「ほっ」と。キャンペーン

<   2016年 06月 ( 28 )   > この月の画像一覧

 

2016バラモンキング参戦記 5 バイク

 バラモンキング直後の1週間のトレーニングです。
c0236857_21304889.png
スイム 1:25 3,500m
バイク 8:34 279km
ラン  3:26 41km
合計では13:24でした。

昨年も12時間ちょっとはトレーニングしていたので、ほぼ同じぐらいですね。
速くは走れないくせに、長時間労働には耐えられる身体になってきてるのかな?
来年あたり花が咲いてくれへんかな(^^ゞ。

 さて、前回の続きです。

 慌てず落ち着いて白龍号を押して乗車ラインまで走りました。
乗車ラインを数m行き過ぎてから、まずは左足をペダルに着けておいたバイクシューズにしっかり突っ込んで、右足で地面を蹴って乗車すると同時に右足もシューズに突っ込んでうまくスタートできました。

宮古島ではバイクスタート直後にボクの不注意で二度も続けて落車してしまったので、今回は注意していました。
宮古島では焦っていたのかなぁ?
落ち着いてやればこんなに上手にできるのになぁ(^^ゞ。

あ~やれやれ~、何のトラブルなくスイムフィニッシュできて良かった良かった。
やっぱり陸上はエエわぁ~(^^ゞ、肺呼吸できるもんね~。
スイム中でも肺呼吸ですけどね、エラはありませんからね(^^ゞ。

トライアスロンを始めて4シーズン目ですが、未だにOWSには少なからず恐怖感を持っています。
こんな足が着かない海で何か起きたらえらいこっちゃ!
ライフセーバーの方達が見守ってくれているって言ったって、ず~っとオレばっかりを見てくれてるわけじゃないし、溺れたオレを岸まで運ぶのに時間がかかるし、まだ死にたくないっていうことを常に考えているので、息が上がってハァハァゼェゼェ言うような強度では泳がないし泳げません。
蹴られてもど突かれても、不意にゴーグルが外れてもサメがいてもパニくらないように心身ともに十分な余裕を残して泳ぐようにしています。

だから、オリンピックディスタンスの1,500mも、アイアンマンディスタンスの3,800mも目標のペースは同じ100m2分なんですよ(^^ゞ。
今年のバラキンはスイムでスタートダッシュしてみるって前に書いたけど、あれはウソです(爆)。
ゴメンナサイ(^^ゞ。
そんなことして苦しくなって溺れたらどうするのよ!
スイムは安全が一番だべ~(負け惜しみ(>_<))。

そう言えば、スイム中に意識不明で病院に運ばれたというBタイプの選手はその後回復したのかな?
元気になって無事に帰宅できてたらいいんだけど。

 さて、バイクで走り始めてみると、両方のふくらはぎがヘンな感じ。
芯の部分が痛い。
芯って何や?っていう感じだけど、どこやろ?脛骨が痛い感じとでも言えばいいか、今までに感じたことのない痛みがあって、ペースが上げられない。
ふくらはぎが攣りそうな感じがすることはよくある。
ふくらはぎの中をイモムシが這っているような感じがして、ピクンピクンする時はたいてい力んで膝から下に余計な力が入っていることが多いので、膝から下は脱力するように気をつけていたらたいていは1時間も走れば治まるんだけど、この時はバイクの前半は断続的にず~っと痛みが続いていました。

おかしいな、こんなこと初めてやな、テーパーリングで疲労が抜け切れてなかったんやろか?←これは大いに疑わしい(^^ゞ
今更そんなこと言ってももうどうしょうもないので、バイクフィニッシュまでにはなんとか治まってくれないとランがとても心配と思って、無理のない痛くないペースで走っているとですね、まあ抜かれる抜かれる(>_<)。

自分でも呆れるぐらいに抜かれまくりでしたね。

スイムはわざとゆっくり泳いで、バイクとランで追い上げていくというのがいつものボクのパターンなんだけど、まあ抜かれる抜かれる(^^ゞ。

まあしょうがないなぁ、こんな日もあるさ、ランのために体力温存していると思えばエエなぐらいに思って無理のない(痛みがでない)ぐらいのペースで走りました。

思うようなペースでは走れなかったけど、バラモンキングのバイク180kmはとても楽しい時間でした。
エイドはあるし、応援は温かいし、一番長くて傾斜が急(と思う)な上り坂では、お祭り用の大きな赤い団扇を持った応援団が、毎年声をからして応援してくれるもんね。

「一日中そんな大声で応援してたら声がかれちゃうでしょう?ありがとうございまーす。」
って、心配になって逆に応援しちゃったよ(^^ゞ。

幾つかのトライアスロンの大会に出てきたけど、バイクコースに関してはバラモンキングが一番安心して気持ち良く走れますね。
全てのグレーチングとマンホールが完璧にマットで覆ってあるので、パンクや滑って落車する確率が低くて安心して走れるし、温かい応援がありがたいですね。
宮古島もグレーチングはたいてい覆ってあるけど、人家から離れた所は覆ってないところもあるし、マンホールまでは覆ってなかったように思う。

ここで選手が転んだらかわいそうやとか、ここでパンクしたら気の毒や・・・・って気を遣って覆ってくださるんでしょうね。
ありがたいですよね。
そんなことしたって自分たちが得するわけでもなくて、しないならしないで済んじゃうことなのにね。
きっちり覆って、終わったら外して、1年のうちの364日は保管して・・・・よく考えたらタイヘンな作業ですよね。

アイアンマンのことを決して悪く言うわけじゃないけど、IM北海道なんて、な~んにもしてなかったもんねぇ(^^ゞ。
IM北海道ではバイクトラブル(パンクかどうかはわからないけど)らしき選手を大勢見かけたけど、バラキンでは一人二人ぐらいしか見なかったもんね。
IM北海道はそれがIMの基準なんだろうから文句言うわけじゃないけど、バラキン基準は選手にとっては最高のおもてなしですよね。
パンクの心配せずに(全くないわけじゃないけど)、思い切り気持ち良く走れるってのは何より嬉しいですよね。

バイクの序盤で、アップダウンを繰り返すジェットコースターみたいな部分があるんですけど、長い直線を下って一番スピードが出るところに、道路を完全に横切る形でグレーチングがあるんですけど、もしもあそこがマットで覆われてなければ、リム打ちパンクの選手が続出するんじゃないかと思うな。
何が気が重いかって、バイクのパンクほど気が重いものはないですよね。
トレーニング不足で走れないのも、トレーニングし過ぎで走れないのも自分の責任だけど、パンクだけはどんなに気をつけていてもする時ゃするもんね、その危険性をぐ~っと下げて安心して走れるバラキンのバイクコースは最高だわ!

そんな暖かい選手思いのおもてなしの気持ちに対して、我々選手がお返しできることはただ一つ!

