黒い枝豆(^^ゞ

 枝豆が大きな粒に成長するまで待っていたら、サヤが茶色く枯れてきたので、まだ薄っぺらいサヤもあったけど、ぼちぼち潮時と思って仕方なく引っこ抜いて全部収穫しました。
一部の枝豆は黒豆になっていました(^^ゞ。
そう言えば蒔いた種は黒豆だったから、枝豆が成長すると黒くなるんだな(^^ゞ。
c0236857_07581613.jpg

ちょっと固かったけど枝豆と一緒に茹でて美味しくいただきました(^^ゞ。

今日の昼休みは、雨が上がった直後で涼しかったので、昼休みとしては本当にひっさしぶりにジムのトレミではなくお外を走りました。
ゆ~っくり10kmジョグ、気持ち良かった。
ガーミンでランニングの記録を残すと、走り始めた場所の地名が『〇〇ランニング』っていうタイトルになりますよね、それが最近は、全然違う場所、それってどこ?っていう地名になるのはどうしてでしょう?

 12月3日の高砂マラソン(加古川マラソンのコースの一部を走る)の案内が届きました。
短い距離を速いペースで追い込んで走ると良いトレーニングになるだろうと思って、昨年初めて10マイルの部に出たんですけど、それで右膝の半月板を傷めてしまって、今も痛くはないけど違和感はず~っと続いているという因縁の大会です。

c0236857_22480205.jpg
8km地点がウチのすぐ近くなんです。
c0236857_22480959.jpg


この本↓には、フルマラソンの大会の前に、全力に近いハーフマラソンを走るなんてことはするなって書いてあるし、ボクもトレーニングに関しての考え方が昨年とは変わったので、今年は高砂マラソンには出ません。
バスタオルはもういらないし(^^ゞ。
ハーフマラソンの大会に出ることももうないだろうと思います。
それがどうした!っていう感じですが、どうもしません、ネタが無いので書いただけです(爆)。

c0236857_20542642.jpg
佐渡後は、三日間はトレーニングは休んで、四日目からはほぼ毎日8~10km程度のジョギングを続けています。
まだ佐渡の疲労が完全には抜けていないだろうと思うので、アクティブレストのつもりで何もしないよりはいいだろうぐらいの感じでユルユル走っています。



にほんブログ村

# by piyopiyodesu | 2017-09-12 23:15 | その他 | Comments(0)  

笑顔で楽しくグリパーマン(^^ゞ

 ゴーヤが完熟すると、種の周りがメロンみたいに甘くなると書いてあるサイトがあったので、一つ完熟するまで待ってみました。
熟しすぎてこんな穴ができてしまったので慌ててとりました(^^ゞ。
緑色のゴーヤは綿みたいな白いので詰まっていますが、空っぽですね。
あの白いのはどこいった?
c0236857_14373520.jpg
すぐには食べずに袋に入れて冷蔵庫に入れておいたら、柔らかくなっていたせいでバラバラ(グチャグチャとも言う(^^ゞ)になってしまいました(^^ゞ。

c0236857_07100673.jpg

赤くなった種を口に入れてみたら、種の周りのヌルヌルしたところはなんとなく甘みがあったけど、メロンじゃない(^^ゞ。
実(実でいいのかな?)もかじってみたけど、苦みはないけど甘くもなく、メロンじゃない(^^ゞ。
結論!ゴーヤは緑色のうちに食うべし!

c0236857_07101358.jpg

 9月24日の今シーズンのトライアスロンの最終戦、ウチからすぐ近くの『グリーンパークトライアスロンin加西』の大会要項が届きました。
ボクがトライアスロンを始めた2013年の第3回大会から連続出場している大会です。
オリンピックディスタンスで唯一出場する大会です。
目標は、笑顔で楽しくグリパーマンです(^^ゞ。

あの~、グリパーマンって何ですか?
グリパーマンはね、『グリーンパークトライアスロンin加西』を制限時間内に完走した選手だけに与えられる名誉ある称号なのですよ(^^ゞ。
ボクがたった今思いつきました(爆)。


c0236857_14374237.jpg
来年2月11日の『第4回世界遺産姫路城マラソン』にも当選しました。
〇✖〇〇で三勝一敗です(^^ゞ。
男子選手は、2年以内にフルマラソンをサブ3.5で走った記録証のコピーを提出すれば、低い倍率のアスリート枠で抽選してもらえて、そこで落ちても一般枠でもう一度抽選してもらえるので、当選確率が非常に高い(と思っています)です(^^ゞ。
唯一落選した第2回大会は、まだアスリート枠がなかったんです。
第1回大会は純粋に、くじ運が良かっただけです(^^ゞ。

これで、この冬のマラソン大会は昨年同様、11月の神戸、12月の加古川、2月の姫路と地元オンリーの3本と決定しました。
全部一生懸命走るのはしんどいので、適当に手を抜いて楽しく走ろうと思います(^^ゞ。
悪天候ならDNSもありです。
ぐらいのつもりで気楽に走ろうと思います(^^ゞ。


にほんブログ村

# by piyopiyodesu | 2017-09-12 08:15 | グリーンパークトライアスロンin加西 | Comments(0)  

シーコンはもう使えない?

 サイクリングヤマト便で送れる荷物のサイズに、三辺の合計が203cmの上限ができたってことを知りませんでした(爆)。

6月に福江島に送った時、CJ+のウェブサイトに、たしか『バイク用で203cm以内に収まる輸送用の専用ケースがないので、従来通りにシーコンが使えるようにヤマト運輸と交渉中である』というようなことが書いてあったように記憶しています。

バラモンキングでは従来通りの料金で問題なく輸送してもらえました。

そして佐渡、何も考えずにいつものように往復の利用券を購入して、往復のヤマト便の伝票番号を入力して、ヤマトの馴染のドライバーさんにシーコンを持っていってもらいました。
おそらく、ドライバーさんも、彼が所属する営業所の方も、203cmのことをご存じなかったんでしょうね。
初めてサイクリングヤマト便を利用した時も、そういうのがあるってことをご存知なくて、説明してもなかなかわかってもらえませんでしたからね(^^ゞ。

すんなり運んでもらえたので、ヤマト便の荷物サイズの規定が変わっても、サイクリングヤマト便は特別扱いで従来通りに利用できるんだと思い込んでいました(^^ゞ。

佐渡の宿から帰る時に、宿の清算と同時に、シーコンの送料を払って帰ったのですが、数時間後にヤマトのドライバーさんから電話があって
「大き過ぎるから運べません。」って(^^ゞ。
「でもね、サイクリングヤマト便の利用券をちゃんと買ってるし、行きもそれで送ってもらったしなんとか送ってもらえないですか。」
と言うことで送ってもらえることになりました。
この段階でもボクは203cmのことは知らなくて、一旦引き受けておいて、伝票番号まで既に入力して手続き済みなのに、今頃何言ってるんだ?って頓珍漢なことを思ってましてん(^^ゞ。

しばらくして今度は営業所の方から電話があって、
「大き過ぎるからヤマト便では送れません。」って(^^ゞ。
さっきと同じ頓珍漢な説明をして、なんとか送ってもらえないかと交渉したら、
「ガムテープで荷物を絞ってサイズを小さくしてもいいですか?」
と言われるので、そんなこと全然構いませんからやってくださいってことで何とか送ってもらえました(^^ゞ。

帰宅してからCJ+のサイトを見て、初めて203cmの上限ができたのだってことを知りました(^^ゞ。

木曜日にシーコンが届いたら、ガムテープは貼ってありませんでした。
クロネコヤマトの皆さん、このたびは無理を聞いていただいてありがとうございました(^^ゞ。

もしも、佐渡に送る時に203cmを超えているってことで拒否されていたとしたら、どうしたでしょうね。
慌てたでしょうね(^^ゞ。
輪行袋に入れて手荷物として持って行ったかな。

今後は、サイクリングヤマト便としては、シーコンは大き過ぎてもう使えないっちゅうことですね。
他にシーコンが使える輸送方法がないかと調べていますが、なさそうですね。

どなたか良い方法があれば教えていただけませんか、よろしくお願いします。

シーコンを何回使ったかを思い出してみました。
2014年の宮古島、バラモンキング、IM北海道
2015年の宮古島、バラモンキング、IM北海道
2016年の宮古島、バラモンキング、佐渡 (皆生はクルマで自走したので)
2017年のバラモンキング、佐渡

合計11往復でした。
幾らで買ったんやったっけ?
全然覚えてないんですけど、5~6万円ぐらいだったかな?
一回当たりの使用量としては安くなかったか?

