<   2015年 04月 ( 27 )   > この月の画像一覧

 

全日本トライアスロン宮古島大会2015参戦記 7 バイク後半(^^ゞ

 今日(30日)、皆生トライアスロンの事務から、落選のはがきが届きました(>_<)。

昨年に続いて2年連続の落選です。

宮古島は2連勝、皆生は2連敗、勝率5割だからまっいっか(^^ゞ。
もし当選していたら、4月宮古島、6月五島長崎、7月皆生、8月IM北海道と、なかなか忙しい一年になっていたので、まあ外れて良かったのかな(爆)。
だけど、皆生と同日のひわさうみがめトライアスロンもエントリーし損ねたので、7月にな~んにもないのは寂しいな(^^ゞ。
今からでもエントリーできる面白そうなイベントは何かないかいなぁ(^^ゞ。
 
 さて、続きです。
早く書かないと記憶の糸をたどるのがタイヘンです(^^ゞ。

池間島から戻ってきたら、東平安名崎を目指して向かい風の中を走りました。
向かい風はきついし、アップダウンはけっこうあるしで、しんどかったはずなんだけど、もう忘れました(^^ゞ。
↓島の東側を南東に走る道です。

c0236857_11572352.png
DHポジションが長く維持できるように、3本ローラーで乗る時もエアロヘルメットを被って、しっかり前をみて首の後ろの筋肉を鍛えていた効果が多少はあったのか?
昨年よりはDHポジションで走り続けることが楽だったように思います。

それでも腰やら首やらは痛くなるので、上りでスピードがおちたら積極的にダンシングを取り入れて、凝り固まった筋肉をほぐすようにしました。

おそらくパンクしたのだと思うのですが、停車しているバイクを何台か見かけました。
オートバイのオフィシャルに止められているバイクも何台か見ました。
おそらくドラフティングのペナルティーをとられたのではないかと思います。
1回目は4分間のストップで、2回目は失格です。
バイクフィニッシュしてランスタートする前に、トランジションエリアの隅っこのペナルティーボックスに入って4分間待たなければいけません。

去年は気づかなかったけど、今年は何台か見ましたね。

まるで熱線追尾ミサイルのように、前車にぴったりくっついて走っていく呆れた選手もいました。
みっともないことは止めましょう。
みんなあなたのレースナンバーを見ていますよ!

昨年オールスポーツのカメラマンがかっこいい写真を撮ってくれた東平安名崎灯台に向かう道に入った。
カメラマンは右側にいるはずだと思っていたので、チラチラ右側を見ながら、いつ撮られてもいいようにキリッと男前の顔で走っていたのだけど、それらしいでかいカメラを持った人を見つけられないまま灯台まで来てしまった。

あれっ?カメラマンおらんかった(いなかった)な、見落としたかな?

灯台前のエイドでバナナをもらって半分齧ったところでカメラマンと目が合った(^^ゞ。

あ~、おった~(いた~)、なんでそんなとこにおるんや!
そんとこやったらエエ写真撮られへんやろ!
飲んだり食うたりしてるところ誰も買わへんがな。
売れへん写真撮ってもしゃーないやろ~!

と思ったけど後の祭り(>_<)。

おもしろいから買っちゃったけどね(爆)。































c0236857_23453297.jpg

まっいっか。
今大会の成績にふさわしい写真ということにしておこう(>_<)。
オールスポーツの写真をデータで3枚買いました。

東平安名崎から来間島までの道も、アップダウンがかなりあってしんどかったけど、マイペースを維持してなかなかいいペースで走れたのではないかと思う。

たしか、来間大橋では、伊良部大橋に負けないぐらいの強風が吹いていたような気もするんだけど、忘れちゃった(^^ゞ。
もう忘れたっちゅうことは大した風じゃなかったっていうことか?
あるいはボクの脳みそに問題があるのか?
深く考えないようにしよう。

東急ホテル&リゾーツ前を通過して2周目に入ると、北上するから再び追い風になった。
大きなアップダウンもなく、気持ちよくスピードが出る。

街中に入って沿道からの声援も大きくなるので、ちょっと飛ばしすぎかなぁ?もうちょっとセーブしないと後できつくなるんじゃないかなぁ?と思いつつもついつい踏んでしまった。

池間島まで行かずに、その手前で再び島の東側に出るとまた向かい風でアップダウンもかなりある。

さっき踏み過ぎたせいでちょっと疲れたな。
もうちょっと抑えときゃよかったと思ってももう遅い(>_<)。

残りは僅かになっていたけど、バイクフィニッシュまでがちょっとつらかった。

DHポジションで走っていると、視界の上1/4ぐらいが黒くなってきた。
なんか上の方が黒いなぁと思いながらも、なぜなのか?考えずに走っていた。
黒い部分が1/3ぐらいになってきてあまりに鬱陶しいので、ヘルメットが前下がりになってるんやろか?と思って修正したけどやっぱり黒い。
サングラスが下がってきたか?と思って、ヘルメットのシールドを上げてサングラスを上げてみたけどやっぱり黒い。

???????ナニ?

実は目蓋が下がってきていたということがわかって落ち込みました(>_<)。
じじぃか!

目をしっかり開かなきゃ!と目蓋をしっかり開こうとしても、眼輪筋が疲労していたのか相変わらず視界の上1/3が黒いまま。

あ~、歳とるっていやだね。
いろんな思いもよらないことが起こるね。
目蓋なんてどうやって鍛えたらエエの?

サイコンの記録では、アベレージはぎりぎり30km/hを超えていました。
30.01だったかな、ホンマにギリギリやあ(^^ゞ。
去年はたしか30.7だったから退化しました(>_<)。

陸上競技場横のトランジションエリアに着いた。
降車ラインの手前で裸足で降車して、バイクラックまで押して走る。
ヘルメットを脱いでバイクに掛け、TO BIKE FINISHバッグからランシューズと5本指靴下を出して履いた。
キャップを被ってフラスコベルトを腰に巻いてすぐにランスタート。

よっしゃ!
ランで追い上げるぞ~。

デュアスロンになると第一ランのタイムがバイクに組み込まれてしまうので、それぞれのタイムは自分のGPSで記録するしかないんですよ。
レース速報ではもう少し詳しくわかったのかもしれないけど、見ないうちに消えちゃったし。
アンビットは操作ミスで殆ど役立たずだし・・・・で、第一ランとバイクの時間がわかりません。

第一ラン+バイクで6:09:24でバイクフィニッシュ時で308位でした。
第一ラン6.5kmに35分かかったとして(もうちょっとかかってるかな)、T1に6分かかったとするとバイクにかかったのはおおよそ5:28ぐらいかな。

ちなみに昨年はバイクは5:14で、バイクフィニッシュ時で375位だったので、順位で言えば昨年よりも67位も上だったわけです。

昨年はランが199位と追い上げて総合で232位だったのですが、今年はどうなったのでしょうか?
ランで追い上げることができたのでしょうか?
それとも・・・・・(^^ゞ。


下のバナーをどちらか一つ、ポチっとしていただけたらたいへん嬉しいです。
よろしくお願いします。

にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村


by piyopiyodesu | 2015-04-30 21:34 | 宮古島トライアスロン | Comments(2)  

全日本トライアスロン宮古島大会2015参戦記 6 バイク前半(^^ゞ

 第一ランから帰ってきたら、バイク置き場を左に見ながら東急の中庭まで回り込むようにコンクリートの遊歩道を走ってTO SWIM FINISHのバッグを取りに行きました。

途中のエイドであんこ餅を2個もらって、両手に持って口に押し込んだ。

バッグを取ったら急いでバイク置き場に戻る。
途中でランシューズを脱いでバッグに入れてバッグ置き場に置いて「お願いします。」と声をかけた。

まだまだバイクはたくさん残っていた。

パールイズミの一番高い(^^ゞレーパンを重ね履きして、レースナンバーベルトは第一ランで既に着けていたからヘルメットを被ってサングラスをかけてすぐにバイクを押して走る。

乗車ライン付近は混雑していたので、数m行き過ぎてから落ち着いて乗車。
ふらつかないように気を付けて、バイクシューズに足を入れた。

雨は小雨だったけど、路面は完全にウェット。
2013年のさぎしまトライアスロン(広島県三原市佐木島)で、ウェットで落車してあちこち擦りむいて以来、ウェットでのバイクに苦手意識を持っている。

速さよりも何よりも、絶対落車しないことを最優先にして走ろうと決めていました。
下手な落車をしたら、バイクの破損やボク自身の怪我で最悪の場合リタイヤの可能性だってあるわけで、それは絶対絶対避けなければいけないと思って、滑りそうなコーナーでは十分に減速して安全第一で走るつもりでした。

