明神岳経由前穂高岳登山 1

 9月25日火曜日、かなりハードな登山だったので、久し振りのなかなか強い筋肉痛です(^^ゞ。
雨も降ってたし、当然、朝ジョグは休みました(^^ゞ。
夏の間はあまり実らなかったプチトマトが、最近になって毎日数個づつ食べられるぐらいにできてます。
土曜日にはまだ緑色だったゴーヤが半分黄色くなってしまっていました(^^ゞ。

c0236857_07284130.jpg
 さて、この雑誌の今年の5月号に載っていた登山レポートを読んで、おもしろそうだから行ってみようと思ったのが4月のことです。

c0236857_07285521.jpg
これこれ、この記事ね(^^ゞ。
ブログのタイトルは『明神岳経由前穂高岳登山』ということにしたので、前穂登山が主目的のような感じになってますが、今回の登山の一番の目的は明神岳登山であり、前穂はオマケみたいなもんなんです(^^ゞ。
もちろん前穂にも登りたかったのですが、明神岳からは下山道がなくてですね、前穂まで行かないことには下りられないから行った・・・・なんて書いたら前穂に叱られるかな(^^ゞ。

c0236857_07290154.jpg
 9月23日に日付が変わってから出発、ポルシェで約390km走って平湯温泉のあかんだな駐車場に着いたのが5時半よりちょっと前だったかな。
上高地行きの始発のバスが5:20発で、次発が5:50だったので、次発に間に合うように家を出たのでピッタリでした。
駐車場が全く空いてなくて、2台分だけ空いてるのを見つけたんだけど、両隣のクルマが枠からはみ出して駐車していて、ドアが開けられないような狭さだったので、仕方なく枠外に駐車しました。
下山してみたら、さらに左側に駐車している強者がいました(^^ゞ。

c0236857_22042192.jpg

登山靴を履く前に5本指靴下を履こうとしたら、両方とも右足用だった(爆)。
しょうがないので、左足は裏返して履きました(^^ゞ。
靴下を裏返すと親指と小指の先にナマズのヒゲみたいな糸が出るから、子供の頃、気付かずに裏返しで履いてると
「ナマズになってるよ。」
って言われませんでしたか?
今の靴下はナマズのヒゲみたいな糸が出ないんですね。
まっ、そんなことはどうでもエエですね(^^ゞ。

c0236857_07291567.jpg
あかんだな駐車場から上高地のバスターミナルまでは35分ほどで、往復で2,050円です。
駐車場代は1,200円だったかな?安いです。

梓川と河童橋です。
いつも同じこと書くけど、高校の修学旅行で来た思い出の場所なんですよ~(^^ゞ。

c0236857_07293219.jpg

河童橋から上流側の正面に見える山が、日本で3番目に高い3,190mの奥穂高岳(左の)で、中央のが11番目に高い3,090mの前穂高岳で、右のが明神岳の第二峰らしいです(^^ゞ。
明神岳の一番高い所(主峰)は、第二峰の奥にあるので、ここからは見えないのかな。
実はよく知らないんです(^^ゞ。
明神岳は2,931mと結構高いのに、上の雑誌の記事によれば、国土地理院では独立した山とは認められなくて、前穂高岳の一部ということらしいです(^^ゞ。
だから、日本で何番目に高い山の順位にも入っていません。

c0236857_07293861.jpg
河童橋を渡って右へ進み、観光遊歩道をしばらく歩くと、岳沢登山道の入り口があります。

c0236857_07294311.jpg

c0236857_07295184.jpg
ここから2時間半ほど登ると岳沢小屋という山小屋↓があり、そこまでぐらいなら大して急登ではないので、スニーカーの観光客でも行けなくはないですね。

c0236857_22145233.jpg

そこで上高地とはまた違う景色を楽しんだり、小屋で何か食べるという楽しみ方もありますね、しんどいけど(^^ゞ。

c0236857_07295873.jpg
夏の暑い時期でも、冷たい風が吹き出してくるという風穴の目印がある場所で、岳沢登山道から分かれて、明神岳の第五峰に向かって急登が始まります。
『踏み跡は明瞭』って書いてあるんだけど、踏み跡らしき道を全く見つけられなくて、どこが踏み跡や?ってかなり迷いました。
かなり行ったり戻ったりして探したけどわからなくて、とにかく道に迷って引き返せなくならない範囲で行ってみようと思って、左側が谷だったので、そっちじゃないと思って右斜め上へ歩いて行ったら、やっとたしかに明瞭な踏み跡がありました。
次からはもう迷わないけど、登山口を見つけられなくていきなり退散か?と思って焦りましたがな(^^ゞ。

c0236857_07300488.jpg

c0236857_07301163.jpg
この辺の岩の隙間から冷たい風が吹き出してくるそうなんだけど、この日は全く吹き出していませんでした。
この登山道は2回?は通ったことがあるはずなんだけど、冷風が出てたかどうかなんて覚えてないなぁ(^^ゞ。

