実り多い一日

これは2012年3月20日(春分の日)の出来事です。

この日、早起きしてバイクで行こうと思っていた所があったのですが、起きられずemoticon-0107-sweating.gif
目を覚ましてはいたのですが、気温がかなり低い予報だったので、県北の峠は凍結しているかもしれないと思ったら躊躇してしまい、目覚まし時計のスヌース機能で5分ごとにベルを止めながら、布団の中でウトウトしてしまいました。

行く先を変更することにして、ゆっくり起きて8時前に家を出て毎度の赤穂へ向かいました。

気温は低めだけど日差しはすっかり春。

たつの市御津町の道の駅みつ。

c0236857_749676.jpg


国道250号線のシーサイドロードを走っていました。
この坂を登りきったら、たつの市から相生市に入るという所で、
「こんにちはー。」
の声とともに2人組のロードバイクが抜いて行きました。

こういう場合、自分に余裕があれば、
「付いて行ってもいいですか?」
と声を掛けて追っかけることがよくあります。

一人で走ることがほとんどのボクにとって、誰かの後ろに付いて自分以外のペースで走ることはすごくトレーニングになると思うし、お話することができれば、そこから仲間の輪が広がる可能性だってあるからです。

速過ぎて付いていけなくなったら、
「ありがとう!」
と声を掛けてペースダウンすればいいだけですからね。

たいてい「いいよ!」と言ってくれます。

ちょっと頑張ってなんとか追い付いた。
2人は間もなく万葉の岬方面に向かった。
この道は一度だけ走ったことがあるが、かなーりきつい登り。
わぁ、エライ(たいへんな)とこに行くなぁと思ったけど、頑張って付いていこうとしてみました(してみただけね)。

みるみる離されてしまった。
後ろから追い付いてきた2人の連れらしき3、4人にもあっと言う間に抜かれて離されてしまった。
彼らの後ろを一台のカブが見守るようにして登っていった。
どこかのチームか?

しんどかったけど、オヤジ(ボクのことですよ(^^ゞ)は手を抜かずに登りきった。

頂上で聞いたら、姫路にある某高校の自転車部員と先生(カブの人ね)だった。
道理で速いわけだ。

オヤジはヘトヘトになってしまって、しばらく走る気にならず、写真を撮ってしばし休憩。
万葉の岬からの景色。

c0236857_822045.jpg


c0236857_823735.jpg


万葉の岬からの怖いぐらいの下り坂をゆっくり下りて、250号線に戻ったら、200mぐらい前を1台のロードバイクが走っていました。
この日は祝日で天気が良かったので、たくさんのロードバイクとすれ違いました。

普通に走っていたら彼(Sさん)に追い付いてしまった。
彼は軽く流していたようだ。
ドラフティングにならない程度に数m後ろを走っていたら、信号待ちでボクに気付いたSさんから話しかけてくれて、途中まで一緒に走ることになった。

特別速いというわけではないが、何気なく速い。
平地ではドラフティング効果で無理なく付いていけるが、登りになると差が開き気味になる。
登りではスピードが落ちるからドラフティング効果がほとんど無くなるのと、脚力の差がモロに出るのだろうと思う。

車が多くて危険な高取峠を避けて、相生産業高校前から坂越に向かう交通量の少ない道に入った。
シッティングのままリズミカルにスイスイ登っていくSさんから離れないために、時々ダンシングを交えながら頑張る。
この時のペースはボクにとっては出力85%ぐらい。

付いていくだけでは申し訳ないと思い、平地になったところで「遅いけど代わります。」と言って前に出た。
ちょっと無理して時速30~35kmで走った。

赤穂岬に向かう登りに入った。
ボクのペースでは遅すぎたのでしょう(^^ゞ、Sさんがスイーっと前に出た。
必死に付いていった。
シッティングのまま走り続けるSさん。
ゼーゼーハァハァヒーヒーフーフー、ダンシングを交えながら激しい呼吸でなんとか付いて行く。
こんな激しい呼吸の音を聞かれたら恥ずかしい・・・なんて構っていられない。
せめて赤穂岬までだけは何とか付いていこうと、一人で走っていたら絶対こんなに頑張らないだろうっていうペースで走り続けた。
この時の出力は90~95%ぐらい。
こんなペースは長くてもあと10分続けられるかどうか・・・というペースです。

ボク一人なら赤穂岬で休憩するつもりだったけど、走り続けるSさん。
どこまで行くんじゃ?
と思ったら、岬からの坂を下って平地に戻った所のコンビニで休憩してくれた。
鹿久居荘の横のコンビニです(むっちゃローカル!)

いろいろ話をしました。
去年の7月にバイクを始めた38歳の姫路の方で、ボクが青空号を買ったショップ(インフィニティ)のチームの人達ともよく一緒に走っているらしい。
チームの中では一番遅いそうだemoticon-0141-whew.gif
彼は70%ぐらいの力で走っていたそうだemoticon-0104-surprised.gif

一人で走っていると、頑張っているつもりでもしんどくなったらペースを落としちゃうし、なかなか限界近くまで追い込むってことは難しい。
ボクはロードバイクに関しては競技志向はあまりなくて、ロングライドを楽しむというのが一番なんですけど、
遅いより速い方がもちろんいいし、できればそこそこ速くなりたいですもんね。

