<   2016年 09月 ( 28 )   > この月の画像一覧

 

50kmノーストップトレーニングx2本

 9月29日木曜日。
左足が痛くてまだ走れないので、バイクでしっかり走ろうと思っていましたが、雨(>_<)。

普通なら3本ローラーでトレーニングするところだけど、外を走りたい気分だったので、雨でも安全に走れる加古川河川敷のマラソンコースを走ることにしました。

ゆるいクランクが2ヵ所あるので、そこだけ気をつけたらほぼ直線なのでよほど下手なことをしなければ落車はないし、クルマは走ってないし、バイクが汚れるのさえ厭わなければなかなか便利なコースです。

平坦なので上りの練習にはならないけれど、その分足を止める所が全くないので、まさにノーストップトレーニングです。
まるで3本ローラーのような実走です(^^ゞ。

ちょっと増水するとすぐに冠水する場所が1ヵ所だけあって、こんなことになっていました(^^ゞ。
左側は加古川、右側は水路、中央が道です(爆)。

c0236857_20455907.jpg
20mほどだったので、強行突破しようとしたら思いのほか深くて下りちゃいました(^^ゞ。
帰りはギアを軽くして乗ったままで突破しました(^^)v。

c0236857_20460488.jpg
100km走るつもりだったのですが、ヘロヘロになってしまったので、残りは午後の部で走ることにしました(>_<)。
今のボクには、100km通しで走る体力はありません(>_<)。
c0236857_20465953.png
冠水場所は最初に1往復しただけで、2周目からは冠水場所の手前までで折り返し運転したので、短い区間を行ったり来たりで退屈しちゃった(^^ゞ。
遅いけどいいトレーニングになった・・・・と思いたい(^^ゞ。
c0236857_20481817.png
アストロマンに変身した瞬間の、下の写真をポチっとしていただけたら、たいへん嬉しいです。
よろしくお願いしま~す(^^ゞ。


にほんブログ村

by piyopiyodesu | 2016-09-30 07:53 | トレーニング | Comments(0)  

変形性関節症ではなかった

 GPTをフィニッシュした後、左足の母指球辺りがすごく痛くて、普通に歩けないぐらいでした。
GPTの2週間ぐらい前から少し痛かったけど、走っている間は痛くないもんだから、GPTでは全く気にすることなく精一杯走ったのですが、走り終えたらかなり痛かった。

オレの左足よ、走っている最中は一言も「痛い。」とは言わずに耐えていたのか?
まるでおしんみたいな健気な足だ(^^ゞ。

月曜日は腫れて熱を持ってじっとしていても少し痛いぐらいだったのが、火曜日には体重を掛けたり親指を曲げるような動きをしなければ痛みは感じなくなったのだけど、ちょっと気になったのと時間がとれたので、火曜日に整形外科で診てもらいました。

今年の1月に、右足が同じように痛くなって診てもらった時は、変形性関節症と診断されました。
その時のレントゲン写真です↓。
部分の骨の角が丸いのが正常で、尖っているのが骨の変形だと説明してもらいました。

c0236857_13521283.jpg
左足もてっきり同じ病名だろうと思っていたのだけど違いました。
左足の写真↓。
部分は尖ってなくて丸いので、変形性関節症ではないそうです。

c0236857_13522080.jpg
それじゃぁ、何なんだ?ってことになりますわなぁ(^^ゞ。

先生曰く、痛風の可能性もあるよと(>_<)。

ビールよく飲むか?脂っ濃いモンよく食うか?魚卵よく食うか?と幾つか聞かれたけど、どれも当てはまりましぇ~ん。

尿酸値が髙かったことなんかありましぇ~ん(^^ゞ。
風が吹いたぐらいでは痛くありましぇ~ん(^^ゞ。

痛風ではないと思う(^^ゞ。

変形性関節症ではないので、痛くなければ運動してもいいよということでした。
右足は、1月以降は違和感はあるものの痛みというほどの痛みは感じずに経過しているので、おそらく左足も徐々に痛みが引いて、1週間か遅くても2週間もすれば走れるようになるのではないか?と楽観的に思っています。
それまではクロストレーニングとしてバイクでしっかりトレーニングするつもりでいます。

下の写真をポチっとしていただいたからと言って、ボクの足が早く治るわけじゃないけど、病は気からと言いますからね、インポイントが増えるとそれだけボクのことを心配してくれてる方がいるんだなぁってことで嬉しくなってきっと早く治ると思うので、ポチっとしてください(爆)。
よろしくお願いしま~す。

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

by piyopiyodesu | 2016-09-29 08:46 | その他 | Comments(4)  

GPTin加西2016参戦記3

 最終戦だし、3時間以内に終わるショートの大会だし、ランの途中で体力が切れることになってもいいから攻めていくつもりでした。

キックは第1ブイまでは4ビートでロングの時よりはしっかり蹴りました。
何度か頭を叩かれることはあったけど、その分ボクも叩き返したので(故意じゃないですよ(^^ゞ)、まぁなんとか引き分けかなぁっていう感じで(^^ゞ、いつもならすぐに引いてしまうボクですが、積極的に前に前に出ました。
コレ↓を見たらほぼ直線状に最短距離で泳げたのではないかと思うんだけど、ガーミンの距離は1,856mでした。
ブイはよく見えていたし、波も流れもないし、356mも余計に泳いでないと思うんだけど、GPSの精度の問題かな。
昨年と全く同じコースのハズなんだけど、昨年よりも全てのコーナーのブイが、外側(岸に近い側)にあったような気がするので、1500mより長かったのかもしれません。
他の選手の皆さんはどうでしたか?
c0236857_07474759.png
300mぐらい泳いだ辺りで、いつもよりペースが速かった(つもり)せいで呼吸が荒かったのか?水をがばっと吸ってしまって気管に入ってひどくむせました。
水中でゴホゴホ咳をしながら泳いでたら、焦ったせいか二度三度と続けて気管に水が入ってプチパニックになってしまい、しばらく平泳ぎして咳が落ち着くのを待ちました。

