<   2015年 02月 ( 23 )   > この月の画像一覧

 

ボチボチとトレーニング再開

 2月26日木曜日、姫路城マラソンの疲れがほぼ抜けてきたように思うので、ボチボチゆるゆるとトレーニングを再開することにした。

AMBIT 2Sが姫路城マラソン後に示した回復時間が120時間だったので、金曜日の昼までは強度の高いポイントトレーニングはせずに、積極的に疲れをとるためのアクティブレストや、体力が低下しないで現状維持ができる程度の軽い負荷のトレーニングにとどめるべきだろうと思っています。

マラソンで酷使された筋肉が超回復するのに24~72時間ぐらいかかるそうなので、こちらは既に終わっているハズである。
わからないけどね。
まだまだ大腿四頭筋の筋肉痛は残っているし。

マラソン後は意識して多目にタンパク質やプロテインを摂取していました。
普通の成人男性は、体重1kgあたり1日に1gのタンパク質を摂取する必要があるそうな。
アスリートは、(アスリートの定義がどうなんやろ?って思うけど、日常的に普通の人より多めに運動している人ぐらいに適当に解釈しています)2倍摂取するべきなんだそうな。

フルマラソンやロングトライアスロンの後なら、もっと摂取してもいいかもしれませんね。

雨が降っていたこともあって、まだ走らない方がいいだろうと思って、スイムとローラーでカロリー消費しました。

午前中に、ストリームラインと腕と足の水の抵抗を減らすことを考えながら、ゆっくりゆっくり時々休憩をはさみつつ3000m
泳いだ。

1年前と比べても全然速くなっていないけど、遅くもなっていないようだから、まぁしょうがないね、現状でいくか(^^ゞ。

昼食後に3本ローラー60分。
CEEPO katanaの剱号で、ウォームアップと汗を拭く時以外はできるだけDHポジションで回した。

PTEは2.0。
体力維持効果がありました(^^ゞ。

c0236857_22072158.png
夕食後に再び3本ローラー60分。
最後の20分は固定ローラーに移動して、思い切り高回転で回してみたら、自己最高のケイデンス166まで上がった。
一瞬だけど。
ほんまかい?
170まで上げたれ!と思ったけど、それ以上は尻が踊ってしまって回せませんでした。
c0236857_22072741.png
腹が減った(^^ゞ。
もうマラソン大会は終わったので、あまり体重増を気にしないでいいから、62kgぐらいまでは許容範囲と考えてしっかり食べてゴツイ体を作ることにしようと思う。
12時間動き続けられる体にしていこう。


下のバナーをどちらか一つ、ポチっとしていただけたらたいへん嬉しいです。
よろしくおねがいします。



にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

by piyopiyodesu | 2015-02-28 07:35 | トレーニング | Comments(0)  

ささやかなお礼

 姫路城マラソン前日の、受付後にもらったお菓子の小袋に入っていたこの応援メッセージカード。
名前を記入する欄には、『ペンネームでもいいよ』と書いてあり、ほとんどのカードにはペンネームが書いてあったように思うが、ボクがもらったカードにはたまたま本名(たぶん)と小学校名と学年も書いてあった。

メッセージの内容でこのカードを選んだわけじゃなくて、このお菓子が欲しくて選んだのである(^^ゞ。
c0236857_19150230.jpg
『小学校の部で出たかったのに出られなかったぼくの思いを乗せて完走をめざしてください。よろしくおねがいします。がんばれ!!』
もうすぐ50歳になるオヤジはこういうのに弱いのである。

『がんばれ』だけならボクの胸の琴線に触れることはなかったかもしれないけど、『出たいのに出られないぼくの思いを乗せて・・・・』などと書かれた日にゃぁ、オヤジは燃えるのだ!ウオォー!
単純だな(^^ゞ
 この応援メッセージカードを濡らさないように折って袋に入れて、落とさないようにチャック付きのフラスコベルトのポケットに入れて一緒に走ったのだ。
○○君、約束は果たしたよ!

c0236857_08133164.jpg

○○君はこのカードのことなどもう忘れかけているかもしれないけれど、ささやかなお礼をすることにしたのである。

君の応援メッセージがとても励みになったこと。
選手は、こういう子供達からの応援メッセージがとても嬉しいものだってこと。
君だけじゃなく、6年生全員、全校児童に感謝していること。
姫路城マラソンは応援がすごくて、持っている以上の力が出せたこと。
姫路城マラソンは姫路市民が誇れる素晴らしい大会だということ。
このカードをポケットに入れて、42.195kmを走ったこと。
中学生になっても友達を大切にして、部活動や勉強やお家のお手伝いに頑張ってほしいこと。

なんてことを書いてだな、完走メダルと、上の写真と下の写真を証拠として添えて、匿名で小学校に送りました。

卒業式を間近に控えた○○君や6年生の皆さんが喜んでくれるといいなぁ。

c0236857_08132642.jpg
下のバナーをどちらか一つ、ポチっとしていただけたらたいへん嬉しいです。
よろしくおねがいします。


にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

by piyopiyodesu | 2015-02-27 08:03 | マラソン大会 | Comments(8)  

