2018宮古島トライアスロン参戦記 2 スイム

 4月26日木曜日、本当に不思議なんですけど筋肉痛は全くありません。
昨日の朝は雨が降っていたので朝ジョグはしませんでしたが、昼休みには止んでいたので恐る恐る走り始めてみたら、まだ身体が重いのは仕方ないとして(体感的に重ダルいだけじゃなく、質量も宮古前より4kg近く重いので(^^ゞ)、どこも痛くなくて、右足裏母指球付近と膝の軽い違和感は相変わらずだけど、普通に走れて気持ちよかったです。

 今朝は12kmジョギングして、夕方には15kmジョギングしました。
まだビルドアップランはしませんが、一日2回のジョギングは再開しようと思います。
 今月は誕生月なので、ガソリンが少し安くなるので、ポルシェにハイオクガソリンを満タンにして、ついでにフロッシュに行ってオヤツを食べてきました(^^ゞ。
誰かお客さんが鳥取県境港の土産を持ってきたようです。
境港と言えば!皆生トライアスロンの選考が終わって当落が決定して、今日通知を発送したらしいので、明日には届くかな?
どうか当選しておりますように!
南無阿弥陀仏南無阿弥陀仏(^^ゞ。
何妙法蓮華経何妙法蓮華経(^^ゞ。
ア~メン(爆)。

c0236857_20332354.jpg
 さて、宮古島トライアスロンの続きです。
4月22日日曜日、いよいよレース当日です。
ホテルの朝食は平常は7:00からですが、この日は3:00から用意してくれました。
3時に起きましたが、前日は6時前には寝たので、早すぎて何度か目は覚めたけど、寝足りないっていう感じはなくて、すっきり目覚めました。

肉や野菜は食べず、生卵2個使って卵かけご飯を何杯食ったかな?4杯食ったかな(^^ゞ。←小さいお茶碗だからね(^^ゞ
それとパンと牛乳と味噌汁だったかな。
栄養のバランスなんてものは日常の食生活では大切だろうけど、こんな臨戦時には野菜や果物や肉なんか食う隙間があれば、その隙間に苦し過ぎない範囲で糖質(食物繊維は不要)を詰め込むべし!・・・と考えているので、レースの日の朝食は非常に偏っています(^^ゞ。
極端だけど、白ご飯と味噌汁だけでもいいぐらいです。

ホテルの近くの宮古島市役所前から、4:40にバスが出るので、部屋に戻ったらレースウェアに着替えて、三つのトランジションバッグをリュックに入れてバス乗り場に向かいました。
この看板の前がバス停。

c0236857_23195625.jpg

 隣の席の選手に話しかけたら山口県の方だったので、時々このブログにコメントを書いてくれるrunrunrunさん(最近書いてくれヘンなぁ(^^ゞ)の名前を出したらよく知ってるっていうことで、そこから皆生トライアスロンのことなんかで話が弾みました。
そのお陰で全く緊張することなく、気付いたら着いてたって感じでした。

ボクの高校の同級生のモーニングさん。
トライアスロンを始めて3シーズン目で、ロングは昨年の佐渡Aに続いて2戦目、もちろん初宮古です。

c0236857_23200380.jpg
タイヤの空気圧は前日のうちに規定値まで入れておいたので、触ってみて硬いことをチェックしただけです。
TUFOのタイヤは一晩ぐらいじゃ殆ど空気は抜けないので、嵩張って重いポンプはホテルに置いてきました。

最終選手登録を済ませて計測用のアンクルバンドを受け取って、左上腕にマジックでレースナンバーを書いてもらって、To Bike FinishバッグとTo Run Finishバッグをトラックに預けて、バイクとランのスペシャルニーズがある選手はそれを預けて、トイレも済ませました。

月曜日の新聞にこんな記事が載っていました。
何が起きたのかはわかりませんが、トランジションバッグの預託は確実に行いましょうね。
昨年のバラモンキングでは、バイクシューズを忘れて靴下でバイク漕いでる選手がいましたからね、荷物の点検は確実にね(^^ゞ。
↓普段履きのシューズってのがどんなシューズだったのか気になるけど、2kmでリタイアを決断って、ちょっと諦めが早過ぎるんじゃない?
もうちょっと走ったら身体がランに慣れて楽になったかもしれないのに、残念でしたね。
c0236857_23212850.jpg
 7時にスイムスタートして、長い長い一日が始まりました。
バトルを避けて左端(一番外側)よりちょっと右ぐらいの前の方からスタートしましたが、相変わらずの激混み具合いでしたね。
まぁでも昨年までなら第1ブイまで延々バトルが続いたけど、今年は1,500mx2周になったから第1ブイが近くて、第1ブイを過ぎたら第2ブイまでの間は混み具合いもマシになったから、ボクとしては3,000mx1周よりは泳ぎやすかったかな。
安全を見守ってくださる側の皆さんにとっても、スイムエリアが狭くなることで目が行き届きやすくなるから良い変更だったのではないかと思います。

いつも通り、バトルはできるだけ避けて、当たってくる選手からは離れて、両サイドから挟まれたら下がって、少々遅くなってもストレスを感じず疲れないようにゆったり泳ぐように心がけました。

スイムの記録は1:3:56で835位でしたが、このタイムも順位も月曜日に成績表を見て初めて知ったことで、やってる最中は真ん中ぐらいかな?ぐらいに思っていました。
この辺の順位だと、1分違うと100番ぐらい違ってくるので、あと2分速かったとしても600位ぐらいだから大差無しです(^^ゞ。
全然スイムトレーニングしてなかったのに、このタイムで泳げりゃ十分です(^^ゞ。
キックはバランスをとる程度に弱~く2ビートだったので、上陸して砂浜を走る時もほとんど疲労を感じず、歩いている選手も大勢いたけど、バイクの所までずっと走ったし、シャワーもしなかったからそこでもかなり抜けました。

『寄せて上げるブラ作戦』のうちの寄せる部分は成功したと言えるでしょう(^^ゞ。



にほんブログ村

by piyopiyodesu | 2018-04-26 23:06 | 宮古島トライアスロン | Comments(0)  

<< 2018宮古島トライアスロン参... 2018宮古島トライアスロン参... >>