海外の大会に出場する気は全くないので、擦り切れて破れていよいよ使えなくなるまで使い倒すつもりだったのに、こんなに早く使えなくなりそうで残念です。

まっ、しょうがないけど、かなりボロくなったとは言え、まだまだ使える状態のシーコンを使わないのはもったいないです。
もったいないけど使えないモンはしょうがないですね(^^ゞ。

来シーズンまでに代わりの輸送方法を考えねば!
今のところ、最有力候補はこれです。

c0236857_08062359.png

ピッタリ203cmなので、サイクリングヤマト便が利用できそうです。
ちょっとバイクをバラさないと入らないようだけど、ハンドルとペダルを外すぐらいならボクにでもできそうです。

もう一つはこれです。

c0236857_08063010.png
いっそのこと、自分で持って行けばエエんやないか?って思ったりもするんですけど、航空会社の手荷物預けのサイズより大きいので、飛行機に積んでもらえるかどうかを確かめておかないといけないなぁって思ったり、バイク以外の荷物を別便で送ることを考えたら、バイクポーターproの方が隙間に詰め込めて結局安上がりかなぁって思ったり、思案中です。

やっぱりバイクポーターproがハードケースで安心かなぁ。
送っちゃえば身軽だしね。

今までシーコンを使われていた皆さんはどうされるのでしょうか?
お勧めの方法があれば教えてくださいね、お願いします。




にほんブログ村

# by piyopiyodesu | 2017-09-11 12:03 | 小ネタ | Comments(6)  

アストロマン参戦記 6 月曜日

 バイクの途中で会ったトライアスロン仲間の千葉さんが撮ってくれた写真を送ってくれました。

c0236857_22180443.jpg

c0236857_22182004.jpg
 さて、レースの夜は心地良い疲労感と余韻に浸りながら11時ぐらいには寝たのかな?
翌朝は5時に目覚めたので、シーコンにバイクを入れて、シーコンに入れて送り返す荷物とリュックに入れて持ち帰る荷物に分けて、朝食までに帰り支度を済ませました。
ウェットスーツは宿の玄関前の水道で洗わせてもらって、ちょっと水を切ってからシーコンに入れました。

朝食でまたご飯を三杯食べて、清算を済ませて尖閣湾に行ってみました。


c0236857_08240979.jpg
『君の名は』って読んだことないんですけど、最近映画になってましたっけ?

c0236857_08242200.jpg

c0236857_08241639.jpg
グラスボートで海から尖閣湾観光することもできますが、ボクはボートには乗らないことにして、入場料だけ買いました。

c0236857_08242809.jpg

c0236857_08243450.jpg

c0236857_08244009.jpg
有料で魚にエサを撒くことができるので、大きなクロダイがたくさん集まっていました。

c0236857_08244674.jpg

c0236857_08245336.jpg

c0236857_08245981.jpg

c0236857_08250590.jpg
サドガシマン(^^ゞ&ズルガシマン(^^ゞ。

c0236857_08251222.jpg
ザクザクゴールドに変身してみました(^^ゞ。

c0236857_08251802.jpg
お次はトキレッド(^^ゞ。

c0236857_08252343.jpg
帰りかけたところに、千葉さんがオッティモの皆さんと一緒に来られたのと偶然会いまして、グラスボートに乗船すると言われるので、乗船券を買って同乗させていただきました(^^ゞ。
一人で乗ってもつまらないと思ってたんだけど、話し相手がいれば550円は高くない(^^ゞ。

c0236857_08252803.jpg

c0236857_08253453.jpg

c0236857_08260008.jpg
一旦アミューズメント佐渡に戻って、記録速報をもらって写真を買いました。
表彰式と閉会式は欠席しました。

あとは両津港に移動して帰るだけ。
まだ時間は十分あったので、まだ走ったことがない道を通って帰ろうと思って観光マップを見たら、ドンデン山に登って大佐渡を横断して両津港に至るドライブウェイがあるではないですか。
大佐渡スカイラインみたいな道だろうと思っていたのだけど、とんでもない!

クルマが擦れ違えないぐらいの細いクネクネ道で、こんな所で事故ったら携帯も圏外で遭難死するんじゃないか?って不安になるような道でした(^^ゞ。

まぁ、そういう道は嫌いじゃないから楽しかったですけどね(^^ゞ。
大佐渡スカイラインの展望台よりも少し東側から見た国仲平野と小佐渡。

c0236857_08260640.jpg
両津港と加茂湖(右側)。
よ~く見たら、停泊中のジェットフォイルが(フェリーかも)見えます。

c0236857_08261396.jpg

c0236857_08262076.jpg
山上はとても涼しくて、エアコンの効いた車内より外の方が涼しいぐらいでした。

c0236857_08262632.jpg

c0236857_08263281.jpg
レンタカーを返して、佐渡汽船乗り場まで送ってもらいました。
バラモンキングで長崎港から福江島へ行く時に乗る九州商船のジェットフォイルは、輪行袋に入れてあってもバイクは乗せてもらえなかったはずだけど、佐渡汽船のジェットフォイルはシーコンでも乗せてくれてました。
おそらく同型の船だと思うんですけど、当然だけど会社が違うと規定も違うんですね。

c0236857_08263992.jpg
新潟空港を離陸。

c0236857_08264513.jpg
富士山が見えました。

c0236857_08265059.jpg
北アルプスも見えました。
槍ヶ岳や穂高連峰の真上ぐらいを飛んでたのかな。

c0236857_08265694.jpg
ロングの大会は金曜から月曜まで(土曜からの選手もいるし、皆生は土曜からだけど)、贅沢な時間の過ごし方ですよね~。
9月は祝日が2日あるから、佐渡に出るためにさらに休みをとるのは難しい面もあるんだけど、一度出たら次から出ないってわけにはいかない魅力的な素晴らしい大会ですね。

大会を支えてくださった全ての皆さんに、心から感謝します。
ありがとうございました。

たぶん、来年も出場すると思いますので、よろしくお願いします(^^ゞ。

佐渡のボトルが1本だけ手元に残りました。
バイクの最後のエイドで、二つあるホルダーに2本もらっておこうと思っていたのに忘れていました(^^ゞ。
2本あったのに、1本捨てちゃったのかも(>_<)。

c0236857_14375715.jpg
長い長いブログを全部読んでいただいて(読んだ?ヒマねぇ~(^^ゞ)ありがとうございます。
ついでにポチっとしていただけたらタイヘン嬉しいです。
よろしくお願いしま~す(^^ゞ。


にほんブログ村

# by piyopiyodesu | 2017-09-10 14:44 | 佐渡国際トライアスロン | Comments(0)  

アストロマン2017参戦記 5 ラン

 楽しいサドイチ190kmを無事に走り終えて、トランジション会場に戻ってきました。
バイクをラックに掛けたら、重ね履きのレーパン、ヘルメットを脱いで、ワセリンを塗っておいた五本指ソックスとランシューズを履いて、エナジージェルを幾つか入れたランポーチを腰に着けて、キャップを被ってランスタート。

c0236857_09323473.png
 どれぐらい走れるかは走り始めてみないとわからないけど、最初の10kmまでは様子見だと思って、ゆったりしたペースで走り始めました。