姫路城マラソンの後で

 レース後は、ボクが無事に完走できたことと、心筋症疑惑が晴れたことのお祝いということで、ご近所さんのあにぃがわざわざ姫路まで来てくれて、祝賀会を盛大に開きました(^^ゞ。

c0236857_07403903.jpg
安くて美味しい中華料理屋さん。
我々はカウンター席だったから待たずにすぐに座れたけど、食べている間にマラソン参加者と思われるお客が次々とやってきて、かなり待っていました。

加古川マラソンの後の祝賀会では、ボクがボロボロ泣いたせいで別れ話でもめているモーホー二人に見られたかもしれないけど、今回は泣かずにニコニコしていたので、うまくいってるモーホー二人に見えたことでしょう(爆)。

ぴ「あにぃ、わざわざオレなんかのために姫路まで来てもらっちゃってすまねぇ。」

あ「いいってことよ!気にするなぁ。お前の心臓のことじゃオレも随分心配したんだぜぃ。なんともねぇってことがわかって良かったじゃねえか。お前もよぉ、随分締まりが良くなってきたからよぉ
、まだ死なれちゃ困るんだよ。(オゲレツ~)(^^ゞ」

ぴ「あにぃ、それほどまでオレのことを~、およよよよよ~。」


c0236857_07405965.jpg
平均心拍数が160だったって言ったら、それは高過ぎるんじゃないか?って。
久しぶりに強度の高い走りをしたせいかな?って思って、帰宅してから加古川マラソンの記録をみたら、163だった(^^ゞ。
ボクにとってはこれが普通なのかな。
モーニングさんはたしか150台前半だったって言ってたような。
やっぱり心臓に負担のかかる走りなのかなぁ。

c0236857_08141436.png
PTEは5.0。
過剰運動だ~(^^ゞ。
回復時間は120時間、5日間はおとなしくしていよう(^^ゞ。

c0236857_08135126.png
消費カロリーは2074kcal。
モーニングさんは4000kcal近かったから、体重差や計測機器の差を考慮しても、オレって省エネ仕様なのかも。

今回も2個のフラスコに、パワージェル、マルトデキストリン(粉飴、果糖)、BCAA、ここでジョミ、カフェイン入りエナジードリンク、クエン酸等のアミノ酸がたっぷり入ったマズ~い高カロリードリンクを600mlほど入れて走りました。
エネルギー切れでペースダウンしないようにと、早く軽くしたかったので、空腹を感じる前にどんどん飲みました。

ほぼ全ての給水所でスポーツドリンクか水をもらって飲んだけど、食べ物は一切もらいませんでした。
何が置いてあるのかも見なかったな。

残り5kmぐらいからは喉が渇いてきていたけど、残り30分切ってるからもう飲む必要なしと思って、少しでも無駄な時間をかけないように、最後の2ヶ所の給水所では水ももらわずに走りました。

いつものように、金曜日の夜から土曜日の昼までは固形食は食べず、賞味期限が近づいて安売りしていた時にまとめ買いしておいたイオンのドリンクゼリーや、大豆プロテインを牛乳に溶かしたものや、塩を入れたコーンスープや具の無い味噌汁ばかり飲んでいました。

その前後も、できるだけウ〇コの量が減るように、毎日2食食べている玄米ご飯を白米にして、食物繊維が多い野菜を控えて肉を食べて、好きな果物はジュースで飲むようにしました。

イリボーというウ〇コを硬めにして下痢を防ぐ薬ものみました。
そういう涙ぐましい努力の甲斐あって、レース中は一度もトイレに行きたいとも思いませんでした。
良いパターンが確立されつつあります!(^^)!。



下のバナーをどちらか一つ、ポチっとしていただけたらたいへん嬉しいです。
よろしくお願いします。


にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

by piyopiyodesu | 2015-02-26 06:11 | マラソン大会 | Comments(2)  

世界遺産姫路城マラソン参戦記 その2

 前回の続きです。

できればギリギリサブ4じゃなくて、40分切ってやれ!

25kmを過ぎても特別調子がいいって感じはなかったけど、相変わらず腰がちょっと痛いぐらいで脚はしっかり出ていたし、心拍数も160前後で安定していたので、もしも苦しくなったら無理はしないですぐにペースを落として様子を見ることにして、初めて冒険してみようっていう気になった。

無理なく気持ち良く走れる範囲で一気にペースアップしてみた。

4’40台連発(^^ゞ。

あ~、風を切って思い存分走れるって気持ちいい~。
あ~楽しい、嬉しい、幸せだ~(^^ゞ。
ここから先は抜きまくり!
100人抜く間に1、2人に抜かれるかなぁっていうぐらい。
前半とは完全に逆転。

応援がすごかったんですよ!
殆ど途切れることなく、沿道に鈴なりで大きな声をかけて応援してくれるんですよ。
下は親に抱かれた乳幼児から、上は「おばあちゃん、そんな大きな声だしたらお迎えが来るで!」と余計な心配をしてしまうような高齢の方まで、周辺の住民が全員来てくれたんちゃうか!っていうぐらい大勢の方々が、一生懸命に応援してくれました。

いやぁ、熱いわぁ。
姫路城マラソン最高やねぇ。
出場できてホンマに良かった!


