<   2014年 12月 ( 21 )   > この月の画像一覧

 

写真で思い出す2014年のレースシーン  

 2014年はトライアスロンデビューした昨年以上の激動の年でした。
思い出のシーンを写真で振り返ってみます(^^ゞ。

 2月23日、岡山県総社吉備路マラソン
学校のマラソン大会を除けば人生初のマラソン大会だった。
サブ200(3時間20分)を目標に懸命に走ったが、3時間34分で撃沈。
アップダウンが激しいなかなかきついコースだったが、初マラソンを楽しんだ。
c0236857_21570830.jpg

 4月20日、沖縄県全日本トライアスロン宮古島大会
ショートディスタンストライアスロンを3大会経験して臨んだ、人生初のロングトライアスロン。
最高の大会だったので写真が多い(^^ゞ。

c0236857_06595577.jpg



c0236857_18533235.jpg
c0236857_22103701.jpg


c0236857_22104380.jpg
c0236857_18540743.jpg
c0236857_18541502.jpg
c0236857_18543588.jpg

c0236857_18544584.jpg
c0236857_18545403.jpg

c0236857_22054327.jpg

c0236857_22053710.jpg

 6月15日、長崎県五島長崎国際トライアスロン大会、バラモンキング。
初のアイアンマンディスタンスに果敢に挑戦したが、走り込み不足が祟ってランで失速。
ほろ苦い結果に終わったが、素晴らしい経験ができた最高の大会だった。

c0236857_12045001.jpg
c0236857_12045614.jpg

c0236857_12050287.jpg

 7月20日、徳島県ひわさうみがめトライアスロン大会
2013年にトライアスロンデビューを飾った記念すべき大会。
初めての2度目の出場の大会だった。
僅かながら前年の記録を上回ることができてほっとしたのだ。

c0236857_15125716.jpg

c0236857_20422238.jpg
c0236857_08311248.jpg
c0236857_08312823.jpg

c0236857_20423610.jpg

 8月24日、アイアンマン北海道洞爺湖大会
スイムで大きく出遅れてどうなることかと不安に思ったが、バイクとランで490人抜いて204位でフィニッシュ!
バラモンキングで目標に掲げながら達成できなかった、ランでサブ4、トータルでサブ12をギリギリながら達成できた。
記憶に残る素晴らしい大会だった。

c0236857_07480403.jpg

c0236857_23282863.jpg


c0236857_23280523.jpg

c0236857_23303390.jpg
c0236857_23301281.jpg

c0236857_07481704.jpg
c0236857_23313768.jpg


c0236857_23322344.jpg

c0236857_23333106.jpg
c0236857_23380713.jpg



c0236857_07483210.jpg

 9月28日、兵庫県グリーンパークトライアスロンin加西大会
2013年に続いて2度目の参加。
前年記録を約6分短縮できてメデタシメデタシ(^^ゞ。
c0236857_07483058.jpg

c0236857_07485595.jpg

c0236857_07491252.jpg

c0236857_07501384.jpg

c0236857_07503425.jpg
 11月9日、兵庫県赤穂シティハーフマラソン大会
走り始めて僅か3kmほどで縫工筋付近に痛みが出始め、全く走れなくなり6kmで棄権。
原因不明の痛みに不安になった。
準備運動不足が原因と結論付けたが、どうやらそうではなかったようだ。
c0236857_20011345.jpg
 11月23日、兵庫県神戸マラソン大会
自分なりにしっかりトレーニングを積んで、サブ3.5はほぼ間違いないと自信を持って臨んだが、サブ4さえも達成できず。
悪い意味で記憶に残る大会になった。

c0236857_14193512.jpg
c0236857_14194677.jpg

12月23日、兵庫県加古川マラソン大会
赤穂シティハーフマラソンと神戸マラソンでの失敗を繰り返さないため、直前1週間のトレーニングをほぼ休んで、しっかり疲労を抜いて臨んだ大会。
ペース配分に反省点はあったが、やっと満足できる結果が残せた。
c0236857_22103384.jpg


c0236857_16382929.jpg
c0236857_19055882.jpg
こうやって思い出してみると、素晴らしい大会の数々だったと改めて思う。
なんと幸せな1年間だったことかと思う。

ボランティアや、大会関係者や競い合った選手の皆さんに、あらためてお礼を申し上げます。
ありがとうございました。

来年も今年以上に頑張って楽しんでいい思い出を作りたいと思います。
どうぞよろしくお願いします。

下のバナーをポチっとしていただけたら、たいへん嬉しいです。
よろしくお願いします。


にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

by piyopiyodesu | 2014-12-31 18:38 | その他 | Comments(0)  

加古川マラソン奮戦記 その2

 前回の続きです。

21km 4:42  ←適正ペース
22km 4:38  ←オーバーペース
23km 4:42  ←適正ペース
24km 4:34  ←オーバーペース
25km 4:27  ←かなりオーバーペース

↓ペースが安定している割に、心拍数はけっこう上下しています。
と言っても、164~170の間に収まっているので、大きな変化量ではないと考えていいのかな?
やっぱり給水の度に瞬間的にペースが落ちているな。
紙コップの縁を折って飲みやすくしても、走りながらは飲みにくいもんだから、こぼれないようについついペースを落として上下動の少ないヒタヒタ走りになっちゃうせいですね。

