2018バラモンキング参戦記 スイム

 6月20日水曜日の朝はジャンジャン降りで、シャワージョグじゃなくて滝ジョグになりそうだったので朝ジョグを3本ローラーに変更して、30分だけ漕ぎ漕ぎしました。

 昼休みは、時々小雨がパラつく程度の雨だったので、6kmだけゆっくりジョグしました。
筋肉痛は全く無し(^^ゞ。
足の指には恒例の水膨れが幾つかできたけど、破れなかったので、もう水が吸収されてしぼんで痛くなくなりました。
ロングトライアスロンは日常のトレーニングの延長であると考えてトレーニングしてきたので、大会後のリカバリー期間なんてのも、これはまぁその時の身体の状態で判断することになりますが、今回は疲れるようなことしてないし、焦ってるわけじゃないけどすぐに平常のトレーニングに戻すつもりでいます(^^ゞ。

 だってね、プールみたいな穏やかな海で、よく浮くウェットスーツ着てゆっくり3,800m泳いだぐらいじゃほとんど疲れないよね(^^ゞ。
180kmのサイクリングは坂が多くてオレにはきつかったけど、その後走ったのは16kmほどで、あとは26kmぐらいほぼ歩きだもんね、疲れるようなことしてないもんね(^^ゞ
強いて上げれば26km歩くのが一番しんどかったな・・・・っていうか長かったな(^^ゞ。
歩くのは楽チンだけどなっかなか進まないのが困りもんだよね(^^ゞ。

 今日(21日)は、1年に1度の特定検診に、大腸がん、肺がん、前立腺がんの検査を追加して、朝から検診を受けてきました。
昨年、胃の内視鏡検査を受けたので、今年は内視鏡検査もバリウムを飲むX線検査も受けられないということで、バリウムを飲まなかったので、白いウ●コが出ないので、午後はすぐにトレーニングを始めることができました。
朝食は絶食だったので朝ジョグは休んで、昼食後に、バイク約50km+ジョグ15kmの一応ブリックトレーニングをしました。
トレーニング終了後は水シャワーで体を冷やして、まだ明るいうちからこれを飲みました(^^ゞ。
このあとイオンの安い発泡酒だけどもう1本飲んじゃった(^^ゞ。
食事や体調管理に気を付けていても、熱中症になる時はなるのでバカバカしくなりまして、今後は飲みたい時に飲みたい物を飲み、食いたい時に食いたい物を食うことにしました(^^ゞ。

c0236857_18141318.jpg


 あ~あぁもう、こんなに体力は余っているのに、熱中症っていう体調不良でその体力を出し切れなかったなんて、なんだか世の中間違ってるよなぁ(^^ゞ。
きっと、宮古島のランで489人抜いたなんて偉そうに書いたこととか、団子でドラフティングする集団を蚊柱だなんて書いたことのタタリだな(^^ゞ。
な~んて書いたら、熱中症にさえならなければもっとやれたのに!って負け惜しみ言ってるみたいだけど、そうではなくて、熱中症になったことも全て含めてあれがボクの実力です。
全てはワタクシの不徳の致すところでございます(>_<)。

 さて、17日のレースの朝は、3時過ぎに起きました。
前夜は7時ぐらいには寝たので、睡眠不足を感じることなくスッキリ目覚めました。
朝食をしっかり食べて、トランジションバッグを二つ持って(ランバッグは前日に預託したので)、歩いて10分か15分ぐらいの外堀公園まで行って、富江のスイム会場行のバスに乗りました。
バスは4:45発ということになっていますが、もっと早くにやってきて、満員になり次第出発していて、4:30ぐらいには1号車が出発していました。
ボクは2号車の補助席に座りました。
富江に着くころには明るくなっていました。
鬼岳と朝日。


バイクシューズをペダルに着けて、バイクバッグをラックにかけて、バイクとランのスペシャルニーズを預けて、あとはスイムの用意をするだけ。

同い年の完熟マンゴーさんとは続き番号でした(^^ゞ。
1年ぶりの再会でした。


そのちゃんともすぐ近くのバイクラックでした。
そのちゃんとは昨年の皆生で会ったし、今年もまた皆生で会えますね。
皆生ではデッドヒートになるように頑張るで~(^^ゞ。


3人そろってイェ~イ(爆)。







美味しそうやな(^^ゞ。
つまみ食いしそうになったけど我慢しました(^^ゞ。
オレのバイクじゃないからね(爆)。



 今年のスイムは今までで一番バトルがなくて泳ぎやすかったです。
いつもとほぼ同じ場所、横一列のフローティングスタートラインの右1/4
ぐらいの位置からスタートしたんですけど、今年は左側の方に選手が多
かったみたいで、ボクがいた右端近くはスカスカでした(^^ゞ。
毎年スタート前に誰かが『絶対完走するぞ~!』なんて叫んで、それに
反応して『ウォ~!』って皆で気勢を上げるんですけど、今回は、左の
遠くの方で『ウォ~!』って叫ぶ声が何度か小さく聞こえただけで、
何て叫んでいるのかは全く聞こえなかったので、多くの選手が左側に
集まっていたのだろうと思います。
どの辺りが空いているかは、その年によって違うんでしょうね。
スイムのバトルが苦手な選手は、スイムスタートの5~10分ぐらい前に
空いていそうな辺りに移動してスタートするのがいいのではない
でしょうか。
ボクは真っすぐ泳ぐのが苦手なので、空いていようが混んでいようが、
いつもブイに近い右側からスタートします(^^ゞ。

