佐用町のヒマワリ

 これは2012年7月15日、今日の出来事です。
兵庫県佐用町のヒマワリを見に行ってきました。

佐用町で小中高の12年間を過ごしたくせに、ヒマワリは見に行ったことがないんです。

いつでも行けるという思いがあったのと、ロードバイクを始める前の、カヤックや釣りなどの趣味がメインだった頃は、わざわざ趣味を我慢してまで見に行こうという気にならなかったんですよね。

その点、ロードバイクはいいですよね。
思いっきり走ることもできて、ヒマワリを見ることもできるんですからね。

ただ見に行くだけなら往復130km程走れば済むのですが、それでは走り足らないのでちょっと遠回りして行ってきました。

7時に出発。

加西→福崎→山崎と走って、道の駅南波賀で休憩しました。
ここまでの71.8kmをアベレージ29.41kmで走ってました。
なかなかいいペースです。
平均心拍数は158。
こちらも頑張ってますね。

前回の記事で自分の感覚によるAT値は150ぐらいかなぁって書きましたが、今日走ってみてもう少し高いと思いました。

163までぐらいなら結構維持できることがわかりました。
ただし、これは100kmまでぐらいのまだ元気なうちで、100kmを超えると心臓はまだ元気なんだけど脚が動かなくなってきて、心拍数を155まで上げるような激しい走りは全く無理でした。
脚の持続力を上げないといけませんね。

あるいは、心拍数を上げ過ぎて既に乳酸が溜まっていたっていうことなのでしょうか?


29号線から千種方面に向かいました。

c0236857_1956533.jpg


波賀から千種へ抜ける道は、昔1度だけクルマで走ったことがあるはずなんですが、もう全然覚えていません。
29号線を左折して坂を登り始めて愕然としました。
かなりの急坂がずっーと上の方まで続いているのが見えたのです。

御丁寧に斜度9%なんて書いてありました。

これが9%か、かなりきついなーと思いながらできるだけ何も考えず、無の境地で登り続けていたら峠の頂上のトンネルに着きました。

トリガタワトンネルです。(変換ができない漢字です、写真を見てね)

c0236857_20174185.jpg


この峠を下ると、千種高校の所に出ました。
ここから千種川沿いにちくさ高原まで行ってみることにしました。

クルマでは何度も走ったことのある道ですが、ロードバイクで走るのは初めてです。


ところが、何度も何度もここから引き返してヒマワリを見に行こうか?と思うぐらいの急坂の連続でマイリマシタ(>_<)。

あ~しんどかった。

登り始めて間もなく、波賀で買った水が無くなってしまって、ボトルはカラ。
自販機ぐらいあるだろうと思っていたのですが、そんなもんは無い道でした(>_<)。

ちくさ高原まで登り切れば自販機やレストランがあるのは知っていたので、そこまで我慢するしかないと思ってインナーローでヒーヒー登っていたら、こんなのがありました。

c0236857_20502655.jpg


滝なんてないじゃないの?と思ってよく見たら奥にありました。

c0236857_20511879.jpg


見覚えのあるトンボがいました。

c0236857_20545957.jpg


ここで水をくんで、ちくさ高原までなんとか登ることができました。
今日は一日中むしむし暑かったので、かなり大量の水を飲みました。
飲んでも飲んでもすぐまた飲みたくなるんですよね。
自販機もない山の中の道を走る時は要注意ですね。

ちくさ高原に着いたぞー!

c0236857_2054868.jpg


登って来た道です。

c0236857_20543383.jpg


ちくさ高原スキー場です。
ここはスキー専用スキー場で、子供を連れて何度か滑りに来たことがあります。

c0236857_2056245.jpg


炭酸ドリンクを飲んでエネルギー補給。

c0236857_20573261.jpg


c0236857_2058362.jpg


十分休憩したら、あとは千種川に沿ってヒマワリ会場の東徳久まではず~っと下りです。
だけど、川下から強い向かい風が吹いていて、思ったほどスピードが出ませんでした。

道の駅ちくさのツチノコです。
今はどうか知りませんが、合併前の千種町ではツチノコを生け捕りしたら2億円、死骸でも何千万円だったかくれるってことだったんですよ。

c0236857_2135759.jpg



合併して佐用町になっちゃったけど、旧南光町では種まき時期をずらして、夏の間中どこかで満開のヒマワリが見られるようにしています。

現在満開なのは、東徳久の会場(田んぼ)でしたが、そこに行くまでに満開の場所がありました。

c0236857_2163857.jpg


c0236857_2164912.jpg


c0236857_217056.jpg


c0236857_2171365.jpg


ヒマワリって太陽に向かって咲くんじゃないんですね!
ぜーんぶ太陽に背を向けて咲いてるもんだから、順光の写真が撮れない!

東徳久の会場は満開にはちょっと早かったかな。

c0236857_21101024.jpg


c0236857_21102496.jpg


外国のヒマワリも咲いてました。

c0236857_21111237.jpg


c0236857_2111231.jpg


c0236857_21113676.jpg


c0236857_21114584.jpg


c0236857_21115797.jpg


c0236857_21121032.jpg


c0236857_21122065.jpg


ヒマワリを見た後は、千種川沿いに赤穂まで走って海沿いの250号線を帰るつもりでしたが、あまりに向かい風が強いので赤穂まで行くのはやめて2号線を東へ走りました。
ところが川沿いの道を離れてやっと向かい風から解放されたと思ったのに、今度は東からの向かい風がびゅうびゅう吹いていて疲れちゃった(>_<)。

いつ雨が降るかもしれないような予報だったので、雨が降ったら電車で帰ろうと思って輪行バッグを持っていたから、ちょっと甘えちゃって(^^ゞ、竜野駅から加古川駅まで電車で帰っちゃいました。

2号線はクルマが多くて道が狭くて排気ガス臭くて嫌いなんですよね。
気分が乗らない時は無理して走らなくてもいいかな。

今日の走行データ
走行距離:181.84km
走行時間:6h59m
平均時速:25.99km
最高時速:70.78km(自己新かも)
平均ケイデンス:88
平均心拍数:153
最高心拍数:175
消費カロリー:4079kcal
TOTAL ODO:9190km (since 2011 10 16)



佐用町にヒマワリを見に行ってみようと思った方、ポチっとしていただけたら嬉しいです。
家まで自走で帰らんかい!と思った方、ハイハイ次はそうしますからポチっとしていただけたら嬉しいです(^^ゞ。

