<   2017年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧

 

湯原温泉トライアスロン2017参戦記 5 フィニッシュ後

 すみません、まだ続きがあるんです(^^ゞ。
カメラ設定が露出オーバーになっていたので、白っぽい写真になっちゃいました。
フィニッシャータオルが逆さまだし(^^ゞ。


c0236857_20435902.jpg
スイムは情けなかったけど、それは毎年のことで、ランでは自分なりにしっかり走れたから『ばんざ~い、なしよ』ではなく、『万歳』です(^^ゞ。
c0236857_20441547.jpg
高校の同級生モーニングさんと。

c0236857_20442220.jpg
注目の(誰も注目してませんが(^^ゞ)同級生対決はどうだったかっていうと、スイムで3分34秒負けて、バイクで14分47秒負けて、ランだけは13分8秒勝って、トータルでは5分13秒負けました(>_<)。
昨年の同大会に続いて2連敗です(^^ゞ。
まっ、こんなもんかな(^^ゞ。
9月3日の佐渡Aと、ボクのウチのすぐ近所のオリンピックディスタンスの9月24日のグリーンパークトライアスロンin加西に二人とも出るので、2勝2敗のタイに持ち込めるのでしょうか(^^ゞ。
今後も二人の対決から目が離せませんね~(爆)。
ボクはこっそり秘密兵器をチューモンしましたよ~ん(^^ゞ。
何をチューモンしたかって?
それは、ヒ~ミ~ツ~(爆) 。
すぐわかりますって言うか、黙っていられない性格なので、すぐに書くと思います。アハ~(^^ゞ

c0236857_20443064.jpg
昨年は、彼は奥さんと同伴フィニッシュしたのですが、奥さんの前でハグしたもんだから、後で二人の関係を奥さんに勘ぐられてタイヘンだったそうです(^^ゞ。
今年は彼は一人で来てたので、誰に憚ることなく堂々とハグ~(^^ゞ。
二人の愛は続いているのです(爆)。
合わせて103歳のハグ(^^ゞ。
c0236857_20443730.jpg
去年と全く同じコースで6分20秒も速くなったのだから、上出来です(^^ゞ。
逆に考えると、なんで去年は6分20秒も遅かったのか?不思議です(爆)。
c0236857_20444405.jpg
フリーチケットで、焼きそばとマンゴーのアイスクリームをいただきました。

c0236857_20450024.jpg
そしてそして、モーニングさんの奥さんがいないことをいいことに、久し振りにムフフな裸のお付き合いをしました(^^ゞ。



c0236857_11074491.jpg
砂湯っていうぐらいだから、砂に埋めてもらうのかと思っていたけど、露天風呂の名前っていうだけなんですね。
砂をまきあげてお湯が湧き出てくるから砂湯だそうです。
ちなみに、ボクは温泉にはぜ~んぜん興味ありません(^^ゞ。
興味があるのはトライアスロンだけです!
おっ、言うたな~、カッコエエ~(^^ゞ。
ホンマか?

混浴なら温泉にもちょっと興味あるかも~(^^ゞ。
野菜作りにも(爆)。

何かのついでにそこにあって誘われれば入るけど、わざわざ温泉に浸かるためにどこかに出かけるとか、遠回りして入りに行くなんてことはまずしませんね(^^ゞ。
いろいろ効能がもっともらしく書いてあるけど、皮膚からお湯の成分が染み込んで体内に入る?
入らヘンやろ~(^^ゞ。
ウチの風呂で十分です(^^ゞ。


c0236857_11082897.jpg
周りから丸見え(^^ゞ。


c0236857_11084756.jpg

混浴なので、運が良ければ専用の入浴用の服を来た若い女性と遭遇するかもしれません(^^ゞ。
右端に写っているのが、一応脱衣所です。
バイクコースはあの湯原ダムの上を走ります。
ランコースは右上の狭い道を走って、ダムの手前でUターンします。
レース中は、若い女性が裸で入浴していないかどうかなんて、見る余裕がありませんでした。
それどころか、Uターンで足がもつれて川に転げ落ちそうになりました(^^ゞ。
c0236857_12084258.jpg

c0236857_11090853.jpg

ケツを洗いなさいと。

c0236857_11092409.jpg
c0236857_11093943.jpg



こんな木製のフィニッシャープレート(とでも言えばいいかな)をもらいました。

c0236857_21211977.jpg

こういうのはいいね。
飾ることはないけど(爆)。
c0236857_21212945.jpg

あ~、やっと終わった(^^ゞ。
明日から何書こう?

ポチっとしていただけたらたいへん嬉しいです。
よろしくお願いしま~す(^^ゞ。


にほんブログ村

by piyopiyodesu | 2017-07-31 06:00 | 湯原温泉トライアスロン | Comments(4)  

湯原温泉トライアスロン2017参戦記 4 ラン

 バイクの前輪をバイクスタンドのスリットにはめ込んだら、ヘルメットと重ね履きレーパンを脱いで、ランシューズを履いてキャップを被って大急ぎでランスタートしました。
T1からバイクジャージの背中のポケットに、念のために100kcalほどの安いエネルギージェルを2本入れておいたのですが、バイクでは飲まず、ランで1本だけ飲んだんだったっけ?2本とも飲んだんだったっけ?もう忘れました(^^ゞ。
飲まなかったっけ?いやっ、1本は飲んだような気がするなぁ(^^ゞ。
まっ、そんなことはどうでもいいですね(^^ゞ。

ODの10kmランなら裸足でランシューズを履いて、ロングの42kmでは必ずワセリンを塗っておいた5本指ソックスを履きます。
ミドルの18kmではソックスをどうするか?
2015年はランが14kmだったので(実際には12kmもなかったんだけど)、ソックスは履かず、2016年は19kmだったので(実際には18kmもなかったんだけど)履きました。

今年は、18kmってことになってたけど、昨年と同じコースだから実際は17.8kmぐらいしかないはずだから、ソックスを履く時間がもったいないので、履きませんでした。
足の指に水膨れができたとしても、ボクの場合はそれが痛くて走れなくなるってことはないし、ソックス履いてても水膨れはできるし(ソックスの意味ないやん!)、しばらくは次の大会もないので、ソックスを履くための数十秒を惜しんで走りました。
まっ、そんなこともどうでもいいですね(^^ゞ。

c0236857_08412169.png

走り始めは体が重い重い(>_<)。
周りの選手もみんな同じだろうと思うから頑張れるけどさ、こんな重い体で18kmも走るのかと思うと、なんでエントリーしたんだろう?って毎回思う(^^ゞ。
それはやっぱりフィニッシュの瞬間の達成感を味わうためやろうって、いつも同じ結論になるんですけどね、キツイです(^^ゞ。
こんなキツイことするより、家の近所に畑でも借りて野菜作ってる方が楽チンでエエやんなぁ(^^ゞ。
しんどい趣味を選んでしまったものです(爆)。

キツイけど頑張れば頑張るほど得られる達成感も大きくなるはずなので、一切手を抜かずに精いっぱい走りました。
スイムとバイクでもっともっと頑張っておいたら、もっともっと大きな達成感が得られるんちゃうんか?って意地悪なことを言う人がいるかもしれないけどさ、そうでもないんだなぁ~(^^ゞ。
スイムとバイクで頑張り過ぎちゃうとさ、ランがぜ~んぜん走れなくなってさ、達成感は逆にしぼんじゃうだよね~(^^ゞ。
だいたいね、ランフィニッシュする頃にはね、ランの苦しさでスイムとバイクのことなんかもう殆ど忘れてるからさ、ランで頑張れば全部頑張ったような気になるもんなのさ(^^ゞ。

というわけで、ランだけは頑張ったつもりです(^^ゞ。
この3種目のさじ加減がなっかなか難しいところですよね~。

走りながら、去年の方が絶対エエペースで走れてたよなぁって思ったので、なんとか去年の記録を超えるために、エイドでのロスタイムをできうる限り短くする作戦で走りました。

