<   2015年 06月 ( 27 )   > この月の画像一覧

 

ちょっと疲れ気味

 27日の土曜日は、土曜恒例のショートブリックトレーニングをしました。
近所のノーストップグルグルコースをバイクで4周して45km。

帰宅して走り始めたけど、なんだか疲れているみたいでペースが上げられず、1kmに6分以上かかってしまうほどだったので、こういう時は無理して走らずに早く寝て疲れをとって、明日の日曜日にしっかり走れるようにするのが得策だと思って、2kmほど走ってすぐ帰った。

ブリックトレーニングになっていない(^^ゞ。
まあ、こういう日もあるさ。

 
c0236857_21540642.png

 28日の日曜日は、午前中に3000m泳いだ。
帰宅して素そうめんを食べてPCをいじっていたら眠くてしょうがなかったので、T1中に1時間昼寝(^^ゞ。

またまた近所のノーストップグルグルコースをバイクで6周して57km。
バラモンキングの数日前に、近所のベテラントライアスリートであるKさんとこのコースで出会ったのだけど、その時とほぼ同じ場所でまたKさんに会った。
上り坂でスイ~っと抜いていかれた。

KさんはBタイプのエイジで2位になる実力者なのだ。
しばらく走りながらおしゃべりできて良かった。

来月に、Kさん、あにぃ、Bさんと飲む予定になっているのが楽しみなのだ。

c0236857_21541479.png

 T2中に笑点を見てからランスタート(^^ゞ。
今日もなかなかしんどかったけど、昨日2kmしか走らなかったから、なんとか最低ラインの10kmは超えて12km走った。
土日のトレーニング量としては少な目だけど、ちょっと疲れ気味だから、一旦疲れを抜いてその後にまた頑張ろう。

c0236857_21542170.png

下のバナーをどちらか一つ、ポチっとしていただけたらたいへん嬉しいです。
よろしくお願いします。

にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村


by piyopiyodesu | 2015-06-30 08:04 | トレーニング | Comments(0)  

次のトライアスロンの大会

 次に出場するトライアスロン大会は、7月26日に岡山県の湯原温泉で開催される『湯原温泉トライアスロン』です。
先日、大会要項が届きました。

c0236857_22495316.jpg
HANZAKIGRANDPRIXと書いてありますが、ハンザキというのはオオサンショウウオのことで、半分に裂いてもまだ生きているということで、この辺りではこう呼ばれているそうだ。
この辺りはオオサンショウウオの生息地なんだって。
温泉マークに目があってオオサンショウウオの顔に見えますね。

この大会は、今年が第2回目のまだ若い大会です。
ボクがエントリーしているのは、S:2000m、B:64km、R:14kmのミドルディスタンスですが、ミドルというよりはちょっと長めのショートっていう感じの距離ですね。

山の中なので、スイム会場は旭川のダム湖で淡水です。
旭川は、岡山市の観光名所、日本三名園の一つである後楽園の横を流れている川です。

レースナンバーは98です。

前日受付なので、安い民宿を予約したのですが、電話に出た方がひどく耳の遠い(たぶん)おじいさんで、ボクは隣近所から苦情が出るんじゃないか?っていうぐらいの大声、大声なんてもんじゃなくて、バカでかい声で予約を取ったんですけど、ちゃんととれているかどうか心配です(^^ゞ。

c0236857_22500287.jpg
都合がつけば本番までにバイクコースとランコースの下見に行こうと思っているのですが、ぶっつけ本番も楽しいかな。

1秒でも早くフィニッシュできるように努力を怠らないのはもちろんだけど、この大会のために特別なことはするつもりはなくて、8月23日のアイアンマン北海道に照準を合わせて、そのための実践的トレーニングの一つという位置付けです。

過去に出場したトライアスロン大会では、大会前に体重を落として、大会が終わればすぐに元に戻るってことを繰り返してきましたが、バラモンキングの後は、一時的に浮腫んで重くなったけど、浮腫みの原因になっていた水が抜けたら大会前の軽くなった体重に戻って、その後も毎日少しづつ(200gぐらい)落ちています。

やっぱり速く走るには軽い方が有利だと思うので、IM北海道までには筋力まで落ちないように気をつけつつ、57kgまでぐらい落とせたらいい走りができるんじゃないかななんて思っています。

頑張るど~(^^ゞ。

下のバナーをどちらか一つ、ポチっとしていただけたらたいへん嬉しいです。
よろしくお願いします。

にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村




by piyopiyodesu | 2015-06-28 21:53 | トライアスロン | Comments(0)  

昨日は暑かった

 6月25日木曜日は仕事が休みでま~ったく用事もなかったので、24時間好きに使えました(^^ゞ。
そういう人も珍しいかも(^^ゞ。

しょうがないので3種目やりました(爆)。

朝一で近所のプールで3000m。
このプール、会館時刻が9時なんです。
もうちょっと早く開いたら時間がもっと有効に使えるんだけど、まあどこもこんなもんかなぁ。
なんて言いながら、いつも10時ぐらいに行くくせに(^^ゞ。

水の抵抗、プルでの水の捉え方なんかを考えながら泳いだけど、水泳はもっと繰り返して練習しないとあきませんね。
前回、バラモンキングの前に泳いだ時の方が速く泳げたような気がします。

帰宅後、素そうめんを食べてちょっと休憩してからバイクスタート。
梅雨だというのに良く晴れていて外は暑そう。
あんまり外へ出たくない(>_<)。

だけどローラーじゃ1時間が限界なので渋々外へ(^^ゞ。
いつもの加西三坂を2周して100kmほど走るつもりだったけど、暑くてペース上がらず1周で降参。
アベレージ24.9km/hやて、初心者か!(^^ゞ

c0236857_21395904.png

ボトルの水を身体にかけながら走ったけどそれでも暑かった。

帰宅後、冷えたドリンクゼリーを2本飲んでエネルギー補給してからランスタート。

2kmほど走ったところで、炊飯器の予約スイッチを入れるのを忘れていたことを思い出して一旦帰宅(爆)。

我が家では、ボクだけがマイ炊飯器でヒジキとゴマ入り玄米ご飯を炊いて食べているので、炊き忘れちゃうとご飯がないんです(>_<)。
玄米ご飯はビタミンB群が豊富で持久能力向上に効果があるんですよ~、たぶん(^^ゞ。

こちらもなかなかペースが上げられずしんどかったけど、なんとか16km走った。

c0236857_21394724.png
あ~疲れた。
これからどんどん暑くなるから、トレーニングは強く短く、あるいは涼しい時間帯にとか、工夫してやらないと疲ればっかりたまって思った効果が得られないかもしれませんね。

8月のIM北海道目指して頑張るよ~ん(^^ゞ。


下のバナーをどちらか一つ、ポチっとしていただけたらたいへん嬉しいです。
よろしくお願いします。

にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村




by piyopiyodesu | 2015-06-26 08:20 | トレーニング | Comments(0)  

バラモンキング2015参戦記 7(レース翌日)

 シフォンさんから、こんな写真を頂きました。
シフォンさん、ありがとうございます。
撮ってくださった方に、感謝しているとお伝えください。

c0236857_21344583.jpg
バイクスタートした直後で、左足をシューズに押し込んで、右足はまだシューズを踏んづけて回しているところです。
バイクで走行中にカメラマンを見つけると、ついついVサインしたりニコっとしてしまうので、しまりのないだらしない顔で写っている写真が多いのですが、こうやって気付かないうちに撮られると、なんてキリっとしたイイ男なんでしょう!
自分で惚れ惚れしてしまう(爆)。

さて、冗談はエエとして、続きです(^^ゞ。
すみません、まだ続くんです(^^ゞ。

 最後の選手がフィニッシュするのを見届けて、外堀公園で剱号を受け取って押して歩いてホテルに帰りました。

疲れてはいたけどまだ眠くはなかったし、すぐ寝てしまうのもなんだかもったいない気もしたし、翌朝の帰り支度が楽になるように、夜のうちにできることはしておきました。

バイクはホイールを外してバスタブに入れてお湯シャワーで洗いました。
バイクと一緒にシーコンに入れるウェットスーツも、しっかり洗って塩水を落として干しておきました。

トライアスロンのウェアは嵩張らないので袋を二重にして持って帰りました。

ぐっすりよく眠れました。
翌朝、荷物をシーコンに詰めて、送り返す手配とチェックアウトを済ませて、福江文化会館に行きました。

完走賞を受け取って、写真を買って、閉会式と表彰式に出席しました。


c0236857_23463593.jpg
2階のフロアーに、受け取られなかったスペシャルニーズバッグが置いてあったので、コレ↓が戻ってきました(^^ゞ。
受け取らなかったバッグは処分すると大会要項に書いてあったけど、昨年も今年もこうやってちゃ~んと返してくれるのはありがたいです。
ありがとうございます。
もったいないもんね(^^ゞ。
2個づつテープでまとめてあります。

c0236857_23464031.jpg

c0236857_23464424.jpg
表彰式で、Aタイプで優勝した選手だったかな、こんなことを言ってました。

「ここでやめたらどんなに楽だろうと思うこともあったけど、頑張って良かった。」

そうなんだ、そりゃそうだよなぁ、頭ではわかっちゃいても、優勝するような速い選手は苦労せずに走っているように錯覚しそうになるけど、速い選手は速いなりに、遅い選手は遅いなりに、それなりの選手はそれなりに(^^ゞしんどいのは同じなんだよなぁ。
だから全員がバラモンキングなんだよなぁ。