にほんブログ村 自転車ブログへ

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

# by piyopiyodesu | 2012-07-15 21:44 | ロードバイク ロング | Comments(21)  

コギコギさんのアドバイス

 先日のコギコギさんとの高速トレインの後で、コギコギさんからあるアドバイスをもらいました。

ボクは心拍センサーを使いません。
何回かは使ったことがあるのですが、面倒なのと、締め付けられる感じがイヤなのと・・・・・

それからぁー、もうひとつわぁー、なんだか女の子になったみたいなイケナイことをしているようなヘンな気持ちになっちゃって、胸がときめいちゃうのが怖いの016.gif

病み付きになってぇ、レーパンの上にフリフリスカートなんてはくようになっちゃったら困るしー010.gif

そういうわけで(^^ゞ心拍センサーは滅多に使わなかったのですが、ボクの走りを間近で見ていたコギコギさんによれば、上りでは結構頑張っているけど、平坦路や下りでは、ある程度の巡航速度が出ていれば、それに満足してそれ以上のスピードで走ろうとしていないのではないか?
心拍数を参考にしながら走れば、もっと平均速度が上がるのではないか?

ということでした。

なるほど~。
う~ん。
流石に日頃から勉強熱心なコギコギさん、鋭い観察力をお持ちですねーと感心しました。

ボクのブログを読んでいただいたらお気付きかと思いますが、科学的に物事を分析したり、筋道を立てて理解するのが苦手です(^^ゞ。
オナラが出たとか、ゲが出たとか、パンツ丸見えとか(^^ゞ、そういう分野(それは分野かいっ!)は得意なんですけどねー(^^ゞ。

目から鱗でしたねー。

たしかにね、平坦路で時速35kmも出ていれば、そこそこしんどいこともあるし、長距離走るための余力を残しておかなければいけないと思うこともあって、そこからさらにもっと速く走ろうとは思わないで35kmに満足して走ることってあったと思います。

心拍数がわかっていれば、まだ余力があるのかないのかが、自分の感覚だけに頼らずに客観的に科学的に判断できますよね。

よく言われるAT値ってヤツですね。
それを超える心拍数で走っていたら、筋肉に乳酸が蓄積していってパワーダウンしてしまうし、それ以下であれば、乳酸を代謝しながら走ることができるので、パワーを維持できるんですよね。

(このことはもっと詳しく正しく書いている方が大勢いらっしゃるので、そちらを参考にしてくださいね)

よし、これからは心拍センサーを使ってみよう!

一般的にAT値は最大心拍数の80%と言われているので、まずはAT値算出の基準になる最大心拍数を知る必要があります。
昨日、雨が降りそうで降らなかったので、加古川河川敷を20kmほど走って準備運動してから、ゆるい登り坂を思い切りもがいて最大心拍数を計ってみました。

<河川敷にはこんな花がたくさん咲いていました>
c0236857_2058158.jpg


183でした。
年齢別の一般的な数値よりは高かったです。

こんな走り方することないので、ほんの数分で(最大心拍数で走ったのはもっと短くてたぶん20秒も維持できてないと思う)クタクタのヨレヨレになってしまいました(>_<)。

183x80%=146

ボクの理論上のAT値は146ということになります。

理論上の数値と、実際に自分の感覚としての数値の誤差というかズレを知るために、昼食と長い昼寝(^^ゞをはさんで休憩した後に、再び走ってみました。

そうめんを10束食べたら苦しすぎて、腹がこなれるのを待っていたら寝てしまい、走り始めるのが夕方になってしまいました(^^ゞ。

100kmを超えるような長距離を一人で走るときは、常に80%の出力で走るようにしていますということは、これまでにも度々ブログに書いてきましたが、それは、腹が減ったら食べて、喉が渇いたら飲んでさえいれば、1時間でも2時間でも維持が可能な最大出力という感覚です。

その感覚で走ってみた時の心拍数は150前後でした。

146だと物足りない感じで、155だとちょっときついかなという感じ。

コギコギさんとの高速トレインの時ぐらいの感覚で走ると160台後半でした。
これは最大心拍数の90%を超えているので、長くは続けられないトレインだったことがわかりますね。
95%の出力で走っていると感じた自分の感覚がほぼ正しかったようです。

自分で感じるAT値は理論上の数値より若干高く、150ぐらいかなぁと思います。

今後は、できる限り150を下回らないようなペースで走り続けることによって、今年中の達成目標であるアベレージ30kmに手が届くようになればいいな。

そうしているうちに、最大心拍数が上がってAT値もさらに上がって、アベレージもさらに上がる・・・・・ムフフフフ、来年中にはアベレージ35kmなんてことになっちゃったらどうしよう!
アワイチ5時間なんて余裕で切れるな(^^ゞ。




目標を定めて頑張ることは素晴らしいことです!と思った方、ポチっとしていただけたら嬉しいです。

目標が高すぎるんでないかい?獲らぬタヌキの皮算用~~と思った方もポチっとしていただけたら嬉しいです(^^ゞ。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

オマケです(^^ゞ。

先日の『片鉄ロマン街道ツーリング』の時に、ある実験をしてみました。
ヒッグス粒子発見に劣るとも勝らない世紀の実験です!

ボクは日焼けした後のヒリヒリがいやなので、ロードバイクに乗る時はアームカバーを常用しています。
黒いのと白いのと2種類持っています。
どちらもパールイズミ製で、UVカット効果があります。
黒い方はヤシの木だったか何かの炭の成分含有だそうで、外気温より5度低い体感温度を得られるというのがウリです。

さて、どっちの方がUVカット性能が高いのでしょうか!
気になりますよね?

黒い方が遮光効果は高そうですよね。
だけど、見た目は白い方が断然涼しそうだし、黒いのは熱を吸収して暑いような気がします。

左腕に白いアームガードを、右腕に黒いアームガードを装着して1日走ってみました。

c0236857_2153787.jpg


c0236857_2155197.jpg


腕には、左右ともにガムテープを貼って完全に遮光してあります。

c0236857_2192663.jpg


c0236857_2194043.jpg


白い方はオレンジ色のガムテープが透けて見えていたので、やっぱり黒い方が遮光効果が高そうなのは間違いなさそうに思います。

240kmを走り終えて、薄暗くなるころに帰宅しました。
いよいよ実験の結果を確かめる時がやってきました。
さあ、UVカット効果が高いのは白か?黒か?

