<   2013年 12月 ( 22 )   > この月の画像一覧

 

臨時漕会忘年会サイクリング その2

 前回の続きです。
佐用町の『新さよ』でホルモン焼きうどんをたらふく食べた我々は、国道373号線を走って帰路に着きました。

上月町から上郡にかけての373号線は、千種川沿いに下り基調の道がずっと続いて、向かい風さえなければ、先日のトリガタワ峠からの帰りに千切り合いになった道と同じぐらい気持ちのいい道です。

見通しはいいし、交通量も少なめだし、かなり長い区間信号が全くないんです。

きっと今日もどこかで誰かが飛び出して追いかけっこになるんだろうなぁと思いながら、コギコギさんを先頭におとなしくトレインを組んで走っていました。

「写真を撮りまーす。」

最後尾にいたボーンズさんが、ニコニコしながらカメラを右手にトレインを抜いていきました。

ん~、なんかヘン!

右手は確かにカメラを持つような格好で、人差し指はシャッターボタンを押す形になってるんだけど、肝心のカメラがないじゃないの(^^ゞ。

やるのぅ。

鳴門の暴れん坊ボーンズさん、3月の雛祭りアワイチの最後の千切り合いで、空っぽのボトルに手を伸ばしてボクを欺いた時よりもさらに狡猾さがグレードアップしていました(爆)。

常に新しい騙しのテクニックの研究に余念がないボーンズさん、まだ若いのに立派です(爆)。

全員を追い抜いてどんどん行ってしまいました。

「あ~、行っちゃった。」

「まだ早いよね。」

「そうですね、早過ぎますね。」

「すぐ先に信号があるしね。」

「民家もあって危ないしね。」

「仕掛けるなら橋を渡ってからだよね。」

地元のみんなはコースがよーく頭に入っているので、まだ仕掛け所ではないと思って誰一人追いかけませんでした(^^ゞ。

ボーンズさんが飛び出した辺りは、道幅が広く舗装も新しくて飛び出し所に見えたのでしょうが、まだちょっと早かったんですよね。

かわいそうなボーンズさん、浮いてました(^^ゞ。
まあでも彼なりのウケ狙いだったのでしょうから、そういう意味では笑わせてもらって感謝しております(^^ゞ。

何事も無かったようにトレインに迎え入れてあげました(爆)。

久崎の町を過ぎて千種川を東側に渡れば、そこから先は上郡まで全く信号が無い飛ばし放題の道になります。

誰が飛び出す?
やっぱりボーンズさんか?

嵐の前の静けさっていう感じで、会話がなくなり、笑い声が途絶え、なんとなく緊張感さえ漂ってきます。

やがて、痺れを切らしたようにボーンズさんが出た!

すぐに追走!

ボーンズさんは全力ではなく、ボクが追走してくるのを計算づくで、ボクに先行させようと手を抜いている感じ。

お望みどおりにパスして逃げにかかる。

しばらくして振り返るとボーンズさんとはかなりの差が開いていて、その後ろに一人しか付いて来てないように見えた。

この逃げは一旦終了かな~と思ってのんびりモードで走っていたら、えらいスピードの集団にあっちゅう間に抜かれてしまった(@_@)。

順番はわからなかったけど、モーニングさん、住友輪業さん、ボーンズさん、クライムさん、konoさんの5名だった。

おねえさんと、案内役のコギコギさん以外の全員に抜かれてしまったがなぁ(>_<)。

慌てて追いかけたけど、モーニングさんが先頭を引いていたそうで、全然追いつかない。

DHpで必死に追い上げようとしたけど、じりっじりっと差が開く一方。

集団から離れたkonoさんを抜いたけどあとの4人には逃げられちゃった(T_T)。

上郡の道端の広場で休憩している4名に追いついたら、ゴール間際でモーニングさんをかわして住友輪業さんが千切り合いを制したそうだ。

c0236857_08071857.jpg

ある筋からの情報によると、

「この辺で終わりにしましょう。」

と声をかけて、モーニングさんが油断したところを抜いたそうだ。

ボーンズさんと言い、住友輪業さんと言い、近頃の若いモンはなっとらん!ね(^^ゞ。

ボーンズさんと違って住友輪業さんは真面目な方だと思っていたのに、今後は考えを改めねば(^^ゞ。

モーニングさん、次からは同級生同士で手を結ぼうじゃないですか!

まだまだ30台の若い衆に負けてられないぞ~(^^ゞ。


ちょっと不満の残る展開だったけど、それはそれなりに楽しかったし、心蔵バクバクで数km走ってトレーニングにはなったからまっ、いっか(^^ゞ。

夜の宴会の部には電車で来られるクライムさんとは、上郡で一旦お別れしました。

契り合いで互いの愛を確かめ合った後は(^^ゞ、のんびりと走って国道2号線まで南下しました。

国道を渡れば赤穂線廃線跡の通称「木漏れ日ロード」が始まるというところで、konoさんのバイクがパンク。
パンクするのは二度目だそうです。
それはラッキーな方ですよね。

c0236857_08072451.jpg

ボクなんてバイク買って半年で8回ぐらいパンクしたような?もう忘れたけど、6回?7回?
まあそれぐらい(^^ゞ。

2度目とあってチューブ換えもまだぎこちなくて初々しさが残ってましたね(^^ゞ。

コギコギさんが手伝ってすぐにチューブ交換終了しました。
コギコギさんはやっぱり手馴れたもんですね。
することに全く無駄がないですね。

赤穂線廃線跡の通称「木漏れ日ロード」は、岡山県の片鉄ロマン街道に雰囲気は似てます。
風雨が強かった日の直後に走ると、山の斜面から尖った石が転がり落ちていたり、太い枯れ枝が落ちていたりして要注意なのですが、この日は路面清掃の後だったらしく、きれいでした。

木漏れ日ロードの後は昭和の佇まいを残した坂越の町中を通って坂越港に出ました。

大避神社の参道を上った所にある高台です。
c0236857_08073244.jpg
c0236857_08074058.jpg
そこからさらに上るともっと綺麗な景色が見られるということで、初めての坂道を上ってみました。
妙見寺というお寺がありました。
c0236857_08074992.jpg
c0236857_08075550.jpg

遠くに見えるのは小豆島だな。
c0236857_08080206.jpg
海岸まで戻ってきたところ。
c0236857_08080983.jpg

夕方、暗くなり始める少し前ぐらいに出発した相生駅に戻ってきました。

駅前の居酒屋での忘年会までにはまだ時間があったので、ホテルで風呂に入ってさっぱりしました。
寒い一日だったので、熱い風呂に浸かって冷えた体をあたためて冷たいビールが美味しく飲めるように準備しておきました(^^ゞ。

つづく・・・・(^^ゞ。

ポチっとしていただけたら嬉しいです。
よろしくお願いしますね~(^^ゞ。

動画です~。
よかったら見てね!
http://www.youtube.com/watch?v=NoJN0E3V9F8&feature=c4-overview&list=UUFiUK7fT0vP7yRKxXgNerUg






by piyopiyodesu | 2013-12-30 20:48 | ロードバイク集団走行 | Comments(10)  

マラソン大会9週間前の練習

 2月23日の「総社吉備路マラソン大会」の9週間前の1週間が終わりました。

例の本のメニューに従って練習を続けています。

本に書いてある9週間前の練習メニューは以下のとおりです。

月曜日:休み

火曜日:ジョギング30~60分 ゆっくり気持ちよく

水曜日:ビルドアップ60分 10~11週間前よりも追い込む

木曜日:休み

金曜日:ジョギング30~40分

土曜日:タイムトライアル5kmX2本

日曜日:ビルドアップ20~25km


これをボクの休みの日と天気予報を考慮して、自分なりにアレンジしてこんな練習にしました。

週に3日は心肺や脚に高い負荷をかけるポイント練習を取り入れることと、そのうちの1日は長い距離を走ることという2点の基本を守っていれば、ポイント練習をする曜日や休む日は自分の都合に合うように好きなように変えていいそうです。

月曜日(23日):臨時漕会のサイクリングだったのでランはお休み

火曜日(24日):10kmビルドアップ

1km 5’14 最初の2kmは準備運動なのでゆっくり
2km 5’37
3km 4’45 徐々にペースを上げていくつもりが・・・・
4km 4’56
5km 4’46
6km 4’52 あまり上がってない・・・・(^^ゞ
7km 4’40
8km 4’44
9km 4’26 最後の2kmだけはなんとか上がった(^^ゞ
10km 4’15
あんまり速くはないけど、とりあえず最後は自分なりに追い込んでみました。

