ボランティアは愛だ!

 7月19日木曜日、休みなので岡山県倉敷市真備町にボランティアに行ってきました。

今年はトライアスロン4大会、マラソン3大会、OWS1大会に出場します。
全ての大会は多くのボランティアの皆さんに支えられて成り立っています。

例えば、先日の全日本トライアスロン皆生大会であれば、出場選手は1,000人ほどでも、ボランティアスタッフは4,000名と聞きました。
選手一人につき4名ものスタッフが無料で働いてくれるから、我々選手は競技に集中することができるし、自分の飲み物食べ物の全てを自分で持って走らなくても済むし、エントリー料も安くておさまっています。

もしも、4,000名のボランティアスタッフに、僅か1,000円づつでも日当を払ったら、それだけで400万円ですよ、400万。
ボランティアスタッフがタダ働きしてくれるからこそ、4万円程度のエントリー料で飲んで食べて出して(^^ゞ、丸一日遊ばせてもらえるんですよね。
これは『愛』だな、『愛』、『愛』でなくて何だ!?

『愛』には『愛』でお返ししなければと思って、皆生が終わったらボランティアに行くと決めていました。
スポーツイベントのボランティアも被災地でのボランティアもボランティアはボランティア、情けは人のためならず、巡り巡って自分に戻ってくることもあるでしょう。

できるだけ近くで募集している所へ行こうと思っていたのですが、兵庫県内は被災された方はいたけど局地的だったせいか既に募集しておらず、京都府の福知山市や綾部市も募集は終わっていて、真備町が一番近かったので、真備町に行ってきました。

9時過ぎには倉敷市ボランティアセンターに着いたのですが、受付やら、説明やら、バスに乗ってボランティアセンターの支所への移動やら、現場まで徒歩の移動やらにけっこう時間がかかって、作業開始は結局11時頃でした。

センターの体育館に集結したボランティア有志達。

c0236857_17471800.jpg
日本史に出てくる遣唐使の吉備真備(きびのまきび)ゆかりの地だそうです。
ボクは岡山で大学時代に馬術部に所属していて、馬のエサ代稼ぎのアルバイトで、神社の流鏑馬に行ったり、武者行列に馬を連れて行ったり、マラソン大会の先導をしたり(^^ゞしたことがある(他の部員が先導したんですけどね)のですが、真備町で『遣唐使行列』というお祭りがあって、吉備真備に扮した町長さん達を馬に乗せて行進するアルバイトに来たことがあります。
その当時は『まきびちょう』だと聞いたような気がしてそう覚えていたのですが、『まびちょう』だったんですね、『まきびちょう』とは別に『まびちょう』があるのか?と思ったりもしたけど、この吉備真備の像を見て思い出しました、ここだ!って。

c0236857_17473741.jpg

移動中のバスから撮った写真です。
報道で見たままの被災地の惨状が広がっていました。

c0236857_17472446.jpg
c0236857_17473017.jpg
5名一組で、リーダーと時計係を決めて作業しました。
20分作業したら10分休憩するようにと注意があり、時計係の人が時間を管理しました。

「20分作業しただけで10分も休んどったら進まへんがな。休み過ぎやろ!」
って思っていたのですが、実際に作業を始めてみたら、暑うて暑うて、時計係の人が
「20分経ったから休憩しましょう。」
って言ってくれるのがありがたかったです(^^ゞ。

ボクの班はもう一つの班と一緒に、床下の土を土嚢に入れて運び出す作業だったので、日陰での作業でまだ涼しい方だったのですが、汗がタラタラ流れ落ちてるのがわかりました。
↓一階の壁土が落ちてる位置まで水に浸かったんですね。

c0236857_17474506.jpg
13:30にはセンターの支所まで徒歩で帰らないといけないので、13:20まで作業しても実質2時間ちょっとの作業時間でしたが、一生懸命お手伝いさせていただきました。

c0236857_17475296.jpg
c0236857_17475854.jpg
1.5Lぐらい水分補給したけど、それ以上に汗をかいたのではないかと思うんだけど、浮腫んでいました。

c0236857_17480727.jpg
クルマで高速道路を使って来た人は、申請すればこんな書類がもらえて、帰りの高速料金は無料になりました。
ただし、ETCは使えないので、一般ゲートから入って、出口の一般ゲートで係員に書類を渡す必要があります。

c0236857_17481442.jpg
22日の日曜日にまたボランティアしようと思っているのですが、行きの高速料金は加古川市役所で申請すれば無料になると聞いたので、帰宅してすぐに加古川市役所に問い合わせてみたら、ウチの近所の市民センターでは発行できないので、加古川市役所本庁まで来なさいと(>_<)。
何のための市民センターやねん!
クソ暑いのに、30分以上かけて市役所まで行かれヘンがな。
しかも、ボランティアに参加するという証明書類を真備町に書いてもらって、それをFAXで送ってもらって持って来いと(>_<)。
水害でてんやわんやの真備町にそんな面倒なこと頼めるわけないやんなぁ。
加古川市の対応にはがっかりしました。
加古川市に市民税を払うのがイヤになりました。
日曜にまた真備町に行くことになったら、行きは自分で高速代を払って、帰りだけ↑この書類をまたもらって無料にしてもらおうと思います。



にほんブログ村

by piyopiyodesu | 2018-07-19 22:19 | その他 | Comments(0)  

<< 2018皆生トライアスロン参戦... 佐渡はディスクホイールOK! >>