こんな風に速い人になんとか付いて行こうと頑張るトレーニングも必要だなと感じましたね。

さて、250号線を西へ100km走って引き返すつもりでしたが、これですっかりクタクタになってしまったので、赤穂駅で引き返しました。

これは赤穂城。
姫路城みたいな天守閣はありません。

c0236857_8191755.jpg


c0236857_8193329.jpg


JR播州赤穂駅近くにあったからくり時計。
ちょっとおもちゃチックですね。
忠臣蔵を説明するナレーションも流れます。
赤穂城までは何度も来てますが、赤穂駅に来るのは初めてでした。

c0236857_8194966.jpg


c0236857_820463.jpg


駅前には、花時計と大石内蔵助の像がありました。

c0236857_8202569.jpg


c0236857_8204067.jpg


赤穂岬にも内蔵助の巨大な銅像があります。

c0236857_8205872.jpg


c0236857_8211230.jpg


相生ペーロン(白龍)城の道の駅まで戻ってきて、いつも立ち寄る讃岐うどんの店で、いつもと同じネギ大盛りうどんを食べました。
おろししょうゆうどんの大なんですけど、大と言ってもあまり大じゃなくて、うどん好きのボクには足りないんですね。
幸い、ネギと天カスは入れ放題なので、いつもこんな感じで勝手にネギ大盛りうどんにして食べてます(^^ゞ。
麺を食べた後、美味しいダシしょうゆを吸った天カスとネギをボリボリ食べるのが好きなんですわーemoticon-0140-rofl.gif

c0236857_8212515.jpg


室津漁港でタダの焼き牡蠣を食べて帰りました。
日曜祝日(土曜日はどうだろ?)になると、5軒の牡蠣のお店で、一人一個、焼き牡蠣を試食させてくれるんです。

前回ここに来た時は、5軒ある牡蠣の店で5個の牡蠣を食べたのですが、この日は3軒しか食べられなかった。
2軒は試食をやってませんでした。
さぼったらあかんがな~(^^ゞ。
朝夕2回食べてやろうと思って朝も寄ったのですが、早かったのでまだ焼いてませんでした(^^ゞ。
強欲!!

c0236857_8214464.jpg


c0236857_822089.jpg


c0236857_8221690.jpg


c0236857_8223795.jpg


一個目の牡蠣。

c0236857_822582.jpg


二個目の牡蠣。

c0236857_8231687.jpg


以下同文(^^ゞ。

c0236857_8233761.jpg


丸々太ったイワシも売ってましたよ。

c0236857_8235161.jpg


c0236857_8384590.jpg


実り多い一日でしたemoticon-0136-giggle.gif

この日の走行データ。
走行距離:153.86km
平均時速:24.89km
行きは26kmを超えていたが、帰りは失速。
最高時速:57.01km
平均ケイデンス:88

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

# by piyopiyodesu | 2012-03-23 08:39 | ロードバイク ロング | Comments(8)  

大山から見た日本海の夕焼け

 これは2010年6月16~17日の出来事です。

最近は新しい話題が続いていたのに、逆戻りしてまたまた古い出来事ですみません。
鳥取県にあって、中国山地の最高峰、大山(だいせん)には何度も登っているのですが、この時が初めてで、しかも単独で、さらに山頂の避難小屋でたった一人で一夜を明かしたので、すごく思い出深い登山だったんです。
梅雨の合間の晴天に恵まれて、綺麗な写真が撮れたので、ぜひ見てもらおうと思いまして。

米子道の蒜山SAから見た大山です。
山頂は雲に隠れてよく見えませんが、中央から左が大山の南壁で、右端が烏ヶ山(カラスガセン)です。
同じぐらいの高さに見えますが、それは烏ヶ山の方が近くにあるからで、大山の方が200mぐらい高いんです。
大山はいくつかあるピークの集合体の名前なんです。

c0236857_1331573.jpg


米子道の溝口ICで降りて、大山登山道に向かいました。

c0236857_13352971.jpg


大山にはいくつか登山コースがありますが、最もポピュラーで登りやすいのが夏山登山道というコースです。
6合目まではブナの樹林帯の中を歩くので、冬なら風を遮ってくれて歩きやすいのですが、夏は蒸し暑くて蒸し暑くてタイヘンです。
汗をダラダラかくので、しっかり水分補給する必要があります。

c0236857_13484887.jpg


この写真のように階段状になっている所が多く、しかもその1段1段が高いので、結構疲れます。

6合目まで登ると高い木がなくなるので、日本海や、島根半島、弓ヶ浜がよく見えるようになります。

c0236857_13563748.jpg


山頂も見えてきます。
見えているのは大山の北壁ですね。

c0236857_1356589.jpg


青空に飛行機雲が2本。

c0236857_13574381.jpg


8合目ぐらいで、高山植物のイワカガミが群生していました。
まるで折り紙細工みたいなカワイイ花でしょ?
山で見かける花の中では一番好きな花なんです。

c0236857_14304541.jpg


c0236857_140995.jpg


c0236857_1403044.jpg


単独行だし、今夜は山頂の避難小屋に泊まる予定なので、時間を気にせず、気が済むまで写真を撮りながらゆっくり登りました。

8合目から上は、登山道と植物保護のために作られた、こんな木道の上を歩きます。
木道の周りを覆い尽くすように群生しているのは、ダイセンキャラボクという植物で、天然記念物かなんかだったような?
その辺のことはよく知らないので、気になる方は自分で調べてみてください(^^ゞ。
まるで、天国へ続く階段みたいですね。

