湯原温泉トライアスロン参戦記 1

 7月25日土曜日、仕事を少し早目に終わって、帰宅せずに直接湯原温泉に向かいました。
中国道から米子道を走って湯原ICで下りたところから、こんな案内表示が置いてあって、迷うことなく受付会場まで行けました。

c0236857_21193038.jpg
受け付け、競技説明会、開会式の会場の湯原ふれあいセンター。

c0236857_21194965.jpg

c0236857_21200069.jpg

c0236857_21200541.jpg
大きな大会も小さな大会も、ボランティアの方々の協力があってはじめて成り立つんですよね。
皆さんありがとうございました。


c0236857_21201132.jpg
スイムキャップがどんどん増える。
カビが生えて黒くなっても破れるまでは捨てられないので、1年に5個ぐらいづつ増えていく(^^ゞ。
やっぱりカビが生えたのは捨てるかなぁ(^^ゞ。
なんか再利用できないかなぁ(^^ゞ。

c0236857_21201672.jpg

競技会場近くのガソリンスタンドで使える500円分の金券、会場すぐ横の露天風呂ひまわり館の無料券(石鹸とシャンプーは置いてなかった)、スイーツと食べ物の引換券付き。
これらはなかなか良かったな。
c0236857_21202875.jpg
参加賞Tシャツもどんどん増えていく。
あまり奇抜な色のシャツより、こういう無難な色のシャツの方が使いやすいかな(^^ゞ。

c0236857_21203481.jpg

c0236857_21204350.jpg
こんなバッグも付いてました。

c0236857_21204914.jpg
写真じゃわかりにくいけど、マチが大きくてたくさん入りそうだし、上面がメッシュで使いやすそうです。
これはアタリ!ですね。

c0236857_21205693.jpg
地元の小学生が応援メッセージを書いてくれた団扇。
c0236857_21210395.jpg
CEEPOの田中社長と。
首から下はほぼ合同ですね(^^ゞ。
レンズの歪のせいもあるけど、オレって太いなぁ。
もうちょっと減量せなアカンなぁ。


c0236857_21211418.jpg
受け付けを済ませた後、開会式までに時間があったので、クルマでバイクコースの下見をしました。
約32kmのコースを2周します。
c0236857_21264067.png
湯原ダムでできた湯原湖沿いの道は、狭くてクネクネ曲がっていてアップダウンが多くて速い選手と遅い選手の差が開きやすいコースだったと思います。

c0236857_08241754.png
c0236857_21212125.jpg
短くて狭いトンネルが二つあった。

c0236857_21213046.jpg
湯原ダムの下流側を見たところ。
湯原温泉街の一部が見えてます。
c0236857_21213688.jpg
湯原湖。

c0236857_21214517.jpg
路面が荒れているところもあったけど、そこはスピードが出ない場所だから問題無し。
上り基調のアップダウンの連続はきつかったけど、日陰が多くて涼しくて良かった。
c0236857_21215324.jpg
湯原湖から離れると、こんな感じ。
c0236857_21220646.jpg
気付かないうちにカメラが絵画調モードになってた(^^ゞ。

c0236857_21221488.jpg

c0236857_21222227.jpg
最後の10kmちょっとはず~っと下りで気持ち良かった。

c0236857_21225287.jpg
スイム会場と、トランジションの流れの下見をしました。
まだ絵画調になったままであることに気付かず(^^ゞ。
これじゃワカランな(^^ゞ。

c0236857_21225999.jpg
大会会場の絵(^^ゞ。
c0236857_21230419.jpg

c0236857_21231047.jpg
湯原温泉病院の駐車場がT1とT2の会場でした。
c0236857_21231670.jpg
童謡『ふるさと』の『山はあおき、水は清きふるさと』という歌詞がぴったりくるような素朴な感じのいい町でした。