じゃじゃじゃじゃ~ん!

c0236857_2112964.jpg


c0236857_21123363.jpg


う~む、何と申し上げたらいいのやら・・・・(^^ゞ。

ガムテープを剥がした痕はどちらもなんとなく白いような気がしますが、差は・・・・・・・・無いですね(>_<)。

翌日にはテープの痕は左右とも全く識別できなくなっており、白く見えたのは皮膚がフヤケテいただけだったという衝撃の事実が判明しました(^^ゞ。

<結論>
白も黒もどちらもかなり優れたUVカット効果を有する。
どっちでもお好きな方をぞうぞ・・・・ということですね。

体感温度にもほとんど差は感じられませんでした(^^ゞ。

8月のもっと日差しが強い日に再実験してみましょうか?

えっ、必要ない?

シツレーしました~(^^ゞ。

# by piyopiyodesu | 2012-07-13 13:50 | ロードバイク | Comments(6)  

会心の高速トレイン

 前回の続きです。

相坂峠の登りで10mの差ができてしまいました。

登りきって先に下り始めたコギコギさんが逃げていきます。
(逃げてるわけじゃないんですけどね(^^ゞ、同じ方向に走ってるだけなんですけど・・・・(^^ゞ)

弾丸のように下っていくコギコギさん。

イン側の膝を突き出す独特のフォームで、高速コーナーを走り抜けていきます。

青空号は下りが速いんだぞー!

すぐに追いついちゃうよーん(^^ゞ。

ところが、コギコギさんの方が先に下り始めたものだから(当然ですわなぁ)、差が縮まるどころか20mぐらいに開いてしまいました(ToT)。

うわっ、こりゃあかんがな!
(標準語で「これはいけませんね」という意味です(^^ゞ)

早く追いついてドラフティングの射程内に捉えないと、相坂峠まで前を走ってきたオレの方が先に脚にきてしまう。

下ハンドルの一番奥をがっちり掴んで、全身の筋肉を総動員して必死にコギコギさんを追いました。

そんなボクの気持ちを知ってか知らずか?後ろを振り返ることもなくガンガン下っていくコギコギさん。
待つ気配なんて微塵もありません。

グリグリグリグリグリグリグリグリグリグリーっ(ペダルを回すイメージです(^^ゞ)

急だった傾斜がゆるくなる頃、ようやくなんとか追いついた。
ふーやれやれ。

登りに続いて下りでもペダルを回し続けて、だいぶん脚を使ったな。
ちょっと後ろで休ませてもらおう。

傾斜がゆるくなって若干スピードは落ちたが、40km前後を保って走り続ける2台のロードバイク。
あー気持ちいい!
このままずっと走り続けていたい!(それはムリ)

ローソンの手前辺りで、右側から1台の軽自動車が我々の前に右折してきた。
強引な割り込みというわけではなかったが、念のためにちょっと減速。

わぁっ!
コギコギさんは軽自動車のドラフティングで加速していくではないか!
(偶然2台のスピードがシンクロして、結果的にドラフティングしたようになっただけです。念のため(^^ゞ)

折角追いついたのに、見る見る差が開いていく。

(クルマのドラフティングで走ることを、自転車用語で『タクシーに乗る』と言います)
(ウソです。ボクが勝手にそう言ってるだけです(^^ゞ)

コギちゃんずるい!(^^ゞ

く~っ、追いついたら7年殺ししてやる(爆)。

オレにもタクシー来い!
振り向くとちょうどいい具合にミニバンが来てます。
よっしゃー、乗るどー!

瞬間的にダンシングで加速。

乗ったか!?
あかん。
ダメだ。
速度差があり過ぎて乗れない。

(タクシーに乗る時は、クルマの真後ろにぴったりつくのは危ないので、イザという時にはかわせるように、少し車間をあけて左後ろにつくようにしています。タクシーの挙動と、タクシーの前の交通状況にも常に気をつかいます。それでも危ないので滅多にしませんけどね)

乗れなかったけど走行風に背中を押されてスピードアップ。
前を見ると、コギコギさんはタクシーから降ろされたようで(^^ゞ、また徐々に車間が詰まってきました。

よーしロックオン!
ドラフティングの射程内に入ると、ペダルがすーっと軽くなるのがはっきり判ります。

アスファルトや道端の草が流れるように後方へと飛び去って行きます。
この疾走感がたまりません

やがてコギコギさんのペースがじわっと落ちてきました。

しばらく休ませてもらったボクが、残り数kmを先頭で走ることにしました。
今日、ここまでで走った距離は190kmを超えています。

時速40kmオーバーを保ったままで道の駅まで走れるのか?
途中でバテてペースダウンを余儀なくされるのか?

そんなことは走ってみなければわからない。
道の駅から自宅までの40kmがフラフラヘロヘロになったっていいじゃないか。

この最高に気持ちいい高速トレインをもう少し続けたい
その一心で出力95%で走り続けました。

途中でバナナ風味のゲが喉元まで上がってきたけど、もったいないので飲みこんだ(^^ゞ。
関西ではゲロと言わず上品に『ゲ』と言います。(播磨地方だけかも)

コーナーを過ぎる度に、コギコギさんの影が右に左に移動しますが、もう追われているような気にはなりません。
もっといけ!もっと走れ!もっと回せ!と応援してくれているような気がしました。

タイトルが『トレイイン』になってますが、気にしないでください。
やり直しがきかないんです(^^ゞ。



出力95%を維持したまま、なんとか道の駅新宮に到着しました。
コンビニが近づいて、スローダウンのハンドサインを出した時の安堵感と達成感

コギコギさんの「はい」という返事にも同じものを感じました。

コンビニの前で汗びっしょりのコギコギさんと、互いの健闘を讃え合いました。

いやあ楽しかったですねー。
いつも一人で走っているから、こんなに頑張ることはないし、こんなに楽しいこともないです。

いやあ面白かった!
本当に面白かった。

コギコギさんはレッドブルを飲んで、ボクはアイスを食べて休憩しました。

そして、次の信号でお別れしました。

新宮から自宅までの40kmはヘロヘロなんだろうと思っていましたが、意外に元気でいつもと同じように平坦路なら30kmオーバーで走って帰ることができました。

こんなことならあの時もっとペースアップできたかも~(^^ゞ。

2人ともよく頑張りました~と思った方、ポチっとしていただけたら嬉しいです。

食べ物(バナナ)を粗末にしなかったのはエライ!と思った方もポチっとしていただけたら嬉しいです(^^ゞ。

にほんブログ村 自転車ブログへ

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

# by piyopiyodesu | 2012-07-11 14:11 | ロードバイク ロング | Comments(11)  

見栄張り男

 前回の続きです。
道の駅平福からはクルマで帰られるおねえさん、Hiroさんご夫妻とお別れして、コギコギさんとボクは帰路に着きました。
コギコギさんは相生へ、ボクは加古川へ。