南からの強風が吹き荒れていた。
スタートして池間島に向かう北上区間はほぼ追い風だったと思う。
追い風でたしかにスピードは乗るんだけど、前からも横からもボーボー風が吹き付けてきて、追い風なのになんでこんなに前からも風が吹いてくるんだ?ホンマに追い風か?なんて思いながら走っていました。

今年からバイクコースに加わった伊良部大橋にはコブが二つある。
宮古島から走って行くと最初に大きなコブ、次に小さなコブ。

最初の大きなコブの下りでしっかりスピードを上げてそのままペダリングを続ければ、次の小さなコブの上りはその勢いでトップまでいける。
帰りはそうはいかないけどね。

風は不規則に舞っている感じだったけど、特に怖いと思うことなく、最初のコブの上りでスピードが落ちた時以外はDHポジションで走れたと思う。

続いて伊良部島。
直角コーナーが幾つかある最も危険な区間。

周りの選手達もそれはよくわかっているのか、コーナーで無茶な突っ込みをする選手は一人も見かけませんでした。
皆、前後左右に注意して慎重に走っていた。

伊良部島の最後の区間、伊良部大橋が見えてくる辺りで、巨大な岩を右手前方に見ながら急な下りを駆け下る辺りと、そこを通過した後の下りの左コーナーでは、突風が吹き付けてDHポジションのままで下るには怖かった。
冒険はせず、おとなしくブルーホーンハンドルを持って姿勢を低くして下った。

伊良部大橋の復路、ここはなかなかシビレル風だったな(^^ゞ。

前を走っている選手のタイヤの跡が、濡れた路面に白く残る。

突風が吹き付けた瞬間、真っ直ぐだった跡が『く』の字になった。
その次の瞬間、ボクも『く』の字の軌跡を描いて走った(^^ゞ。

とてもDHポジションなんかじゃ走れねぇ!
と思ってブルーホーンハンドルを持って走っているすぐ横を、DHポジションのままで抜いていく強者もいた。
すげぇ!

キャッツアイを踏んでしまわないように、あまり道路の端っこに寄らないようにして、ほぼ中央付近(左車線の)を走った。
前の選手を追い抜く時も、絶対接触しないように十分な間隔を開けて、特に団子状態の集団を抜く時は、対向車がいない時は時にはセンターラインを越えて追い抜いた。

走っている最中に、2人の選手から

「ディスクホイールで怖くないんですか、すごいですね。」
みたいなことを言われたけど、傍から怖そうに見える割には、乗ってる本人は案外平気です。

たしかに風でふられるけど、前にも書いたけど、それはどんなホイールでも大差ないと思う。
ホイールよりも乗り手の身体の方がずっと高い位置にあるのだから、ホイール以上に身体が受ける風が影響していると思う。

ディスクホイールなんか使うんじゃなかった!
とは一度も思いませんでした。
(神経が麻痺してるのかな(^^ゞ)

高価なディスクホイールだけど、もったいないからとレースの時だけ使うことにしてしまったままにせずに、わざわざ強い風の日を選んでトレーニングにも使っていたので、強い風と言ってもこの日の伊良部大橋の風の何分の1ぐらいだろうけど、横風を受けた時の挙動に慣れるぐらいのトレーニング効果はあったと思う。

そのお蔭で、少々の風なら問題なく走れるという感触を得ていたのは良かった。
少々の風ではなかったけど、強いか弱いかだけの違いで、風には違いあるめぇ。
(神経がないのかな(^^ゞ)

強風を楽しみながら走ってたっていう感じかな(^^ゞ。
宮古島の主要道路を借り切って、信号もクルマも気にすることなく思い存分走れるなんて、この大会の時しかあり得ないわけで、157kmを骨の髄まで味わって楽しませてもらおうと思っていました。
これぞロングトライアスロンの醍醐味だよね~。
他にこんなことさせてもらえるスポーツってないよね!?

うわぁ、ぐらっときた!
あ~、びっくらこいた。

ああっ、また来た!
ああオモロイオモロイ(^^ゞ。
ええぞええぞもっと吹け!

ふふふふふ、おぬしなかなかやるのぅ!
だけど、これぐらいじゃビビらないぜ。
鍛え直して出直してこい!

などといろいろ想像しながらニヤニヤしながら走っていたような気がします(^^ゞ。
(壊れてるな(^^ゞ)

でもね、1回か2回、ホンマにドキっとするぐらいぐらついたことはありました(^^ゞ。
その時はひきつった顔をしていたと思う(^^ゞ。

でもそれはみんな同じ。

これは伊良部大橋を渡り終えて伊良部島に入る辺りですね。
まだまだ完全にウェットだけど、ほっとしているように見える(^^ゞ。
c0236857_21092297.jpg
いつの間にか雨が止んで、池間島を走っている辺りからは路面が乾いて完全にドライになってきた。
これは池間大橋から戻ってくるところです。
笑ってますね(^^ゞ。
カメラマンを見つけたら笑顔!
なかなか良い心がけですね(爆)。
c0236857_21092740.jpg
最初のエイドで空の捨てボトルを道端のネットに投げ入れることになってましたが、この最初のエイドがけっこう遠かったように思う。
後でストロングマンテキストを見たら40km地点だったからたしかに遠かったわけだ。
この最初のエイドまでは自前の水で持ちこたえないといけないので、スタートの時に40km走る分の水を持っておく必要があります。
水を切らして困ったら、小銭を持っておいて自販機で買ってもルール違反にはならないと思うけど、そんなことしている選手は見たことないです(^^ゞ。

ここで初めてもらったボトルに、150か200mlぐらいしか水が入ってなくて、受け取った瞬間に、あっ、軽い!と思ったんだけどもうエイドを通り過ぎちゃってたから、しょうがないからその水で次のエイドまでなんとかもたした。

次のエイドでは用心してボトルを2本もらったけど、その後は軽いボトルには当たらなかったので、たまたま最初にもらったボトルだけがハズレだったようだ。
まっ、長い人生そういうこともあるわな。

ボトルを受け取ったら、DHバーに取り付けた2槽式のメインボトルの小さい方にすぐさま移し替えて、DHポジションのままで飲めるようにしました。

だいたい次のエイドまでに1本分飲み切るような感じでした。

高カロリー補給ドリンクを一口二口飲んだら、すぐに水も飲んで、胃の中で薄める感じ。


エイドで受け取れるものは、↓こんな順番になっているので、できるだけタイムロスを少なくして上手に安全に欲しい物を受け取るには、なかなかどうして高等テクニックが必要なのだよ(^^ゞ。


c0236857_11373898.jpg
昨年はたしかバナナは半分に切ってあったように記憶してるんだけど、今年は丸ごと1本渡してくれた。
(もしかしたら他の大会と勘違いしているかも)

半分だとたいして腹の足しにならないし、切る手間もいるから丸ごとの方がいいよね。

ジェルだけでは飽きるし美味しくないので、積極的にバナナをもらいました。
バイク中に4、5本食べたかな。

エイドをちょっと過ぎた所に、バナナの皮等のゴミを投げ入れる箱が置いてあるんだけど、ゆっくり食べてたら間に合わないんだなぁ。

エイドとは全然関係ない場所にボトルやバナナの皮が落ちているのを何度も見かけたけど、後で拾い集めるスタッフのことを考えると、できるだけエイドの範囲内でゴミを捨てたい。

エイドが近づいてくると、その100m手前のネットに空のボトルを投げ入れる。
「何が欲しいですか?」と聞いてくれるスタッフがいるので、「どこでもドアー。」と言って笑いをとるのもいいけど、外すと落ち込むので、現実的に無難に「バナナぁ。」と叫ぶ(^^ゞ。

エイドに差し掛かったら、まずは「水~。」と叫んで水ボトルを受け取り、すぐにシートチューブのホルダーに差し込む。

次に左手でバナナを受け取ったらすぐさま右手で皮を剥いて半分を口に押し込む。

半分のバナナをリスみたいに右側のほっぺたの内側に寄せたら、残りの半分はぎゅっと絞って捻り出してほっぺたの左側に突っ込んで、皮はゴミ箱に。

すぐにDHポジションに戻して、走りながらモグモグ。

この間約5秒。
これができるようになるには2年はかかる(爆)。
うそ、すぐできます(^^ゞ。

水じゃなくてアクエリアスでも良かったんだけど、必要なミネラルは高カロリードリンクの方に十分含まれているので、身体にかけて冷やすこともできる水をもらいました。

アンビットをスイム(第一ラン)からバイクに切り替えるには、左上のボタンを2秒以上長押しするんだけど、反対側のボタンも一緒に押してしまうことがよくあるんです。
この時も、余計なボタンも一緒に押しちゃったみたいで、見たこともない表示が出てる!