オレももっと速くなりたいと思ったね。

15分ほどに編集されたバラモンキング2015のダイジェストビデオが放映されて、みんな食い入るように見ていました。
ボクも一瞬だけど何度か映っていて、
「あっ、オレだ~。」
なんて叫んじゃった。
小声でね(^^ゞ。

閉会式が終わったら、飛行機の時刻までに僅かな時間しかなかったので、大急ぎで料理をいただいた。
カレーを食べたかったけど並んでいたので、並ばずにすぐもらえるお肉とおでんと、もう一つ何だったっけ?忘れたけど、急いで食べた (^^ゞ。


c0236857_23464959.jpg
この辛子、むっちゃ効いた!
c0236857_23465359.jpg
レンタカーを返して、空港まで送ってもらいました。
偶然、るみおかんさんと同じ飛行機だったので、一緒に送ってもらいました。

c0236857_23465809.jpg
あ~、福江島が遠ざかる~。
帰りたくないよ~(^^ゞ。

c0236857_23470320.jpg

c0236857_23470821.jpg

c0236857_23471236.jpg
ええ大会やったなぁ~。
来年が待ち遠しいなぁ~。
来年はもっともっと強く速くなって戻ってくるよ~ん(^^ゞ。

長崎空港で3時間も待った(爆なし)。

福江空港発の飛行機と、長崎→神戸の便数が少ないので、接続が悪いのだ。
高速艇の予約がとれなかったからしょうがない。

この店でチャンポンを食べた。

c0236857_23472189.jpg
3泊4日でまともな食事は初めて(^^ゞ。
さすが空港内にあるお店だけあって、ボクにとってはびっくりするぐらい高かったけど味は普通だった(^^ゞ。
c0236857_23473113.jpg
食べて飲んだら迷惑にならないように、隅っこの国際線の長椅子で爆睡して過ごしました。
何か遠くの方で音がしてるなぁと思って起きたら、スマホのアラームが鳴っていた。
寝過ごさないで良かった!

終わり(^^ゞ。


下のバナーをどちらか一つ、ポチっとしていただけたらたいへん嬉しいです。
よろしくお願いします。

にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村



by piyopiyodesu | 2015-06-24 22:33 | バラモンキング | Comments(2)  

バラモンキング2015参戦記 6 (ラン後半)

 フィニッシュまで残り2kmを切った辺りで、るみおかんさんに追いついた。

背中をポンと叩いてしばらく並走。(と言ってもほんの数秒だったと思うけど)
ちらっと見た横顔にはまるで生気がなかった。
わちゃっ、こりゃ大丈夫かい?と心配になった。
気力だけで走っているように見えた。

「ゴールできないかもしれない・・・・・。」
そんな弱音を吐く彼女を初めて見た。

「タイムはどうだっていいんだよ、最後まで諦めない気持ちが尊いんだよ。ゴールで待ってるよ!」

と声を掛けてスパートした。

c0236857_14055581.png
ラスト1kmを切った。
暑い中をずっと交通整理してくれていた警察官の方に
「お疲れ様です、ありがとうございます。」
と言ったら、ちょっと驚いた感じで
「ありがとうございます。頑張ってください。」
と返してくれた。

五島港公園の少し手前で、田中社長をはじめとしたCEEPOの皆さんが応援してくれていた。
「田中社長!」
大声で叫んだら気付いてニッコリしてくださった。
ボクもニッコリ。
もうゴールはすぐそこ。

今日は笑顔でゴールできそうだな。
五島港公園の手前で左折した辺りまではニコニコしていたのだけど、公園の周りをぐるっと半周して最後のレッドカーペットの花道に向かう途中で、いろいろとあれやこれや思い出して急に込み上げてきた。
笑顔でゴール、笑顔でゴールと思うんだけど、涙が出て出て止められなくなってしまった。
結局いつものように、こんなくしゃくしゃな顔でフィニッシュ。

c0236857_21510917.jpg
昨年のバラモンキングの悔しさ、今年の宮古島大会の鬱憤を少し晴らすことができたかな。
でも、宮古島大会の鬱憤は宮古島大会でないと晴らせないからな、来年だな。

完走タオルと完走メダルをかけてもらって、アンクルバンドとリストバンドをお返しした。

やったど~(^^ゞ。
目標達成だ~!

c0236857_23450922.jpg
最高の気分やね!
c0236857_23451423.jpg
なんとなく笑顔にも元気がなく見えるのは、まだムカムカが続いていて、早く横になりたかったんです。
筋肉痛はほとんどなくて、立ったりしゃがんだりも平気でしたが、全身の疲労感はかなり強かったです。

c0236857_23451859.jpg
レースナンバータトゥシールがボロボロになるほど激しい走りだったわけじゃなくて(^^ゞ、ウェットスーツがフルスーツだから擦れたんだな。
c0236857_23452333.jpg
フィニッシュ後もムカムカが続いていて食欲がなかったけど、シャワーを使わせてもらってお尻をよく洗って(^^ゞさっぱりして、ブルーシートの上に完走タオルを敷いてしばらく横になっていたら食欲が出てきて、食欲が出ると元気になった(^^ゞ。

c0236857_23453061.jpg
結局、五島うどんを5杯いただいた(爆)。6杯だったかも(^^ゞ。
筋肉の超回復と疲労が早く抜けるように、ペットボトルにたっぷりのプロテイン、アミノ酸、クエン酸なんかを入れてプレスイムバッグに入れておいたので、そこにアクエリアスをもらって入れて溶かして飲んだ。
これで翌日の筋肉痛が随分緩和されると思う。
c0236857_23453405.jpg
スマホを見たら、加古川のトライアスロン仲間のBさんから「100位以内おめでとう。」というメッセージが届いていたので、自分で速報を確認したら99位だった。
おおっ、やったな。
順位は気にしてなかったけど、そりゃ3桁より2桁の方が嬉しいに決まってますよね(^^ゞ。
昨年は152位でした。

50~54歳男性のM50というカテゴリーでは、140人(DNSの選手も含んでいるかも)中9位でした。
トップ10%に入ってる、嬉しい!

公式記録では、ランは3:51:20で57位。
これも全体でトップ10%に入ってる!
うひゃぁ嬉しいなぁ(^^ゞ。

バイクフィニッシュ時には193位だったので、ランで94人抜いたってことですね。
スイムフィニッシュ時は379位だったから、バイクとランで280人抜いたってことですね。

いやあ、やっぱりスイムをわざと遅く泳いで良かったなぁ(爆)。
後で大勢抜いていけるように、わざとゆっくり泳いだんですよ~実は~(爆)。
昨年のランは、4:26:48だったから、35分縮めました。
スイムで85分もかかってしまったのはわざと失敗だったけど、バイクを控えめにして気持ち良くランで走るという作戦はほぼうまくいったと思います。
終わり良ければ全て良し!
c0236857_23453929.jpg

c0236857_23454473.jpg
マラソンを走ると必ず同じようなところに水ぶくれができる。
c0236857_23454807.jpg

c0236857_23455325.jpg
ゴールが見える場所で体育座りして待っていたら、完熟マンゴーさんがフィニッシュ!

すぐに近づいて
「おめでとう!」
と言ってたら、自分がフィニッシュした時の倍ぐらい涙が出た。

c0236857_23455859.jpg
一体どこで水浴びしてきたの?って聞きたくなるぐらい汗びっちょりでしたね(^^ゞ。
c0236857_23460516.jpg
完走メダル。
c0236857_23460930.jpg

c0236857_23461501.jpg
Aタイプの制限時間は15時間。
ギリギリになるのではないかと思っていたるみおかんさんが、十分な余裕を持ってフィニッシュ!

「おめでとう!よく帰ってきたねー。」

と言ったつもりだけど、最後は涙で言葉にならず、自分がフィニッシュした時の3倍ぐらい涙が出た。

ほんとよく頑張ったよね。
3度目に会った時は、完走できないんじゃないか?と心配になるぐらい元気がなかったもんね、よくやったね。
この表情が全てを物語っている。
c0236857_23462066.jpg
バラモンキングの歴史についてはよく知らなかったのだけど、閉会式の時に大会総括で役員の方が言ってました。
間違ってたらごめんなさい。
2001年にアイアンマンジャパンとして始まり、2009年まで続いたが、2010年は口蹄疫の影響で中止になってしまった。
2011年からバラモンキングとして復活して、今年が第5回大会だそうだ。

バラモンキングは、その前身がアイアンマンジャパンだったので、スイム3800m、バイク180km、ラン42.2kmのアイアンマンディスタンスを採用している。
ふつう、アイアンマントライアスロン大会の制限時間は17時間だけど、バラモンキングはアイアンマン時代から15時間なんだそうだ。
17時間あれば、ランで半分歩いても間に合うけど、15時間だとそうはいかない。
それだけバラモンキングはハードルが高い厳しいレースだということが言いたいのです。
(アイアンマンにケチをつけているわけではないので誤解しないでね)

今大会のAタイプの完走率は男子が83.5%、女子は75.6%。
この厳しい大会にエントリーするぐらいだから、体力には自信がある選手ばかりなのだろうけど、それでも女子選手4人中3人しか完走できなかったという状況での完走は、すごいとか立派なんていう言葉では表せない、超人レベルだと思う。

るみおかんさんに限らず、15時間近くかかって完走した選手も完走できなかった選手も、ボクがフィニッシュしてシャワーしている間も、横になっている間も、うどん食ってる間も、暗い中を3時間近くも長く走り続けたんだよ、すごいわ。
あと3時間走ってろって言われてもオレは無理!