スタートの1分ほど前にガーミン935をスタートさせてデバイスロック
しました。
スタートの合図のホーンの音が全く聞こえなかったのだけど、周りの
選手が泳ぎ始めたのを見てボクもスタートしました(^^ゞ。
時々接触はあったけど、そういう場合はたいていどちらかが斜行してた
せいなので、すぐ軌道修正して離れることができるだけの隙間があって、
こんなに泳ぎやすいスイムは滅多にないよなぁなんて思いながら泳ぎま
した。

時々ヘッドアップしても、第1ブイは見えたり見えなかったりだったけど、
その延長線上近くに見えた白い屋根の家を目標にして、ほぼ直線状に泳げ
たと思います。
第1ブイを右ターンする時はちょっとだけ人口密度が高くなったけど(^^ゞ、
それもね、宮古島のことを思えば楽勝よ楽勝(^^ゞ、こんなもんバトルの
内に入らへんがなっていう程度の接触程度で済みました。

そこからは、第2ブイ、一番遠くにある第3ブイまで、ブイとブイをつなぐ
ロープが右側に見えるぐらいの位置をほぼキープして泳げたので、ヘッド
アップを最小限にしてほぼ直線状に泳げたのではないかと思います。

第3ブイを右折して、第4ブイも右折したら左へ行けばロープが見えること
はわかっていたんだけど、左側は選手が多かったので、そっちには行かずに
第5ブイを目指してできるだけ最短距離で泳ぐようにしました。
第5ブイを左折する時に、オレのドタマに脳天唐竹割を喰らわしたヤツ
がおったなぁ(^^ゞ。
脳天唐竹割って若い人は知らんかなぁ、ジャイアント馬場の必殺技、コレ↓。

c0236857_18394106.jpg























喰らった瞬間、沈没しそうになったで~(>_<)。
思わず十六文キックで応戦しようかと思ったけど、そんな暇はないし、
オレの足はそんなにデカくないので無視したけど、あれはびっくりしたな(^^ゞ。
十六文キックって若い人は知らんかなぁ、ジャイアント馬場の必殺技、コレ↓。
足を上げて待っていたら、相手の方から足に顔をぶつけてきてくれる凄い
技なんよ(^^ゞ。


c0236857_18455673.jpg


















1周終えたら一旦上陸して水を一杯もらって飲みました。
その時に電光のデジタル時計を見たら、7:36でした。
『おおっ、全然練習してないのに過去の大会とほぼ同じタイムやん!
やっぱりオレのスイムは既に完成されてるんや!2周目の方がちょっと
長いけど、空いてくるし、80分は余裕で切れるな、ウシシシシ~。』
って思いながら2周目に突入しましてん(^^ゞ。

ガーミンの軌跡はこんなんでした(^^ゞ。
1周しか泳いでないことになってる(^^ゞ。
2,204mしか泳いでいないことになってました(>_<)。
どんなに最短距離を泳いでも、そんなに短くはないよなぁ(^^ゞ。
オレって、スイムのログがまともにとれたことが一度も無いんちゃう
かなぁ(^^ゞ。
不正なことはしてませんからね、ちゃんと2周したんですよ!

c0236857_21524573.png 



























公式記録では1:22:04で424位でした(^^ゞ。
ちなみに、これまでのスイム記録を比較してみると
2014年 1:19:21 285位
2015年 1:25:43 379位
2016年 1:19:55 395位
2017年 1:18:13 258位

自己ベストでフィニッシュした2015年が最も遅くて、DNFだった
2017年が最も速かったんです(^^ゞ。
つまり、ボクの場合はですね、スイムの記録は全体の記録に全く
これっぽっちも関係しない、影響しない、、どうでもいいってこと
なんですね~(爆)。
2017年は、毎年穏やかな富江のスイム会場にしては珍しく、ちょっと
ウネリとさざ波があって、泳ぎにくかったって言う人が多かったん
だけど、ボクはベストで順位も最高だったので、オレはちょっと海が
荒れ気味(っていうほどではなかったんだけど)の方が強いのかも?
なんて思ったんですけど、DNFでした(^^ゞ。

そんなこんなで、なんとか土左衛門にならずにスイムフィニッシュ
することができました。

とにかく、あの練習量ですからね~、練習量なんて言うのも恥ずかしい
ような練習量ですからね、82分で泳げれば大満足ですよ(^^ゞ。



にほんブログ村

by piyopiyodesu | 2018-06-21 19:57 | バラモンキング | Comments(0)  

<< 2018バラモンキング参戦記 ... 一生懸命頑張りました >>