1分?いや2分ぐらい平泳ぎしてたかも。
その後は、慣れないことは止そうと思っていつも通りのゆる~い2ビートキックで泳いだのですが、気持ち良くスイスイ泳げて、30分ぐらいかなぁって思いながら上陸してガーミンを見たら、たしか37分ぐらいだって(早めにスタートさせたからなんだけど)たまげました(^^ゞ。
公式記録では、35:01で200人ぐらいの中で92位でした(>_<)。

オーマイガッ!

いつも通りと言えばいつも通りなんだけど、できれば30分を切りたかったんだけど、切りたかったら練習しなさい!っちゅうことですね(>_<)。
佐渡の落車の傷があって佐渡以来泳ぎたくても泳げなかったっていうことがあるにせよ、速くなりたかったら練習せなアカンっていうのは、スイムもバイクもランも一緒ですね~(^^ゞ。

それにしても、泳いでなくても速くはならないかわりに遅くもなってないということはだな、オレの泳ぎは既にそれなりに完成の域に達しているってことではないのだろうか(爆)。
今からジタバタしても速くも遅くもならないんじゃなかろうか?
それならスイム練習にかける時間を、バイクとランと睡眠(^^ゞにかけるのが得策やんなぁ(^^ゞ。

こういう考え方はたぶん間違ってるなぁ(^^ゞ。

昨年に続いて職場の仲間が女性ばかり5人応援に来てくれていて、池から上がってきて彼女達の目の前を通り過ぎる時に、大きな声で応援してくれていたのに、ウェットスーツを脱ぐのに集中していてま~ったく気付かず、ちょっと通り過ぎてからやっと気付きました(^^ゞ。

自分で言うのもなんだけど、オレの集中力ってやっぱり凄いな(^^ゞ。
ぼ~っとしているだけとも言えなくもないけど(^^ゞ。←ほっといてくれ!

T1は特に問題なく無難にこなしてバイクスタートしました。

落車や接触がないように、そして救急車のお世話になることがないように(^^ゞ十分に注意して、コーナーでは無理な速度では進入せずに安全な速度まで減速して立ち上がりにダンシングをして早く巡航速度まで上げるようにしました。

前車を抜く前には右後方をチラっと見て、抜いた後にキープレフトに戻る時も左後ろをチラっと見て、いつもやってるつもりのことだけど、佐渡であんなことになった後なので、今まで以上に安全に注意して走ったつもりです。

ご近所さんトライアスリートのBさんが、バイクコースの直角コーナーで応援してくれていて、写真を撮ってくれました。
Bさん、ありがとうございます。

c0236857_14074872.jpg
1周目はちょっとしんどかったけど、2周目からは徐々に上げてなかなかいいペースで走れたと思っていたのだけど、後で結果を見たらそうでもなかったです(^^ゞ。
c0236857_07475593.png
40km走って平均時速は31.0kmでした(^^ゞ。
大したことねぇ~(^^ゞ。
↓ゾーン5はなくてもいいけど、ゾーン4をもう少し長く頑張らないと、そう簡単に自己ベスト更新なんてできひんわなぁ(^^ゞ。
走っている最中はそれなりに頑張っているつもりやったんやけどなぁ。
c0236857_07480226.png
公式記録では、バイクは1:21:32で59位、スプリットは65位でした。
スイムが92位だったので、T1とバイクで27番上がりました(^^ゞ。
オレらしいかな(^^ゞ。

T2もほぼ無難にこなしてランスタート。
バイクではガーミンはたまに心拍数を見るぐらいで、経過時間とか時刻とかは一切見ないし、見てもワカラナイので、ランをどれぐらいの時間で走ったらどれぐらいの記録になるか?なんてことは全くワカラナイまま走り始めました。

バイクでガーミン見て速くなるなら見ますがな(^^ゞ。
ガーミン見たって速く走れないもんは速く走れヘンのよ(^^ゞ。

c0236857_07480909.png
走り始めて200m走った辺りで、ご近所さんトライアスリートで地元加西のkamipackさんが、「頑張って!」とかなんとか声をかけてくれて抜いていかれました。
「何周目ですか?」
って咄嗟に聞いたら
「3周目!」

って、無茶苦茶速いですやん!
5km20分以上の差やな。
バイクのアベレージが37km/hだって(@_@)。
モーターが仕込んであるんちゃうか(爆)。
kamipackさんは総合4位でエイジでは1位でした。
素晴らしい~!
おめでとうございます。

↓ボクはこんな感じ(^^ゞ。
自分で言うのもなんですが、一切手を抜かずに必死に走りましたよ~。
本部前に戻ってくる度に、職場の仲間が応援してくれるので、頑張りました。

これ以上速く走るのは無理(^^ゞ。
c0236857_11120912.png
朝は雨が降ってきそうな空模様だったのに、ランの頃には晴天になって暑かったなぁ。
アームカーバーはいらないと思ってスイムスタート前に外したんだけど、外さない方が良かったかも。
かなり日焼けしました。