去年は紙コップをとって飲んだり頭にかけるのに減速したり立ち止まったりしましたが、今回は全く減速せず(少しはしたんだろうけど(^^ゞ)走りながら紙コップを二つとって、一つは頭にかけて、一つは一口飲みました。
エイドの前に選手が大勢いたら減速なしでは危険なので、諦めて素通りして次のエイドまで走りました。

脱水になるのが先か?フィニッシュするのが先か?って感じで、まさに1秒でも速く走るようにしました。

ほぼフラットなランコースなんだけど、川に沿って上って下るから、微妙な傾斜があるんですよね。
でもそんな微妙な傾斜は全然大したことないんだけど、二ヵ所だけ短いけど急なスロープ状の上りがあって、それが結構きつかった(>_<)。

c0236857_07545612.png
c0236857_07550512.png
ギリギリ5'00を切る平均ラップで走れました。

ランは35位で、全体では64位、エイジは10歳刻みで、50代男子では5位でした。
バイクフィニッシュ時のスプリットでは125位だったので、ランで61番上がったってことですね。

3種目とも去年の記録を超えることができて良かった良かった(^^ゞ。
めでたしめでたしと(^^ゞ。

嬉しそうな下のバナーをポチっとしていただけたらたいへん嬉しいです。
よろしくお願いしま~す(^^ゞ。


にほんブログ村

by piyopiyodesu | 2017-07-30 06:00 | 湯原温泉トライアスロン | Comments(0)  

湯原温泉トライアスロン2017参戦記 3 スイムとバイク

 7月28日金曜日です。
昨日のトレーニングでは、バイク中はいつもより意識して水分を多目に飲んで、ランニングでも2個のフラスコに合わせて400mlぐらいのスポドリを持っていて飲み切ったのですが、全く足らなかったみたいで、帰宅後は砂漠を旅してきたラクダのように水分を摂りまくりでした。
経口補水液飲んでスイカ食べて桃食べてマンゴー食べてトマト食べてビール(発泡酒だけど)飲んで水飲んで・・・・(^^ゞ。
熱中症気味だったのかもしれません(>_<)。

暑熱訓練にはなったかもしれないけど、身体を壊してしまっては元も子もないので、次からは給水量をもっと増やそうと思います。

ニンジンの種だと思って蒔いた種が育って、こんな立派なアサガオが咲きました(^^ゞ。
何ていう種類だろう?と思って調べかけたのですが、たくさんあってすぐにはわからず、面倒になったので止めました。
アサガオではないのかもしれないけど、アサガオと呼ぶことにします(^^ゞ。

c0236857_08053190.jpg
花は小さいです。
どなたか名前をご存じの方がいらっしゃったらおしえてくださいm(__)m。
c0236857_08052529.jpg
ナスがどんどんできて、食べるのが追いつきません(^^ゞ。
c0236857_08053807.jpg
ふわとろナスもどんどんできてますが、どうも葉っぱが病気みたいですね。
まぁもう十分に苗代の元はとったし、楽しませてもらったからいいんだけど、もうちょっと頑張ってね(^^ゞ。

c0236857_08054584.jpg
業務スーパーで買ったお買い得品のカボチャの種を植えていたら、幾つか花が咲きました。
狭い場所で、アサガオと競合する環境なので、伸び伸び育ててやれないのが申し訳ないけど、一つぐらいは実をつけてくれると嬉しいなぁ(^^ゞ。
c0236857_08055186.jpg


 さて、続きです。
いつまで書いてるんだ!っていう感じ~(^^ゞ。

ミドルの部の個人の参加者が400名を超えたので、今年はスイムが約100名づつの2分間隔のウェーブスタートになりました。
水が冷たいのはわかっているので、試泳時間内にしっかり泳いで慣れておこうと思って、50mx3回ぐらい泳いだのですが、その程度では慣れませんでした(^^ゞ。

黒キャップの第1ウェーブを見送って白キャップのボクは第2ウェーブでスタートしました。
一番左側の岸に近いところは少しだけ水温が高めだったので、左側を泳ぎました。
100名ほどですからバトルは全くなくて、時々腕が擦れ合うぐらいで泳ぎやすかったのですが、100mぐらいかな?泳いだぐらいで呼吸が苦しくなってきて、平泳ぎしたくなりました。
ダメだダメだ、ゆっくりでいいからクロールを続けなきゃ、しっかり吐いてしっかり吸え!って呼吸が浅くならないようにしてたんだけど、どうにも苦しく不安な気持ちが強くなってきて平泳ぎ(>_<)。
その平泳ぎも北島康介みたいな平泳ぎじゃなくて(当たり前~)、顔を水に浸けない(冷たくて浸けられない)平泳ぎだから、全然進まヘン(^^ゞ。
かなり長いこと平泳ぎしてました(>_<)。
平泳ぎするのも苦しくなってきて、ライフセーバーのボードに掴らせてもらってしばし休憩(^^ゞ。

第3ウェーブのピンクのキャップ(だったっけ?)の選手にはほとんど抜かれて、第4ウェーブの選手も何人か見かけました。

1分か2分ぐらい休ませてもらって、平泳ぎで再スタート。
次のライフセーバーさんのボードで休んでいる選手がいて

「オレ泳ぐわ!ここでやめたらバカにされるからな!泳ぐわ!」

って大声で言ってて、オレと似たような人がいるもんだと思ったらちょっと勇気づけられて、その人に
「がんばりましょう!」

って声をかけてクロールで泳ぎ始めたら、ボチボチ低水温に慣れてきたのか、いい感じで泳ぐことができて、44分34秒でした。
昨年も平泳ぎしたりして47分もかかってしまったのですが、たぶん昨年のタイムと同じぐらいだろうと思っていたのだけど案外速かったです。遅いけど(^^ゞ

バイクラックの直前に計測ポイントがありましたから、あれだけ(と言ってもわからないでしょうが(^^ゞ)長いこと平泳ぎしたり休んだりしたのに、44分なら満足です(^^ゞ。

昨年は2周目に足が攣ってペースを上げられなかったのだけど、今回は1周目の後半からしっかりペースアップできたので、その差かな。
平泳ぎしちゃったのは情けないけど、ちゃんと泳げれば少しづつだけど速くなっている感じがして嬉しかったです(^^ゞ。
スイムは420名中149位でした。
あれだけ平泳ぎしてて半分より前だなんて(^^ゞ、まぁ、こんなもんかな(^^ゞ。


c0236857_08410554.png

皆生の時と同じようにこの↓保水タオルをびっちょびちょに濡らして置いておきましたが、曇りだったのとバイク中も曇ったままじゃないかな?って思ったので、少しだけ絞ってから身に着けて、その上に白いバイクジャージを着ました。

c0236857_22304571.jpg
トランジションは可もなく不可もなくという感じで、普通にこなして無事にバイクスタートできました。
あ~、良かった良かった、スイムが終わるとホッするわ(^^ゞ。

いつもは、ランでしっかり走れるようにバイクは控えめにしてホドホドのペースで走るのですが、今回はホドホドにややペースを上げて走ってみました。
どっちにしてもホドホドです(^^ゞ。
何事もホドホドが一番ですね(^^ゞ。

2周目の湯原湖畔のクネクネ道を過ぎたあたりから雨が降り始めたと思ったら、かなり強く降ってきたので、涼しくて良かったんだけど、落車しないように特に下りのコーナーでは十分に減速して走りました。

対面走行部分の後半の復路で、1台の軽トラックが左から右へ道路を横切ろうとしていて、道路中央まで進んだ状態でスタッフの方が両手を広げて制止していました。
ボクは軽トラが横切り始める前から気付いていて、このタイミングで出てくるか~?って思いながら減速しながらず~っと見ていたのですが、制止されているのに半分までは強引に進んじゃったように見えました。
ボクが来ているのにちょっと強引な横切り方やなぁって思いました。
中には、スタッフの制止を無視して横切っちゃう人もいるかもしれないので、いつでも停車できるスピードまで減速して先に通してもらったのですが、ちょっと怖かったですね。
事故って痛い目に遭うのはバイク側ですもんね。
アクセルとブレーキを踏み間違える人とか、高速道路を逆走する人とか、信じられない運転をする人が大勢いますからね、たとえ交通規制されているレース中とは言え、自分の安全は自分で守るように用心するに越したことはないですね。

c0236857_08411418.png
 バイクフィニッシュまで残り2kmぐらいの地点、国道313号線に突き当たって左折するコーナーで、前を走っていた選手が、後ろから見ていても十分過ぎるぐらいに減速されていて、用心深い選手やなぁって思った瞬間に落車されました。
その選手に乗り上げそうになったけど際どくかわして

「大丈夫ですか?」

とだけ声をかけて横を走り去るボク(^^ゞ。
スタッフの方が何人かいたしね、スピードは出てなかったから擦り傷ぐらいで済んでいたのではないかと思います。
あれだけ減速しててもコケるんや!って思って、残りのコーナーをさらに慎重に走りました。

降車ラインの手前で裸足で降車して、バイクラックまで走りました。
よっしゃ!
落車することなくバイクも無事に走り切ったぞ!
あとは死ぬ気で走るだけや!