それでなくても涙もろいのに、心筋症疑惑の後だから、走りながら何度も何度もウルウルきて涙をこらえるのに困ったよ。
そうだ!涙じゃなく笑顔だ!と思って、泣きそうになったら手を振ってニコニコして、タッチを求めて手を伸ばしてくれている子供達にはできるだけタッチして走るようにしました。

夢前川サイクリングロードでの応援が圧巻だった。

先日バイクでコースの下見をした時に、このサイクリングロードは狭いなって思いました。
30~37km付近だから、この辺りまできたら選手がかなりばらけて、この狭さでも大丈夫なのかな?なんて心配していたのですが、その狭いサイクリングロードの両側にズラリと応援の方々が並んで、まるで舞台の花道のようでした。

2人の選手が横に並んで走っていたら、どの隙間から抜いていこうか?と一瞬迷うぐらいの狭さだったけど、それが選手と応援の方々との間の壁をとっぱらって、一体感を生み出していて却って良かった。

あんまり気持ち良くて、ついついペースが上がってしまって、後でしんどくなっちゃった(^^ゞ。
約30km付近で、臨時漕会のフクちゃんが応援してくれていました。

「ぴよぴよさん頑張れ!」

「おお~、フクちゃん、ありがとう。モーニングさんは?」

臨時漕会のチームメイト、モーニングさんがおそらくボクより前を走っているはずなので、走り過ぎながら聞いてみたら、

「前前。」

ってことだったので、よし、モーニングさんを追うぞ!っていう気になってモチベーションがさらにアップしました。

フクちゃんとはハイタッチして元気をもらいました。
フクちゃん、仕事の合間に応援に来てくれてありがとう!

35km付近で〇に『臨』の字のチームジャージを発見!
自己ベストを目指して懸命に走るモーニングさんに追いついた。

「この調子なら自己ベストいけそうやね、頑張ろう!」

と言って抜きました。

夢前川から離れて、市街地に戻ってきたらゴールの姫路城まではあと約5km。
広い道路を反対車線まで完全に通行止めにして、選手達が独占して走れるのは気持ちよかったけど、さすがに苦しくなってきた。

頭が左に傾いて背中が丸くなるのは疲れがピークに達しつつある証。

こういう時こそ姿勢が大事。

顔を真っ直ぐにして、背筋をしゃんと伸ばして、しっかり腕を振れば、落ちかけていたペースを戻すことができた。

頭をほんのちょっとだけ前に傾けることで、バランスをとるために自然に脚が出るようにして、重心よりも僅かに後ろの地面をポンと蹴るイメージ。
できるだけ筋肉は使わないで、腱の反射で推進力を得るようにすると疲れていてもまだなんとか走れる。

39km  4’35
40km  4’35  最後の力を絞り出すような走り
41km  4’50  あかーん、続かない~、もう限界か
42km  4’45  なんとか少しだけ持ち直した(^^ゞ


c0236857_08143531.png


お城が近づくと、地元の方々以上に大勢の観光客らしき方々が熱い声援を送ってくれました。
白い大天守が見えてきたら疲れも吹き飛ぶようだ。

お堀の横を走り、桜門橋を渡り、大手門をくぐったら、見慣れたお城がででで~んと大きく目に飛び込んできた。

姫路生まれのボクは幼いころから慣れ親しんだ姫路城。(網干生まれだけど(^^ゞ)

最高のゴール地点じゃないか!

三の丸広場を右回りに半周ほどして、お城をバックに感動のフィニッシュ!

大袈裟だなぁと思われるでしょうが、心筋症疑惑の最中、万一のことがあればどの写真を遺影に使ってもらおうか?などと縁起でもないことを考えたこともあったのだ。
できればボクらしく生き生きしている写真がいいな、トライアスロンでフィニッシュした時の写真なんて最高だけど、たいてい苦しそうな表情だったり、帽子を被っていたりサングラスをかけていたりするから、姫路城マラソンや今後のトライアスロン大会のフィニッシュでは、帽子もサングラスもとって、笑顔でフィニッシュしようと決めていました。

関西のローカル放送局、サンテレビで、11~13時まで、フィニッシュ地点の生放送をしていたらしいです。
モーニングさんが、ボクのフィニッシュの瞬間の写真を送ってくれました。

c0236857_08303413.jpg

あ~楽しかった!
つい3日前までは、走っていいものかどうか?自己責任で走るかどうか?ゆっくり走れば大丈夫じゃないか?倒れて迷惑をかけるのはいやだなどと悩んでいたけど、こうやって楽しく完走できて幸せだ~!


c0236857_20225776.jpg
最後はちょっとタレちゃったけど、しっかりネガティブスプリットで自分のペースを守って走り続けることができた。
現状ではこれ以上はないっていうぐらいの会心の走りができたと思う。
前半が1時間54分台だったから、後半は1時間42分台で、後半にしっかりペースを上げることができた。