なんじゃこりゃ、こんな表示初めてみるがな。

よく確かめたいんだけど、度付きのサングラスをしていると老眼がもろに出て近くにピントが合わないんですよ。

バイクで走っている最中でなければ、スマホやデジカメの液晶を見る時は、サングラスを頭に上げて裸眼で見る(近視だから裸眼なら手元はよく見える)んだけど、バイクではヘルメットも被っているからそんなのできません。

ログがとれていなかったらいやだなぁと思いながら走っていたら気になってしょうがなかったので、一旦計測を切って、新たにサイクリングモードで計測をやり直しました。

だから、バイクのログが二つに分かれてます(>_<)。
↓スタートから池間島手前まで。

c0236857_11571595.png
↓残り(^^ゞ。
あ~あ、文明の利器を全然使いこなせてないね(>_<)。

c0236857_11572352.png
続く(^^ゞ。

下のバナーをどちらか一つ、ポチっとしていただけたらたいへん嬉しいです。
よろしくお願いします。

にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村



by piyopiyodesu | 2015-04-29 08:35 | 宮古島トライアスロン | Comments(0)  

全日本トライアスロン宮古島大会2015参戦記 5 第一ラン

 4月19日の日曜日。
レース当日の朝です。

宮古第一ホテルでは、朝食は7時からですが、今年はレースの朝だけ3:30から用意してくれました。
レース期間中は宿泊客の殆どが大会関連だと思うので、これぐらいのことはしてくれてもいいかなと思います。
ありがたいですね。

消化に時間がかかるような野菜や肉は食べずに、糖質中心にパンとオレンジとグレープフルーツをたくさん食べました。
レーススタートの7時までには3時間ほどあったので、もっと食べても良かったかな。
腹六分目ぐらいにしたのが良くなかったかも(^^ゞ。



c0236857_12372677.jpg
新聞は大会関連の記事だらけでした。

c0236857_12373313.jpg

c0236857_12373852.jpg

c0236857_21073837.jpg

c0236857_21074431.jpg
100位以内に入ると花冠がもらえるんですね、知りませんでした。
その花冠は保育士さん達の手作りだそうです。

c0236857_21075098.jpg
来間島の鯉のぼりは昨年から始まったそうです。
ず~とやってるのかと思っていました。
c0236857_21075569.jpg
コースの道路脇にこんな応援幕があったあった。
気付いたのもあれば気付かなかったのもあるけど。
島の皆さんも、こうやって目一杯大会を楽しんでくれてるんだなぁって思うと嬉しくなった。

c0236857_21080067.jpg
ホテルの近くの市役所前から4:40に臨時バスが出ました。
前日の天気予報では曇りのち雨だったような。
もしかしたらず~っと曇りで降らずにもってくれるんじゃないか?と淡い期待を持っていたけど、クルマがバシャバシャと水をはね飛ばす音で目が覚めた。
かなり降っている。
しょうがない。

バスの車内は、眠たさと緊張感からかシ~ンと静まり返っていて、口を開く者はいなかった。

c0236857_21080599.jpg
会場に着いても雨は降っていたけどしょうがない、みんな同じ条件だからね。
バイクで落車しないように気を付けようと思いながら着々と準備を進めた。

バイクカバーを外して折りたたんでTO RUN FINISHのバッグに入れた。
ペットボトルで持ってきたドリンクをバイクのボトルに入れた。
封を切ったスポーツ羊羹4、5個をトップチューブバッグに入れた。
友人のBさんにポンプを借りて空気圧をチェック。
前後ともいつもの7気圧。
ヘルメット、バイクシューズ、レースナンバーベルトを確認したらバイクは準備OK。

続いて、最終登録のテントに行って、左肩から上腕にかけてレースナンバーをマジックで書いてもらって、足首に着ける計測用のアンクルバンドを受け取った。

ランのスペシャルドリンクの受付に、ジェルを4個、2個づつテープで巻いて束にしてマジックでレースナンバーを書いて預けた。

TO RUN FINISHとTO BIKE FINISHのトランジションバッグをトラックのスタッフに預けたら、残っているのはTO SWIM FINISHのバッグだけ。

海まで歩いて行ってみた。

ザッパーン、ザッパーンと波が打ち寄せる大きな音が聞こえる。

満潮なのか?海岸がひどく狭くなっていた。

うっ、これはスイム中止になるんじゃないか?
と思いながらテントの下で雨宿りしていたら、しばらくしてスイムは中止でデュアスロンになるという放送があった。

あ~、やっぱり。
ほっとするような残念なような複雑な気持ちだったことはたしか。



デュアスロンの第一ラン用の2足目のランシューズは持っていた(履いていた)が、レースの流れがどう変わるのか?はよく把握していなかったのでちょっと焦った。

トライアスロンであればスイムフィニッシュ後に、バイクを押して出てきてスタートラインを超えてから乗車するのだけど、そのスタートライン付近が第一ランのスタートラインになるらしい。

第一ランから戻ってきた選手は、バイク置き場を左に見ながらホテルの建物をぐるっと右奥に回り込んで中庭のトランジションバッグ置き場まで走って、TO SWIM FINISH のバッグを受け取ったら、後はトライアスロンの場合と同じ流れだとわかってきて安心した。




c0236857_21081175.jpg


ある選手は、中庭のトランジションバッグを取りに行かず(バッグを置いてなかったらしい)、第一ランから戻ってきたらそのままバイク置き場に直行していち早くバイクスタートしたらしい。

スイムがなくなったので、脱いだウェットスーツやゴーグルをバッグに入れて預ける必要もないし、バイクに必要なものは全部バイクに置いておけたので、そういう作戦は可能だったのだろうけど、誰も気付かない盲点を突くような大胆な作戦だ。

バイク置き場からバッグ置き場までは、行き帰りの選手でごった返しているし、近いようで結構離れているので、それがショートカットできるとすれば時間的(ボクなら3分ぐらいかな?)にも体力的にもかなり有利になると思う。

何となく後ろめたさを感じるかもしれないけど、ルール違反でないならそれもアリかなって思う。

だけど、第一ランで使ったシューズはどうしたんだろ?

バイク置き場に残していくのはルール違反じゃないのかな?
レース後にあにぃとそんなことを話していたら、ボトルホルダーに突っ込んで走って、そのまま走り切るか、最初のエイドで捨ててもらえばいいんだよっていうことになった。

あ~、なるほどね。
第一ランには使い古しのシューズを使えば捨てても惜しくないね。
だけど、そういう作戦の選手が続出すると、ルールが変わるかもしれませんね(^^ゞ。

ボクレベルの選手がそこで数分削ったところで大勢に影響はないけど、中庭のバッグ置き場まで走って往復するのは結構しんどいんですよ(^^ゞ。

200kmも走ろうかっていう選手が、たった数百mのことでゴチャゴチャ言うな!っていう気もするけど(^^ゞ。

7時にスイムスタートする予定だったのが、デュアスロンになって第一ランが8時にスタートすることになったので、待ち時間的には余裕があったというか、長過ぎた。
冷たい雨に打たれて寒くて寒くて身体がどんどん冷えて震えが出だした。

もしかしたら必要になるかも・・・・、バイクで寒くなるかもしれないと思ってバッグに入れておいたペラペラのウィンドブレーカーが役に立った。
それを着てテントの下で雨をしのいだ。
それを着たままランスタートして、途中で暑くなったので走りながら脱いで丸めて専用の小袋に入れて背中のポケットに押し込みました。

待っている間に腹が減ってきた。
スタート前に飲めるようにジェルを幾つか持っていたのだけど、TO RUN FINISHのバッグに入れてトラックに預けてしまってた。

段取りが悪いなぁ。

スタート前の待ち時間が1時間長くなったせいで腹が減ったのだけど、普通なら泳いでいるわけだからもっと腹が減っていただろう。
レース前のカロリー摂取が全く足りてなかったようだ。
レースの最中にしっかりジェルを飲むから、特別カーボローディングする必要ないんじゃないかって思って、前日もあんまり食べなかったから備蓄エネルギーが少な過ぎたのかもしれない。