感謝の気持ちを持って、ルールを守って一生懸命走ることしかないやんねぇ。

余裕があれば会釈をしたり「ありがとう!」と言ったり手を振ったりできればいいけど、そんな余裕がないことだってあるだろうし、手を離すのが危険な場面だってあるだろうから、感謝の気持ちを持って一生懸命に走ればきっと伝わると思う。

ドラフティングがルール違反だなんてことは、応援してくれている方達はおそらく知らないと思うので、全ての選手に暖かい声援を送ってくれるけど、そういう状況でズルいことができる選手がいるってことが信じられないね。

後半になってやっとフクラハギの痛みを感じなくなって徐々にペースを上げていけたように思います。
後半は抜かれるよりも抜くことの方が多くなって、自分よりもレースナンバーが大きい選手(若い選手)を一人、また一人とポツポツ抜きながら走りました。

日頃のバイクトレーニングで殆ど外乗りをせずに3本ローラーばっかりやってると、たまに外を走るのが楽しくて気持ち良くて、180kmが短く感じられていいかも~(^^ゞ。
10km毎に距離を書いたボードが路肩に置いてあるんですけど、おっ、もう50km走ったのか!えっ、もう100km!?なんかはえぇなって思って得した気分になりますね。
前をよく見ないで走っていると、時々このボードのギリギリを通過してドキっとすることがあります(^^ゞ。←アカンがな~。

宮古島のこのボードはかなりセンター寄りにはみ出ているので、ホンマにやばかったことが何回かあります(>_<)。

3本ローラーする時に、バイクの前にPCを置いてじーじさんの車載動画をYouTubeで何度も見ていたので、じーじさんの速さと自分の遅さのあまりのギャップにがっかりしながら走ったのも事実ですけどね(>_<)。

今はじーじさんの皆生の車載動画を見ながらローラーすることが多いんですけど、またがっかりするからあんまり見ない方がいいかもね(^^ゞ。

3本ローラーで乗る時に、ヘアースタイルの乱れを気にしないでいい出勤前以外はエアロヘルメットを被っていたので、首の筋肉が少しは鍛えられたのか、首が痛くてDHポジションが維持できないということもあまりなく(あまりです、あまり、全然ないとは言えないところがまだ甘い(^^ゞ)、DHポジションで走るべき場面ではほぼDHポジションを維持できたかな。

上りでは敢えて積極的にダンシングも取り入れて、上半身の筋肉が凝り固まってしまわないように、ストレッチを兼ねてほぐしながら走りました。

レース翌日に地元の写真屋さんから買った写真です。

c0236857_10203290.jpg
c0236857_10203871.jpg

続く・・・・(^^ゞ。

下のバナーをポチっとしていただけたらたいへん嬉しいです。
よろしくお願いします。

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村








by piyopiyodesu | 2016-06-30 10:21 | バラモンキング | Comments(4)  

2016バラモンキング参戦記 4 スイム

 冷たい水に慣れるのに時間がかかるボクは、試泳の時間を十分とるために、ウェットスーツを着ていつでも泳げる状態で入水ゲート前でゲートオープンの時刻を待ちました。

話は逸れますが、子供の時、夏に川遊びする時に、水中眼鏡の曇り防止に草の汁を塗っていたので、この時も道端の草を少しちぎって手でよく揉んで出てきた汁をゴーグルの内側に塗りました。
田舎モン丸出しだけど、バッチリ効果あるんですよ!
ツバはよほどドロ~ン(^^ゞとしたのでないと効きませんね(^^ゞ。
プールで泳ぐときは曇り止めを使いますが、屋外では荷物は少ない方がいいし、試泳でゴーグルに水が入ったりしたら流れて効果がなくなりますからね。
草の汁が一番(^^ゞ。
ヨモギが最高なんだけど、なければ何でもよろしい(^^ゞ。
手が緑色になっちゃうけど、泳いでいるうちに落ちます(^^ゞ。

海に入ってみたらちょっと冷たかったけど泳いでいる最中はちょうどいいぐらいでした。
ちょうど1週間前に赤穂の海でOWSの練習をしたせいか、いつもよりもすぐに水に慣れてスイスイ(遅いけど)泳ぐことができました。

おおっ、いい感じやん!これなら目標にしている75分で泳げそうだ!って思ったんだけどなぁ(^^ゞ。
今回のスイムで気をつけたことは、ブイをよく確認して、できるだけ最短距離で泳ぐことと、右利きのボクはどうしても左手のプルが弱くて、水を撫でるような感じになってしまうことが多いので、ピッチは遅くてもいいから一かき一かきをしっかり丁寧にすることです。
今更急に速くなるわけないから、遅くならないように、落ち着いていつも通りの自分なりの一番いい泳ぎができるように心がけました。

いつものようにスタートラインのブイに捉まって、最前列右側からスタートすることにしました。
左側にいる選手がやや多い感じで、昨年よりはバトルが少なかったような気がしました。

恒例の、何を言ってるのかよく聞こえないけど大声で叫んで拳を突き上げること数回、気合が入ってきたよ~。
スタート1分半ぐらい前にガーミン920をスタートさせて、誤操作してしまわないようにデバイスロックしました。
毎度同じちょっと間の抜けた象の屁みたいなホーンを合図に、長い長いレースがスタートしました(^^ゞ。

穏やかな凪の海はプールみたいに泳ぎやすくて、呼吸の時にちょっと頭を上げるだけで第1第2ブイはよく見えました。
ライフセイバーの方の黄色いシャツがブイの色と同じで紛らわしく思うこともありましたが(罰当たりな!)、ほぼ直線状にいい感じで泳げたと思います。

できるだけ最短距離で泳ぐようにしていたら、第2ブイから第3ブイまではブイとブイをつなぐロープがすぐ右側の水面下に見えていて、ヘッドアップすることなく直線状に泳げたと思います。

c0236857_22155314.jpg
第4ブイを右折後は、大勢の選手がかなり左へ寄っているのを無視して、遠くに見える第5ブイを目指してできるだけ一直線に泳いだつもりです。
周囲にあまりに選手がいなくて、ポツンと一人だけだとちょっと不安になったけど、すぐ近くにいたライフセーバーの方が何にも言わないのだからショートカットとかミスコースはしていないはずだと思って泳ぎ続けました。
第5ブイに近づくにつれて選手が集まってきました。

1周目を終えて一旦上陸した時にデジタルの公式時計を見たら、たしか37分台でした。
この時はまさかうどん屋の釜になるとは思ってもいませんでした(^^ゞ。

よっしゃ~、思ったほど速くなかったけど、後半は選手がバラけてもっとマイペースで泳げるだろうから、半分終わって37分なら目標の75分は楽勝やん!と思ってややペースを落としたのが悪かったのかなぁ(^^ゞ。

スイムフィニッシュは80分でした(>_<)。
オーマイガー(>_<)。
2周目の方が100mほど距離は長いにしても、前半37分後半43分とは落ち過ぎですがな(>_<)。