スタートしてすぐのエイドで、氷をもらったんですけど、飲み物に入れる小粒の氷はなくて、ペットボトルを冷やすための大きいのしかありませんでした。
「大きいのならあるけど飲用じゃないよ~。」
「帽子に入れるからそれでいいです、一つください。ありがとう~。」

って握りこぶしぐらいの氷をもらってキャップに入れて走りました。
ドタマがキーンと冷えて、冷たい水が常に首筋に流れ落ちてきて気持ちいい~(^^ゞ。

c0236857_08330028.jpg
ガーミンの記録を見たら、最初の10kmを57:11で走っていました。
1km毎に表示されるラップタイムはもうちょっと速かったんだけど、やっぱりね、エイドで止まると30秒ぐらいすーぐに過ぎちゃうもんね(^^ゞ。
熱中症予防には身体を冷やすことと水分摂取が大切と思って、エイドではスイカを食べまくりでした。

まだ元気なうちはエイドでの停止時間はほんの数秒なんだけどさ、段々段々長くなっていくんですよね~(^^ゞ。
これはもうしょうがないね(^^ゞ。
約11kmの畑野のエイドで折り返したら、そこからしばらくは下り坂なこともあって、すこーしだけペースを上げてみました。

20kmまでの10kmは56:42でした。
最初の10kmは上り基調で次の10kmは下り基調ってことを考えると、すこーしペースを上げたつもりでもほとんど上がってないか、下がってるぐらいでしたね(^^ゞ。

このペースが最後まで維持できるんじゃないか?いや、世の中そんなに甘くないよな~、もうちょっとペース落とすか?このままでいくか?
まぁでも無理なペースってわけじゃないから、こんな感じで30kmまではなんとか粘って、最後の10kmでちょっとだけでもペースアップできたらええなぁ・・・・なんていろいろ考えながら走ってました。

1周目終了まであと2kmちょっとかな?っていう辺りで、モーニングさんとすれ違いました。
どこかで擦れ違うハズだと思って時々前から走ってくる選手をチラチラ見てたんだけど、やっと会えました。

お互い気の利いた言葉も出ず
「お~、お~(^^ゞ」
「お~、お~(^^ゞ」
「がんばろう!」
っていうのが精一杯でした(^^ゞ。

2周目に入ってもまだ割と元気でした。
八幡小学校の所を左折して狭い路地に入ったところで、鉄女ママさんに追いつきました。
「あ~、鉄女ママさんだ~、バイク速かったですね~。」
ってノー天気に話しかけたら、かなりきつそうな息遣いで
「とばし過ぎました。しんどい!」
って(^^ゞ。
アルアル~(^^ゞ。

ランコースで唯一の上り坂にかかる手前にある三宮WSでトイレに入ったのがまずかった(>_<)。
トイレから出て歩き始めたら、歩くってこんなに楽チンなんだ!ちょっと歩いてもエエかな(^^ゞ、この先は上り坂だしな・・・・なんて思っちゃって、そのままずるずる畑野ASまで2kmちょっと歩いちゃった(^^ゞ。

歩いている時に、畑野で折り返して来たモーニングさんとすれ違って、
「もう最後まで歩くわ!」
って叫んじゃった(^^ゞ。

30kmまでの10kmは1:4:41でガッタ落ちでした(^^ゞ。

畑野ASまで来れば残り約10km、なんとかフィニッシュできそうだなと思ってちょっとホッとしました。
去年はここで最後のジェルを飲んだ途端に嘔吐して、最後の10kmは走るより歩く方が長いぐらいのゲロゲロヘロヘロ走りだったな~なんて懐かしく思い出しました(^^ゞ。
さっさと忘れたくても絶対忘れられないですよね。

最後の10kmぐらいは走って帰ろうと思って走り始めたら、歩いたことで少し元気が戻ったようで、下り坂だったこともあって案外しっかり走れました。

残り9km、8km、・・・・カウントダウンの始まりです。
この距離になると、いつもトレーニングで走っているウチの近所のランコースを思い浮かべて、ウチからあそこまで往復するぐらいの距離やん!もうちょっとや!って元気が出ますね。

完全に日が暮れて、照明がない場所では路面の状態がほとんど見えないぐらいに暗い場所もあったので、転ばないように注意しながら速いピッチを維持して走り続けました。

34kmぐらいから右斜め後ろにピッタリついてくる選手がいて、彼がしょっちゅう「か~、ぺっ、か~、ぺっ。」って痰を吐くんですよね。
後ろに付かれるのは全然気にしないし、自分のペースを維持するのに都合がいいと思って歓迎するぐらいなんだけど、痰を吐くのがイヤで、振り切ってやろうと少しペースを上げてもピッタリ付いてくる(^^ゞ。

「エエペースで走りますね~、付かせてもらってます~。」
なんて言われて気を良くして快調に走ってたんですけどね~(>_<)。

37kmの金丸ASはボクはパスして、彼は止まったみたいで、ようやく痰を吐く音を聞かずに済むようになりました。
40km手前の最後の八幡WSで、最後にスイカを食べて行こうと思って止まったらスイカがもう無くて、アクエリアスを飲んで走り始めたら、エイドで止まるまでとは別人のように脚が重く出なくなっていて、最後の2kmはヨレヨレでした(>_<)。

なんでや~、ほんの数十秒前まではエエ調子で走っていたのに~(>_<)。
教訓、調子良く走れている時はできるだけ止まらないこと!
ホンマに、1km先は闇や(^^ゞ。

フィニッシュ間近の商店街の道で痰吐き選手に抜かれました(^^ゞ。
あ~あぁ、も~(^^ゞ。

昨年は倒れる寸前で、商店街まで帰ってきても声援に応える元気が全く残ってなかったけど、今回はハイタッチを繰り返して、手を振って会釈をして、声援をしっかり全身で感じることができました。

商店街を過ぎたら暗くなって(^^ゞ、左折して右折したらフィニッシュのステージの煌々たる明かりが目に飛び込んできました。
あ~、帰ってきたな~って思うと同時に、去年の落車事故や、救急搬送されたことを思い出しました。
今大会前にもいろいろあって佐渡に行かないことも考えました。
だけど、出て良かった、こうして完走することができて良かったって思ったら、もう拭いても拭いても涙がボロボロボロボロ出て出て困った。
イヤイヤ、泣いたらアカン、楽しく笑顔でアストロマンが目標やと思って、最後は最高の笑顔(のつもり)でフィニッシュテープを両手で高々と掲げました。
やったど~!
アストロマンになったど~!

c0236857_08330765.jpg
ランの公式記録は4:16:16で全部では13:19:13でした。
昨年より13分ほど速かったですが、そんなことはどうでもよくて、無事にフィニッシュしてこうして元気に写真を撮ったり仲間と語り合えるだけで十分!
よく頑張ったよ、オレ!
よく走ったよオレ!
百点満点です(^^ゞ。

モーニングさんも、初ロングを見事に完走おめでとう!
彼は奥さんとお嬢さんと一緒に来られていて、この写真はお嬢さんが撮ってくれました。

c0236857_08224914.jpg


c0236857_08225614.jpg


c0236857_08230293.jpg


c0236857_08230895.jpg
高齢の、じゃなくて恒例のハグ~(^^ゞ。
二人の関係がお嬢さんにもバレちゃった(^^ゞ。

c0236857_08231798.jpg
新しい決めポーズを考えてみました(^^ゞ。

c0236857_08233120.jpg
似たような写真ばっかりだけど、ボクの雄姿を我慢して見るダス(^^ゞ。
c0236857_08234388.jpg
これだよこれ、いつものお決まりのポーズですよ~ん(^^ゞ。

c0236857_08234956.jpg
去年はこれだもんね~(^^ゞ。
しょぼ~(^^ゞ。
c0236857_08395887.jpg

フィニッシュ後は、完走タオルとメダルとポロシャツを受け取りました。
去年はタオルとメダルまではもらったけど、ポロシャツをもらう前にダウンしちゃって、翌日にポロシャツをもらいに行ったもんね~。
ちゃんと受け取れて良かった良かった。