水曜日(25日):ジョギング6km 一人前なことを言うようだけど、ゆっくり走るのはかえってしんどい(>_<)

木曜日(26日):28km走 あまりビルドアップできなかったけど、最後の6kmだけは4分台で走りました。

金曜日(27日):前日の28km走で右足裏と足首が痛くなったので、ジョギングをせずに3000m泳ぎました

土曜日(28日):タイムトライアル 5kmX2本 右足裏と足首の痛みはほぼおさまった

ジョギングの準備運動の後で1本目
1km 4’23 はじめの3kmは向かい風
2km 4’25
3km 4’28
4km 4’20 最後の2kmは追い風
5km 4’15 どんなに頑張ってもこれ以上は速く走れねーぜ(>_<)

少し歩いて呼吸が完全に落ち着いたところで2本目
1km 4’25 はじめの2kmは向かい風
2km 4’41
3km 4’28 最後の3kmは追い風
4km 4’19
5km 4’16 かなりとばしたつもりだったけど、やっぱりこれぐらいが今の限界みたい

2本目は暗くて時計のラップタイムが見えなくて、どれぐらいのラップで走れているのかわからなかったけど、ほぼ1本目と同じぐらいのペースで走れていた。

全然速くはないけど、少しづつではあるが速くなりつつあるのではないか?と思うので良しとしよう。
少なくとも遅くはなってはいないようだ。

練習メニューの達成度は距離に関してはまあまあ100%かな。
甘いかな。
強度に関しては、例の本のサブ4を目標にするランナーを対象に書いてある部分を参考にしていますが、ボクはギリギリながらも既にサブ4は達成しているので、本に書いてある以上のスピードで走っているつもりなので、やっぱり100%かな(^^ゞ。
甘いな(^^ゞ。

ランニングの月間走行距離が初めて200kmを超えました。
26日に28km走ったあとは右足裏と足首が痛くなって、慢性になったら困るなぁと心配したのですが、翌々日にはほぼ痛みはなくなりました。
今のところ、故障らしきものはありません。
まだまだ故障するほどの距離じゃないのでしょうが、初めて経験する距離だから、本番前にどこかが痛くならないように無理の無い範囲でランニングを楽しんでいます。


マラソン大会でサブ3.8(3時間48分)を目標にしてそれなりに頑張っています。
応援の愛のポチリをくださいな(^^ゞ。
そうしたらサブ3.7に手が届くかも~(^^ゞ。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

by piyopiyodesu | 2013-12-29 08:23 | ランニング | Comments(0)  

臨時漕会忘年会サイクリング その1

 12月22日、日曜日。
楽しみにしていた宴会付き一泊二日『臨時漕会の忘年会サイクリング』の日がついにやってきたど~(^^ゞ。

おねえさんは島根県から、ボーンズさんは徳島県から、konoさんは大阪からはるばる参加してくださいました。
これはやっぱり臨時漕会会長のコギコギさんの人徳ですね。

地元からは、コギコギ会長、モーニングさん、住友輪業さん、クライムさん、そしてボクの総勢8名。

え~っと、抜けている人はいませんよね?
抜けている人がいれば手を上げてお知らせください、早急に対処いたします(^^ゞ。

高松から参加予定だったタイプRさんは、仕事の都合で無念の不参加となりました。
久し振りにお会いするのを楽しみにしていたのですが、仕事とあらば仕方なしですね。

きっと近いうちに高松まで遠征しますので、一緒に走りましょうね!


9時にJR相生駅前に集合です。

40kmほど自走して9時少し前に着いたら、既に皆さんほぼおそろいでした。

この夜は駅前のビジネスホテルを予約していたので、着替えが入ったリュックを預けてボクもすぐさま仲間に入れてもらいました。

『東横イン』と書かれたデカイ看板の下に剱号を置いて、ホテルのフロントに入って行ったら、カウンターのガラスのショーウィンドウに饅頭がズラーリズラリと並んでいるんですよ(^^ゞ。

このホテルは饅頭も売ってるんだぁと思ったら、ホテルの隣の和菓子屋さんに入ってました(大爆)。

「あれっ?ここは東横インじゃないんですか?」

「お隣です!(>_<)」
スツレーしました~(>_<)。

こんなヤツおらんわなぁ(^^ゞ(>_<)(@_@)。
往生しまっせ~(^^ゞ。

いやあ、ボクとしたことが朝からええ感じやわぁ(^^ゞ。

c0236857_08053212.jpg
c0236857_08054086.jpg
寒~い朝でしたが、いい天気になりそうでした。
仕事前にフクちゃんが見送りに来てくれました。

コギコギさんを先頭に早速サイクリングスタートです。

相生から揖保川沿いの道を走って龍野へ。

映画「男はつらいよ」のロケ地になったこともある、龍野の古い町並みを見ながら狭い道を走り抜けて新宮へ。

「ガチーン!」

突然大きな音が響き渡りました。

ボクの前を走っていたおねえさんのタイヤが小石を跳ね飛ばして、道端のガレージのシャッターを直撃したのです(^^ゞ。

こういうことってたまにあるけど、あんなにデカイ音を聞いたのは初めてですね。
相手がクルマでなくて良かったですねぇ。

走行中のクルマに当たっても運転手はたぶん気付かないか、気付いてもまさか自転車が石を跳ね飛ばしたのが当たったとは思わないのではないか?と思うんですけど、停車中のクルマの横を通過する時に石を当ててしまうとドキっとしますよね(^^ゞ。

そういう経験ありませんか?

ごめんなさいとは思うけど、不可抗力だからどうしようもないですもんね。
逆に、クルマが跳ね飛ばした石が我々に当たったとしても文句は言えないですよね。

相手が黒窓のごついベンツだったりするとちょっとビビリますね(>_<)。
そういクルマの横はできるだけ通過しないようにしてます(>_<)。

新宮の道の駅まであと2kmほどの田んぼの中の直線に入ると、しきりに後ろから来るクルマを気にする人が約1名。

後ろからクルマが来たら

「クルマ~!」

と叫んで、列からはみ出さないように注意喚起するのですが、どうもそれだけではなさそうです。

クルマが途切れるのを待って、道の駅の手前にある信号までダッシュしようとする魂胆が見え見えです。

飛び出したくてウズウズしている住友輪業さんの機先を制して真っ先に飛び出したのはP氏(^^ゞ。

「ウリャウリャウリャ~。」

とダンシングでダッシュ!

だけど、あっと言う間もなく住友輪業さんに抜かれた~。

鳴門の暴れん坊、ボーンズさんも加わって三つ巴のドッグファイト~(^^ゞ。

まだ先は長いというのに、3人ともクタクタになっちゃいました。

と思ったけど、どうやらクタクタになったのはP氏だけだったようで、信号で一旦中断したダッシュを、信号を左折後に再び繰り返す若い2人。

激しく呼吸しながら2人を見送るP氏(>_<)。
ゼーゼーゼー。
ダッシュは1本しかもちませーん。

道の駅新宮で休憩するだろうと思って、隣のコンビニでトイレを借りて出てきたら、住友輪業さんが

「コギコギさん達休憩せずに行っちゃいましたよ。すぐ追いつきますよ。」

と言うので、飛び出した3人で列車を組んですぐに追いかけたんですよ。

まずはボクが先頭に立ったのですが、ダッシュの疲れと向かい風でノロノロ運転。
容赦無く住友輪業さんとボーンズさんに抜かれて置いていかれまちた(>_<)。

さっき行ったばっかりだからすぐに追いつくでしょう・・・・なんて言いながら追いかけたのですが、走っても走っても全く追いつきません。

次のコンビニにもいません。

相坂峠を越えて旧三日月町のコンビニまで行っても追いつきません。

これはどうもおかしいぞ。
彼らは時速20kmちょっとで走っていたけど、我々は30kmオーバーで追いかけてきたんだから、いくら何でも追いつかないなんておかしいよね。

