<   2012年 06月 ( 17 )   > この月の画像一覧

 

11-25Tで走ってみた

 今日は朝から特定健診を受けてきました。

若い方はご存知ないかもしれませんが、40歳を過ぎると1年に1度、無料で健康診断を受けることができるんですね。
通称メタボ健診っていうヤツです。

幸いボクはメタボには縁のない体型をなんとか維持していますが、無料ですから受けてきました。
40歳になる前から、1年に1度はだいたい誕生日のあたりに簡単な人間ドックは受けているんですよ。

せっかくですから、有料オプションの肺癌、胃癌、大腸癌の検査も受けました

話はちょっとそれますが、2年前だったかに脳ドックも受けました。
2,3ヵ月先の予約をとって受診日を待っている間に、巨人の木村コーチが試合前のノック中にクモ膜下出血で亡くなって、その後予約が殺到してとりにくくなったと聞いたことがあります。

くも膜下出血の原因になる脳動脈瘤というのは、若くても有る人にはあるし、年配でも無い人にはないそうです。
有るか無いかは脳ドックを受診しなければ判りません。
無いことがわかれば、5~10年は安心していいそうです。
ボクは間をとって7年ぐらいの間隔でまた受診しようと思っています。

無ければ安心できるし、有ればカテーテル治療で頭を切らずに早期治療が可能なこともあります。
ロ-ドバイクを楽しめるのも健康あってのことですから、費用は安くはありませんが(4~5万円ぐらい)、受診されることをお勧めします。

健診で一番イヤなのが、胃癌健診です。
バリウムを飲むだけならまだ我慢できますが、バリウムの前に飲む発泡剤が苦手なんです。

発泡剤を少量の液体で飲みこむと、胃の中で発砲して胃が膨らむのがわかります。
「ゲップは我慢してください。」
と言われるのですが、食べ過ぎ飲み過ぎの後みたいに胃が苦しくてゲップして早く楽になりたいんです。
バレナイようにこっそりゲップなんかしたらダメですよ!
胃の膨らみが足らないから発泡剤をもう一度飲まされます。
前回も今回も発泡剤を2度飲みました(>_<)。

だって、ゲップしないように我慢してても出ちゃうんだもんなー。

身長と体重も計りました。
一番高かった頃と比べると、3cmぐらい縮んでいます。ジジィ化!
BMI指数は21.4でした。
BMI指数が22だと最も病気になりにくいそうです。
健康健康!


11時前には帰宅できました。
天気予報が外れて雨も降っていません。

すぐにでもロードバイクで出かけたいところですが、バリウムを飲んだ後で下剤を飲んだので、バリちゃんが出るまでは迂闊にトイレから離れられません。

突然お腹がムズムズっときて第一便(ベンと読まずにビンと読んでください(^^ゞ)。
しばらくして第二便。

これで安心してはいけません。
過去の経験から言うと、バリちゃんが全部出て行くには夜までかかります。

第三便は無さそうだったので昼食を食べて昼過ぎに自宅を出ました。
いつバリちゃんが出てもいいように、コンビニが多い幹線道路沿いに走ることにしました。

11-25Tのリアカセットを試してみたかったので走り慣れた250号線経由で赤穂岬に行くことにしました。

新しいパーツの効果を試すには、走り慣れた道が一番ですよね。

走り始めてみたら、リアカセットからチャリチャリカリカリ音がするので、青空号を買った高砂のインフィニティに寄ってみてもらいました。

調整してくれた店員さんが言うには、11-28Tから11-25Tに換えるぐらいなら、普通は調整はいらないそうです。
青空号は買った頃から変速がしぶいんです。

フレームによってはコンポの性能を100%発揮できないことがあるそうです。
ワイヤーがフレームの中を通ると問題が起きやすいらしいです。

青空号ピナレロ クワトロはフレームの中をワイヤーが通るので、コンポの性能を発揮しにくいフレームだそうで、メーカーもそれが判っているので、メーカーからは滑りのいいコーティングワイヤーを使うようにお達しが出ているそうです。

そういうことは青空号を買う前に説明してもらわないと困りますがな。
今頃言われてもねー。
まあ、無料で調整してくれたので我慢するけど、買う前にその説明を受けていたら、違うバイクを買ったかも。

「ボクのバイクはコンポの性能を何%ぐらい引き出してますか?」
と聞いてみたら、
「75%ですかねー。」
だって(>_<)。

正直の前に「バカ」が付くでー(>_<)。
85%ぐらいですかねーって言っておけばいいものを!
首締めるどー(^^ゞ。
まあ、かえって信頼できる言葉と受け取ることもできますけどね。
ちょっとショックじゃ~(^^ゞ。

ボクは非常に執念深いですが(^^ゞ、あまり細かいことは気にしない大雑把な性格なので、75%でも気にしないで乗っていられるけど、神経質な人や、コンポの調子がすこぶるいいバイクと複数所有している人なら我慢できないかもしれませんね。
だって、しょっちゅうリアのギアからチャリチャリシャリシャリコリコリカリカリ音がするし、変速レバーを操作しても変速しないこともあるし、神経質な人だと病気になりそうですもん!

クワトロを買った人のコンポの調子が悪くてメーカーに送ったという話も聞きました。
きっと神経質なオーナーだったのでしょう(^^ゞ。

これまで通り、あまり細かいことは気にしないで乗り続けていこうと思います(^^ゞ。

1万km走ったらオーバーホールついでにDi2化しようと思っているので、もうちょっとの我慢なのだ!