暑いのに汗があまり出ないから、エイドの度に水の入った紙コップを二つとって身体に掛けて走りました。
飲んだら飲んだだけ重くなるので、飲んだのは二口か三口ぐらいだったかなぁ。

c0236857_07481545.png

ロングの大会の42kmもしんどいけど、ショートの10kmもしんどいね~(>_<)。
50分頑張ったら終わると思うから走れるけど、走り始めのキツイことキツイこと(>_<)。
何度経験してもあのキツイのは変わらんなぁ。

ランの公式記録は45:56で28位。
総合では2:42:29で47位でした。
スプリットが65位だったので、T2とランで18番上がったってことですね。

c0236857_13523020.jpg

やった~!
今年のトライアスロンはこれで全部終わりや~。
もうしばらくはトライアスロンのことを考えなくていいぞ~(^^ゞ。
オレは自由の身になったのだ~(爆)。
c0236857_18032551.jpg
またバスタオルが増えた(^^ゞ。
今年6枚目(^^ゞ。
今年中にあと2枚増える予定(爆)。
c0236857_18031900.jpg


応援に来てくれた職場の仲間。

c0236857_21532541.jpg
今年もフィニッシュ後に美味しい食事をいただきました。
昨年はなかったおでんが復活していて嬉しい~(^^ゞ。
おでんも豚汁もかなり量が多いんですよ。
選手だけでなく、その家族も無料でした。
ありがたいね~。
Bさんはボクの家族同然ということで一緒にいただきました(^^ゞ。

c0236857_18033150.jpg
表彰式と閉会式。
エイジは10歳刻みで、50代男性のエイジでは5位でした。
エイジ3位の選手とボクとは38秒差だったので、スイムで平泳ぎしないでもうちょっと頑張ってたら、ひょっとしたら初の入賞のチャンスがあったかもな~って思うとちょっと残念でしたが、これもまぁ実力の差ですね。
そんなこと言い出したらキリがないもんね。
勝つ選手は勝つべくして勝つ、負ける選手は負けるべくして負けるもんですね。

あの選手を抜いたら3位になれるっていう選手が、マラソン大会のペーサーみたいに風船でも上げて走っててくれたらもうちょっと速く走れたかもしれないけど、世の中そんなに甘くはないよね~(^^ゞ。
また来年頑張ろう~!
お~!

c0236857_18033834.jpg
ショートの大会に出るために遠征する気はもうぜ~んぜん無くなってしまったので、今後もロングがメインでショートはこの大会だけになるでしょうね。

末永くこの大会が続いてくれることを希望します。
いい大会です。

大会関係者の皆さん、美味しい食事を用意してくださった地元の皆さん、交通規制して不便をおかけしてしまった地域の皆さん、手伝ってくれた地元の高校生の皆さん、ありがとうございました。
また一つ楽しい思い出が増えました(^^ゞ。
みんな、ありがとう~!

剱号、お疲れさま~(^^ゞ。
もっと速く走らせてやれたらいいんだけど、速いと危ないからね(^^ゞ。
今回は倒されたりぶつけられたりしなくて良かったね~(^^ゞ。

c0236857_18034700.jpg
帰りに道端で栗のイガを見つけて、栗拾いして帰りました(^^ゞ。

c0236857_07594397.jpg
下の写真をポチっとしていただけたらたいへん嬉しいです。
よろしくお願いしま~す(^^ゞ。


にほんブログ村




by piyopiyodesu | 2016-09-28 08:02 | グリーンパークトライアスロンin加西 | Comments(6)  

GPTin加西2016参戦記2

 9月25日日曜日、5時に起きて、頂き物の真空パックの丸餅を5個焼いて、インスタントの味噌汁に入れて食べました。
剱号のタイヤに空気を入れて、トライスーツを着て6時過ぎに自宅を出ました。

選手用駐車場から大会会場までは1km近くある?ので、ヘルメットを被って荷物の入ったCEEPOのロゴ入りバッグ(昨年の湯原温泉トライアスロンの参加賞)を背負ってバイクで会場に行きました。

大会長の加西市長さんは、第10回記念大会が東京オリンピックの年と重なることもあって、内陸部のため池を泳ぐ珍しい大会として、全国のトライアスリートに知られるようなもっと大きな大会にしていきたいと仰っていたけど、トランジション会場は既に満杯です(^^ゞ。
まあ、そう言ってるだけで、第10回大会も同じぐらいの規模じゃないでしょうか(^^ゞ。

c0236857_18021679.jpg
この立派な公民館で、最終選手登録をして、左腕にマジックでレースナンバーを書いてもらいました。
c0236857_18020404.jpg
レスキューの皆さん、いつもありがとうございます。
今回は数人のダイバーの方も、水中から我々を見守ってくださっていましたが、台風の影響で例年よりも濁りが酷くて伸ばした自分の手がやっと見えるぐらいだったから、スイム中に沈んでしまったら発見してもらうのはかなり困難だったのではないか?と思います(^^ゞ。

c0236857_18021013.jpg
剱号セット完了!
水色キャップの佐渡のボトルには、身体にかけても飲んでもいいように水を入れておきましたが、スタート前は曇りで雨が降り出しそうなぐらいだったので、必要ないと判断して置いていきました。
エアロボトルには、スポーツドリンクパウダー+クエン酸+粉飴で500ccで250kcalぐらいのドリンクを入れておきましたが、半分ぐらい残ってました。
c0236857_18022315.jpg
スイム会場の皿池です。
見た目の水は決して綺麗ではないけれど、ヘンな味も匂いもなくて、透明でないだけで綺麗です(^^ゞ。

c0236857_18023139.jpg
黒いスロープと赤いカーペットの階段は、スイムフィニッシュして上がって来るところです。
c0236857_18023749.jpg
幟が新しくなってましたね。
c0236857_18024417.jpg
ランは池の周囲の遊歩道と歩道2.5kmを4周する10kmです。
c0236857_18024967.jpg
池の中に島があって、この橋を渡って右側に下りた辺りがスイムスタートです。
c0236857_18025657.jpg
c0236857_18030538.jpg