きっとどこかで追い越してしまったにちがいない。

我々が知らない抜け道を走っているのかもしれない。

まさか、モーニングさんが先頭でガシガシ引っ張って既に新さよで上ホルモンを食べているなんてことはあるめぇ。

もー、住友輪業さんがダッシュして飛び出したりするからはぐれちゃったじゃないですかぁ(^^ゞ。

寒いし、しばらくコンビニで待ってみようってことになって、20分ぐらい待ったかな?いやもうちょっと待ったかな?
やがて本隊がやってきました。
道の駅新宮を過ぎてすぐに抜け道に入ったそうなので、我々3名が走り始めてすぐに抜いちゃったようですね。
3人が走り過ぎるのが抜け道か見えたそうです(^^ゞ。

旧三日月町から徳久へは峠を通らずに交通量の少ない平坦な道を走って、先頭交代の練習をしました。

徳久から佐用坂を越えて、佐用町の美味しいホルモン焼きうどんのお店『新さよ』に着きました。

ボクの中学時代の同級生であるてっちゃんが、ご両親と営んでいるお店です。

c0236857_08065086.jpg
メチャウマの上ホルモン。
写真を見ると食べたくなるのー(^^ゞ。

c0236857_08065626.jpg
新宮あたりから弱い雨が降り始めていたのですが、うどんを食べている間は少し強く降っていました。
ところが、食べ終わって外に出るとほとんど止んでいました。

日頃の行いだね~(^^ゞ。

c0236857_08070148.jpg
ホルモン焼きうどん。
写真を見るとまた食べに行きたくなるのー(^^ゞ。
c0236857_08070751.jpg
きれいに食べ尽くしました(^^ゞ。
c0236857_08071335.jpg

すみません、ちょっと忙しくてあれやこれやとありまして、今日はここまでです(>_<)。

ポチっとしていただけたら嬉しいです。
よろしくお願いしますね(^^ゞ。



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

by piyopiyodesu | 2013-12-27 22:21 | ロードバイク集団走行 | Comments(13)  

冬のトリガタワ峠 その3

 前回の続きです。

トリガタワ峠の下りでばらけてしまった我々7名は、千種のローソンからは再びトレインを組んで走り始めました。

千種川沿いに続く道は上郡までず~っと平坦か下り基調で、向かい風さえなければ快調なペースで走り続けることができるお気に入りのコースです。

まるで自分の走力が上がったのではないか?と錯覚しそうなこともあります。
そんな道を列車を組んで走ったのですから、一人で走るよりずっと速く気持ち良く走り続けることができました。

山崎の交通量が少ない抜け道で練習した先頭交代を、もっとハイペースで繰り返しながら走り続けていると、自分がこの素敵なトレインの一員であることがすごく嬉しく幸せな気分になりました。

あ~、参加してよかった。

ところが、こんな気持ちいいトレインなのに、それで満足できずに和を乱す人がいるんですね~(^^ゞ。
困ったもんだ!

るり寺やモンキーパークがある船越まで走ってきた辺りで、先頭に立ったhiroさんがグイグイペースを上げていきます。
それまで40~43kmだったスピードが50km近くまで上がりました。

速ぇ~(@_@)!

2番手を走っていたボクは離されないように必死でした。

こんなペースをいつまで続ける気やろ?

もうボチボチ終わりにしてもらわんと中切れするがな!と思った頃に先頭交代を要求されましてん(^^ゞ。
あ~、助かった!

ホッとしたけど、先頭がボクに代わった途端にスピードがガクンと落ちちゃうのもシャクなので、ちょっと無理してね、あまり目立たないぐらいにペースを落としつつ、それでもまあまあ頑張ってるかなぁって思ってもらえる程度の微妙なスピードを維持しましてね(^^ゞ、もう交代か?と思われるのもまたシャクだし、かと言って長く引き過ぎるとバテルし(^^ゞ、酸欠のドタマであれこれ考えながら長くはないけど短くもない、だけどどっちかって言うとちょっと短めかな?でもまあ後で「ぴよぴよさん、先頭交代が早かったですね」なんて言われることはないやろう?的な微妙な時間で先頭交代を要求、ワインレッドさんに代わってもらいました(^^ゞ。

先頭交代一つにも心の葛藤があるんですわ(爆)。

ワインレッドさん、住友輪業さん、コギコギさん、クライムさんと先頭交代した所で、上三河の信号で停車。

ちょっと一息つけました。

ところが、信号が青に変わって間もなく、クライムさんからONIさんに先頭交代したところで、ONIさんとhiroさんが飛び出していきはりましてん(^^ゞ。

3番手にいたボクはね、

「わっ、こんな所でもういくんかい!(^^ゞ。まだ早いんちゃうのん!?」

「このすぐ先にもう一つ信号があるやん!仕掛けるならその先やろ?」

「それに、このコースで千切り合いするならゴールは徳久の三叉路ってことになるやろうから、遠過ぎるがな!」

「一体何km千切り合いするつもりやねん?無茶苦茶ロングスパートやん!」

と思って放っておきました(^^ゞ。

このヘンのことは住友輪業さんのブログにも動画付きで書いてあるので、まだ読んでない方がいらっしゃったらぜひ読んでみてくださいね。
↓ここです。
鬼コーチに笑うONI(敬称略)
動画にスピードメーター、ケイデンス、住友さんの心拍数、標高まで表示されていて、とてもおもしろいですよ。

案の定、飛び出した二人は次の信号が赤で後続に回収されました(^^ゞ。

しかし、青信号に変わるとすぐに再び飛び出していく二人(@_@)。

元気ですねぇ~。

朝一番の吊り橋ダッシュとトリガタワの旧道の上りの疲れがまだ抜け切ってなかったのと、1ヶ月ぶりのバイクで脚が重かったので、無事に帰宅することだけを考えて走ろうと思って二人を追わないことにしました。

とても追えるようなスピードじゃなかったっていうのが本当のところなんですけどね(>_<)。

後ろの4名もきっとあの2人のことはきれいさっぱり忘れて(^^ゞ、5名トレインで先頭交代しながら楽しく走り続けるだろうと思っていたんですよ。

ところがね、コギコギさんが

「追うで~!」

と叫んで飛び出していっちゃったんですよ(@_@)。

あれまっ!

住友輪業さんと、二日酔いだと言っていたクライムさん(^^ゞも間髪入れずに飛び出す飛び出す(坂上二郎風に(^^ゞ)。

ありゃりゃりゃりゃりゃあ~(>_<)。

みんな行ってしもたがな(>_<)。

後ろにいるのは争い事には加わらない平和主義者のワインレッドさんだけ(^^ゞ。

どうしよう? (『カリオストロの城』の銭形警部風に)

しばし思案。

そうしているうちにもどんどん遠ざかっていく5名。
もう豆粒ぐらいになっちゃってる。

このままではブログネタにならんのぅ(^^ゞ。
やっぱりカラミがないとなぁ(^^ゞ。

しょうがないので追うことにしました(爆)。

ワインレッドさん、ゴメンね。

争い事が好きなわけじゃないけど、競い事は嫌いじゃないのよ(^^ゞ。

ソロで走るならDHpが速いに決まってるので、ちょっと反則かなぁ~と思いつつ(^^ゞ、エアロポジションで追走開始。
エアロポジションで走ることを前提にセッティングしているバイクだもんねー(^^ゞ。

中国道の下あたりで、まずはONIさんをパス。

「乗って乗って!」

と言いながら前に出たのですが、乗ってくれたかどうかは確かめないまま走り続けました。

コギコギさんとクライムさんが見えました。

ジワリジワリと追いついてパス。

正直言ってかなり苦しくてペースを落としたかったんだけど、コギコギさんとクライムさんの

「え~!」

という驚く声がハモって気持ち良くて、見栄を張ってペースを落とさず(^^ゞ。

SL式呼吸法に切り替えてリズム良く、できるだけ一定の出力でもって走り続けました。
そうそう、トライアスロンではできるだけ一定の負荷で走り続けることが大切なんだよ。

先頭はhiroさんと住友輪業さんだな。

遠くにhiroさんの赤いジャケットが見える。
少しづつ少しづつ近づいてくる。

よし、オレの方が僅かだけど速いようだ。
エアロポジションってスゲェ!

200m・・・・・100m・・・・・50m・・・・・10m・・・・。

エアロポジションをやめてブラケットポジションでじわ~っとhiroさんのスリップストリームに入ると、す~っとペダルが軽くなった。

追いついたはいいけどもうクタクタですがな(>_<)。

気付かれて加速されたらもう追えないに決まってるので、ハアハア言いたいのを我慢してできるだけ静か~におとなし~くしてました(^^ゞ。

まるで忍者かステルスか(^^ゞ。

今のうちに呼吸を整えて、ケイデンスを上げて脚の筋肉を休ませて来るべき決戦に備えなければ(^^ゞ!