c0236857_144344.jpg


山頂の避難小屋に着きました。
冬になると1階は雪に埋まってしまうので、2階の出入り口から出入りするそうです。

c0236857_1455220.jpg


小屋の内部です。

c0236857_1461363.jpg


大山の頂上は弥山(みせん)と呼ばれるピークです。
ずんぐりしてますがピークです。

c0236857_1474515.jpg


大山はいくつかのピークの集合体だと書きましたが、その集合体の中で最も高いのが剣ヶ峰と呼ばれるピークです。

この写真のケルンがあるピークが剣ヶ峰です。

c0236857_149736.jpg


剣ヶ峰へと続く尾根。

c0236857_14115450.jpg


現在、弥山から剣ヶ峰へと尾根伝いに縦走することは禁止されています。
縦走路があちこちで崩壊していて危険すぎるからです。

c0236857_14111990.jpg


c0236857_1411086.jpg


土の質がとても脆く、一人が歩くだけでもどんどん崩れていくんです。
何人も亡くなっています。
危険なだけじゃなく、山の崩壊を早めることにつながるので、縦走はしない方がいいと思います。
と言いながら、ボクは、翌年に縦走往復しましたが、もうしません。
崩壊の心配のない積雪期には縦走したいと思っています。

大山山頂に夕闇が迫ってきました。
楽しみにしていた日本海の夕焼けです。

c0236857_14132618.jpg


c0236857_1416794.jpg


c0236857_14162578.jpg


太陽が沈んだ後の夕焼けを後焼けと言うのですが、さらに赤味を増して美しいです。
油断しているとすぐに褪せていくので、三脚にカメラをセットして何枚も何枚も撮りました。

c0236857_14182315.jpg


米子の夜景です。
6月というのに、寒かったです。
レインウェアの上下を着ていても震えるぐらいでした。

c0236857_14341036.jpg


あー、時間がなくなっちゃいました。
もう少しだけ続きがあるんですが、それは後日書きますね。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

# by piyopiyodesu | 2012-03-21 14:41 | 登山 | Comments(9)  

パンク大魔王への道まっしぐら~

 これは2012年3月18日の出来事です。
前回の続きです。

交通量が少ない、ゆるい下り基調の道を気持ちよく走って佐用町まで戻ってきました。

途中のコンビニでちょっと補給はしましたが、お昼を過ぎてお腹が空いてきました。
昼食はもちろん、ボクの中学の同級生であるてっちゃんがご両親とやっているホルモン焼きうどんのお店「新さよ」で食べました。

昼過ぎだったので空いているかなーっと思っていましたが、駐車場はいっぱいでした。
商売繁盛めでたいめでたいemoticon-0157-sun.gif
忙しそうだったので、てっちゃんとゆっくり話すことはできなかったけど、美味しい黒毛和牛上ホルモンに、ホルモン焼きうどん、ykさんとボクはどんぶり飯も平らげましたemoticon-0102-bigsmile.gif

c0236857_20501646.jpg


c0236857_20503431.jpg


平福道の駅まで戻ってきたら、黒い雲に空が覆われて、まるで夏の夕立ちのような激しい雨が降ってきました。

また雨か!
誰だ雨男は?
などと喋りながらしばらく止むのを待ちましたが、全く止む気配がないので、雨でブレーキが効かないからゆっくり帰りましょうと申し合わせて、男3名は帰路についたのでした。

男前のコギコギさんがいいペースでずっと先頭を走ってくださったので、楽々走ることができました。
雨は1時間ぐらいで上がったけど、前車のタイヤが跳ね上げる水しぶきが前から降ってくるので、降っているのやら止んでいるのやらよーわからん状態でしたね。

お二人と別れて、少し遠回りになるけど2号線より南側の250号線を走って帰りました。
一日の走行距離が200kmになるかどうか微妙だったので、ちょっと遠回りして200kmを超えたかったんですね。
198kmより、200kmの方がかっこいいじゃないですか(^^ゞ。

この日の走行データ。
走行距離:201.77km 超えましたよーん(^^ゞ
平均時速:24.59km
最高時速:48.48km
平均ケイデンス:86

帰宅したらすぐに、風呂場に青空号を持ちこんで、シャワーで洗ってやりました。
アレって思って見たら前輪がパンクしていましたemoticon-0120-doh.gif

家族全員が風呂に入った後で、シートチューブ内に入った水を抜くためにシートポストを抜いて逆さまにした青空号を再び風呂場に入れて、カワック(風呂場が乾燥室になるんです)で乾かしました。
過保護かな(^^ゞ。

翌日(月曜日)の夜、仕事から帰ってきて食事も摂らずに(ビールは飲みながら・・・発泡酒ですけど(^^ゞ)パンク修理しました。
火曜日(今日ですね)に乗るので、今夜のうちにパンク修理と注油を済ましておかなくちゃ。

前輪に空気を入れてみたらシューっと音がして、パンク箇所がすぐに判明。
小さな小さな異物が食い込んでいました。

c0236857_21102790.jpg


精密ドライバーでほじくり出してみたら・・・・。
なんじゃこれは?
ガラス片?
小石?
こんなの避けられないよ!
これぐらいでパンクするなよなー。
Pro3Raceのバカ!
根性無しメ!

c0236857_21114989.jpg


c0236857_211237.jpg


失意のどん底にいるボクに、さらなる仕打ちが待っていました。
なんと後輪もパンク~emoticon-0132-envy.gif
同じような小石?が食い込んでいました。
Pro3Raceちゃん、帰宅するまで踏ん張ってくれたんだね。
帰宅してほっとして力尽きたんだね。
バカなんて言ってごめんね。
根性無しじゃなかったんだよねemoticon-0107-sweating.gif
本当の根性無しはパナレーサーのR-Airじゃ~(チューブのことね)emoticon-0141-whew.gif