バイクまで行けば余剰に積んだスポーツ羊羹を食べることができたけど、雨の中を移動するのが面倒で食べなかった。

雨宿りしたテントはエイドのテントだったので、おにぎりやあんこ餅など、美味しそうな食べ物がたくさん並べてあったのだけど、もう食べていいの?って聞いたら女子高生のスタッフに、まだですと言われたので我慢した(^^ゞ。

ここで食べちゃうと他人のことをとやかく言えなくなっちゃうもんね~(^^ゞ。
武士は食わねど高楊枝~。

第一ランから帰ってきて、さっき食べたかったけど食べられなかったあんこ餅を二つもらって、食べながらバッグを取りに行きました。
味なんて全然わからんかったなぁ。
もう詰め込む詰め込む(^^ゞ。

走りながら水無しであんこ餅二つはなかなかきつい!
喉に詰まってサザエさんみたいになるところだった(^^ゞ。
バッグをとって戻ってきてエイドで水をもらって飲んだ。

話が前後してすみません(^^ゞ、8時前になったので、Bさんとボチボチ行きますかぁって感じでスタートライン付近に行ったら、もう既に大勢並んでいた。
しまった出遅れた(^^ゞ。

デュアスロンに変更になってちょっと集中力が欠けていたのは事実。
ウェットスーツを着て海を目の前にして初めて集中力も上がるってもんだけど、この時のボクは殆ど集中できてなかった。

人波をかき分けて、もうちょっと前の方に行こうと言って歩いていると完熟マンゴーさんがボクを見つけてくれた。
そのお隣にはハルさんもいらっしゃった。

初対面のハルさんに挨拶をして握手。
よし、ここからスタートしよう。

8時にパン!と音がしてスタート。
広くもない道に1500人がひしめき合っているので、なかなか走れない。

第一ランで1、2分速く走ったところで、疲れるだけでレース全体でみればたいしたことではないと思ったから、準備運動のつもりで流れに任せて走っていた。

所々に大きな水たまりがあって、それを避けるために仕方なしに斜行することになるから、接触して転倒することがないように注意深く走った。

アンビットはトライアスロンモードで使っていたので、1km毎のラップが出ませんでした。
第一ランの間、アンビットはご主人様は泳いでいると思っていたんですね(^^ゞ。

オープンウォータースイムではラップなんか見ないから表示する設定にしていなかったからです。
スイムでもラップタイムが表示されるような設定にすることはできるんですけどね。

一昨年の29回大会がデュアスロンだったのだから、ラン→バイク→ランのデュアスロンモードを作っておけば良かったのに、そんなことにはぜ~んぜん考えが及びませんでした。
あかんなぁ。

結局、どんなペースで走っているのか?今何km走っているのかもわからないまま走ってました(^^ゞ。

自分の感覚では、選手がばらけて自分のペースで走れるようになった後は、おそらく1kmを5分ぐらいで走っていたのではないかと思いますが、後半はもうちょっと速かったかもしれません。

c0236857_11565283.png

c0236857_11570043.png
c0236857_11570640.png


下のバナーをどちらか一つ、ポチっとしていただけたらたいへん嬉しいです。
よろしくお願いします。

にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村







by piyopiyodesu | 2015-04-28 07:52 | 宮古島トライアスロン | Comments(2)  

全日本トライアスロン宮古島大会2015参戦記 4(土曜日)

 いよいよレースの前日の土曜日です。
この日に絶対しておかなければいけないことは、バイク預託だけです。
バイク預託は13:00~16:00なので、午前中はフリーでした。

ホテルの朝食で固形食は食べずにオレンジジュース、牛乳、コーンスープだけ飲んでゆっくり新聞に目を通しました。
ウチにいる時も朝食を食べながら新聞を読むのが習慣になっているんです。

前夜のワイドーパーティーの記事が載っていました。
態度が悪い選手たちがいたとは書いてない。
書けないよね。

c0236857_12371557.jpg
優勝候補の選手達。

c0236857_12371936.jpg
宮古島に着いてからは、ま~ったく運動をしていなかったので、いくら疲れるようなことはしないと言いながらも、さすがにまずいんじゃないか?と心配になって、ちょっとだけ、ほんのちょっとだけ走ってみた。

すごく身体が重くてかえって不安になった(>_<)。

大会の2週間前からテーパー期ということでトレーニングを減らしました。
始めの1週間は日に日に身体が軽くなる感じがして、身体のキレが鋭くなるような感覚がありました。

おっ、これはいい感じではないか、徐々に疲労が抜けてきているようだ!とほくそ笑んでいました(^^ゞ。
4月12日には、義父の納骨で新潟にいたのですが、この日が大会だったら良かったのになぁなんて思っていました(^^ゞ。

次の1週間は逆に日に日に身体が重くキレが鈍くなる感覚がありました。
ますます身体が軽く感じられるようになるものと期待していたので、不安になりました。
そして木曜日に宮古入り。

ボク程度のトレーニング量と強度なら、テーパー期は2週間もいらんかったなって思っています。
テーパー期の過ごし方にもよるでしょうが、1週間で十分やったという気がしています。
バラモンキングは1週間でいってみます(^^ゞ。


去年も写真を撮ったストロングマン自販機。
c0236857_12362692.jpg
平良港近くの公園にあった、大きな木をくり抜いた公衆トイレ(^^ゞ。

c0236857_12363006.jpg

c0236857_12363459.jpg

ジョギングから帰ったら、レースで使う補給ドリンク等を用意しました。
スタートまでに飲むドリンクやジェル。
バイクのメインボトルの大きい方(約900cc)に入れる高カロリードリンク(ドリンクというよりジェルに近い粘度)と小さい方(約500cc)に入れるOS-1。

バイクのスペシャルドリンクは、157kmのうちの130km地点のエイドで受け取るようになっていたので、置かないことにして、メインボトルの高カロリードリンクだけで足らなくなった場合に備えて、サブのエアロボトルにも味を変えた高カロリードリンクを少量入れてスタートから積んで走りました。

さらに、トップチューブバッグにスポーツようかんを4、5個。
片側の封を切っておいて片手で簡単に中身が捻り出せるようにしておきました。

ランでの補給を最小限にして走りに集中できるようにするために、バイクに積んだ補給ドリンクは、できる限りバイクの間に全部飲み切るつもりでいたけど、やっぱりちょっと残ってしまった。
あんまりゴクゴク飲むと嘔吐しそうになるんだよねぇ。

胃腸は強い方だと思うんだけど、そうでもないのかもしれません。

あと、ランではいつものフラスコベルトにフラスコを2個付けて走ったので、それにも高カロリージェルを入れて冷蔵庫に入れておきました。

ランのスペシャルドリンクは、同じエイドで行きの16kmと帰りの26kmの2度受け取ることができたので、グリコのワンセコンド3個とウィダーのエネイドゼリー1個を置いて、2個づつ受け取って走りながら飲みました。
パワージェルよりもキャップができるという点でこれらを選びました。

昨年のバラモンキングのランの後半で、ビタっと脚が出なくなったのは、エネルギー切れだったのではないか?と思ったので、今回は十分過ぎるエネルギーを補給する作戦でした。

だから、エネルギー切れってことはなかったと思うんだけど、走れませんでした。

バイク預託が始まる時刻になってからフィットにバイクを積んで預託会場の東急ホテル&リゾーツに行きました。

タクシーとバス以外は東急の敷地内には入れないので、入口近くの臨時駐車場に駐車して、ヘルメットを被って乗っていきました。

バーコード付きのリストバンドで選手本人であることを一人一人チェックするので、行列ができていました。

預託会場から一度退出したらもう入れないので、バイクに置いておくものは忘れずにおいておく必要があります。
レース当日の朝に置けますけどね。

バイクとヘルメットにレースナンバーのシールが貼ってあるか、ヘルメットの顎紐にゆるみがないかを点検されるので、必ずヘルメットを被って(持って)行く必要があります。

ヘルメットを持ってきていなくて、電話して届けてくれるように頼んでいる選手もいました。
もしそれが預託時刻ギリギリだったら、取り敢えずバイクの預託だけは受け付けてくれて、ヘルメットは後でもいいよってことになればいいけど、失格になっても文句は言えないので、やっぱり余裕を持って忘れ物がないかをしっかり確認することが大切ですよね。

今年も預託時刻に遅れて失格になった選手が何名かいたらしいです。
お~、なんともったいない!

c0236857_12363806.jpg
バイクシューズはペダルに着けて、脚が入れやすいように踵に輪ゴムを掛けてシューズが水平になるようにしておきました。
ドリンクは傷んで腹痛を起こすとマズイので、レースの朝にペットボトルで持ってきて入れました。
ヘルメットとレースナンバーベルトはDHバーに掛けておきました。