もしも、もしもだけど、初めからサブ3.5を狙って走っていたりしたら、きっと後半にガクンとペースダウンして、3時間40分どころか、神戸マラソンみたいに4時間も切れなかったのではないか?と思います。

やっぱりそれぐらい体力は落ちていたと思う。

ようやく今にしてペース配分の大切さが身に染みてわかってきたような気がする。

c0236857_20230416.jpg

ストレッチしながらちょっと待っていたら、モーニングさんがフィニッシュしました。
防水の小型カメラを持っていたので(レース中は撮らなかったけど)、二人一緒に撮ってもらいました。
2人は、某兵庫県立T高校の同級生なんですよ(^^ゞ。

モーニングさん、自己ベスト更新おめでと~!

c0236857_08123820.jpg

完走記念メダルをかけてもらいました。
ボランティアで大会に協力してくださった多くの皆さん、ありがとうございました。
おかげで楽しく走ることができました。
c0236857_08125024.jpg


c0236857_08130376.jpg

こんなメダル。

c0236857_08130801.jpg



c0236857_08131400.jpg


フィニッシャータオルも掛けてもらいました。


c0236857_08132022.jpg

やったど~!(^^ゞ

c0236857_08132642.jpg


下のバナーをどちらか一つ、ポチとしていただけたらたいへん嬉しいです。
よろしくお願いします。


にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村


by piyopiyodesu | 2015-02-25 00:09 | マラソン大会 | Comments(6)  

世界遺産姫路城マラソン2015参戦記 その1

 2月22日、記念すべき第1回『世界遺産姫路城マラソン2015』に参加して、無事に、心臓が止まることなく(^^ゞ、完走しました。

天気予報では午前中は曇りで午後から弱雨だったのですが、早朝に起きてみたら既に降っていました。
心筋症疑惑で一時は走れないことも覚悟していたので、雨でも雪でも、たとえ雹が降って雷が鳴っても、走れるだけで幸せだ!と思っていたのですが、やっぱりできるなら晴れが良かったなぁ(^^ゞ。

人間とはなんと身勝手なイキモノなのだろう。
オレだけか(^^ゞ。

できるだけ疲れないように、バスとJRで姫路駅に到着。
手荷物預けの場所まで歩きました。

雨で霞む姫路城。

c0236857_08122569.jpg

応援軍師黒田かんぺいの間寛平さん、兵庫県知事、姫路市長さん方のあいさつの後、9時にフルマラソンがスタートしました。

フルマラソンの参加者は約6000人、1km、1.5km、2km、5kmのファンランの部の参加者が約4000人でした。

スタート前に強まってきた雨は、スタート直前には止んで、走っている間は全く降らず、フィニッシュしてしばらくしてまた降ってきました。

ゴミ袋で作った即席ポンチョを着ていたけど、スタート前には脱ぎ捨てて身軽に走れました。
再び強い雨が降った場合に備えて、百均のレインコートを臨時漕会のチームジャージの背中の内側に入れておきました。
補給ドリンクを入れたフラスコベルトをしっかり締めていたので、背中に入れたレインコートはずり落ちることもなく、全く違和感もなく走れました。
背中に入れる前は胸の所に入れたんですけど、そうするとちょっと胸を圧迫する感じがあって気になったんです。
結局雨が降らなかったから使わなかったんですけど、もし強い雨が降っていたら、レインコートを着ないでずぶ濡れで走るのと、無いよりはマシということで着て走るのと、どっちがいいのかなぁ?

c0236857_08123265.jpg


こんなコースでした。

c0236857_08135920.png

姫路城を背にして、姫路駅に向かってスタート。
号砲後約1分でスタート地点のエアアーチをくぐりました。
A、B、Cの3ブロックが順に並んでいて、ボクはBブロックの前1/4ぐらいの位置にいました。
選手数の割に道路が広かったせいか、エアアーチをくぐった後は混んではいるもののなかなかいいペースで流れていき、スロースタートを決めていたボクには丁度いいかちょっと速いぐらいでした。

c0236857_08140733.png

心筋症疑惑のためにしばらくゆるいトレーニングしかできていないので、一体どれぐらいのペースで走れるんだか?自分でも見当がつきませんでした。

前半突っ込み過ぎて後半走れなくなって、神戸マラソンみたいな苦しい苦しい展開になるのはゴメンだし、フィニッシュした後で、もうちょっとイケタかも?って思うのもイヤだし、できればサブ4では走りたいし・・・・・と言うことで、序盤は無難にサブ4ペースで走り始めてみて、調子をみながら徐々に上げていくことにしました。

ネガティブスプリットでサブ4で走るなら、始めの15kmは5:50ペースだけど、これはちょっと遅過ぎるんちゃうかな、もうちょっと速いペースでもなんとかなるんちゃうかな?と思って、イーブンペースの5:40よりは遅くならないぐらいのペースで走ってみることにしました。