青空号を買って5カ月と3日で8回目のパンク(一回は空気が抜けただけ)。
パンク大魔王への道まっしぐら~emoticon-0101-sadsmile.gif

まっ、タイヤローテーションできたからちょうど良かったと思うことにしよう。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

# by piyopiyodesu | 2012-03-20 21:34 | ロードバイク集団走行 | Comments(4)  

やっぱりやっぱり仲間っていいな (前編)

 これは2012年3月18日の出来事です。

 3月4日に一緒にバイクで走ったおねえさん(自称おばさん(^^ゞ)が、またまた兵庫県まで走りにいらっしゃるというので(あんたも好きねーemoticon-0100-smile.gif)、他の用事はほったらかして参加してきましたemoticon-0105-wink.gif

前回3月4日のことは「やっぱり仲間っていいな」でブログに書きました。
(まだ読んでない方は読んでねー(^^ゞ)

メンバーは前回と同じです。
ykさん、コギコギさんとは新宮の道の駅で8時半に待ち合わせ。
ウチからそこまでは約40km。
頑張ってとばしてみました。(と言っても、たいしたことないですけどね)

41km走って平均時速28km。
この程度の距離でさえ、こんなもんかemoticon-0107-sweating.gif
まっ、精進するしかないなぁ。
1年後の7時間エンデューロで、アベレージ30km以上で走るのが目標なんです。
信号が無いので一般道よりはアベレージは上がるはずだけど、7時間210kmをその速度で走り続けられるだけの走力が1年間でつくのか?
頑張るしかないですね。

さて、新宮の道の駅でお2人と合流して、さあ出発!と走り始めたら何かおかしい。
ボクの後輪がパンクしてました。
え~なんで~、さっきまで走ってたのに~。
ロードバイクに乗り始めて5ヶ月で6度目のパンクです。

お2人には、「先に行っててください。」と言ったのですが、いいからいいからとパンク修理を手伝ってくださいました。

結局、タイヤに異物は見つからず、チューブにも穴は見つからず、ただ空気が抜けただけだったのですが、どうしてだろう?
乗る前には必ず空気を8気圧まで入れるようにしています。
今朝も自宅を出る前に入れてバルブをしっかり締めたつもりだったけど、締め方が足らなかったのかもしれません。
それにしても、41km走る間は何とも無くて、コンビニで15分程休憩している間に抜けちゃうなんてemoticon-0101-sadsmile.gif
こんなことってあります?
怪奇現象みたい。

パンク騒ぎのせいで少し遅れておねえさんとの待ち合わせ場所である、佐用町の平福の道の駅に向かいました。
コギコギさん、ボク、ykさんの順で峠道を下っている時に、3人組のローディに追い付いたんです。
遅れているから、さっさと抜いちゃうだろうと後ろから見ていたら、先頭のコギコギさんは何かに吸い寄せられるように3人組ローディの後ろにぴったり付いちゃいました。

3人組ローディの最後尾は女性だったんですemoticon-0140-rofl.gif

細い脚、ピッチリタイツ、ヒラヒラミニスカート。
う~ん、分かる!分かりますよ~!
コギコギさんの気持ちはよーく分かりますともemoticon-0141-whew.gif
ボクが先頭でもたぶん減速してでもドラフティングしてたと思います(それはドラフティングじゃあない(^^ゞ)。

次の赤信号で挨拶したら、若くて色白のなかなかのかわいこちゃん(何ソレ)でしたね。

幸い?次の分岐で彼らと別れたので再び我々のペースで走ることになりましたが、偶然同じ方向に走っていたりなんかしたら、どこまでドラフティングしてたでしょうね(爆)。

待ち合わせの10時から数分遅れて無事に(^^ゞ、おねえさんとの待ち合わせ場所である平福の道の駅に着きました。

そこから国道373号線を岡山県の大原町方面に北に走り、大原町からは県道5号線を南に下り、智頭線の宮本武蔵駅(大原町は剣豪宮本武蔵生誕の地と言われているので、こんな名前の駅があるんです)の前を通って、兵庫県旧上月町を経て平福に戻る約60kmのコースを走りました。

c0236857_1345181.jpg


登りではおねえさんの心拍数を確認しながら無理をせずゆっくり走ったので、ボクは片足ペダリングの練習方法をykさんに教えてもらったり、おしゃべりしたりで、楽しかったですよ。

この道は鳥取道ができてから交通量がめっきり少なくなったそうで、殆ど車が通らないし、信号も殆どないし、バイクツーリングには最高のコースですね。

c0236857_13452541.jpg


走行中に撮った動画は昨日のブログ「今日の動画ですたい」見てね。

続きはまたねー。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

# by piyopiyodesu | 2012-03-19 13:55 | ロードバイク集団走行 | Comments(4)  

今日の動画ですたい!

