IM北海道2015参戦記 その6 バイク後半

 100km走ってバイクの最難関区間、ニセコアンヌプリの15km続く上りにかかりました↓。
初めて見る道ではなく、前日に下見しておいた分だけ気持ち的には余裕がありましたが、いつものとおりで速くは上れません。
ここで頑張っちゃうとランで走れなくなる!と思って、抜かれても抜かれてもひたすらマイペースで上り続けました。

c0236857_10532460.png
傾斜は大したことないんだけど、上りっぱなしはきつかったなぁ。

上り坂をヒィヒィ上っている時に、2人の選手から、

「こんな上りだらけのコースをよくディスクホイールで走りますねぇ。」

って言われました(^^ゞ。

「イヤイヤ、このホイールね、軽いんですよ!」

って言って見栄張って抜いちゃった(^^ゞ。
そんなことしてたから走れなかったのかも~(>_<)。

最高時速は80kmを超えていました(@_@)。
だけど、それはニセコからの下りではなく、序盤の下りで記録していました。
全然覚えてないけど、下りで追い風だったのかな?
時速60kmは何度も何度も記録してますね。

いやぁ下りは気持ち良かったなぁ(^^ゞ。
c0236857_10533794.png
このディスクホイール↓をロングレースで使うのは4戦目でしたが、無茶苦茶高いだけあって優秀なホイールだとは思いつつも、その特徴をいまだに掴み切れずにいたのですが、今回はっきりわかりました。
c0236857_00044046.jpg
コイツは凄い!
何がどう凄いかと言うと、時速35km付近を超えると全く別物になる!
自分にだけ追い風が吹いてきたみたいな感じで労せずスイ~っと加速していく(@_@)。

上り坂を登り切ってゆるい下り坂に差し掛かったシーンを思い浮かべてみてください。

上りでボクを追い抜いていったバイク、前後80mmぐらいのカーボンディープホイールにエアロヘルメット、逞しい体型の若くていかにも速そうな男性選手がしっかりペダリングしてぐいぐい加速しながら下っていく。

少し遅れてボクも下りに入り、同様に加速していく。
特別頑張ってペダリングしているわけではないのに、35kmを超えた辺りからスピードのノリが変わる。
アレ?アレ?アレ~?
車間がす~っと詰まっていって横に並び、簡単に抜き返してしまう。

数百m走って後ろを見たら、とんでもない差ができててびっくり。

こんなことが何度もありました。

ドラフティング気味の数台の集団相手でも同じことが何度かありました。
はじめのうちは、オレもなかなかやるやん!上りは遅いけど下りではそこそこ走れるやん!と勘違いしていたのだけど、あまりに何度も似たようなシーンを繰り返すのでついに気付いた。
あっ、違う!
速いのはオレじゃなくてこのホイールや(爆)。


下りだろうが上りだろうが追い風だろうが向かい風だろうが、とにかく35km以上出てれば、少なくともボクの周囲にいるような(似たような記録の)選手の中では無敵でしたね(^^ゞ。
下りで抜かれた記憶が全くない!
忘れっぽいだけかも(^^ゞ。

ディスクホイール全般の特徴なのか、このホイールだけの特徴なのかはわかりません。
おそらくディスクホイール全般の特徴なのでしょう。
さらに軽いことで、低速時のデメリットが少ないのでしょう。

と言うことは、速く走れば速く走る程、ディスクホイールの恩恵は大きくなるっていうことだから、次からはアベレージ35km以上で走りたいと思います(爆)。

35km以下ではどうだったか?
そりはまぁ、あんまり聞かないで欲しいんですけどね(^^ゞ。

35km以下でももちろん効果はあったのでしょうが、え~っと、鈍感なもので、その効果を感じられませんでした(>_<)。

レース以外で常用しているのがBORA2というこれまた高性能なホイールなものですから、35km以下なら大差ないと言うか、もしかしたらBORA2の方が速かったりするかも(^^ゞ。
器材に随分助けられています(^^ゞ。


160km地点で初めて時計を見ました。オイオイ(^^ゞ。
14:02ぐらいだったかな。
残り20kmを何分で走れる?
時速30km(無理だけど)で走ったとしても40分かかるから14:42か。
6:19スタートだから12時間でフィニッシュするためには、T2が無いとしても3:37で走らなアカンやん!
そんなの絶対無理!
サブ12達成の夢はここで儚くも砕け散ってしまいました(>_<)。

遅すぎる~ (>_<)。

175kmを通過して、あ~やれやれ長かったバイクパートも終わったなぁと思ったのも束の間、矢印に従って右折したら林の中の上り坂になった(>_<)。
前日の下見時には、コースミスしたと勘違いして引き返した所だ。
あ~、合ってたんや!