バイクは111位で、スプリットは125位でした。
ウェーブスタートだから、抜いた選手数は何人かわかりませんが、スイムが149位だったのでバイクで24番だけ上がったようです。
大したことね~(^^ゞ。

下のバナーをポチっとしていただけたらたいへん嬉しいです。
よろしくお願いしま~す(^^ゞ。


にほんブログ村

by piyopiyodesu | 2017-07-29 06:00 | 湯原温泉トライアスロン | Comments(0)  

湯原温泉トライアスロン2017参戦記 2 スイムまで(^^ゞ

 7月27日木曜日、今日はボクが小中高の12年間を過ごした田舎の兵庫県佐用町の中でも最も山奥の大田舎にあるぴよぴよ家の墓掃除をしたので、トレーニングは午後からになりました。
オレが死んだらここに入ることになるので、たまには掃除しとくか(^^ゞ。
c0236857_20325720.jpg
ものすごい山奥です。

c0236857_20331025.jpg
午後に、バイク65km、ラン15kmでヘロヘロになりました(^^ゞ。
今日は曇りでちょっと涼しかったのですが、バイク中はそれでも十分にあったかくて(^^ゞ、20kmごとに全身をビチョビチョに濡らして走りましたが、体力消耗甚だしく、ランはビルドアップのつもりがアップできたのは12kmまでで、その後はマイナスアップしました(^^ゞ。
疲れ過ぎて食欲がありません(>_<)。

 さて、続きです(^^ゞ。
 7月23日日曜日、5時半に朝食を用意してもらって、ご飯をお代わりしてたくさん食べました。
33℃まで上がる予報だったので、脱水と熱中症にならないように、水分をチビチビ飲んでました。

フィニッシュはここ。
c0236857_20424667.jpg

年々出場選手が増えて、バイク置き場の面積が増殖しています(^^ゞ。

c0236857_20422912.jpg

今年は、バイクラックが、サドルを掛けるタイプではなくて、ホイールをはめ込むタイプでした。
後輪をはめ込んでおいて、バイクフィニッシュして帰ってきたら前輪をはめ込んでもいいっていうことでした。
c0236857_20413488.jpg
あちらはリレーの部のバイクラックかな?
c0236857_20423816.jpg
今回は後輪にBORA2を使いました。
もしもLightWeightのディスクだったら、このはめ込み式のバイクスタンドだと表面の薄い薄いカーボンが割れる恐れがあったかもしれないのでBORA2にしといて良かった(^^ゞ。
もしもディスクホイールだったら、事情を説明して、バイクスタート前から前輪をはめ込むようにさせてもらっていたかも。
ミドルと言っても長めのショートっていう感じだから、ロングに比べると準備が簡単で楽ちんでエエわ~(^^ゞ。

c0236857_20430620.jpg

高校の同級生、モーニングさん。
彼は昨年トライアスロンデビューして、日和佐と湯原に出て、今年からロングに挑戦なんだけど、宮古島に落ちて(^^ゞ、皆生も落ちて(^^ゞ、五島は仕事でエントリーせず、佐渡Aに当選!
他にも、南紀白浜、近江八幡、伊勢志摩、日和佐と、ODの大会に出まくってます(^^ゞ。
6月には、佐渡の下見をするとかなんとか理解不能なことを言って、兵庫県姫路市の西隣の太子町の自宅から、新潟駅まで700kmを29時間41分でバイクで走って行っちゃう信じられないタフな人です(^^ゞ。←なんの下見や!
仲間内では、どうも人間ではなさそうだと言われています(^^ゞ。

おそらく、佐渡Aに出場する時も、わざわざ下見したぐらいですから、新潟までバイクの自走で行くんだと思います(^^ゞ。

c0236857_20411049.jpg

この施設のトイレを使わせてもらうんですけど、参加人数も増えたことだし、仮設トイレを二つぐらい設置していただけたら待ち時間が少なくなって助かるんですけどね。
もしも来年も湯原に出ようかな?と思ったら、たぶんもう出ないけど(スイムの水が冷た過ぎるから(>_<))、エントリーする前に仮設トイレが設置されるのかどうかを確認してからエントリーします。
トイレの数が今年と同じなら、申し訳ないけど絶対出ません。
貴重な時間をトイレ待ちで何十分も無駄に使うぐらいなら出ません。ウ〇コは出ます(^^ゞ
ボクが並んだ時は4番目だったんですけど、その時に入ってた選手が中で着替えてたみたいでものすごく長くて、どんどん列が長くなっていきました。
中には30分ぐらい待った人もいたようです。
トイレで着替えるのは止めましょう。
ボクがすっきりしてトイレの外に出てみたら、男子トイレの大の方はかなり長い行列ができていました。

やっと順番がきて入ってみたら、夏だというのに便座暖房が点いてて熱いぐらいだし、手を洗おうとしたら自動水道からお湯が出てくるし、汗ダラダラになりながらウ〇コしました。
言っちゃ悪いけどお役所仕事やな~って思いました。
節電なんてことだ~れも気付かないのかね~。
ここの職員だって利用するだろうに、だ~れもおかしい!って思わないのかな。
それとも、なにか便座暖房を切れない理由があるのでしょうか?
もしかしたら、選手へのおもてなしのつもりで、いつもは切っている便座暖房をお尻が冷たくないようにわざわざ点けてくれたなんてことはないよね?
大会は素晴らしいんだけど、ヘンなところが気になっちゃうんですよね~。

c0236857_20425569.jpg
冷たい冷たい旭川を堰き止めてできた湖。
1周1,000mを2周します。

c0236857_20432438.jpg

c0236857_20431510.jpg
バイク中のエネルギー補給にパワーバーのグミ一袋、約200kcalを食べました。
DHバーのエアロボトルには、経口補水液に約250kcal分の粉飴を溶かしたドリンクを900mlぐらい入れておいてほぼ飲み切りました。
足らない場合に備えて、真水のボトルも1本持っていましたが、バイク後半に雨が降って涼しくなったので、ボトルの水は飲みませんでした
c0236857_20433288.jpg

家を出る時からトップチューブバッグに入れておいたら、土曜日の昼間の熱で融けてネバネバ餅になってました(^^ゞ。
佐渡では、レース当日の朝に入れることにします(^^ゞ。
c0236857_20433979.jpg

途中なんですけど、無茶苦茶疲れたので、もう寝ます(爆)。昨夜書いたんです(^^ゞ

ポチっとしていただけたらたいへん嬉しいですが、どっちでいいです(^^ゞ。
疲れました~(>_<)。
おやすみなさ~い。



にほんブログ村

by piyopiyodesu | 2017-07-28 07:12 | 湯原温泉トライアスロン | Comments(0)  

湯原温泉トライアスロン2017参戦記 1 前日

 7月26日水曜日、昼休みにトレミで10km走りました。
心拍センサーのバッテリーが低下していると表示が出ていたせいか、心拍数がエエ加減な数値でした(^^ゞ。
ジョギングから最後にちょっとだけ3'45まで上げてゾーン5に入れました。
27日の木曜日にしっかり走る予定なので、この日は軽めにしときました。
夕食後に、30分だけインターバルでしっかり心拍数を上げて3本ローラーしました。