公式記録では1:19:59で395位でした。

ガーミンの記録では約82分で時間は合ってるんだけど、距離が2,085mになってました。
なんでそんなに短いの?
1周分しか記録してへんやん!
昨年に続いてぴよぴよさんスイム距離詐称の疑いあり~(^^ゞ。
ボクはズルイことはしていません、ウソじゃありません、本当です、本当に2周泳いだんです、信じてください(爆)。
↓あまり直線とは言えませんね(>_<)。
c0236857_09425905.png
これを見たら、どういうわけか?前半は記録してないですね。

c0236857_22023762.png

目標の75分から5分も遅かったけど、それでも昨年の85分よりは5分も速い!
バイクとランで巻き返すぞ~って思っていました。
この時点では、まさかうどん屋の釜さんになるとは想像だにしていませんでした(^^ゞ。

長袖のウェットスーツを脱ぐ時にガーミンを誤操作してしまわないように、走りながら上半身を脱いでからガーミンのデバイスロックを解除して、スイムからT1に切り替えました。
バイクバッグをとって着替えテントに走り込んだら、スッポンポンになっている小太り選手の白い尻が目に飛び込んできました(>_<)。

うげっ!いやなモン見てしもた(>_<)。

こんな小太り選手にスイムで負けたのかぁ~って悔しがってる暇などなく、急いでウェットスーツを脱いで重ね履きのレーパン、サングラス、ヘルメット、レースナンバーベルトを身に付けて、ウェットスーツ、キャップ、ゴーグルをバッグに押し込んだらテントから走り出て外のバッグ置き場に置いて一目散に白龍号の元へ走りました。

スイムの疲労は殆ど感じませんでしたね。
速さの進歩はのろいけど、同じスピードなら以前よりも少ない疲労で泳げるようにはなってきているような気がします。
気のせいでなければいいんですけどね(^^ゞ。


下のバナーをポチっとしていただけたらたいへん嬉しいです。
よろしくお願いします。

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村






by piyopiyodesu | 2016-06-28 07:46 | バラモンキング | Comments(0)  

ドラフティングについて思うこと

 バラモンキングのバイクでのドラフティングの件が話題になってますね。

ドラフティングって曖昧な部分もたしかにあって、前車の前輪の先端から左右にそれぞれ1.5m、後方に10m(大会によって違う数字のこともある)の3x10mの長方形のドラフティングゾーンに入ってはいけません、入っていいのは前車を追い抜く時だけで、それも15秒以内ですっていうことなんだけど、10mという距離と15秒という時間の感じ方には個人差があるでしょう。

ボクも話題になっている数台の集団で走るBタイプの選手にバイクで抜かれたので、目撃者の一人です。
その瞬間だけを見ればドラフティングに見えないこともないっていうこともままありますが、あの集団はボクの視界から消えるまでず~っと集団で走っていきましたから、明らかに故意に、しかもグルでドラフティング走行している集団だと判断しました。

しかし、その選手達のレースナンバーやバイクや顔を覚えているわけじゃないので、証拠はありませんが、バイクの計測地点の通過記録や、他の選手の目撃情報から判断すると、故意にドラフティングをしていた選手達は簡単に特定されますね。


バラモンキングでは開会式の後の競技説明会で、わざわざバイクを2台ステージに前後に並べて置いて、10mのロープを張って、10mはこの距離ですよっていうのを示してくれるし、バイクコース上に10m間隔で道路を横切るラインが何本か描いてあるところがあって、走りながら10mという距離感を把握しやすいようにしてあるんです。

だから、普通の良識ある選手なら、前車との間に最低でも10mと思われる距離をあけて走ろうとするもんだと思うんだけど、あの集団ドラフティングの選手達は、ペナルティーさえとられなければ何してもいいと思っているのかな?誰にも見られていないとでも思っているのかな?
だとすればあまりにも浅はかというか思慮に欠けますよね。
おそらく、表彰台に上がる蜜の味をひとたび知ってしまうと、次も次もと思って、そのためなら手段を選ばないように堕落していってしまうのでしょう。
違うかな?

ここを読んで、オレのことかな?と思い当たるフシのある選手は、次からドラフティングをやめましょうよ。
カッコ悪いよ。
皆見てますよ。
せっかく高い運動能力を持っているんだから、正々堂々と自分の力だけで勝負しましょうよ。

普通は悪事を働く時ってのは、人目に付かないようにこっそりやるもんだと思うんですけど、周りの選手の目なんて気にしないのかね?
悪いことをしているっていう感覚がないのかね?
速ければ何をしても許されるって勘違いしているのかね?
まあいずれにしても厚顔無恥というか、ある意味その図太さが羨ましい(^^ゞ。
オレなんて遠慮深くて遠慮深くて言いたいことの半分も言えないような控えめな性格だから、彼らの爪の垢でももらって飲み・・・・たくないね(^^ゞ。

せっかく頑張っていい記録で完走して上位に入っても、99%を自力で走っていても、たった1%のズルイ行為であなたの頑張りは地に落ちてしまいますよ。

アスリートはカッコ良くなきゃ!
表彰台に上がる事だけがカッコイイわけじゃないですよ!
あなたの周りの人達は、「入賞おめでとう!凄いね!流石だね!」と祝福してくれるかもしれませんが、内心どう思っているかわからへんでぇ~。

『ドラフティングすりゃそりゃ速いだろよ!この卑怯者め!』って軽蔑されてるかもよ~。


 今回のマーシャルはドラフティングに対して甘かったよなぁっていうのがボクの感想です。
ドラフティングが疑わしい集団にオートバイで追いついてきても、笛を吹くわけでもなく、自然にばらけるのをしばらく見守って、ばらけたら走り去るっていうシーンを何度か見かけました。
大きな音がするマフラーに交換しているビッグスクーターで、無言の圧力を掛けているつもりなのかもしれないけど、静かに忍者のように近づいて来てスパっと取り締まらないとアカンよなぁ。

ボクは後方から見ながら、これが宮古島なら何台かペナルティ喰らってただろうなって思いました。
宮古島もドラフティングに対して甘いとブログに書かかれているのを幾つか読みましたが、少なくともバラモンキングよりは厳しかったと思います。
バイクの残り1kmを切っていてもペナルティーをとろうとしているのを目撃しましたからね。
宮古島ではマーシャルのバイクは二人乗りで、運転に専念する人と取り締まりに専念する人が分業しているように見えたけど、バラキンのバイクは全部一人乗りでしたから、一人で全てをこなすのは負担が大きかったのかもしれませんね。

疑わしきは罰せずというのが基本的な考え方なのかもしれませんが、ボクは、疑わしきは片っ端から罰するようにすればいいと思います。
少なくとも、マーシャルから見てドラフティング行為に見えたのなら、すぐさまペナルティーをとればいいと思います。