c0236857_07302052.jpg
一般登山道なら、登山者が道を間違わないように目印がたくさんあるんだけど、このコースはバリエーションルートと呼ばれるちょっと難しいコースで、一般の登山者は登らない方がいいよ、登れる自信のある人だけが登ってねっていうコースなので、踏み跡を頼りに正しいコースを探りながら登るような感じになるんだけど、たま~にこんな赤いテープの目印があって、こういうのを見るとホッとします(^^ゞ。

c0236857_07302737.jpg
登れど登れど樹林帯の中は似たような景色ばかりで面白くないし、急斜面ばっかりだし、だ~れ一人いないし、ただ風の音だけが聞こえる中を、ひたすらひたすら登るだけで飽きちゃったよ(^^ゞ。
水場がないので、沢で水が手に入るうちに1Lほど水をくむつもりで500mlの空のペットボトルを2本持っていたのに、うっかり忘れていて、家から持ってきた1Lしか無くて、下山中の岳沢小屋まで水場はないので、節約して節約してチビチビチビチビしか飲めませんでした。
これは大失態でした。
c0236857_07303522.jpg
1,000mぐらい登って標高が上がって森林限界を超えたら、やっと視界が開けて青空が見えました。

c0236857_07304483.jpg
上高地が一望できる高さまで来ました。
が河童橋で、黄がバスターミナルです。
右上のピンクが活火山の焼岳で、一番遠いのが御嶽山、その手前が乗鞍岳かな。(間違ってたらゴメンちゃい(^^ゞ)
2,455mの焼岳より高そうだから、この辺りで2,500mぐらいかな。
上高地でも1,500mですから、既に少し空気が薄くちょっと歩くと息が切れます。

c0236857_07305340.jpg

c0236857_07310455.jpg
明神岳の方を見上げると、右端のずんぐりしたピークが第五峰で、その左がたぶん第四峰で、一つ飛び出しているのが第三じゃなくて第二峰じゃないか?って思うんですけど、どうでしょう?(^^ゞ
名前が書いてあるわけじゃないからワカランのよね~。
だってね、尖がったピークなんて五峰どころかいっぱいあるんよ、中でも一際大きいピークだけを数えていったらそうなるんよ。
見る角度が変わると全然違う形に見えるしね、初めての山だし、たぶんそうでしょうっていうぐらいで勘弁してよね(^^ゞ。
あの第五峰がね、すぐそこにあるように見えて、これが結構遠いのよ(^^ゞ。

c0236857_07311262.jpg

c0236857_07311953.jpg
徳澤園が見えてます。

c0236857_07312727.jpg
c0236857_07313357.jpg
第五峰直下まで来ました。

c0236857_07314022.jpg
第五峰のピークには、古いピッケルが刺してありました。

c0236857_07314655.jpg
右端のピークが第四峰なのは正しいとして、その左側に見えているのは第三峰か?第二峰か?
上では第二峰だろうって書いたけど、自信がなくなってきた(^^ゞ。
誰か知ってる人いませんか~(爆)。
左奥は奥穂高岳ですね、これは間違いない(^^ゞ。
前穂高岳はこの角度では明神岳の陰になって見えません。

c0236857_07315566.jpg
これ↓は第四峰ですね、たぶん(^^ゞ。
つい二日前に自分で撮った写真なのに、既にうろ覚えだよ(^^ゞ。
上の写真とは違う形のピークに見えるのは、上の写真は第五峰のピークから撮り、下の写真は第五峰と第四峰の間のコル(鞍部)まで下りて撮ったからですね。

c0236857_07320661.jpg
これ↓はね、第五峰と第四峰の間のコルから第五峰を振り返ったところですね、たぶん(^^ゞ。

c0236857_07321544.jpg
第五峰(上の写真)の拡大写真ですね(^^ゞ。

c0236857_07322279.jpg
富士山と南アルプスが見えました。


c0236857_07323102.jpg
これ↓はたぶんオレだな(爆)。
第四峰の上から撮った写真で、ヘルメットのすぐ左のピークが第三峰で、その左のちょっとギザギザしたピークが第二峰かな(^^ゞ。
あのギザギザピークが第二峰なら、上で書いたことは合ってるってことですね(^^ゞ。
まぁ、そんなことは、登山に興味ない方にはどうでもエエことですよね(^^ゞ。

c0236857_07324349.jpg
第五峰と第四峰の間で、下って行く人と擦れ違って、
「あの古いピッケルが刺さってるピークが第五峰ですよね?」
って聞いたら、
「そうですそうです、あれが第五ですね。」
っておしえてくれました。
その人が第五峰のピークに立っています↓。

c0236857_07324971.jpg
人が立っているのがわかる?

c0236857_07325957.jpg
疲れたので、今日はここまで(^^ゞ。



にほんブログ村

by piyopiyodesu | 2018-09-25 22:53 | 登山 | Comments(3)  

Commented by かず at 2018-09-26 15:50 x
ついにシェルターを使われたんですか?
Commented by piyopiyodesu at 2018-09-26 16:44
使いましたよ~(^^ゞ。
モンベルのモノフレームシェルターね、なかなか良かったですよ。
続編で登場予定です(^^ゞ。
Commented by かず at 2018-09-26 21:35 x
有難うございますo(^o^)o
楽しみです。

<< 明神岳経由前穂高岳登山 2 前穂高岳 >>