ゴールの三叉路まではあと3~4kmほどか。

振り向くな振り向くなと念じながら走っていたが、その念を察知されたのか、住友輪業さんが振り向いて目が合った(爆)。

その時のギョッとした表情は面白かったけど、こっちはまだアップアップですがな。

しまった!見つかっちゃった(^^ゞ。

離される!と心配してたのですが、住友輪業さんは

来た 来た 来た 来た~!来たで~、 何か来たで~!
と大喜びしてくれはりましてん(^^ゞ。

そんなに喜んでもらえたら頑張って追い付いてきた甲斐がありまんがな(^^ゞ。
48年8ヶ月の人生でこんなに歓迎されるのは初めてかも~(^^ゞ。

ところがね、エエ鴨が来たと歓迎されてたんですかね?すぐさま先頭交代を要求されましてん(>_<)。

「ムリムリムリムリ~。」

と言いながらも、住友輪業さんの前を走らなければ動画に映らないと思いまして、彼がちょっと減速してくれたこともあって、一瞬だけ先頭に出てみました。

その直後、後方から

「ギブアップ~。」

という叫び声が聞こえて、振り返る余裕はなかったのですがどうやらhiroさんが離脱したようでした。

う~、やっぱり先頭はキツイ!
エアロポジションで走りたいけど、それはちょっと反則かな、でも下ハンドルなんて無いし~(>_<)、と悩みながら必死にもがいていたら、見かねた住友輪業さんがすい~っと前に出てくれました。

あとはもう必死に付いていくだけ。
離されちゃったら恐怖の単独走が待っているので、まるで地獄の縁を走っているみたいなもんですわ。

彼のハイペースに付いていくのもキツイけど、単独走の地獄に落ちるよりはまだマシっていう感じでなんとかゴールの三叉路まで走りきりました。

前に出るなんて余裕はま~ったくありませんでしたね。

いやあ、やっぱり住友輪業さん速いわ!

上りはもちろん平地も敵わないな。

300km超のロングでの走りを見てみたいね。(そこまで付いていけてたらね(^^ゞ)

徳久(とくさ)の三叉路の千種川に架かる橋の上で、バイクを欄干に立てかけて一息入れていると、後続が次々とやってきました。

あ~苦しかったけど楽しかったなぁ。
やっぱりカラミが一番面白いし気持ちいいね(^^ゞ。

その先も千切り合いに適した道は続きましたが、さすがに飛び出す人はいませんでしたね。
飛び出していてもきっと無視されてたでしょうけどね(^^ゞ。

自宅が近いワインレッドさんクライムさんと途中でお別れしました。

上郡のコンビニで休憩した時も、まだまだ興奮覚めやらぬっていう感じで楽しいおしゃべりに花が咲きました。

コギコギさんの案内で安全な抜け道を走って相生のだるまコーヒーまで戻ってきました。

コギコギさん行きつけのコーヒーが美味しい喫茶店です。

ボクは明るいうちに帰りたかったので、残念でしたがだるまコーヒーには寄らずにすぐに帰りました。

笑点の大喜利に間に合うぐらいに帰宅しました。

ONIさんのお陰でまた楽しい思い出が一つ増えました。
ONIさん、皆さんありがとうございました。

走行距離:196km
平均時速:26.75km
平均CAD:89

ポチっとしていただけたらたいへん嬉しいです。
よろしくお願いしますね053.gif(^^ゞ。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

by piyopiyodesu | 2013-12-25 07:59 | ロードバイク集団走行 | Comments(14)  

マラソン大会10週間前の練習

 来年2月23日の『総社吉備路マラソン』の10週前になりました。
しつこいぐらいに書いていますが、先週に引き続き、できるだけ↓この本に書いてある練習内容に従って練習しています(^^ゞ。
c0236857_19330166.jpg

15日(日)は自転車で200km近く走りまして、心肺機能向上のために、何度か高強度の走りを取り入れました(^^ゞ。

16日(月)は休みにしても良かったのですが、前日の長距離サイクリングで疲れた筋肉をほぐすためと、翌日の60分ビルドアップ走のためにも筋肉をほぐしておいた方がいいかなと思い、ゆっくりゆっくりですが30~40分かけて5kmほどジョギングしました。
体が重くてジョギングしかできなかったというのが本当なんですけどね。

17日(火)は、ゆっくり走り始めて徐々にペースを上げていくビルドアップ走で約60分、11km走りました。
まだ日曜日の疲れが抜けていないのか、なんだかいつもより体が重くて、ビルドアップと言ってもあまりペースを上げられなかったのですが、一応上げました(^^ゞ。

まあ、そういう日もあるでしょう(^^ゞ。
上げられないものしょうがないじゃないですか!(爆)

18日(水)は、天気予報どおり雨が降ったので、予定どおりプールへ行って3000m泳ぎました。
スイムは、ランと違って着替えたりシャワーを使ったりと時間がかかるので、限られた昼休みの時間を効率的に使わないと泳げる距離が短くなってしまうんですよね~。

昼食をさっさと食べて、用事があったのも手際良く済ませてスイムに時間がかけられるようにしたので、昼休みに泳いだ距離としては最長距離になりました。

キックは弱めにしてプル(腕と手)をメインエンジンにして泳いだので、プールからの帰りに下半身の疲れが少なかったような気がします。

3000m泳いでも午後の仕事がだるいとは思わなくなりましたね。
気持ち的には午後に限らず仕事はいつでもだるいけどね(^^ゞ。

19日(木)は、長距離を走るつもりでいました。
次の日曜日は先週に続いてコギコギさん達とサイクリングする予定なので、時間のかかる長距離走は木曜日に済ませておくつもりだったのですが、天気予報が外れて午前中は雨だったんですよねー(>_<)。
午後には上がる予報だったので、長距離走は午後にすることにして、しょうがないので近所のプールで3000m泳ぎました。

ローラーでバイクに乗っても良かったんだけど、バタ足をせずに脚の筋肉を疲れさせないで、上半身だけで泳いだ後のランはどれぐらい走れるものだろう?ってことに興味があったので、泳いでみました。

下手なバタ足を頑張っても疲れるだけなので、タイミングとバランスをとるためと、脚が沈むのを防ぐ程度に弱めにキックしながら泳ぎました。
始めはゆっくり、徐々にペースを上げて最後は速くという感じで、65分ぐらいで60往復。
まあまあいい感じで泳げたと思う。

プールから上がって帰る時の感覚では、バタ足を積極的に使って泳いだ後よりは随分楽な気がしましたね。

昼食後、スポーツドリンクを約1L入れたハイドレーションバックパックを背負って走りに出ました。
近くにある権現ダムでできた人造の権現湖の周りを2周。

権現ダムはウチのすぐ近所にあって何度も横を通っているのですが、周囲にあるらしい遊歩道を走ったことはなかったので、どんなコースだろうと気になっていたんですよね。

バイクで走るにはコーナーがタイト過ぎたり、落ち葉が落ちていたり、道が狭かったりするのでゆっくり走らないと危険ですが、ランにはなかなかいいコースでした。
クネクネ曲がっていて思ったより長くて1周約10kmありました。

ガーミンのGPS腕時計F10で記録したラップタイムです。

1km  5’36 走り始めは体が重い
2km  5’45 まだ重い
3km  6’12 上り基調
4km  5’43
5km  5’39 
6km  5’26 5kmぐらい走ってようやく体が軽くなってきた
7km  5’27
8km  5’26
9km  5’24
10km 5’16
11km 5’16
12km 5’18
13km 5’08
14km 5’15
15km 5’03
16km 5’02
17km 4’59
18km 5’00
19km 4’55
20km 4’49
21km 4’42
22km 4’43
23km 4’41
24km 4’52 信号で止まった
25km 4’39

走行中にF10が表示するラップの予測タイムはかなりいい加減だと思う。
ほとんど同じペースで走っているつもりなのに、1分近く速いラップだったり遅いラップだったりするので信用しない方が良さそうだ。
信じてペースを上げ下げしてたらすぐにバテテしまいそう。

1km毎に表示する実測ラップはほぼ信用できると思う。
1km毎に「ピッ」という音で知らせてくれたらいいのに・・・・・ということを前に書きましたが、そういう機能があることに走り終わった後で気付きました(^^ゞ。