 宮古島市から、昨年のふるさと納税へのお礼のアップルマンゴーが届きました(^^ゞ。
c0236857_21214090.jpg
c0236857_21215173.jpg
c0236857_21220261.jpg


 さて、第4回湯原温泉トライアスロンに3年連続で出場しました。
7月22日土曜日の朝、バイクやトライアスロングッズをクロスケに積んでまずは仕事へ(^^ゞ。
仕事が終わったら帰宅せずに直接大会会場へ向かいました。
受付終了時刻の1時間ぐらい前に会場に着きました。

c0236857_20400270.jpg
今年も、皆生鉄人の完走Tシャツを着て、さりげなく連戦をアピールしています(^^ゞ。
昨年は、皆生Tシャツを着ている女性選手を一人だけ見かけて嬉しくて話しかけましたが、今回は見かけませんでした。
お調子モンはオレだけだったのかな(^^ゞ。

c0236857_20365946.jpg


c0236857_20375715.jpg

c0236857_20380568.jpg

c0236857_20381443.jpg

参加賞は、粉飴と初めて見る『ミルクと水素』。
フィニッシュ後にも1本もらって飲みましたが、何かエエことあるんかな?(^^ゞ
c0236857_20371171.jpg
Tシャツは、2015年は黒→2016年は白ときて、また黒に戻りました。
夏は白の方がいいんだけどな(^^ゞ。
黒は暑苦しい(^^ゞ。
AWESOMEという単語は知らなかったので調べてみたら、「オウサム」と読んで、「すごい」「素晴らしい」「最高」等の意味があるらしいです。

旭川を堰き止めてできた湖を泳ぐんですけど、すぐ上流にある湯原ダムの底にたまった冷た~い水を放流しているから、ちべた~いんですよ。
日曜の朝の水温が20℃って言ってたかな、ボクにとっては『おー寒』でした(爆)。 ←つまらねぇ! ←オヤジだから許してチョンマゲ(^^ゞ ←もっと許せない(^^ゞ ←一生懸命考えたのにぃ(^^ゞ
c0236857_20372032.jpg

c0236857_20372697.jpg
毎年恒例のフリーチケット。
クロスケに給油して帰ろうと思ったんだけど、ボクが帰る時はこの↓シェルのガソリンスタンド前の道がまだ交通規制中だったので、給油できませんでした。
500円損したなぁ(^^ゞ。
c0236857_20373667.jpg

実力発揮できたかどうかはわからないけど、おっちゃん一生懸命走ったよ!

c0236857_20374592.jpg
受付後、競技説明会までに少し時間があったので、一年ぶりに『クミちゃん』に会いに行きました(^^ゞ。

c0236857_20382834.jpg
水槽の配置と展示内容が変わったのかな?
『クミちゃん』はいなくなっていました。
いたのかもしれないけど、名前が書いてなければ彼女(^^ゞなのかどうか全く見分けがつきません(爆)。
特徴があると言えばあるような、無いと言えば無いような(^^ゞ。

c0236857_20383898.jpg
本職の方が作ったような、しっかり作ってある木製のバイクラックがありました。
c0236857_20385992.jpg
リストバンドはユルユルにしてもらいました。

c0236857_20393988.jpg
競技説明会の中で、バイクコースに一旦停止するところがあり、警察からは一旦停止するように言われていますが、レース中にクリートを外して足を着くのは無理なので、自分の中で『一旦停止したぞ』と思う速度まで減速してくれたらそれでいいです(^^ゞ・・・・みたいなことを言われました。
ナンヤソレは!
結局レース中は、直角に近い交差点だから減速はしたけど、交通整理の方がいてくれて、完全に交通規制されていたこともあって、ボクから見える範囲の選手は全員、曲がれる速度に減速するだけで、一旦停止なんぞ無視して走ってました。
こんなこと書いたら叱られるかもしれないけど、一旦停止しないでいいなら余計なこと言わなきゃいいのにって思いました。
止まろうとする選手とそうでない選手がいたらかえって危ないやんなぁ。
昨年と一昨年は交差点では十分減速するようには言われたけど、一旦停止については何も言われなかったと記憶してるんだけど。


c0236857_20401080.jpg

c0236857_20401888.jpg
今年も『さつき荘』さんに泊まりました。
昨年の教訓から、湯原トライアスロンにエントリーしてすぐに予約しました。
行ってみたら、若い方のおばあちゃんが出て来て、

「あ~ら、ぴよぴよさん、お久しぶり~、また来てくれたんやねぇ、ありがとう。相部屋しか空いてないんやけど相部屋でい~い?」

「えっ、相部屋?それしかないんやったらしょうがないけど、早くに予約したんやけど・・・・狭くてもエエから個室があれば個室の方がエエんやけどなぁ、去年泊めてもらった、以前におばちゃんが使ってたっていう鍵の壊れた部屋でエエんやけど。」

「あらそ~お、ちょっと聞いてくるから待っとってな。」
「その部屋はもう人に貸してしもたんやって、あの人(年配の方のおばあちゃんのこと)最近ちょっとボケよるけーのー(岡山弁(^^ゞ)。」

「ぴよぴよさんは一番多く泊まってくれてて、よ~わかってくれとるからあの人は大丈夫。って言うとります。」

ヘンなところで見込まれてしまったのだ(^^ゞ。
相部屋の方は大阪のトライアスリートで、もちろん湯原に出場する選手で、奥さんが都合が悪くなって来られなくなったそうでした。
ブランクがあるものの10年の経験があって、とても良い方でいろいろお話ができて良かったです。
4時間20分を切る好記録でフィニッシュされていました。

c0236857_20402510.jpg

c0236857_20403311.jpg

c0236857_20404020.jpg
夕食。
一泊二食付きで相部屋で9,000円ほどだったかな、湯原温泉街の旅館ではたぶん一番安いと思うので、特別豪勢な食事ってわけじゃないけど、十分十分、食いモンには拘らないので、ご飯をお代わりできて腹が膨れればそれで良し!と。

c0236857_20404704.jpg
これと言ったおもしろいこともなく、湯原温泉の夜は更けていったのでした~(^^ゞ。
c0236857_20405729.jpg
ポチっとしていただけたらたいへん嬉しいです。
よろしくお願い致しま~す(^^ゞ。



にほんブログ村

by piyopiyodesu | 2017-07-27 06:00 | 湯原温泉トライアスロン | Comments(0)  

皆生トライスロン2017参戦記 6 フィニッシュ後と月曜日

 7月25日火曜日、昼休みにジムのトレミで3%の傾斜をつけて10km走りました。
走る前より身体が軽くなったような気がしました。
汗をたくさんかいたからかな(^^ゞ。
夕食後の3本ローラーも久しぶりに再開します。
しっかり食べてしっかりトレーニングして暑い熱い夏を乗り切るぞ~。
そしてその先には佐渡Aじゃ~、待ってろよ~!(^^ゞ
気合い入れ直して頑張るど~!