バイクは1往復10kmの完全交通規制のコースを4往復するのですが、Uターンと直角コーナーが何度もあるので、比較的平坦なコースの割には平均スピードは上がりにくいかな。

c0236857_09441438.png
バイクで選手同士の接触事故が1件あり、落車はなかったけど、一人はレース続行中に痛くてお医者さんに診てもらったらドクターストップがかかって病院で鎖骨骨折がわかったそうです。

閉会式の中で競技委員長からそういう説明があったのですが、今一つ要領を得ない説明で、言葉もはっきりしないので、どういう状況で起きた事故なのかが断片的にしかわかりませんでした。
来年も出場する選手も多いはずなので、今後の事故防止のためにも大事なことなので、もうちょっと詳しく説明して欲しかったと思います。

こんなこと書くと失礼だけど、トライアスロン連合の方の中には、プロのアナウンサーじゃないんだからしょうがないことなんだけど、発音が不明瞭過ぎたり早口過ぎて、何を言ってるのか?さっぱり理解できない方がちょいちょいいらっしゃいますね。
今のは日本語か?外国語じゃないのか?って思うこともあります。
大勢の前で大切な話をするんだから、はきはきとゆっくり話して欲しいものですって、ここで書いてもしょうがないよね(^^ゞ。

 昨年、本部前の最も応援が多い所でUターンする時に、回り切れずに側溝に落ちた選手がいたそうで、側溝に蓋がしてありました(^^ゞ。
c0236857_18031369.jpg

スイムは、白キャップの1組が8:55スタート、赤キャップの2組が9:00スタートのウェーブスタートでした。
ボクは1組。
2組は初出場の選手と女性選手っていう感じの組み分けかな。

1分半ぐらい前にガーミンをスタートさせて、デバイスロックをして、ギリギリ足が着く岸近くでスタートの合図を待ちました。
左回りのコースなので、ブイのすぐ右側を泳ぐような左端のインベタコースを泳げるように位置取りしました。

いつものように間の抜けたフォーンが鳴って一斉にスタートしました。

続く・・・・(^^ゞ。

下の写真をポチっとしていただけたらたいへん嬉しいです。
よろしくお願いしま~す(^^ゞ。


にほんブログ村


by piyopiyodesu | 2016-09-27 07:27 | グリーンパークトライアスロンin加西 | Comments(0)  

GPTin加西2016参戦記1

 2016年のトライアスロンの最終戦、第6回グリーンパークトライアスロン(GPT)in加西に出場しました。
ボクがトライアスロンを始めた2013年の第3回大会から4回連続の出場です。

 24日の土曜日に、仕事を終えて一旦帰宅してから加西市の受付会場に行きました。
ウチからクルマで20分か25分ぐらいです。
ウチから最も近い場所で開催されるトライアスロン大会なんです。
エントリー料だけで出られる(交通費や宿泊費が不要)大会なので、よほどのことが無い限りは今後も出続けるつもりです。


トライアスロン会場では時々見かけるこのクルマがありました。
c0236857_18004399.jpg
選手に無料で1本配っていたので、ボクも有り難く頂いて写真を撮らせてもらいました。
このお姉さん、IM北海道でも見たような気がするんだけど、北海道には行ってないって言ってたな、どこかで見たような気がするんだけどなぁ。
アストロマンポロシャツ1号を着ています(^^ゞ。

c0236857_18005155.jpg
先日、ヘルメットを買ったショップが出店していました。
c0236857_18005871.jpg
長いこと売れ残っていたのか?ちょっと汚れがあったけど、元は1万円以上の値札の付いてるシマノのジャージが1,000円だったので、佐渡でチョキチョキされてしまったジャージの代わりと思って買いました(^^ゞ。
バイクジャージはあんまり持ってないんですよ。
洗濯したら綺麗になりました(^^)v。
c0236857_18010403.jpg
参加賞のTシャツは黒か紺が多いので、たまには白いのがいいね。
c0236857_18011070.jpg
昨年までは受付と競技説明会は体育館で行っていましたが、今年は昨年までのカーボパーティ会場に変更されていました。

c0236857_18011620.jpg
毎度毎度の加西市長さん、加西市議会議長さん、加西市選出県会議員さんの挨拶を拝聴しました。
市議会議長さんは、開口一番、富山市議会議長とは違います!と言って笑いをとっていました(^^ゞ。