2012年3月18日の出来事です。
先々週と同じメンバー、ykさん、Kさん、Sさんとボクの4名で走ってきました。

せっかく撮ったので、今日の動画を載せてみました。

ykさんです。
安定してますね。



相坂峠を下るKさんです。



旧三日月町から徳佐への峠を下るykさんとKさん。



楽しく走るykさん、Kさん、Sさん。



長い下り坂を走るKさんとSさん。



手放しができてはしゃぐSさん。
(無駄な力を抜いて、腕に頼らずにバイクをコントロールする練習です)



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

# by piyopiyodesu | 2012-03-18 22:01 | ロードバイク集団走行 | Comments(6)  

かっこいいバイクシューズ

これは2012年3月17日の出来事です。

先日注文したバイクシューズが入荷したと連絡があり、仕事の後でウキウキイソイソと取りに行ってきました~emoticon-0140-rofl.gif

ボクが今までに買った靴の中では3番目に高かった。

1番高かったのはイタリア製の雪山用の靴。
これは、細身の形がボクの足には合わず、血豆がいくつもできて泣く泣くヤフオク行きになった。
新しいバイクシューズがこの二の舞にならなければいいのだがemoticon-0107-sweating.gif

2番目は、その後買ったモンベル製の雪山用の靴。
これはよく合っていて気に入っている。

1年の大半はサンダルで過ごし、登山用の靴以外では5000円以上の靴を買ったことがないボクにとっては、少々高めであったが、3年ぐらいはモツだろうからよしとしよう。
イタリアのSIDI社の、グレード名は不明。
箱にはいろいろ書いてあるけど、どれがグレード名のことなのか・・・・・・わからん(^^ゞ。
BIBIBLVEって書いてあるのがそうなのかな?

c0236857_19455144.jpg


さすがにイタリアって感じの、日本のメーカーにはなかなかマネのできないデザインだと思う。

c0236857_1947070.jpg


c0236857_19492492.jpg


かっこいい!
だけど、かっこ良過ぎて履くのが恥ずかしいぐらいなのだ。
履かずに飾っておこうかな(^^ゞ。

カーボンライトなソール。
カーボンソールはプラスティックソールより硬いので、脚のパワーが逃げることなくよりダイレクトにペダルに伝わるのだろう(ホント?)。
早く試したいものだ。

c0236857_19484560.jpg


アキレス腱の所についている緑矢印のネジを回すと、水色矢印の軸を支点にして、赤矢印の部分が絞り込まれて脱げにくくなるらしい。
うーむ、どれほどの効果があるのか早く試したいものだ。

c0236857_19493781.jpg


クリートはネットで買ったので、まだ届いてないんです。
シューズもネットで買っても良かったのだけど、少しぐらいはショップで買い物をして、ショップとのパイプを維持しておいた方が、何か困ったことが起こった時にいいかなぁって思うんですね。

ネットで買ったホイール、カンパニョーロのシャマルウルトラを付けて初めてショップに行った時は、何か言われたらどうしよう?とちょっと気になりました。

できるだけショップで買ってあげたいけど、あんまり価格差が大きいとね、やっぱり安い方がいいに決まってるしね、差額で何か買えるしね。

そんなこと気にしなくてもいいのかもしれないけど、気になりますよね?

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

# by piyopiyodesu | 2012-03-17 20:21 | ロードバイク | Comments(2)  

バイクショップにて

これは、2012年3月15日、今日の出来事です。

今日は朝から走りに行くつもりでいたのに、目覚めてみたら雨。
がっかりなのだ。

雨があがって空が明るくなってきたところで走り始めたら、ボクが走り始めるのを待っていたようにまた降ってきた。
すぐに引き返して自宅待機。

雨の中を走るのはできれば避けたいですよね。
ブレーキは効かなくなるし、タイヤのグリップも落ちるし、クルマを運転する人からも気づかれにくいし・・・・危険がいっぱいですもんね。

昼前になってようやく薄日が差してきたので出かけました。
天気が心配なので遠くには行かずに、(昼出発だから行きたくても行けないんですけどね)近所をグルグル回るつもりでまずは加古川に沿って南へ南へ走ってみた。

加古川河口にある向島公園に着いて、そこから少し戻って250号線を西へ。
わぁ、また雨が降ってきた。
小雨だったけど、雨宿りを兼ねて青空号を買った高砂市のバイクショップ「インフィニティ」に寄ってみました。

ちょっと気になっていたことをいくつか聞いてもらいました。


一つ目、走行中、シフトレバーを操作していないのに、リアのギアが一段上がったり下がったりするんです。
それはシフトワイヤーの伸びが原因だそうで、このアジャスターをクルクル回してすぐに調整してくれました。

c0236857_23224670.jpg


そして、リアディレーラーのステー(上の写真の黄線の部分)が曲がっているので、シフトアップがスムーズでないと指摘され、調整してもらいました。
このステーが曲がるのは2度目です。
気をつけていたつもりでも、どこかに当てて曲がっていたのでしょう。


二つ目、シートポストが無駄に長いのを切ってもらいました。
「やっぱり仲間っていいなぁ」で書いたように、先日初めて雨中走行した時に、コギコギさんにシートチューブ内に水がたまるから、シートポストを抜いてバイクを逆さまにしておいた方がいいよと教えていただきました。
その時に初めてシートポストを引っこ抜いてみて、こんなに長くなくてもいいよなぁって思ったんです。
もっと脚が長い人にも対応できるように長く作ってあるのでしょう。

初回だからということで、無料で切ってもらって40gの軽量化に成功!

c0236857_23314477.jpg



三つめ、ロードバイクに乗り始めた頃は、下ハンを持つ前傾姿勢で顔をしっかり前に向けていると、首の後ろ側が痛くて痛くてタイヘンでしたが、いつの間にやら痛いと思わなくなっていたので、ハンドルを少し下げてもらいました。
どうやって下げるのか知らなかったのですが、簡単ですね。
次からは自分でできそうです。

