチボールぐらいの大きさのブイが点々とつながっているのが右側に見えたし、第2ブイは遠くて見えなかったけど、その延長線上に止まっていたヨットのマストが見えたので、ほぼ直線状に泳げたのではないかと思います。
ところが、下の写真の黄色←の第2ブイに気付かずに、青色↓の第3ブイのすぐ近くまで行っちゃって、ライフセーバーの方に「こっちちゃうよ~、あっちやで~。」って言われてやっと気付きましてん(^^ゞ。
も~、何やってんだか(^^ゞ。
なかなかエエ感じで泳げてたのにね、50mぐらい余計に泳いだかな。
日頃泳いでないから、レースの時ぐらい長めに泳いでもエエかな、ナハハハハ~。 よくない!

c0236857_08280375.jpg

c0236857_08042565.png
バトルがおさまった後はいい感じで泳げたように思っていたんですけど、無茶苦茶遅かったです(>_<)。
1:08:48で646位でした(^^ゞ。

ちなみに、2016年は1:01:19で412位、2017年は58:50で353位だったので、昨年より10分も遅かったなんて、いくらスイムトレーニングしなかったとは言え、もしかしたらオレのスイムは完成の域に達していないのかもしれないと、ガラーンとしたバイクラックを見て思いました(^^ゞ。

全然疲労感は無かったですけどね、ちょっと遅過ぎましたね(>_<)。


にほんブログ村

by piyopiyodesu | 2018-07-17 22:16 | 皆生トライアスロン | Comments(0)  

2018皆生トライアスロン参戦記 1 レース前日

 いきなり開会式です(^^ゞ。

c0236857_18013741.jpg
 開会式会場では、豪雨災害被災地への義援金募金が行われていました。
閉会式の時に人づてに聞いたところによると、30万円ぐらいの義援金が集まったそうです。

c0236857_17592452.jpg
 第1回皆生トライアスロンの完走者で、トライアスロンの発展に貢献された北村氏が、昨年末と言われたかな?不慮の事故で亡くなられたそうで、開会式に出席した全員で黙祷しました。
この時まで、この方のことを存じ上げませんでした。
不慮の事故というのが悲しいですね。
ご冥福をお祈りします。
c0236857_18010434.jpg
c0236857_18011309.jpg
c0236857_18012322.jpg
 競技説明会で、今年の皆生出場選手の平均年齢は48歳だと言われてました。
皆さんいい大人なんだから、大人のレースをしてください、救急搬送されるようなことがあるとタイヘンなんだから、救急車のお世話になる前に自分の判断でリタイアしてくださいというようなことを言われました。
リタイアしたら、来年の皆生に出場させてもらえないんじゃないかと心配している選手もいるようだけど、救急車で運ばれた選手は間違いなく選びませんから、どっちが得かよく考えるようにと言われてました(^^ゞ。
ちなみに、今回の個人の部(個人の部とチームでリレーの部があるんです)の完走率は83%で、やっぱり暑かったせいか例年よりは低かったそうです。

これは絶対に救急車に乗られヘンな~って思いました(^^ゞ。

 CEEPOのニューバイク、SHADOW Rでしたっけ(^^ゞ。
田中社長は皆生初出場だったそうですが、このバイクで走られたそうです。
完成車の重量は10kgぐらいあるそうですが、重心が低いので数値ほど重さを感じないそうです。

c0236857_18002363.jpg
c0236857_18003507.jpg
c0236857_18004676.jpg
 この治療器は、オムロンの低周波治療器なんかとは違って、筋肉の深部まで届くんだそうです(^^ゞ。

c0236857_17595445.jpg
 鳥取県トライアスロン協会の方で、お医者さんでトライアスリートでもある方が、熱中症予防についてお話してくださいました。
1Lの汗には2~3gの塩が含まれているので、水分補給だけでなく塩をしっかり摂るように、ロングトライアスロンなら1日で10gは摂るように言われてました。
摂り過ぎた塩は排出されるから心配ないとのことでした。
晩御飯は、同じホテルに泊まったカボスさんご家族、SONOちゃん、matsuさんご夫妻と一緒に串カツを食べたのですが、塩10gってかなりの量だよね~なんて言いながら、選手全員白ご飯に塩と醤油をかけて、大盛ご飯をお代わりして食べてました(^^ゞ。