次は、紙コップをもらったらすぐにフラスコに移して、フラスコから飲むようにしてみようかな。
フラスコのキャップを開けたり閉めたりが面倒だけど、飲みやすさで言えば断然フラスコの方が飲みやすいもんね。
蓋を落としたりしてね(^^ゞ。

c0236857_07440327.png

23kmを過ぎて、南端の高砂で折り返すと、向かい風から追い風に変わったこともあって、さらにペースを上げました。
ちょっと速いかなぁって思ったけど、無理している感じはなくて、まだ余裕があったんです。
この調子なら、東岸に戻って残り8kmぐらいは4分前半で走れそうだと思っていました。
だけど、世の中そうそう甘くはないんですよね(>_<)。

26km 4:32  ←オーバーペース
27km 4:33  ←オーバーペース
28km 4:35  ←オーバーペース
29km 4:33  ←オーバーペース
30km 4:34  ←オーバーペース

31km 4:37  ←適正ペース
32km 4:38  ←適正ペース

なかなか良い調子で心拍数も安定しているし、楽チンではないけれど無理をしているっていう感じは全くなくて、やや頑張ってるけど気持ち良く走れている感じでした。

娘達は、いくら待ってもボクが来ないもんだから

「また脚が痛くなって棄権したんじゃないの~?」

などと言ってたそうですが、折り返して戻ってくるまで、一旦帰らずに待っててくれました。

そして32km地点付近で撮ってくれた写真がこれです(^^ゞ。
この辺はまだまだ余裕のヨッチャンだったのになぁ。
c0236857_22095742.jpg

c0236857_22100588.jpg

c0236857_22103384.jpg

c0236857_22104003.jpg
キャメルバックのフラスコベルトに補給ドリンクを入れて走りました。
たくさん入れると重くなるので、2個で500mlぐらい。

一つには、パワージェルx4+BCAA+クエン酸+水
もう一つには、ここでジョミx3+ウィグルで買ったハイカロリードリンク(カフェイン入り)+BCAA+クエン酸

どっちもひどい味でマラソン大会でなければ絶対飲めないぐらい不味かったけど、これは薬だ薬、良薬は口に苦いのがアタリマエダ!と思って、給水所が近づいたら一口飲んで給水所でもらったポカリスウェットで口直しをするっていう感じで走ってました(^^ゞ。

空腹を感じなくても早く飲んで軽くしようと思って早め早めに飲んでいたら、30kmぐらいで両方とも飲み切ってしまったので、残り9kmで失速したのはこれらマズイ薬の効果が切れたせいもあるかもしれません。
そんなことはないかな?

BCAAは徐々に血中濃度は下がるけど、ガクンと急に下がるわけじゃないもんね。
ここでジョミは使い始めて日が浅くて効果のほどはまだよくわからないんだけど、あと2本ぐらい多くても良かったかも。

加古川大堰を渡って東岸に戻ったら、残りは約7km。

そこからは1km4分40秒以下で走る予定だったのに、東岸に戻った途端、一気に脚(特に大腿四頭筋)の疲労感が増してきた。

急にきましたね。
さっきまで調子良く走れていたのに、ちょっと疲れてきたかなぁって気がし始めたら急に疲労感が増してきた。

徐々に徐々に足が出なくなってペースダウン(^^ゞ。

毎度のことながら、走っている最中のボクは計算能力が幼稚園児並になるので、フィニッシュタイムの予測というのが全くできません(^^ゞ。

まあ4分台で走っていればサブ3.5は間違いないだろう?と思ったけど、歩いちゃったり6分なんてかかっちゃうとマズイかも・・・・ぐらいのことしか考えられませんでした。

足が出ないから腕をしっかり振って少しでもペースが維持できるようにジタバタしてみた。

この辺の距離になると、周囲の選手たちもみ~んな疲れてペースダウンしているので、ボクのこんなペースでも抜かれることは殆どなくて、どんどん抜いていったけど、一人だけ後姿が逞しいランニングシャツの男性選手に抜かれた。

よし、あの選手になんとか付いて行こう!と思ったけど、ぜ~んぜん付いていけなかった(>_<)。

クソ~、あともう数kmやん!もうちょっとやん!頑張れよオレ!

神戸マラソンの悔しさを思い出せ!

神戸マラソンは、自分としては完璧に近い状態に仕上げて、サブ3.5はよほどの想定外のことでも起きない限り、十分達成可能だと絶対の自信を持って臨んだのだけど、あんな結果になってしまった。

棒のようになってしまった脚で、後半の20kmを走り続けたあの絶望感を思い出せ!

一反木綿や、ガチャピンや(ガチャピンはスポーツ万能だけど(^^ゞ)、セーラー服男に抜かれた悔しさを忘れるな!

そう思って頑張ったよ~。
ドタバタドタバタ全身で懸命に走っているつもりなんだけど、5分を超えちゃった(>_<)。

ペースは戻せなかったけど、なんとか耐えて耐えてフィニッシュすることができました。

33km 4:36  ←適正ペース
34km 4:47  ←アンダーペース(>_<)
35km 4:44  ←アンダーペース(>_<)
36km 4:45  ←アンダーペース(>_<)
37km 4:44  ←アンダーペース(>_<)
38km 4:49  ←アンダーペース(>_<) 
39km 4:59  ←ヘロヘロペース(^^ゞ
40km 5:03  ←ヘロヘロペース(^^ゞ 
41km 5:00  ←ヘロヘロペース(^^ゞ
42km 4:53  ←スパートになってないけど気持ちだけはスパート(>_<)