朝と同じように、道の駅新宮まで一緒に走って、そこでお別れすることになったのです。

コギコギさんは今日一日ずっと先頭を走って、カルガモの雛達(^^ゞの道案内をしてくれたので、帰りはボクが前を走って休んでもらうことにしました。
いいとこあるでしょ?(^^ゞ。

「ゆっくり帰りましょう!」
と言って走り始めたのに、あんなことになってしまうなんて・・・・(^^ゞ。

平福から佐用坂峠までのゆるやかな下り基調の道を、いつもと同じように出力80%ぐらいで淡々と走ります。
時速はだいたい30~35kmほどだったでしょうか。

大き目のバナナ2本とたいやき1匹を食べて、炭酸ドリンク500mlを飲んだので補給は十分です。
あとは水さえあれば1時間でも2時間でも維持することが可能なペースです。

今思えば、佐用坂の上りが始まるまでは平和な時代でしたねー(^^ゞ。

アルコールが入ると変わる人って多いですが、自転車乗りには上り坂を見ると変わる人が多いように思います(^^ゞ。

ボクははっきり言って上り坂は嫌いです。
登らないことには目的地に着かないからしょうがないから登るだけで、避けて通れるものなら避けたいぐらいです。

佐用坂峠の登りにかかりました。
しんどいことは早く終わらせたい一心で、知らず知らずのうちにペースが上がります。
(この坂は登るにつれて斜度がきつくなるので、スピードは落ちていくんですけど、出力は増していきました)

5時をだいぶ過ぎて、背後から西日を浴びながら走ります。
2人の影が前方に伸びて、すぐ後ろを走っているコギコギさんの影がボクのすぐ横ぐらいにきています。

ボクは複数で走ることがほとんどないので、こういう状況は苦手です。
コギコギさんの影にせっつかれているような気持ちになるんです。
『ほらほらぴよぴよさん、もっと頑張らないと抜いちゃうよ~ん』
と言われているような気がしちゃうんです。

追い付かれると7年殺しされるような気がしてお尻がムズムズするんです(^^ゞ。
マタンキ!
(若い方は知らないよな~(^^ゞ)

決して回虫がいるわけではありません(>_<)。

もちろんコギコギさんはそんなこと言いませんし、7年殺しもしないでしょうが(^^ゞ、追われているような気がしてついついペダルを回す脚に力が入ってしまいます。

はぁはぁはぁはぁ・・・・。

必死に走っているのに、コギコギさんの影がすーっと並びかけてきます。
競争しているわけじゃないので、気にせず自分のペースで走ればいいのに、男って意地っ張りていうのか、見栄張りというのか、多少無理してでも頑張っちゃうんですよね。

はぁはぁはぁはぁぶぅ。
あまりに苦しくてオナラが出ます(^^ゞ。

アレレっ?
頂上手前でコギコギさんは遅れていきました。

油断してはイケマセン(^^ゞ。
あれはきっといつものように、得意の携帯電話でネタ用の写真を撮っていたのでしょう(^^ゞ。

下り始めて間もなく追い付いてきて、元気な声で
「お待たせしましたー。」
と言うではないですか!

遅れたのはやっぱりタヌキ寝入り?偽装工作?
油断なりません(^^ゞ。

佐用坂峠を下り切って徳久駅の前を左折。
短い平坦路を走るとまた峠です。

2人の中年男がはぁはぁぜぇぜぇ坂を上っていきます。

坂を下って旧三日月町へ。
三日月町内の179号線は曲者です。
三日月小学校の辺りまでは下りが続くのですが、その辺りから徐々に徐々に、走っていても気づかないぐらいに徐々に徐々に登りになっていきます。

自分では同じペースで走っているつもりなのに、なぜだか落ちていくスピード。
『いかんっ、疲れてきたのか?』

『なーんだぴよぴよさん、もう疲れてきたの?さっきまでの勢いはどこいったの?』
と言われているような気がして、無理して出力アップ。

このペースがいつまで続けられるだろう?
不安に思いながらもスローダウンできない悲しき男の性。

その時はっとした!
脚がヤバイ!
ペダリングする度に、左足のフクラハギがピクンピクンしている!

寝ている時に脚が攣って目が覚めることは時々ありますが、自転車に乗っている時に攣ったことはほとんど無いです。

これって、攣る前兆ちゃうか?
ここで得意の自問自答(^^ゞ。

この先に相坂峠があるのに攣ったらまずいやん!ペース落とすか?
攣ると決まったわけやないのに、ここで落とされへんやろ!
それにしても、思いますに、太腿じゃなくてフクラハギが攣るというのはペダリングが未熟な証拠だと思うんです。
過去の記事『ペダルは太ももで回すのだ』で書いたように、自転車の推進力を生みだすのは太腿の筋肉であって、フクラハギの筋肉ではないはず。
太腿と比べたら断然細いフクラハギの筋肉を酷使したら攣るに決まってます!

(この辺のことは、初心者のボクが勝手にそう思っているだけなので、これが正しいとは思わないでくださいね(^^ゞ)

太腿が攣るなら判るけど、フクラハギが攣るなんて、カッコ悪いことなんちゃうか?

こっそりアンクリングしてフクラハギの筋肉をほぐそうとしてみました。
意識を太腿に集中して、膝から下はできるだけ脱力して、太腿の上げ下げ上げ下げだけでペダルを回すようにイメージしてみました。

そうすると、やっぱりフクラハギに余計な力が入っていたんでしょうね。
全くピクンピクンしなくなりました。

よっしゃ!
これでいけるで!

相坂峠の登りにかかりました。

これが最後の登りだ!

はぁひぃはぁひぃ・・・。
頑張って走っているのに、コギコギさんの影がすーっと近づいてきて抜かれてしまいました。
ひどい(T_T)。

やられた!
(競争してるわけじゃないんですけどね(^^ゞ)

もう付いていくのがやっと(>_<)。
峠を登り切った時には10mぐらいの差ができてしまった!