完走された皆さん、おめでとうございまーす!
残念ながらDNFになってしまった皆さん、がっかりすることはないですよ!
頑張ったんだもん。
また来年、楽し苦しいバラモンキングで会いましょう!

今回も大勢の、本当に大勢の方々に支えていただきました。
大会関係者の皆さん、ボランティアで我々を支えてくださった皆さん、道路脇で応援してくださった皆さん、全ての皆さんに心から感謝しています。
ありがとうございました。
来年もまたお世話になりますので、よろしくお願いします(^^ゞ。

バラモンキング最高やね!
体力を使い果たしてヘトヘトなはずなのに、なぜか行く前より帰る時の方が元気になってる。
不思議な魅力を持った大会なのだ。
五島の皆さんの人柄なんだろうなぁ。

トライアスロンやっててこの大会に出ないなんてもったいないね(^^ゞ。


同じ動画だけど、もう一度載せますね。




下のバナーをどちらか一つ、ポチっとしていただけたらたいへん嬉しいです。
よろしくお願いします。

にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村


by piyopiyodesu | 2015-06-23 21:56 | バラモンキング | Comments(16)  

バラモンキング2015参戦記 5(ラン前半)

 21日の日曜日は、3種目やりました。
久しぶりに臨時漕会の仲間と日本海までサイクリングする予定で、午前2:30に家を出て集合場所の相生まで自走して、県北に向かったのですが、山が近づくにつれて空が黒くなり、雨が降ってきたので、日本海サイクリングは中止になって帰ってきました。
120km走って帰ってきてもまだ9時前でした(^^ゞ。
これが第1種目。

あんまり眠いので2時間寝て、昼食後に第2種目の庭の草抜き(爆)。
これが一番しんどかったりして(^^ゞ。

ボクとしては、庭(狭いんですけど)が密林のようになってターザンやテナガザルが住み着いても気にしないのですが、中3の娘が「やーい、お前んちの庭はくっさボーボー!」などと言っていじめられたら可哀想だと思ったんです。
そんなこと言われたら相手を張り倒すような娘なんですけどね (^^ゞ。←ウソですよ(^^ゞ

そして夕方涼しくなるのを待って第3種目の17kmラン。
アベレージ4’47で走れたので、バラモンキングの疲れはすっかり抜けたと判断して良さそうです。
今週からまたしっかりトレーニングしていきます!


 さて、前回の続きです。
バイクキャッチャーさんに剱号を預けて、誘導に従って外堀公園内に走り込みました。

そこでランバッグを受け取るのですが、中学生か高校生ぐらいの女の子達が働いてくれていたのだけど、ちょっと混乱していて20秒ぐらい待った。

そういう時は休憩だと思って焦らないことが大事。

お礼を言ってバッグを受け取ったら更衣テントへ。

ヘルメットを外してキャップを被り、5本指靴下を履いた。
バイクで走っているうちからずっと決め兼ねていたことがあった。

補給ドリンクを入れたフラスコベルトを持って走るかどうかっていうこと。
ムカムカは続いていて飲めそうにない。
無理に飲んだらきっと吐いてしまうだろう。
だけど、補給無しではいずれエネルギー切れになるのは明らか。
どうしよう?

持つ・・・持たない・・・持つ・・・持たない・・・・。
ランシューズを履いている間に決めた!

どうせ飲めそうにないなら持たずに身軽に走ろう。

ハーフを走れば、スペシャルニーズに預けたこれ↓を受け取れるから、それまではエイドの補給でなんとか乗り切ろう、走っているうちにムカムカもおさまるだろう、と思ってフラスコはバッグから出さずに走り始めた。

c0236857_23464031.jpg
スタートしてすぐの所にあった公式電光時計を見たら、14:58台だった。(7:00スタート)
わおーっ、なんてドラマチックな展開なんだ!
サブ4で走ればサブ12も達成できるが、サブ4がダメならサブ12もダメ。

昨年のIM北海道では、3時間54分で走らないとサブ12に届かないということで、どんなペースで走ればいいのかを計算できなくて苦労したが、ちょうど4時間なら簡単だ、1kmを5分40秒で走ればサブ4だ。

走り始めてみると、ムカムカして体はどよーんと重いものの案外脚は出る。
あっ、これはイケルかも。

バイクの途中で見たこともない表示になってしまったガーミンだけど、ランではラップタイムは絶対知りたい。
しょうがないので一旦止めて、改めてランだけ計測を開始した。

c0236857_14053293.png
1km  5’12 これは速過ぎる、こんなペースが続くわけないと思ってペースダウン。
2km  5’38 これぐらいなら特に無理をしている感じはなく、もう少し上げても継続できそうな気がした。

よし、5’25~35ぐらいを狙って走ろう。
けっこう細かいアップダウンがあるので、速くなったり遅くなったりはしたけど、平坦な場所ではできるだけ5’30前後で走るように心がけた。

しばらくすると体の異変に気付いた。
大ちゃんがいる(爆)。

おかしい、どうしてだ、金曜の昼から土曜の夜まで固形食は食べなかったし、今朝はホテルで1回、スイム会場でも1回ひねり出して(^^ゞ、もう残っていないと思っていたのに。

あっ、そうか!
金曜の昼前に長崎空港で食べまくった試食品だな!
試食だけして買わなかったから、お店の祟りか?
しまった、詰めが甘かった(>_<)。
自業自得というか身から出た錆び(大ちゃん)というか、あんなに食うんじゃなかった。←そんなに食べてません(^^ゞ


来年からはもう試食はよそう。
いや、でも、タダで食えるものを食わないのはもったいないな、そうだ、袋に入れといてレース後に食えばいいじゃん(^^ゞ。←そこまでして食いたいか?

かまぼこは傷むからアカンけど、菓子はいけるやろ。
だけどその場で食うから試食だけど、持って帰ったら窃盗になるんじゃないか?

もー、そんなどうでもいいことが次から次へと頭に浮かんできて走りに集中できない(爆)。
電車で乗り過ごすほどの集中力が、こういう時に発揮できればいいのに。
なんとかしてくれー。

大ちゃんは少量だったので、そのまま我慢して走り続けることができそうだったけど、後半の苦しい時に出そうになったら困るな。
トイレに行くかどうする?

行く・・・行かない・・・行く・・・行かない・・・
出す・・・出さない・・・出す・・・出さない・・・
愛してる・・・愛していない・・・愛してる・・・愛していない・・・・

もう頭の中は桜田淳子状態であった!
そんなこと言われても若い人には何のことやらわかりませんよね(^^ゞ。

ボクが小学生の頃にね、花の中3トリオってのがね、←もうええ(-"-)
すみません、割愛します(^^ゞ。

調子良く走れていたので、少しぐらいのタイムロスはすぐに取り戻せるだろうと思って、海沿いの道の仮設トイレに駆け込んだ。

6km 5’52

その前の5kmは5’21で、その後の7kmは5’30秒だから、大ちゃんを出すのに2~30秒しかロスしてないでしょ!?

速ぇ~。
こういう競技があったら上位入賞間違いなし(^^ゞ。←どういう競技やねん!

ぴよぴよさん、ちゃんとフキフキしたの~?

失礼だなぁ君ぃ、拭いたに決まっておるではないか!
こう見えてオレは綺麗好きなんだよ!

一回だけだけど(^^ゞ。
どうせゴールしたらすぐ会場のシャワーで洗うんだから、ちょっとぐらいは気にしないの!

なんだか、こういうネタになると生き生きしてくるのが怖い(爆)。
c0236857_14054164.png
約10.5km走って最初の折り返し。
いつエネルギーが切れるかと冷や冷やしながら走っていた。
いつもならいくらでも食べられるバナナもオレンジも食べたくないし、カンコロ餅や他にも何かあったな、とにかく固形食は食べられそうになかった。
唯一、コーラだけは飲むことができた。
でもたくさん飲み過ぎると吐きそうになったので、紙コップに半分ぐらい入っているその半分ぐらい、50ccぐらいを飲んでつないだ。
全てのエイドでコーラをもらって飲んだ。
ランの前半はコーラの糖分(と脂肪)だけで走ったようなものだ。

10km走ってペースを上げるか?
いや、まだ早いまだ早いぞ。
まだ先は長い、もうしばらくこのペースでいこう。

c0236857_14054649.png
10.5kmの折り返し後に、知っている選手と何人かすれ違った。
まずはシフォンさん、続いてるみおかんさん、そしてマンゴーさんの順だったと思う。
3人ともしんどそうだったけど懸命に走っていた。
シフォンさんには声をかけて手を振った。
るみおかんさんとマンゴーさんは、ボクの方がちょっと余裕があったので、反対車線まで近づいてハイタッチ。
頑張ろう!