↓心拍数もガタ落ちで、心肺的には余裕余裕なんだけど、脚が出ないのでどうしようもない(>_<)。

c0236857_07441005.png
c0236857_22244597.png
フィニッシュラインを超えて数秒後にアンビットのスイッチを押した。
3時間20分11秒だった。

お~、サブ3.5やったな。

3時間20分(200分)を切ることを、普通はそんな言い方しないのでしょうが、言いやすいので、ボクはサブ200と呼んでいます。

初マラソン大会だった2月の総社吉備路マラソンでは、サブ3.5を跳ばしてサブ200を目標に走ったけど全然ダメでした。
加古川マラソンではまだサブ200は無理だと思っていたのだけど、アンビットの記録を見て、もしかしたらイケたんじゃねえか?って期待しました。

フィニッシャータオルとポカリスェットをもらって、荷物を受け取って完走証をもらいに行きました。


官兵衛くん(姫路出身)と光姫(てるひめちゃん、官兵衛の奥方で加古川出身)の絵が描いてあるファイルに入った完走証を受け取ったら、3時間20分21秒の数字が目に入った。

c0236857_07443714.jpg

あ~、惜しいところでサブ200はアカンかったのかぁって思いながら、ファイルから出して見たら、かんべえくんとてるひめちゃんの絵で隠れて見えなかったネットタイムも印刷してあるのに気付いた。

3時間19分57秒!

これを見た瞬間、ホントに見た瞬間に、涙がどばどばっと溢れた。

フィニッシャータオルを目にあてるのも間に合わなくて、瞬間的に大粒の涙がボロボロっと地面に落ちた。
オレの身体ってなんてレスポンスがいいんだなんて思いながらタオルで顔を覆って泣いてしまった。

大袈裟だけど、赤穂ハーフマラソン、神戸マラソンと2大会連続で不甲斐ない結果に終わってしまって精神的にきつかったのだ。

長い長い真っ暗なトンネルからやっと抜け出せたような気がしました。

良かった、本当に良かった、結果が残せて本当に本当に良かった。

c0236857_22243358.png

大怪我から復帰リハビリ中のあにぃもサブ4で無事に完走されました。
ヒグカツさんも3時間23分台の自己ベスト記録で見事に完走されました。

あにぃと二人で200円のうどんを食べた後、加古川駅近くの千代の湯まで移動して風呂に入り、王将で忘年会兼反省会をしました。

いろいろおしゃべりして、ふと会話が途切れた時に、テーブルの隅に置いた完走証のネットタイムが目に入る度に、

「あ~良かったぁ~。」

と言っては涙を拭くボクに、

「ホンマによー泣くやっちゃなぁ。」

ってあにぃは言うんだけど、出るもんしょうがないのだ。
涙は心の汗なのだ、たっぷり流してみようよなのだ (^^ゞ。

49歳だけど青春真っ只中なのだ~。
マラソン大会一つでこんなに悲しんだり喜んだり泣いたり笑ったりできるなんて、なんともお得な性格ではないかいな~(^^ゞ。

他の客から見たら、別れ話を切り出されて泣いているモーホーか?と思われたかもしれません(爆)。

あにぃ(名前もピッタシ(^^ゞ):「好きな男ができた、お前とは別れる。」

ぴ:「えっ、あにぃ、オレは別れたくないよ、考え直してくれよ。」

あ:「もう決めたことだ。お前は○○がゆる過ぎるんだよ!」お下品~(>_<)。

ぴ:「イリボーのむからさぁ。」(イリボーをのんでも締まりは良くなりません、便が硬くなるだけです(^^ゞ)


走り慣れて熟知したコース、アップダウンが殆どない、例年に比べれば風が弱かった等、多くの好条件によってもたらされた出来過ぎのマグレの記録ではあるけれど、記録は記録(^^ゞ

よっしゃ~、やったど~!
ペース配分を計画通りに走っていれば、最後の落ち込みは避けられたのかもしれないけど、それは今だから言えることで、中盤をもう少し抑え気味に走っていたとしても、最後はペースダウンしていたかもしれないし、難しいところですね。

青字で書いた落ち込み部分を最初に持ってくれば、ほぼ計画通りのペース配分になるではないか(爆)。


次は2月22日の世界遺産姫路城マラソン2015です。←これが正式名称なんです(^^ゞ。
ここで自分なりの好記録を残せて初めて、今回の記録がホンモノだと言えるのだと思っています。

トンネルに逆戻りなんて勘弁してほしいのだ。
なんとなく自分に合った調整のやり方がわかったような気がするので、しっかりトレーニングして、きっちり調整してサブ195を目指します!

下のバナーをポチっとしていただけたら、たいへん嬉しいです。
よろしくお願いします。


にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

by piyopiyodesu | 2014-12-29 08:13 | マラソン大会 | Comments(8)  

加古川マラソン奮戦記 その1

 12月23日の天皇誕生日、遂に加古川マラソンの日がやってきました。

この日のために、21日の夕食から22日の昼食までの3食は、固形食を食べませんでした。
ご近所さんでトライアスロンの大先輩であるあにぃから、赤穂ハーフマラソンと神戸マラソンで脚の筋肉が痛くなったのは、ドリンクゼリーばかり食べていたせいで塩分やミネラルが足らなかったせいじゃないか?と指摘されたので、固形食を抜いている間はコーンスープに塩を入れたり、赤穂ハーフマラソンの参加賞に入っていたマグネシウム粉末を摂ったり、プロテインを牛乳と果物ジュースに溶かして飲む際も塩を混ぜて飲みました。

不味かった(>_<)。

それから、知り合いのお医者さんに相談してイリボーという薬を出してもらいました。
イノシシの子供は?
それはウリボー(^^ゞ。

し~ん(>_<)。

これは下痢がちな男性用の下痢止めの薬です。
効果が欲しい日の前夜と当日朝の2回のむことになっています。

ボクは多便には違いないけどゲーリーっていうわけじゃないんだけど、柔らかいことは柔らかい(^^ゞので、試しに飲んでみました。

いきなりレース時に使うのは不安なので、マラソン大会の数日前に試してみました。
前夜にのんだ次の日は確かに便が固くなって、したい!と思ってからもせずに我慢できたし、回数も減ったようでした。

今回、前夜とマラソン大会の朝にものんだところ、固形食を3食抜いた効果もあったのでしょうが、走っている最中に一度もトイレに行かずに済みました!