時間がなくなったので、続きはまた書きますね。


ペダルは太腿で回すのは正しいよと思われた方、ポチっとしていただけたら嬉しいです。

フクラハギが攣るなんて初心者やでーと思われた方もポチっとしていただけたら嬉しいです。

今回は写真が無かったので、ちょっとカラフルにしてみました(^^ゞ。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ






 

# by piyopiyodesu | 2012-07-10 19:02 | ロードバイク ロング | Comments(10)  

片鉄ロマン街道を走ってきました!

 これは、2012年7月8日の出来事です。

超人気ブログ『自転車コギコギ日記』のコギコギさんに誘っていただいて、岡山県の人気サイクリングロード『片鉄ロマン街道』を走りに行ってきました。

片鉄ロマン街道については、ボクの下手な説明を読むよりこちらをご覧くださいね。

http://www.town.wake.okayama.jp/famous/detail_10.php

と、言いながらも簡単に説明しておきますとですね(^^ゞ、片上鉄道の廃線跡がサイクリングロードになってまして、かつての鉄道時代を思い起こさせるような、駅のホームやら駅名看板やら、信号機などが残されていて、鉄道に興味がない人でも「へ~」「ふ~ん」と頷きながら楽しく走れる道でした。
もちろんクルマやオートバイは走れませんので、安心して走れます。

コギコギさんとは、道の駅新宮で7時40分に待ち合わせ。
自宅を6時に出て、40km走って7時半頃に到着。
コギコギさんは既に到着されていました。

そこから2人でトレインを組んで(2人でもトレインって言うのかな?)、30km離れた次の待ち合わせ場所である、佐用町の道の駅平福を目指しました。

ロードバイクに乗り始める前は、自転車で佐用町まで行くなんて考えても思ってもみなかったけど、今ではそんなの日常茶飯事。

それどころか、佐用町が目的地ではなくて、集合発着地点なんですからね。
佐用町まで片道70km走って、そこから100km走って、再び70km走って帰宅するんですから、人間変われば変わるものですね(^^ゞ。

道の駅平福です。

c0236857_8274333.jpg


ここで、はるばる島根県から通って(^^ゞ来られるおねえさん(自称おばさん)と、大阪から来られたHiroさんご夫妻と合流。
Hiroさんご夫妻とは初対面でした。
若くてかわいい奥さん、エエですなぁ(^^ゞ。
ウラヤマシイですなぁ(^^ゞ。

さて、スイカを買って帰りたかったけど、さすがに無理(^^ゞ。
戻ってきてから1/4切り300円の切り売りスイカをよっぽど食べようかと思ったのですが、大きすぎてかじりにくそうだったので、4本250円のバナナにしたのが今もちょっと心残りです(^^ゞ。

スイカの方がブログ受けしてたのになぁ(^^ゞ。

c0236857_8275890.jpg


まずは、国道373号線を南へ走ってJR姫新線の上月駅へ向かいました。
写真の道は、高校生の時にブリジストンのロードマンというドロップハンドルの自転車で毎日通った懐かしい道です。
当時は土曜休みじゃなかったから、週に6日通ってたんですねー。

青い空、白い雲、緑の山々!
まだ梅雨は終わってないけど、あ~夏がきたなぁ!って気がします。
新緑の黄緑色の山々も好きだけど、濃い緑色の山々も力強い感じがして好きです。

雲のお陰で日差しはあまり強くなく、気温もやや低めでとても気持ち良く走ることができましたよ。

c0236857_8281376.jpg


これから走る山中のコースには、コンビニなんて無いし、自動販売機ですらなかなか無いらしいので、各自背中のポケットに補給食を入れて来ています。
ドリンク用のボトルが2本あった方がいいでしょうとコギコギさんから聞いていたので、初めてのダブルボトルです。
ツール缶に入れていた予備のチューブラータイヤはサドルバッグに押し込んでます。

上月駅の自販機でダブルボトルを満たして、入りきらなかった分は飲み干していざ出発です。

373号線から分かれて、国道179号線へ。
兵庫ー岡山の県境を越えたら179号線とも分かれて知らない道へ。
後から地図を見ても、どこをどう走ったのか判らないような道でした。
美作市、和気町、備前市、佐用町の山中を、岡山国際サーキットを大きく囲むようにぐるーっと1周したのですが、まあとにかく行けども行けども似たような景色で、一人だと楽しいと言うより不安になるだろうなっていう道でした(^^ゞ。

女性二人はそのまま銀行強盗できそうないでたちです(^^ゞ。

c0236857_8282727.jpg


こんな狭い道も所々ありましたが、ほとんどクルマが走ってないので、下りでスピードを出しすぎなければ大丈夫。
コギコギさんを先頭にカルガモ一家のように行進。

c0236857_8284642.jpg


大雨の後だったので、土や山の石が流れ出ている所があって要注意でした。
山の石は尖っているので、踏んでしまうとパンクするかもしれません。
先頭のコギコギさんがハンドサインで知らせてくれるし、危険な場所の前では減速するように合図してくれるので、適度に車間距離をとっていれば、カルガモの雛達は安全に走ることができました(^^ゞ。

c0236857_829241.jpg






岡山国際サーキットのすぐ近くにある満開アゼリア館で焼きそばやおにぎりを食べて休憩。

c0236857_829127.jpg


c0236857_8292468.jpg


c0236857_829343.jpg




山から抜け出して(^^ゞ、吉井川沿いの国道374号線に出ました。
片鉄ロマン街道は、ほぼ吉井川に沿って走っています。
あ~、この道かぁ。
岡山に住んでいた時に、用があって和気町には何度か行ったことがあって、374号線も走ったことがあります。
道路沿いに走る鉄道を見たような記憶があるなぁ。