2度目のペナルティーは即失格(DNF)だからみんな慎重になるでしょう。
そんな不名誉なDNFは誰だって絶対イヤですよね。

万一、ボクが身に覚えのないペナルティーをとられたとしても、マーシャルから見たら疑われるような行為(前車との距離が短かったとか、15秒以上ドラフティングゾーンに入ってしまっていたとか)があったんだなということで反省はしても文句は言いません。←ホンマか?←ホンマです(^^ゞ。
次から気を付けようと思います。

トライアスロン大会に限らず、ある大会にエントリーするということは、その大会のルールを守りますと誓約(約束)するということですよね。
ドラフティング禁止の大会なら(殆どの大会が禁止ですけど)、ドラフティングはしませんと約束して出てるわけで、その約束を守らないということは言語道断、卑怯極まりない行為だと思います。

大人の社会で約束を守らない人は信頼を失いますよね。
するべきことをしない人、してはいけないことをしてしまう人・・・・こういう人たちとは付き合いたくないし、都合上どうしても付き合わないわけにいかないとしても、信用できないから上部だけの付き合いになりますよね。

こういう平気でルールを守らず約束を違える人たちってのは、友達に借りた物は返さないだろうし、借りたお金も返さないだろうし、図書館の本の返却期限が過ぎても平気だろうし、スーパーで使ったカートをカート置き場に返さずにマイカー横に放置しても気にしないだろうし、約束の時間には遅れてくるだろうし、健常者のくせに車椅子マークの駐車スペースに平気で駐車するだろうし、ゴミのポイ捨てだってするだろうし、結局そういう人たちなんだろうと思います。
日頃は善人なんだけど、トライアスロンの時だけルール違反してしまうなんてことはないよね、一事が万事というように、常にルール違反をしてもなんとも思わない人達なんでしょう。

こんなことを書くとボクは完全無欠な善人だと言ってるみたいだけど、ボクにもズルイところはあります。
高速道路で速度超過してパンダに止められても、言い逃れしたことは何度かあります(爆)。
しかし、ことトライアスロン(スポーツ)ではルール違反はしていない自信があります。

しかしまぁなんですね(^^ゞ、いろいろ好き放題書きましたが、世の中にはいろんな人たちがいるわけで、違反だとわかっていても止められない人とか、違反だと説明されてもそれが理解できない心の病にかかっている人もいるのでしょう。

スカートの中を盗撮してはいけないとわかっていても、何度捕まっても止められない人とか、お金に困っているわけでもないのに万引きが止められない人とか、試食品を持ち帰って窃盗罪で逮捕される人とか(^^ゞ、外観は健常者に見えても、心やドタマに病を抱えている人達ってのは結構な数にのぼるんじゃないかな。

そういう人たちは、病が癒えるまではエントリーを控えて欲しいですね。
来年のバラモンキングでは、皆でよ~く注意しておいて、再びドラフティングした選手が表彰されるようなことがあれば、表彰式で『ドラフティング野郎!入賞おめでとう!』って叫んでやりましょう。

下のバナーをポチっとしていただけたらたいへん嬉しいです。
よろしくお願いします。

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村



by piyopiyodesu | 2016-06-27 12:39 | バラモンキング | Comments(6)  

2016バラモンキング参戦記 3 スイムまで(^^ゞ

 6月26日日曜日は、ゆっくり起きてまずは3本ローラー3時間。
最近は1時間x3本にすることが多いのですが、1時間じゃ短いかなぁ?って思って、1.5時間x2本にしてみたら、半分終わったところで袋の横が(^^ゞ痛くてたまらんようになって、後半はシャモアクリームを塗り直してレーパンも二枚重ねにしたけどそれでも痛くてグダグダでした(>_<)。

やっぱり1時間x3本にしときゃ良かったかな。

c0236857_21312534.png
4分やや強く、1分さらに強く、2分軽くとインターバル風にやってますが、その日の疲れ具合で心拍数は思うように上がらない日が多いです(>_<)。

c0236857_21313639.png
c0236857_21314533.png
午後は2,000m泳ぎました。
亀よりものろい歩みだけど、ちょっとづつ、ちょ~っとづつ上手く泳げるようになってきているような気はしますが、気のせいかもしれません(爆)。

夕方、いつもより速いペースで10kmだけ走ってみました。
こんなペースで走ったのは久しぶりだなぁ。
バラモンキングの疲労は抜けたな(^^ゞ。


c0236857_21315785.png
c0236857_21320610.png
トレーニング時間だけはそこそこ長いので、体力と回復力だけは向上してきているような気がします。
それが速さになかなか結びつかないのよね~(>_<)。

まあでも冷静に考えてみたら、今回のバラモンキングでは大して消耗しなかったように思います。

ウェットスーツ着て良く浮く海で3,800mを80分かけてゆっくり泳いだって殆ど疲れませんよね。
穏やかな凪の海だったしね。

バイクの180kmなんて走っている最中はそれなりにしんどかったけど、バイクは案外疲労が残らないもんね。(ボクがその程度のペースでしか走れていないからですけど)

ランの前半を2時間で走った部分だけがそれなりに負荷が高かった部分で、後半は3時間もかかってほとんど歩きだったから負荷じゃなくてリカバリーになったぐらいで、全体で見ても大した負荷じゃなかったからすぐ回復したんだろうなぁって思っています。

不本意な記録だったけど、レース後はすぐ元気に戻るよりも、レース後何週間も疲れが抜けなくても満足できる記録で走れる方がエエな(^^ゞ。
全てはワタシの不徳の致すところでございます(>_<)。


 前回の続きです。
レースの朝はスイム会場の富江緑地公園行きのバスが4:45に出るので、少し余裕をみて3:30に起きました。
前日に買っておいたおにぎり弁当とパンを食べて、牛乳、豆乳、スープも飲みました。
7時のスイムスタートまでにはまだかなり時間があるので、ちょこちょこ食べられるようにパンを持って行きました。

昨年のバラキンで同宿だったHさんとは、その後、昨年のIM北海道、今年の宮古島でも偶然お会いしていたのですが、今回も同じホテルだったので、待ち合わせて一緒にバス乗り場まで歩きました。

T2会場の外堀公園前からバスが出ました。

前夜は熟睡していて気付かなかったのですが、雷を伴ってかなり強い雨が降ったそうです(^^ゞ。
大会の開催さえ危ぶまれるほどの雷雨だったそうな(^^ゞ。
警報が出てたら中止とか、解除待ちになったかもしれませんよね。

夜中にトイレに起きた時に、やっぱり降ってるなぁ、明日は雨のレースになるなぁってぼんやり思ったぐらいで、雷の音なんて全然聞いてません(^^ゞ。
寝たモン勝ちですね(^^ゞ。