100均で買ったチャリカバーを掛けて、風で飛ばされないように洗濯ばさみで何ヶ所か止めました。
チューブラータイヤにはパンク防止剤を入れていますが、万一に備えてスペアタイヤをツール缶の外側にテープで貼り付けてあります。

エイドで渡してくれるボトルが不足しているそうで、必ずボトルを2本積んでおくという決まりになっているので、それがないと預託を受け付けてもらえません。

剱号は、DHバーにメインボトル、ダウンチューブにサブのエアロボトル、シートチューブに普通の捨てボトル、サドル後方にツール缶と捨てボトルと、満載状態でスタートしました(^^ゞ。

そして、バイクスタートして最初のエイドで捨てボトル2個を道端のネットに捨てて走りました。

c0236857_12364360.jpg

やることやったら後はフリー。
このゆるキャラは何だっけ?
c0236857_12364800.jpg

バイクに必要な物を入れておいて、スイムが終わったら受け取るTo Swim Finish Bagを掛けておくラック。
東急ホテルの中庭にあって、フワフワの芝生です。
このホテル高そうだなぁ、幾らぐらいするんやろか?
一生縁のないホテルだろなぁ(^^ゞ。
c0236857_12365178.jpg

スイム会場の前浜ビーチ。
写真の左端の辺りがスタート地点。
c0236857_12365663.jpg

一番遠いブイ。
見えないんですけど・・・・(^^ゞ。


c0236857_12370127.jpg
CEEPOの田中社長と。
c0236857_12370572.jpg

会場はお祭りのような華やいだ雰囲気で、なかなか去り難いんだけど、用が済んだらいつまでもいてもしょうがないし、早く寝ないといけないので、名残惜しいけど駐車場までゾロゾロ歩いて帰りました。
日立のCMに出てきそうな樹ですね。
c0236857_12371135.jpg


フィットを借りていたのがこの日までだったので、オリックスに返しに行ってホテルまで送ってもらいました。

土曜の夜からは、固形食を食べてもそれがレース中にウ○コになることはないだろうと思うので、ホテルで3泊以上すると1食分が無料になるそばとおにぎりセットを食べて7時すぎには寝てしまいました。

下のバナーをどちらか一つ、ポチっとしていただけたらたいへん嬉しいです。
よろしくお願いします。

にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

by piyopiyodesu | 2015-04-27 07:54 | 宮古島トライアスロン | Comments(0)  

全日本トライアスロン宮古島大会2015参戦記 3(金曜日後半)

 前回の続きです。

この方は宮古島海宝館前勤務のまさかつ君です。(ヒツコイ(^^ゞ)
c0236857_12341978.jpg

c0236857_12342473.jpg

c0236857_12342838.jpg
その近くの丘の上にこんな展望台が見えたのでクルマで上がってみました。
c0236857_12343329.jpg

c0236857_12343870.jpg
東平安名崎灯台。
灯台まで往復したら、手前の道路を左から右(西)へ走って来間島方面に向かいます。

c0236857_12344263.jpg
アップダウンが連続する道が見えてます。
この辺はきつかったな。

c0236857_12344712.jpg
ドイツ村入口勤務のきよし君です。
そろそろ飽きてきましたね(^^ゞ。
c0236857_12345296.jpg
ドイツ村交差点勤務のあつし君です。
c0236857_12345686.jpg

↓この表紙の一番大きな写真があつし君なんだけど、なんだかちょっと顔が違うよなぁ。
勤務地は合ってるはずなんだけどなぁ。
美容整形したのかな(^^ゞ。
c0236857_13442119.jpg
この方、わかりません。
ヘルメットの黄色いマークと後ろの松を手掛かりに懸命に捜査しましたが、特定するに至りませんでした。
彼らは時々お色直しをしたり転勤することもあるらしいから、ちんすこうの箱の情報は古いのかもしれません。

疲れたので御兄弟の特定はもう止めます(^^ゞ。


c0236857_12350016.jpg

c0236857_12350443.jpg
来間大橋。

c0236857_12351262.jpg

c0236857_12352070.jpg
バイクコースの下見が終わって続いてランコース。
交通安全の門。

c0236857_12352545.jpg
ランコースの下見終わり(^^ゞ。

去年走ったはずなのに、かなり記憶が曖昧になっていました。
改めて下見してみて、なんちゅうアップダウンだらけのコースや!って思いました。
トライアスロンでもマラソン大会でも今まで走った中ではダントツに厳しいランコースや!

c0236857_12352908.jpg
市役所近くの交差点の歩道にあるストロングマンの花壇。

c0236857_12353455.jpg
去年、これが見えた時は嬉しかったなぁ。
今年はどうなるやら。
c0236857_12353806.jpg
競技説明会に出席するために体育館に行ったら、完熟マンゴーさんと会いました。
同い年です。

c0236857_12354224.jpg

c0236857_12354741.jpg
開会式で思ったこと。

誰かがスピーチしている時はさぁ、もうちょっと静かにしていようよ!

同じ大会に出て、同じ道を走り、一つのゴールを目指した言わば同じ釜の飯を食った仲間だと思うから書くけどさ、もうちょっと静かに大人らしくしないと恥ずかしいよ。

大部分の選手は静かにしていたと思うんだけど、騒がしい選手も多かったように思う。

日本人ってさ、エライサンの話をおとなしく聞くのはかっこ悪いことだと思っている風潮があるような気がするんだけどさ、当たっているかどうかはわからないけど、エライサンもエライサンなりにそれぞれの立場で大会のために尽力してくれたに違いないんだからさ、ありがとうという気持ちがあればスピーチの間ぐらい静かにできるよねぇ。
我々を歓迎する挨拶をしてくれてるんだもん。

エイドのボランティアスタッフの方々に感謝するのも、エライサン方に感謝するのも同じことやんなぁ。

多くの高校生たちが(中学生もいたかな)我々のために働いてくれたけど、彼らに見られたら恥ずかしいよ。
トライアスリートって、身体は鍛えているけどオツムの方は・・・・・なんて思われたらイヤやん。
ストロングマンらしく、ビシっとけじめをつけられるかっこいいところを見せなきゃ!

司会者が「お腹が空いている方もいらしゃるでしょうが、乾杯が終わるまでは飲食は控えてください。」って呼びかけているのに、乾杯前からそば食ってる選手も大勢いたよね。
あとせいぜい長くても20分ほどなんだから待とうよ。

来年はさ、開会式では静かに大人らしく振舞って、乾杯の後は思い切り弾けて、これぞストロングマン候補生!っていうところを見せませんか。




c0236857_12361653.jpg
子供達が琉球國祭り太鼓の演奏と踊りを披露して応援してくれました。
c0236857_12362123.jpg

恒例のワイドーパーティーのケーキ。
c0236857_12355172.jpg

c0236857_12355572.jpg

c0236857_12355973.jpg

c0236857_12360478.jpg

c0236857_12360869.jpg

c0236857_12361281.jpg


固形食絶食中なので、昨年と同じように、ケーキを一切れとアイスクリームを5個と、スイカを二切れだけ食べて帰りました。
レモンアイスがめちゃくちゃ酸っぱくて美味しかった!

c0236857_07585219.jpg

去年と違うのは、バナナを6本お持ち帰りしたことです(^^ゞ。
そのバナナは日曜の夜と月曜の午前中に完食しました。
料理を全く食べなかったからバナナ6本ぐらいエエやんねぇ(^^ゞ。

おもしろくないけど動画も撮ってきました。
もっとマメに撮ればよかったんだけど、忘れちゃうんです(^^ゞ。


https://www.youtube.com/watch?v=l0B_Dt0m-yQ


下のバナーをどちらか一つ、ポチっとしていただけたらたいへん嬉しいです。
よろしくお願いします。

にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村


by piyopiyodesu | 2015-04-25 08:00 | 宮古島トライアスロン | Comments(6)  

全日本トライアスロン宮古島大会2015参戦記 2(金曜日)

警告!
やたらと無意味に長いです(^^ゞ。
読みながらうたた寝して風邪をひいてもボクのせいにしないでください(爆)。 

「あなた、こんな所で寝たら風邪をひきますよ。」
などとドラマみたいなことを言って、そっとカーディガンか何かを掛けてくれるような優しくてよく気が付くできた奥さんがいる方は大丈夫でしょう。