政務調査費なんていらんやんねぇ。
もっと審査を厳しくせなアカンよねぇ。
号泣会見の野々村さんのお蔭で悪事が白日の下に曝されていくのはいいことだ。

全国の地方議員さんの一部は、「野々村め~、余計なことしやがって~。」って思ってるんでしょうね(^^ゞ。

c0236857_18012173.jpg
招待選手の山脇(旧姓中西)真知子さんのお話。
この大会に招待選手として出場することになって、休んでいたトレーニングを再開しようとした時に、トレーニングの時間を作るのがタイヘンだったそうだ。
エイジの選手(一般の選手)は仕事をしながらもトレーニングの時間を作るのがタイヘンでしょうが、頑張って欲しい・・・・みたいな話をされたかな。

自由時間がとても長いボクは、もっと頑張らなあきませんね(^^ゞ。
c0236857_18012742.jpg
部屋を移動して前夜祭。
昨年のブログの写真と見比べたら、全く同じ料理でしたね(^^ゞ。
炭水化物は少な目だったかな。
ご飯物とかパンがもう少し多いと嬉しいかな。
まあでもショートの大会にカーボローディングなんて重くなるだけで不要だと思うんだけど、あると食っちまう(^^ゞ。
この前夜祭がなければ、たぶんあと2分は速かったんじゃないやろか(^^ゞ。

c0236857_18013486.jpg
ブログを見ていますと話しかけてくださった、同年代ぐらいで大阪から来られた方がいました。
トライアスロン2年目で、ボクのブログで読んだのがきっかけでGPTに出てみようと思われたそうです。
嬉しいですね。
ありがとうございます。
フィニッシュ後にも偶然会って握手しました。
長いのもおもしろいですよ~(^^ゞ。

写真を忘れたけど、地元加西市の美味しい讃岐うどんのお店『がいなうどん』が今年も出店していて、美味しい玉かけぶっかけうどんを2杯いただきました。


1年ぶりのショートディスタンスは疲れました(>_<)。
ロングとはまた異質の疲労感がありますね。
疲れたので短いです(^^ゞ。

さて、バイクで落車したり救急車で運ばることなく、無事に最終戦をフィニッシュすることができたのでしょうか?
気になる方も、全然興味ない方も、下のフィニッシュ後の写真をポチっとしていただけたらたいへん嬉しいです(^^ゞ。
よろしくお願いしま~す(^^ゞ。


にほんブログ村

by piyopiyodesu | 2016-09-25 20:07 | グリーンパークトライアスロンin加西 | Comments(2)  

不思議な出来事(@_@)

 22日は秋分の日で休みでした。
元々木曜日が休みのボクは、祝日と木曜日が重なると損をしたような気持ちになります(^^ゞ。

今年は、2月11日の建国記念日、5月5日の子供の日、8月11日の山の日、そして11月3日の文化の日と、5日も休みを損しました(>_<)。
あ~、残念!

5日あればロングトライアスロンに一つ遠征できるやん!

来年はどうやろ?
まだカレンダーがないからわからんなと思ったのですが、スマホで見たらエエんやってことに気付きました(^^ゞ。

5月4日と11月23日の勤労感謝の日が木曜日だけど、それだけでした。
よっしゃ、まあまあやな(^^ゞ。

と、ここまではタイトルとは全く関係ありません(爆)。

22日は、25日のグリーンパークトライアスロンin加西で乗る剱号のクリーニングをして、チェーンに注油しました。
計量化のためにスペアタイヤは要らないかな?と思ったけど、万一パンクしても一度だけならレースを捨てずに完走だけはしたいと思って、ツール缶にスペアタイヤとCO2ボンベ1本を押し込んでボトルホルダーに入れました。
スペアタイヤは以前使っていた中古品で、リムテープがタイヤにくっ付いて残っているので、新しいリムテープは不要ですぐに使えます。

佐渡に剱号を送った後は、3本ローラーのローラー間の距離をホイールベースの長い白龍号(Viper)に合わせたので、今もずっと3本ローラーは白龍号で乗っています。

白龍号はブレーキシューもアルミホイール用に換えたので、外を走る時は、トレーニングとして重いアルミクリンチャーホイールで走りたい時は白龍号に乗り、軽いカーボンチューブラーホイールで軽快なサイクリングを楽しみたい時は剱号に乗ることにします。

そんなこと言ってても外ではあまり乗らないと思いますが(^^ゞ。
栗拾いに行くぐらいかな(^^ゞ。
外は危ないもんね(^^ゞ。

と、ここまでもタイトルとは全く関係ありません(^^ゞ。


 剱号のクリーニングをした後に、日曜日の大会の準備をしていて、アストロマンのフィニッシャーポロシャツが2着あることに気付きました(@_@)。
両方ともLサイズ。

c0236857_21472258.jpg
なんたるサンタルチア!

え~、なんで~?
なんで2着あるの?
なんで?

てっきり、旅館で同室だったあにぃのが紛れ込んだのだと思って確認したけど、Mを持ってるって(@_@)。
不思議だ!

いろいろと想像してみました。

仮説①
レース翌日に、佐渡スポーツハウスにポロシャツをもらいに行った時に、Mはもう残ってないと言われてSとLを出してこられたのですが、小さくてピッチピチよりは少しぐらいなら大きめの方がまだマシと思って、Lを袋から出して肩幅に合わせてみたら、そんなに大きくなくてちょうどいいぐらいだったので、これをくださいと言って袋には戻さずにシャツだけをもらって帰ったのだけど、シャツを持ってきてくれた女性がボクに一目惚れして上司に内緒で2着くれた?(^^ゞ。

その後、それが上司にバレて、
「アイツは我々に散々迷惑をかけたゲロヤローなんだぞ!よりによってそんなヤツに2着もくれてやるとは一体どういうつもりだ~!」
と、こっぴどく叱られたかもしれません。

「ごめんなさい、悪いこととは思いながらも、あのお方に一目惚れしてしまったのです。お許しを~。」

な~んてことはないわなぁ(^^ゞ。

仮説②
フィニッシュ後に横になってゲロゲロしていた時に、心配して声を掛けてくれた高校生の男の子が、気を効かせて代わりにポロシャツをとってきてボクの傍に置いてくれてた?
シャツはボクと一緒に病院まで運ばれて、ソックス、帽子、アームカバー、切られたジャージ、外してもらったブラじゃなくてHRセンサーベルトなんかと一緒にレジ袋に入れられていたが、ボクは気付かず持ち帰って洗濯機に放り込んだ?