これで、1km毎のほぼ正確なラップタイムを見落とすことなく走れそうです。

後半型の走りとして、徐々に徐々にペースを上げてみました。
ラスト2kmはスパートしたつもりでしたが、全然スパートになってませんね(>_<)。

信号待ち等で立ち止まると、オートポーズ機能が働いて計測も停止するのですが、立ち止まってから計測が停止するまでに数秒間のタイムラグが生じるので、24km目は実際より遅くなっているんだと思います。

まあでも、頑張ったな。

ちょっと前なら20kmも走るなんていうと一大事で、相当な覚悟が必要だったのに、何度か走っているうちに25kmなら2時間ちょっと(10分)で走れるようになってきたので、あまり気負わずに走りにでかけられるようになってきました。

まだまだ遅いけど少しづつ少しづつ速くなってきてはいると思う。

先日買った新しいランニングシューズ、ミズノのウェーブスペーサーダイナのワイドモデルはなかなかいい感じです。

c0236857_20512074.jpg
軽いんだけどクッションもそこそこあって、膝に負担を掛けることなく走れそうな感じです。
アシックスのソーティ マジックライズに比べると20gぐらい重いけど、それぐらいならすぐに履き比べでもしなければ殆ど気にならない程度の重量差だし、20g重い分だけクッションは厚くできているようです。
だけど、マジックライズのような裸足に近い感覚はないです。
そんなの必要ないのかもしれませんが。

フルマラソンはウェーブスペーサーダイナ、20kmまでならマジックライズ、ここ一番ではミムラボぴよぴよスペシャルって使い分けようかな(^^ゞ。
贅沢やなぁ(^^ゞ。
3足あれば3倍長持ちしますからね。

小指のマメはできなかったけど、もう少し距離が長くなったらできると思う。
5本指靴下を履くのを忘れていたので、それを履けばもっとマメができにくくなる気がします。

今後はミズノのシューズも選択肢の一つに加えていこうと思います。

F10は、1km、10kmといった区切りのいい距離で自己最高記録で走ると記録が残るようにできています。

この日のランでの記録です。

Fastest10km 48’22.8 (10kmの自己最高記録48分22秒8) 遅い(>_<)

Fastest Half 1”47’31 (ハーフマラソンの自己最高記録1時間47分31秒)

Longest Run 25.94km  (自己最長走行距離25.94km)

ふふーん、おもしろいね。

これって、スタートした時からの記録ではなくて、最速区間っていうことのようですね。

最後の10kmはかなりいい感じで走れてとばしたつもりだったのに、ショートディスタンスのトライアスロンのレースでの10kmランと大差無いタイムです。

なんだか不思議な感じです。
トライアスロンの時は疲れてヨレヨレで、ノロノロしか走れていないような気がしていても、自分の感覚以上のスピードで走れていたっていうことなのかなぁ。

自分のスピード感っていうのは案外アテにならないものなのかもしれません。

また、ハーフマラソンなんて考えたこともなかったけど、始めからハーフの距離だとわかっていればもっとペースを上げられそうです。
マラソン大会までにハーフを思い切り走ってみようかな(^^ゞ。

20日(金)は、完全休養にしました。
休むこともトレーニングのうちなんですよね(^^ゞ。

21日(土)は、スピードを養うためのTT(タイムトライアル)走をする予定でしたが、寒いのとちょっとだけど雨が降っていたのでさぼっちゃいました(>_<)。

走れないほどの雨じゃなかったんだけど・・・・ダメだな。
心が弱いね。

代わりにローラーやろうと思ったけど、それもさぼっちゃった。

どこかで取り返さないと。

マラソン大会に向けて、これからまだまだ練習の強度も距離も強く長くなっていくというのに、こんな序盤からさぼっていてはいけませんね。
来週はきっちりやろうと思います。
ポチっとしていただけたら嬉しいです。
よろしくお願いします(^^ゞ。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

by piyopiyodesu | 2013-12-23 19:23 | ランニング | Comments(0)  

冬のトリガタワ峠 その2

 前回の続きです。

ONIさんのピナレロのパンク修理(と言っても、シーラント剤のNOTUBESを注入して空気を入れるだけでしたが)が無事に終わり、7名列車は再び走り始めました。
山崎インターチェンジの近くからは、狭くて交通量と信号が多い国道29号線を避けて、揖保川東岸の抜け道を走って先頭交代の練習をしました。

詳しいことは、後日コギコギさんが書かれると思うので割愛しますが、安全に楽しく、かつ、できるだけ少ない疲労で列車が維持できるような練習をしました。

赤信号から発進した直後、コギコギさんが何か異物を踏んでしまったそうで、フロントがパンク。
コギコギさんはこの日2度目のパンクです。

c0236857_08163095.jpg

チューブを出して空気を入れてみても空気が漏れている場所は特定できなかったのですが、念のためにチューブを交換しました。

今日はパンク連発になるのか?
次の犠牲者は誰だ?
オレじゃないだろうな?

みたいな感じになりましたが、この後は犠牲者無しでした(^^ゞ。

山崎町の中心部を抜けたあたりで揖保川を渡り、29号線に戻りました。
抜け道と比べるとクルマがやや多いのと、スピードを出しているクルマが多いので、次々と先頭交代するのはやめて、先頭が疲れたら交代するっていう感じで順調に走り続けて道の駅「みなみはが(南波賀)」に着きました。

美味しいパン屋さんがある道の駅です。

c0236857_08164101.jpg

売れ残って半額になったパンを求めて我先に店に入りましたが、定価のパンしかありませんでした(^^ゞ。
残念~(^^ゞ。
焼き立てのいい香りのするパンがたくさんあったから、まっ、いっか(^^ゞ。
ケチじゃなくて倹約家のボクとしては、味は何でもいいからできるだけ中まで詰まっていて大きくて重そうな割には安いパンを2つ食べました(^^ゞ。

炭水化物のコストパフォーマンスが高そうなヤツね。

各自パンを食べてエネルギーを補給。
走っている間はいいけど、動いてないと汗が冷えて寒くて体がすぐに冷えちゃって、次に走り始めた時に脚が重い重い(>_<)。

この辺りからよわ~い雨がポツリポツリと降り始めたのですが、大降りにならずに済んで助かりました。

走り始めてすぐに、Di2なのにフロントチェーン落ち(>_<)。
電動にすればチェーン落ちしなくなると思っていたのに、もう3度目です。
よっぽど変速がヘタなんやねぇ。

作業用のゴム手袋を持っているのですが、待たせちゃ悪いと思って素手で直してアスファルトに汚れた指を擦り付けていたら、ワインレッドさんがいいモノを出してくれました。
チューブに入った接着剤みたいなペーストを少量手にとって、両手を洗うように擦り付けると、手に付いた黒い油汚れが消しゴムのカスみたいに固まってポロポロ取れました。

へ~、こんな便利な物があるんですねぇ。
え~っと何だったっけ?自転車のチェーン店の名前、何だったっけ?
忘れちゃったけど、そこにも置いてあるそうなので、今度その店の前を通ることがあれば買っておきます。

あっ、思い出した!
サイクルベースあさひだ(^^ゞ。

そして、幾多のトラブルを乗り越えて、我々7名はついにトリガタワ峠の入り口、国道29号線と429号線の分岐、斉木口の交差点までやってきました。

交差点を左折するとすぐに上り坂が始まります。

コギコギさんから

「ここから自由行動!」
の号令が下る前から飛び出していく者約3名(^^ゞ。

ONIさん、住友輪業さん、hiroさんが飛び出していきました。

アレレレレ~、坂好きと思っていたクライムさんはコギコギさんと一緒におとなしくしてましたね~。
どうしちゃったのかなぁ(^^ゞ。

まっ、いいや。
コギコギさん、クライムさん、ワインレッドさん、仲良くしましょうねー(^^ゞ。

ところが、3人ともひどいんですよ、ボクを置いてさっさと行っちゃいました(@_@)。
グスン(^^ゞ。

c0236857_08164798.jpg

きっと「ひびのきの水」に寄るだろうと思って、最後尾を一人ノロノロと上っていきました。

おかしいなぁ、前に来た時はギア1,2枚残して上れたのになぁ、今日はなんだか体が重いよ(>_<)。

吊り橋ダッシュのせいか?
ランニング疲れか?
バイクをさぼっていたせいか?