さて、コンビニで何度かバリちゃんを出しながら(^^ゞ、海沿いにアップダウンを伴ったワインディングが続く播磨シーサイドロード(別名七曲り)に着きました。

冬の間は日当たりが良くて暖かいこのコースを何度も走りましたが、ホイールをBORA2に換えてからは初めて走ります。

記憶に残っている前回よりも、かなり速く走ることができました。

そして、11-25Tの性能を試すべく激坂を登って万葉の岬にも行ってみました。

万葉の岬の最高地点です。

c0236857_223108.jpg


明石海峡大橋も見えるらしい。

c0236857_2231367.jpg


よ~く見ると、橋の主塔が見えました。

c0236857_22321167.jpg


BORA2の性能と走力アップの効果なのでしょう、前回はかなりきつく感じた激坂をスイスイとはいかないまでも、かなりいいペースで登ることができました。

11-25Tは、1速から10速までケイデンスの変化量が少なくとても走りやすかったです。
前回11-28Tで登った時はインナーローでやっとこさ登ったような記憶があるのですが、今日はローから2番目の23Tでも登れるぐらいでした。

フフフフフっ、伊達に脚が太くなってはないな(^^ゞ。

相生のペーロン(白龍)道の駅にて。
ここまでの60kmをアベレージ30kmで走ってました!
ちょっと追い風だったんですけどね(^^ゞ。

c0236857_22275265.jpg


高取峠も難なく過ぎて、坂越から赤穂岬への海沿いの道も自分でもびっくりするぐらいのいいペースで走ることができました。

大石殿にも挨拶してきました。

c0236857_22341541.jpg


c0236857_22343518.jpg


帰りは向かい風でしんどかったなぁ。
帰りのコンビニでも何度かバリちゃんが出て行きました(^^ゞ。

御津の道の駅にて。

c0236857_22364631.jpg


今日の走行データ
走行距離:138.56km
平均時速:27.17km
平均ケイデンス:86


ここから先はバカバカしいので読まなくていいです。




















だから、読まなくていいですって。
読むなら自己責任でお願いします(^^ゞ。

先日、サイコンのバッテリーが無くなりかけて、新しいバッテリーに交換してもまだバッテリーが少ないという表示が出るということを書きました。

ハズレの電池だったのかなぁと思って、今日また電池を換えてみたんです。
やっぱりバッテリーが少ないと表示が出ました((+_+))。

これは故障だなぁと思いながらよく見ていたら、バッテリーLOWという表示とCAD TRANS.という表示が交互に出てます。

キャド?
キャドって何や?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

キャドじゃなくってケイデンスちゃうの?
ケイデンストランスミッターのことやがな!

ケイデンスセンサーの電池が無くなりかかってるんやがな!
サイコン本体の電池を換えても直らないわけだー(^^ゞ。

帰りにジョーシン電気で電池を買いました。
ケイデンスセンサーを外して電池蓋を開けて電池の型式を確認。
電池を買ってこれにて一件落着~のはずが、電池蓋が見当たらない!

ポケットの中も財布代わりのジプロックの中も探したけど見つからない。
店内の歩いた所を2度3度と歩いて探したけど見つからない。
展示品や商品棚の下まで覗きこんで探したけど見つからない。

不思議だ~。
あんなに探して見つからないなんて。

電池は買ったけど蓋がなければケイデンスセンサーは使えません。

まあ、ケイデンスが表示されなくても走れますけど。
だいたい+-5ぐらいの範囲内なら今どれぐらいのケイデンスで走っているかはわかると思っています。

あ~あ、新しいサイコンを買えっていうことかなぁ。



ねっ、バカバカしかったでしょ!?

こんなボクに同情してくださる方、ポチっとしていただけたら嬉しいです。

アホやーアホやーと思った方も、読んだ以上はポチっとしていただけたら嬉しいです(^^ゞ。

にほんブログ村 自転車ブログへ

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

by piyopiyodesu | 2012-06-28 23:13 | ロードバイク ロング | Comments(6)  

11-25Tリアカセット

 『やっとわかってきたリアカセットのカラクリ』という記事で書いたように、11-28Tのリアカセットを使っていると、変速した時のケイデンスの変化量が大き過ぎて走りにくいと感じるギアがあることに気付きました。

そこで、11-25Tのカセットを買ってみました。

c0236857_20504250.jpg


カセットの交換には、ヤフオクで2500円ぐらいで買った工具セットが役に立ってます。
安物ですが大した整備はしないので、今のところこれで十分です。
タイヤレバーは最初の使用で折れましたけどね(^^ゞ。

c0236857_20524114.jpg


各ギア(スプロケット)の歯の数を数えてみました。
数えなくてもシマノのサイトを見れば載っているのでしょうが、自分で数えないと気が済まない性格なんです(^^ゞ。

11-25T:①25 ②23 ③21 ④19 ⑤17 ⑥15 ⑦14 ⑧13 ⑨12 ⑩11
11-28T:①28 ②24 ③21 ④19 ⑤17 ⑥15 ⑦14 ⑧13 ⑨12 ⑩11

3~10速までは同じなんですね。

11-28Tでケイデンスの変化量が大き過ぎて走りにくいと感じていたのは、2速と3速の間でしょうね。

6~10速は歯の数が1個づつ、3~6速は2個づつしか変わらないのに、2速と3速は3個変わりますからね。
歯の数が1個違うだけで、体感的には随分大きな差に感じられるものなんですね!

1速と2速は4個も変わるけど、1速は特別なギアという感じで、最後の砦みたいなところがあるので、ケイデンス量が大きく変化してもあまり違和感を感じなかったのではないか?と思います。

11-25Tでは、1~6速間も2個づつしか変わらないので、ケイデンス変化量が少なくて気持ち良く走れるのではないかと期待しています。

昨夜カセットを交換してスタンドに立てた状態でペダルを回して変速してみたら、カリカリ音がするので、リアディレーラーのワイヤーの調節ネジで調整したら、完全に無音にはならなかったけど、カリカリ音はほぼおさまったので、これで明日乗ってみようと思います。

c0236857_20572080.jpg



方向音痴なボクはよく道に迷うので、100均のコンパスをトップチューブに貼り付けているんですけど、先日、間違った方向を指していることに気づきました。

c0236857_2142999.jpg


アレっ、貼り付けた当初は正しい方向を指していたはずだけどなぁ?
105円だからもう壊れたのかなぁ?