腹ペッコペコだったので、おにぎりを6個食べました(^^ゞ。
脱水気味だったみたいで、アクエリアスも大きな紙コップに3杯一気飲みしました。

FBで完走を報告したり、ブログに写真をアップしたりしてたらすごく寒くなってきて、用意しておいた長袖シャツとウィンドブレーカーを着てもまだ寒かったので、荷物とバイクを受け取ってクルマで帰りました。

宿で風呂に入ってビールを飲もうとしてたら、制限時刻の21:30に花火の音がどーん、どどーんと聞こえてきました。
花火が上がるなんて知らなかったな、もうちょっと会場にいれば良かったなと思ってももう遅い(^^ゞ。
来年は防寒の用意をしっかりしておいて、最後の選手がフィニッシュするまで会場にいようと思います。

一人で祝杯(^^ゞ。
c0236857_08235627.jpg
いつもよりちょっとだけ豪勢な夕食でした(^^ゞ。
またご飯三杯食った(^^ゞ。

c0236857_08240281.jpg
よほどの想定外のことが起きなければ完走はできるだろうとは思いつつも、バラモンキングでDNFした苦い経験があるので、一抹の不安を感じながらのレースでした。
慎重に慎重に、無理をせず、先が見えてくるまでは控えめなペースで十分な余力を残して走ったつもりでも、それでもランでは歩きが入っちゃったもんね~。
歩いたっていいんだけどさ、できることなら走り続ける方がいいもんね~、ロングはやっぱり厳しいね、だけど、厳しいからこそ挑戦し甲斐があるよね。

あ~、楽しかったな~。
エエ大会やったな~。
佐渡よ、ありがとう!
何度お礼を言っても言い足りないね。
佐渡よ、ありがとう!
佐渡よ、ありがとう!
ありがとう!
ありがとう!
ありがとう!


にほんブログ村

# by piyopiyodesu | 2017-09-09 21:20 | 佐渡国際トライアスロン | Comments(6)  

アストロマン2017参戦記 4 バイク

 スイムフィニッシュしたら、走らず歩いてバイクに向かいました(^^ゞ。
先は長いんだから急ぐことはない!って思っていました(^^ゞ。
過去の大会では、バイクスタート直後の心拍数の高さに驚くことが多かったです。
高過ぎるから少し下がるまでペースを控えめでいこうとしてもすぐには下がらないです。
大したスピードで走っているわけでもないのに心拍数が高いのは、たぶんT1でセカセカし過ぎていたからなんだろうなぁって思って、ゆったりした気持ちでバイクまで歩きました。

ボクはとても浮腫みやすい体質で、たぶん汗の量が少なくて放熱効率が悪くて体内に熱がこもりやすくて熱中症になりやすいんだろうと思っているので、強制的にどんどん放熱しながら走らないとまた熱中症になると思って、皆生と湯原で使ったこの保水タオル↓をまた使いました。

この日の最高気温は26℃で、33.6℃まで上がった昨年に比べりゃ天国のように快適だったけど、それでもバイクの上り坂でスピードが落ちて直射日光を浴びたらかなり暑かったので、これを使って良かったです。
ミズノの黄色い新しいのを買いましたが、おそらくランの途中で日が沈んだら寒くなって捨てていくことになるだろうと予想したので、新品はもったいないので使い古しを使いました(^^ゞ。
予想通りの展開になりました(^^ゞ。
ケチじゃなくて倹約家のボクとしてはですね、使い古しとは言えまだまだ使えるし、何度も役に立ってくれた保水タオルを捨てるってことには抵抗があったんですけど、首のところから引っこ抜いてしっかり絞っても結構嵩張って持ったまま走るのも邪魔だし、捨てるしかなかったんです(^^ゞ。

c0236857_22304571.jpg
 バイクスタートして間もなく、昨年接触落車事故を起こしてしまった辺りにさしかかりました。
この辺だったかな~、なんでこんな広くて見通しのいい場所で事故ったんやろ?って思いました。
あれ以来、前のバイクを抜くために右に出る時も、抜いてから左に戻る時も、絶対後方確認を怠らないようにしています。

ボクにとっては、スイムとバイクが少々遅くても、ランで気持ち良く走れたらそれで大満足なので、バイクで頑張り過ぎないように、サドイチサイクリングを楽しませてもらおうと思っていました。
心拍数をできるだけ140までに抑えて、上り坂では短時間だけなら150まで上がってもいいと決めて、だいたい守れたと思います。
ケイデンスも今までより低くして心拍数が上がりにくいようにしました。

それ以上上げたら心臓が止まるってわけじゃないですからね(^^ゞ。
バイクで頑張り過ぎないでランを楽しむ余裕を残すには、それぐらいにしといた方がいいかなって思っただけです(^^ゞ。

c0236857_09315880.png
20km地点の相川の最初のWS(飲み物だけが置いてあるWSと、食べ物も置いてあるASがあります)より前だったか?後だったか?もう忘れかけてるけど
「頑張ってください。」
とか何とか声をかけて抜いていってくれた女性選手がいました。
佐渡でオレにそんな言葉をかけてくれる選手って誰だ?と思って逞しい(^^ゞ後姿を見たら、『潟鉄』のでかい文字あり(^^ゞ。
あ~、鉄女ママさんだな~って思って並んで
「鉄女ママさんですね?速いっすね~、ありがとうございます、頑張りましょうね~。」
とか何とか言ったかな(^^ゞ。

間違えて『潟女鉄さんですね?』って言いそうになったのは内緒です(^^ゞ。

ボクは新潟出身の嫁さんの悪口を時々書くし(最近は書かないようにしているけど(^^ゞ)、昨年の佐渡のブログで『新潟県人は東西南北が理解できない(^^ゞ』なんてタイヘン失礼なことを書いたので、新潟のママさんアスリートの鉄女ママさんからはきっと嫌われているだろうな、もしかしたら、『ぴよぴよ』と書いた藁人形に五寸釘を打ち込まれているかもしれないと思っていたので、声を掛けていただいてむっちゃ嬉しかったスケ。 ←新潟弁のつもり(^^ゞ

鉄女ママさん、ありがとうございました!
ホンマに嬉しかったです(^^ゞ、元気が出ました。
元気は出たけど、彼女はすぐに見えなくなっちゃいました、もちろん前の方に(^^ゞ。

2種類のドリンクが入れられるメインボトルには、ウイグルで買った安いエナジージェルを少し水で薄めた約1,000kcal分と、経口補水液を入れておきました。
経口補水液の方はどんどん飲んで、エイドでアクエリアスをもらって補充しました。
エナジージェルはチビチビ飲んだけど200kcal分ぐらい残りました。
丸ボトルにも違う味のエナジージェルを約600kcal分ぐらい入れていましたが、飲まなくても走れそうだとわかったところでボトルごと捨てました。
トップチューブバッグのパワーバーのグミ800kcal分は全部食べました。
このグミはボクとの相性が良さそうなので、今後も使おうと思います。
もう1本の丸ボトルは身体にかけるための水ボトルをもらいました。
そんな感じです(^^ゞ。
c0236857_08324801.jpg
エイドでは何度かバイクから下りて、邪魔にならない所にバイクを立て掛けておいて、ゆっくりスイカやおにぎりをいただきました。
前半の元気なうちは美味しくない甘ったるいジェルでも飲めるんだけど、疲労が溜まってくる後半になると徐々にジェルを飲みたくなくなってくるんですよね。
ジェルを一口飲んだらすぐにアクエリアスも飲んで無理矢理流し込むようになってましたが、おにぎりはおいしく食べられました。
エイドのおにぎりのお蔭でフィニッシュまでエネルギーがもったようなもんです。
オレにはご飯が合ってるのかな。