これはいい!

今後のロングディスタンスのトライアスロンもフルマラソンも、3食固形食抜きとこの薬で乗り切っていけるのではないかと思います。

もしも、ボクと同様の悩みでお困りの方がいらっしゃったら、イリボーを試してみてはいかがでしょうか?
薬の名前を忘れたらウリボーで思い出してください。
上のダジャレにはそういう気遣いがあったのだ!
気付かなかったでしょ?(爆)
これは男性専用のお薬です。


さて、5時半に起きてすぐに朝食を食べてすぐに大ちゃんが出ていくようにしました。

大会会場まではMTBでマラソンコースを走って行きました。
加古川市の職員らしき方達や、ボランティアと思われる方達が給水所の準備をしていました。

8時半までには会場に着いて、上着を脱いでリュックに入れて、寒かったのでゴミ袋で作った即席ポンチョを着て、荷物を預けました。

何度かトイレに行ったけど、おしっこがちょっと出ただけで大ちゃんは出ませんでした(^^ゞ。
大丈夫大丈夫、固形食抜きもしたし、薬ものんだし、家でしっかり絞り出して来たし、大ちゃんはもう出ないよ。
それでももしもしたくなったら、その時は手遅れになる前に早めにトイレに入ってさっさと出しちゃおう。
そしてまた走り出せばいいじゃないか。

いくら心配してもキリがないので、こんな風に自分に言い聞かせていました。

スタートエリアには、前から順に陸連登録選手、一般の2時間台の選手、3時間台の選手、4時間以上の選手が並ぶようになっていました。
スタート直後からできるだけマイペースで走れるように、3時間台の前から3列目ぐらいに早めに並びました。

9:35に陸連登録選手がスタートして、その10分後に一般選手のスタートです。
5分前に即席ポンチョを脱いで、スタッフの方に処分をお願いしました。

9:45、何の合図も音も号砲も聞こえなかったけど、2時間台の選手が動き始めて間もなく、我々も動き始めました。

密集はしているけれど、スタート直後からそこそこのスピードで順調に流れて、ボクにとってはちょうどいいぐらいのペースでした。

1km 4:55  ←適正ペース

やっぱり前の方からスタートして正解だったな。

目標は神戸マラソンで達成できなかったサブ3.5です。

始めの15kmは4分50秒台で、次の15kmは4分40秒台で、30kmを過ぎたら、その時の調子によるけど、残りの12kmを持続可能なできうる限りのペースで走ってやろうと思っていました。
この計画通りのペースで走ることができれば、サブ3.5は余裕で達成できるはずです。

まずは加古川の東岸を北上しました。
c0236857_08120838.png
2km  4:52  ←適正ペース
3km  4:47  ←オーバーペース
4km  4:45  ←オーバーペース
5km  4:50  ←適正ペース

アンビットが示すリアルタイム(リアルタイムではないんだけど)のペースは、全く信用ならない数値が表示されることが多いです。
どう考えても4分台で走っているのに、6分台だったりするので、1km毎に表示される実測のラップタイムを見て、微調整をしながら走りました。

もしも赤穂ハーフマラソンや神戸マラソンみたいに予期せぬ筋肉痛が起きるなら、ボチボチ痛くなる頃だよなぁ。
ちょっとビビりながら、だけど今日は絶対大丈夫と思いながら距離を伸ばしていきました。

この日はどこも痛くなることなく、調子よく走れました。
これぐらいのペースだと余裕余裕(^^ゞ。

サブ3.5のペースとしては決して遅くはないんですけど、こんなペースだと抜かれる抜かれる。
スピード差は大したことないんだけど、じわじわじわじわ抜かれてばかりでした。

サブ3.5で走る選手がそんなに多いとも思えないんだけど、みんな結構いいペースで走るなぁ、ちょっとオーバーペースなんじゃないのかなぁって、余計なお世話だけどそんな風に思いつつも、つられてペースを上げ過ぎないように1km毎のラップをチェックして冷静に走りました。

アンビットのラップタイムをチェックし損ねた時は、40秒台のややオーバーペースになってますね。

6km  4:53  ←適正ペース
7km  4:55  ←適正ペース
8km  4:47  ←オーバーペース
9km  4:48  ←オーバーペース
10km 4:45  ←オーバーペース

↓0~10kmまでのペース(オレンジ色)と心拍数(白線)です。
どちらもほぼ安定していますが、ペースが2ヶ所瞬間的に落ちているのは、給水所で紙コップのポカリスウェットをもらって飲んだ時ですね。
c0236857_07435296.png

加古川大堰の下を通過して、JR加古川線の鉄橋下を通って10km過ぎの最初の折り返し。
南からの風だったので、北上するうちは殆ど無風に感じて日が照っていたこともあってちょっと暑いぐらいだったのが、折り返してみたら向かい風が吹いていて汗が冷えてちょっとヒンヤリしました。