 さて、続きです(^^ゞ。
 ヘロヘロヨロヨロになっていても、フィニッシュテープを掲げる瞬間は気持ちいいですね。
この瞬間のためだけに朝7時から動き続けてきたようなもんですからね。

記録のことを言い出したらキリがないですからね、あの時歩かずにもう少し走れたんじゃないかとか考えないことはないけど、今更そんなことくよくよ考えてどうなるもんでもあるめぇ!終わってしまえば自分の中ではノーサイド、速かろうと遅かろうと順位がどうだろうと、精一杯やったぞ!って思えたらそれで十分。
楽しかったもん!
おもしろかったもん!
満足しました(^^ゞ。
今年もなんとか皆生鉄人になることができました。
応援してくださった皆さん、ありがとうございました。

c0236857_07524860.jpg


書くのを忘れてたけど、バイクでもランでもワンコさんとそのお仲間達が大きな声で応援してくれて、とても元気になれました。
バイクでは淀江のエイドを過ぎて上り坂にかかった辺りだったかな、聞き覚えのあるワンコさんの声が聞こえてきて、あれっ、応援にきてくれてるのかな?って思ってキョロキョロしたら目が合いました(^^ゞ。

「ぴよぴよさ~ん、頑張って~。」
女性から名前を呼んで応援してもらえるのは嬉しいですね。
男でも悪い気はしないけど、やっぱり女性の方が元気になれる(爆)。

中山温泉のエイドで折り返して、帰りに同じ場所を通る時にも、また名前を呼んで応援してくれました。

ランでも、場所は忘れたけど応援してもらいました。
暑い中、力強い応援をありがとうございましたm(__)m。
もしも、来年皆生に落選しても、必ず応援のために皆生に行きます。
どんな形にしても、この素晴らしい皆生大会と関わっていたいっていうか、皆生の一部になりたいっていうか(^^ゞ、選手と一緒に感動を感じさせて欲しいと思わせる魅力のある大会です。
他のロングの大会も同じ気持ちなんだけど、遠いからね~(^^ゞ、宮古島や五島まではおいそれとは行けないよね~(^^ゞ。
皆生は日帰りできるもんね(^^ゞ。

 
 ある選手の応援者のクルマと他の選手のバイクが事故って、選手が救急車で病院に運ばれたそうです。
バイク走行中、その事故かどうかはわからないけど、救急車を2台見たし、パトカーと警察官数人と事故車らしきクルマと、その運転手らしき女性と、事故ったようなバイクが止まっている場所があったので、あそこが事故現場かなぁって思っています。

閉会式で、事故ったクルマの運転手がどの選手の関係者なのかがわからないため、ペナルティはとれなかったけど、わかればとるというようなことを言われていたと思います。
そんなこと本気で調べたらすぐわかりそうなもんだけど、そこまでは追及しなかったってことなのかな。

バイクコースで応援するためにクルマで移動するのはしょうがないけど、できるだけバイクコース以外の抜け道を通って移動するとか、選手がやってくる前に移動を済ませて邪魔にならない安全な場所に駐車しておいて応援して欲しいですね。
ちゃんと理解してそうしてくれている応援者が殆どだと思うんですけど、中には移動のついでかどうかわかりませんが、選手と並走しながら応援したり、不注意な運転をする応援者もいるのでしょう。
事故が起きたのはたまたま運が悪かったのでしょうが、残念なことです。

地元の方達も、よほどの用事でもなければ、できるだけクルマでの外出を控えたり、バイクコース以外の道を通るように配慮してくださっていると思うので、交通規制はされてはないけど、いつもの日曜日に比べたら交通量はかなり少ないのだろうと思うんですよ。
それなのに、選手の関係者が選手と事故ってたら何やってるの!ってことになりますもんね。
それで死亡事故でも起きたら皆生存続の危機ですよね、ボクも含めて皆さん、応援する側もしてもらう側も事故には十分気を付けましょうね。



 かぼすさんと、そのちゃんと一緒に。

c0236857_22300914.jpg
かぼすさんに

「ボクはロングには向いてないです~。」

って言ったらね、いつもの冷静沈着な落ち着いた口調でね

「いやぁ、そんなことないですよ、向いてると思いますよ。」

って言ってくださったんですよ~(*^^*)。
ボクが自分でも気づいていないような長所を指摘して喜ばせてもらえるのかなぁって期待したら

「ロングやらないとあのブログ書けないでしょ?」

って(^^ゞ。
どひゃぁ~(^^ゞ、流石に鋭い!そのと~り~(爆)。
ブログとボクとは表裏一体、書くのが面倒に感じることがないこともないけど、過去の記事を読んで笑ったり泣いたりすることがあるのも事実(^^ゞ。
ボクが出場した大会の魅力を少しでもお伝えすることができて、オレもあの大会に出てみようとか、アイツにできるんならオレにもできるだろうと思ってもらえたり、会場で声をかけてもらえたら、こんなに嬉しいことはないです(^^ゞ。
バイク中に、ブログ書いてる方ですよね~って話しかけてもらって嬉しかったです(^^ゞ。

c0236857_22301661.jpg

c0236857_22302532.jpg
 昔、ボクが子供の頃に、日曜日の午前11時だったかな、欽ちゃん(萩本欽一さん)が司会の歌手になるためのオーディションテレビ番組『スター誕生』っていうのがあって、だいたい欠かさず見ていました。
花の中3トリオの山口百恵も桜田淳子も森昌子も、岩崎宏美も石野真子も、当時はみ~んなこの番組で合格して歌手になってたんですね。
合格者が出た日は、番組の最後に欽ちゃんが『万歳』するんですけど、合格者が出なかった日は「ばんざ~い。」って両手を上げて叫んだ直後に、「なしよ。」って言って上げた手を倒してたんですね。
まっ、そんなことはどうでもいいんですけどね、↓ボクの右手が上がりきってないのは、『万歳なしよ』の心境だと言いたかっただけです(爆)。
ご清聴ありがとうございました(^^ゞ。
来年は、天に向かって思い切り右手を突き上げられるように、また一年頑張るど~(^^ゞ。
その前に佐渡Aがあるど~(^^ゞ。

c0236857_22303208.jpg

c0236857_22312454.jpg
芝生のグランドが気持ち良かったです。
くたばってる選手があちこちにいました(^^ゞ。
c0236857_22305131.jpg

選手は無料の鉄人ラーメンをいただきました。
c0236857_22305929.jpg

オレンジが美味しくて、3個分ぐらいいただきました。

c0236857_22310868.jpg

これね、アイスキャンディです。
4本食ったかな(^^ゞ。
c0236857_22311565.jpg

専用バスでトランジション会場まで移動して、あにぃと一緒にバイクで米子駅前のホテルまで自走して、風呂に入ってさっぱりしてから一杯飲みました。
二杯飲んだかな(^^ゞ。
c0236857_22313477.jpg
日曜の夜、盛大に浮腫んでます(^^ゞ。
目蓋が蜂に刺されたみたいになってる(^^ゞ。
善人なのに悪人顔だ(爆)。
c0236857_22314112.jpg
月曜日の閉会式会場です。
ここで完走証と公式リザルトをもらいました。

c0236857_22315433.jpg
執念の女性アスリート、runrunrunさんと一緒に(^^ゞ。
実は同い年(^^ゞ。
c0236857_22320386.jpg

c0236857_22321220.jpg

選手はこの缶ビール1本とペットボトルのドリンク1本をいただきました。
クルマで帰るので、家で飲みました。
c0236857_22321858.jpg

食べ物はす~ぐに無くなりました(^^ゞ。
c0236857_22322465.jpg
そのちゃん、いろいろありがとう!
思いやりがあって誰にも優しく、気遣いのできるいい人です(^^ゞ。

c0236857_22323578.jpg
完走証の大会長の米子市長さんの署名がね、印刷じゃなくて油性マジックで書いた手書きみたいに見えるんですけど、手書きじゃないよね?
それほど暇じゃないよね(^^ゞ。
手書きっぽく見えるけど印刷なのか?代理の人が書いたのか(そんなことはしないよね)、一枚一枚手書きしてくださったのか?
どうなんやろ?興味ある~(^^ゞ。

c0236857_07531741.jpg
あ~、素晴らしい大会でした!
出場できて幸せでした!
完走できて良かった!
最高の大会でした!
大会関係者の皆さん、地元住民の皆さん、お手伝いしてくださったボランティアの皆さん、暑いのに応援してくださった皆さん、一緒に感動を分かち合った選手の皆さん、全ての方々に心から感謝します。
ありがとうございました。
ありがとうございました。
ありがとうございました。
何度言うても言い足らん(^^ゞ。
やっぱり皆生はおもしろいな~(^^ゞ。

来年もぜひぜひボクを選んでくださ~い(^^ゞ。
悪いようにはしませんから(爆)。

終わり(^^ゞ。

下のバナーをポチっとしていただけたらたいへん嬉しいです。
よろしくお願いしま~す(^^ゞ。


にほんブログ村

by piyopiyodesu | 2017-07-26 06:00 | 皆生トライアスロン | Comments(4)  