トップチューブの中央付近に置くと正しい方向を指しますが、ステムに近づけても、サドルに近づけても間違った方向を指します。
ステムとサドル近辺に磁気を発生するものがあるのかな?

トップチューブの中央付近に貼り付けました。

c0236857_2145566.jpg


明日は朝一でバリュウムを飲みに行くので(それだけじゃないですけどね(^^ゞ)、バリュウムが出尽くした後で乗ってみるのが楽しみです。

11-25Tと11-28Tの違いがよくわかった!というボク以上に初心者の方、ポチっとしていただけたら嬉しいです。
今頃何言ってんの?もっと早く気付けよ!という方にも初心者の頃があったはずだから、ポチっとしていただけたら嬉しいです(^^ゞ。


にほんブログ村 自転車ブログへ

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

by piyopiyodesu | 2012-06-27 21:15 | ロードバイク | Comments(2)  

久しぶりに110km

  13~14日に、2日間で504km走って以来、ロードバイクに乗っていませんでした。

休みの日に雨が降ったり用事があったりして、乗りたいのに乗れなかったんですね。
バイク通勤するにも、天候不順で躊躇してしまう日が多かったですしね。

昨日は午前中だけようやく自由な時間ができたので、110kmほど走ることができました。

超人気ブログ『自転車コギコギ日記』のコギコギさんと、ボクのブログにいつもコメントを書いてくださるおねえさんが、兵庫県佐用町の道の駅平福で10時ごろに待ち合わせて集団走行の練習をするらしいという情報をキャッチ!

実はボクも誘っていただいたのですが、午後の野暮用のために参加できなかったんですね(^^ゞ。

どこへ走りに行こうか?
そうだ!10時に道の駅平福に行って久しぶりにお2人に挨拶しよう!
ウチから道の駅平福までは約50kmと大きな勘違いをしていたものだから、4時間ちょっとあれば往復できるだろうと思っていたのです。

ちょっとだけしゃべってすぐに帰れば12時過ぎには帰宅できるだろう!
と思ったんですね。

途中にある道の駅新宮まで40kmあることはよく知っていたんです。
そこから平福まではまだまだ遠くてとても10kmどころじゃないのに、なぜだか?平福まで約50kmと思いこんでいたんですね。

8時前に出発。
道の駅新宮を過ぎて、相坂峠を越えて、旧三日月町のローソンに着いたのが9時45分ぐらい。
そこまでで既に55km走っていました。
少なく見積もってもそこから平福まではあと15kmはありそうです。

誰や!50kmって言うたんは!(ボクです(^^ゞ)
70km以上あるで!
2時間で着くわけないがな!(ToT)。

そのまま無理して平福まで行ってしまったら、帰宅する時刻も12時どころか13時を過ぎてしまいそうだったので、残念ながら旧三日月町のローソンから引き返しました(^^ゞ。

コギコギさん、おねえさん、お会いできず残念でした。
また誘ってくださいね(^^ゞ。


さて、昨日は走行距離が短かったので、いつも以上にペダルを引き上げる動作を意識して結構とばして走ってみました。
常に意識しておかないと、ふと気づいたらペダルを踏み下ろすことだけに力を入れるママチャリ漕ぎになってしまうんです。
まだまだペダルを回す走り方が定着してないんですねー(^^ゞ。
いつになったら定着するんやろ?

少々の上り坂や向かい風でもギアを軽くしないで、ハムストリングスの出力を上げて、ペダルをしっかり引き上げて走ってみました。

旧三日月町のローソンまでの約55kmを平均時速29.4kmで走っていました。
一日の走行距離は111.76kmで平均時速は28.79kmでした。

シャマルウルトラ(ホイールです)で走っていた時のおおよそのアベレージが26km台だったのが、BORA2に換えた途端、28km台に上がったのですが、最近では時には29kmに達するぐらいになってきました。

走力が徐々に徐々に上がってきている感じが自分でもわかってとても嬉しいですね。
BORA2はシャマルウルトラ以上に巡航速度を維持するのが楽です。

カーボン独特(たぶんカーボン独特だと思うんですけど、違うかも(^^ゞ)のシャーという甲高いタイヤノイズを発して、ディープホイールに書かれたCAMPAGNOLO  BORA ULTRA 2というグラフィックが融けて幾筋ものラインになって回り続けるのを見ていると(フロントのホイールをね)、

「もっと回せ!」
「もっと踏め!」
「もっと速く走れるぞ!」

と言われているような気になります(^^ゞ。

平坦であるとか、無風であるとか、条件が良ければ時速40kmを超えて巡航できることも珍しくなくなってきました。
本当に速くてその気にさせてくれる気持ちのいいホイールです。

乗って楽しいのでもっともっと乗りたくなる。
もっと遠くへ行きたくなる。
そうすると走力が増してさらに速くなる。

良い循環を生み出してくれる素晴らしいホイールだなあもう!
抱きしめて寝たいぐらいです(^^ゞ。(バカ)
抱きしめにくい形ですけどね(^^ゞ。

高かったけど、もうこれ以上のホイールが欲しくなって悩むことはないでしょうから(たぶんね(^^ゞ)、いいホイールを早いうちに買って良かったなぁって思います。
早いうちにと言うのは、まだ初心者のうちにっていう意味です(^^ゞ。