バス乗り場に歩いて行く頃には雨は止んでいて、風はやや強く吹いていたものの、スイム中に路面は殆ど乾いてバイクはドライ路面を走ることができました。
ランの最中にミスト状の細かい霧雨が降ることがあっただけで、トライアスロンをするには最高の天気でした。
雨の方が涼しくていいと言う選手も多いようだけど、ボクはとにかくバイクでウェット路面を、特に下りのワインディングを走るのが怖くてしょうがないので、蒸し暑いのは我慢するからドライ路面を走りたいと思う方です。
人それぞれでしょうね。

Hさんとおしゃべりしてたら緊張することもなく、すぐに富江会場に着きました。
c0236857_08323694.jpg

白龍号の雨カバーを外して畳んで、ペットボトルで持って行った補給ドリンクとOS-1を二槽式のメインボトルに入れました。
バイクシューズをペダルに着けて、左が下、右が上でほぼ水平になるように踵に輪ゴムを掛けて調整しました。
トランジションで、バイクの前後どちら側の通路からアプローチするかを決めました。
前側から前進させてバイクを出すことにしました。
ローターの楕円チェーンリングQringsは、後輪を逆回しするだけで簡単にチェーン落ちすることがあるので、要注意なんです。(オレだけか?)
c0236857_08324203.jpg


Bタイプに出場の近藤真彦選手のバイクです。
彼はボクと同い年なんですね。
ランで擦れ違った時は、ボクと同じぐらいにしんどそうでした(^^ゞ。
テレビでは殆ど見かけない(ボクが全くテレビを見ないから(^^ゞ)けど、それなりに忙しいのでしょうし、どこに行っても騒がれるでしょうから、トレーニングの時間を確保するのも難しいでしょうに、こうやってミドルの大会に出場するのは大したもんだと思います。

c0236857_08333843.jpg

c0236857_08334441.jpg


バーテープは銀色でした。
やっぱり意識してるんでしょうね(^^ゞ。
c0236857_08335309.jpg

バイクで使うヘルメット、サングラス、レースナンバーベルト、重ね履きするレーパンを入れたバイクバッグを、自分のナンバーのフックに掛けて、その位置をしっかり記憶しました。
最終選手登録(計測チップを受け取ることで、出場する意思を示す)を済ませて、計測チップを受け取りました。
裸足になって、ウェットスーツ、ゴーグル、スイムキャップだけを残して、あとはプレスイムバッグに入れて預けました。
c0236857_08333083.jpg
つづく・・・・・ごめんなさい(>_<)。

下のバナーをポチっとしていただけたらたいへん嬉しいです。
よろしくお願いします。

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村




by piyopiyodesu | 2016-06-26 22:02 | バラモンキング | Comments(0)  

剱号が帰ってきた

 6月25日土曜日。
るみオカンさんにお貸ししていた剱号(CEEPO katana2014年式)が、大役を終えて帰ってきました。

ご苦労さん!
よく頑張ったそうだな、エライぞ!

お貸しする前に、「しっかり走ってこいよ!だけどな、オレのViperより速く走ったらアカンぞ(^^ゞ。」と言い聞かせておいたので、きっちり言いつけは守ったようです(爆)。

久し振りに剱号を持ったら、やっぱり軽いね~。
katanaは軽量ロードバイクと比べたら特別軽くはないけど、Viperと比べるとかなり軽いですね。
だけど、Viperのその重さはViperとしての性能を発揮するためには必要な重さなんだそうです。

ボクはバイクが遅いから(バイク・・・だな(>_<))、こんなこと書いても説得力に欠けるけど、Viperは下りと平坦路では確かに速いと思います。
上りは・・・・得意じゃないね(^^ゞ。 

向かい風にも強いと思う。

katanaとは得意分野って言うか、得意なコースが違うんですね。
2台所有するなんて無茶苦茶贅沢だけど、他の欲しいモノを我慢してでも買って良かったと思います。

今後、皆生トライアスロンと湯原温泉トライアスロンは剱号(katana)で、佐渡国際トライアスロンは白龍号(Viper)で走る予定です。

Viperで使ってすごく気に入ったこのサドルを、katanaでも使うことにして黒いのを買いました。

c0236857_23053796.jpg
サドル以外にも改良を加えることにしたので、すぐさまインフィニティに置いてきました。
さて、何がどう変わるのでしょうか(^^ゞ。


c0236857_23054232.jpg
7月24日の湯原温泉トライアスロン大会のレースナンバーが決まりました。
初出場だった昨年は、電話予約しておいた旅館の予約ができてなくてもめるブログネタになるというハプニングがあって、それはそれなりに面白かったのですが、食事付きの旅館に泊まると、元をとらなきゃ!と思ってついつい食べ過ぎてしまうので、今年は近くの道の駅にでも行って車中泊か、テント泊に適した場所があればテント泊しようと思っています。

c0236857_23054823.jpg

下のバナーをポチっとしていただけたらたいへん嬉しいです。
よろしくお願いします。

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村


by piyopiyodesu | 2016-06-25 23:26 | 小ネタ | Comments(0)  

2016バラモンキング参戦記 2 レース前日

 6月23日木曜日はポイントトレーニングの日でした(^^ゞ。

バラモンキングをフィニッシュした夜は、疲れ切って、もう二度と目覚めないんじゃないか?目覚めたら天国にいるんじゃないか?(地獄かも(^^ゞ)と思いながら寝たのですが(ちょっと大袈裟(^^ゞ)、4~5時間しか寝てないのに翌朝にはすっかり元気になってしまって、水曜日の昼休みに試しにトレミで走ってみたら、バラキン前よりいい感じで走れてしまいました(爆)。

c0236857_23063577.png
c0236857_23064505.png

一体どういうことなのでしょうか?
こんな怪奇現象はどう説明したらエエのでしょうか?

ボクが思いますに、

バラモンキングで消耗した体力 < 福江島でもらった元気

という図式が成り立つのではないでしょうか。
それしか考えられませんね。

と言うことで昨日は、3本ローラー1時間x3本+1,500mスイム+13kmランの3種目やりました。

アホやコイツ、どこまで調子モンやねん!バラモンキングからまだ4日目やで!もっと休まなアカンやろ~!と思われる方もいるでしょう。

へえへえ、言われなくてもワテは調子モンだす(^^ゞ。 ←おっ、開き直ったぞ!
どうせオイラはうどん屋の釜さんだよ!悪かったな!(>_<)。

だけどさぁ、どこも痛くねぇしよ~、しんどくもねぇしよ~、病人じゃねぇんだからよ~じっとなんかしてられへんやん!(爆)。

皆生トライアスロンが迫ってきてるから焦ってるなんてことはないよ!
matsuさんに負けたくない!なんてことも思っていません(^^ゞ。 ←ちょっと思ってたりして(^^ゞ
どこかが痛くなったり違和感があったり、きつかったら止めようと思いながらやってたんだけど、何ともないんだもん(^^ゞ。
でもまぁ、ランは20kmぐらいは走るつもりだったんだけど、ちょっとしんどいなぁって思ったので短くしました(^^ゞ。

c0236857_23054610.png
バラキン前よりZ4が長いよ(^^ゞ。
バラキンでいかにサボったかがばれちゃうな(>_<)。

c0236857_23055763.png
c0236857_23061305.png
c0236857_23062379.png
 健康にいいことしているって気はしませんね(^^ゞ。
きっと早死にするな(>_<)。