皆生トライアスロン2017参戦記 5 ラン

 7月24日月曜日、昼休みにジムのトレミで軽く走っておこうと思って行きかけたのですが、寸でのところで第4月曜日は休館日だということを思い出しました(^^ゞ。
遂に学習しました!
でも、自分の記憶に自信がなかったので、ネットで調べて間違いなく休館日だと確認しました。
あやふやな学習能力だこと。
外は暑過ぎるので、今日は休息日にしました。


 さて、続きです。
楽しい楽しいバイクの後は、これまた楽しくておもしろい、だけどしんどい(^^ゞランが待ってます。
降車ラインの手前でバイクシューズから足を抜いておいて、シューズはペダルに残して裸足で降車しました。
ラックにバイクを掛けて、トランジションバッグ置き場まで移動したら、ヘルメットと重ね履きしていたパッドが厚いレーパンを脱いで、ワセリンを塗っておいた5本指ソックスとランシューズを履きました。
ランシューズは今回はアシックスのターサージールを使いました。
ターサージールでフルマラソンを走るのは初めてでしたが、使い慣れたミズノ製と比べて、な~んの気付きもありませんでした(爆)。
これは悪口じゃないですからね、ミズノもアシックスもボクにとっては猫に小判?ちょっと違うな、まぁ甲乙つけがたい優れたシューズで、ボクには性能差は判断できません。
フィーリングの違いは感じますけど、どちらが速く走れるか?なんてことは、マラソンだけを走ってみないとわかりませんね(^^ゞ。(たぶん、マラソンだけ走ってもわからないと思う、どっちが好きかってことはあると思うけど)
ボクレベルのへっぽこトライアスリートが、ロングトライアスロンのヘロヘロヨボヨボマラソンを走るにはどれも一緒ってことです(^^ゞ。

 フラスコを2個付けられるフラスコベルトに、1個だけフラスコを付けておいたのを腰に巻いて走り始めました。
往路で飲み切って、境港の折り返しにあるエイドのスペシャルドリンクにフラスコを1個預けておいたので、復路では預けておいたフラスコを飲みながらゴールを目指すようにしました。

フラスコの中身は、あれやこれや入れ過ぎて不味くて飲めなかったり、重くて殆ど飲まずに捨ててしまった過去の苦い(下手な)経験から、シンプルにしました。
100kcalぐらいのカフェイン入りジェル3本を経口補水液で少し薄めてBCAAを足しました。
BCAAって筋肉のエネルギー源になる唯一のアミノ酸で、効くって言われていますが、効いてる!ってのを実感できた試しがないです(^^ゞ。
ホンマに効いとんか?っていつも思います。
効いてるんなら最後までしっかり走らせろよな、効いてぇヘンからいつも後半で失速するんちゃうんか?ってBCAAに八つ当たりしてもしょうがないんですけど、皆さん効きますか?

量が足らへんのやろか?と思って濃くすると不味くて飲めませんね(>_<)。
そんなのに頼らずに自分の体を鍛えろって話ですけど、もちろん体も鍛えますよ、できる範囲で鍛えますけどね、それプラス飲むだけで楽して速くなったら嬉しいやんね~(^^ゞ。
濃くし過ぎて不味くて飲めなかった苦い(不味い)経験から、今回は薄めにしてみました(^^ゞ。

空腹感を感じ始めたらエイドの直前でちょっと飲んで、やっぱり不味いからスイカを食べてお口直しするっていう感じで計画通り、往路で1個分、復路でも1個分飲み切りました。
ちょっと足らなくて飲み切った後に空腹感を感じ始めた時は、1/3ぐらいに切ってあるバナナを一つ手に持って、一口づつ食べながら次のエイドまで走りました。
ペースが遅いから脂肪がメインエネルギーで、バナナの糖質は脂肪を燃やすための種火だから、口に入れて甘みを感じたら空腹感は消えました。

初皆生の昨年は、前半にちょっとペースを上げ過ぎたと思ったので、今年は抑え気味に走りました。
米子の市街地を抜けるまでは信号が多いので、赤信号での停止もこれが皆生だよね~と思って気にせず(^^ゞ、ボクシングでラウンド間の1分でできるだけ疲労を抜いて回復するように努めるみたいに、建物の影があれば影で休み、電柱の細長い影しかなければ張り込みの刑事のようにその影にぴったり入って休み(^^ゞ、適当な腰掛けるところでもあれば腰掛けたりもたれかかったりして、せっかくの赤信号を休憩時間と思って大いに利用させてもらいました。
早く青になれ~なんてぜ~んぜん思いませんでした(^^ゞ。

信号に着く寸前に青に変わったりしたら、不機嫌になるぐらい(^^ゞ。
「こらぁ、お前~、さっきのヤツらは休ませたくせに、オレには休むなって言うんか~!お前ぇ、信号のくせに人を見て判断する気か~。」
なんてブツブツ言いながら、しょうがないから走りましたよ(^^ゞ。

ボクは知らなかったのですが、バイクと同じようにランでも上位の選手は赤信号でも優先して通してもらえるのかと思っていたのですが、違うんですね。
たとえトップの選手でもランでは信号をきっちり守るんだそうです。
公平でいいね!
赤信号で何度も止まろうが、速い選手は速いし、それなりの選手はそれなりですね(^^ゞ。

c0236857_23024855.png
境港に向かう往路はけっこう強い向かい風が吹いていて、時には走るのに抵抗になるぐらいの強風が吹くこともあったけど、涼しくて良かったです。
すれ違う復路の選手がみんな追い風に背中を押されてビュンビュン走っているように見えたので、オレも復路になったらあんな風にビュンビュン走れるはずだから、折り返しまでもうちょっとの辛抱だと思って、同じぐらいのペースで走っている選手にぴったり着いて、粘り強く境港まで走ったのですが、ビュンビュン走っていた選手たちは追い風の影響ももちろんあったのだろうけど、追い風の助けを借りなくてもビュンビュン走れるような上位の選手だったみたいで、ボクは折り返した後も相変わらずノロノロヨボヨボな走りでした(^^ゞ。
ありゃっ、折り返したけど思ったほど追い風強くないし、なんでや?向かい風っぽい風が吹いとるがな、どないなっとんや???っていう感じでした(^^ゞ。

ちょうどハーフの21kmを走ったところで、時刻は3時51分だったかな。
7時スタートだったから、目標にしていたサブ11を達成するためには、後半のハーフを2時間8分で走ればいいんだなってことはわかったんですけど、信号もあるし、ちょっと厳しいなぁって思いました。
それでも去年の11時間8分台の記録更新はなんとかイケルんちゃうか?って思ったんですけど、世の中そんなに甘くないですね~(>_<)。

折り返したら少しだけペースアップする計画で、予定通りに上げたつもりで走っているんだけど、ガーミンのラップタイムは上がるどころか落ちてるぐらいで、あ~疲労してるんだなぁ、やっぱりBCAA効かヘンやん!って思ってもどうしようもないので、とにかく休まずに走り続けようと思ってず~っと下ばっかり見て走っていました。
ふと道路標識の柱が目に入って、ギリギリのところで手を出してぶつかるのを回避できましたが、やばかった(^^ゞ。
ホンマにやばかった(>_<)。
手が出てなかったら思い切りぶつかってオデコから流血しながら走らなあかんところだった。
まだ走れたらいいけど、道路標識にぶつかって救急車で病院に運ばれてDNFなんてことになってたら、かっこ悪くて立ち直れないところでした(^^ゞ。
c0236857_07524226.jpg

30km地点ぐらいかなぁ、完全にフラットなランコースなんですけど、道路が立体交差になっているせいで唯一の坂(っていうほどでもないんだけど)があって、そこを米子市側に降りたところにエイドがあったんですけど、そこの折りたたみ椅子にrunrunrunさんが死んだように目を閉じて座っているのに気付きました。