スタート直後の1kmは5’19。
ありゃっ、いきなり速過ぎるがな、こんなペースで走ったらもたへんかもしれへん。
自分では5’40ぐらいで走っているつもりだったけど、周囲のペースに巻き込まれていたのと、通りが広いから遅く感じたんでしょう。

2km 5’30 周囲に惑わされず、どんどん抜かれても気にせず、ペースを落としました。

その後は、だいたい5’24~5’30ぐらいで15kmまで走りました。

もしも赤穂シティハーフマラソンや神戸マラソンみたいに筋肉痛が出るなら10kmまでに出るハズだと警戒していたけど、15km走ってもちょっと腰が痛いぐらいで脚はなんともなかったので、このペースなら最後までいけそうかな?って思いました。

きついってことはないけど、楽チンってこともなく、やっぱり持久力と走力はかなり落ちたなぁって思いながら走っていました。

これぐらいのペースだと、抜かれる抜かれる(>_<)。
数人抜くうちに百人抜かれるかっていうぐらいに抜かれる抜かれる(>_<)。

みんなポジティブスプリットで走っているんだろうか?
一応ボクだって余裕でサブ4が達成できるペースで走っているんだけど、それでもこんなに抜かれるなんて、参加選手のレベルがかなり高いのか?なんて思って、10kmからペースアップしようかって迷ったんだけど、いやいやまだ早い、まだ早いぞ、15kmまではこのペースを維持しようと思っておとなしく抜かれまくっていました(^^ゞ。

c0236857_08142173.png

15kmを過ぎてちょっとペースアップ。
16kmぐらいから上り基調から下り基調に転じたこともあって、気持ち良くペースを上げられました。
だいたい5’10~5’20ぐらい。


c0236857_08142903.png

ハーフポイントで電光掲示板を見たら、1時間55分台でした。
ネットタイムだとおそらく1時間54分台。
この調子で走れれば3時間50分は切れそうだな。
できればギリギリサブ4じゃなくて、40分切ってやれ!
ここで初めて冒険してみようっていう気になった。

続く・・・・・っていうほどたいした内容じゃないんですけど、一応続きます(^^ゞ。

下のバナーをどちらか一つ、ポチとしていただけたらたいへん嬉しいです。
よろしくお願いします。

にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

by piyopiyodesu | 2015-02-23 21:41 | マラソン大会 | Comments(0)  

熱いぜ!世界遺産姫路城マラソン速報~(^^ゞ

 世界遺産姫路城マラソンを無事に完走してきました(^^ゞ。

スタート直前に雨が上がり、走っている間は全く降らず、フィニッシュ後に再び降ってきました!
神がかり的でした(^^ゞ。

いかに日頃の行いが善いか!

どれぐらいのペースで走れるかがわからないので、ゆっくり走り始めてネガティブスプリットで上げていきました。

あ~、心臓の心配をしないで思い切り走れるって素晴らしい!

c0236857_20225776.jpg

c0236857_20230416.jpg
気持ち良く走れました。
詳しくは後日書くつもりです。

下のバナーをどちらか一つ、ポチっとしていただけたらたいへん嬉しいです。
よろしくお願いします。

にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

by piyopiyodesu | 2015-02-22 21:07 | マラソン大会 | Comments(4)  

世界遺産姫路城マラソン2015の受付を済ませました

 仕事を終えて姫路まで行き、明日の世界遺産姫路城マラソンの受付を済ませてきました。

マラソン前日にはできるだけ疲れるようなことはするなと、この本↓に書いてあるので(^^ゞ、受付会場の近くの駐車場までクルマで行き、そこからは積んでいったMTBで行きました。
昨日からは、仕事中にサンダルを止めてマラソンシューズを履いていました(^^ゞ。
今夜からはOS-1を飲んでコーヒーは飲みません(^^ゞ。
明日の朝食はもちろんお餅です(^^ゞ。

会場まではできるだけ歩かなくてもいいようにバスと電車で行きます。


c0236857_17261105.jpg

c0236857_19144248.jpg

c0236857_19144652.jpg
参加記念Tシャツは、前に姫路城のゆるキャラ、しろまる姫とマラソンコース。
Nishiって描いてあるのはなんだろう?
デザイナーの名前?
c0236857_19145111.jpg
後ろにはお城がデザインされていました。

c0236857_19145771.jpg
地元の小学生の応援メッセージカードが入ったお菓子を、一人に一つもらいました。
c0236857_19151344.jpg

c0236857_19150820.jpg
ボクは、一番カロリーが高そうだったこのお菓子↓をいただきました(^^ゞ。
ナニナニ・・・・
「小学生の部に出たかったけど出られなかったので、ぼくの思いを乗せて完走を目指してください。」
と書いてあるぞ。

よっしゃ!
おっちゃんに任しとけ!
引き受けたぞ!

速くは走れないけど、心臓さえ止まらなかったら必ず君の思いを胸に完走するからな(爆)。
心臓が止まっちゃったら勘弁してくれろ(>_<)。

c0236857_19150230.jpg
さて、目標記録はどうしよう?