この話を聞いていたから、レース中もエイドでスイカとおにぎりをもらって食べる時に塩を付けて食べたので、そのお陰で熱中症になる寸前のギリギリのところでならずに完走できたのだと思っています。
宮古島とバラモンキングで熱中症になってしまったのは、水分は足りていても塩が足りてなかったのかも?いや、きっとそうだろうという気がしています。

皆さん、そんなの当然じゃんって思う方もいるでしょうが、暑い時の運動中は塩をしっかり摂取しましょう。
ボクもバラキン後は、ジョギングやバイク中に飲むドリンクに必ず塩を入れていました。
涼しい時間帯の短時間のトレーニングなら塩の効果には気付かないでしょうが、ロングトライアスロンでは重要なんですね。



にほんブログ村

by piyopiyodesu | 2018-07-16 21:32 | 皆生トライアスロン | Comments(0)  

完走しました!

 全日本トライアスロン皆生大会を完走しました。
暑かった〜(^^;)。
去年より1時間ぐらい遅かったけど、今のボクの体力を出し切ったと言い切れるので、全く悔いはないです。
やる時はやるなんて大口叩いたくせにカッコ悪いけど、あと10秒さえも早くフィニッシュするのは無理でした。燃え尽きました。

c0236857_23125823.jpg
c0236857_23113523.jpg
c0236857_23120373.jpg


にほんブログ村

by piyopiyodesu | 2018-07-15 23:20 | 皆生トライアスロン | Comments(14)  

皆生トライアスロン前日

 7月14日土曜日、いよいよ全日本トライアスロン皆生大会のレース前日です。
カボスさんご家族とmatsuさんご夫妻とそのちゃんと友人と一緒にナンを食べました。
c0236857_14362782.jpg
寄付しました。

c0236857_14364208.jpg

c0236857_14365650.jpg

c0236857_14370963.jpg

c0236857_14372343.jpg
受け付けしました。

c0236857_14444162.jpg

c0236857_14373996.jpg
ワゴンセールで1,000円だったので、買ってみました。
白いのが欲しかったのだ。
c0236857_14375348.jpg

c0236857_14381049.jpg

c0236857_14382577.jpg


にほんブログ村

by piyopiyodesu | 2018-07-14 14:50 | 皆生トライアスロン | Comments(2)  

皆生トライアスロンはコンビニOKなんだって(@_@

 皆生トライアスロンのレース中に、コンビニや自動販売機で買い物してもいいそうです(@_@。
そんなのアカンに決まってるやん・・・・と思っていたので、質問してみようとも思わなかったけど、知らなかったなぁ~。
審判長に確認済みの情報です。
ただし、ゴミをポイ捨てしないで、次のエイドで捨てること。
コンビニや自販機に行くためにコースを逸脱したら、その場所まで戻って再開すること。
誰かから何かをもらうのは援助になるので禁止。
だそうです。
買うのはいいけどもらうのはダメってことですね。

他の大会はどうなんでしょうね。
調子良く走れていれば利用することはないでしょうが、バラモンキングみたいに熱中症でムカムカして補給食が食べられなくなって、ハンガーノックになりそうな時に、エイドにある物は食べられないけどアイスクリームやガリガリ君なら食べられるという状況が絶対ないとは言い切れないので、お守りとして500円玉を持って走ることにします(^^ゞ。

 さて、今日(7日)は、一日中ず~っと雨が降っていました。
朝は3本ローラーを45分しました。

 仕事から帰宅して遅い昼食後に、再び3本ローラー45分とブリックジョグ6km走りました。
ジョグは雨が降っていたけど、増水した加古川見たさに外を走りました(^^ゞ。
濡れたけど、トレミで汗だくになるよりずっと気持ち良かったですね。