チューブラータイヤはすぐに空気が抜けると聞いていたのですが、そんなことないですね。
パナレーサーのR-Air(チューブです)と比べても変わらないか、抜けにくいぐらいだと思います。
少々空気圧が下がっていてもクリンチャータイヤみたいにリム打ちでパンクすることもないし、乗り心地は格段にいいし、もうクリンチャータイヤを使う理由が見つかりません。

BORA2を買うまでは、普段はシャマルウルトラで走るつもりでいたのですが、ブレーキシューを換えるのが面倒なこともあって、BORA2を着けっ放しです。
もういいや!ずっとBORA2でいこう!と思ってます(^^ゞ。
一度気持ちのいいものを味わってしまったら、もう戻れませんね(^^ゞ。
畳と女房とホイールはね(^^ゞ。

ディープホイールは横風に弱いとも聞いていましたが、そう言われてみたらシャマルウルトラよりは横風を受けてフラつくことがあるかもなぁっていうぐらいでボクは気になりませんね。

BORA2を褒めまくりましたが、当然ながらそれなりに走ればそれなりに疲れます(^^ゞ。
昨日はいつも以上に引き足を意識して高トルクで走ったせいか、脚がかなり疲労しました。

疲れを早くとるのに、コンプレッションカーフガードを使っています。

c0236857_1413826.jpg


たしかアマゾンで2800円ぐらいで買ったような記憶が・・・(^^ゞ。
もう長いこと使っていますが、これはちゃちぃ割には効果あります。
これを着用して寝たら、翌朝にはほとんど疲れがとれている気がします。
効果には個人差があると思うので、このブログを読んで買ってみたけど、効果ないやんけ!と言われても困りますが(^^ゞ、ボクはたしかに効果ありだと思います。

ふくらはぎ(カーフ)だけでなく、太ももや尻の筋肉まで疲れた!と言う時には、2XUのコンプレッションロングタイツを履いて寝ます。

2XUは、運動時と安静時の両方に効果があると書いてあったので、試してみたんです。

風呂上りの素肌にこれだけ履いて過ごします。
ピッチリモッコリでセクシーです(^^ゞ。

これも疲労を早くとるのにかなり効果があると感じています。

脚の疲れがなかなかとれないとお悩みの方は、一度試してみられてはいかがでしょうか?

山登りの時は、関節の保護や怪我防止や疲労軽減を期待して、ワコールのCW-Xというピッチピチタイツを着用するのですが、ワコールに電話して尋ねてみたら、これには疲労を早くとる効果はないそうです。
着用したままで寝てもいいのか?と聞いたら、木で鼻をくくったように自己責任でお願いしますだって。
効果はありません・・・とはっきりは言いにくいのでしょうが、他に言い方ないのかえ?
運動時の効果はあると感じています。

もういい歳なので(^^ゞ、効果がありそうなものは積極的に取り入れていきたいと思っています。


午後は用事で大阪に行ったので、梅田のサイクルパーツウエムラに行って、パールイズミの白いアームカバーを買ってみました。

c0236857_141516.jpg


同じパールイズミの「体感温度ー5度」というのがうたい文句の黒いアームカバーは持っていて、なかなか涼しくて気に入ってはいるのですが、どうもやっぱり黒っていうのは見た目が暑いんですよね。
白より黒の方が紫外線遮光効果は高そうなのですが、白いのも試してみたかったんです。

今度使ったら感想など書いてみようと思います。

レッグカバーも白がないか探してみましたが、黒しかなかったですね。
白のUVカットのレッグカバーって見たことないなぁ。


読んでみてちょっとは役に立ったよ!という方は、ポチっとしていただけたら嬉しいです。

ケッ、BORA2の自慢かよ!(そうです(^^ゞ)と言う方も、まあまあそう言わずにポチっとしていただけたら嬉ぴーぴょん(^^ゞ。


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

by piyopiyodesu | 2012-06-25 14:27 | ロードバイク ロング | Comments(12)  

トイレから出られない

 今日(土曜日)も仕事です。

いつものように起きて、いつものように朝食を食べて、いつものようにトイレへ・・・・。

いつものようにお尻を洗って(^^ゞ、洗浄の水を止めようとしたら止まらない(>_<)。

リモコンスイッチなんですけど、押しても押しても洗浄の水が止まらない。

水を流すボタンとか、洗浄の強弱を切り替えるボタンには反応するし、液晶の文字はまだはっきり読めるので、電池切れではないらしい。

どうしよう?

止めるボタンを押しても押し続けても水は止まらず、空しくボクのお尻を洗い続けている。

このまま何時間も尻を洗われながら、TOTOに連絡をとって、無様な姿をさらしながら救出してもらうのか、自分だけで解決していくのか?

人生の大きな岐路に立たされたボクは、しばらくロダンの考える人のようになって考えた。

よし、やろう!
今こそ立ちあがらなければ(^^ゞ。
他人をあてにしてはいけない。
自分の身に降りかかった火の粉は自分で振り払わねば!