片鉄ロマン街道が山沿いを通っている場所では、雨による土砂崩れのために通行止めになっていました。
正面の道がロマン街道で、右が374号線。

c0236857_830314.jpg


残念でしたが、山沿いから離れた場所は走ることができて、往時の面影を残したサイクリングロードを楽しめましたよ。

c0236857_830159.jpg




ホームと駅名看板。

c0236857_830295.jpg


全天候型のグラウンド、和気ドームでトイレを借りて休憩していたら、ロードバイクの集団がやってきました。
やっぱり人気のあるサイクリングコースなんですね。

和気鵜飼谷温泉の所で片鉄ロマン街道と別れて佐用町方面に向かいました。

帰りも全くコギコギさん任せで、付いていくだけのお気楽サイクリング(^^ゞ。
こんな木陰のベンチで休憩。
2個持って来てた業務スーパーの39円のどらヤキ230kカロリーを食べました。
単価当たりのカロリー数としてはかなりのコストパフォーマンスです(^^ゞ。

c0236857_8304241.jpg




パラダイスを発見!

c0236857_8305567.jpg


約100km走って道の駅平福へ戻ってきました。

全部食べるつもりでバナナを4本買ったけど、2本でお腹いっぱいになったので、2本はコギコギさんに食べてもらいました。
バナナの写真を撮り忘れたので、写真のために道の駅の向かいにあるお店でタイヤキを買いました(^^ゞ。

c0236857_831739.jpg


c0236857_8312364.jpg


お疲れ様でしたー。
楽しかったですね。
また誘ってくださいねー。

c0236857_8314186.jpg


240kmほど走りました。



わぁ、楽しそうだなぁ!いいお天気で気持ち良さそうな道で良かったね!と思った方、ポチっとしていただけたら嬉しいです。

そう思わない方もたまにはポチっとしていただけたら嬉しいです(^^ゞ。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

# by piyopiyodesu | 2012-07-09 08:32 | ロードバイク集団走行 | Comments(8)  

片鉄ロマン街道 まずは動画

 超人気ブログ『自転車コギコギ日記』のコギコギさんに誘っていただいて、兵庫県佐用町の道の駅平福を発着点にして、岡山県の片鉄ロマン街道を走りに行ってきました。
メンバーは、HIROさん御夫妻、おねえさん、コギコギさんとボクの5名です。

詳しいことは後日書くことにして、まずは動画を載せましたので見てみてくださいね!

初めの3本の動画は、片鉄ロマン街道に向かっている途中です。







これは、片鉄ロマン街道を走行中です。



これは、片鉄ロマン街道を後にして、岡山県和気町から佐用町方面へ帰る途中です。



これは、見ればわかります(^^ゞ。



車載動画もなかなかいいね!と思った方、ポチっとしていただけたら嬉しいです。

女性サイクリストの尻ばかり撮ってるなコイツ!エロオヤヂか!?と思われた方、ボクの趣味にケチつけないでポチっとしていただけたら嬉しいです(^^ゞ。

にほんブログ村 自転車ブログへ

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

# by piyopiyodesu | 2012-07-09 00:10 | ロードバイク集団走行 | Comments(14)  

結局シグマ

 先日、サイクルコンピュータのケイデンスセンサーの、電池蓋を失くしてしまったことを書きました。

それ以来、当然ながらケイデンスが表示されなくなってしまったので、新しいサイコンを物色していました。

いろいろ考えた末、安いこと、安い割に機能が十分であること、コンパクトで電池が長持ちすること、使い慣れていること等の条件を満たすということで、結局今まで使っていたのと同じシグマの1909STSを買いました。

本体用の電池は2個、ケイデンスセンサー用の電池も1個買ってあるので、使わないともったいないですからね(^^ゞ。

c0236857_7454579.jpg


c0236857_746141.jpg


一昨日、加古川河川敷を走った時は、古いサイコンが不調で走っている時間の半分以上速度表示が0でした。
速度を感知していなければ距離も計測できません。

何度も停車してフロントフォークに付けたセンサーの角度を変えたり、スポークに付けた磁石の位置を修正したりしてみたのですが、ちょっとの間だけ表示してもすぐに0表示になってしまいました。

1年もたずに壊れたか?

丁度河川敷から帰宅したところに新しいサイコンが届いたので、早速古いのと交換しました。

本体にはTOTAL ODOの記録が残っているので、本体は古い方を今後も使えるだけ使うことにして、速度センサーとケイデンスセンサーを新品にとり換えました。

これでストレスなく走りに集中できそうです。

めでたしめでたし(^^ゞ。

使い慣れた新しいサイコンを買ってよかったね!と思った方、ポチっとしていただけたら嬉しいです。

同じサイコン買うなんてつまらねぇぜ!と思った方、ボクもそう思います(^^ゞ。
ポチっとしていただけた嬉しいです(^^ゞ。

にほんブログ村 自転車ブログへ

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

# by piyopiyodesu | 2012-07-07 08:12 | ロードバイク | Comments(4)  

加古川河川敷マラソンコース

 今日も雨、この前の日曜日も雨(>_<)。
ロードバイクに乗れないよー((+_+))。
昨日は晴れていたのになぁ。

仕事の日はいくら降ってもいいから、ボクが休みの日は降らないでほしいなぁ(^^ゞ。

今朝、雨が降り始める前にちょっとだけ走ってきました。
ちょうど通勤ラッシュの時間帯で、どの道もクルマがたくさん走っていて危ないので、近くにある加古川河川敷のマラソンコースに走りに行きました。

ここなら、雨が降ってきてもすぐに帰れますからね。

常設のフルマラソンコースで、もちろん信号も交差点もないし、歩行者と自転車しか通行できないし、かなり広いので、ロードバイクで速く走っても前をちゃんと見てさえいれば安全です。

単調過ぎて面白くないけど、平坦路のタイムトライアルコースとして、あるいはロードバイク初心者の練習コースとして使えますね。

車載動画撮影用に新しくソニーのデジカメを買ってみました。
振動に強く、なかなか綺麗な動画が撮れて嬉しいのら(^^ゞ。

フジ、カシオ、リコーといろいろ使ってみたけど、これまでで一番イイネ!