いつものように、エイドや応援してくれる方々や、交通整理をしてくれている皆さんの前を通過する時は、できる限り笑顔で手を上げて会釈をして「ありがとうありがとう!」って言いながら走りました。
「ありがとう!」と言えば元気が出る。

たしか小佐渡のどこかで、千葉県の友人の千葉さん(仮名)に追いつきました。
これは2016年の皆生での写真です。
昨年も佐渡に出られていたのに全く会う機会がなかったので、会えて嬉しかったです。

c0236857_21144936.jpg
c0236857_08325480.jpg

次々と現れる美しい景色と、地元の皆さんの暖かい応援と、エイドの皆さんの献身的な協力と応援と、青い空と美しい海を十分に堪能して、楽しい楽しいサドイチを走り切りました。
これだよこれ、これを味わうために佐渡に来たんだよ!
しんどいのにまたエントリーしちゃうのは、これがあるからだよな~(^^ゞ。
佐渡のバイクコースは素晴らしいね!
本当に素晴らしい!
これぞロングトライアスロンの醍醐味!トライアスリート冥利に尽きる!っていう感じ。
一度このコースの魅力にはまったら、抜け出せないよね~(^^ゞ。

公式記録は7:34:46でした。
灼熱地獄だった昨年より15分も遅かったけど、いいのいいの、そんなの気にしない(^^ゞ。
楽しければそれでよし!

どうですか?サドイチ走ってみたくなったでしょ?。
来年のアストロマンに出てみたくなったでしょ?
楽しいよ~(^^ゞ。


にほんブログ村

# by piyopiyodesu | 2017-09-08 08:00 | 佐渡国際トライアスロン | Comments(0)  

アストロマン2017参戦記 3 スイム

 9月3日日曜日、いよいよレース当日です。
宿の朝食を3時半には食べられるように用意してくださったので、3時15分に起きました。 ←細かいね(^^ゞ
ご飯を3杯?4杯だったか?まぁどっちでもいいんですけど、たくさん食べました。
ロングではランの後半で毎回必ず腹ペコになるけど、ムカムカしてたらバナナもコーラもジェルも胃が受け付けなくなってしまうので、食えるうちに食っとけ!っていう感じで、佐渡入りしてからはご飯を大量に食べました。

前夜のうちに用意しておいた荷物を持って、クルマで会場に行きました。
一番近い海岸沿いの駐車場がギリギリ空いていました。
これは4時過ぎかな、まだ夜明け前です。

c0236857_08221418.jpg

T1で必要な物を手前に、T2は奥に、忘れ物がないように何度もチェックして準備しました。
190kmもバイクで走ると、トライショーツの薄っぺらいパッドだと股間が痛くなって地獄なので、ロングでは必ずパールイズミの一番パッドが分厚いレーパンを重ね履きするんですけど、それを忘れたらタイヘンですからね、絶対忘れないようにDHバーに被せておきました(^^ゞ。
T2でそれを脱ぐのを忘れてランスタートしたことは2回ありますが(^^ゞ、それぐらいはね、ちょっとモコモコするぐらいで走れないことはないですからね(^^ゞ。
大ちゃんは、宿で一回、会場の仮設トイレが混む前に一回出ました(^^ゞ。
スイム前にもう一回出したくなってきたんだけど、混んでたのでスイム後に行くことにして溜めて泳ぎました(^^ゞ。

その後、バイクで2回小さい小大ちゃんが、ランでは1回大きい大大ちゃんが出ました(^^ゞ。
記録を追及しなくなったぴよぴよさんは、ウ〇コのタイムロスを気にしなくなりました(爆)。
食うたら出るのはしょうがないやんな~(^^ゞ。

c0236857_08222212.jpg
高校の同級生、モーニングさんは今大会が初ロングです。
昨年トライアスロンデビューして、2年目でロング挑戦はボクと同じですね。
スイムでは、残り2~300mぐらいでゴーグルとキャップをとばされて失ってしまって、裸眼で泳いだそうです(^^ゞ。
いきなり希少な経験をしましたね、オレはゴーグルがちょっとズレて浸水したことは何度かあるけど外れてしまったことはないなぁ。
佐渡のバトルはどうでしたか?
宮古島はあんなもんじゃないで~(^^ゞ。
宮古島に比べたら、佐渡のバトルなんて無いも同然よ~(^^ゞ。

c0236857_08222969.jpg
まずは、トランジション会場横の体育館でボディマーキングをしてもらいました。

お~、この体育館、懐かしいね~、去年はここでゲロゲロしながら点滴してもらったよな~(^^ゞ。
左右の選手は回復して帰してもらったのに、オレだけ佐渡総合病院送りになっちゃったよな~(^^ゞ。
今夜はここに来ないで済みますように~って祈りましたよ(^^ゞ。

ウェットスーツは長袖、バイクとランは半袖バイクジャージにアームカバーを着用するので、こんなところに書いても見えないんですけどね、佐渡の一夏の思い出ですね(^^ゞ。
この後、アンクルバンドを受け取って、足首に巻いて計測チェックラインを通過したら最終選手登録終了です。

c0236857_08223671.jpg
お腹の燃料タンクは満タンです(^^ゞ。

c0236857_08224381.jpg
この先の写真はありません。

T1とT2の用意が完了したら、ウェットスーツを着て、ゴーグルとスイムキャップを持ってスイム会場に行き、試泳しました。

クラゲ除けのこのUVクリームを手と顔と首にたっぷり塗っておいたのが良かったのか?クラゲはいなかった(一度も見かけませんでした)のかわかりませんが、試泳時に一度だけおでこにピリっと感じただけで、それも大したことなかったです。

c0236857_22105670.jpg
水温は23℃と放送されてたかな、ちょうど良い水温で熱くも冷たくもなく、ベタ凪でウネリも殆どなくてブイもよく見えたし、とても泳ぎやすい海でした。
波打ち際から海に数m入ったところがスタートラインでした。
ブイに近い右端近くの前の方からスタートしました。

ほぼ常時、ブイとブイを繋ぐロープがすぐ右側に見えるぐらいの位置を泳いだので、だいたい直線的に泳げたのではないかと思うんですけど、どうでしょう。
ガーミンでは4,695mも泳いだことになってたけど、スイムでのガーミンの距離は全く信用ならないから、まっ、こんなもんかな(^^ゞ。
c0236857_09315043.png
他の選手と身体が接触したり、頭に手が当たったり当てられたり、足を撫でたり撫でられたりってことは何度もありましたが、ボクも含めて皆さん紳士的で故意にぶつかってきたり叩かれたりっていうことは一度もなく、バトルと言うほどのことはなかったですね。
いつも書くけど、宮古島の、レースをほったらかして逃げ出したくなるような超密集スイムを経験していれば、佐渡の人口密度なんてちょろいちょろい(^^ゞ。 ←佐渡の悪口でも宮古島の悪口でもないですからね(^^ゞ