う~む、一目惚れ説よりはありそうな話だけど、それなら高校生の男の子が
「代わりにポロシャツをもらって来ましょうか?サイズはどれですか?」
って、聞いてくれたんじゃないかと思うんですよね。

仮説③
佐渡から飛んできた(^^ゞ。

仮説④
細胞分裂して増えた(^^ゞ。
もうしばらくすると4着になる(^^ゞ。

仮説⑤
実はフィニッシュ後にもらったくせに、もらっていないフリをして2着目を横領した(>_<)。
そんなことしてません、ウソじゃありません。
本当にしてないんです、信じてください、ボクは無実です。
やってねぇって言ってるだろが~!
↑ムキになるところがアヤシイ(爆)。

そんなことしてたらブログに書かずに黙ってます(^^ゞ。

仮説⑥
実はフィニッシュ後にフィニッシャータオルと一緒にもらったのに、気付かなかった。
イヤイヤ、そんなことはないよね~、サイズも聞かれなかったし、青白のタオルと黒いポロシャツが一緒にあれば気付かないわけないよねぇ?

あにぃの説(^^ゞ
お前(ボクのこと)は他の選手の2倍、面倒をかけたんだっていうことを忘れるなよ!っていう大会スタッフからの怒りのメッセージ(>_<)。

これはまぁ確かにそうなんだけどさ、一体どうやってオレの荷物に紛れ込ませたのさ?
オレ達の部屋には鍵がなかったからね(^^ゞ、部屋に侵入したか?もしかしたら旅館のおばちゃんもグルだったのか?

もっと他に面白い仮説ない?えっ、ない?
こんなこと考えてる時が一番幸せ(爆)。


いやぁ、いくら考えてもなんで2着あるのか?さっぱりわかりません!

え~っと、返す気はありません(爆)。
もらったモノはボクのモノ(^^ゞ。
もう中古になっちゃったしね(^^ゞ。


誰か納得できる面白い説を考えてください。
最も素晴らしい説を考えてくれた方にアストロマンポロシャツを差し上げます・・・・・なんてことは言いません(>_<)。

お願いです、ボクの無実だけは信じてくださいm(__)m。

下の写真をポチっとしていただけたらたいへん嬉しいです。
よろしくお願いしま~す(^^ゞ。
やっぱり①かな?

にほんブログ村


by piyopiyodesu | 2016-09-24 07:58 | 佐渡国際トライアスロン | Comments(6)  

変形性関節症再発

 佐渡トライアスロン後、3日間は筋肉の超回復に必要な時間だと思って、トレーニングは休みました。
4日目からはボチボチ動き始めました(^^ゞ。

c0236857_10315774.png
翌週からは、25日のオリンピックディスタンスのグリーンパークトライアスロンin加西に向けて、距離は短いけどインターバルやビルドアップで速い(と言っても大したことないけど)ペースで走るようにしていました。

c0236857_15184460.png

そうしたら、左足の母指球付近が痛くなってきました(>_<)。
前にも同じところが同じように痛くなったことがあって、整形外科で診てもらったら変形性関節症と診断されたので、再発したのかな?と思いつつも、走っている最中はほとんど痛みを感じないので、気にしないことにして走っていたら、19日にシャワーランした時に、うっかりしてて、使い古してランニングには使わずに普段履きに使っていたランシューズで走ってしまって、それが良くなかったのか、一気に痛みが酷くなってしまいました。

今年の1月に書いた変形性関節症の記事を読み返してみたら、1月に痛くなったのは右足でした。
再発だとばかり思っていたけど、新発でした(^^ゞ。

歩くと痛いけど、走り始めてしまえばほとんど痛みを感じないので、25日のトライアスロン大会には支障ないと思っていますが、酷くなると困ります。

着地時の衝撃が良くないのだろうと思って、21日の昼休みのトレミランは、10%の傾斜をつけて走ったら、着地衝撃は和らぐし、ハムストリングスや尻の筋肉にはしっかり負荷がかかるし、心肺にもかなり強い負荷がかけられていいトレーニングになったけどしんどかった(^^ゞ。
トレミの傾斜はトレーニングになるな!

昨日は走らずに3本ローラー1時間x2本にしときました。

ヒマだったので、佐渡の思い出をファイルしました。

c0236857_07535756.jpg
c0236857_07540370.jpg
レースナンバーは、破れないようにネットに入れて洗濯してあります(^^ゞ。

c0236857_07541463.jpg


c0236857_07541889.jpg
完走証は後日送られてくると聞いていますが、まだ届いていません。
そのうち届くのかな?


