渡りにカヤック(^^ゞ

 9月30日日曜日、アラームをかけずに自然に目が覚めた6時に起きて、朝ジョグ11km走りました。
昨夜降っていた雨は、ジョギングしている間は止んでいてラッキーでした。
どうせ雨でビチョ濡れになるものと思っていたので、洗濯物を減らすために昨日の夕方のジョグで着たシャツを着て走ったら、汗臭くてマイッタのだ(^^ゞ。

加古川河川敷の仮設トイレがまた土手の上に移動されて、しかもご丁寧にドアが開けられないように黄色と黒のトラロープで縛ってありました(>_<)。
水没しないように土手に上げるのはしょうがないとして、市民の憩いの場所なのに使えるようにしといてもらわんと困るがな。
緊急時にはすぐ使えるようにしておきました(^^ゞ。

 さて、7年ぶりにカヤック(カヌー)の趣味を再開してから1年ちょっと経ちました。
7年ぶりに乗った青いイナゾーン220は、薄いバウ(先端)とスターン(後端)が、水に喰われまくって、エディーライン(流れの速さに差がある流れの境目)やボイル等、至るところで予期せぬ動きをして、長いブランクのあるオレを困らせたのでした(^^ゞ。
こんな過激なカヤックには乗ってられないということで、姫路のショップで見つけたカーブの中古艇(黄色)をすかさず買ったのでした。

c0236857_19404233.jpg
カーブは、大きなボリュームと強いロッカー(ボトムの反り)ゆえに、水に喰われることがほとんどなく、下手くそなオレを随分助けてくれたのだけど、慣れてくるにつれて、どうも違うっていう気がしてきたのだ。
オレが求める動きをしない。
重い!
重量そのものも重くて、重いと動きも重くてモサっとしている。
バイクと同じで軽い方が動きも軽やかなのだ。

自分のヘタさは棚に上げて、カヤックのせいにしているのはわかってはいるんだけど、スラローム艇のようなスピードがあってクイックなターンができるボートはないもんか?と考えるようになっていたのだ。

新艇を買うつもりはないので、古くてもいいから安い中古艇でオレの希望を満たすようなお勧めのボートがあればおしえてもらおうと思って、昔からのカヤック友達のMさんがそういうことには詳しそうだから聞いてみようかな、どうしょうかなって思っていたのだ。

c0236857_19405672.jpg
朝食後にfacebookを見ていたら、そのMさんが、『中古カヤック売ります』のコーナーにこの↓カヤックを売りに出されたのに気付いて、すぐさま「興味あり。」のコメントを入れて、数分後には商談成立して、早速尼崎まで引き取りに行ってきたのだ(^^ゞ。
数分の差で、他の人からも「欲しい」と書き込みがあったので、タッチの差でゲットできて幸運だったのだ。
台風の影響かな、阪神高速が空いていてスイスイで良かったのだ(^^ゞ。

c0236857_14295013.jpg
ドイツのプリヨン社のフライというカヤックです。
長過ぎず、短過ぎず、太過ぎず、スラローム艇を彷彿とさせるスタイルは、まさにオレが希望していた条件を満たしたカヤックだというのが見ただけでわかる(^^ゞ。
まさに、渡りに船(カヤック)なのだ。
しかも、使い込んであるから小傷はたくさんあって美艇ではないけど、そんなものは求めてないので、割れたり穴が開いたりしてなければな~んの問題もなくて、すごく良心的な値段で譲ってもらいました。
なんかツイてるな~(^^ゞ。
嬉しいぞ~(^^ゞ。

c0236857_14205007.jpg
スラロームカヤックの前後を切り詰めたようなシャープなスタイルは、なかなかかっこよくて、オーソドックスなカヤックの美しいフォルムを残しているのだ。

c0236857_14205943.jpg

持ち上げてみたらカーブよりはかなり軽いので、動きも軽やかだろうってことは容易に想像できるし、大歩危を下り終えて川から道まで担いで上がる時も息が切れることはないだろう(^^ゞ。

c0236857_14210661.jpg
イナゾーンで使っていたスプレースカートは、カーブには小さ過ぎて使えなかったのだけど、フライにはピッタリでした。

c0236857_14301028.jpg
ラッキー過ぎて怖いよ(爆)。

 夕方と言っても3時過ぎに、風雨が強まる前に15kmジョギングしました。
雨はまだ大したことなかったけど、既にかなり強い風が吹き荒れていて時々よろめきながらも気持ち良く、気分良く走れました。

9月の走行距離は、佐渡トライアスロンの分も含めて、バイクは425km、ランは443kmでした。



にほんブログ村

by piyopiyodesu | 2018-09-30 18:21 | アウトドアー | Comments(0)  

<< 今日は走らず 今年初栗拾い(^^ゞ >>