折り返して間もなく、臨時漕会のチームジャージを着た高校の同級生のモーニングさんと擦れ違いました。
ボクも注意して探していたんだけど、声を掛けられるまで全然気が付きませんでした(^^ゞ。

ボクの2列後ろからスタートしたはずのバイク仲間のヒグカツさんが、常に視界内にいました。
彼もボクと同じサブ3.5が目標だと聞いていたので、彼も前半は飛ばし過ぎないように冷静なペース配分を守っているなと思って、付かず離れず走れていることに安心感を覚えていました。

折り返した後、偶然並んだので、
「みんな結構いいペースで抜いていくよね。」

って話しかけたら、

「そうですね。けっこう速いですね。」

っていう返事だったので、彼も周囲のランナーはオーバーペース気味だと感じていたのかな。

11km 4:39  ←かなりオーバーペース
12km 4:46  ←オーバーペース
13km 4:45  ←オーバーペース
14km 4:44  ←オーバーペース
15km 4:38  ←かなりオーバーペース

再び加古川大堰の下をくぐった後、堰を渡って西岸へ移りました。

15km地点まであと1kmぐらいです。

我が家から最も近いのが15km地点を少し過ぎた辺りで、二人の娘に応援がてら写真を撮ってくれるように頼んでおいたので、娘達に会えるのを楽しみに走っていたんです。
毎日顔を合わせているんですけど、マラソン大会でボクがナンバーカードを着けて走っているところを見せられる機会なんて、そうそうないですからね。

ウチからクルマで30分ぐらいの加西トライアスロンの時も、タクシー使って応援に来るか?って聞いたけど、

「塾があるから行かな~い、暑いし・・・・。」

だったんですよ(>_<)。

まあこれが普通かな。
完熟マンゴーさんのお嬢ちゃんみたいに遠くまで付いてきてくれるなんて幸せなことですよね~(^^ゞ。


大勢走ってきたらどこに父ちゃんがいるのかわからないかもしれないって心配するので、大丈夫、父ちゃんの方から声を掛けて手を振るからすぐにわかるよって言っておいたんです。

決めておいた土手の階段の上に、それらしき二人が見えたので、「おーいおーい。」と声を掛けながら、反対の走路にはみ出すぐらいにして手を振ったのに反応がない(^^ゞ。

度付きのサングラスをかけていても遠くはぼやけて見えるので、相変わらず「おーいおーい。」と手を振りながら近づいていったら、全然知らない二人でした(爆)。

1km5分で計算して9:45スタートだから11時ぐらいに通過すると予想していたのだけど、それよりちょっと早く通過したせいで娘達が間に合わなかったらしい。

ちょっとぐらい早目に着いて待っててくれるって思ったのになぁ(>_<)。

計算してみたら、たしかに予定より3分ちょっと早く通過しちゃったんだけど、オレは電車じゃないんだから、そんな定刻通りにゃ走れねーっつうの(^^ゞ。

がっかりしたけど気を取り直して予定通りにペースアップしました。


16km 4:42  ←適正ペース
17km 4:42  ←適正ペース
18km 4:38  ←オーバーペース 
19km 4:35  ←オーバーペース
20km 4:37  ←オーバーペース

↓10~20kmまでのペース(オレンジ色)と心拍数(白線)です。
16km前後で心拍数が下がっているのはなぜか?わかりません(^^ゞ。
何かあったかなぁ?
何もなかったような。
娘達を探してキョロキョロしたけど、ペースは落ちてないのになぁ。

給水所で紙コップをとることに徐々に慣れてきて、できるだけ前の人と重ならないように、手前でとったり奥でとったりしてペースを落とさずにとれるようになってきました。

c0236857_07435869.png
加古川マラソンのコースがホームコースと言っても、本当にしょっちゅう走っているのは、14km~33kmの加古川の西岸のコースで、東岸のコースはたまに走る程度なんですね、だから走り慣れて熟知した西岸のコースを走っていると、すごく調子が良かったせいもあるけどなんだか嬉しくなっちゃって、ついついペースが予定以上に速くなってしまいました。

ちょっと速いな、でもまぁ無理しているわけじゃないし、気持ち良く走れているしな、今日はこのまま最後までいいペースを維持していけそうだなって思っちゃったんですよね~。

この辺は反省の余地ありだな。

続く・・・・・(^^ゞ。

下のバナーをポチっとしていただけたら、たいへん嬉しいです。
よろしくお願いします。

にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

by piyopiyodesu | 2014-12-27 20:23 | マラソン大会 | Comments(0)  

ゴミ拾いと牡蠣で健康増進(^^ゞ

 23日の加古川マラソンの後、大腿四頭筋の筋肉痛が酷くて、翌日は一歩歩く毎に誰かに膝カックンされているような感じで、踏ん張りが効かない状態でした。

翌々日、25日は仕事が休みで筋肉痛もかなりマシになったけれど、まだまだトレーニング再開には早いので、近所のしょっちゅうランニングする道や河川敷のゴミ拾いをしました。

マラソンのことを書くのかと思ったら、な~んだゴミ拾いのことかぁ(>_<)って思われるでしょうが、SUUNTOのサーバーがダウンしているそうで、アンビット2SのデータがPCで見られない状態が続いているんです。
端末では見られるんですけどね。