心筋症騒動の前は、ほぼ順調にトレーニングができていて、とても身体が軽く感じてキレがあり、持病の腰痛も全くなかったのだけど、最近は腰痛がひどい。

2月に入って走った距離は僅か105km(>_<)。
それもゆっくりゆっくり。

ここ数年でこんなに運動をしなかった期間はないな。
疲労は200%抜けているハズ(^^ゞ。
案外ひょいひょい走れたりして・・・・なんて甘くないよなぁ。

一体どれぐらいのタイムで走れるのか自分でも見当がつかない。

サブ4イケルかどうか?

今回は記録は気にせずに、走れることの喜びを味わいながら楽しんで(いつも楽しんでいるけど)、エイドの食べ物ももらって食べながらのんびり走ろうと思います。

一応サブ4のペースで走り始めて、イケそうなら上げて、ダメそうなら下げて、無理しないでいきます。
30kmを過ぎてもちそうならペースアップしてみようかななんて思います。

下のバナーをどちらか一つ、ポチっとしていただけたらたいへん嬉しいです。
応援のポチリをよろしくお願いします。


にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

by piyopiyodesu | 2015-02-21 19:46 | マラソン大会 | Comments(2)  

良い経験になりました

 1月29日木曜日に、初めて加古川東病院を受診しました。
心電図、胸部X線写真を撮った後、担当の先生の診察がありました。

心電図も胸部X線写真も、紹介元の医院でもとっていたので、新しい情報っていうのはなく、紹介元から届いていた心エコー検査の結果を元にしての説明だったので、担当の先生も一般的な説明とか注意事項を述べるぐらいしかできなかったと思います。

印刷して持っていったトレーニング時の心拍グラフをお渡しして、日頃どんな運動をしているかを聞いてもらいました。
マラソンやトライアスロンをしていることも伝えました。

2月22日の姫路城マラソンに出てもいいでしょうか?と尋ねたところ、
もう一人の心臓が専門の年長の先生に電話で相談されて

「出るなとは言えないけれど、神戸マラソンや加古川マラソンよりもAEDの設置数が少ないので、出ない方がいいのではないか・・・・。」

と言われました。

その時点では、心筋の一部が16mm以上に肥大しているという紹介元からの心エコーの検査結果で判断するしかなかったために、歯切れが悪く一般的なことしか言えなかったのだろうと思いますが、AEDが少ないから出ない方がいいとは!オレの心臓はそんなに悪いんか!って不安に思いましたね。

結局その日は新しい検査はせずに、詳しい検査の予約をして帰ったような感じでした。

2月12日の木曜日に、心臓負荷シンチグラフィーという検査をしました。
心電図のST波っていうのは、心筋梗塞が起こる可能性がある変化だそうだから、心筋に血液を送る冠動脈が閉鎖あるいは狭鎖していないかどうかの検査だったようです。
午前に負荷時の検査を受けて一旦帰宅し、午後に安静時の検査を受けました。

検査結果を画像にするのに時間がかかるらしく、その日は結果を聞かずに検査だけで帰りました。

2月19日の木曜日は、午前中に心エコー検査を受けて一旦帰宅し、午後に造影MRI検査を受けました。

その後、1時間ほど待って担当先生の説明がありました。

自分の番号が表示されて診察室に入ったところ、ボクが椅子に座るか座らないうちに

「肥大型心筋症ではないように思いますが、ちょっと気になることがあるので、もう一度だけ心電図をとってきてもらってもいいですか。」

と言われました。

どんより鉛色だった心の中に、ぱーっと明るい日が差したように感じた瞬間でした。

「えっ、そうなんですか!はいはいわかりました。すぐとってもらってきます。」

『心筋症じゃないかもしれない、心筋症じゃないかもしれない・・・・先生は確かにそうおしゃったよな、まさかやっぱり心筋症でした・・・なんてことにはならないだろう?否定するからにはそれだけの確信があるはずだよな、安心させといてやっぱりゴメンなんてことになったら患者は怒るよな・・・・・。』

すぐに心電図をとってもらって、また30分ほど待って診察室に入るまでの間、上の太字部分が繰り返し繰り返し頭の中でリピートされていました。

そして診察室へ、

「肥大型心筋症ではないようですねー。」

よっしゃ~!

一つ一つモニターで検査結果を説明してくださいました。

心臓が収縮した時の心筋は確かにやや厚いけど、拡張期では全く正常範囲である。

エコーで見ると、やや肥大しているように見える部分もあるにはあるが、非対称に肥大しているわけではなく、心筋症とは言えず、肥大か正常かのボーダーぐらいかも。

シンチでは、完全に均一に心筋内に血液が回っているとは言えないが、病的というほどでもない。

心電図でST波が出た原因はよくわからず、もしかしたらトレーニングと関係があるかもしれない。

他の先生方とも検討してみて、何か問題があれば連絡をくださる。

運動を制限する必要はない。

収縮期にやや厚いのは確かだし、ST波のこともあるので、1年に1回よりは、半年に1回ぐらいエコーをとって念のために検査しましょうか。

ということになりました。

今大丈夫でも、今後ずっと大丈夫という保証はないし、肥大型心筋症が始まったばかりで、これから肥大していくのかもしれないという可能性は完全に否定はできないけれど、それは誰にでも起こりうることで、そこまで心配する必要はないので、ひとまず安心しました。