15kmを過ぎてペースを上げた。
小出カントクが推奨するネガティブスプリットで走るには、15kmごとにペースアップすることになっているのだ。

21km走って外堀公園まで戻ってきた。
スペシャルニーズのエイド前を通過する時に、
「329番さん、スペシャルニーズバッグを受け取りますか?」
と聞いてくれた。
一瞬迷ったが、そこまでなんとかコーラだけで走れていたので、
「ありがとうございます、要りません。」

と言って受け取らなかった。
折り返して右手首に反射板付きのリストバンドを着けてもらった。
よしっ、あと半分、脚はまだまだ大丈夫、さあ行くぞ!

2周目に入っても、相変わらず全てのエイドでコーラを飲みながら、まだまだ調子よく走れていた。

c0236857_21505352.jpg

c0236857_14055088.png
再び知っている選手と擦れ違った。

マンゴーさん、シフォンさん、るみおかんさんの順だったかな。

3人とも苦しそうだったけど、
るみおかんさんが特に苦しそうだった。
顔色が悪かったな。

頑張れとは言えず、
「この苦しみの向こうに栄光があるよ!」
と言ってすれ違った。

急に腹が減ってきた。
まずい、遂にきたか。
エイドで50ccほどのコーラを飲むだけじゃやっぱり足らないよなぁと思って、一番食べられそうだったオレンジを一切れもらって食べた。
コーラを飲む量を少し増やした。

31.5kmの最後の折り返しに近づくにつれて、ちょっとペースが落ちてきていたけど、折り返して最後の10kmになればペースを上げていけると思っていた。

マンゴーさん、シフォンさんと3度目の擦れ違い。
2人ともまだしっかり走れているように見えた。

るみおかんさんが来ない。
35kmを過ぎても、38kmを過ぎてもまだ擦れ違わない。
さっき擦れ違った時、かなりきつそうだったから追いついちゃうかもなぁと思いながらゴールを目指す。

ボクの方も最後の10kmはガクンとペースが落ちた。
残りたった10kmやないか、ガンバレガンバレと思うんだけど脚がでない。
背中が丸まってストライドが小さくなる。

こういう時こそ姿勢が大切。
後傾は良くないが、後傾するぐらいに胸をしっかり張って背筋を伸ばして腰の位置を高く保てば、ペースダウンを最小限に食い止めることができる。
疲れた背中をしゃんと伸ばして腕をしっかり振って最後の踏ん張りだ。

残り2kmを切った辺りか、るみおかんさんに追いついた。

続く・・・・ (^^ゞ。

下のバナーをどちらか一つ、ポチっとしていただけたらたいへん嬉しいです。
よろしくお願いします。

にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

by piyopiyodesu | 2015-06-22 21:22 | バラモンキング | Comments(11)  

バラモンキング2015参戦記 4 (バイク)

 20日の土曜日は、翌日に長距離サイクリングの予定があったので、短い距離のブリックトレーニングをしました。
バイクでいつもより速いペースでノーストップグルグルコースを32km走った後、ランで8km。

このランでハンガーノックになってしまいました。
走り始める時に既にちょっと空腹感はあったのですが、10kmしか走らないつもりだったのでイケルやろと思ってスタート。

4kmぐらい走ったあたりで急に空腹感が強まって全身の力が抜けるような感じがしました。
手足の感覚が弱まって、自分の身体が透明人間になっていくような薄れていくような感覚がありました。
透明人間になれたら行きたい場所がいくつかあるんですけど(^^ゞ、ハンガーノックになっても人からは丸見えだからダメですね、フラフラで逃げられないし(爆)。

それまで4分台で走っていたのが6分台へ。

持っていたスポーツドリンクを口に含んでクチュクチュしてゴックン(オエ~(^^ゞ)。
1km半ぐらいから徐々に透明人間の薬が切れて透明でなくなってくる感じがあって、再び4分台に戻すことができました。

血糖値が下がると脳が自分の活動エネルギーを優先して確保するために、激しい運動をやめさせる指令を出すのがハンガーノックで、スポーツドリンクのカロリーなんて僅かだけど、甘い物が口に入ったことで、脳がエネルギーが補給されたと騙されて指令を解除することで一時的にまた動けるようになると読んだことがあります。
カロリー0でも甘ければ脳は騙されるらしい。
LUMINAにも書いてあった。
たぶんその現象が起きたのでしょう。
間違っていたらゴメンナサイ(^^ゞ。

人一倍単純なボクの脳ちゃんは、きっと簡単に騙されてしまうんだろうけど、こういうことを書かしているのもボクの脳ちゃんなわけで、実はすべてをお見通しで、騙されたフリをしてくれてるのかなぁなんて、そんなわけないか(^^ゞ。


 レース前日にバイクコースの下見をした時の動画を編集してみました。
前作に続いて全く面白くないし、何の役にも立ちません(爆)。
本当です。
そう言えばこんな場所があったなぁっていう程度です。
見てから文句言わないでくださいね(^^ゞ。

もっと撮るつもりでいたんですけど、忘れちゃうんですよね、忘れっぽい脳ちゃんなんです(^^ゞ。



これは、レース当日の朝の様子と、Aタイプ終了直前直後のゴール付近の様子です。
これも何の役にも立ちませんが、会場の雰囲気を感じていただけたら嬉しいです。




 さて、前回の続きです。
苦手なスイムを終えてバイクスタートしました。

富江港を出ると富江地区内のほぼ平坦な道路を1周します。
応援してくれる方々の前を通過する時は、DHポジションのままでだけど、できるだけ掌をヒラヒラさせたり、「ありがとうございまーす。」と言って応援に応えるようにしました。
もちろんとびっきりの笑顔で。
だって楽しくてしかたないもんね。

そうすると、声援や拍手が一際大きくなった気がしました。
いや、気がしたんじゃなくて確かに大きくなった。
やっぱり応援する側も選手が反応してくれると応援し甲斐があるんでしょうね。

過去に何度も書いてるけど、一般道を通行止めにして、しかも約15km毎にエイドで飲み物や食べ物まで用意してくれるから、全くノーストップで180kmも走り続けることができるなんてロングのトライアスロンでしかあり得ないと思うので、これぞロングトライアスロンの醍醐味!と思って思い切り楽しませてもらいました。

走り始めてみると、スイムの疲労感はほとんどなく、脚が攣りそうな感じも全くなくて、すごくいい感じで走れました。

だからと言って決して無理なペースでは走らず、ランの脚を残すために控えめ控えめで走りました。

ガーミンは始めは設定していた通りにちゃんと表示していましたが、その後見たことのない画面になったまま二度と戻ることはありませんでした(>_<)。
手首の内側に着けていたから、DHバーにボタンがあたったのかもね。

一つの画面に心拍数、時速、距離、時刻の4項目を表示するように設定していました。
そして、サイクルコンピューターにはケイデンス、時速、距離が表示されていました。
サイコンは宮古島大会ではステムに着けていたので、DHポジションのままでは見られなかったのですが、今回からちょっと工夫してDHバーに着けたので、DHポジションのままで見られるようになっていました。

ボクが最も重要視したのがケイデンスと心拍数。

宮古島大会のランで4時間50分もかかってしまった原因をずっと考えていました。
そして出た結論は、ランの脚を残すためには重いギアはダメで、軽めのギアでケイデンス高めで走る方がいいということでした。

スピードが落ちる上り以外では、ケイデンスが95を下回らないように、95~105ぐらいを維持するように注意しました。
心拍数は上りで一時的に短時間だけ150を超えることがあっても、できるだけ140までで走るようにしていました。
こちらはケイデンスほどは気にしていなかったけど、ほぼ140までで走れたと思います。

とにかく、うまくいっても12時間も続くロングレースなのだから、ある程度先が見えてくるまでは抑えて抑えてネガティブスプリットで走ると決めていました。

バイクで調子にのって自分の能力を超えてしまうような走りをせずに、余力を残してランにバトンタッチできれば、きっとランでいい走りができると信じて走りました。

ランでしっかり走れるように、バイクで十分補給しておこうと思い、腹が全然減ってなくても、高カロリードリンクを頻繁に飲んで、えいようかんおはようかんをどんどん食べて走った。

大会翌日に、地元の写真屋さんが販売していた写真をデータで4枚買って4000円でした。
データで買うと自分のプリンターで大きく印刷できるからそっちの方が得かなぁって思ったんです。


c0236857_21502279.jpg

c0236857_21503684.jpg
何キロぐらいだったか全然覚えてないんだけど、たぶん50kmぐらいの上り坂で完熟マンゴーさんに追い着きました。
スイムではマンゴーさんの方が速いと思っていましたが、やっぱり速かった(^^ゞ。