 さて、前回の続きです。
レース前日は、13時から15時の間にバイクとランバッグを富江会場で預託するだけなので、朝のうちにバイクボトルに入れる高カロリードリンクを作って冷蔵庫に入れておいてから、ここ↓に行ってみました。
三井楽町にある道の駅『遣唐使ふるさと館』です。
バイクコースのすぐ脇にあります。
日本史好きのボクは、前から気になっていたんです。
日本史好きと言っても、高校の社会科で日本史と政治経済を選択したっていうだけのことなんですけどね。
当時の共通一次試験では、この二科目の平均点が最も低かった(>_<)。

2014年はここから近い三井楽ユースホステルに泊まったのでこの前を何度も通ったのに、コース下見に時間がかかったのと、寄ってみるだけの心の余裕がありませんでした。

c0236857_22125655.jpg
道の駅の建物の一角に、遣唐使関連の資料を少し展示してあるだけでしたが(^^ゞ、満足しました。
タダですからね!
贅沢を言ってはイケマセン。
c0236857_22115566.jpg
c0236857_22120230.jpg

c0236857_22121025.jpg

c0236857_22121602.jpg
c0236857_22122254.jpg
c0236857_22122743.jpg
c0236857_22123154.jpg
c0236857_22123733.jpg
c0236857_22124281.jpg
c0236857_22125056.jpg

道の駅の前にあるバス停は遣唐使船の形でした。
c0236857_22130214.jpg

時刻表チェ~ック!
バスに乗ったが最後、帰ってこられません(爆)。
三井楽町の人口がどんどん減少してしまうやないの?

これはどういうことだ?
c0236857_22130872.jpg

あっ、わかったぞ!
このバス停は終点なんだな!
福江方面の反対方面に行く便はないんだろう。


岐宿(きしく)地区のここ↓にも行ってみました。

魚津ヶ崎と書いてぎょうがさきとは絶対読めないね。

c0236857_22131316.jpg

c0236857_22131979.jpg

c0236857_22132461.jpg

海岸に降りてみました。
c0236857_22132872.jpg

c0236857_22133338.jpg

c0236857_22133766.jpg

綺麗な場所なのにゴミが気になったので、趣味のゴミ拾いをしました(^^ゞ。

c0236857_22135226.jpg

すぐ近くにこんなアジサイ畑がありました。
c0236857_22135795.jpg

c0236857_22140217.jpg
今時の軽自動車は侮れませんね~。
広いし十分良く走るしアイドリングストップだし。
c0236857_22140873.jpg

13時ちょっと前に富江会場に着いたので、車検が始まるまで少しだけ待ちました。
c0236857_22141273.jpg

ヘルメットとバイクの点検を受けて合格したらバイクを預託して、ヘルメットは一旦持ち帰ります。

c0236857_22144034.jpg

c0236857_22141787.jpg

確実に雨の予報だったので、カバーを掛けました。
c0236857_22142209.jpg

洗濯ばさみを使ったけど、風が強いと止めきれないかもしれないので、ガムテープの方が確実かも。

c0236857_22142733.jpg

c0236857_22143132.jpg

c0236857_22143502.jpg

福江会場で預託されたバイクを積んだトラックが次々と到着して、スタッフの方々が一台一台丁寧にラックまで運んでかけてくださっていましたよ。

c0236857_22144498.jpg

カバーを掛けてあるバイクは持ち上げて運んでくださっていました。
本当に大切そうに丁寧に扱ってくださっているのを見て、ボクのバイクじゃないけど感激して涙が出たよ。
やっぱり素晴らしい大会だわ!
c0236857_22144964.jpg

カバー無しのバイクは、押して歩く方や持ち上げて運ぶ方がいました。

c0236857_22145595.jpg

何度も何度も中身を確認して持ってきたランバッグの中身を、最後にもう一度確認して預託しました。

c0236857_22152402.jpg
スイムコースを示す赤いブイ。
曲がる角の部分の黄色い大きいブイは、まだ設置されていませんでした。
c0236857_22145994.jpg


c0236857_22155314.jpg

c0236857_22153864.jpg

c0236857_22154362.jpg

青と白のブイをつなぐ直線がAタイプのスタートラインです。
この時は干潮だったのかな?岩場が見えてますね。
c0236857_22152888.jpg

c0236857_22155745.jpg

c0236857_22160690.jpg

c0236857_22161113.jpg

c0236857_22161518.jpg

c0236857_22161976.jpg
雨がぱらついてきたので、クルマに戻る途中で偶然、完熟マンゴーさんと会いました。
マンゴーさんとは同い年なので、レースナンバーもバイクラックもすぐ近くでした。
毎年そうなりますね(^^ゞ。

c0236857_22162348.jpg

ホテルの近くの商店街の花屋さんにいたネコは、人懐っこくて可愛かったな。

c0236857_22162740.jpg
こんなパンを見かけたので、完走パンとバラモンちゃんかりんとを買いました。
c0236857_22163285.jpg

これはパンなんですよ。
お店のおばちゃんに、展示した後は捨てるのですか?って聞いたら、うまく作れた時はず~っと保存がきくので、何年も前に作ったパンの金メダルも保存しているけど、ダメな時はカビが生えるんだって言われたかな。

c0236857_22163673.jpg

隅っこを齧らせてもらってもいいですか?とは、流石に言えませんでした(爆)。

c0236857_22164296.jpg

レースナンバータトゥシールは、右はうまく貼れたのですが、左は上下間違えちゃった(^^ゞ。
かっこわりぃ~(^^ゞ。
どうせ誰も見ないからエエかな。
c0236857_22164734.jpg

c0236857_22165311.jpg

レースの朝は3:30に起きることにして、20時過ぎには寝ました。
緊張で寝られないなんてことは一度もないです(^^ゞ。
常に爆睡!