スペーサー1個分で約1cm下がりました。

c0236857_23361476.jpg


1cmでは見た目にはあまり変わらないけど、乗ってみたら大違い!
下ハンでもブラケットポジションでも、しっくりくるというか何というか、ものすごく楽に走れるようになった気がします。
もう1cmぐらい下げてみようか?と思ったのですが、ショップの方に、急に下げない方がいいと言われたので、数日はこのままで(せっかち!)いこうと思います。

方向音痴でよく道を間違えるボクは、トップチューブにコンパスを付けています(^^ゞ。

c0236857_23545355.jpg



四つ目、ボクが使っている靴は安さで選んだシマノのR087というモデルの42サイズです。

c0236857_23403317.jpg


横幅がかなりゆったりしていて、登山用の厚手の靴下を履いて、甲にカイロを貼ってもまだゆるい感じで、200km走ると中で足が遊んで擦れて豆ができちゃうんです。
登山用の靴で何度も血豆ができた経験から、靴は大きい目を選ぶべきだと思って買ったんですね。

これでは夏用の薄い靴下では、ベルクロをきつく締めてもまだゆるゆるなので、夏用に新しいのを買うことにしました。

かなり時間をかけてとっかえひっかえ試してみたところ、イタリアのSIDIというメーカーの41サイズがボクの足の形にピッタンコということがわかり、在庫が無かったので取り寄せてもらうことにしました。

青空号によく合う青白の色使いと、シマノより洒落たデザインが気にいりました。
ちょっと高いけど、長く使うモノなのでソールがフルカーボンのモデルにしてみました。

走ってみるのが楽しみだなぁemoticon-0100-smile.gif
R087のプラスチックソールはかなり柔らかいそうなので、慣れるまでは回しにくいかもしれませんね。

五つ目、前からずっとツール缶が欲しかったんだけど、こんなのに1000円も払うのがイヤで、百均や雑貨店で探してきましたが、結局見つからず、遂に観念して900円で買いましたemoticon-0107-sweating.gif

c0236857_2353367.jpg


ショップ滞在時間が長くなって少ししか走れなかったので、その分頑張ってスピードを上げてみたつもりでしたが、この程度とは・・・・emoticon-0101-sadsmile.gif
アベレージ30はまだまだ遠いなぁemoticon-0106-crying.gif

本日の走行データ。
走行距離:68.7km
走行時間:2h32m
平均時速:26.98km
最高時速:48.67km
平均ケイデンス:90

Aさんが、7時間エンデューロのビデオを編集したものを下さいました。
許可を得たのでアップしてみましたー。
きちんと編集してBGMを付けると立派な作品になりますね!
Aさん、ありがとうございました!



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

# by piyopiyodesu | 2012-03-16 00:09 | ロードバイク | Comments(8)  

丹波篠山にはイノシシがいっぱい

 これは2012年3月8日の出来事です。

ボクが所属している山岳会の先輩で、ロッククライミングの師匠であるAさんと二人で、ロードバイクで丹波篠山まで走ってきました。

Aさんはボクのご近所さんで、11日の7時間エンデューロのチームメイトです。
ボクより2週間遅れて昨年11月にロードバイクを買われました。

それじゃあロードバイク購入記念に2人でどこかに走りに行きましょうってことになったんです。
Aさんからは、丹波篠山まで100kmぐらい走りませんか?と提案されたのですが、MTBで通勤されることも多いAさんにはもの足らない距離だろうと気を遣ってemoticon-0100-smile.gif、あわいちに誘ったのです。
 (その時のことは『2度目のあわいち』に書きました)

5kmごとに先頭を交代しながら、初めてのロングライドでいきなり208km走った方なんです。


丹波篠山っていう地名はよく耳にしますが、兵庫県内のどこにあるのか?よくわかってないのだemoticon-0107-sweating.gif
ボクも一応兵庫県人なんですけどね。
県北の地理には疎いんです(^^ゞ。

篠山城跡は、石垣とお堀だけでした。
桜が咲いている時に行けばお花見できそうです。

c0236857_83431.jpg


c0236857_835471.jpg


c0236857_84393.jpg


大正12年築の旧篠山町役場が、「大正ろまん館」として、レストランと土産物店になってました。
耐震対策とか問題はあるでしょうが、こういう古い建物を再利用するのはいいですね。

c0236857_843855.jpg


篠山の特産品は、黒豆とシシ肉(イノシシ肉)です。
他にもあるでしょうが知りませんemoticon-0141-whew.gif

黒豆はコミック「美味しんぼ」の初期の頃に登場したことがありますね。
高級品なんです。
黒豆の枝豆を食べようとしたどこかの社長さんが、黒い豆を見て「腐った豆を出しよってemoticon-0132-envy.gif」と怒るんです。
そこで、山岡士朗がその社長を丹波篠山まで案内して黒豆を見せるという内容でしたね。
社長さんも山岡さんも暇だったんですね。

まあ、そんなことはどうだっていいのですが、篠山市内の至る所にイノシシがいました。橋の欄干の上にも、肉屋の前にも、そこかしこにいましたよ。
一人じゃなかったので、全部の写真を撮れなかったのが残念です(^^ゞ。

中でも一番ぎょっとした、失礼、ぶったまげた、これまた失礼、インパクトがあったのがこのイノシシ様でした(^^ゞ。

c0236857_851435.jpg


c0236857_852843.jpg


c0236857_854531.jpg


まるで「もののけ姫」のタタリ神ではないかemoticon-0108-speechless.gif
怖いですemoticon-0106-crying.gif
アシタカに退治してもらわねば(^^ゞ。
首から後ろがどうなっているのか?興味津々です。
誰か屋上に上がらせてもらって、写真を撮ってきてくれませんかー(^^ゞ。


この看板というか、巨大なオブジェというか・・・・・・制作費300万円を投じて作られた(ウソです)このイノシシ様が売上アップに貢献しているのでしょうか?
目立つことはこの上ないですね。

イノシシ好きには堪らない町ですemoticon-0102-bigsmile.gif
皆さんぜひ行ってみてくださいねー。
クルマが少ないので走りやすいですよ!