るみおかんさんには、昨年は20kmぐらいで追いついたんだけど、いつまで経っても追い着かない。
あんまり追いつかないもんだから、もしかして平泳ぎの選手に蹴られるとかしてオレより遅かったんやろか?いやいや、そんなことはねぇわなぁ、なにしろオレは85分やからなぁ、それより遅いわけねぇよなぁ・・・・なんて思っていたら、最初のスペシャルニーズのエイドの手前で発見!
カメラを構えたテレビクルーのクルマが、真横に張り付いて撮影していたのですぐにわかった。
あれは走りにくいやろなぁ。
来年オレの取材をさせてくれと頼まれても断ろう(そんなこと頼まれませんって)なんて思っちゃった(^^ゞ。

81kmでやっと追い着いた~(^^ゞ。
去年は20kmだったのに、この差は何だ~(>_<)。

彼女はスペシャルニーズバッグを受け取りにピットインしたので、前を通り過ぎながら「るみおかんさーん。」と大声で叫んで手を振りました。

きつめの上り坂を上体を起こしてヨロヨロ上っていたら、ディスクホイールのゴーという音が近づいて来て、宮古島大会で優勝して、バラモンキングでもプロの部で1位になったBタイプの戸原選手に一瞬にして抜かれた。
DHポジションのままでグイグイ上って行く後姿はすぐに見えなくなった。

しばらくしてかぼすさんにもびゅわーんと抜かれた。
速ぇ~(@_@)。
かぼすさんはCEEPOkatanaを借りて走られたらしい。
ボクの剱号もkatanaです。
katanaってあんなに速いんや、乗る人が乗ったら(^^ゞ。
遅くて悪かったなぁ!
控えめに走ったんだよ、控えめに!(^^ゞ
あんなスピードに着いていったら(いけないけど)、走れなくなるだろう?

とても同じヒト目ヒト科ヒトの生き物とは思えない走りである。
いやあ、エエもん見せてもろた、一瞬だったけど(^^ゞ。

上り坂を上り切った所で、スピーカーから大きな音で音楽が流れていて、マイクで選手の名前を呼んで応援してくれる所があるんです。
レースナンバーから選手の名前を探すのに手間取るのか、たいてい通り過ぎたところで名前を呼ばれるんだけど、その手前の上り坂でニワトリみたいな被り物を被った若くて美しくてスマートな女性が「ぴよぴよさん頑張って!」と声をかけてくれました。

おおっ、オレのファンか!?レース中でなければメルアド聞くのに、と思ったけどそうじゃなかったようだ(爆)。
フィニッシュ後にワンコさんだと紹介してもらいました。
バラキンにエントリーしていたけど腕を骨折して出られなくなってしまったのに、わざわざ応援にきてくれたそうだ。
スンバラシイ!

130kmぐらいまでは順調に走れていたのが、残り50kmぐらいから疲れが出てきた。
腰が痛くてDHポジションを維持するのがつらくなっていたので、スピードが落ちる上り坂ではシッティングでも上れたけど敢えてダンシングして腰を伸ばした。

スペシャルニーズバッグは81kmの1周目か136kmの2周目で受け取ることができた。
2周目でエアロボトルに入れた違う味の高カロリードリンクを受け取ったけど、最初のドリンクがまだかなり残っていたのでほとんど捨てた。

高カロリー補給ドリンクの味付けを失敗したなぁ、クエン酸を入れ過ぎて酸っぱすぎた。

始めの元気なうちはそれでも飲めていた。
補給ドリンクを一口飲んだらスポドリをすぐ一口飲んで、胃の中で薄めるような感じにしていたのだけど、疲れてくるとその酸っぱさが苦痛になってきて吐き気がしてきた。
固形物は食べたくなくなっていた。

エイドでまだスポドリが残っていると思ってボトルをもらわなかったら、その直後にスポドリがほとんど残っていないことに気付いたことがあった。
ストローで吸ったらズーズーと音がして空だった(^^ゞ。どんくさ~
次のエイドまで給水できなかったのはきつかったなぁ。

そして眠たくなってきた(>_<)。
自転車で走っているのに生あくびが何度も出た。
ほんの一瞬だと思うんだけど、意識がとぶことが何度かあった(>_<)。

わっ、今一瞬だけどオレ寝てた?寝てたよな?あぶねー。
これは何の前兆だろ?
下りで寝ちゃったりしたら一瞬でも本当に危ないよ、なんとかしなきゃ。

バイクの残り距離が少なくなってきたので、バイクのうちに補給しておかなきゃと思ってちょっと焦り始めていた。
おはようかんを飲み込むようにして酸っぱすぎるドリンクを無理矢理流し込んだら、残り10kmぐらいの所で吐いてしまった。
バイクにはかからないように吐いたんだけど、吐いてもまだムカムカしていた。

こんな調子じゃ走れないんじゃないかなぁ。
不安になった。
あ~あ、ブログにあんなこと書かなきゃよかったなぁと思い始めていた。
あんなことというのは、コレです。
『ボクには、ランでサブ4、合計でサブ12を達成できる能力が既に身についている、問題はその能力をどうやって引き出すかだ』って書いたんですよ。

こんな調子じゃサブ4で走るなんて無理そうやなぁ。
なんでこうなるんやろ・・・・と弱気になっていました。

鬼岳を左に見ながら福江の外濠公園を目指して、ムカムカしながらも懸命にペダルを回し続けた。

あ~、やっと終わったぁ。
やっぱりノーストップで180kmはキツイわぁ。

降車ラインの手前でシューズから足を抜いて、裸足で降車してバイクキャッチャーの方に剱号を預けた。
「お願いします。」


続く・・・・・(^^ゞ。

公式記録ではバイクの成績は6:33:26でAタイプ682名(男性637名、女性45名)中156位。
昨年は6:30:14でAタイプ653名(男性600名、女性53名)中150位でした。
控えめに走った割には3分しか遅くなってないけど、これはボクの走力が向上したということじゃなくて、たぶんディスクホイールのおかげかな(^^ゞ。

スイムが379位で、バイク終了時は193位だったので、バイクとT1で186人抜いたってことですね。
スイムが遅かったのはショックだったけど、その後どんどん抜いていけたのは気持ち良かったですね(^^ゞ。
もちろん抜かれることも多かったけどね。
それにしてもムカムカがおさまらないままランになってしまいました。
どうなってしまうんでしょうか!?
サブ4で走ることができたんでしょうか?
気になりますね~、心配ですね~、それではサヨナラサヨナラサヨナラ(爆)。

下のバナーをどちらか一つ、ポチっとしていただけたらたいへん嬉しいです。
よろしくお願いします。

にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村






by piyopiyodesu | 2015-06-21 23:30 | バラモンキング | Comments(4)  

バラモンキング2015参戦記 3(スイム)

 福江島から15日に発送してもらったシーコンが、16日には届いたのですが、留守中だったので結局昨日の18日に受け取りました。
早いですねぇ。

昨日の18日からトレーニングを再開しました。
筋肉の超回復はもう終わっているはず。

今までのロングトライアスロン後の中では、今回が最も疲労感が少なくて、起床時の心拍数も火曜日には普段通りに戻ったし、筋肉痛も殆ど感じなかったので、昨日は3種目やってみました。
べつに3種目やる必要はなかったんだけど、3種目とも少しづつでいいからやりたかったんですよ(^^ゞ。

朝一で3000m泳いで、十分休憩してから近所のノーストップグルグルコースを45kmバイクで走って、また休憩後に12km走りました。
ランの走り始めだけはちょっと身体が重かったけど、後半はしっかりペースを上げていくことができました。

宮古島大会の後とは雲泥の差です。
走れない脚で無理やり走ると、たとえゆっくりしか走れなくてもものすごく大きなダメージを負ってしまうけど、調子良くほぼ理想的なペースで走れると、ダメージは小さくて済むっていうことなんでしょうね。
今後の大会でもこうありたいものです。


 さて、6月14日日曜日、レース当日です。

福江文化会館から歩いてすぐの外濠公園(T2会場でもある)から4:30に富江会場行きの選手専用バスが出るので、3時に起きた。
前日に買っておいたおにぎり2個と、巻き寿司ときつね寿司の弁当を食べた。
スティックパンやヨーグルト、プリンも食べたしスープも飲んだ。
できるだけ糖質を蓄えておこうと思って、苦しくない程度にたくさん食べて飲んだ。

起きた時は雨は降っていなかったけど、食べている間に雨音に気付いて窓を開けて見たら、けっこう降ってた。
あちゃ~、やられたなぁ(>_<)。
まあしょうがないな。
雨なら雨のレースをすればいいさ。
こういう時、決して悪い方には考えない。
条件は全選手同じだもんね。
雨のバイクは危険だから、無理せずに無事故無落車で走り、その分ランに脚を残せればそれでいいと思うようにしました。

前日に作って冷蔵庫に入れておいた補給ドリンクの入ったペットボトルを袋に入れて、4時過ぎにホテルを出た。
バス乗り場の外濠公園までは10分ほどで着く。
身体が冷えないように、コンパクトになるウィンドブレーカーを着ていた。

外に出たらほとんど雨は止んでいて、その後、スイムスタート直前にちょっとだけパラついただけで、一日中降らずにもってくれた。
良かったぁ!