宮古島はこんなん↓ですからね(^^ゞ。

c0236857_08262671.jpg
3回かな?ゴーグルがズレて水が入ってきたので、さささっとゴーグルを浮かせて水を抜きました。
ボクの前にいた青黒のウェットスーツの選手が、突然平泳ぎを始めた時はたまげました(>_<)。
平泳ぎはボクも時々するけど、ボクの平泳ぎは進むための平泳ぎじゃなくて、休んだりブイを確認したりゴーグルの水を抜いたりするためで、後ろの選手を蹴ってしまわないように下半身を沈めて(勝手に沈むんだけど(^^ゞ)、立ち泳ぎに近いような平泳ぎなんですけど、その青黒選手はクロールと同じスピードで進む平泳ぎで、いきなり目前にキックしてきてビビりました。
平泳ぎしたらアカンっていうルールはないけどさ、ちょっと配慮しろよな~って思いました。
あんなキックをもろに喰らったらゴーグル割れるんちゃうか~(>_<)。

こんなヤツの後ろは危険やと思って離れたつもりだったのに、なんでかな~、しばらくしたらまた前に青黒がいて、フィニッシュまで見えなくなったりまた見えたりぐらいの範囲で泳いでいました(^^ゞ。

1周して一旦上陸して水をもらって飲んで、ブイを回る時にガーミンを見たら42分台でした。
スタートの1分ほど前にガーミンをスタートしてデバイスロックしたので、ボクとしてはなかなか良いペースで泳げていると嬉しくなって2周目へ(^^ゞ。

急がず慌てず、ゆったりした動きで、水の抵抗が最小限になるように頭の先から爪先まで意識して、できるだけ長くストリームラインが維持できるように、一回一回のストロークを丁寧に、できる限り少ない労力で効率良く進むように集中して泳ぎました。

鏡花水月のウェットスーツは、採寸して作ったからボクの体型にピッタリで、柔らかい素材だからなのか、肩も回しやすいし、圧迫感も窮屈な感じも全くなく、ノーストレスでとても気持ち良く泳ぐことができました。
首の後ろにはワセリンをベッタリ塗っておいたのですが、これを書いている7日の時点で首の後ろに横長のカサブタができています(^^ゞ。
これはしょうがないですね(^^ゞ。

スイムの公式記録は1:28:11でした。
上出来上出来(^^ゞ。

アストロマンぴよぴよをポチっとしていただけたらたいへん嬉しいです。
よろしくお願いしま~す(^^ゞ。


にほんブログ村

# by piyopiyodesu | 2017-09-07 10:39 | 佐渡国際トライアスロン | Comments(8)  

アストロマン2017参戦記 2 土曜日

 無駄に長いですが、殆ど写真です。
せっかく撮ったので載せました(^^ゞ。

 9月2日土曜日は、15:45からの開会式に出席するのと、夕方涼しくなってからバイク預託する以外はすることなかったので、まずは大佐渡スカイラインをドライブしてみました。
開会式の出席は義務ではないのですが、昨年出席しなかったので今回は出席したかったのです。

山好きのボクは、佐渡で一番高い大佐渡の1,172mの金北山(きんぽくさん)に登ってみたいと思ったのですが、佐渡スカイラインの途中にある登山口から片道1時間半以上かかるらしいのと、自衛隊の施設があって許可をとる必要があるらしいこともあって、登山は止めてドライブだけにしときました(^^ゞ。

佐渡金山前を通り過ぎて、こんな道をクネクネクネクネ上って行きました。

c0236857_07282197.jpg
標高が上がって森林限界を超えて見晴らしの良い場所に出たら、金北山(左)と1,042mの妙見山(みょうけんさん)が見えました。

c0236857_07282739.jpg

左奥の山頂に何やらニョキニョキたくさんあるのが金北山です。
ニョキニョキは古いレーダーだそうです。
右側の妙見山にある巨大な四角いのは、2010年にできた日本海全域をカバーする自衛隊のレーダーだそうです。
島の平野部からでもはっきり見えるぐらいだからかなり巨大ですよね。
北の某国を見張っているのでしょうか。

競技説明会で、スイムスタート前にJアラートが鳴ったらスタート時刻を遅らせると説明されました。
「競技中に鳴ったら、選手の皆さんはスマホを持っているでしょうから安全な所へ避難してください。」と言われました(^^ゞ。
競技中に日本のどこかに落下物があれば、そこで競技を中止しますとも言われました(^^ゞ。
鳴らなくて良かった良かった(^^ゞ。

c0236857_07283341.jpg

展望台から見えた景色です。
c0236857_07284044.jpg
c0236857_07284796.jpg

c0236857_07285462.jpg
右がスイム会場のある真野湾、左が両津。
c0236857_07290172.jpg
よ~く見たら、スイム会場のブイと試泳している選手が見え・・・・ません(^^ゞ。

c0236857_07290853.jpg
c0236857_07312034.jpg
白雲台交流センター。
金北山に登るなら、ここで自衛隊の敷地内の登山道を歩く許可をとればいいらしいです。

c0236857_07312769.jpg
その裏の展望台から見えた景色です。
小佐渡と国仲平野が一望できました。

c0236857_07322935.jpg
c0236857_07323903.jpg
c0236857_07324534.jpg
c0236857_07325228.jpg
大佐渡スカイラインから下りたら、小佐渡の南端近くにある宿根木(しゅくねぎ)に行ってみました。
宿根木については、ここを見てね(^^ゞ。



これは駐車場横にある案内所です。

c0236857_07330174.jpg
c0236857_07330888.jpg
c0236857_07331496.jpg
c0236857_07332297.jpg
今も住んでいらっしゃる家も多いので、こんな軒下の狭い路地を観光客がカメラ片手に入って行っちゃってもエエんやろか?と気になって、歩き始めてすぐに引き返して案内所のおじさんに聞いたら、「どうぞどうぞ、どこでもご自由に歩いて行って写真も撮っても構いませんよ。」と言ってくれたので、遠慮なく写真を撮らせてもらいました。

c0236857_07332825.jpg
ボクが小学校に入学する前まで住んでいた所には、こんな狭い路地はたくさんあったので、なんだか懐かしい感じがしました。

c0236857_07333435.jpg
有料で公開されている民家が幾つかありました。
この清九郎に入館してみました。

c0236857_07334299.jpg
c0236857_07334797.jpg
c0236857_07335323.jpg
火事が起きてもこんな狭い路地じゃ消防車が入れないからだと思うんですけど、至るところに消火栓がありました。

c0236857_07335962.jpg
c0236857_07340595.jpg
c0236857_07341145.jpg
c0236857_07341733.jpg

有名な三角家。
な~んて書いたら、いかにも前から知ってたみたいだけど、違います、ここへ行って初めて知りました(^^ゞ。
吉永小百合さんがここに立っている観光ポスターが貼ってあるのを何度か見たので、有名なんだろうなぁって思っただけです(^^ゞ。
タイムトリップしたみたいで、こういう所は好きです(^^ゞ。

c0236857_07342367.jpg
c0236857_07344612.jpg

c0236857_07342947.jpg
c0236857_07343454.jpg
c0236857_07344024.jpg


c0236857_07345276.jpg
c0236857_07345891.jpg
c0236857_07350309.jpg

c0236857_07350904.jpg
c0236857_07351529.jpg
c0236857_07352108.jpg
小佐渡の西端にある沢崎鼻灯台に行く途中の橋です。

c0236857_07352672.jpg
小木町なので、『小』の文字をあしらった街灯でした。

c0236857_07353230.jpg
沢崎鼻灯台を見て満足しました(^^ゞ。

c0236857_07353611.jpg

復元された千石船が見えたので、寄っていきました。




c0236857_07354860.jpg
c0236857_07360254.jpg
c0236857_07360968.jpg
c0236857_07361586.jpg

c0236857_07362045.jpg
c0236857_07362637.jpg

こんなピンクの彼岸花は初めて見たかも。
いや、きっと前にもどこかで見たことあるのに覚えてないだけかな(^^ゞ。
まっ、そんなことはどうでもいいですね(^^ゞ。

c0236857_07363209.jpg

開会式に出席しました。
スピーチ中の佐渡市長さんです。

c0236857_07363894.jpg
招待選手と優待選手の皆さんです。


c0236857_07364316.jpg
佐渡市の南部にある、羽茂(はもち)高校の郷土芸能部のみなさんの演技です。
こんな部は珍しいですよね。
皆さん動きがとてもしなやかで柔らかく、よく揃っていて素晴らしい演技?、踊りか(^^ゞ、踊りでした(^^ゞ。
この踊りが見られただけでも、開会式に出席して良かったです。

c0236857_07364980.jpg
c0236857_07365457.jpg
c0236857_07370017.jpg
幾つかの踊りが終わって、後ろで三味線や太鼓を演奏していた生徒さん達が立ち上がる時に、三味線を弾いていた一人の女子生徒が、たぶん正座してたから足がしびれたんだと思うんですけど、よろめいてしまって、見てて冷や冷やしました(^^ゞ。