この走行データ。
走行距離:127.44km
走行時間:5h23m
平均時速:23.66km
最高時速:57.98km
平均ケイデンス:77

小野市内の175号線バイパスで信号待ちで停車していたら、工事現場の前で交通整理していたおじさんが(ボクも立派なおじさんなんですけどね)、
「ここは自殺機交差点だから、クルマが突っ込んでくるからな、気をつけなあかん。」
と言うんです。
????
自殺者が絶えない交差点なのか?
たしかに片側2車線で高速道路並に広いので、ひっきりなしにクルマがびゅんびゅん走ってます。
T字交差点なので、信号も複雑で、一方は青で一方は赤、さらに右折の青矢印・・・・と、慣れないと戸惑いそうです。
それにしても自殺機とは?と、しばし悩んじゃいました。

数秒後に気がつきました。
時差式交差点と言いたかったのを、時差付きと言ってしまったようでした。
チャンチャン(^^ゞ。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

# by piyopiyodesu | 2012-03-14 08:40 | ロードバイク ロング | Comments(9)  

出し切った!

 これは2012年3月11日の出来事です。

岡山国際サーキットで開催された、『晴れの国おかやま7時間エンデューロ』に参加してきました。

種目は、4時間エンデューロと7時間エンデューロがそれぞれチームとソロ、そして二人一組で10周走るトロッフェ・バラッキという料理の名前みたいな種目の、計5種目です。

4時間エンデューロは2~5名、7時間は2~6名でチームを組むことができます。
選手の交代は何度でも自由なので、一人30分づつ走ってもいいのです。
選手交代が多くなれば、それだけタイム的には不利になりますが、職場の仲間やご近所さんや、家族で参加してみるのも楽しいですよ。

これがトロッフェ・バラッキの選手。

c0236857_20274421.jpg


ボクのチームは、7時間エンデューロのチームの部にエントリーしました。
チームメイトは、ボクが所属している山岳会の先輩で、ロッククライミングの師匠であり、『2度目のあわいち』を一緒に走ったAさんと、彼の職場の同僚のFさんです。
ボクが1時間半を2本、お二人が1時間を2本づつ走りました。

AさんとFさんです。

c0236857_2027151.jpg


レース終了後に撮りました。
年齢や職業の垣根を越えて、同じ趣味を持つ者同士が、こうやって一つのことに夢中になれるってのは、ロードバイクでなくても、何でも素晴らしいですね。

c0236857_20292338.jpg


 7時間エンデューロのスタートは8時半。
第一走者はボク。

 良く言えば積極的emoticon-0100-smile.gif、悪く言えばドあつかましいemoticon-0102-bigsmile.gifボクは、集団内でトラブルに巻き込まれたくなかったのと、1周だけでもトップ集団内で走ってみたいと思い、最前列中央からスタートしましたemoticon-0105-wink.gif
全然緊張することもなく、完全にリラックスしてアワイチと変わらない感じでスタートできました。
アワイチと違っているのは、周りはバイクだらけってこと。
静寂な中に、ただシャーシャーシャーというホイールが回る音とロードノイズが聞こえるだけ。

レース前に1周だけチームメイトと一緒に試走してみた感じでは、思ったほど登りはきつくなくて、グリップもいいし、走りやすそうでした。
クルマとは反対周りに走ります。

スタート後半周ぐらいした所で、そこまでゆっくり先導していたクルマから合図があって、一斉にスピードアップ。

集団で走るのは初めてなので、前後左右に目を配って、落車や接触がないように気をつけた。
逃げ場が欲しかったので集団の左端にいたら、コーナーでインに付くことが多く(左回りですからね)、ストレートで若干遅れてもコーナーで難なく上に上がり、またストレートで落ちてもコーナーで上がるの繰り返しで、3周は無理なく先頭集団で走ることができた。

このままずっと先頭集団で走れるんちゃう?と世間知らずなことを思ったのも束の間emoticon-0107-sweating.gif、ゆるい登りが続くモスS~第2コーナー~第1コーナー~ホームストレートで付いていくのが苦しくなってきて、ドラフティングの恩恵を受けていてもどんどん遅れ始めた。
徐々にペースが上がっているようだった。
急に速くなった感じはしなかった。
ボクがこれならついて行けるのでは?と思ったのは、彼らにとってはほんの準備運動ペースだったようだ。
彼らは最後までペースが全く落ちないのだ。

せめて、先頭集団の最後尾にでも・・・と思ったけど、どうにも付いていけず、一人旅になってしまったemoticon-0106-crying.gif

やがて、3分遅れでスタートした4時間耐久の大集団にもあっという間に抜かれて、実力の差を思い知らされたのでした。
まあ、当然ですね。
そんなことは分かっていたこと。