意を決してエイヤっと立ちあがった。

一瞬、便座周りに水を撒き散らして水は止まった。

水が飛び散った便座と尻をトイレットペーパーで拭きながら、思った。

「勝ったぞ!オレは勝ったんだ!」

やっぱりリモコンの電池切れだったようです(^^ゞ。


鳥取県サイクリング協会のHPに、ツール・ド大山の時の写真が載ってました。
ボクの写真も何枚か見つけました。

鏡ヶ成のチェックポイントですね。
まだ笑顔ですね。

c0236857_812517.jpg



船上山のチェックポイントに向かう辺りでしょうかね。
余裕くしゃくしゃですね(^^ゞ。

c0236857_8132499.jpg


ゴール!

c0236857_8142080.jpg


c0236857_814482.jpg


c0236857_8143393.jpg



難問をよくぞ自分一人で解決したね!と思った方、ポチっとしてくださったらうれしいです。
あほくさ~と思った方もポチっとしてくださったらさらに嬉しいです(^^ゞ。

にほんブログ村 自転車ブログへ

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

by piyopiyodesu | 2012-06-23 08:18 | ロードバイク | Comments(8)  

ハンドル換えたらライディングフォームが変わった

 え~、前もって断っておきますと、ハンドルを換えたことによってライディングフォームが良くなりましたと言うことではなくて、ボクが走りやすい姿勢というか、ハンドルを持つ位置が変わりましたという内容です(^^ゞ。

ライディングフォームについて云々言えるほどの経験はありませんので・・・・(^^ゞ。

4月はじめに、『サイクル オン ディマンド』さんで、ブレーキワイヤーとシフトワイヤーを換えてもらいました。
リアの変速がどうもスムースに変わっていかなくて引っ掛かる感じがあったのと、走行距離が5000kmを超えたので、ぼちぼち換えた方がいいですね・・・と言うことで換えたのでした。

それじゃあついでにハンドルも換えましょうということになって、いずれ近いうちにカーボンの軽いハンドルに換えるつもりでいたものだから、これがお勧めです!と勧められるままに、イーストンのカーボンハンドルに換えてもらったのです。

いつも持ち歩いているカメラをたまたま持っていなかったので、写真はないんです(>_<)。
お店で重量を計ったはずなんですけど、何g軽くなったかも忘れてしまいました。
たしか50gぐらいは軽くなったような気が・・・・・・(^^ゞ。

青空号、ピナレロ クワトロ アルテグラに元々ついていたのはモストのアルミハンドルです。

c0236857_21182281.jpg


持ってみたら拍子抜けするぐらい軽くて、こんなに軽いのならカーボンハンドルに換えるメリットってほとんど無いんじゃないのかなぁって思うぐらいでした。

何の変哲もない丸いパイプって感じのハンドルですよね。
捨てるのももったいないので何か使い道がないですかねぇ?

孫の手?
ストロー?(^^ゞ
青竹踏み運動?

ヤフオクに出しても売れないでしょうねぇ(^^ゞ。

新しいイーストンのカーボンハンドルは、カーボン独特の編んだような模様がなくて、見た目は金属みたいなんです。
カーボンを一旦粉末にしてから固めて造るんだそうです。
そんなので強度は大丈夫なんだろうか?
走っている最中に路面の凹凸で突然折れるなんてことはないのだろうか?
と、初めのうちは恐る恐る走っていたような気もしますが、今ではそんなことすっかり忘れてガンガン走ってますけどね(^^ゞ。

真っ赤なハンドルなんですけど、黒いバーテープを巻いたら折角の派手な赤が見えませんね。
透明なバーテープってありませんかね?

c0236857_2124244.jpg


手を乗せる部分が平べったくなっているので、手を乗せた時の具合がとっても気持ちいいんです。

c0236857_21254092.jpg


その効果で、こんな風に握りこぶしをちょこんと乗っける姿勢で走ることが多くなりました。

c0236857_21264491.jpg


モストのハンドルの時は、こんな風に握りこぶしを乗せると指が痛くて、この姿勢で走ることはほとんど無かったのですが、今では走行時間の大部分をこの姿勢で走っています。

上半身が起き気味になるので、空気抵抗は大きくなるでしょうが、身体がすごく楽なんです。
向かい風の時は、手はその位置のままで若干前傾姿勢で走ります。

この姿勢で走りやすくなったことだけでも、ハンドルを換えた意義があったんじゃないか!と思えるぐらい、今ではこの姿勢がお気に入りになってるんです。

こんな風にハンドルを握ってしまうより、楽に走れてロングライド向きだなぁって思っています。

c0236857_21313372.jpg


握ってしまうと余計な力が入るのかなぁ?
でも、短い登りでちょっとダンシングっていう時は、さっとハンドルを掴んでこの姿勢でダンシングしちゃいます。

同じ姿勢で疲れたら、ハンドルの曲がり部分を持つことも多いですが、この姿勢を長く続けていると、ボクの場合肩や肘が痛くなってくることがあります。

c0236857_21341428.jpg


新しいハンドルはアナトミカル(解剖学的)デザインなので、横から見るとこんな形です。

c0236857_21353847.jpg


モストのハンドルはこんな形でした。

c0236857_2136225.jpg


下ハンドルと言っても、状況によって持つ位置は違ってきますよね。

必死にとばして走るわけじゃないけど、向かい風が強くて少しでも低い姿勢でのんびり走りたい時は、ハンドルの先っぽを持つと比較的楽に低い姿勢で走れます。

疲れている時は、この姿勢でハンドルに上半身の体重を掛けるようにします。
ハンドルの先っぽがちょっと上向きに曲がっていて持ち心地がいいんです。

<生活臭あふれる写真だ(^^ゞ>
c0236857_21404132.jpg


ブレーキレバーに指をかけなくてもいい状況で下ハンドルをしっかり掴んでとばしたい時は、この辺を持つとハンドルが部分的に直線的になっているので、手首の負担が少なめでしっかり掴むことができて楽です。

c0236857_2143151.jpg


ブレーキレバーに指をかけた状態で下ハンドルをしっかり掴むにはここを持つしかないですね。

c0236857_21461773.jpg


ここを持つ時だけ、ハンドルが少し遠く(前に)なったような気がするので、それは今後調整の余地があるかもなぁと思っています。

アルミハンドルの中でもモストのハンドルは、硬くてしなりがなくて丈夫さだけが取り柄みたいなハンドルだと聞いたことがあります。
カーボンハンドルは衝撃吸収性が高いので、上半身への負担が軽くなって乗り心地が格段に良くなるとも聞いて期待していましたが、その辺はよく判りませんでした(^^ゞ。

鈍感なのかなぁ?