なかなか綺麗な動画が撮れてますね!と思った方、ポチっとしていただけたら嬉しいです。

もっとオモロイ動画はないんか!と思った方も、そのうちオモロイ動画を撮ってきますので、ポチっとしていただけたら嬉しいです(^^ゞ。

にほんブログ村 自転車ブログへ

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

# by piyopiyodesu | 2012-07-05 14:01 | ロードバイク | Comments(5)  

フィジーク アリオネ

 昨日、サイクル オン ディマンドさんで、待望のサドルとシートポストを交換しました。

(この写真は今日撮ったものです)
c0236857_2103889.jpg


c0236857_23221118.jpg


フィジークのアリオネです。

c0236857_2114440.jpg


後ろに若干長いのが特徴です。
乗ってみるまでは、僅かに長くなったぐらいで違いがあるのかな?と半信半疑でしたが、実際に乗ってみたら少し後ろに長いだけで見た目以上に後ろに乗ることができて、ポジション選択の幅がすごく広がったように感じました。
なかなかいい感じです。

本体、レール、取り付けクランプはカーボンです。

c0236857_237427.jpg


c0236857_23215342.jpg


c0236857_23225668.jpg


サイクル オン ディマンドさんでしばらくお借りしていたアリオネと同じ形のサドルは、境港までの往復504kmを走っても全くお尻が痛くならなかったのですが、アリオネはそれよりはちょっとクッションが薄いようですね。
少し硬く感じます。

お借りしていたサドルのような尻にぴったり吸い付くような感じはないけど、徐々にボクの尻になじんでくるでしょう。

アリオネは168gです。

c0236857_2314886.jpg


青空号標準装備のモストのサドルは249gだったので、81gの軽量化です。

c0236857_2325044.jpg


シートポストは、ハンドルとおそろいのイーストンにしました。
EC90、191gです。

c0236857_2354713.jpg


長すぎる部分を切ったので、さらに50g軽くすることができました。

c0236857_2363868.jpg


モストのシートポストは短く切っても231gあったので、90gの軽量化です。
合わせて171gの軽量化に成功しました!

青空号の重量を量ってもらいました。
ペダル、ボトルケージ2個付きで7.65kgでした。

c0236857_23112543.jpg


もっともっと軽いバイクがあるのは知っていますが、青空号はまあこれぐらいでいいかな。


今日は、新しいサドルを試したくて、雨が上がった隙を狙って45km走ってきました。

帰宅して汚れた青空号を洗車したら、綺麗になったのはいいけどホイールに水が入ってしまって、回すとチャプンチャプン音がするではないですか!

c0236857_23241289.jpg


わー、えらいことに(たいへんなことに)なった!
どうしよう!

たしか、水抜きの穴があったはずと思って探したら、あったあったありました!
リアホイールの水抜き穴。

c0236857_23154029.jpg


穴を下にしたら水がチョロチョロ出てきました。

c0236857_2316387.jpg


だけど、完全には抜けきらないんです。
回すとまだチョロチョロ音がする。

不安になってサイクル オン ディマンドの店長さんに電話で相談したら、そのうち抜けるから気にしないでいいし、タイヤを外したりする必要はないということで安心しました。

初心者なもので、びっくりしちゃいましたよ~(^^ゞ。

でも、あの水はどこから入ったのかな。
水抜き穴はとても小さくて、水をチョロチョロかけたぐらいではたいした量は入らないと思うので、バルブ穴かな?
バルブ穴もバルブでキチキチなので、そんなに水が入るように思えないんだけどなぁ。
スポークの根元にも穴が開いているのだろうか?

またまたカッコ良くなった青空号。
サドルだけ純白ピカピカなのはちょっと恥ずかしい感じがするので、早くボクの尻汁で適度に汚さねば!

c0236857_23234889.jpg


軽くなってよかったね!と思ってくださった方、ポチっとしていただけたら嬉しいです。

まーだまだっ、オレのバイクはもっと軽いど~という方もポチっとしていただけたら嬉しいです。

にほんブログ村 自転車ブログへ

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

# by piyopiyodesu | 2012-07-01 23:41 | ロードバイク | Comments(5)  

11-25Tで走ってみた

 今日は朝から特定健診を受けてきました。

若い方はご存知ないかもしれませんが、40歳を過ぎると1年に1度、無料で健康診断を受けることができるんですね。
通称メタボ健診っていうヤツです。

幸いボクはメタボには縁のない体型をなんとか維持していますが、無料ですから受けてきました。
40歳になる前から、1年に1度はだいたい誕生日のあたりに簡単な人間ドックは受けているんですよ。

せっかくですから、有料オプションの肺癌、胃癌、大腸癌の検査も受けました

話はちょっとそれますが、2年前だったかに脳ドックも受けました。
2,3ヵ月先の予約をとって受診日を待っている間に、巨人の木村コーチが試合前のノック中にクモ膜下出血で亡くなって、その後予約が殺到してとりにくくなったと聞いたことがあります。

くも膜下出血の原因になる脳動脈瘤というのは、若くても有る人にはあるし、年配でも無い人にはないそうです。
有るか無いかは脳ドックを受診しなければ判りません。
無いことがわかれば、5~10年は安心していいそうです。
ボクは間をとって7年ぐらいの間隔でまた受診しようと思っています。

無ければ安心できるし、有ればカテーテル治療で頭を切らずに早期治療が可能なこともあります。
ロ-ドバイクを楽しめるのも健康あってのことですから、費用は安くはありませんが(4~5万円ぐらい)、受診されることをお勧めします。

健診で一番イヤなのが、胃癌健診です。
バリウムを飲むだけならまだ我慢できますが、バリウムの前に飲む発泡剤が苦手なんです。

発泡剤を少量の液体で飲みこむと、胃の中で発砲して胃が膨らむのがわかります。
「ゲップは我慢してください。」
と言われるのですが、食べ過ぎ飲み過ぎの後みたいに胃が苦しくてゲップして早く楽になりたいんです。
バレナイようにこっそりゲップなんかしたらダメですよ!
胃の膨らみが足らないから発泡剤をもう一度飲まされます。
前回も今回も発泡剤を2度飲みました(>_<)。

だって、ゲップしないように我慢してても出ちゃうんだもんなー。

身長と体重も計りました。
一番高かった頃と比べると、3cmぐらい縮んでいます。ジジィ化!
BMI指数は21.4でした。
BMI指数が22だと最も病気になりにくいそうです。
健康健康!