その後は、マイペースを維持しながら、いいペースで走っている人の後ろに付いて楽させてもらったり、時には前に出て引いたりして、1時間半でたぶん12周を走り終えました。

平均時速は33kmを超えていたので、結構頑張りましたよ。

まるで止まっているように見えますが、それはシャッタースピードが速いからで、走ってはいるのです(^^ゞ。
こんな姿勢で止まっていられたら、それはそれで凄い特技でして・・・・emoticon-0141-whew.gif

c0236857_20393171.jpg


c0236857_2040318.jpg


まだ余裕があるのでカメラ目線ですね(^^ゞ。

c0236857_20401321.jpg


1時間半を無事に走り終えて2番手のFさんへ。
Fさんとはこの日初めてお会いしたのですが、今までに走った最も長い距離が20kmemoticon-0104-surprised.gifと言う若い方で、Aさんが上司命令で連れて来られたのかどうか、その辺のいきさつはよく知りませんが、尻が痛いと言いながらも2時間しっかり走られました。

c0236857_20441864.jpg


c0236857_20443314.jpg


ヘルメットを被っていれば、電動自転車やピスト以外なら、ロードバイクだけでなくママチャリでも参加できる敷居の低いレースなので、ママチャリで作業服姿で走っている人や、家族で参加しているのか、こんなかわいい子供達も走っていました。

c0236857_20463438.jpg


c0236857_204748.jpg


大会前の注意で、「事故がないように。無茶な抜き方はしないように。追い抜きざまに、アホッ、ボケッ、カスッ、邪魔じゃ!などと暴言を吐くヤツがいたら、そんなヤツは即刻罰金20万円払ってもらいます。」と言われたからではないでしょうが、皆さんマナー良く走ってました。

FさんからAさんへ。
足首に巻いたセンサー内蔵のバンドをバトン代わりに付け換えて走ります。

c0236857_20474023.jpg


c0236857_2144055.jpg


Aさんは今年還暦で、ボクより2週間遅れて昨年11月にロードバイクを購入されました。
初めてのロングライドがボクにそそのかされて行ったアワイチで、いきなり208km走った方です。

c0236857_20484445.jpg


ボクが走った時は、2本とも薄日が差していたのですが、鎮守さんが走った時は2本とも風が強まって雪が舞っていました。

レース終了と同時にこんなに降ってきました。
寒い寒い一日でした。

c0236857_20494169.jpg


ロードバイク関係のいろんなメーカーが出店していました。

c0236857_2050326.jpg


c0236857_20501841.jpg


2本目を走り始めて間もなく、4時間耐久の選手たちがフィニッシュしていなくなってしまったので、風除けが一気に減ってしまいemoticon-0107-sweating.gif、苦しい単独走行を強いられることが多くなった。

 向い風が吹くゆるい登りのホームストレートでは、できるだけ誰かの後ろについて少しでも体力を温存して、ダブルヘアピンから便所裏コーナーへの下りや、ゆるい下りのバックストレートでは積極的に攻めました。
最後の1周は、犬のように口を開けてあえぎながらスパート。
持てる力を出し切りました。
悔いは全くありません。

走行データ
走行距離:91.72km(たぶん25周)
平均時速:31.59km
走行時間:2h54m
最高時速:58.32km
平均ケイデンス:91

最終走者のAさんが、力を出し切ってゴールemoticon-0171-star.gif

c0236857_20515177.jpg


即席チームで頑張りましたemoticon-0100-smile.gif

c0236857_20524018.jpg


7時間ソロの部で優勝した選手は、並み居る強豪チームを抑えて総合でも2位になってました。
平均時速38kmemoticon-0104-surprised.gif
世の中には凄い人がいるもんです。
紙オムツ履いてたのかなぁ?

あわいちに制限時間を設定して走るのは、いいトレーニングになると思った。
来年は7時間ソロを平均時速30km以上で走ることを目標にしよう。

4時間エンデューロに参加されていたコギコギさんとykさん達は、隣のピットにいらっしゃったので、レース前にはおしゃべりできました。
コギコギさんとはコース場ではお会いしませんでしたが、ykさんとは一度だけ短い言葉を交わしました。

コギコギさんとykさんの雄姿。

c0236857_2130499.jpg


c0236857_21312153.jpg


お二人とも、4時間お疲れさまでした。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

# by piyopiyodesu | 2012-03-12 21:38 | ロードバイク | Comments(13)  

耐久レース無事終了

2012年3月11日に、岡山国際サーキットで開催されたロードバイク(ママチャリも参加OK)の耐久レースに参加してきました。
ボクは3名のチームで7時間を完走しました。
コギコギさんとYKさんは4時間ソロを無事に完走されました。

今日は疲れたので、とりあえず写真を載せますねー。

コギコギさんです。

c0236857_20535226.jpg


YKさんです。

c0236857_2054176.jpg


ボクのチームのFさんです。

c0236857_2055686.jpg


ボクのチームのAさんです。

c0236857_20552937.jpg


ボクです(^^ゞ。

c0236857_20555719.jpg


時々日が差すこともありましたが、時々雪がちらつく寒い寒い一日でした。
レースが終了した途端、こんなことになりました。

c0236857_20573844.jpg


コギコギさんとYKさんには、写真をCDにコピーして後日お渡ししますね。
お楽しみにーemoticon-0102-bigsmile.gif

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

# by piyopiyodesu | 2012-03-11 21:01 | ロードバイク | Comments(16)