SUUNTOではこういうことが時々あります。
ありますが、たいてい翌日には復旧するんですけど、今回は長いです。
25日に電話してみたら、復旧は27日の土曜日か週明けになるかもしれないと言ってました。

あかんなぁ~SUUNTO。
せっかくのマラソンのデータを早く見たいのに、何日待たせる気や!
ガーミンではこういうことはないらしいですね。
ガーミン910を買おうかなぁ(^^ゞ。

と言う事情があってゴミ拾いネタです(爆)。

ランニングしている最中にゴミが目に付くとイヤなんですよね。
山歩きでゴミを見付けたらたいてい拾うので、イヤなら拾えばいいことなんだけど走っている最中は拾えないですよね。

マラソン大会の後はしばらく走れない(走らない)から、その時に拾おうって決めていたんです。

数で言うと98%ぐらいはタバコの吸い殻でしたね。
紙の部分と葉っぱはすぐに朽ち果ててもフィルター部分は残るんですよね。
やがてフィルターを包む紙が朽ち果てても、化繊のフィルターだけは何年も何年も汚く残るんですよね~。

数えてないけど、感覚的には1000個ぐらい拾いました。
火ハサミを使ったけど腰が痛くなって右手の握力が鍛えられました。

虹が出てた!

c0236857_07415656.jpg
c0236857_07412715.jpg

c0236857_07414164.jpg
駐車スペース横の草むらにはまだ大量のゴミが残っているので、また近いうちに拾いに行きます。

ゴミ拾いは気持ちいいね(^^ゞ。
視界からゴミが無くなるのは精神衛生上、非常に気持ちいい。
自分が健康になっていくような気がするね。

ボクの身体の中でがん細胞とか悪性腫瘍ができかけていても、ゴミ拾いすることで免疫細胞が活性化されて、悪い細胞をやっつけちゃうような気がします。

世の中のゴミ拾いしている方達がみんな長寿か?っていうとそうでもないだろうから、気持ちの持ちようだろうけど、ほんの僅かは健康増進効果がありそうな気がしまんにゃわぁ(^^ゞ。

いい散歩と気分転換にもなったし、土手を上がったり下りたりしてリハビリ効果もあったような気がするし、今後も趣味の一つとして続けていくとするかの(^^ゞ。

ボクの趣味

トライアスロン
マラソン
登山
ゴミ拾い(爆)

それから、次のイベントは28日に岡山国際サーキットで開催される、5時間耐久サイクルレースです。
10月の開催だったのが、台風の影響で12月28日に延期されたんです。

今はたくさん食べて十分寝て、体力の回復に努めているところです。
マラソンほど体重増を気にしなくていいので、いつもよりたくさん食べています。
トライアスロンやマラソンほど意気込んではいないけど、出るからにはベストを尽くしたいですからね。

というわけで、牡蠣を食べて元気になろう!と思いまして、室津に買いに行きました。
いつもオマケしてくれる吉田水産さんで、殻付きを4kg、剥き身を500g買いました。

殻付き1kgは約16個、剥き身500gには小さ目だけどなんと45~52個ぐらい入っているそうです。
c0236857_07402729.jpg
ウチではホットプレートで焼きます。
蒸気が出てきたら火が通ってます。
レモン汁をかけたり、マーガリンをちょっと乗せて食べると美味い!
c0236857_07404740.jpg
今年は身が小さいな。

c0236857_07410716.jpg
殻付き約73個を母と長女の3人で完食。
ボクと長女は30個ぐらい食べたな(^^ゞ。

夜には、30分だけゆるゆると固定ローラーを回しました。

5時間サイクル耐久レースも頑張るど~(^^ゞ。

下のバナーをポチっとしていただけたら、たいへん嬉しいです。
よろしくお願いします。


にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

by piyopiyodesu | 2014-12-26 08:36 | その他 | Comments(2)  

加古川マラソンでサブ200達成!


加古川マラソンを3時間19分57秒で完走しました!
やったど〜!
やっと長いトンネルから抜け出せたような気がします!
ありがとうございました。
c0236857_16382929.jpg
下のバナーのうちどちらか一つ、ポチっとしていただけたらたいへん嬉しいです。
よろしくお願いします。

にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

by piyopiyodesu | 2014-12-23 16:39 | マラソン大会 | Comments(4)  

バラモンキング出場決定!

 来年6月14日開催の バラモンキング、五島長崎国際トライアスロン大会の出場決定書が届きました~!

c0236857_22155795.jpg
参加費35000円は、早速インターネットで入金手続きを済ませました。
あとは誓約書と写真を送れば出場決定でーす(^^ゞ。
もうほぼ決まったも同然!

あの感動の大会に再び参加できるのはこの上ない喜びであり、選んでいただいたことに心から感謝します。
ボクを選んだことを後悔させません(爆)。

やるぞ~!
おお~!