く~、最後の最後まで上らせてくれるの~(>_<)。

T2会場は旧小学校跡地なのに、こんな山の中に小学校があるんかい?と思いながらヒィヒィ上って下ったら、上って下って左折したところにたしかにありました(^^ゞ。
その上り坂で、背後から

「もしかしたらブログ書いてる方ですか~?」

と声をかけられました。

しんどくてそれどころじゃなかったんだけど、最高の笑顔でニコッと振り向いて(^^ゞ、

「そうですよ~、思い立ったが吉日でーす、よろしく~。」

「あっ、そうそう、それそれ!」

なんや、ブログのタイトルぐらい覚えといてんか~(爆)。
ウソウソ、嬉しかったですよ~(^^ゞ。
コメント書いてくださいね~(^^ゞ。

T2会場に入る道が短いけど急坂(>_<)。
うひゃ~、最後の最後まで坂だらけやの~。

↓これは、ブログ『my pace』のmatsuさんの奥様が撮ってくださった写真です。
ありがとうございます。
最後の峠を下って、T2会場に向かう所だったかな。

c0236857_11230969.jpg
バイクの記録はこんなんでした。
コースが違うとは言え、昨年も結構坂はあったのに6:28:30でしたから、37分も遅くなってます(>_<)。
ジジィはアカンな~。
これでもランがしっかり走れたのならまだしも、バイクもダメ、ランもダメなんても~トライアスロンやってる価値無し(>_<)。

c0236857_08242689.png
下のバナーをどちらか一つ、ポチっとしていただけたらたいへん嬉しいです。
よろしくお願いします。

にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

by piyopiyodesu | 2015-09-01 08:04 | アイアンマン北海道 | Comments(8)  

Commented by クレメンス at 2015-09-01 12:43 x
こんにちは!
先日のIMジャパンで「剱号」に何度も下りでぶち抜かれたシーンは僕の脳裏に焼き付いています。僕も高〜いディスクが欲しくなってしまったじゃないですか⁈どうしてくれるんですか(笑)でも、ぴよぴよさんみたいにディスクにもかかわらずあの登りでぐいぐいダンシングする脚力は僕にはありません^^;
Commented by piyopiyodesu at 2015-09-01 14:06
クレメンスさん、↑こんなこと書いてもバイクパートはボクより5分も速かったじゃないですか!(>_<)
速く走るのにカーボンホイールは必要ないってことですね(^^ゞ。
ボクもシャマルウルトラで出れば良かったかな(爆)。
Commented by すすむ at 2015-09-03 04:00 x
IMジャパンお疲れ様でした!最後のキツイ所で声を掛けたにもかかわらず返して頂き元気でました。180K孤独だったのでつい..
洞爺湖から戻りブログ拝見させて頂いてると既に懐かしい感じがします。終わった直後はこんなキツイコースもういやだ、なんて思ってましたが来年開催されるならばもう一度頑張ってみたいとまずい
考えが(笑
またレースでお逢い出来たら幸いです。次はちゃんと声掛けますね!
Commented by piyopiyodesu at 2015-09-03 09:19
すすむさん、声を掛けてくださってありがとうございました。
とても嬉しかったです。
そうですね、まだ10日しか経ってないのに浦島太郎の気分ですね。
あのコースをもう一度頑張ってみたいとは!
すすむさん病気ですね(^^ゞ。
またどこかの大会でお会いしましょう。声かけてね~(^^ゞ。
Commented by ピヨです。 at 2015-09-07 18:15 x
ピヨさん、はじめまして!ヒルコと申します。
ネットサーフィンで偶然こちらに辿り着きました。自分もトライアスロンをやっていて去年の2014宮古島でロングデビューし、先日の洞爺湖でアイアンマンデビューを果たせました。
嫁には普段からピヨやピヨピヨと呼ばれているので勝手に親しみを感じました。
記事を読ませて頂くとレース中のいろいろな出来事の記憶が蘇り思わずニヤニヤしていたところ、ご友人の奥様が撮られたというT2の手前の写真に自分の姿が!びっくりしました(笑)
古いCEEPOに乗っている746が自分です。
なので
ブログにコメントなど滅多に書いたりしないのですがこれはぜひと思い書かせて頂いている次第です。
T2で僕の前の人が「当日出すバイクはどっちに?」みたいな事を聞いていたのですが、ひょっとしたらあの方がピヨピヨさんだったのかも知れませんね。
不思議なご縁を感じたのでこれを機にまた読ませて頂きます。突然失礼しました!
Commented by piyopiyodesu at 2015-09-07 21:23
ヒルコさん、コメントありがとうございます。
ボクも2014年の宮古がロングデビューだったんですよ。
T2で「今夜バイクを返してもらうことになっている者です、バイクはどこに掛ければいいですか~?」なんて大声で言ってるのはボクだけでしたから、きっとボクです(^^ゞ。
ヒルコさんの成績を拝見すると、ナント!ボクとは7秒差でボクの次の順位じゃないですか!
やった~、勝った~(^^ゞ。
ボク達、赤い糸で結ばれていますね(爆)。
ボクもまだまだ駆け出しのひよっこということでぴよぴよと名乗っています(^^ゞ。
今後もよろしくお願いしまーす(^^ゞ。
Commented by ヒルコ at 2015-09-09 10:35 x
ピヨさん、ありがとうございます。そうですね!総合タイムがびっくりするほど近いですね!でもブログ拝見するとピヨさんは絶不調で全く納得いかないタイムですが、僕はこれ以上ないぐらい絶好調での嬉しいタイムだったので、その差はかなり大きいですね(笑)精進しないとです〜。またどこかの大会で僅差になれるよう頑張ります♪何卒よろしくお願いします!
Commented by piyopiyodesu at 2015-09-19 09:18
遅くなっちゃいました(^^ゞ。
こちらこそよろしくお願いします。

<< IM北海道2015参戦記 その... IM北海道2015参戦記 その... >>