日頃からトレーニングに明け暮れて奥さんから疎まれている方は危険です(爆)。



 木曜日に選手登録受付を済ませたので、金曜日は16:40の競技説明会まではフリーです。
ホテルの朝食をしっかりいただいて、フィットで観光も兼ねてバイクコースとランコースの下見をしました。

いつものように金曜の昼から土曜日の昼までは固形食は食べずに、ドリンクゼリーや牛乳や持参したコーンスープばっかり飲んでました。

↓これだけじゃないですよ、もっと食べました(^^ゞ。
c0236857_15234373.jpg
パワーバーがこんなクリニックをやってくれるので、宮古島が初めてとかロングが初めての方は参加されるといいのではないでしょうか。

c0236857_15234907.jpg
特にスイムに不安を感じる方は、土曜日のオーシャンスイムスキルアップアドバイスに参加されるといいと思います。
ボクも昨年参加させてもらってスイムの不安がかなり解消しました。
が、今年は疲れるので参加しませんでした(^^ゞ。
今年は宮古入りした後は、伊良部大橋をバイクで試走した以外は、泳ぎもせず、走りもせず、疲れないように体力温存に努めていました。
それがアカンかったのかなぁ(>_<)。
c0236857_15235630.jpg
バイクコースの下見中に、お会いできた宮古島まもる君の御兄弟全員の写真を撮って回りました。
昨年、家族への土産として買った宮古島限定宮古島まもる君ちんすこう の箱の側面に、まもる君の御兄弟19名全員の顔写真が載っていたので、捨てずにラミネートしてとってあるんです(^^ゞ。
これを見ながら御兄弟のお名前を特定してみましたが、皆さん(ほぼ)同じ顔なので、間違っていたらゴメンナサイ。

こんなことするなんて、お前ヒマなんだな?
ヒマなんだろう?
ヒマならヒマだと言え!
正直に言わねぇとしばくぞ!

などといじめないでください(爆)。
ヒマではありません、仕事の日は忙しいのです。
ただ、今これを書いている木曜日は休みで、まだまだトレーニングが再開できるような状態じゃないし、することがなくてヒマなんです。
あっ、言うてもた!

c0236857_13442119.jpg

c0236857_13443466.jpg

c0236857_13444015.jpg
この方はおそらく宮古電水前交差点勤務のひとし君です(^^ゞ。

c0236857_15240194.jpg
ベルトの『E』はどういう意味だろう?と思っていたのですが、Eじゃなくてバックルの形なんですね!
2年目にしてようやく気付きました(^^ゞ。
c0236857_15240764.jpg
凛々しい後姿。
c0236857_15241211.jpg
勤務ご苦労様であります!
c0236857_15241782.jpg
この方はおそらくユートピア入口勤務のたくま君ではないかと思うのですが、自信がありません。
来間大橋から戻ってきて左折する交差点にいらっしゃる方です。
c0236857_15242282.jpg

c0236857_15242948.jpg
バイクスタートの東急ホテル&リゾーツ。

c0236857_15243455.jpg
おなじみのワイドー花壇はけっこうデカイのです。

c0236857_15243855.jpg
よく見ると歩道を完全にふさいでいるけどエエのかな(^^ゞ。
車道を歩いていた歩行者が事故に遭いませんように。

c0236857_15244362.jpg
赤はサルビアだって知ってるけど、黄色は何だ?パンジー?
c0236857_15244909.jpg
昨日も渡った伊良部大橋。

c0236857_15245459.jpg
渡って左折した所にあった看板。
c0236857_15245801.jpg
橋ができるまでは船しかなかったわけで、海が荒れて船が出ない日もあったでしょうから、伊良部島の住民の方々にとってはまさに夢の橋だったのでしょうね。
c0236857_15250357.jpg

c0236857_15250832.jpg
訳がないとワカランね(^^ゞ。
c0236857_15251279.jpg
伊良部島内には直角に近い急カーブがいくつかありましたが、手前には必ずこんな警告表示があったし、スタッフの方がハンドマイクで減速を呼び掛けてくれたので、安心して走れました。

c0236857_15251725.jpg

c0236857_15252262.jpg
古い歴史のある伊良部小学校。
いい感じの学校だなぁ。
こんな所で育つと素直ないい子になるんだろうなぁ。
c0236857_15253407.jpg

c0236857_15252759.jpg
いかにも南の島っていう感じの街路樹。
c0236857_15253851.jpg

c0236857_12301735.jpg
c0236857_12302282.jpg
伊良部高校の前も走りました。
c0236857_12302723.jpg
沖縄のお墓って琉球っていう感じだなぁ。
c0236857_12303268.jpg
この方はおそらく西原入口勤務のこうじ君です。(たぶん)

c0236857_12303726.jpg
タラコ唇。
c0236857_12304270.jpg

c0236857_12304738.jpg
この方は間違いなく狩俣線勤務のすすむ君です。
なぜ間違いないと断定できるかと言うとですね、エッヘン、ヘルメットにラインが入っているのは彼だけなんです!
c0236857_12315565.jpg
すすむ君、なんだか痛々しいですね。
よく見たら巻貝がくっついています。
体液を吸われているんじゃないだろな。
ちょっと可哀想。
見ているだけで痒くなってくる。
c0236857_12320193.jpg

c0236857_12320774.jpg
こんな大事な所にも巻貝が!
これは男としてはなんともお気の毒なのであります。
どんなに痒くても勤務中は掻けないつらさ、ワカリマス(爆)。
勤務ご苦労様であります!

c0236857_12321336.jpg
海中公園。
c0236857_12322030.jpg
遠くに伊良部大橋がうっすら見えました。
c0236857_12322729.jpg

c0236857_12323374.jpg
ヤシガニかな。
c0236857_12323931.jpg

c0236857_12324427.jpg

c0236857_12324951.jpg
職員らしき方が何か作っていたので、↓これのことをカニですか?って聞いたらシーサーですって(^^ゞ。
失礼しました。

c0236857_12325350.jpg
海中に下りる階段あり。
c0236857_12325951.jpg
入場料が1000円と聞いて帰ろうかと思ったけど、経済効果経済効果と思って入場してみました(^^ゞ。

c0236857_12330490.jpg
国境の長い階段を降りるとそこは海面下だった(^^ゞ。
車椅子のまま乗れる昇降機が設置してありました。
c0236857_12330904.jpg

c0236857_12331572.jpg
まあね、天然の海だからね、水族館の水槽みたいなわけにはいかないよね(^^ゞ。
c0236857_12332134.jpg
西平安名崎の牛。

c0236857_12334347.jpg
沖縄県の天然記念物の宮古馬。
去年も写真撮ったな(^^ゞ。
去年は呼んでも近づいてこなかったけど、今年は草をむしって見せたらゾロゾロやってきて食べた。
c0236857_12335504.jpg
池間大橋。
c0236857_12340178.jpg
東平安名崎へ続く東海岸はアップダウンが連続します。
c0236857_12340647.jpg
東平安名崎に向かう交差点。

c0236857_12341100.jpg
不審者ではございません。
c0236857_12320612.jpg
c0236857_12341561.jpg
自分でも呆れるぐらいに長くなってしまったので、読んで下さる方の健康に配慮して二つに分けました(^^ゞ。

つづく(^^ゞ。

下のバナーをどちらか一つ、ポチっとしていただけたらたいへん嬉しいです。
よろしくお願いします。

にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村


by piyopiyodesu | 2015-04-24 08:08 | 宮古島トライアスロン | Comments(4)  

全日本トライアスロン宮古島大会2015参戦記 1 (木曜日)

 4月16日の早朝に、大きなリュックサックを背負って自転車で加古川駅まで走り、そこから神戸空港に向かいました。

c0236857_14132069.jpg
那覇空港で1時間ほど待って乗り継いで、トライアスリートの憧れの地、宮古島へ。
c0236857_14132636.jpg
これは那覇空港を離陸したところです。
c0236857_14133184.jpg
昼過ぎにはもう着いた~(^^ゞ。
夢の島は遠いけど近い~(^^ゞ。
近いけど遠いのか?

c0236857_14133612.jpg
↓これは昨年の写真。
同じやん!
撮らなくてもよかったな(^^ゞ。
初めてのロングだったからちょっと緊張してるっぽいね。
初々しいね(爆)。
思えば、去年のオレは偉大だった(^^ゞ。
油断したわけでも手を抜いたわけでもナメてたわけでもないんだけどなぁ。
c0236857_08164973.jpg
今年もオリックスレンタカーで、土曜日までフィットを借りました。
クルマを返した後、宿泊しているホテルまで無料で送ってくれるんです。
どこのレンタカー会社もそうなんだろうと思っていたのですが、旅行会社がはじめに手配してくれた会社は有料だったので、オリックスに変更してもらいました。