まだエントリーしていない方!迷っている方!
急いでくださいよ~(^^ゞ。

来年は今年より1時間早いフィニッシュを目標にがんばるど~(^^ゞ。

下のバナーをポチっとしていただけたら、たいへん嬉しいです。
よろしくお願いします。

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

by piyopiyodesu | 2014-12-22 22:33 | バラモンキング | Comments(0)  

いよいよ明日は加古川マラソン

 いよいよ明日は加古川マラソンです。
毎年天皇誕生日の23日に開催されるようです。
イベントと言えばいつも日曜日なので、なんだかちょっとヘンな感じです(^^ゞ。

神戸マラソンでは疲れがかなり残っていたのかもしれないと思い、7日の小野ハーフマラソン以後は、トレーニング量をかなり減らして、と言うより、ほとんど休んで疲れを抜き切ることを優先してきました。

食べる量も減らして、体重が少しでも軽くなるようにしてきました。
高い負荷はかけずに、カロリー消費目的でゆるめに固定ローラーには乗りました。

加古川マラソンのコースはウチから近く、ボクにとってはホームコースと言ってもいいぐらいしょっちゅう走っています。

2013年の4月に、生まれて初めて42.195kmを走ったのはこのコースでした。
この時は、5時間は切れるだろうとナメていましたが、4時間56分かかりました(>_<)。

2013年10月に2度目の42.195kmを走ったのもここ。
この時は3時間56分でサブ4を達成できたのでした。

10kmで10m程度の傾斜はあるけど走っていてもわからない程度だし、加古川大堰を2度渡る所にしか坂がないので、ペース維持をしやすいコースだと思います。

単調で退屈ってことさえ我慢すれば、常設でいつでも走れるし、なかなかいいコースだと思う(^^ゞ。

始めの10kmをどこも痛くなることなくほぼ計画通りのペースで走れたら、後はなんとかなるんじゃないかなぁ~って思うんだけど甘いかな(^^ゞ。

給水所では水だけをもらうことにして、エネルギー補給はパワージェル等をフラスコベルトに入れて走るつもりです。
臨時漕会のチームジャージを着るので、背中のポケットにパワージェルを幾つか入れて走ってみたら揺れて気になるんですよね。

フラスコベルトは日頃から短い距離しか走らない時でも必ず使っているので、フラスコに半分ぐらいの量しかいれなければ重さもあんまり気にならないし、全く揺れないのがすごくいいです。

サブ3.5を目指して頑張りま~す(^^ゞ。

下のバナーをポチっとしていただけたら、たいへん嬉しいです。
よろしくお願いします。


にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

by piyopiyodesu | 2014-12-22 08:31 | マラソン大会 | Comments(2)  

懸垂マシンⅢ

 懸垂マシンⅢを買いました(^^ゞ。←そういう商品名なんです。

懸垂するだけなら7000円ぐらいのもあったのですが、昔流行ったぶら下がり健康器に毛が生えた程度の華奢な感じに見えたので、どうせ買うなら頑丈なのを買っておこうと思って奮発しました。

アマゾンで2万円をちょっと切るぐらい。

ヤフー知恵袋に懸垂マシンについての質問があって、それに対する回答が、あまり安いのは強度に問題があるので、やっぱり丈夫なのを買うべきですって書いてあったので、コレにしてみました。

レビューを読んだら、とにかく頑丈だと書いてあったのと、懸垂以外にも幾つか筋トレできるのが決め手になりました。


c0236857_20385209.jpg
散らかってますが、片付け中ということにしておいてください(^^ゞ。

c0236857_20390248.jpg
中学高校時代は懸垂は得意な方で、10回はできていたのに、組み立てが終わって早速やってみたら、3回しかできなかった(>_<)。
下半身ばっかり鍛えてるから無理もないな。


c0236857_20391237.jpg
c0236857_20391827.jpg
この日一番トレーニングになったのは、38kgもある(らしい)でかくて重い箱を一人で抱えて二階まで持って上がる作業でした(爆)。
腕がプルプルになっちゃったよ(弱!)。

届いた初日から早速効果的なトレーニングができたのだ(>_<)。
懸垂マシンⅢ恐るべし(爆)。

こんな大道具なんてなくても筋トレの方法はたくさんあるんだけど、地味なトレーニングなのでなかなか続かないんですよね。
懸(けん)ちゃん(勝手に名前付けた(^^ゞ)があればモチベーションが上がって筋トレが楽しくなるんじゃないかな~なんてね。
ケチじゃなくて倹約家のボクとしては、投資した分は元をとらねば気が済まないので、きっと続けられるでしょう。

高校生の時に買ったブルーワーカーも5kgの鉄アレイも握力グリップもあるんだけど、全然使ってないってことはこの際忘れよう(^^ゞ。
もう減価償却が終わってるからな。

上半身に筋肉が付き過ぎると重くなってマラソンで不利になるんじゃないのか?って心配なんだけど、心配になるほど筋肉が付いたら大したもんだ!ですよね(^^ゞ。

そんな心配するより先に、貧弱な上半身をなんとかしなはれ!

体幹を鍛えるのはどんなスポーツにも有効だろうから、取り敢えず頑張ってみます(^^ゞ。


下のバナーをどちらか一つ、ポチっとしていただけたらたいへん嬉しいです。
よろしくお願いします。

にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

by piyopiyodesu | 2014-12-21 10:48 | 小ネタ | Comments(4)  

鉄人魂エアロスイムパンツ

 来シーズンのトライアスロンで、バイクとランは今シーズンより少しは速く走れるような気がするのですが、スイムは速く泳げるようになる気が微塵もしません(>_<)。

全く自信なし!

ボクの場合、スイムであと数分速くなるためのトレーニングにエネルギーと時間をかけるよりも、それをバイクとランにかける方が総合的には速くなれるんじゃないか?って思うんです。

3種目全てで伸びるのが理想だけど、トレーニングにかけられる時間は限られているし、好き嫌いもあるし、・・・・。

例えば今年の宮古島トライアスロン。
スイムで1位だった西内選手の記録は36分50秒。
ボクの記録は58分46秒。

ボクが死ぬほどトレーニングして奇跡的に西内選手とトップ争いをできるぐらいに速くなったとしても(ならないけど(^^ゞ)、短縮できるのは22分。
22分は大きいけれど、おそらくボクは上陸と同時に息絶えるでしょう(>_<)。

ちょっと非現実的過ぎる例でしたね(^^ゞ。

もうちょっと現実的なところで、翌年大会の出場権がギリギリ与えられる100位の選手のスイム記録は、なんと58分2秒!
ボクと44秒しか差がないではないか!