↓富江会場に向かうバスの中。
みんな大きなトランジションバッグを2つ持っている。
緊張感漂いまくりの車内だったけど、ボクはバラキン初出場というお隣さんとおしゃべりしてリラックスしていられた。

c0236857_23445347.jpg
スイム会場に着いたら、バイクスタンドは隣との間隔が狭くて準備しにくいので、ちょっとだけ移動して遊歩道の手摺に立て掛けて作業した。
ペダルにバイクシューズを着けて、ほぼ水平になるように踵を輪ゴムで固定した。
DHバーに取り付けたプロファイルデザインの2槽式エアロボトルの大きい方にはペットボトルで持ってきた高カロリー補給ドリンクを入れて、小さい方にはOS-1を入れた。
ずっとOS-1を飲めたらいいんだけど、それは無理なので、最初だけでもね。

おはようかんえいようかんを、食べやすいように包装ごと2つに切って、2個のトップチューブバッグにたくさん入れて持ってきたのを、トップチューブにセットして、タイヤに空気を入れたら準備完了。

ブログを見ていますよと声をかけてくれた方がいました。
一緒に写真を撮りたいと言われるので、照れながら撮ってもらいました(^^ゞ。
ありがとうございました。
レースはどうでしたか?


最終登録をしてアンクルバンドを受け取った。

完熟マンゴーさんとは同い年なので、レースナンバーが近くてバイク置き場もすぐ近くでした。
マンゴーさんは昨年はBタイプに出場したので、今年は初めてのAタイプ、アイアンマンディスタンスに挑戦です。

c0236857_23445821.jpg
トイレを済ませて、スイムに使うウェットスーツ、ゴーグル、スイムキャップを持って他の物はレース終了後に受け取るプレスイムバッグに入れて預けました。
バイクバッグも自分のナンバーのフックにぶら下げて、その位置をしっかり覚えました。


c0236857_23450279.jpg
7時スタートで、6:30から試泳ができたので、去年みたいにビビリが出たらまずいからしっかり試泳しておこうと思って、早くにウェットスーツを着て海に入るスロープ近くにいたら、るみおかんさんに会った。
ハルさんすみません、勝手に写真を使わせていただきました。
ありがとうございます(^^ゞ。

ボクのスイムの目標は、るみおかんさんの15分遅れ以内で泳ぐことです(^^ゞ。
果たして目標は達成できたのでしょうか?

c0236857_23395252.png
6:30を少し過ぎて試泳が始まった。
冷たい!
昨年は冷たい水に顔をつけていられなくて(初めてスイム教室に参加した幼稚園児か!)、スイムスキップしようか?などと出来もしないことを考えたんだよなぁ。
1年前のことが懐かしく思い出された。

今年はちょっと泳いだらすぐに慣れました。
やっぱり2回目の出場ということで心に余裕ができたんでしょうね。

一旦上陸して、スタート10分前にもう一度泳いでスタートラインのブイまで行って、ブイに捉まってスタートを待った。
今年も厚かましくも最前列からのスタートだ。

誰かが何かを叫ぶ度に、「うおぉー!」という地響きのような声が沸き起こった。
何を叫んでいるのかはさっぱりわからなかったけど(^^ゞ、とりあえず一緒になって「うおぉー!」と叫んでおいた(^^ゞ。

ちょっと間が空いて、もう終わりかなと思った時に、すぐ近くにいたるみおかんさん

「絶対完走するぞ~!」
と叫んで、それに呼応してまた地響きが沸き起こった。

いいねいいね、全然緊張してないし、ゴーグルもばっちり位置が決まって水が入ってこないし、こりゃいい感じで泳げるぞ。

スタート1分前の放送は聞こえなかったけど、6:59にガーミンをスタートさせた。(つもりだった)

これ見てよこれ↓。
ガーミン920XTJによるとですね、ボクは15分16秒間、スタート位置でずっと立ち泳ぎしてたみたいです(爆)。
トランジション1に2時間34分(2分34秒か?)ほどかけて一体何をしてたんでしょうね(^^ゞ。
映画でも観てたんでしょうか?
バイクは2時間1分で走り切り(速い!)、トランジション2にまた4時間以上かけて昼寝でもしてたんでしょうかね?


c0236857_14051395.png
スントがガーミンに代わっても、ちゃんと操作しないとちゃんと計測してくれないってことですね(>_<)。
トホホ~なのだ。

ぴよぴよさん、ちゃんと泳いだの~?
ズルしたんじゃないの~?

失礼だなぁ君ぃ、泳いだに決まっておるではないか!
決してズルしてスタート位置でずっと潜ってたわけじゃないんです、本当です、嘘じゃないんです、信じてください(^^ゞ。
そんなに潜っていられねぇ~って!

買ったばっかりのガーミン920、ウチで何度かトライアスロンモードで使ってみて使い方は把握してたのになぁ。
スタンバイ状態からスタートさせるのを忘れたのかな?

もうしょうがないね。

昨年は第1ブイを過ぎれば適度にばらけてすごく泳ぎやすかったのに、今年は第3ブイを過ぎてもまだけっこう密集していて、ちょっと泳ぎにくかった。
海はとても穏やかで、ターンポイントにある黄色いブイと、その間にあるオレンジ色のブイがしっかり見えていたので、最短距離の密集地帯を泳いでいるんだろうと思っていました。

ランの脚を残すために、キックは軽くバランスをとる程度にして、ウェットスーツの滑りを邪魔しないように爪先までピンと伸ばして水の抵抗が小さくなるように注意して、上半身だけで泳ぎました。
沖に向かって泳ぐ往路は右側にブイを見るので、右呼吸のボクには都合良かったのだけど、復路ではブイが左側にくるので、ブイとブイをつなぐロープが水中にあるのに気付いてからは、それを見ながら泳いだから、ほぼ直線状に泳げたのではないかと思っています。

何度か海水を飲んでしまい、その度に
『放送席放送席、ぴよぴよ選手がたったいま塩分を補給しました!』
『ああそうですか、五島の海は綺麗でミネラルが豊富ですからねぇ、きっと美味しいのでしょう。』

『放送席放送席、ぴよぴよ選手が再び塩分を補給しました!』
『う~ん、ちょっと塩分の摂り過ぎじゃないですかねぇ、そんなことしてるから浮腫むんじゃないですかねぇ。ちょっと心配ですねぇ、ぴよぴよ選手、塩分はたくさん摂りゃいいってもんじゃないんですよ。』

などと、一人で実況放送を楽しんでました(爆)。

1周して一旦上陸してお湯をもらって飲んで2周目スタート。
2周目もバトルってほどじゃないけど、前後左右を囲まれて泳ぎにくい時間が長かった。
それだけ偏差値でいうと50前後の一番密集しているあたりを泳いでいたのかもしれません。

だけど、すごくいい感じでスイスイ泳げていると思ってたんですよ。
これは去年よりは絶対速いな。
50mを1分はイケテルな、と思っていたんです。

3800mを泳ぎ終えて、スロープを駈け上がりながら時計を見たら、8:25でした。

ん?
スタートしたの何時だっけ?

あわわわっ、85分もかかっとるやないけ!←関西人(^^ゞ
なんでやねん!
あんなに気持ち良くほぼ真っ直ぐに泳げたのになんでやねん!

頭の周りに?マークを10個ぐらい引き連れて、バイクバッグのスタンドまで走りましたがな(>_<)。

バイクバッグを手に持って着替えテントへ。
混んではいたけど全くスペースが無いほどでもなく、ウェットスーツ、スイムキャップ、ゴーグルをバッグに入れて、重ねばきのレーパン、ヘルメット、サングラス、レースナンバーベルトを身に着けてテントの外へ。

バイクバッグをスタッフに渡すか置くかして、剱号の元へ走る走る(^^ゞ。
あわわわ、急げ急げ。
バイクがどれぐらい残っているかなんて目に入らなかったな。

続く・・・・(^^ゞ。

公式記録では、1:25:43で、最終登録を済ませた(スタートした)Aタイプ682名(男性637名、女性45名)中379位(>_<)。
おわっ、半分以下やないかぁ!
昨年のIM北海道に続いてやっちまったよ~(>_<)。

昨年は、1:19:21でAタイプ653名(男性600名、女性53名)中285位だったから、94番も順位を下げてしまった~(>_<)。
オーマイガッ(>_<)。

済んだことはしょうがない、来年頑張るとしよう。←いつもこんなこと言ってる気がする(>_<)。

さて、目標だった『るみおかんさんから15分遅れ以内』というのはどうだったかというと、彼女のスイム記録は1:10:59だから、14分44秒差で見事目標達成しました~、やった~!
むっ、虚しい(>_<)。

だけど、エエ線突いてたな(爆)。


下のバナーをどちらか一つ、ポチっとしていただけたらたいへん嬉しいです。
よろしくお願いします。

にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村




by piyopiyodesu | 2015-06-19 23:01 | バラモンキング | Comments(12)  

バラモンキング2015参戦記 2(レース前日)

 12日に撮った動画を編集してみました。
正直言っておもしろくないです(^^ゞ。
撮った本人が言うんだから間違いないです。
苦情は一切受け付けません(爆)。




 6月13日土曜日、レース前日です。
この日に必ずしておかないといけないことは、バイクとヘルメットの点検を受けてバイクを預託して、ランで使うランシューズ等を入れたランバッグも預託することです。