下の写真をポチっとしていただけたらたいへん嬉しいです。
よろしくお願いしま~す(^^ゞ。


にほんブログ村






by piyopiyodesu | 2016-09-23 08:07 | ランニング | Comments(2)  

栗拾い

 ウチの近くにみとろ観光果樹園って言うのがあって、その周辺道路は信号がなくて交通量も少なくて、適度に坂もあるので、地元のロードバイク乗り達の練習コースになっているようで、土曜日に出勤する時に、集団で、あるいはソロでバイクで走っている人をよく見かけます。
路面が荒れているところが長いので、ボクはあんまり好きなコースではなくて、そのすぐ近くで一部コースを共有するループコースの方を走ることが多いです。

まぁ、そんなことはどうでもいいのですが、地元紙の神戸新聞に、みとろ観光果樹園で栗拾いが始まったという記事が載っていたので、
「おっ、もう栗の季節かぁ。」

ということで、19日に栗拾いに行ってきました。

と言っても、ケチじゃなくて倹約家のボクが、みとろ観光果樹園に行くわけありません。
栗なんてものは、金を払ってまで食いたいなんてこれっぽっちも思いません(^^ゞ。
ボクが子供時代を過ごした兵庫県佐用町の山奥の家には、栗の木が何本かあったので、虫食いが多かったけど栗はタダで手に入るモノでしたからね。

栗を買うなんてあり得ないなぁ(^^ゞ。
もし、どうしても、買ってでも栗が食べたい!なんてことになればだな、割高な有料栗拾いで自分で拾うなんてことはせずに、お店で買う方がよっぽど安いですよね(^^ゞ。
そんな日は来ないけど(^^ゞ。


近所で、秋になると道端に栗のイガが落ちている場所はだいたい把握しているので、そこに行ってみました(爆)。
栗なんて食いにくいモノは、タダで拾うところに喜びと価値があるのですよ(^^ゞ。
拾ったら無駄にはできないから、しょうがないから面倒だけど剝いて食うモノなんです。

昨年大粒の栗をたくさん拾った大本命の場所は、まだ早いみたいで収穫0でしたが、次の場所に移動する途中で道路に栗のイガが散乱している新規の場所を発見しました!
こんな近くにあったのか!
灯台下暗しとはこのことだ(^^ゞ。
c0236857_22344416.jpeg



c0236857_22350847.jpeg
何ヶ所か回ってこれだけ拾いました!(^^)!。
一回目としてはなかなか多いのだ。
台風の雨風の影響か?まだ若い緑色のイガが落ちていて、その中の栗はまだ白かったけど、栗には違いないから気にしないのだ(^^ゞ。

注意しなければいけないことは、山の中にまで分け入って拾ってはいけないということですね。
県有林とか国有林ならいいでしょうが、山にはたいてい個人の所有者がいて栗の木もその所有者の物だから、山の中に入って拾っちゃうと泥棒になりますからね、あくまでも道端と側溝に落ちているのを勝手にお裾分けしていただいているのだという謙虚な気持ちを忘れてはいけませんね(^^ゞ。

まぁでもなんですね、側溝の向こう側でも手が届く範囲に落ちているのを見つけたら、キョロキョロしてから拾いましたけどね(爆)。
内緒なのだ(^^ゞ。
c0236857_22470134.jpg
面倒臭いけど、その日のうちに皮を剝きました(^^ゞ。

ボクはマイ炊飯器を持っていて、一日二食は玄米ご飯を食べているのですが、しばらくの間は玄米ご飯を炊いて食べます(^^ゞ。
ウチの家族は甘栗とモンブラン以外の栗には見向きもしないので、この栗は独り占めです(^^ゞ。

c0236857_22470794.jpg

あと一ヵ月ぐらいは、休みの日の栗パトロールは欠かせません(^^ゞ。


下の写真をポチっとしていただけたらたいへん嬉しいです。
よろしくお願いしま~す(^^ゞ。


にほんブログ村

by piyopiyodesu | 2016-09-22 09:09 | その他 | Comments(4)  

佐渡の写真

 佐渡国際トライアスロン大会のWebサイトに、記念写真が載っています。
残念ながらボクの写真はフィニッシュ時の1枚だけでしたが、自分が写っていなくても、

「あ~、こんな場所もあったな、このエイド覚えてるよ、ここは景色が綺麗だったな、ここで戻したな(^^ゞ。」

と、いろいろ思い出されて、まだ2週間ほどしか経ってないのに懐かしい気がします。
いい大会だったなぁ。

印象に残った佐渡を象徴するような写真を幾つか選んでみました。

Aタイプのスイムスタート前ですね。
ボクは一番奥の方にいました。
c0236857_16280410.png
スタート直後かな。
前の方の選手は泳ぎ始めていますね。
c0236857_16272106.png

c0236857_16273403.png
大きな『水』の札をつけた子供達が、暑いのに、一生懸命我々を支えてくれました。
まさに命の水でした。
ありがとう。

c0236857_16282624.png
何か木の箱を叩いて応援してくれてましたね。
ありがとう。
c0236857_16285680.png
Z坂が見えてくる場所ですね。

c0236857_16290466.png
Z坂の途中ですね。
c0236857_16291133.png
Z坂を上から見たところですね。
c0236857_16292982.png
大野亀の坂ですね。

c0236857_16294625.png
こんなお面を着けて応援してくれた方がいたなぁ。
c0236857_16300590.png
みんな、いい顔してますね。
一緒にトライアスロンを楽しんでくれてたんだね。
嬉しいな。
この笑顔のお蔭でボクらも笑顔になれました。
みんな、ありがとう。