今どきのクルマはすごいね!
信号待ちで勝手にエンジン停止して、ブレーキペダルから足を放すと勝手に始動したよ。
そんなの当たり前?
去年もだったけど、パイオニアのナビは使いにくい!
タッチパネルのタッチした文字の左隣の文字が反応する。

c0236857_14134156.jpg
まずは受付に行きました。
うしゃしゃしゃしゃしゃ~、ここに戻ってこられておっちゃんは嬉しいのだ~(^^ゞ。

c0236857_14135942.jpg

受付、開会式、ワイドー(歓迎)パーティーの会場の宮古島市総合体育館。
c0236857_14140434.jpg
まだ2回目なくせに、まるで自分ちの庭のように勝手知ったる場所なのだ(^^ゞ。
c0236857_14134842.jpg

ワイドーパーティーの準備中。
c0236857_14135411.jpg

受付で、大会が終わるまで着けっぱなしになるリストバンドを着けてもらいました。
昨年のリストバンドは、捨てられなくてまだ置いてあります(^^ゞ。

c0236857_12490159.jpg
体育館前の芝生の広場で、こうたんさんとお会いして挨拶したら、アスタビータの高価な試供品をくださいました。
これを常用していると、ハードなトレーニングをしてもウソのように疲労回復が早いそうです。
詳しくはコチラを見てね。

「『思い立ったが吉日』っていうブログを書いているぴよぴよです、よろしくお願いします。」

「ブログ読んでますよ。」

「えっ、ホントですか!?」

社交辞令でも嬉しいです(爆)。
ありがとうございました。
c0236857_15083315.jpg
この日はいい天気だったんだけどなぁ(^^ゞ。
いろんなメーカーのブースが準備中で、さあいよいよお祭りが始まるよ~っていう感じでワクワクしてきました。
c0236857_14141373.jpg
鼻の穴に挿入すると、鼻腔が広がって呼吸が楽になるタービンというアイテムです。
新製品が出たそうで、旧製品を無料で配ってくれていました。
c0236857_14141702.jpg
↓こんなヤツ。
よく見たら、その辺を歩いている大勢の人の鼻の穴から黄色いのが見えてました。
ちょっとヘン!
ボクももらってすぐに鼻の穴に突っ込んでみたけど、確かに多少呼吸が楽になったけど、どうも抵抗があるな。
だってさぁ、まるで牛みたいなんだもん(爆)。
捨てちゃった(爆x2)。
c0236857_14142173.jpg
一通り見て回ったらすぐにホテルにチェックインして、バイクを出してもらいました。
輸送中にRDが壊れてたりしたら至急修理しないといけないし、今年からバイクコースに加わった伊良部大橋の試走をしたかったんです。

c0236857_14142589.jpg
昨年同様、駐車場のコンテナの中からボクのシーコンを出してくれました。
手前にあった幾つかのシーコンをひょいひょいとどかして、ボクのシーコンを持った瞬間に

「こっ、これは重いですね!」

すみません、いろんな物を入るだけ詰め込んだので重いんです(^^ゞ。
金曜日の昼から土曜日の昼まで、4食分のドリンクゼリーが重いのだ(^^ゞ。
いくら重くても送料は同じですから(^^ゞ。
c0236857_14143065.jpg
後輪はディスクホイールで走るつもりではいましたが、伊良部大橋は風が強くてディスクホイールはできれば自粛するようにストロングマンテキストに書いてあったので、試走してみて確かに危険だと判断したらBORA2を使うつもりで、ホイールを3個入れてきました。
c0236857_14143438.jpg
すぐにちょっと走って異常がないかをチェック。
問題なしで良かった!
c0236857_14143953.jpg
フィットにバイクを積んで伊良部島まで移動して、邪魔にならない場所に駐車しておいて伊良部大橋だけ往復してみました。
飛行機に乗って来たままのウェアですが、もちろんバイクシューズをはいて、ヘルメットは被りました。

これは宮古島側の端っこです。
奥に見えているのが伊良部島。
c0236857_14145202.jpg
これがこの道路の正式名なのかな。
c0236857_14145690.jpg
これは橋の最高地点付近から宮古島を見たところ。
路側帯の部分の舗装の色が違うでしょ、あの車道と路側帯の境界の外側線に点々とキャッツアイが設置してあって、バイクで踏んだらパンクするかもしれないので注意しました。
c0236857_14144367.jpg
c0236857_14150084.jpg
新婚さんが、橋の上で写真撮影していました。
パンフレットか何かのための撮影かと思って付き人に聞いたら、ホンマモンの新婚カップルだと言うので、意味もなく(勝手に)写真を撮らせてもらいました(^^ゞ。
可愛らしい花嫁さんでしたよ。
結婚おめでとう~。
お幸せに~(^^ゞ。
c0236857_14144712.jpg
昨日載せた動画に幟がはためく様子が映っていたように、この日も結構風が強かったです。
と言っても、あれぐらいの風はここでは強い内に入らなくて、普通の風なのかもしれませんが、ボクにしてみたら結構強い風だったのです。

試走してみて、少なくともこの日の風ならディスクホイールでも全く問題無い!と判断しました。

ところが、大会当日はこの日の2倍かそれ以上の強風でした(^^ゞ。
おまけに路面はウェットで、スピードが出る下りではちょっと緊張しましたが、まあでもディスクホイールなんかで走るんじゃなかった!って後悔するほどではなかったですね。
ディスクホイールを選んで正解だったと思っています。

ボクがDHポジションで走るのが怖くてブルーホーンハンドルを持っているのに、DHポジションで抜いていく強者も少数はいたけど、殆どの選手はボクと同様だったから、ホイールのせいというより、乗り手の身体が受ける風でふらつくんじゃないかと思いました。

ホイールは乗り手の身体より低い位置にあるから、ディスクホイールでも案外横風の影響を受けにくいんじゃないかと思いました。

それより怖いのはフロントディープホイールでしょ!

フロントがデュラエースのC75で横風を受けた時は、あまりにふらついて正直言って怖かったけど、友人のアイオロスと交換したら全然ふらつかなくて、見た目は似ているのにこんなに違うものか?とびっくらこいたことがあるので、ホイールの銘柄にもよるのでしょう。

フロントホイールが横風を受けると、舵が切れちゃうからバイクの進行方向が急に変わってガードレールに突っ込みそうな感じがしてすごく怖いけど、リアホイールが風を受けても傾くだけで進行方向は変わらないから、上半身を力み過ぎないようにしてしっかりペダリングさえしておけば、真っ直ぐ走り続けてくれるっていうイメージを持ってます。


コース全体の下見は金曜日にする予定だったので、昨年、行ってみたいと思いながら行けなかった(行かなかった)砂山ビーチに行ってみました。
c0236857_14154886.jpg
駐車場にあったトイレ。
中に無料のシャワーもありました。
c0236857_14151954.jpg
c0236857_14152320.jpg
砂の小道を歩いていくと、青い海が見えてきた。
c0236857_14152786.jpg
きれいなビーチとオヤジ(^^ゞ。
c0236857_14153158.jpg
c0236857_14154369.jpg

c0236857_12324270.jpg
c0236857_12322682.jpg
c0236857_12323727.jpg
きれいな砂浜なのに、誰かが捨てたのか流れ着いたのか、ゴミが目に付いたので突発的に趣味のゴミ拾いをしました。
いつでもどこでも思い立ったらすぐに拾えるように、常に袋を持っているのです(^^ゞ。
総社吉備路マラソンの袋だな。
岩陰に捨ててあったブルーシート、こんなの持って帰れよなぁ。

黙々と一心不乱にゴミを拾っていると、大会に向けてどんどん集中力が増してくるのだ。
まだ三日前だからね、ここで集中しても意味無いっちゃあ無いんだけどさ、ほっといておくれ(^^ゞ。
c0236857_14153670.jpg
かなり拾ったよ~。
だけどまだ残っていたのが心残りである。
残りは来年拾うとしよう!
きっと砂山ビーチの神様が(そんなのおるんかい!)、来年の選手選考の時に大会事務局の選考者の耳元に「ヤツを出してやれ~、ヤツを出してやれ~!」と囁きかけてくれることでしょう(爆)。
これで来年の出場も決まったようなものだな!ぶはははは~。

ゴミ拾いにそんな見返りを期待するとはまだまだ未熟者よの~(^^ゞ。
c0236857_14154068.jpg
拾ったはいいけどさぁ、処分に困っちゃってさぁ、どうしようどうしようと思っているうちにフィットを返す日になっちゃったのさぁ。←何弁やねん!
しょうがないから助手席の足元に置いたまま返したら