バイクは福江文化会館で預託すると、丁寧に1台1台に古毛布をかけて傷を着けないようにして、トラックで富江のスイム会場まで運んでスタンドに掛けてくれます。

ボクはレンタカーで富江会場まで自分で運んで預託することにして、預託時刻が13時~15時だったので、昨年同様バイクをクルマに積んでバイクコースの下見に出かけました。

バイクコースもランコースも昨年から変更はなかったので、下見と言うよりはブログのネタ探しですかね(^^ゞ。

まずは、バイクスタートする富江のスイム会場に行きました。
入水場所であるスロープに高圧ホースで水をかけて、ぬめりを取ってくださっていました。


c0236857_23424533.jpg
バラモンキングには、スイム3800m、バイク180.2km、ラン42.2kmのAタイプと、それを3人でリレーするRタイプと、スイム2000m、バイク124.0km、ラン28.0kmのBタイプがあります。
AタイプとRタイプは7時に同時にスタートしますが、Bタイプは8時10分にスタートするので、フィニッシュゲートには時計が二つあります。
↓デジタルの時計を設置する前です。
c0236857_23424952.jpg
バイクギアを入れておくバイクバッグを掛けておくスタンドは、まだ広げてなかった。

c0236857_23425468.jpg
スイム会場をスタートしてバイクコースを下見してみました。

富江小学校前のバス停をチェック。

c0236857_23425873.jpg
2本あれば取り敢えず困らないんでしょうねぇ(^^ゞ。
たいていどこのウチにもクルマがあるでしょうしね。

c0236857_23430229.jpg

昨年と同じ場所でついついクルマを止めてしまいました。

c0236857_23430765.jpg
c0236857_23431235.jpg
c0236857_23431820.jpg
トンネルは幾つもありました。
全てのトンネルにこんな絵(絵じゃないな)が描いてあった。
c0236857_23432282.jpg
ジェットコースターみたいなアップダウンが連続する場所がある。

c0236857_23432609.jpg
水車は健在でした(^^ゞ。

c0236857_23433088.jpg
風力発電のプロペラが外してありました。
夏が終わって片付ける扇風機みたい(^^ゞ。

c0236857_23433656.jpg
なかす地区にあったコレ。

c0236857_23434276.jpg
近づいてよく見たら、3cm角ぐらいの写真でできていた。
c0236857_23434656.jpg
『なかす』の『か』。
c0236857_23435065.jpg

田んぼがあって山があって、その間は川じゃなくて海なんだなぁ。
見慣れない景色。
兵庫県にはこんな地形はないもんね。
c0236857_23435401.jpg
この日は一日中ほとんど曇っていて、午後は遅くなるにつれて風が強まった。
c0236857_23435881.jpg
c0236857_23440205.jpg
エイドの手前100mぐらいの所にこんなネットがあって、そこに空のボトルやゴミがあればゴミを投げ入れる。
ジェルの空き容器ぐらいはできれば捨てずにバイクに積んで走るべきだと思うけど、エイド以外の路上に捨てるぐらいならここに捨てる方がいい。

c0236857_23440628.jpg
レース中にバイクで走っていて残念なことが一つありました。
路上にジェルの容器(袋)やら未開封のジェルがちょこちょこ落ちていたけど、それはきっと故意に捨てたものではなく、誤って落としたり、トライアスロンウェアの浅いポケットから落ちてしまったのだろうと思う。
未開封のジェルなんてきっとそうだろう。
ボクも昨年の宮古島で、トップチューブに貼り付けておいたパワージェルを2個落としてしまった。

あるトンネルに向かって上り坂を走っている時に、歩道の上にパンク修理のシーラント剤と空気が同時に注入できるタイプのパンク修理剤の缶が2本と、CO2ボンベ1本が置いてあったのを見かけた。

ここでパンク修理をした選手が、ゴミを放置していったのだろう。
誤って落としたわけじゃなく、明らかに故意に放置していったものだ。

今からこの選手のことをゴミバカヤローと呼ぶことにする。
このゴミバカヤロー、なんちゅうことをするんや。
パンクしたのは不運だけど、ゴミを放置する言い訳にはならへんぞ。
そこまで自分で持ってきたものを、なぜ次のエイドまで持って行って捨てさせてもらわないのか。
ゴミを放置して1、2分短縮することに一体どんな意味があるんや。
後味が悪かろう。
お前は2015年のバラモンキングを思い出す度に、自分が放置したゴミのことを思ってイヤな気分になるにちがいない。

福江島のみんながなんであんなに一生懸命に我々を応援してくれるのか、考えたことがあるのか。
我々が応援するに値する存在、応援したくなる存在だから応援してくれるんじゃないのか。

趣味のスポーツではあるけれど、ゴールに向かってひたすらひたむきに走り続ける我々を見て、勇気をもらったとか、自分たちも頑張ろうと思ったとか、最後まで諦めない姿勢に感動したとか、直接聞いたわけじゃないけどそういうエネルギーやら感動を与えてくれる存在だから応援したくなるんじゃないのか。
人から言われて渋々応援してくれてるんじゃないのは見りゃわかるだろ、自分の意志で本心から応援してくれてるんだよ。

我々は応援してもらうに相応しい存在でいなければいけないってことがわからんのか。
速い遅いはどうだっていいんだよ、各自が自分の能力に応じて持てる力を出し切る、たとえ走れなくなって歩いても、関門で引っかかってもその瞬間まで一歩でも前に進もう、ゴールに近づこうとする姿勢が尊いから応援してくれるんだよ。
我々は大会期間中だけ福江島をお借りしてるんだよ。
借りた物は傷付けないように丁寧に扱って、汚さず綺麗なままでお返ししないといけないってことがわからんのか!

この大馬鹿ゴミヤロー、お前、もう出るな!

これを見て反省しろ、ゴミバカヤロー。



https://www.youtube.com/watch?v=9Bc4w7Mx8Gw

ゴミバカヤローのせいでちょっと頭に血が上ってしまった。

c0236857_23441075.jpg
トンネルがけっこうあったねぇ。
トンネルってだいたいちょっと高い所にあるから上るのがタイヘン。
もうちょっと低い位置に掘ってくれてたら良かったのにぃ(^^ゞ。
c0236857_23441556.jpg
c0236857_23441988.jpg
昨年はバイクコースの下見中に道を間違えて偶然出会った福江島守君に、今年も会えました(^^ゞ。

c0236857_23443138.jpg
どこを見てるんだかわからない視線がステキです(^^ゞ。
c0236857_23443623.jpg
鬼岳。
c0236857_23444041.jpg
こんなマラソン大会があるんだ。
そう言えば閉会式で五島市長さんが、長崎県で唯一のフルマラソンも始めるとかなんとかおっしゃってたな。

c0236857_23444454.jpg
富江会場に戻ってバイクとヘルメットの点検を受けて、バイクを預託しました。

c0236857_23442701.jpg
車検合格後にちょっと乗ってみたら、フロントブレーキング時に異音がするのでよくみたら、ブレーキシューが限界まで摩耗して、金属パーツがホイールに接触する寸前でした(>_<)。

慌てたけど、シマノのメカニックにカーボンホイール用のブレーキシューの在庫があって助かりました。
あ~、良かった。
こんな大事なこと、バイクを送る前に点検して気付いておかなアカンわなぁ。
大切なホイールを削ってしまうところだった(>_<)。

c0236857_23442394.jpg
ホテルに戻ってレースナンバーのタトゥシールを貼って、補給ドリンクを作って、風呂に入って8時頃には寝ました。
露出するのは肩と膝だけなので、両肩に貼りました。

c0236857_23444885.jpg
続く・・・・・・(^^ゞ。

下のバナーをどちらか一つ、ポチっとしていただけたらたいへん嬉しいです。
よろしくお願いします。

にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村



by piyopiyodesu | 2015-06-18 09:04 | バラモンキング | Comments(10)  

バラモンキング2015参戦記 1 (レース2日前)

 15日に福江島から発送してもらったはずのシーコンが、16日にもう届きました!
留守中だったのでまだ受け取ってないんだけど、早いね~(@_@)。
昨年は3、4日かかったと思うんだけど、早い時は早いっちゅうことかいな?