誠に失礼ながら、彼女を見た瞬間の印象を正直に書くと、
「あっ、こりゃアカンな、バラモンキングの時のオレと一緒や、熱中症かな?ここでリタイヤやな。」
って思いました。

名前で呼びかけたら目を開けてくれたので、手をとりあって、何ぞ気の利いた励ましの言葉でも言わなきゃって思っても、「がんばれ」なんてとても言えるような状態ではなさそうでした。
もう十分頑張ってるのに、これ以上頑張れなんて無茶なこと言われヘンがな。
「どうしたの~?きっついよね~。ここまでよくがんばったよねぇ、まぁねぇ、こんな日もあるよ、無理しないでね。それじゃ行くね。」
と言って走り始めました。

その日の深夜に目が覚めた時に速報を見たら、なんと!彼女は完走してました(@_@)。
すげぇ~!
オレならDNFやな(^^ゞ。
女は強い(^^ゞ。
あの死にそうな状態から残り30km走れるもんか?
翌日に話したら、歩いたり走ったりしながら、赤信号では座ったり、交通整理の方にもたれかかったりして休みながら執念でゴールを目指したそうです。
30kmは長いよ~(@_@)。

バラキンで、まだまだ十分な時間が残っていたのにさっさとDNFを決めてしまった自分が恥ずかしいです。
その時はそれが最良の選択肢だと思ったのだけれど、果たしてそうだったのか?ただ苦しいことから逃げたかっただけじゃないのか?ってずっと考え続けています。

たけちんさんが、どんなに頑張っても一つ足らない完走メダルのことを書かれていましたが、たけちんさんとはレベルが違うけどまさにその通り。
昨年の佐渡で大勢の方々に迷惑をかけてしまったので、そんな状態になってしまう前に自分の意志でリタイヤしようと思ったのだけど、その考え方は決して間違いではないと思うんだけど、ちょっと甘えさせていただいて、迷惑を掛けてしまうことになってでも時間が許す限り完走を目指していても良かったんじゃないかな・・・・なんて、言うことがコロコロ変わって節操ないんですけど、いろいろ考えさせられるとても刺激的な出来事でした。

runrunrunさん、完走おめでとうございました!
完走を諦めない貴女の執念を見習いたいと思います。
去年のこの選手と言い、ロングにはいろんなドラマが生まれますね。
c0236857_21440684.png
それからしばらくして、ボクにも来た~っていう感じでまた嘔吐しそうになってガクンとペースが落ちました。
疲労困憊っていう感じで、ちょっとだけ歩こうよっていう弱い自分と、いやいや歩いたらアカン、どんなに遅くても走らなアカンっていう強い自分のせめぎ合い。
エア嘔吐をきっかけに一度歩き始めたら、もう後はなし崩し的に歩く時間の方が長くなって、あ~、終わったなっていう感じでした。

走らなきゃ走らなきゃって思ってももうクタクタで足が出ない。
よし、次の信号まで歩いて、あそこから走ろうと思って走り始めても、長くは続かずまた歩いてしまう。
あ~、相変わらず根性無しやな~。

ずっと俯いて走って(歩いて)いて気付かなかったのだけど、ふと顔を上げたら、雄大な大山が目に入りました。
山頂にはガスがかかっていたけど、まるで絵葉書みたいにくっきりと美しい大山が見えました。

あ~、この辺りの人達は毎日こんな風に大山を見てるんやな~、エエとこやなぁ、よっしゃ、オレも大山に向かって帰ろうって思って相変わらず走ったり歩いたりだったけど、少しづつゴールに近づきました。

『40km地点』と書かれた表示を過ぎて、かなり走ったからもう1kmちょっとかなぁって思ったら、『あと2km』の表示があってがっかり(^^ゞ。
え~、ウソやろ~『40km地点』からまだ195mしか走ってないってことはないやろ~(>_<)。
あ~、思い出した、去年もこの表示でがっかりさせられたんだった~(^^ゞ。

もしも、受け狙いでわざとあんなデタラメな表示を出しているのだとしたら、やっぱりおもろいがな皆生~!

ゴールの陸上競技場の直前にある赤信号で止まりました。
何人か止まっていました。
去年はここで悪知恵を働かせてダッシュしたなぁって思い出しました。
あんなことしたから今年は罰が当たったのかなぁ(^^ゞ。
今年はダッシュで抜け出す元気はもう全く残ってなくて、だけど、フィニッシュする時は前後に他の選手がいない方がいいので、信号待ちの選手の中で最後尾になるように競技場に入りました(^^ゞ。
去年とエライ違いや(^^ゞ。

c0236857_07524860.jpg

c0236857_07525495.jpg
10kmごとのタイムを昨年と比べてみると、こんなんでした。
       昨年      今年
~10km   1:01:14    1:02:03
~20km   0:59:30      0:58:15
~30km    1:06:19      1:08:00
~40km    1:10:12      1:28:00

前半を抑え気味に走ったつもりだったけど、30kmまでは殆ど同じやったんや!
30km以後の落ち込みが酷いな。

去年は最後の10kmで何度か歩いたので、今年は歩かなければ去年の記録を短縮することは簡単とは言わないけど、まぁそう難しいことではないだろうと思っていたのですが、何が何が、甘かったな~。

でもまぁ、楽しかったからエエかな(^^ゞ。
結局いつもここに落ち着くな(^^ゞ。

昨年の記録を更新するどころか、26分も遅かったけど、これがボクの実力です。
一生懸命走ったので、満足しています。

このバナーをポチっとしていただけたらたいへん嬉しいです。
よろしくお願いしま~す(^^ゞ。


にほんブログ村

by piyopiyodesu | 2017-07-25 06:00 | 皆生トライアスロン | Comments(6)  

皆生トライアスロン2017参戦記 5 バイク

 保水タオル、バイクジャージ、レースナンバーベルト、ヘルメット、サングラス、手袋を装着して、脱いだウェットスーツ、スイムキャップ、ゴーグルをトランジションバッグに適当にグイグイ押し込んでフックに掛けたらバイクまで裸足で走りました。

乗車は上手くできてすぐにペダリング開始。
まだ1kmも走らないうちに、時々コメントを書いてくれる女性アスリート、runrunrunさんに追いつきました。
彼女とはFBではお友達になってメッセージのやりとりはしていたのですが、前日に初めてお会いしてお話したばっかりだったんです。

「お~、スイム速かったんやね~。」(翌日に記録を見たらボクより1分速かった)
「その分バイクで抜かれまくりです(^^ゞ。」
「それじゃ頑張りましょう!」

ってな短い会話がありました。
この彼女、ランでもお会いしたのですが、信じられないようなタフな精神力の持ち主でたまげました。
その件はまた後で(^^ゞ。

 前にも書きましたが、皆生のバイクコースは変化に富んでいてとても楽しいです。
狭い道や、広めの歩道を走ることもあるので、歩道と車道の段差とかコンクリートの仕切りなんかには要注意ですが、緊張感があってそれさえも楽しいと思えます。

c0236857_23023980.png

あ~、オレは今、皆生を走ってるんだ、皆生の真っただ中にいるんだって思うと嬉しくて楽しくて、感謝の気持ちでいっぱいでした。
皆生に出してもらうのに2回落ちて3回目でやっと出してもらえたのが去年のことで、今年だって当たるか落ちるかわからなくてドキドキしてましたからね~。
こうやって皆生を走れるだけで幸せだって思いながら走っていました。

c0236857_07522738.jpg

エイドや、応援してくれる皆さんの前を通過する時は、できる限り大きな声で
「ありがとうございまーす。」
とか
「ありがと~。」

って言いました。
『ありがとう』っていう言葉は不思議です。
口に出して言えば言うほど元気になっていくのを感じます。
言われる方もきっと喜んでくれるに違いないと思って、何度も何度も大声で言いました。
もし、日本野鳥の会の人がカウンターを持ってボクに着いて走りながら『ありがとう』の回数をカチカチ数えてくれてたら、300回?そこまで多くはないか?いやっでも、ランも合わせたらそれぐらい言ったかも、う~ん、250回ぐらいかな(爆)。
まぁ、それぐらい何度も何度も「ありがとう!」って言いました。
言われた方も絶対嬉しいですよね。
気のせいかもしれないけど、ボクの前の選手が通過する時より、ボクが「ありがとう~!」って言いながら通過する時の方が声援も多かったし声も大きかったように思います。