11時前には帰宅できました。
天気予報が外れて雨も降っていません。

すぐにでもロードバイクで出かけたいところですが、バリウムを飲んだ後で下剤を飲んだので、バリちゃんが出るまでは迂闊にトイレから離れられません。

突然お腹がムズムズっときて第一便(ベンと読まずにビンと読んでください(^^ゞ)。
しばらくして第二便。

これで安心してはいけません。
過去の経験から言うと、バリちゃんが全部出て行くには夜までかかります。

第三便は無さそうだったので昼食を食べて昼過ぎに自宅を出ました。
いつバリちゃんが出てもいいように、コンビニが多い幹線道路沿いに走ることにしました。

11-25Tのリアカセットを試してみたかったので走り慣れた250号線経由で赤穂岬に行くことにしました。

新しいパーツの効果を試すには、走り慣れた道が一番ですよね。

走り始めてみたら、リアカセットからチャリチャリカリカリ音がするので、青空号を買った高砂のインフィニティに寄ってみてもらいました。

調整してくれた店員さんが言うには、11-28Tから11-25Tに換えるぐらいなら、普通は調整はいらないそうです。
青空号は買った頃から変速がしぶいんです。

フレームによってはコンポの性能を100%発揮できないことがあるそうです。
ワイヤーがフレームの中を通ると問題が起きやすいらしいです。

青空号ピナレロ クワトロはフレームの中をワイヤーが通るので、コンポの性能を発揮しにくいフレームだそうで、メーカーもそれが判っているので、メーカーからは滑りのいいコーティングワイヤーを使うようにお達しが出ているそうです。

そういうことは青空号を買う前に説明してもらわないと困りますがな。
今頃言われてもねー。
まあ、無料で調整してくれたので我慢するけど、買う前にその説明を受けていたら、違うバイクを買ったかも。

「ボクのバイクはコンポの性能を何%ぐらい引き出してますか?」
と聞いてみたら、
「75%ですかねー。」
だって(>_<)。

正直の前に「バカ」が付くでー(>_<)。
85%ぐらいですかねーって言っておけばいいものを!
首締めるどー(^^ゞ。
まあ、かえって信頼できる言葉と受け取ることもできますけどね。
ちょっとショックじゃ~(^^ゞ。

ボクは非常に執念深いですが(^^ゞ、あまり細かいことは気にしない大雑把な性格なので、75%でも気にしないで乗っていられるけど、神経質な人や、コンポの調子がすこぶるいいバイクと複数所有している人なら我慢できないかもしれませんね。
だって、しょっちゅうリアのギアからチャリチャリシャリシャリコリコリカリカリ音がするし、変速レバーを操作しても変速しないこともあるし、神経質な人だと病気になりそうですもん!

クワトロを買った人のコンポの調子が悪くてメーカーに送ったという話も聞きました。
きっと神経質なオーナーだったのでしょう(^^ゞ。

これまで通り、あまり細かいことは気にしないで乗り続けていこうと思います(^^ゞ。

1万km走ったらオーバーホールついでにDi2化しようと思っているので、もうちょっとの我慢なのだ!

さて、コンビニで何度かバリちゃんを出しながら(^^ゞ、海沿いにアップダウンを伴ったワインディングが続く播磨シーサイドロード(別名七曲り)に着きました。

冬の間は日当たりが良くて暖かいこのコースを何度も走りましたが、ホイールをBORA2に換えてからは初めて走ります。

記憶に残っている前回よりも、かなり速く走ることができました。

そして、11-25Tの性能を試すべく激坂を登って万葉の岬にも行ってみました。

万葉の岬の最高地点です。

c0236857_223108.jpg


明石海峡大橋も見えるらしい。

c0236857_2231367.jpg


よ~く見ると、橋の主塔が見えました。

c0236857_22321167.jpg


BORA2の性能と走力アップの効果なのでしょう、前回はかなりきつく感じた激坂をスイスイとはいかないまでも、かなりいいペースで登ることができました。

11-25Tは、1速から10速までケイデンスの変化量が少なくとても走りやすかったです。
前回11-28Tで登った時はインナーローでやっとこさ登ったような記憶があるのですが、今日はローから2番目の23Tでも登れるぐらいでした。

フフフフフっ、伊達に脚が太くなってはないな(^^ゞ。

相生のペーロン(白龍)道の駅にて。
ここまでの60kmをアベレージ30kmで走ってました!
ちょっと追い風だったんですけどね(^^ゞ。

c0236857_22275265.jpg


高取峠も難なく過ぎて、坂越から赤穂岬への海沿いの道も自分でもびっくりするぐらいのいいペースで走ることができました。

大石殿にも挨拶してきました。

c0236857_22341541.jpg


c0236857_22343518.jpg


帰りは向かい風でしんどかったなぁ。
帰りのコンビニでも何度かバリちゃんが出て行きました(^^ゞ。

御津の道の駅にて。

c0236857_22364631.jpg


今日の走行データ
走行距離:138.56km
平均時速:27.17km
平均ケイデンス:86


ここから先はバカバカしいので読まなくていいです。




















だから、読まなくていいですって。
読むなら自己責任でお願いします(^^ゞ。

先日、サイコンのバッテリーが無くなりかけて、新しいバッテリーに交換してもまだバッテリーが少ないという表示が出るということを書きました。

ハズレの電池だったのかなぁと思って、今日また電池を換えてみたんです。
やっぱりバッテリーが少ないと表示が出ました((+_+))。

これは故障だなぁと思いながらよく見ていたら、バッテリーLOWという表示とCAD TRANS.という表示が交互に出てます。

キャド?
キャドって何や?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

キャドじゃなくってケイデンスちゃうの?
ケイデンストランスミッターのことやがな!

ケイデンスセンサーの電池が無くなりかかってるんやがな!
サイコン本体の電池を換えても直らないわけだー(^^ゞ。

帰りにジョーシン電気で電池を買いました。
ケイデンスセンサーを外して電池蓋を開けて電池の型式を確認。
電池を買ってこれにて一件落着~のはずが、電池蓋が見当たらない!

ポケットの中も財布代わりのジプロックの中も探したけど見つからない。
店内の歩いた所を2度3度と歩いて探したけど見つからない。
展示品や商品棚の下まで覗きこんで探したけど見つからない。

不思議だ~。
あんなに探して見つからないなんて。

電池は買ったけど蓋がなければケイデンスセンサーは使えません。

まあ、ケイデンスが表示されなくても走れますけど。
だいたい+-5ぐらいの範囲内なら今どれぐらいのケイデンスで走っているかはわかると思っています。

あ~あ、新しいサイコンを買えっていうことかなぁ。



ねっ、バカバカしかったでしょ!?

こんなボクに同情してくださる方、ポチっとしていただけたら嬉しいです。

アホやーアホやーと思った方も、読んだ以上はポチっとしていただけたら嬉しいです(^^ゞ。

にほんブログ村 自転車ブログへ

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

# by piyopiyodesu | 2012-06-28 23:13 | ロードバイク ロング | Comments(6)