たぶん、全部だな(>_<)。

夏なら冷たい水を頭からかぶったり、ボトルを満たしたりするところですが、さすがにそういう人はいませんでしたね。

「ひびのきの水までダッシュしましょう!最下位の人は頭から水をかぶること!」

なんて言わなくて良かった(^^ゞ。

オレになるところだったわい(>_<)。
c0236857_08165302.jpg
国道にもどってしばらく坂を上っていくと、旧道との分岐に到着です。

先回りして動画を撮ろうとする住友輪業さんの速いこと速いこと(@_@)。

何て表現したらエエのか?
必死に上っているっていう感じは微塵もなくて、まさにすいすいすいーっと上っていく感じ。
ボクの上りがグチャグチャに散らかしたゴミ部屋だとすると、彼の上りは生活臭が全く感じられないモデルルームっていう感じ。

わかるかな(^^ゞ。
走りがスマートなんですよ。
平地を走る時と全く変わらず、イヤ、もしかしたら平地以上に軽やかに風のように昇って行くイメージなんだなぁ。

今までボクが実際に見た中では、間違いなくダントツで一番速いですね。
あ~、あやかりたいあやかりたい。

み~んな先に行っちゃって、争いごとには加わらない平和主義者のワインレッドさんと仲良く殿(しんがり)を務めました。
c0236857_08170623.jpg
途中で歩かなアカンのんちゃうか!っていうぐらいきつかったけど、途中でワインレッドさんを裏切って、何とかブービー賞で上りきりました(^^ゞ。
道端には所々に雪がありました。

下り始めると風が強く、横風に弱いカーボンディープホイールのONIさんとボクは、時々ふらつきながらソロリソロリと下りました。

この辺りまで動画に映っていますが、その後バッテリー切れで撮れていません。
バッテリーは全部で3個持っていて、あと1個残っていたんですけど、次の休憩時に交換しようと思いながらいつも忘れちゃうんですよ(^^ゞ。
若年性認知症ですから(>_<)。
http://www.youtube.com/watch?v=wQf5KSTtQzg&feature=c4-overview&list=UUFiUK7fT0vP7yRKxXgNerUg



千種のローソンで休憩して温かい肉まんを食べました。
ここからは千種川沿いに下り基調の気持ちいい道がず~っと続きます。
向かい風さえなければね(^^ゞ。

そこで再び先頭交代の練習を繰り返しながら7名列車は帰路に着いたのでした。

続く・・・・・(^^ゞ。


ポチっとしていただけたら嬉しいです。
よろしくお願いしますね~(^^ゞ。


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

by piyopiyodesu | 2013-12-20 10:15 | ロードバイク集団走行 | Comments(4)  

冬のトリガタワ峠 その1

 12月15日、日曜日。

臨時漕会のONIさんが播磨地方の実家で週末を過ごされることになり、それでは一緒に走りましょうということで、コギコギさんの呼びかけに総勢7名が集まって、サイクリングしてきました。

第一集合場所はJR山陽本線の竜野駅です。
加古川のウチからは約37km。
もう何度も走ったことのある道です。

集合時刻の8時半に余裕を持って間に合うように、いつもと同じ7時にウチを出たのですが、実は、と言うか、最近ブログにバイクの記事が全くなくて、ランニングのことばっかり書いていることからもお分かりのように、11月17日にビワニを走って以来全くバイクに乗ってなかったので、走力がかなり落ちちゃったみたいで、集合時刻ギリギリぐらいで集合場所近くの駐車場に着きました。

走りながら、このペースじゃギリギリだからもっと速く走らなきゃ!って思うんですが、巡航速度も、ゼロ発進加速も、中間加速も、DHpを維持するのもかなり退化していました。

しばらく乗ってないなぁと思ってはいたのですが、こうやって改めて文章に書いてみると、実にほぼ1ヵ月も乗ってなかったんだなってことに気付きました。

もっと乗らなきゃっていう気持ちはあるんだけど・・・・・寒いんだもん(^^ゞ。
年寄りになると寒さが身にしみるんだぁ。

バイクには乗ってなくても、そこそこ真面目に(過去の自分比(^^ゞ)ランニングしているから、バイクの走力はあまり落ちてはないんじゃないか?なんて考えていたのですが、甘いですね(>_<)。

バイクばっかりでランニングしてない場合のランニング走力の低下よりは、ランニングばっかりでバイクに乗っていない場合のバイク走力の低下の方がまだマシかなとは思いますが、やっぱりバイクの走力はバイクで鍛えないとだめですね。

心肺能力は、クロストレーニングで他種目ででも鍛えることができるんですけどね。

週に2,3度固定ローラーで30分ほど回すだけでは現状維持さえおぼつかないようです。

寒いけど、もっと外を走るか(バイクで)、ローラーの時間を長くしなければいけないなと思いました。


竜野駅近くの駐車場までクルマで来られたONIさんと住友輪業さんを見つけたので、そっちに行ってみました。

空気圧チェックに余念がないONIさん。
今日のホイールはFFの60mmディープカーボンですね。

住友輪業さんは影だけ写ってます(^^ゞ。
体が細いので影も細いです(^^ゞ。
c0236857_08154165.jpg
コギコギさんは自宅を出てすぐにパンクしちゃったそうで、ONIさんと住友輪業さんと3人でおしゃべりしているうちに、hiroさんと一緒に現れました。

迷コンビのONIさんとhiroさん。
c0236857_08154776.jpg

この日、どこ方面に走りに行くのか全く知らなかったのですが、聞けばトリガタワ峠を走りに行くとのこと!
なんと!意表を突くトリガタワとは!

ONIさんとhiroさんがまだトリガタワ未経験なので、いっぺん走っとかなあかんやろ!ってことで決まったようです。
下りはちょっと寒いかもしれないけど、まだ雪は降らないでしょう。

10月に、モーニングさん、hiroさんの3人で鳥取砂丘まで走った帰りに、トリガタワ峠の入り口でhiroさんに、

「ここを右折したらトリガタワ峠ですよ、走って帰りますか?」

とお尋ねしたところ、

「トリガタワはまた改めて走りに来たいです。」

とお答えになられましたので、ついに走る日を迎えることができて良かったですね(^^ゞ。

「それでは走りましょう。案内をお願いします。」

と言われたら困るところだったんですけどね(^^ゞ。



コギコギさんを先頭に、揖保川東岸の交通量の少ない道を北へ走って、第2集合場所の新宮の国民宿舎「志んぐ荘」前の吊橋を目指します。

c0236857_08155220.jpg
駐車車両や、歩行者、犬の散歩をしている人達がいれば、先頭を走る人がハンドサインで知らせるだけでなく、声に出して

「歩行者!」

とか、

「障害物!」

と叫んで知らせます。

ボクはよくやってしまうのですが、先頭がハンドサインを出すのを忘れちゃうこともあるので、2番手でも3番手でも、前方の危険要素に気付いた人がハンドサインや声で後続に知らせます。

列車が長くなればなるほど前方が見にくくなりますからね。

最後尾や後ろから2番目ぐらいの人は、時々振り向いて後ろを確認して、クルマが近づいてくれば

「後ろからクルマ~!」

とか、

「もう1台!」

と叫んで、前の人達に知らせます。

この日は、いつも以上に元気な声掛けが飛び交っていたように思います。

片手ハンドルが危険な場合もあるし、ブレーキ操作で手が放せないこともあるから、大きな声も併用してコミュニケーションを取り合うのはいいことですね。

久しぶりのトレインでワクワクしてきてね、出身高校の近くを通ったこともあって、懐かしくて母校の校歌なんぞ口ずさんじゃったよ(^^ゞ。

母校の校歌ってさんざん歌わされたせいか、幾つになっても覚えてるもんですよね。
現役の頃は歌うのがイヤだったのになぁ。

東觜崎の橋を渡って揖保川西岸の土手道に入り、姫新線の踏切を越えて、第2集合場所の新宮の吊橋まであと2kmぐらいの所で、トレーニングと思って飛び出してみました(^^ゞ。
ちょっと狭いけど交通量が少なく見通しがいい道です。

サイクリングペースで走っている最中に、いきなり高強度の運動を取り入れると、血流の一時的な不足や、血流の大幅な増減による血管へのメカニカルストレス(機械的な刺激)が加わることで、筋肉(遅筋繊維)の周りについている毛細血管網が発達して心肺機能の向上につながるそうです。

「吊橋までダッシュしましょう!」

誰にともなく声をかけて、ダンシングで加速しました。

こういう時に誰も追ってきてくれないと非常に寂しいというか、ズッコケちゃうのですが、心優しい住友輪業さんが付き合ってくれました(^^ゞ。

他のみんなは無視かよ~(爆)。
拗ねるど!(^^ゞ

そしてすぐに抜かれた~(>_<)。

そして離された~(ToT)。

あかん、スピードが違いすぎる~(@_@)。

住友輪業さんが遠ざかる~(ToT)。

ふふふふっ、だけど剱号にはエエモン(いい物)が付いているのだ。

エアロバー(エロバーじゃないよエアロバーだよ、DHbのことね)を持って上半身を伏せると空気抵抗が一気に減ってペダルが軽くなる。

右のエアロバーのボタンをプッシュ!