いやぁ、素晴らしかったです、皆さんありがとうございました~!
お陰で完走できました。
c0236857_07370531.jpg

バイクをクルマに積んで行ってたので、海岸沿いの駐車場に駐車してバイク預託に行きました。
このオレンジ色の大きな籠に入るなら何を置いといてもたぶんOKです(^^ゞ。
トランジションで細かいことをあれこれ言わないのが佐渡の良いところです(^^ゞ。
籠の外でも、隣の選手の邪魔にならなければOKです(^^ゞ。

レースの朝にできるだけ荷物が少なくて済むように、当日着るウェア以外はほとんど置いておきました。
エネルギー補給用のドリンクも、給水用のドリンクも、気温が下がって傷む心配はなかったので、もうボトルに入れておきました。
高温だと融けてくっついてしまうパワーバーのグミも、4袋800kcal分をトップチューブバッグに入れておきました。
夜の間に雨が降る予報もなかったので、カバーもかけませんでした。
夜露で濡れていたけど、バイクスタートするまでには乾いていました。
タイヤの空気も、土曜日のうちに入れたままで日曜の朝は入れませんでした。
ボクが使っているTUFOのチューブラータイヤは一日ぐらいじゃほとんど抜けませんからね。

c0236857_07371176.jpg

バラモンキングでは、浮腫みをとるために、おしっこがたくさん出るラシックスという薬を金曜と土曜にのんで、水分補給も控えめにしていたら、バイクの後半には脱水気味になってきて、ランで脱水から熱中症になってリタイアすることになったので(爆)、脱水から熱中症になっちゃうぐらいならまだ浮腫んでいる方がずっとマシだと思って、浮腫んだままです↓(^^ゞ。

c0236857_07371772.jpg

明日はあそこを無事に通過することができるのでしょうか?

c0236857_07372247.jpg
これは、スイムフィニッシュ後の計測点だったかな。
c0236857_07372789.jpg
900mx200mx900mの二等辺三角形を、右回りに2周で4,000mです。
宿で一緒になった方に聞いたら、昔は1,500mx1,000mx1,500mの1周だったそうで、頂点のブイは見えなかったそうです(^^ゞ。
そりゃ見えへんわ(^^ゞ。
あ~、2周で良かった(^^ゞ。

c0236857_07373204.jpg
宿の夕食は質素でしたが、ご飯を4杯食べて9時前には寝ました(^^ゞ。
アストロマンぴよぴよのバナーをポチっとしていただけたらたいへん嬉しいです。
よろしくお願いしま~す(^^ゞ。


にほんブログ村

# by piyopiyodesu | 2017-09-06 13:58 | 佐渡国際トライアスロン | Comments(0)  

アストロマン2017参戦記 1 金曜日

 佐渡に行って留守にしている間、かわいい野菜たちの水やりを長女に頼んでおいたのですが、日曜日に一回だけやってくれたそうです(^^ゞ。
できれば毎日って頼んだんだけど・・・・(^^ゞ。

一度は枯れかかっていたナスは、ボクの献身的な看病が良かったのか、復活しました(^^ゞ。
佐渡に行く前から大きなナスがなっていて、早くとって食べなきゃと思いながらも頂きもののナスを先に食べて、後回しにしていたら、こんなになってます(^^ゞ。

c0236857_07225794.jpg
ふわとろナスも、葉っぱが病気で瀕死の状態から復活しました(^^ゞ。

c0236857_07230449.jpg

ゴーヤも大きくなってました。
c0236857_07231730.jpg
黄色く変色してしまっているのがあったので、てっきり傷みかかっているんだと思って、緑色の部分だけでも食べられるうちに食べようと初ゴーヤを収穫しました。

c0236857_07231175.jpg
ところが、とってから調べたら、ゴーヤが熟すと黄色くなって、苦みが消えてメロンみたいに甘くなるんだそうです。
しまった!
慌ててとらずに全体が黄色くなるまで待つんだった!
次はそうしてみます。

c0236857_07232361.jpg

マンゴーの種を植えた鉢には水をやってくれなかったそうで、二本伸びていた芽のうちの一本は糸のように細くなっていました(>_<)。
慌ててドバドバ水をやったんだけど、どうかなぁ、復活してくれるといいんだけどなぁ~(^^ゞ。


 さて、野菜のことよりアストロマンですよね(^^ゞ。

 9月1日金曜日に、大阪空港から新潟空港まで飛んで行きました(^^ゞ。
離陸直後に見えた大阪空港です。 ←去年と同じこと書いてる(^^ゞ ←同じ所を飛ぶんだからしょうがないよね~(^^ゞ

c0236857_07234506.jpg

琵琶湖の南端が見えました。
琵琶湖大橋と近江大橋が見えます。
瀬田の唐橋もわからないけど写っているはずです(^^ゞ。
c0236857_07235182.jpg
新潟空港に着陸する直前に見える阿賀野川と松浜橋。

c0236857_07235890.jpg

定刻通りに着きました(^^ゞ。
c0236857_07240421.jpg
佐渡行のジェットフォイルまで2時間あって急ぐことなかったので、リムジンバスで新潟駅まで行って、佐渡汽船乗り場行の路線バスに乗り換えました。
空港から佐渡汽船乗り場までタクシーで2,000円ちょっとだったかな。
バスだと2本で幾らやったっけ?もう忘れたな、600円ぐらい?
これは新潟駅前の路線バス乗り場です。

c0236857_07241049.jpg
昨年見かけたけど食べなかった新潟丼が気になっていたのですが、メニューから消えていました。
高めの価格設定だったので、ここでは食べず、近くの安い方の店でカレーライスを食べました(^^ゞ。

c0236857_07241545.jpg
ジェットフォイルの『ぎんが』。
c0236857_07242415.jpg
爆睡しているうちに1時間で佐渡島の両津港に着きました。
c0236857_07243191.jpg
はいはい、今年も来ましたよ~。
お招きいただきありがとうございま~す(^^ゞ。 ←誰も招いた覚えはありませんが(^^ゞ

c0236857_07243780.jpg

c0236857_07244320.jpg
ムーブを借りました。
c0236857_07244933.jpg

まずは、両津港から見たら島の反対側にある佐和田のアミューズメント佐渡へ行って、受付登録を済ませました。
去年はエアコンを強く効かさないとクルマに乗っていられないぐらいに暑かったけど、今年は窓をあけていればエアコン効かさなくても我慢できるぐらいの暑さでした。
朝晩は涼しいより夏の服装だとちょっと肌寒いぐらいでした。
昼間は、日陰は暑くはないけど日向はそれなりに暑く、去年のことを思えば涼しいっていうぐらいでした。 ←ややこしいね(^^ゞ

c0236857_07250383.jpg
エキスポで特に買う物はなかったので、何かお買い得な掘り出し物がないかと一通り見て回っただけで、すぐに宿へ行ってバイクをチェックしました。