今にして思えば滑稽なほどの狼狽ぶりだったけど、心配だったんですよ。

心筋症について自分なりに調べて思ったことは、ボクは幸いにも心筋症ではなかったけれど、わかっているだけでも1000人に4、5人は肥大型心筋症の人がいて、ボクと同じように悩んだり苦しんだりしているはず。

また、肥大型以外にも拡張型というのがあって、ひどくなると心臓移植しか治療法がないなんてこともあるらしいです。

幼い子供が生まれつきの拡張型心筋症で、国内では移植ができないから募金でお金を集めて、米国で脳死者からの心臓移植を待っているなんていうニュースに接することが時々あるけど、かわいそうだなとか、うちの子は健康で良かったなどと思うぐらいで、自分には関係ない世界のことだと思っていました。

街角で募金を呼び掛けている子供達を偶然見かけることがあれば、赤い羽根とか交通遺児とかに多少の寄付はするようにはしているけれど、わざわざ郵便局なんかに行って、心筋症で治療している〇〇ちゃんへの寄付なんてことはしたことありませんでした。

今後は、そういうニュースに接することがあれば、積極的に何か自分にできることをしようと思います。

医療費の合計は5万円を超えちゃったけど、いろいろなことに気付かせてくれたという点では、いい経験をさせてもらったと思っています。
きっと今後のボクの人生にプラスになるはずだと思っています。


下のバナーをどちらか一つ、ポチっとしていただけたらたいへん嬉しいです。
よろしくお願いします。

にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

by piyopiyodesu | 2015-02-21 08:04 | その他 | Comments(2)  

ご心配をおかけして申し訳ありませんでした 

 今回の心筋症騒動では、大勢の方々にご迷惑と心配をお掛けして、たいへん申し訳ありませんでした。

一時は、もう二度とトライアスロンやマラソン大会に出場できないかもしれないと覚悟を決めていましたが、19日に全ての検査結果が出て、担当の先生から心筋症ではないので今までどおりに運動を続けても何ら問題はないと説明していただきました。

ほっとしています。
ほっと・・・・なんて言葉では表せません。
全身の力が抜けました。
あ~、良かった!

今後は、健康でやりたいことができる幸せに感謝しながら、今まで以上に真面目に真摯に全てのことに取り組んでいきたいと改めて思いました。

この一ヶ月ほどの間、あれこれと余計なことを考えて随分悩みました。
いやなことは早く忘れてしまいたい気持ちもありますが、書きとめておいて時々読み返すことで、謙虚な気持ちを忘れないようにしたいと思います。


 昨年の12月に、生命保険を見直すことになり、新規契約するために心電図検査を受けたところ、ST波とかT波と呼ばれる異常がみつかり、契約できませんでした。

ちょっと気になったので、1月23日に、親しくしていただいている心臓が専門だった先生の医院で診ていただきました。
心電図、踏み台昇降運動をした後の負荷心電図、胸部X線写真、心臓エコー検査をしていただいたところ、心電図でやはりST波が出ていて、エコー検査では部分的に心筋が16mm以上に肥大していることがわかりました。
正常な心筋の厚さは12mm程度だそうです。

深刻な表情で

「4年前の心電図では何の問題もなかったのに、わずか4年の間にこんなに誰が見ても明らかな変化が起きてしまっていますね。私が激しい運動を控えるように言ってもきかないでしょうから、他の先生の意見も聞いてみることにしましょうか。」

と言われ、加古川東市民病院を紹介していただきました。

心筋肥大したJリーガーも見てきたけど、彼らは職業だから運動を止めるわけにいかないので、厳正な管理の下で運動を続けている選手もいるなどと言われて、それまでは大したことないと軽く考えていたのですが、けっこう悪いのかも・・・・・と思うようになりました。

山登りのパートナーであるNさんも心臓が専門だったお医者さんなので、相談したところ、スポーツ心臓で16mmにも肥大することはないと言われました。
スポーツ心臓なら、激しい運動を控えれば肥大は元に戻るらしいので、そうであれば・・・・・と思っていましたが、やっぱり肥大型心筋症で、しかもかなり進行しているのかと感じました。

Nさんには山登りの時やその行き帰りのクルマで、よく健康相談するのですが、たいてい楽天的な意見を言ってくれるので、いつものような楽天的なことを言って笑い飛ばしてくれるのではないかと期待していたのですが、ますます心配になってしまいました。

ネットで調べると、血液の流れを阻害しないような部分が肥大すると、全く自覚症状がないまま進行して、たまたま心電図検査で見つかることもあるとか、運動中の突然死の可能性が高いとか、肥大するにつれて心筋が硬くなって心機能が低下して、突然死しなくてもいずれ心不全で亡くなるとか、恐ろしいことがたくさん書いてありました。