トライアスロンウェアは嵩張らないのでリュックに入れて持ち帰って洗濯を済ませました。
ウェットスーツはバスタブでしっかり洗って塩水を落としてシーコンに入れてあるけど、生乾きだからもう一度洗って干さないとカビが生えそう(^^ゞ。

バイクも前後ホイールを外してバスタブでお湯シャワーでよく洗ったけど、早く注油しないとチェーンが錆びるな。



 さて、 6月12日の金曜日、いつもより1時間だけ早起きして、バス、JR、ポートライナーと乗り継いで神戸空港に向かいました。
電車内で藤沢周平さんの小説を読んでいて、登場人物の名前を覚えるのに集中していたら、三宮を通り過ぎて芦屋まで行っちゃった(^^ゞ。

自宅近くのバスの本数が少なくて、余裕のある早い時刻のバスに乗ったお陰で間に合った(^^ゞ。
もしも自転車で加古川駅まで行って、ギリギリの電車に乗っていたら危ないところだった(^^ゞ。

それにしても、この大事な日に乗り過ごすほどのオレの集中力ってすごい(爆)。
それをトライアスロンに生かせないものかの~(>_<)。

何事も無かったように無事に長崎空港に着いた。

c0236857_23335774.jpg
c0236857_23340506.jpg
去年はここで4時間待ちだったけど、今年は1時間待ち。
1時間なんてすぐなのだ。

c0236857_23341271.jpg
c0236857_23341749.jpg
昨年同様、我が物顔で土産物売り場の試食品を食べた(^^ゞ。

c0236857_23342481.jpg
さりげなく、できるだけ大きなカケラを二つ重ねて食べるのだ(^^ゞ。
c0236857_23343566.jpg
去年は見落としてしまったけど、冷蔵庫の中に練り物の試食品を見つけて、きっちり味わった(^^ゞ。

c0236857_23344411.jpg
c0236857_23345087.jpg
帰りにも試食させていただいた(^^ゞ。
いつもタイヘンお世話になっております、今後もよろしくお願いします。
このお店です。

c0236857_23345514.jpg

2階に上がったら北海道・東北物産展なんてのをやってて、ここでも試食させていただいた(^^ゞ。

c0236857_23350758.jpg
c0236857_23351791.jpg

いつものように、金曜の昼から土曜の夜までは固形食は食べずに、ドリンクゼリー、チョコレート、キャラメル、キャンデイばっかり食べてました。

箱買いしておいたこれ↓を幾つか凍らせて保冷袋に入れて持ってきたら、他のドリンクゼリーも適度に冷えてなかなか良かった。
これは美味しいし当たりだったな。

c0236857_23352430.jpg

今回は少しは栄養のバランスを考えて、牛乳、野菜ジュース、卵スープ、コーンスープ、じゃがいもスープなんかも飲みました。
一応、炭水化物、タンパク質、脂質、ビタミン、ミネラルの5大栄養素を摂取できたと思うんだけど。

福江島まではプロペラ機。
やぁ、懐かしいね、1年ぶりだね~。
新品のカリマーの40Lのリュックサックです(^^ゞ。
なかなか使い勝手が良かった。
汚れたら手洗いしよう(^^ゞ。

c0236857_23353738.jpg
c0236857_23354405.jpg
30分ほどで五島福江空港に着いた。

c0236857_23355036.jpg
c0236857_23360577.jpg
これはサザエのイメージか?

c0236857_23361680.jpg
c0236857_23362612.jpg
日産レンタカーの送迎車で福江港内の営業所に移動しました。
そこでしまとく通貨を買いました。
これは長崎県内のほとんどの島で使える金券で、5000円で1000円券x6枚分買えるので、なんと2割もお得なのだ。
今回宿泊した素泊まりだけのビジネスホテルの3泊分の料金が12960円だったかな、そのうち12000円分はしまとく通貨で払ったので、実質10960円で済んだっていうことですね。
旅行者にはありがたいですね。

c0236857_23363520.jpg
軽自動車を借りました。

c0236857_23364365.jpg
五島市役所に駐車して、登録(受付)会場の福江文化会館まで歩きました。

たま~に見かける古い郵便ポスト、懐かしいねぇ。

c0236857_23365417.jpg
福江城址。

c0236857_23370690.jpg
c0236857_23371484.jpg
c0236857_23372177.jpg
c0236857_23385228.jpg
福江城址内にある福江文化会館。

c0236857_23390502.jpg
CEEPOのブースで、田中社長に挨拶しました。
これは試乗車のkatanaです。
IM北海道は今年が最後と聞いたけど、そうなんですか?とお尋ねしたら、そうだとおっしゃってました。
残念ですね。
エントリーしておいて良かった!

CEEPOのブースで、
「ぴよぴよさんですね、ブログ読んでますよ。」
と声をかけてくださった方がいました。
その方とはアワードパーティでも偶然同じテーブルでお会いして話しかけられたのだけど、どなただったか思い出せずにいたら、CEEPOのブースで会いましたよって(^^ゞ。
シツレーしました(^^ゞ。

c0236857_23405430.jpg

登録会場は3階です。

c0236857_23392922.jpg
c0236857_23394253.jpg
幼稚園保育園の子供達が描いてくれた応援ポスター。
c0236857_23394707.jpg
『ういっす~!』って何よ!
酔っ払いか?(^^ゞ
c0236857_23395229.jpg
c0236857_23395620.jpg
c0236857_23400101.jpg
登録を済ませて、スイムキャップ、レースナンバーカード等に漏れがないかをチェックしました。
c0236857_23400512.jpg
リストバンドを着けてもらいました。

c0236857_23401089.jpg
選手には1000円分の金券が支給されたので、サバスを5個買って4個をランのスペシャルニーズに預けることにしました。
エネイドゼリーにするかどうかで迷ったんだけど、エネイドゼリーは1個150kcalで250円、サバスは170kcalで200円だったので、ケチじゃなくて倹約家のボクとしてはですね、昨年のIM北海道で役に立った実績のあるエネイドゼリーよりも、割安感のあるサバスの方を選んだのでした(^^ゞ。
結局1個も飲まずに持ち帰ることになったんだけどね。

c0236857_23401665.jpg

登録を済ませたら、早くバイクのチェックをしたかったのでホテルに向かいました。
福江文化会館からホテルまで歩いて10分ほどの距離だったので、レンタカーは必要なかったな(^^ゞ。
バイクコースとランコースの下見をするのに1日だけあれば十分だったかな、まっでもいいや(^^ゞ。
経済効果!

商店街を歩いてみた。
c0236857_23405904.jpg
去年のブログでも書いたけど、これほどインパクトの強い方に会わないわけにはいきませんね(^^ゞ。
太鼓を叩くバチが折れてて頭巾が白い。

c0236857_23410483.jpg
昨年のバラキンの後で、彼の顔を拝むのを忘れてたなぁ、彼はどんな顔をしてるんだろう?もしかして顔まで作ってなかったりして・・・・と非常に気になっていたので、確かめてみました。
























c0236857_23410988.jpg
怖い~~(^^ゞ。

ちゃんと顔があったんだ(^^ゞ。

実は彼には双子の兄弟がいるんですよ。
双子という設定かどうなのかは知りません、ボクが勝手にそう言ってるだけなんですけど、もう一人のチャンココ君です。
バチが折れてなくて頭巾は黄色。
c0236857_23412217.jpg
やっぱり怖い(^^ゞ。
c0236857_23412645.jpg
握手してもらいました。
「キミキミ、なかなかいい体してるねぇ、トライアスロンやってみない?」

c0236857_23413088.jpg

c0236857_23413579.jpg
「もしもしぃ、ばあちゃん?オレだよオレ、風邪ひいちゃって声がおかしいんだよ。会社の金をちょろまかして高いホイール買ったのがバレて困ってるんだよ、200万ぐらいなんとかならない?頼むよばあちゃん。忙しくて取りに行けないからさ、ゆうパックに入れて送ってよ(^^ゞ。」

c0236857_23413987.jpg
福江郵便局にこんな電気自動車が停めてあった。

c0236857_23414369.jpg

c0236857_23414788.jpg
ステアリングはmomoでした!

c0236857_23415358.jpg

『五島市 あ 100 』だって。
c0236857_23415748.jpg
オレは・・・・・4番かなぁ(爆)。
着物の好みですよ、着物!(^^ゞ
c0236857_23411302.jpg
市役所の近くの教会。

c0236857_23420297.jpg

c0236857_23420651.jpg

今回お世話になったビジネスホテル。
来年のバラモンキングは6月19日です。
ホテルを予約して帰りました(^^ゞ。

来年のバラモンキングに出てみようかなぁ?どうしようかなぁ?と悩んでいるそこのアナタ!
大丈夫、今からトレーニングすれば完走間違いなし!
出ましょう!
きっと幸せな気分で帰れますよ!

c0236857_23421147.jpg
ニャンコ。
c0236857_23422036.jpg
バイクは問題なし。
部屋にバイクを持ち込んでもOKでした。

c0236857_23421682.jpg
ちょっと休憩して、荷物の整理をして、福江文化会館まで歩いて行って開会式と競技説明会に出席しました。
c0236857_23422562.jpg
c0236857_23422907.jpg
福江小学校金管バンドの皆さん、素晴らしい演奏をありがとう!

c0236857_23423464.jpg

c0236857_23423816.jpg
ホテルで、翌日にバイクと一緒に預託するランバッグの用意をしました。
ランシューズ、キャップ、CW-Xの5本指靴下、フラスコベルトを入れては出し入れては出して、何度もチェック。
フラスコに入れる補給ドリンクを作って冷蔵庫に入れておきました。

早めに寝ました(^^ゞ。
続く・・・・(^^ゞ。

下のバナーをどちらか一つ、ポチっとしていただけたらたいへん嬉しいです。
よろしくお願いします。

にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村



by piyopiyodesu | 2015-06-17 13:14 | バラモンキング | Comments(0)