なかなか良い大会だった。
定員に達しなかったようだけど、徐々に人気が出てくるんじゃないかなぁって思います。
皆さん、出てみませんか、いい大会ですよ。

c0236857_21232242.jpg
フィニッシュゲートはまだ準備中でした。
c0236857_21232895.jpg
会場近くの畑の横に、こんなお湯が出ている所がありました。
手をつけてみたら、ぬるめのお風呂ぐらいのお湯でした。


c0236857_21233419.jpg

c0236857_21234159.jpg
翌日に撮り直した写真です。

c0236857_21235884.jpg
↓これ読んで笑っちゃった(^^ゞ。
ここに入浴するヤツはおらんやろ~って思うけど、こんな札が立ててあるぐらいだからいたんやろね~(^^ゞ。
いいねぇ、そんなヤツに会ってみたいなぁ(^^ゞ。
この立札が無かったら、オレ、入ってたかも~(爆)。


c0236857_21240797.jpg
開会式の絵です(^^ゞ。
ぼかし入れなくてもいいから便利かも(^^ゞ。
c0236857_21241304.jpg
はんざき(オオサンショウウオ)の生息地で有名(かどうかは知らないけど)な湯原なので、祭りの時にはこれを曳いて回るのかな?
巨大なはんざきだ~(^^ゞ。
コレは翌日にはフィニッシュゲート近くに移動してありました。
はんざきの前を走ってフィニッシュでした(^^ゞ。
c0236857_21241986.jpg
2匹いたのだ。
c0236857_21242539.jpg
はんざきの手とオレの手(^^ゞ。
でかい!
いかん!夢に出てきてうなされそうじゃぁ~(^^ゞ。
c0236857_21243215.jpg
湯原温泉街の中にあるさつき荘という旅館に泊まりました。
大会事務局からの宿泊所案内に載っていた旅館の中で、ここが一番安かったんです。

旅館に着いて予約していたぴよぴよですと言ったら、ばあちゃんに、そんな予約は知らないと言われましてん(>_<)。
予約の電話をした時に対応してくれたのがものすっごく耳の遠いじいちゃんだったから、怒鳴るような大声で会話したんだけど、それでも理解できているのかどうか疑わしい感じだったので、もしかしたらと思ってはいたけど、それでもちゃんと念を押して予約内容を確認しておいたから大丈夫だと思っていたんだけど、やっぱり~って感じ(^^ゞ。

耳の遠いじいちゃん相手に確かに予約しましたよって言ったら、しばらく待たされて、違うばあちゃんが現れて、はいはい予約いただいておりますよって言ってこの部屋に案内してくれた。
布団が三組敷いてある(^^ゞ。
なんで?

c0236857_21243963.jpg
迷惑なら、座布団を3枚ほど借りて、クルマで寝てもいいやと思って、(ボクのクルマは大人一人なら完全に横になって寝られるので)

「おばちゃん、予約できてなくて無理に部屋を空けてくれたんじゃないの?」
って言ったら、
「いいえ、ちゃんと予約いただいてましたよ。」
ホンマかい?(^^ゞ

「2食付きやんなぁ?」
「食事もされるの?」

そりゃ食うやろ(^^ゞ。
やっぱりあやしい。

結局二食付きで8990円でした。
朝食は無理を言って6時前に用意してもらいました。

晩御飯↓。
この後、熱々のカレイの揚げたのが2匹出た。

c0236857_21244946.jpg
鴨肉でした。
なすびは生煮えだったな(>_<)。
晩御飯も朝御飯もご飯を三杯食べた(^^ゞ。
元をとらなきゃ!と思って食いすぎたな(^^ゞ。
翌日、身体が重かった(>_<)。

c0236857_21245909.jpg
続く・・・・(^^ゞ。

下のバナーをどちらか一つ、ポチっとしていただけたらたいへん嬉しいです。
よろしくお願いします。

にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村


by piyopiyodesu | 2015-07-27 08:30 | 湯原温泉トライアスロン | Comments(2)  

Commented by Tammy at 2015-07-27 12:47 x
何時もながら大会前からコースや参加賞や宿まで・・楽しみにしてました。
宿の事と言い、のんびりしていいですねぇ~。
次からはいよいよレース編で、結果も気になる所です。
Commented by piyopiyodesu at 2015-07-27 14:35
Tammyさん、湯原温泉は西の横綱(西日本で最も有名な温泉街)と呼ばれているそうです(初めて聞いた(^^ゞ)が、そういうのはあっちこっちにありますよね(^^ゞ。
横綱級かどうかは知らないけど、しなびた感じはありました。
お年寄りにはのんびりできていいかもしれないけど、ボクのようなアクティブな若者(^^ゞにはちょっと退屈かな(爆)。

<< 湯原温泉トライアスロン参戦記 2 湯原温泉トライアスロンの予想タ... >>