我が家がある集落と加古川本流の間に、細い水路のような小川(名前も小川(^^ゞ)が一本あるのですが、今まで見た中で最高に増水していました。

c0236857_18092565.jpg

加古川本流も記憶にある限り1,2番ぐらいに増水していました。
それでも、ゴミが溜まった位置から見たら、既に水位は下がり始めているようでした。
ソフトボールのグラウンドのバックネットです。


c0236857_18093647.jpg
河川敷のマラソンコースと公園が完全に水没していました。

c0236857_18094274.jpg
河川敷に5基ある仮設トイレは、増水が予測される時は、前もって土手の上に移動されるのですが、河川敷が水没するほど増水しなければ、すぐに元の位置に戻されます。
ところが、こんなに水没しちゃうと、水位が下がっても流れてきた大量の土砂やら木や草やゴミが除去されるまでは戻されないので、河川敷のマラソンコースは走れるようになってもトイレが無いので、急に大ちゃんが出そうになるボクは困ってしまいます。
 昨年だったか、秋に台風21号だったかで増水した時は、2ヵ月ぐらいトイレが使えなくて、何度も慌てました。
ちょっと離れたところにあるコンビニのトイレを借りるか、川の反対岸にある常設トイレに行くか、雉撃ちするしかないんですよ(^^ゞ。
まっ、そんなことは他人にはどうでもエエことですよね(^^ゞ。

雨は明日の昼には止んで、月曜日からは連日30℃以上の真夏日になる予報ですね。
皆生は灼熱かな(^^ゞ。


にほんブログ村

by piyopiyodesu | 2018-07-07 18:25 | 皆生トライアスロン | Comments(0)  

皆生トライアスロン大会の目標

 7月4日水曜日、今朝はシャワーランと言うより暴風雨ランになりそうだったので、おとなしく3本ローラーを1時間しました。
バラモンキングでのあまりのバイクの遅さにぶったまげて(^^ゞ、慌ててバイクのトレーニング量を増量中ですが、その効果が少~しだけ、ほんの少~しだけでてきたかなぁ~、どうかなぁ~、そんなに甘くないよな~、でもちょ~っとだけでてきたかなぁ~っていう微妙なところです(爆)。
まっ、まっ、皆生には間に合わなくてもバイク190kmの佐渡があるもんね、佐渡までにはなんとかしないとな(^^ゞ。

 昼休みには、風は強いものの雨は降ってなかったので、アクティブレストと体脂肪燃焼を目的に8kmジョグしました。


 さて、3度目の出場になる全日本トライアスロン皆生大会の目標を決めました。
すっごい目標ですよ~(^^ゞ。
自己ベストだの、11時間切りだの、そんな細かい数字を目標にするなんて小せぇ小せぇ(^^ゞ。
オレはそんな細かいことには拘らないのだ(^^ゞ。
それでは発表しま~す(爆)。

























目標は、『鉄人ラーメンを食べること』です(^^ゞ。
どうだ~、でかいだろ~?
これね↓。
c0236857_21163810.jpg

c0236857_22305929.jpg
 ケチじゃなくて倹約家で、かつ、面倒くさがり屋(関係ないけど)のボクとしてはですね、タダで食えるラーメンを食わないなんて考えられませ~ん(^^ゞ。
バラキンではそう思ってちょっと無理して無料の五島うどんを食べたけど、後で戻しちゃったからね、鉄人ラーメンは戻すことなくオレの栄養源にするのだ!

 なんだかおちゃらけた目標のようで、実はなかなか奥の深い考え抜かれた目標なんどすえ~(^^ゞ。
フィニッシュが遅くなると、売り切れてしまって食べたくても食べられない可能性が高くなります。
まだ残っているうちにフィニッシュしなければなりません! ←熱中症になって歩いている場合ではないぞよ(^^ゞ

熱中症になっちゃうと、腹ペコなのにムカムカして胃が受け付けなくて、ラーメンが残っていても食べることができません。
ラーメンを食べることができる状態でフィニッシュしなければ! ←熱中症になってゲロゲロやってる場合じゃないぞよ(^^ゞ

