2018皆生トライアスロン参戦記 3 バイク

 皆生が終わって最初の運動は、18日の昼休みに1,500mだけ泳ぎました。
相変わらず美しいフォームでスイスイ気持ち良く泳げたのですが、なんで皆生で遅かったのか?理由はわかっています。
上半身の筋肉はランでは錘になると思って落ちるがままに任せていたので、推進力不足で遅くなったと自己分析しているのですが、どうでしょうか?
どうでしょうか?と言われてもねぇ、お前のスイムが遅くなった理由なんて興味ないし、知らんがな!っていう感じですよね(爆)。
でもたぶんそうです(^^ゞ。
佐渡までにちょっと上半身を鍛えて、ボクの基本的なスピードである100mを2分ぐらいで泳げるようにします。 ←できるんか? ←できるできる、今日から毎日5回懸垂する(^^ゞ

19日は、昼にボランティア作業、夕方6時を過ぎて涼しくなってから7kmジョギングしました。
そして、今朝は5:30に起きて、ゆ~っくり6kmジョギングしました。
日常の生活では皆生の疲れは全く感じなくなり、筋肉痛もほぼ治まりましたが、走るとまだまだ身体も脚も重いですね。
佐渡に向けてぼ~ちぼ~ち上げていきます・・・・って言いたいところだけど、上げていけるんやろか(^^ゞ。

 さて、スイムを終えてウェットスーツの上を脱ぎながらトランジションバッグ置き場まで小走りで走りました。
ガーミンのロックを解除してT1に切り替えた時に見たら、71分でした(>_<)。
スイムスタートの2分前ぐらいにスタートさせたから、70分は超えてないとわかったんだけど、自分としてはいつもと同じぐらいの60分ちょっとぐらいで泳げたものと思っていたので、苦笑いって感じでした。
まっ、しょうがねぇな、バイクとランでジワジワ上げていけばエエやって思ったんですけどね、バイクでもランでも全く上げられませんでした(>_<)。

これは、バイクスタートしてすぐの日野川の河川敷ですね。
サイクルジャージの下に、ビチョビチョに濡らした例のセームタオルを着けています。

c0236857_18020685.jpg
バイク中は、常に自分の身体の水温計と燃料計を意識していました。
これはディフェンダーの水温計ですが(埃だらけ(^^ゞ)、レッドゾーンまでいったら熱中症(オーバーヒート)だと思って、赤↓ぐらいよりは上がらないように気をつけました。

c0236857_15032977.jpg
これはディフェンダーの燃料計ですが(やっぱり埃だらけ(^^ゞ)、赤ゾーンまで下がっちゃうとハンガーノックで力が出なくなってしまって、慌てて食べても回復するまでに時間がかかるので、その手前のオレンジゾーンを維持するように注意しました。
一度にたくさんは食べられないので、腹が減ってきたなぁって感じるちょっと前に少しづつ食べたり飲んだりしました。
まっ、イメージですけどね(^^ゞ。
チョコバー、カロリーメイトみたいなクッキーみたいなヤツ(^^ゞ、パワーバーのグミ、エナジージェル等、ぴよぴよ商店では品揃え豊富にいろいろ取り揃えておきましたが、やっぱりチョコバーはアカンね。
ネバネバに融けて袋にくっ付いてなかなか出てこないんよ(^^ゞ。
一番良かったのは、家で作って持って来たおにぎりでしたね。
土曜の朝に作ってクーラーボックスに入れて持ってきて、ホテルの冷蔵庫に入れておきました。

c0236857_15032476.jpg
全てのエイドで停車して、全身をビチョビチョに濡らしてもらいました。
濡らしたスポンジを渡してくれる、たぶん高校生の子供達の前で止まって、「頭から思いっきりかけてくださ~い(^^ゞ。」って言ったら、喜んでかけてくれました。
あ~生き返る~、これぞ皆生や~。

c0236857_19553666.jpg
最初の40kmぐらいは大きな坂はなくて、米子道の側道を過ぎてしばらく行った辺りからアップダウンが激しくなってきました。
舗装状態の悪い細い道を過ぎて本格的な上りになると、水温計の針がどんどん上がっていく感じがありましたが、下りになると全身を濡らしていたこともあって、涼しくて気持ち良くて、水温計の針が半分より下まです~っと下がる感覚がありました。
 ところが、100km手前ぐらいかな、中山温泉のエイドが近づく辺りで、上って下って曲がって、上って下って曲がってっていう似たようなアップダウンが何度か連続するあたりで、上りで上がった水温が、下りになっても下がっていかないような感覚がし始めて、
『これはマズイんじゃないか?この調子で行くとレッドゾーンに入ってオーバーヒートしてしまうんじゃないのか?』
と、不安な気持ちになってきました。
『バイクで終わりじゃないからな、風で冷やされるバイクでオーバーヒートしているようでは、42kmなんて走られヘンがな、ちょっとこれはマジでマズイんちゃうの?』
少しでもランが良い状態でスタートできるように、バイクはそれまでもスローペースでしたが、さらに無理をせず、水温が上がらないような走りに徹して、無事に走り切ることを第一に考えるようにしました。
情けないけど、熱中症になってしまってフィニッシュ後までオエオエ苦しいのはもうイヤやもんね~(^^ゞ。

中山温泉のエイドではトイレに入って小と大を出して(ドアの鍵が壊れてたので、誰か不幸な人が、中でボクが力んでいることに気付かずにドアを開けちゃったらゴメンよ~って思いながら力んでました(^^ゞ)、スイカに塩をたっぷりかけて食べました。
改めて全身を濡らして再出発しました。
道端で希望者に水をかけてくれる人が何人かいたので、そこでもかけてもらいました。


c0236857_08281587.jpg

c0236857_08282495.jpg
 日野川の土手では向かい風が強かったけど、かえって涼しくて気持ちいいぐらいでした。
遅かったけどなんとか元気な状態でバイクフィニッシュできました(^^ゞ。

2016年は5:33:47で368位、2017年は5:34:51で341位、今回は6:09:33で516位でした(>_<)。
もう開き直るしかないぐらいの激しい落ちっぷりです(^^ゞ。
さて、ランはどうなってしまうんでしょうか?ランは(^^ゞ。

c0236857_08043835.png


にほんブログ村

by piyopiyodesu | 2018-07-20 14:13 | 皆生トライアスロン | Comments(0)  

<< 早朝バイクと夕方ラン ボランティアは愛だ! >>