ホイールとタイヤをシャマルウルトラ+ミシュランPro3からBORA2+チューブラーに換えて乗り心地は飛躍的に良くなったので、カーボンハンドルの効果はますます判らなくなってしまいました(^^ゞ。

ボクにとっては、ハンドルを換えたことは大成功でしたね。

素人なりにハンドルを換えてみて気づいたことを書いてみました。
少しはハンドル選びの参考になったよと言う方、ポチっとしていただけたら嬉しいです(^^ゞ。
全部常識やんけ!と言う方もそんなこと言わないでポチっとしていただけたらなお嬉しいです(^^ゞ(^^ゞ。

にほんブログ村 自転車ブログへ

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

by piyopiyodesu | 2012-06-19 22:30 | ロードバイク | Comments(4)  

大山の友人を訪ねて  その3

 タイトルをもう少しひねったモノにしようと思ったのですが、どうもそういうことには才能がないようで、いくら考えてもいいのが思いつかなかったので、手抜きでいきます(^^ゞ。

前回の続きです。

サイクルウェアが汗臭いので全裸で寝たボクは中年のおじさんなので、夜中に何度かおしっこに起きました(^^ゞ。
全裸だと、パンツを下ろしたり、社会の窓からアレを出したりしまったりしなくていいので、便利です(^^ゞ。
(便利というのは違うような気がするんですけど・・・・)

ものすごくおしっこがしたくなって目が覚めるんですけど、トイレに行ってもチョロチョロっとしか出ないんですよ!
たったこれだけのおしっこのためにオレを起こすんじゃない!と、我が膀胱に向かって叫びたい衝動にかられます(^^ゞ。

ボクのブログに度々登場する山登りとロードバイク仲間であるNさんはお医者さんなので、山登りの行き帰りにいろいろと健康相談するのですが、トイレが近いのは老化だそうです(>_<)。
Nさんはボクより四つも年上なのに、夜中にトイレに起きることはないそうです。
なんだか傷付くよなぁ(>_<)。

まだ47歳なのに老化なんて言葉はイヤだなぁ。
もっといい言葉って無いのかなぁ?

例えばさ、熟女なんていう言葉があるんだから熟男化とかさ、今まさに旬の時期ということで旬化(そのままやん!)とかさ、なんか他の言い方を定着させたいと思うのはボクだけかなぁ?

オレも最近トイレが近くなって困ってるんだよーっていう同年代か先輩の方、ポチっとしていただけたら嬉しいです(^^ゞ。

ジジィ!ションべンが近いことなんてどうでもいいからさっさと続きを書け!と思われた若い方々もポチっとしていただけたらもっと嬉しいです(^^ゞ(^^ゞ。
ヒヒヒヒ、いずれあなた達もこうなるのだ~(^^ゞ。
夜中に2度3度とトイレに起きるようになった時に、このブログを思い出して思い知ればいいのじゃ~(^^ゞ。

にほんブログ村 自転車ブログへ

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

さて、続きです(^^ゞ。

ホテルの朝食は6時半からでした。
目が覚めたらすぐか、遅くても6時には出発したかったのですが、無料の炭水化物補給源を食べないのはあまりにもったいないので、きっちりしっかりいただきました(^^ゞ。

宿泊料金が安いので料理もたいしたものはありませんでしたが、長距離を走るととにかく腹が減るので、胃に入るだけ詰め込みました(^^ゞ。

まずは優雅に洋食風にまとめてみました。

c0236857_18534321.jpg


軽~く平らげて次は日本人らしく和食です。

c0236857_18563950.jpg


予定では3順目までいただくつもりでしたが、これ以上食べると動けなくなりそうだったので(^^ゞ、泣く泣く打ち切りとあいなりました。
背中のポケットにこっそりパンを入れるなどというはしたないことはしませんでしたよ!
バナナだったら・・・・・・?
う~ん、どうかな?(^^ゞ。

7時に出発。

米子駅前の、なんだこりは?
999か?

c0236857_1901259.jpg


道路標示というのはホンマにクルマのことだけ考えて作ってありますね。
自転車は基本的に車道を走る乗り物なのに、自転車のことなんてほとんど考慮されてませんね。

案内に従って走っていたら突然、自動車専用道路とか軽車両通行禁止になっていて途方に暮れることがしばしばあります。

「この先、自動車専用道路」という表示を手前にだしておけよ!と、思わず標識の柱を蹴飛ばしたくなることがありませんか?

流石に足が痛そうなので標識を蹴飛ばしたことはありませんが、100円玉を全く受け付けないこのバカヤロー自販機を蹴飛ばしたことは何度かあります(^^ゞ。
内緒ですけどね(^^ゞ。

山陰道ってのが建設途中で部分的に開通しているんですけど、一部は軽車両も通行可で一部は不可だったりするんですよ。

またまたガソリンスタンドで道を教えてもらって、見覚えのある大山に登る道を見つけることができました。

『大山乗馬センター』のKさんに会うために(何も用はないんですけどね(^^ゞ)、えっちらおっちらダンシングとシッティングを織り交ぜながら登りました。

見えてきた~。

c0236857_19132486.jpg


昨日の疲れはすっかりとれていて元気だったせいか、思ったより楽~に登り切りました。
と言っても、本当に厳しい大山の登りはここから先で、ここまではたいしたことないんですけどね(^^ゞ。

c0236857_2131422.jpg


開店準備をしていたKさんの奥さんと目が合いました。
しばらく不審者を見るような眼でボクを観察した後、ボクに気付いてハッとしていました(^^ゞ。

イイネイイネ、そういう展開を望んでいたのです。

携帯でKさんに連絡してくれました。
「ぴよぴよ先輩が来てくれたよ~、自転車で~。」

ミッション達成!