昨年と一昨年は食べることができました。
今年は、こっそり二杯食ってやろうと企んでいます(^^ゞ。
このアイスキャンディーも、昨年も一昨年も4~5本食ったかな(^^ゞ。
今年は、お腹が冷え過ぎない程度にもっと食ってやろうと企んでいます(^^ゞ。

c0236857_22311565.jpg
まだ明るいうちに、熱中症にならずにフィニッシュするのが目標です(^^ゞ。
筋肉痛や全身の倦怠感で、クタクタのヘロヘロでフィニッシュするのは当たり前、でも熱中症にさえなってなければ、オレの食欲は衰えないのだ(^^ゞ。
絶対食うぞ~(^^ゞ。
ホテルに帰ってからビールも飲むぞ~(^^ゞ。
我ながら良い目標ができた。
皆生のバイクとランのエイドには、水をかけたくてかけたくてウズウズしている水かけ少年隊が待ち構えているからね、ウェアが乾かないようにしょっちゅう息が止まるような冷たい水をかけてもらいながら走ります(^^ゞ。
それからスイカね、大好きなスイカならいくらでも食べられるもんね、スイカをたくさん食べて熱中症には負けねぇぞ!



にほんブログ村

by piyopiyodesu | 2018-07-04 14:10 | 皆生トライアスロン | Comments(2)  

皆生当選!

 全日本トライアスロン皆生大会に当選しました!
まだ当選通知は届いてないんですけど、Mスポエントリーのマイページをチェックしてみたら当選していました。
無茶苦茶嬉しい~(^^ゞ。

c0236857_22154075.png


 これで、今年出場するトライアスロン大会が全て決定しました。

第1戦、4月22日の全日本トライアスロン宮古島大会は既に終了しました。
第2戦は6月17日の五島長崎国際トライアスロン大会Aタイプ
第3戦が7月15日の全日本トライアスロン皆生大会
第4戦は9月2日の佐渡国際トライアスロン大会Aタイプ

今年は、皆生の翌週の湯原温泉トライアスロン大会には出ません。
スイム会場の水温が低過ぎて3回経験しても全く慣れず、そのうち何かトラブルが起きそうな気がするので、出ないことにしました。
9月末のウチからすぐ近くのグリーンパークトライアスロンin加西も、ショートディスタンスの大会にはもう出ないことにしたので、出ません。
ということで、今年はこの4大会だけです(^^ゞ。
2016年以来2年ぶりに国内のロング4大会全部に出られることになりました。
2016年は全大会で完走はしたものの、佐渡でフィニッシュ後に病院行きになってしまったので、今年は全大会で完走して、かつ、救急車に乗らないことを目標にします(爆)。

 さて、今日は、四国吉野川の大歩危渓谷を、カヤックで川下りして遊んできました(^^ゞ。
↓高知県と徳島県の県境付近にある『国境の瀬』の下見をしているところ。

c0236857_22165754.jpg

c0236857_22393840.jpg

c0236857_22171881.jpg

誰も興味ないかもしれないけど、詳しくは後日書く予定です(^^ゞ。


にほんブログ村

by piyopiyodesu | 2018-04-29 22:49 | 皆生トライアスロン | Comments(0)  

皆生メモリアルシーン

 皆生トライアスロンのHPにメモリアルシーンが公開されましたね。
残念ながらボクが写っている写真はありませんでした(^^ゞ。
どれも素晴らしい感動的な写真ばかりなんですけど、幾つか印象に残った写真を拾ってみました。

ライフセーバーの皆さん、皆さんが見守ってくれるお蔭で、苦手なスイムだけど安心して泳げました。
ありがとうございました。
c0236857_08150595.jpg
T1とT2のトランジションバッグ置き場です。
このすぐ右隣にバイクラックが並んでいます。

c0236857_08151779.jpg
スイムスタート10分ぐらい前にスタート位置まで泳いで、3分前までぐらいはこんな風にボードに掴って待機しました。
若くてかわいい女性ライフセーバーさんが一人いて、そのボードの周りは野郎選手達で囲まれてましたね(^^ゞ。
ボクもその中の一人でした(^^ゞ。
この写真の方ではないです(爆)。
c0236857_08154849.jpg
あの中にボクもいたはずです(^^ゞ。
c0236857_08160834.jpg
c0236857_08162228.jpg
泳ぎやすい穏やかな海で助かりました(^^ゞ。
c0236857_08225622.jpg
バイクスタートしてまだ2kmぐらいかな、日野川河川敷のジョギングコースです。

