栗拾いサイクリング(^^ゞ

 早いものでもう10月ですよ10月!
ホンマに早いですね。

さて、今日は日曜日だからいつもより早起きするなんてことはなくて、1時間遅く7時に起きて、最近の恒例の朝食前ジョグ10km走りました。
ゆ~っくり走り始めて、自然にペースが上がっていくに任せてゆるいビルドアップで、最後の1kmだけは意識してフォームが崩れない範囲でしっかりペースを上げて終了。

朝食後に、ニューカヤックを改めてよく見てみました。

c0236857_19412056.jpg

黄色いのが2016年モデルのプリヨン カーブ2.5というドイツ製のカヤックで、青いのがず~っと乗ってきた(何年もブランクがあるけど)ピラニアのイナゾーン220というイギリス製のカヤックです。

c0236857_19404233.jpg

c0236857_19404951.jpg
カーブの方がかなり大きいです。
全長はイナゾーンが220cmで、カーブが258cm。
体積はイナゾーンが170Lでカーブが250L。
c0236857_19405672.jpg

イナゾーンは体積が小さいので浮力も小さくて、それがこのカヤックの特徴でもあるんだけど、大歩危までなら下れても、さらに難易度が高く危険な小歩危を下るのはちょっと怖いということで、下手な乗り手の技量を補ってくれる大船を買ったのです。

カヤックの前部をバウ、後部をスターンと呼びます。
イナゾーンのバウとスターンは、水流を受けてカヤックを沈めたり立てたりと、水中で水の抵抗を小さくするために薄っぺらくしてあるのですが、デッキに水流が乗ると、水に食われるっていうんですけど、思わぬ動きをして不意に転覆しそうになったり、バウが沈められてコントロールできなくなったり、スターンが沈められてバウが上を向いたりしちゃうんです。

カヤックが一番の趣味だった頃は、そういうのが楽しかったものですが、今は安全に怖い思いをせずに余裕を持って川下りができればそれで十分楽しいので、安全なよく浮くカヤックを探していたら見つかったというわけです。

カーブはロッカーっていうボトムの前後方向の反りが大きいので、回転性はとても良さそうに見えます。
その分直進性は多少犠牲になっているかもしれませんが、上を向いたバウは沈みにくいでしょうから、ちゃんと漕げれば狙ったラインを下れるのではないかと思います。
カーブで一度大歩危を下ってみて、問題がなければその次は小歩危へGO!です(^^ゞ。
カヤックの趣味復活です(^^ゞ。

 栗拾いサイクリングに行きました(^^ゞ。
タダで栗拾いができる場所を巡るサイクリングです(^^ゞ。
あったあったありました~(^^ゞ。
c0236857_19412691.jpg

サドルバッグに入り切らん(^^ゞ。

c0236857_19413361.jpg

トップチューブバッグも一杯だ~(^^ゞ。

c0236857_19414048.jpg

今日拾った栗(^^ゞ。

c0236857_19414899.jpg

今日までにコツコツ拾って冷蔵庫に入れておいた栗です(^^ゞ。
トレーニングも栗拾いもコツコツ積み重ねが大切ですよね~(^^ゞ。

c0236857_19415545.jpg
合わせて1.5kgを超えていました(^^ゞ。

半分茹でて、今、茹で栗を食べながらコレ書いてます(^^ゞ。

夕方、再びビルドアップで10km走ってトレーニング終了です。



にほんブログ村

by piyopiyodesu | 2017-10-01 20:43 | トレーニング | Comments(0)  

<< 最近のラントレ フロッシュのお客様感謝デー >>