ブログ順位が上がりすぎです(@_@。
口先だけのうどん屋の釜のお笑いブログなのに上がり過ぎて困惑しています。

もっとポチってもっと困らせてやろうなんて、決して思わないでください(^^ゞ。
ホドホドにしてください(^^ゞ。
お願いします。

でもコレ↓は載せる(爆)。

下のバナーをポチっとしていただけたらたいへん嬉しいです。
よろしくお願いします(^^ゞ。

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村




by piyopiyodesu | 2016-06-24 08:09 | バラモンキング | Comments(0)  

2016バラモンキング参戦記 1 レース二日前


 6月17日金曜日、大阪(伊丹)空港からまずは長崎空港へ。
昨年までは神戸空港発だったので近くて便利だったのだけど、スカイマークの長崎便が減ったのかな?長崎から福江への接続やら福江到着時刻が早い方がいいと希望したせいか、大阪からの便になりました。

でもやっぱり、来年は神戸空港発にしてもらおう。
伊丹まで移動するのは疲れるわ。
神戸空港建設には反対の立場だったけど、できたもんは利用しないとね。


 大切なレースの前は、金曜日の夕食から土曜日の昼食までの三食は固形食を食べないことで、レース中に大ちゃんが出ないようにしています。
これねぇ、もう止めようかと思ってます(^^ゞ。
あんまりエエことないなぁ。
今回も結局ランの9㎞ぐらいで大きいの出たしなぁ(爆)。
大ちゃんも含めてトライアスロンだと思えばエエかな。
大ちゃんを毛嫌いして仲間外れにするのも可哀そうやんなぁ(^^ゞ。


さて、長崎空港と言えば、土産物店の試食品ですよね!(爆)

昨年は金曜日の昼過ぎに長崎空港の土産物売り場で試食品を食べたせいで、ランの最中に大ちゃんが出そうになって(結局出たんだけど)困ったので、今年は食べないようにしようと思っていたのだけど、見るとやっぱり食べたくなるだろうな。

どうしよう?
ちょっとだけならいっか?
いやいや、去年もちょっと食べただけなのに、走り始めてすぐに大ちゃんが出そうになったやん!
食べたらアカンて。

う~ん、でもなぁ、タダやのになぁ・・・・・。

長崎県警、バラモンキングの選手を窃盗容疑で逮捕!
長崎空港内の土産店で、試食用の菓子と蒲鉾数点(183円相当)を万引きした疑い。
巡回警備中の私服警官が、男が万引きした食品をポケットに入れて店外へ出たところを現行犯逮捕した。
昨年、一昨年も同時期によく似た怪しい男が同店内で目撃されており、余罪があるものとみて防犯カメラの記録の提出を求めて厳しく追及する構え。
なお、男は「今食べたら走っている最中に何度も大ちゃんが出るから、レース後に食べるつもりだった。」などと意味不明な供述をしており、精神鑑定も視野に入れて慎重に取り調べを進めるとのこと。

目撃した店員の話では、男が通り過ぎた後は、補充したばっかりの試食品のタッパーが全て空になっていたとのこと。
試食はしてもらったらいいんですけど、全部食べちゃうのは困りますねと呆れていた。


こんな記事が新聞に載ったら末代までの恥である。
子供や孫達(まだいないけど)に合わせる顔がないではないか!

とまあ、こんな心配をしつつも食べるか食べないか迷っていたのですが、長崎着が遅れたのと、接続時間が元々短かったので、福江行の飛行機の搭乗手続きを終えたら既に手荷物検査の締め切り時刻の5分前で、試食品を楽しむ時間なんてありませんでした(>_<)。

な~んだ、悩んで損した(^^ゞ。

でも、逮捕されなくて良かった(^^ゞ。
これで良かったのでしょう(^^ゞ。

長崎空港から、毎度おなじみのこのプロペラ機で福江島に飛んで行きます(^^ゞ。
飛ばないこともあります(爆)。
30分で着きます。
濃霧だと着かずに引き返すこともあるそうです(大爆)。

長崎港から福江島まで、フェリーだと4時間、ジェットホイル(高速艇)だと2時間です。
バイクを積んでもらえるのはフェリーだけです。


c0236857_23195319.jpg
乗客の大半はトライアスリートでした(^^ゞ。
c0236857_23195924.jpg
福江島が見えた~!

c0236857_23200676.jpg
c0236857_23201139.jpg
福江つばき空港に着いた~。

c0236857_23201838.jpg


c0236857_23202397.jpg




 日産レンタカーの方のクルマで福江港ターミナル内の営業所まで移動して、いつもの軽自動車を借りました。
三度目の出場ですから、流石にコースの下見はもう必要ないので、レンタカーはなくても困らないんだけど、ちょっと観光で行ってみたいところがあるとか、バイクの預託は自分で富江会場まで運びたいと思えばあればもちろん便利ですよね。
ちょっと心強い気がします。

c0236857_23202945.jpg
選手登録会場の福江文化会館です。

c0236857_23205434.jpg

CEEPOの田中社長に挨拶しました。

c0236857_23203592.jpg
c0236857_23204110.jpg
まずは選手登録を済ませました。

c0236857_23210023.jpg
c0236857_23212013.jpg
c0236857_23212795.jpg
c0236857_23213524.jpg
毎年、地元の幼稚園や保育園の子供達が作ってくれたこんな応援ボードが展示してあります。
みんな、ありがとう~!
c0236857_23214064.jpg
c0236857_23214627.jpg
c0236857_23215308.jpg
c0236857_23215975.jpg
壁の照明のシェードです。

c0236857_23220430.jpg
受付会場のスタッフの皆さん、ありがとうございました。
c0236857_23221242.jpg
リストバンドを着けてもらいました。
ボクの汗が染み込んだこのバンド、昨年の分も一昨年の分も捨てられずに、完走証明書や完走メダルや写真と一緒にダイソーのクリアファイルに入れて残してあります。
c0236857_23221950.jpg
c0236857_23222843.jpg
僅かですが、寄付しました~(^^ゞ。
c0236857_23223435.jpg
エキスポ準備中。
さあ、これから始まるよ~っていう感じでワクワクしますね。
c0236857_23224172.jpg
c0236857_23225321.jpg
c0236857_23225963.jpg
c0236857_23230752.jpg

c0236857_23231377.jpg
選手全員、エキスポで使える1,000円券をもらえます。
エントリー代が1,000円安くなるみたいなもんですよね。

c0236857_23232174.jpg
昨年と同じ高カロリーの割には安いこのジェルを買いました(^^ゞ。
昨年買ったのがまだ残ってるんですけど~(>_<)。
c0236857_23232615.jpg
この後、ここから歩いて10分ほどのビジネスホテルに行ってチェックインして、シーコンからバイクを出して点検をしました。
シーコンにポンプを入れ忘れてまして、タイヤの空気を抜いていたので乗ることができず、バイクをクルマに積んで再び福江文化会館に行って、CEEPOでポンプを借りてちょっと走って点検しました。

異常なし!