c0236857_07251014.jpg

c0236857_07251652.jpg

参加賞は、こんなリュックサックでした。
まぁなんとか使えるかなっていうぐらいのもんですね(^^ゞ。 ←早速毒舌が復活しつつある(^^ゞ
出かけた先でちょっと荷物ができた時には役に立つかな。

c0236857_07252686.jpg

c0236857_07253473.jpg

c0236857_07254116.jpg

地元の中学生が書いてくれた応援メッセージです。

c0236857_07281546.jpg

選手への応援メッセージがたくさん貼りだしてありました。
のりおさん、いいなぁ~(^^ゞ。
誰か『頑張れぴよちゃん』っていうメッセージを書いて送ってくれないかなぁ(^^ゞ。
来年は自分で書いて送ろうっと(爆)。

c0236857_07254849.jpg

c0236857_07255467.jpg

c0236857_07262161.jpg

c0236857_07262816.jpg
去年と同じ、バイクコースの4~5kmぐらいの所の喜代勢旅館に泊まりました。
一泊二食付きで7,500円でした。
風呂トイレは共同、ウォシュレットは無し、食事は質素だけどご飯だけは食べ放題(^^ゞ、お年寄りのおかみさんは全てがゆ~ったり(ゆ~っくりとも言う(^^ゞ)していますが、気に入ってます(^^ゞ。
ただし、清算時に宿代とシーコン(バイク)の送料を合わせて払ったのに、送料を既に受け取ったことを忘れたらしく、後で三回も「送料はどうしたらいいのかな?」って電話がかかってきましたけどね(爆)。
まっ、そんなの愛嬌愛嬌(^^ゞ。

大阪から来られたお二人と仲良くなって、いろいろお話できて良かったです。


c0236857_07263531.jpg
粉飴の粉末とジェルも参加賞でした。
粉末の方は皆生でも湯原でももらったので、どんどん増えてます。
需要<供給 状態です(^^ゞ
これ以外にも、アミューズメント佐渡にご自由にどうぞって置いてあったので、全部でこれ↓を3セットいただきました(^^ゞ。
タダでもらったのでちょっと宣伝しておくとですね、ジェルは20gで50kcalのと40gで100kcalのがあって、早速ランで使わせてもらいましたが、ランの途中で少量づつ飲みたい時には20gのが良さそうです。
マルトデキストリン(糖質)と塩とクエン酸しか入っていないのですが、甘ったるい他社のエナジージェルを飲みたくなくなっていても、酸味が効いた粉飴ジェルなら飲めました。
安いし、なかなか良いと思いました。

c0236857_07264866.jpg
オレのシーコン、ちゃ~んと届いていました(^^ゞ。
c0236857_07265537.jpg
すぐにちょっと走ってみましたが、どこにも異常ありませんでした。

c0236857_07270105.jpg
競技説明会に出席するために、再びアミューズメント佐渡へ。
秋の空でしたね~。
日が落ちると急に涼しくなりました。
レース中に、ランの後半で歩いたりしたらウェアがびちょぬれだと寒いかもしれないので、水を被るのは日が照っているうちだけにしといた方が良さそうだと思いました。

c0236857_07270848.jpg
競技説明会です。
ドラフティングゾーンは12mでしたが、レース中に団子になって走っていくドラフティング集団を何度も見かけました。
人は人、オレはオレ、他人のことをとやかく言いませんが、残念なことです。
アスリートと言うより一人の大人としての誇りより、みんなやってるんだからこの集団に乗っていかなきゃ損だ!っていう集団心理が勝っちゃうのかなぁ。


c0236857_07271636.jpg
歩いて数分の体育館に移動して、『島祭りパーティー』に出席しました。
昨年は会費が2,000円でしたが、今回は選手は無料でした。
昨年は、新潟産コシヒカリのおにぎりや、スウィーツ等のめぼしい食べ物は秒殺で無くなってしまったのが不評だったのかどうか知りませんが、今回はかなり多めに用意してありましたね。
ボクが「全然足らない、スウィーツなんか一つも食べないうちになくなった。」ってブログに書いたのを読んでくれたのでしょうか(^^ゞ。

c0236857_07272298.jpg

c0236857_07273037.jpg

c0236857_07273631.jpg

c0236857_07274385.jpg

c0236857_07274970.jpg

地元のお酒も焼酎もワインもビールも飲み放題でしたから、アルコール好きな選手には良かったかも(^^ゞ。
まぁでも中一日あるとは言え、たくさんは飲まないですよね。
ボクはクルマで行ってたので、もちろん飲みませんでしたよ。

昨年に続いて鼓童太鼓の皆さんの演奏が素晴らしかったです。

これとは違う演目(曲)でしたが、こんな感じで、まさにプロ!っていう見応え聴き応えのある見事な演奏でした。



c0236857_07275660.jpg

恵比寿様が現れて、袋に入ったお菓子をバラまきながらひょこひょこ歩くと、夢中になって拾い集めながらついて歩く子供たちがいてかわいかったです。
ボクも一つアラレの小袋をいただいて食べました(^^ゞ。
そのご利益で完走できたのかもね(^^ゞ。
c0236857_07280310.jpg
小木町の皆さんも獅子舞と太鼓で歓迎してくれました。
ステージから下りてきた獅子舞に頭を咬んでもらったのもご利益があったかも(^^ゞ。

c0236857_07280881.jpg

食べきれないほどの美味しい料理でお腹一杯になりました。
宿の夕食は断ってなかったので、そっちも控えめに頂きました(^^ゞ。

かくして、佐渡の一日目は楽しく過ぎていったのでした。



にほんブログ村

# by piyopiyodesu | 2017-09-05 19:47 | 佐渡国際トライアスロン | Comments(0)  

応援ありがとうございました

 佐渡から無事に帰宅しました。

ロングの大会は毎回そうですが、佐渡で過ごした四日間は竜宮城にいるような夢のような日々でした。
昨日のことなのに、オレは本当に佐渡を完走してきたんだろうか?あれは夢だったんじゃないのか?と、既に遠い遠い過去の出来事のような不思議な感覚を感じています。
こんな浦島太郎状態で、明日からちゃんと仕事ができるんだろうか?とちょっと不安です(^^ゞ。

応援してくださった皆さんも、してくれなかった皆さんも(^^ゞ、ありがとうございました。
お蔭でなんとかアストロマンになることができました。

写真を整理して、記憶を辿りながら、またダラダラ長いブログをボチボチ書いていきますので、良かったら読んでくださいね~。

今日もしっかり観光してきました。
尖閣湾です。

c0236857_22443093.jpg
c0236857_22445093.jpg
c0236857_22445874.jpg
去年はフィニッシュ後の余韻に浸ることができず、倒れ込んでゲロゲロだったので、こんな写真を撮ってもらうことができて本当に幸せでした。
あ~、良かったよ~(^^ゞ。
正直言うとさ、バラモンキングも熱中症でリタイヤしたし、また熱中症になったらどうしようってちょっと怖かったんだけど、完走を目標に頑張り過ぎず、バイクを控えめなペースで走ったのが良かったのかな~って思っています。
ホッとしました(^^ゞ。
c0236857_22451516.jpg
時々、書かなくてもいいことを書いちゃうボクですが、佐渡で心の洗濯をしてきたので、今はとても綺麗で素直な心です(^^ゞ。
全ての皆さんに感謝感謝の気持ちでいっぱいです(^^ゞ。
書かなくてもいいことはもう書かないようにしようと思っています(^^ゞ。
今はね(爆)。


ポチっとしていただけたらたいへん嬉しいです。
よろしくお願いしま~す。


にほんブログ村

# by piyopiyodesu | 2017-09-04 23:16 | 佐渡国際トライアスロン | Comments(4)