フィッと音がしてギアが1段重くなる。

ペダルにしっかりと体重を乗せて、グイグイ踏み込む。


ジワリジワリと追いついた。

車間距離が3mぐらいになったところでDHpからブラケットポジションへ。

ピタっと背後に着いて、チャンスをうかがう。

住友輪業さんが疲れるのを待って吊橋直前で前に出てやろうと姑息なことを考えながら必死に着いていったけど、血流の一時的な不足は48歳のオヤジにはきつかったぁ(>_<)。

呼吸は乱れに乱れて、脚は鉛のように重い。
前に出るなんて絶対ムリ~。

なんとか離されずに着いていくのがやっとでした。
あれっ、離されたんだっけ?
どうだっけ?
いかん!酸欠のドタマは記憶装置まで壊れてしまってもう覚えてないよ(>_<)。

あ~しんどかった。
回復するのにかなり時間がかかったな。
まだまだ先は長いというのに、ちょっと失敗したかな(>_<)。


地元の人達はみんな自転車に乗ったまま渡るけど、降りて渡るように書いてあるので、歩いて渡るhiroさん。
エライ!

c0236857_08155779.jpg
c0236857_08160489.jpg
高い所は苦手というONIさんは、トップチューブに跨って歩き。
c0236857_08160916.jpg
寒かったせいかデジカメの調子が悪くて(バッテリーが冷えたせいかな)、コギコギさんは写ってません(^^ゞ。

吊橋を渡った所で、ワインレッドさん、クライムさんと合流しました。
お待たせしました~。

c0236857_08161692.jpg
コギコギさんを先頭に7台列車で走り始めて間もなく、コンビニでトイレ休憩したところでONIさんのフロントタイヤがパンク(^^ゞ。
リアはこの日のために新品タイヤに換えたばかりだったそうなので、リアでなくて良かったのかな(^^ゞ。

パンク修理シーラント剤、NOTUBESを注入したらすぐ穴は塞がったようです。
めでたしめでたし。

c0236857_08162177.jpg
↑チューブラータイヤのパンク修理をシゲシゲと見物するコギコギさんとワインレッドさん。

決して

「オラオラ~、はよせんと(早くしないと)日が暮れるやないか~。」

と脅しているわけではありませんよ(^^ゞ。

「前もってシーラント剤を入れてなかったんですか?」

って何気なく言ったのですが、直前に同じことをみんなから言われてたようで、トドメを刺してしまいました(爆)。

続く・・・・・(^^ゞ。

ランニングのネタばかりで、ポチっとするのをためらっていた方々も、これで心置きなく心晴れやかに心行くまで存分に(ひつこい!)ポチっとできるでしょう!?(爆)

よろしくお願いしますね(^^ゞ。


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

by piyopiyodesu | 2013-12-18 08:38 | ロードバイク集団走行 | Comments(12)  

ミズノのランニングシューズ

 スイスのランニングシューズメーカー、on社のクラウドサーファーは、ボクの足に合わず、足が痛くて走るのが苦痛になってきたので売っぱらってしまい、新しいランニングシューズを買いました。

トレールランに使ったモンベルの軽トレッキングシューズも、サイズが小さくて爪先が痛いので売っぱらいました。

どちらも安くでしか売れなかったけど、持っていても下駄箱の肥やしになるだけなので、新しいオーナーの元で天寿を全うしてくれたらいいと思います。

20kmぐらい走ると必ず両足の小指に水ぶくれができちゃうので、新しいランニングシューズを決めるのに、近くのスポーツショップでアシックスのワイドモデルを試着してみたのですが、アシックスよりもミズノの方がさらに幅広な感じで、小指へのアタリが柔らかいようだったので、ミズノのシューズを買ってみました。


前回、アシックスのソーティ マジックライズを買った時は、アシックスのランニングシューズのラインナップの中でどういう位置付けにあるのか?とか、どういうランナー向きのモデルなのか?なんてことは全く考慮せずに、ミムラボぴよぴよスペシャルに近い感じっていうだけで選んだのですが、後になって、サブ3のエリートランナー御用達のシューズであるとか、フルマラソンよりは10~20kmぐらいの距離に使うランナーが多いモデルだということを知ったのです。

その時の店員さんもまずかったな。
ギリギリサブ4レベルだと伝えたのに、なんにもアドバイスしてくれなかったもんね。

店員さんの当たり外れってありますよね!

今回は、しっかり吟味して選びました。
と言っても、やっぱり基準になるのはミムラボぴよぴよスペシャルなので、重いのは除外。

ミズノの最軽量クラスは165gぐらいなのですが、2番目に軽いクラスのウェーブスペーサーダイナのワイドモデルを買ってみました。
170gと169gでした。
ネットで調べた重量185gより軽かったです。

c0236857_20512074.jpg
ソールに青いプラスティック製の波型のプレートが入っているのが、ウェーブスペーサーの名前の由来だそうです。
爪先で地面を蹴った時に、曲がったプレートが伸びる力が推進力を生むそうだ。


c0236857_20512736.jpg
c0236857_20513551.jpg


数年前、登山用に、2000円もするミズノのメッシュのトランクスを思い切って2着買ったことがあるんですが、2着とも数回使っただけですぐに伸び伸びになってしまって、歩いている最中に大事なところがはみ出すようになって以来、ミズノにはあんまりいい印象を持っていないんです(>_<)。

歩きながら、しょっちゅうポケットに手を入れて、はみ出した大事なところをパンツ内におさめてもおさめてもすぐにはみ出してくるんです。

まるで変態みたいです(>_<)。

でか過ぎるのかな(爆)。

高かったからなかなか捨てられず、我慢して使っていたのですが、何でか忘れたけどガムがくっついちゃって、剥がそうとしたら破れたのと同時にボクの堪忍袋の緒も切れて、ゴミ箱に投げ込みながら「もう二度とミズノは買わねぇ!」と誓ったのです。

発熱して暖かいっていうのがウリの手袋も全然暖かく感じなかったしな。

どちらかと言えばアシックスの方が好きなんだけど、ミズノにもう一度チャンスを与えることにしました(爆)。

このシューズの印象が悪かったら、金輪際ミズノとは縁を切ってやる!
部屋で履いてみた感じではなんだか良さそうな感じ。
早く走ってみたいのだ。

ポチっとしていただけたら嬉しいです。
よろしくお願いしますね~(^^ゞ。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

by piyopiyodesu | 2013-12-17 08:24 | ランニング | Comments(0)  

マラソン大会11週間前 7日目の練習

 12月14日、土曜日。
3時ごろに帰宅したら、急いで用意をして加古川河川敷に走りに行きました。
13日は、昼休みに少しだけ歩いたりジョギングしたぐらいです。
c0236857_19330166.jpg
小出カントクはこの本で、週に3度は脚や心肺に高い負荷をかけるポイント練習をしなさいと書いてます。
 
ビルドアップ走長距離走と、タイムトライアルです。

この日は、5km+3kmのタイムトライアルをしました。
距離が短いので、シューズはアシックスのマジックライズです。

短い距離を全力で走ることによって、フルマラソンの後半でペースをあげていくためのスピードを養い、心肺機能を鍛えることが目的です。

8kmを連続で走るより、5kmを全力で走った後、呼吸が落ち着くのを待ってさらに3kmを走る方が効果が高いそうです。

心肺に刺激の波を与えるってことが練習になるんでしょうね。
距離が短い方がスピードも上げられるしね。
距離が長くなるとセーブしちゃったりタレてくるでしょうしね。

ここで言う全力とは、決めておいた距離を走りきれる最大限のスピードだそうです。

左手にストップウォッチの時計を、右手にガーミンのForerunner10(以下、F10と略す)を着けてF10の計測精度を検証してみました(^^ゞ。

結果を先に書くと、ピッタリ10km移動した時のF10の表示は9.97kmでした。
10m単位の表示なんです。
衛星からの電波を遮るような物が一切ない場所で、10kmで30mの誤差というのは優秀なのかな?
カーナビ以外では初めて使うGPSなので比較しようがありません。
誤差0.3%だから悪くはないですよね。