c0236857_19204550.jpg


ユキちゃんです。
オスですけど(^^ゞ。
貰い手募集中だそうです。

c0236857_19213149.jpg


コーヒーをご馳走になって、しばしおしゃべりを楽しみましたが、あんまりゆっくりもしていられません。

往路と同じ中国山地を斜めに貫く181号線と179号線で帰るか、日本海に沿って鳥取まで9号線で帰るか迷いました。
Kさんが言うには、181号線+179号線の方が9号線より距離が短いし、往路よりも復路の方が登りが楽ですよ、とのことでしたが、まだ走ったことがない道を走りたいという魅力に逆らえず、9号線で帰ることにしました。

大山から米子まで引き返すのは遠回りになるので、『大山乗馬センター』から米子方面に少し下って、「大山観光農園」の交差点を北へ右折して、淀江方面に下りました。

青い日本海が見えてきたよ!

c0236857_19453479.jpg


山頂はガスで隠れていたけど、昨日は全く見えなかった大山が見えました。

c0236857_19463394.jpg


c0236857_19464255.jpg


米子市から鳥取市まで9号線で約90kmです。
大山から下っている最中、向かい風がビュービュー吹いていたのでイヤァ~な予感はしていたのですが、9号線を東進し始めてすぐに気付きました。

思いっきり向かい風ですがな(>_<)。
発電用風車が全部進行方向を向いています(^^ゞ。
しかも結構な勢いで回っていました((+_+))。

c0236857_19471528.jpg


これが反対向きの風だったら時速35kmで巡航できるだろうなぁと思ってもしょうがないです。
23~30kmぐらいで走り続けるしかありません。

スイカの産地で有名な大栄町の道の駅で休憩しました。
切り売りの冷えたスイカがあれば少々高くても食べようと思っていたのですが、残念ながら切り売りのスイカはありませんでした。
買って自宅に送ろうか?とも思いましたが、近所のスーパーで買う方が絶対安いと思って思いとどまりました。

c0236857_19544957.jpg


旅行中は気持ちが高揚しているせいか、買わなくてもいいものまで買ってしまいそうになりますね(^^ゞ。

延々と続くま~っすぐな道を、向かい風を切り裂いて走り続ける。

c0236857_19555050.jpg


青い海、青い空!
9号線を選んで良かった!!

c0236857_19564679.jpg


c0236857_19572778.jpg


白兎海岸に着いた!
鳥取市まではあと10kmほどです。

c0236857_19581594.jpg


鳥取市からは、以前走ったことがある29号線ではなく、53号線と373号線を走ることにしました。
自宅までは残り約150kmです。

腹が減ったらコンビニでパンを食べ、コンビニがない場所では甘い炭酸飲料を飲み、水かお茶をガブガブ飲みながら平地では時速30km以上の巡航速度を維持して、鳥取県と岡山県の県境にある志戸坂峠にきた。

この峠は鳥取道の完全開通に先駆けて道路整備が進んでいて、何度もクルマでは走ったことがあるのですが、自転車で走るのは初めてです。

鳥取道は流石に自転車では走れないだろうから、旧道を走ることになるのだろうと思っていましたが、その旧道は一度も走ったことがなかったので、どんな道だ?と少々不安だったのです。

旧道は峠でしたが29号線の戸倉峠に比べれば楽勝の峠で、すんなり登ることができました。

志戸坂峠の最高部分の志戸坂トンネルだけは旧道ではなく鳥取道の一部を走ることになっていて、その区間だけは軽車両通行可でした。

ただし、その前後は自動車専用道でクルマが高速道路並みのスピードでゴーゴー走っているので、命の危険を感じるようなトンネルでした。

c0236857_20153560.jpg


幸い、片側だけには幅1mちょっとの広めの歩道があったので、なんとか安全に走ることができましたが、反対側は歩道と呼ぶには狭すぎる30cmぐらいの歩道?しかありませんでした。

トンネルをあと1m広げるのに建設費がいくら割り増しになるのか知りませんし、年間に何台の自転車と何人の歩行者がこのトンネルを通過するのか知りませんが、せめて両側に1m以上の歩道を設けて、車道との間にガードレールぐらい設置して欲しいものです。

我々が納めた税金で、それぐらいのことしろっ!と電話で抗議したくなりました。
どこに電話したらいいのか誰かおしえてください(^^ゞ。

フラついて歩道から車道に落ちたり転倒したら、かなりの高確率でクルマに轢かれるでしょう(>_<)。
国道のトンネルなんてこんなのが多いですけどね。

c0236857_20154756.jpg


鳥取方面を見ると、左へ降りるランプウェィが見えますね。
あそこまでは軽車両通行可で、あそこから先は再び自動車専用道になるのです。

c0236857_20174898.jpg


志戸坂トンネル通過後は再び旧道の一般道に戻って、岡山県の粟倉村、大原町、兵庫県の佐用町と走って、よく知っている道に帰ってきました。

佐用町から自宅までは50kmほどです。

このまま帰宅するのもなんか華がないねー。
2日間に亘るロングライドを締めくくるにふさわしい、何か華々しいエンディングが欲しいよねー?

贅沢は言わないけどさぁ、「欽ちゃんの仮装大賞」みたいにバニーちゃんが抱きしめて祝福のキスをしてくれるとかさぁ、ビキニギャルが祝福のレイをかけてくれるとかさぁ、なんかないかなぁ?
(「欽ちゃんの仮装大賞」のバニーちゃんは抱きしめることもなければキスすることもありません、ステージ横へ案内するだけです(^^ゞ)

贅沢過ぎると言うか、身の程知らずと言うか、現実離れしていると言うか、異常な発想の持ち主でんなー。

キャバクラのネエちゃんに頼めばやってくれるかもしれないけど、高級なロードバイクが買えるぐらい高くつくんじゃねえか?