まだ40kmも走らない所で、交通量が多い国道181号線を横断するのに降車して地下の歩道をバイクを押して歩くんですけど、歩く距離は50mぐらいかな?案外長くて、そこで去年もそうだったけど、まだちょっとしか走ってないのにもうかなり脚が疲れていると思って愕然としました(^^ゞ。
まだ100km以上残っているのに、こんなんでバイクの後に42kmも走れるんやろか?って不安にさせてくれる地下歩道です(^^ゞ。
ゆるやかなスロープにはカーペットが敷いてあるんですけど、スピードプレイのクリートにクリートカバーを着けているから滑りそうで怖いです。
こんなところで滑って転んだらカッコ悪いですもんね。
ボクの周囲には走っている人は一人もいなくて、皆さん恐る恐る早歩きみたいな感じでしたね。

昨年ボトルが幾つも落ちていて危ないと思った場所はこの辺りだったかな~?って注意して走ったんですけど、今年は落ちていませんでしたね(^^ゞ。
ウソを書いたわけじゃないんです、去年は本当に幾つも落ちている場所があって踏みそうになってドキっとしたんです、本当です、信じてください(^^ゞ。
何であんなことになったんやろ?

エイドではスイカも食べたしメロンも食べたし、2回ぐらいは頭から水をかけてもらいました。
「頭からお願いしま~す。」
って言って水掛け隊員達の前で停車すると、大喜びでドバドバ掛けてくれるんですけど、飲むのに気持ちいいぐらいの冷水だから、思わず呼吸が止まりそうになるぐらいの冷たい刺激で頭がシャキっとしましたね。
これぞ夏のトライアスロンの醍醐味よ~ってな感じです。

大山観光道路の上り坂で大山乗馬センターの前を通過した時に、大学の馬術部時代の後輩のKさんが馬に乗っているのが見えたので、声をかけました。
エイドに、去年はたしか無かったと思うんだけど、今年はお茶のボトルがあってもらって飲んだらとても美味しかったです。
コーラは元々あんまり好きじゃないし、エネルギー補給は自前ので足りていたし、水は身体にかけるには使ったけど、飲むとボトル臭がして美味しくなかったので、お茶をゴクゴク飲みました。
あれはなかなか良かったな、来年も(出られるかどうかわからないけど)続けてほしいですね。

c0236857_07523468.jpg

バイクの前半ぐらいまでは曇りでしたが、94kmの中山温泉のエイド辺りから日差しがでてきて気温が上がってきたように思います。
それでも、皮膚の露出を最低限(膝と首と顔だけ)にしていたのと、保水タオルの効果で暑さを感じずに走ることができました。

残り20kmぐらいかな?米子自動車道の側道が終わる頃に、そのちゃんを気付かずに追い抜きました。
「かっぱさ~ん。」
って後ろから声を掛けられて、何でかっぱや?と思って振り向いたらそのちゃんでした。
たぶん、白いバイクジャージの下に青い保水タオルが透けて見えていて河童の背中の甲羅みたいに見えたのかなぁって思うんですけど、どうかな?
いつもバイクフィニッシュのスプリットまではそのちゃんの方が速いので、
「ありゃっ、そのちゃん調子悪いんですか~?」
って聞いたら
「こんなもんですよ~。」
ってことでした(^^ゞ。

「今、何位ぐらいなんでしょうね~?」
って聞いたら
「300台ぐらいですかね~。」
まっ、そんなことはどうでもいいですね。

しばらくボクが前を走っていたのですが、そのちゃんには残り5kmぐらいの日野川の土手で抜き返されました。
残り10kmからはランへの準備だと思ってギアを一つ軽くして、速度が少し落ちてもいいのでケイデンス高めで走りました。
その方が、ランで走り始めた時に少しは速いピッチで軽快に走れるような気がするんですけど、その効果の程は????です。
だってね、ケイデンスを上げた場合とそうでない場合とを、他の条件を全く同じにして比較することなんてできないですもんね(^^ゞ。
効果がありそうな気がするかどうかで判断するしかないですよね(^^ゞ。

なんとか無事にバイクフィニッシュできました。
記録は5時間34分51秒で341位でした。
昨年は5時間33分47秒で368位だったので、順位は少しだけ上がったけど、タイムは1分ほど遅くなってました(>_<)。
初皆生の昨年は、しっかり楽しませてもらおうという気持ちが強く、中山温泉のエイドでは下車してスイカとメロンを食べまくったり、エイドで何度も水をかけてもらったりしたので、普通に走れば昨年よりは絶対速いはずだと思っていたのですが、不思議です(^^ゞ。
1年でボクの体力がそれだけ落ちたってことですね(>_<)。
認めたくないけど、たしかに落ちていることを、事あるごとに感じています(^^ゞ。
まっ、しょうがないよね~(^^ゞ。

「ありがとう」効果で元気が出たんじゃなかったのか?って思われる方もいるでしょう、「ありがとう」の効果なかったやんって思われるかもしれませんが、昨年も「ありがとう」を言いまくってましたから、昨年の記録とほぼ同じになったのは自然なことなんです(^^ゞ。
上り坂が苦手なボクにとっては苦しくて暑くてキツイバイクコースなはずなんですけど、楽しく気持ち良く走ることができました。

やっとバイクまで終わった~(^^ゞ。
下のバナーをポチっとしていただけたらたいへん嬉しいです。
よろしくお願いしま~す(^^ゞ。


にほんブログ村

by piyopiyodesu | 2017-07-24 08:39 | 皆生トライアスロン | Comments(2)  

湯原温泉トライアスロンを完走しました~(^^ゞ

 なんとか完走しました(^^ゞ。
3度目の出場でも冷たいスイムには慣れませんでした(>_<)。
かなり平泳ぎしたり、ライフセーバーのボードに掴って休ませてもらったりしましたが、後半はペースアップできて、去年より2,000mで3分1秒速かったです。
バイク65kmも2分47秒速く、絶対去年の方が速く走れたよなぁって思いながら走ったラン18kmも32秒だけだけど速くなっていました。
トータルでは6分20秒も速かった~(^^ゞ。
去年がどれだけ遅かったんや!ってことだから、喜んでいいのかどうだか微妙ではありますが、過去の記録を更新するなんてご無沙汰なので、ここは素直に喜んでおきます(爆)。
平凡な記録だけど嬉しい~(^^ゞ。
タオル逆だし~(^^ゞ。
c0236857_20435902.jpg
c0236857_20444405.jpg
あ~、しばらく休める~(^^ゞ。←皆生の前も後も、ずっと休んでたクセに(^^ゞ

ラン18kmは短いようで中途半端に長いです(^^ゞ。
クッタクタになりましたが、それでもロングの後に比べるとダメージは小さいですね。
新しいバナーをポチっとしていただけたらたいへん嬉しいです。
よろしくお願いしま~す(^^ゞ。



にほんブログ村

by piyopiyodesu | 2017-07-23 21:03 | 湯原温泉トライアスロン | Comments(0)  

湯原温泉に来ました(^^ゞ

 岡山県真庭市の湯原温泉に来ました。
明日は湯原温泉トライアスロンに出場します。
予想最高気温が33℃の暑~い一日になりそうですが、皆生の半分以下の距離だと思えばちょっと気持ちが楽になるかな(^^ゞ。

c0236857_20532047.jpg
c0236857_20542515.jpg
c0236857_20550265.jpg
明日は死なない程度に頑張りまーす(^^ゞ。

昨年の湯原温泉トライアスロンのフィニッシュ後の写真をポチっとしていただけたらたいへん嬉しいです。
よろしくお願いしま~す(^^ゞ。


にほんブログ村

by piyopiyodesu | 2017-07-22 20:55 | 湯原温泉トライアスロン | Comments(0)