c0236857_08164705.jpg
大山のペンション村の先の折り返し地点に向かって(まだだいぶん先だけど)上っているところです。
c0236857_08170213.jpg
折角上ったのに、一気に下ってまた上るんです(^^ゞ。
無茶苦茶気持ちのいい下りです。
遠くの山は島根半島で、少し海が見えているのは美保湾ですね。

c0236857_08171340.jpg
大山!
c0236857_08172647.jpg
トライアスリートの甲子園、皆生大会には、青い空と白い雲が良く似合う。
c0236857_08174179.jpg
高校生の皆さん、ありがとうございました。
皆さんの協力や応援のお蔭で、なんとか完走できました。
c0236857_08184420.jpg

c0236857_08185450.jpg

c0236857_08190588.jpg

中学生ぐらいの子供達も手伝ってくれていたように思います。
ありがとう!

c0236857_08230887.jpg
c0236857_08180870.jpg
ランの後半、境港で折り返すと、こんな風に大山がくっきり見えました。
あ~、あのてっぺんに何度も登ったなぁ~、また登りに来ようなんて思いながら走ったり歩いたりしました(^^ゞ。
歩いたらアカンやん!
走れない時もあるのよ、人間だもの(^^ゞ。
c0236857_08182543.jpg


c0236857_08191511.jpg

c0236857_08232003.jpg
こうやって写真を見ていると、本当に大勢の方達に支えられていたんだなぁって改めて気付かされます。
大勢のボランティアの方達が見返りを求めることなく、無償の愛で協力してくれるからこそ成り立っているんですよね。
ありがたいね~。

もしも、倒れたバイクが当たったぐらいで92万円も請求するような遠慮(欲)深い人達ばっかりだったら、日当をよこせだの、最高気温が30℃を超えたから夏日手当を割り増ししろだの、エイドの水で服が濡れたからクリーニング代を払えだの、シューズも濡れたから新しいのを買って返せだの言いだして、とてもじゃないけどトライアスロンの大会なんて開催できませんよね。
エントリー料が100万円ぐらいになっちゃうかも(^^ゞ。←シツコイね、よっぽど根に持ってるんやな(^^ゞ

この素晴らしい大会に出場できたことに心から感謝しています。
トライアスロンの世界に飛び込んで5年目、トライアスロンを始めて良かったと心から思っています。
なんて幸せなトライアスリート人生(ちょっと大袈裟か(^^ゞ)なんだと思っています。

あ~、ホンマにエエ大会やったな~。
皆生の一週間後に湯原があって、ユバラバタバタしてて皆生ロスに陥る暇もなかったけど、今頃になって来たね~、皆生ロス!
心にぽっかりでかい穴が空いてます(^^ゞ。

この穴を埋めるのはアレしかないな、アレ。
アレって何?
アレと言ったらアレですよアレ(^^ゞ。

さ~ど~(^^ゞ。
佐渡も素晴らしい大会だもんね。


最後はむさいオヤジの写真で〆ましょう(^^ゞ。
メモリアルシーンに一枚もなかったんだから、自前の写真を出すしかしょうがないんですよ(^^ゞ。

c0236857_07524860.jpg

フィニッシュ直後にワンコさんに撮っていただいた写真です。
もうヨレヨレ(^^ゞ。
c0236857_11104366.jpg
笑顔のつもりです(^^ゞ。

c0236857_11110404.jpg
あ~、ちかれた(^^ゞ。
でも楽しかったな~(^^ゞ。

c0236857_11113023.jpg
ポチっとしていただけたらたいへん嬉しいです。
よろしくお願いしま~す(^^ゞ。


にほんブログ村

More

by piyopiyodesu | 2017-08-03 06:00 | 皆生トライアスロン | Comments(2)