もうトライアスロンもマラソンも、サイクリングも山登りも、心臓に負担になるようなことはできないのかもしれない、おとなしく生きていかないといけないのか?だけど、そんな人生に意味があるのか?人生は長さじゃなく中身じゃないのか?好きなこともできない我慢の人生でいいのか?太く短い人生でもいいじゃないか、だけど、まだ死にたくない、せめてかわいい孫を抱くぐらいのことはしたい、こんな体でトライアスロンやマラソンの大会に出て、万一のことがあれば、関係者をはじめ多くの方々に迷惑を掛けることになるだろう、自己満足のためにそんなことになってもいいのか?子供達は悲しむだろうな、子供達のためにも危険なことはしないで、生きることに頑張るのもいいじゃないか・・・・・・。

いろいろ考えては悩み、悩んでは考えて、悶々とした日々でした。

でもよく考えたらオレは幸せだよなぁ。
これが1年前だったら、憧れのロングトライアスロンに出られないまま諦めるしかなかったかもしれないところが、3大会に出場して素晴らしい思い出ができたじゃないか、この思い出を心の拠り所にして残りの人生をおとなしく生きるっていうのも悪くないんじゃないか、たまたま保険を見直したことで病気が見つかったけど、もし見つかってなければトレーニングを続けていていずれ突然死していたかもしれない、死ぬ前に見つかって良かったんじゃないか、でも、できればあと1年、悔いが残らないようにやりたいようにやって、それで引退するってことでもいいんじゃないか、そう簡単には死なないんじゃないか、この1年で死んでしまったらそれはそれでしょうがないじゃないか、宮古島で10時間を切りたかったなぁ、バラモンキングで12時間を切れなかったのは心残りだよなぁ、マラソンでサブ3を諦めたくないようなぁ、バカだなぁ、何言ってるんだよ、天秤に乗ってるのは命だよ命!トライアスロンやマラソンと比較になるもんか!命が大事に決まってるやないか、命あっての生き甲斐だろう、死んじゃったら終わりだよ終わり・・・・・・。

もう、頭の中でグルグルグルグルいろんな考えが次々と駆け巡って、全くまとまらず、支離滅裂なまま不安な毎日を過ごしていました。
義父のお葬式が重なったこともあって、これ以上ないぐらいに落ち込んでいました。

それでも、もしかしたら案外まだ病気の程度が軽くて、ゆっくり走るぐらいなら大丈夫なんじゃないか?ショートトライアスロンは心拍数が上がりっぱなしで危険かもしれないけど、ロングで記録を狙わず完走目的で出るなら心拍数はそんなに上がらないし、イケルんじゃないか?と思って、心拍数が140を大きく超えない程度のゆる~い運動だけは細々と続けていました。

心拍140縛りでも、サブ4は無理でも4.5ぐらいなら走れるんじゃないか?自己ベストを追い求めるだけがマラソンの楽しみ方じゃないやろ、ゆっくりのんびりでも走れないよりはずっといいじゃないか、などと考えて、姫路城マラソンの下見にも行きました。

健康を維持増進させる効果があると言われている運動レベルは、心拍数が110とか120ぐらいなんですよね。
心拍140っていうのは自分にとってはゆる~い運動でも、一般的にみれば心臓にそれなりの負荷がかかっている運動なんだろうな、でも110なんて言ってたら歩くぐらいしかできひんやん。

見かけによらずビビリ屋なものだから、人気の少ない場所や救急車が入ってこれないような場所で倒れて手遅れになるのは避けたいと思い、すぐに発見されて救急車を呼んでもらえそうなそこそこ交通量がある車道とか、車道横の歩道を選んで走っていました。

職場にもAEDを買って設置しました(^^ゞ。

そんなに心配なら走らずにおとなしくしてりゃあいいのに、姫路城マラソンや、トライアスロンへの未練を捨て切れずにいたんです。

そんなある日、臨時漕会のコギコギさんとバイソンさんが、相生から小野のボクの職場まで、こんなお土産を持ってバイクで励ましにきてくれました。
これは嬉しかったなぁ。
泣きそうになるぐらい嬉しいサプライズでした!
コギコギさん、バイソンさん、ありがとうございました。
c0236857_17152748.jpg

続きます。

下のバナーをどちらか一つ、ポチっとしていただけたらたいへん嬉しいです。
よろしくお願いします。


にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

by piyopiyodesu | 2015-02-20 10:27 | その他 | Comments(6)  

ボクの心臓は健康でした!

 肥大型心筋症の疑いがあるということで、12日と今日、市民病院で詳しい検査を受けて、その結果がわかりました。

肥大型心筋症ではありませんでした。
今までどおりに運動を続けても問題ないそうです。


詳しいことは改めて書かせていただきますが、心配してくださっている方もいらっしゃると思うので、早く安心していただきたくて、とり急ぎお知らせさせていただきます。

心配していただいて、ありがとうございました。
心配をおかけしてすみませんでした。

よかった。
本当によかった。





by piyopiyodesu | 2015-02-19 18:49 | その他 | Comments(10)