c0236857_23233325.jpg
田中社長が、バイクも一緒に写真を撮りましょうと言ってくださったので、再びパチリ(^^ゞ。
c0236857_23234107.jpg
試乗車に紛れた白龍号(^^ゞ。
c0236857_23235022.jpg
白龍号に試乗された田中社長が、ボクのことを、身長は田中社長と同じぐらいなのにサドルが高いから脚が長いですね!と何度も言われるので、気を良くしてアームカバーを買いました(^^ゞ。

c0236857_23235545.jpg
バイクを置かせてもらってエキスポを見て回っていたら、全出場選手の名前入りTシャツを売ってました。
c0236857_23240516.jpg
c0236857_23241587.jpg
探すのがタイヘンだ~。
買いませんでした(爆)。
c0236857_23242384.jpg
CEEPOのブースに戻ってきたら、これはぴよぴよさんのバイクだ~って言ってる方がいて、ん~誰だぁ?って思ったらTammyさんでした。
初めてお会いしましたが、何度もコメントを書いてくださっている方なので、初めて会う気がしませんね。

c0236857_23242992.jpg
CEEPOのバイクに試乗するTammyさん。
c0236857_23243586.jpg
開会式。
五島市長さんはなかなか渋い声です。
c0236857_23245100.jpg
ねんりんピックのゆるキャラのなんだったっけ?(^^ゞ。
c0236857_23245800.jpg
彼らは一人?では歩くことができず、要介護でしたね(^^ゞ。
c0236857_23254201.jpg
昨年のBタイプのプロの部のチャンピオン、戸原選手のスピーチ。
c0236857_23254812.jpg
ホテルに戻る途中で、懐かしのあの双子の兄弟と再会しました。
c0236857_23255363.jpg
もしもしぃ、婆ちゃん、オレだよオレ。
トライアスロン用の高っかい自転車をね、2台も買ったらお金なくなっちゃって困ってるんだよ~、100万でいいから出してくんない?

それとねぇ、長崎空港の売店でさぁ、万引きしたのがばれて逮捕されちゃって困ってるんだよ~、
保釈金500万貸してくれないかなぁ?


c0236857_00133681.jpg
ホテルの近くのお店で、牛乳、豆乳、プリン、コーンスープ、アゴだしスープなんかと塩タブレットを買いました。
c0236857_23255838.jpg
福江小学校の児童からの応援メッセージカード。
カラオケ村によく行くの?
どこにあるの?
c0236857_23261001.jpg
なんやもちって初めて聞いたな(^^ゞ。
c0236857_23261448.jpg


土曜日に預託するランバッグの用意をして早目に寝ました。
これで福江島の一日目は終わり~。

下のバナーをポチっとしていただけたらたいへん嬉しいです。
よろしくお願いします。

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村



by piyopiyodesu | 2016-06-23 00:47 | バラモンキング | Comments(2)  

福江小学校金管バンドの皆さんの演奏と応援メッセージ

 6月21日火曜日、ハルさんのお陰で無事に仕事に間に合いました。
もう何度お礼を言っても言い足りないぐらいです。

ハル様、ありがとうございました!

いつもはイヤイヤ渋々仕事するくせに、昨日は、仕事ができることはなんて幸せなことなんだ~!って、思いながら働きました(爆)。
勝手だね~(>_<)。

月曜日にホテルをチェックアウトする時に発送をお願いしたシーコンが、なんとなんと!火曜日にもう届きました(@_@。
なんでこんなに早いんだ!?
びっくりするなぁ~。

今までに出場したロングトライアスロン大会後としては最高に疲労感がなく、筋肉痛もぜ~んぜんなくて、レース前より元気で調子いいのではないか?と思えるぐらいです(^^ゞ。

いや、ほんとに。
実際に運動すれば疲労を感じるのでしょうが、普通に日常生活を送るだけなら、ほんとにレース前より身体が軽い気がします。
おそらく、ランの後半はサボりまくったので、それがアクティブレストとリカバリーランになったのではないか?と思います(^^ゞ。
今朝(水曜日)の起床時心拍数は48で、これはたぶん今年一番低い数字です(^^ゞ。
明日からトレーニング再開できそうです(^^ゞ。

でもあんまり嬉しくないです(>_<)。
頑張らなかった証拠だもんね~(>_<)。


 さて、17日の開会式での福江小学校金管バンドの皆さんによる素晴らしい演奏と応援メッセージの動画を載せますね。
土曜日に福江入りした選手の皆さんは見られなかったのですよね?
福江小学校の皆さん、ありがとうございました。
おっちゃんおばちゃんおにいちゃんおねえちゃん達のために、いっぱいいっぱい練習してくれたんでしょうね。
また来年もよろしくお願いしますね(^^ゞ。




デカイ目標を書いたくせに1時間25分も遅い成績で、穴があったら入ってそのまま寝ていたい(^^ゞぐらいなのに、どういうわけかブログ順位が急上昇し過ぎてタイヘン気まずい思いをしています(^^ゞ。
でも嬉しいです(爆)。

ボクみたいなヤツのことを『うどん屋の釜』って言うんですよ、知ってますか?
うどん屋の釜って、うどんを茹でるだけだから湯しか入ってないでしょ。(具も材料も入ってない)
湯だけ→言うだけ→口先だけ・・・・っていう意味です(爆)。

今日から『ぴよぴよ』改め『うどん屋の釜』と改名しようと思いましたが、呼びかけていただくのに、『うどん屋の釜さん』では長くて言いにくいだろうと気を遣って止めときます(^^ゞ。

省略して『釜さん』なんて呼ばれるのはアッチの人みたいでいやだしね(>_<)。


まあね、エエ時もあればアカン時もあるさぁ~。
落ち込んでクヨクヨするなんてボクには似合わないので、開き直って次に頑張るど~(^^ゞ。
毎回同じこと書いてるど~(^^ゞ。


下のバナーをポチっとしていただけたらたいへん嬉しいです。
よろしくお願いします。

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村



by piyopiyodesu | 2016-06-22 07:46 | バラモンキング | Comments(2)  

仕事に間に合います!(^^)!

 バラモンキング2016の日程を全て終了しました。
8時過ぎに無事に帰宅して、シャワーでさっぱりして、弁当を作る時間もありました(^^ゞ。

これも全てハル様のお蔭です。
ハルさん、緊張の運転、ありがとうございました。
無事に帰宅されたようでなによりです。

ありがとうございました。
ルミオカンさんも帰宅できたかな(^^ゞ。

下のバナーをポチっとしていただけたらたいへん嬉しいです。
よろしくお願いします。

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

by piyopiyodesu | 2016-06-21 08:42 | バラモンキング | Comments(4)  

バラモンキングはまだ終わらない

濃霧のため、福江発長崎行きの飛行機が欠航になりまして、今日中には兵庫県加古川の家に帰れないことになってしまいましてん^_^;。いつもお世話になっている旅行社にいろいろ調べてもらったのですが、船で長崎まで移動しても、その後の接続が無いと言われました。
そこに救世主現る!
ハルさんに博多まで送っていただいて、夜行バスで明日早朝に神戸に帰れることになりました。
あー良かった!


下のバナーをポチっとしていただけたらたいへん嬉しいです。
よろしくお願いします。

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

by piyopiyodesu | 2016-06-20 20:13 | バラモンキング | Comments(0)