「お客様、あのお荷物は?」

だって(^^ゞ。
荷物に見えるか?
見えないこともないか?
いや、見えへんやろ(^^ゞ。

「砂山ビーチでゴミ拾いしたんですけど、処分に困ってしまって・・・・・。」

そこまで言ったら、女性スタッフの方がにっこり笑って

「ありがとうございます、こちらで処分しておきます。」
と言ってくれました。

今後も宮古島では必ずオリックスレンタカーを利用すること決定だな!
単純なオヤジなのだ(^^ゞ。


ホテルに戻って、昨年と同じホテルの向かいにある小さな食堂で、昨年と同じゴーヤチャンプルー定食を食べた(^^ゞ。
新しい店を開拓しようなどという気はさらっさら無い!(^^ゞ。
c0236857_14155287.jpg
c0236857_14160177.jpg
c0236857_14155607.jpg
宮古島の新聞は紙面が少ない(加古川の1/3ぐらい)んだけど、その少ない紙面にトライアスロン関連の記事が幾つも載っていました。
c0236857_14160609.jpg
宮古島の各企業が、大会に協賛金を出してくれたり寄付してくれたという記事。
c0236857_14161168.jpg
東急ホテル&リゾーツは300万円だって。

c0236857_15113045.jpg
地元の銀行は3行からそれぞれ50万円。
c0236857_15114088.jpg
宮古製糖は30万円と黒糖20ケース。
c0236857_15114668.jpg
菊之露酒造は30万円。
c0236857_15115262.jpg
新聞には会社名が載ってなくても寄付をしてくれた会社、企業はもっともっと多数あることでしょう。
いやあ、ありがたいですよね~。

アイアンマンのエントリー料が高過ぎるとよく言われるけど、それでもエントリー料だけでは大会開催費用にはとても足らないと、昨年の競技説明会で言ってました。
アイアンマンは82000円(税抜き)で、参加選手数でみると同じぐらいの規模の宮古島は35000円。
半額以下だよ、安いですよねぇ。

文字通り朝から晩まで丸々一日遊ばせてもらって、道路を借り切って、交通整理もしてもらって、食料と飲物も付いて、メダル、Tシャツ、大きなタオルももらえて、そして何よりもお金じゃ絶対買えない素晴らしい思い出をもらって35000円なんて安すぎる!

こんな安いエントリー料で済むのは、こんな各企業からの協賛金や寄付があるからなんでしょうね。
感謝せなアカンよね。

82000円でも大会開催費用に全然足らないのなら、35000円なら大赤字なんじゃないかって心配になっちゃう。
大会による経済効果ってのがどれぐらいあるのかなんてことはボクにはわからないけど、あれだけお世話になった宮古島市民の皆さんに、少なくても金銭面でさらなる負担をかけていなければいいなって思います。

c0236857_15120061.jpg
受付でもらったレースナンバー等が入った袋に、こんな地元の小学生からの応援メッセージが入っていました。
ありがとうね。
おっちゃん頑張ったよ、頑張ったは頑張ったけどアカンかったな(^^ゞ。
c0236857_15122205.jpg
下のバナーをどちらか一つ、ポチっとしていただけたらたいへん嬉しいです。
よろしくお願いします。

にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村



by piyopiyodesu | 2015-04-23 10:06 | 宮古島トライアスロン | Comments(4)  

4月16日の動画

 22日の朝も心拍数がまだ74でした。
オレの心臓、大丈夫かい?って心配になります。
早口でしゃべると息が切れるんです(>_<)。

筋肉痛は順調に抜けてきていますが腰痛がひどいです(^^ゞ。

さて、ブログを書くのに時間がかかるので、先に動画を編集してみました。
編集ったって、撮ってつないだだけなんですけどね(^^ゞ。
思い切り手抜きです。
少しでも宮古島の雰囲気が伝われば嬉しいです。
4月16日分です。←ボクのハッピーバースディです(爆)

宮古島トライアスロンに出場された方は、『あ~、宮古島は良かったなぁ』ってしみじみ思い出しながら現実逃避するのに役立ててください(^^ゞ。
いつかは宮古島に行くぞ!と思われている方は、なんぞ役に立てば嬉しいですが、非常に個人的趣向の偏った動画なので、あんまり役には立たないかも(爆)。

↓YouTubeのアノテーション機能で説明のコメントを挿入したのですが、表示されたりされなかったりするようですね。
まあたいしたことは書いてないんですけどね(^^ゞ。
飛行機→伊良部大橋→砂山ビーチです。

https://www.youtube.com/watch?v=dzzt7EI1jWU




下のバナーをどちらか一つ、ポチっとしていただけたらたいへん嬉しいです。
よろしくお願いします。

にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村



by piyopiyodesu | 2015-04-22 08:24 | 宮古島トライアスロン | Comments(0)  

帰宅しました

 昨日、月曜日の夜遅くに無事に竜宮城から帰宅しました。

レース速報を見ながら応援してくださった方々、なかなかゴールしないので冷や冷やされた方々(^^ゞ、レース速報は見なかったけど応援してくださった方々(^^ゞ、全ての皆さんに心から感謝します。
ありがとうございました。

不本意な成績ではありましたが、これが今のボクの実力なんだと真摯に受け止めて、自分なりに分析、反省して今後の大会に生かしていきたいと思います。
かなりかなりきつい42.195kmではありましたが、一度も止めようと思うことなく、必ずゴールすると強い意志を持って走り続けられたので、精神的にはほんのちょっとは強くなれたのかなと思います。


レース翌朝のボクちゃんです(爆)。
しょぼくれたオヤジだぜ~(^^ゞ。

c0236857_12314829.jpg
わざとしょぼくれた顔をしているわけじゃなくって、ありの~ままの~ワタシ~なんです。
ナヌ?いつものままだって?
シツレーだねぇ君ぃ!
いつもはもっといい男やん!

浮腫みやすい体質なので、帰宅してすぐに体重を測ったら5kgも増えてました。
普通は汗かいて脂肪燃やして軽くなるもんなのに、5kgも重くなるってどういうことよ!
レース後に飲み食いはしたけど、出すもんは出してるのになぁ。

体中ぱっつんぱっつんで、ゆるゆるに付けてもらったリストバンドが回らないぐらいでした。

レース前はゆるゆる。

c0236857_12490159.jpg
レース後は食い込んどるがなぁ(^^ゞ。

c0236857_12315287.jpg
これだけ水分を蓄えているなら水無しでも走れるんじゃないか?って思うんだけどそういうわけにはいかないんでしょうね。


お見苦しい写真の後には綺麗な写真を(^^ゞ。

スイム会場の東急リゾートの中庭で見かけた蝶。

c0236857_12315929.jpg
またお見苦しい写真を(爆)。


c0236857_12320612.jpg
16日に砂山ビーチにて。
c0236857_12322178.jpg

c0236857_12324270.jpg
c0236857_12322682.jpg
c0236857_12323727.jpg

21日火曜日の朝になってももの凄い疲労感が残っていて、毎朝測っている目が覚めてすぐの心拍数が74もありました。
よほどハードなトレーニングをした翌日でも60ぐらいで、普通は54ぐらいなので、20拍も高い!

大袈裟じゃなくて10歩歩くだけで息が切れるような調子で、家の二階に上がるのが苦痛です。
家を建てた時にホームエレベーターを設置しときゃ良かった!なんてことは思わないけど(^^ゞ、そう思いたくなるぐらいキツイです。

脚の筋肉痛はいつものレース後と大差ないけど、心臓にかなり負担をかけたレースだったのかなぁって心配になるぐらいです。

しばらくは疲労回復に努めながら、ボチボチブログに書いていきますので、よろしくお願いします。


下のバナーをどちらか一つ、ポチっとしていただけたらたいへん嬉しいです。
よろしくお願いします。

にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村




by piyopiyodesu | 2015-04-21 13:12 | 宮古島トライアスロン | Comments(14)  

レース終了しました

デュアスロンになってしまったのは残念でしたが、とりあえずストロングマンにはなることができました。
実力のなさを思い知らされたレースでした。
済んだことはしょうがないので、また頑張ろう(^^;;
c0236857_19193034.jpg

下のバナーをどちらか一つ、ポチっとしていただけたらたいへん嬉しいです。
よろしくお願いします。

にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村


by piyopiyodesu | 2015-04-19 19:23 | 宮古島トライアスロン | Comments(4)