44秒ぐらいなら頑張ったらなんとか速くなれるかも~(^^ゞ。

っちゅうことはだな、スイムが現状のままだとしても、バイクとランで速くなれば100位に手が届く可能性があるということではないか?
あくまでも可能性だけど、スイムで西内選手とトップ争いするよりは高い可能性ではないかいな?


というわけで、スイムはもちろん少しでも速くなれるようにトレーニングは続けるけども、バイクとランを優先しようと思います。

現状維持(全然大した現状じゃないけど)していくだけでも、そこそこトレーニングしていかないとすぐに落ちちゃうもんね。

現状維持から少しでも楽して速くなれるようにタイトルの水着を買ってみました(^^ゞ。

コレです。

c0236857_12263751.jpg

c0236857_12265229.jpg
『スイムに自信の無い方や泳げない方でも、簡単に泳げるようになる魔法のスイムトレーニング用アイテムです。脚や腰などを故障したアスリートのリハビリを兼ねたトレーニングにもたいへんお薦めできるアイテムです。
TETSUJIN DAMASHII® エアロスイムパンツには、ウェットスーツと同じ素材である山本化学工業のSCSとエアロドームが使われているため、適度な浮力により腰が浮き、どんな人で もトップスイマーの ボディポジションに近づき理想のストリームラインを維持することができます。スイムが苦手なアスリートや筋肉量が多いアスリート、トライアスロン初心者のフォーム改善に最適。さらにフルオーダーのためフィット感が抜群。脚や腰などを故障したアスリートのリハビリを兼ねたトレーニングにもたいへんお薦めでき るアイテムです。泳力レベルに合わせて生地の厚み調整も可能です。』

だそうです(^^ゞ。
5mmと3mmの厚さが選べるので、どっちがいいかわからなくて電話で尋ねたら、3mmはベテラン向きという説明だったので、迷わず5mmを選びました。

17日に届いて18日に早速使ってみました。

たしかに、これを着て泳ぐと脚がよく浮いてよく進みますね。
見てくれる人がいないので、理想のストリームラインができているんだかどうだかはわからないけれど、これが理想的なストリームラインなのかな?っていう気はします。

だけど、レースで使うわけじゃないので、これを着た時だけ速く泳げて、脱いだら遅いまんまっていうんじゃダメなんですよね。
これを着て泳ぐことで理想のストリームラインを体に覚えさせて、非着用でも同じように泳げるようになればいいんですけど、なかなかそううまくはいかないような気がします。
やっぱり結局は本人の努力にかかってると思う。
他力本願ではあきませんね(>_<)。

だけどまぁ、スイスイ進むことで泳ぐことが楽しくなって、スイムにかける時間が長くなれば速くなれるかもしれないかな(^^ゞ。
これもエアロスイムパンツの効能の一つと言えなくもないかな(^^ゞ。

レースではウェットスーツを着て泳ぐので、普段からウェットスーツ着用で泳ぐことに慣れておくのがいいのではないかと思い、プールで着て泳いだこともありますが、締め付け感がきついのとプールでフルスーツだと暑くて長くは泳げませんでした。

このエアロスイムパンツはウェットスーツ着用時に近い感じで泳げるような気がするので、実戦に近い感覚で泳ぐトレーニングができるのではないだろうか?という気がします。

スイムはほんのちょっとだけ速く、バイクとランはドカン!と速くなれたらいいなと思ってトレーニングを続けていこうと思います。


下のバナーをどちらか一つ、ポチっとしていただけたら、たいへん嬉しいです。
よろしくお願いします。


にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

by piyopiyodesu | 2014-12-19 08:15 | 小ネタ | Comments(4)  

トレミの騒音

 マイトレミ、ドレミちゃんで娘が走っている時に1階にいると、ドンドンドンドンと低音の足音がかなり響いてきます。
気にしなければ気にならないレベルですってことはなくて、結構気になる(^^ゞ。

走り方にもよるのでしょうが、もうちょっとなんとか静かにならないものかと思って、こんなのを買ってみました。
アルインコの保護・静音・静振マットです。

c0236857_21485394.jpg

早速ドレミちゃんの下に敷いてみました。

c0236857_21485851.jpg
早速娘を走らせて階下で確認したところ、あんまり変わらないような気が・・・・・(>_<)。
3000円もしたのにアカンやん!

いや、でも、低音がドンドン響くのは若干マシになったかな。
ドレミちゃんを置いている部屋がドアや壁のないオープンスペースなので、シューズとベルトの走行面との摩擦音や接触音が階段の空間を伝わっているうちに増幅されて階下に届くような感じです。
これは家の構造にもよるのかな。

まっ、ちょっと気になることはなるけど、多少の騒音は致し方ないと思って我慢します。
もっと劇的に騒音が改善されるものと期待していただけに、ちょっと残念な結果でしたが、床の保護にはなるだろうってことで無駄な出費ではなかったと思い込むようにします(^^ゞ。


下のバナーをポチっとしていただけたら、たいへん嬉しいです。
よろしくお願いします。

にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

by piyopiyodesu | 2014-12-18 08:44 | 小ネタ | Comments(2)