c0236857_16301208.png

c0236857_16301896.png

c0236857_16302425.png
大会の何日も前から、この日のために何度も打ち合わせして、当日は早朝から準備して暑い中を働いて、片付けて、翌日は仕事や学校ですよね、我々よりタイヘンなんじゃないかなぁ。
ありがとうございます。
写真を見るだけで涙が出る出る。
ホンマにエエ大会やったなぁ。

c0236857_16303238.png
佐渡らしいシーンですね。
c0236857_16304064.png
バイクフィニッシュまで残り10kmちょっとぐらいの場所かな。
海の青さが美しかったなぁ。
宮古島みたいなトロピカルな感じはないんだけど、宮古島の海に負けない美しい青い海でしたね。

c0236857_16304621.png
集落の中の細い路地から出てきた辺りですね。

c0236857_16310444.png
佐渡の子供達かな?
かわいいね!
c0236857_16311570.png
c0236857_16312219.png
すみません、最後はコレ(^^ゞ。
オレの写真はコレしかなかったんですもん(^^ゞ。
c0236857_16314940.png
あ~、もう一度佐渡に行きたい!
もう一度佐渡を走りたい!
毎日そんなことば~っかり思っています。
アカン、病気が増えた(^^ゞ。

下の写真をポチっとしていただけたらたいへん嬉しいです。
よろしくお願いしま~す(^^ゞ。


にほんブログ村

by piyopiyodesu | 2016-09-21 07:36 | 佐渡国際トライアスロン | Comments(0)  

佐渡金山観光

 5日の月曜日は、帰りのジェットフォイルまでにかなり時間があったので、佐渡金山に行ってみました。
大会会場からクルマだと20分ほどでした。

c0236857_22454067.jpg
この日も暑くて汗をかいていたのが冷えて、坑内は涼しいよりちょっと寒いぐらいでした。
c0236857_22454834.jpg
c0236857_22455591.jpg
2コースあって、どちらか片方だけなら900円で、両方なら1,400円でした。
時間があったので両方にしましたが、もしもどちらか片方だけにするなら江戸金山絵巻コースの宗太夫坑の方が不気味で面白いかな(^^ゞ。
c0236857_22460243.jpg
入場券も金ピカでした(^^ゞ。
c0236857_22415817.jpg
左が道遊坑入口で、右が宗太夫坑入口です。
先に道遊坑を1周してきて、ちょっと離れた場所に出るので、土産物店の中を通ってまたここに戻って来て宗太夫坑に入ります。
その後、再び土産物店の中を通って帰るように仕組まれていて、必ず土産物店の中を通過せずには帰してくれないのです(^^ゞ。

c0236857_22464031.jpg
c0236857_22465078.jpg
c0236857_22465890.jpg
c0236857_22470728.jpg
c0236857_22471490.jpg
c0236857_22472128.jpg
c0236857_22472650.jpg
c0236857_22473255.jpg
c0236857_22473998.jpg
c0236857_22474673.jpg

c0236857_22475220.jpg
c0236857_22475727.jpg
c0236857_22480441.jpg
土曜日の夜にブラタモリって言うテレビ番組を放送していて、見たことないんだけど、たまたま見たらここに来ていました。
山のてっぺんで金鉱が見つかって、山が割れるぐらいに掘り下げた場所だそうな。
c0236857_22481054.jpg
c0236857_22481507.jpg
c0236857_22482254.jpg
c0236857_22482746.jpg
c0236857_22490754.jpg
昔使っていた機械や、機械を加工したり修理したりするための機械がたくさん展示してありました。
c0236857_22491323.jpg
c0236857_22492168.jpg
お次は宗太夫坑コース。

c0236857_22493227.jpg
江戸時代の様子をリアルに再現してありました。
c0236857_22494248.jpg
動く人形もあって、リアルによくできていてちょっと気持ち悪い(^^ゞ。
突然停電して真っ暗になったりしたら、発狂するかも(^^ゞ。
c0236857_22494849.jpg
この長い筒状の物は、内部が螺旋構造になっていて、水を組み上げる道具だそうです。
アルキメデスが発明したらしい。
c0236857_22495540.jpg
c0236857_22500244.jpg
休憩所だそうだ。
右端の男の首が時々動いて
「早くしゃばに出て、酒も飲みたいし、馴染の女にも会いたいなぁ~。」
て喋るんです(^^ゞ。
c0236857_22500710.jpg
c0236857_22501345.jpg
↓左端のおっちゃんなんて、まるで生きてるみたいにリアル!
誰かが人形と同じ服を着て人形のフリをしていていきなり追っかけてきたりしたら、たぶんおしっこ漏れると思う(^^ゞ。

c0236857_22504802.jpg
c0236857_22504200.jpg

c0236857_23050623.jpg
c0236857_22502031.jpg
これはテレビで見たことある。
c0236857_22503285.jpg
ここから取り出すことができたら記念品をもらえるそうだ。
12.5kgもあるので、よっぽど指の力が強くないと無理ですね。
c0236857_22503796.jpg
一ヵ所だけですが佐渡観光ができて良かったです。
帰宅時刻が遅くなっても、現地でゆっくり過ごせるように、帰りは遅い便にしておいて良かったかな。

下の写真をポチっとしていただけたらたいへん嬉しいです。
よろしくお願いしま~す(^^ゞ。


にほんブログ村

by piyopiyodesu | 2016-09-20 07:49 | 佐渡国際トライアスロン | Comments(0)