9km移動時では8.94kmと表示していて60mの誤差があったのですが、1kmを歩いて移動しているうちに誤差が小さくなりました(^^ゞ。

まあこんなもんなのかな。

2kmほどジョギングしてウォーミングアップした後に、まずは5kmTTスタートしました。

15km地点から18km地点までの3kmは向かい風、そこでUターンして16km地点までの2kmは追い風でした。

左側がストップウォッチの実測ラップで、右側がF10のラップです。

1km 4’48  4’40
2km 4’31  4’30
3km 4’37  4’36
4km 4’25  4’22
5km 4’20  4’24

ほぼ正確と言っていいのかな。

F10は、Time、Distance、Pace、Caloriesのうちから2つを選んで表示させることができるので、Pace/Distanceにしておくと、現在走行中のそのスピードで1km走った場合の予測ラップをリアルタイムで表示してくれるので便利です。
1km走行毎に、実測ラップをしばらくの間表示してくれるのですが、見損なう可能性があります。
1kmごとにピッっと音で知らせてくれるといいんだけど・・・・。
ボクが気づいてないだけど、そういう機能が付いてるかも。

歩いたりジョギングしたりして15km地点まで戻って、2本目の3kmTTスタートです。
17km地点までの2kmは向かい風、そこでUターンして16km地点までの1kmは追い風です。

1km 4’34  4’27
2km 4’23  4’22
3km 4’03  F10はまだ1km走ってないと計測していたので、不明

停止状態から動き始めてすぐは誤差が大きくなるようだけど、継続して移動中であれば誤差は僅かなようですね。

加古川河川敷マラソンコースのように、1km毎に表示がないコースでは十分使えそうです。

追い風参考ながら、1km4分3秒というのは自己最高記録です(^_^)v。

ランでのTTは初めてだったので、自分が5kmとか3kmをどれぐらいのペースで走れるものか?ってことがわかってなかったために、ちょっとセーブしちゃったかなぁっていう走りになったのは否めないですね。

走り終えた直後はもちろんゼーハーゼーハーなんだけど、すぐに落ち着くようになったなぁ。
オレの心臓、かなりレスポンスが良くなってきた気がするな。

それに8kmぐらいじゃ脚がだるいとか膝が痛いとか、全くないね。
走れる体に変わりつつあると思うと嬉ぴーね(^^ゞ。

次からはもっと追い込んだ走りができると思います。

これで、マラソン大会11週前の1週間の練習が全て終わりました。
ほぼ計画通りの練習ができたと思います。

通常練習では2週毎に負荷を高めていくので、来週も今週とほぼ同じ内容です。
しかし、軽い負荷で練習しても効果は上がらないので、負荷が軽すぎると思えば負荷を高めて、きつ過ぎると思えば軽くすればいいそうです。

走ることを楽しむことが何より大切だそうです。
そりゃまぁそうだわな。
苦しい中にも楽しさがないと続かないわなぁ。

マラソン大会に向けてと言うより、その先にあるロングディスタンストライアスロンに向けて、そしてバイクでの運動能力向上に向けて自分なりに頑張ってみてます。
ポチっとしていただけたら励みになります。
よろしくお願いしますね~(^^ゞ。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

by piyopiyodesu | 2013-12-16 08:14 | ランニング | Comments(4)  

GPSデビュー

 ランニングの強度(スピード)を知るのに、1km毎に表示がある常設の加古川河川敷マラソンコースや1周の距離がわかっているコースは便利なんだけど、同じ場所ばかり走っているとやっぱり飽きてくるんですよね。

もっとアップダウンのあるコースも走っておくべきだとも思うし、トレールラン(山道を走ること)の距離もわかると楽しいなということで、前から欲しいと思っていたGPS付き腕時計を遂に買いました~(^^)。


たくさんの機能があっても絶対使い切れないに決まってる。

ランニング中の1kmあたりのラップと距離がわかればそれでいい。

できれば防水機能がしっかりしていること。

できるだけ小さくて軽いこと。

取り説なんて読まないので、操作が簡単で、いじくりまわしても壊れないこと。

安いこと。

トレランにも使えるといいが、使えなくてもまっ、いっか(^^ゞ。



以上の条件をほぼ満たすのではないかと思われるガーミンのForerunner10を買いました。

c0236857_20534032.jpg

    
13,000円ナリ~。

黒とピンクとグリーンがあって、黒は43gで女性向きのピンクとグリーンはやや小さくて36gなので、少しでも軽い方がいいと思いグリーンにしました。

c0236857_20534986.jpg

ガーミンに詳しいあにぃにも相談しまして、衛星捕捉に時間がかかるとイライラするし使い物にならないのでやっぱりガーミンがお勧めということでした。

あにぃ、その節はありがとうございました(^^ゞ。

10の唯一の不満はバッテリーが最大で5時間しかもたないところだけど、その点はラン専用と割り切ることにしました。

バッテリーが14時間もつというエプソンの機種も考えたのですが、口コミの評価がさっぱりダメだったので10に決定とあいなりました。

使っているうちに内蔵のリチウムバッテリーがへたってきて、もちが悪くなるそうですが、主目的であるランニング中の距離とラップ計測には全く問題ないでしょう。
4時間も5時間も走るなんて普通はないですからね。

トレランは時間が長くなると途中でバッテリーが切れるでしょうが、それはしょうがない。

50m防水だから、水泳に使うぐらいで壊れることはないだろうと思うので、ショートディスタンスやミドルディスタンスのトライアスロンで、スタートから装着しておいてランの時だけラップを計るという使い方が可能であろう。

スイム中はラップなんて見ないし、バイクではサイコンがあるし、PCと繋いでデータをウンヌンなんてことは絶対しない(できない(^^ゞ)しね。

ロングディスタンスのトライアスロンのランでは、ゴール前にバッテリーが切れるかもしれないけど、バッテリーが切れる前にゴールしようとして励みに(プレッシャーに)なるやも知れず(^^ゞ。


早く使ってみたいのだ。
これで走ることが楽しくなれば安いものなのだ。

日本語版と英語版があって、英語版の方が安いのでそっちにしたんだけど、取り説が英語以外にもたくさんの外国語で書いてあるのに、日本語はないんですよね。

日本語の取り説が欲しい人は日本語版を買えっちゅうことかいな。
ネットで、翻訳ソフトで日本語訳されたと思われるたどたどしい取り説を見つけていじくり回していたら、なんとなく使い方がわかりました。

TIMEXの普通の腕時計も十分使い切れていないので、使えるかどうかかなり不安だったので、よかったぁ(^^ゞ。

12月13日金曜日の昼休み、この日はトレーニングは一切お休みでも良かったけど、前日の28km走の疲れをとるためと、翌日に予定していた5km+3kmのタイムトライアル走に向けて筋肉をほぐしておくためと、Forerunner10を早く使ってみたかったので、ちょっとだけ歩いたりジョギングしたりしてみました。

実際に使ってみると、まだ使い方がよくわからないんだけど、いじくり回してなんとなくわかったようなわからないような。

いつも走っている1周666mのジョギングコースを走ってみたら、650mと表示していた。
陸上のトラックのような狭い場所をグルグル回るような場合は計測精度が落ちると、口コミに書いてあったからこんなものなのかな。

もしかしたら666mってのが間違ってるかもしれないしな。
役所のすることなんてエエ加減だからね。

ペース表示にすると、走行中の1kmあたりのラップタイムがリアルタイムで表示されて便利そうなんだけど、ペースを上げ下げした時の反応が遅いね。

そして、なんだか自分の感覚よりも遅いペースを表示しているような気がする。
そんなことないんだろうけど。

マラソン大会でのペース把握はこいつにかかっているので、早く慣れておかないとね。


ポチっとしていただけたら嬉しいです。
よろしくお願いしますね~(^^ゞ。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

by piyopiyodesu | 2013-12-15 06:00 | ランニング | Comments(0)