そうかぁ、それじゃしょうがねえなぁ・・・・と言うことで、ホルモン焼きうどんを食べて帰ることにしました(^^ゞ。(どういうつながりやねん!)

超人気ブログ『自転車コギコギ日記』のコギコギさんに2度連れて行ってもらったことがある佐用町の『新さよ』です。

c0236857_20315917.jpg


ものすごい偶然なんですけど、ここの若主人がボクの中学の同級生で、野球部で二遊間を守った仲なんです。

詳しことは『ロードバイク仲間との交流』というタイトルでブログに書いていますので、まだ読んで無い方は必ず読んでポチっとしてくださいね(^^ゞ。

オイっオヤジ!(同級生なんですけど(^^ゞ)
早くビールを出さねえか!

ヘイ、お待ちっ!

トクトクトクトクっ。

ゴキュゴキュゴキュゴキュ~。
プハ~、ウメェ!
五臓六腑にしみわたるたぁこのこってぇ!

お客さん、いい飲みっぷりですねぇ!

あたぼうよー!
こちとら2日間で500km(この時点ではまだ430km程(^^ゞ)走ってきたんでぇ!(なぜだか江戸っ子風(^^ゞ)
これが飲まずにいられるかってんだ!

トクトクトクトク~っ。

ングングングング~!
ウハ~、たまらねえや!

こんな会話があれば良かった?のですが、ビールは帰宅するまで我慢して、上ホルモン一人前とホルモン焼きうどん二人前を食べて、同級生のてっちゃんとおしゃべりをして帰りました(^^ゞ。

c0236857_20414022.jpg


c0236857_20415116.jpg


自宅まであと1kmぐらいの所で走行距離が480kmほどだったので、せっかくだから500kmにしておこうと思って、加古川沿いに下って登って結局504km走りました!!

1日目はサイコンの電池を外す度にデータが消えてしまったので、とびとびのデータしか判りませんが、2日目のデータは残っています。

2日目のデータ。
走行距離:275.27km
走行時間:10h38m
平均時速:25.85km
最高時速:58.75km
平均ケイデンス:84
Total Odo:8403km (since 2011 10 16)




1日に300kmは走ることができるし、2日間なら500kmは余裕で走れるということがわかったことは大きな収穫になったし、今後の自信につながりましたね。

「サイクル オン ディマンド」さんでお借りしているサドルは、すごく快適でした。
形が良かったのか?厚めのクッションが良かったのかは不明ですが、お尻の痛みをほとんど感じることなく走り続けることができました。

サドルに対して一番に軽さを求めようとしていたボクですが、認識を改めました。
少しぐらい重くなっても(重すぎるのはマズイですが)、快適に走り続けることができる性能の方がロングライドには重要だ!と思いました。
サドル選びの参考にしたいと思います。

途中のバナーをポチっとするのを忘れた方、ここにも用意しましたので、ポチっとしていただけたら嬉しいです。

オレはポチっとしない主義なんだ!と言い張る方も、そんなこと言わずにポチっとしていただけたら嬉しいです(^^ゞ。

にほんブログ村 自転車ブログへ

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

by piyopiyodesu | 2012-06-17 21:17 | ロードバイク ロング | Comments(10)  

大山の友人を訪ねて  その2

 前の続きです。
と言っても、今朝の続きなんですけどね(^^ゞ。

今朝はブログ書くのに一生懸命になり過ぎて、危うく仕事に遅刻するところでした~(^^ゞ。

えっと、どこまで書きましたっけ?
津山の電気店でサイコンのバッテリーを買って交換したってとこらへんでしたっけ?
今朝書いたのを読み返せば済むことなんですけど、面倒で・・・・(^^ゞ。


中国道沿いの道を西へ西へ走っていたら、またもやサイコンに「BATTERY LOW」と表示されるではないですか!

え~、どうして~?
電池換えたばっかりやのに~。
もしかして、新しい電池を捨てて古いのを入れた?

ボクならやりかねない(^^ゞ。
そんなこと絶対無い!と言い切れない自分が悲しい(>_<)。

結局、その夜、米子のホテルで確かめたら、ソニーの電池が入っていたので、どうやら間違えてはなかったようだけど、元々入っていた電池もソニー製だったかもしれないので、疑いが完全に払拭されたわけではない。

帰宅するまでもったけど、もしかするとサイコンの故障かもしれない。
しょっちゅう「BATTERY LOW」と表示されるのは鬱陶しいので、もう一度新品電池と交換してみなければ。

181号線を北西に走って、ゆるい上り下りを繰り返しながらどんどん山の中へ入っていくと、岡山県と鳥取県の境に四十曲トンネルというのがありました。

c0236857_21235238.jpg


歩道が無くて狭くて暗くてでこぼこで、走りにくい怖いトンネルでした。
昔造られたトンネルなんて、自転車のことなんか全然考えてないのー。

このトンネルで分水嶺を越えたので、あとは米子に向かって日野川沿いに下っていくだけです。

c0236857_21245973.jpg


JR伯備線の伯耆溝口駅近くまで来ました。
米子に行くなら、このまま下り基調の道をあと15kmだけ北へ走ればよかったのですが、大山乗馬センターに寄り道するために、進路を西にとって大山へ向かって登っていきました。

『ツール・ド・大山』の最後の激登りに比べればカワイイ登りでしたが、それでも結構しんどかったですよ~。
Kさんの驚く顔を思い浮かべながら、頑張って登りましたがな(^^ゞ。

しばらく登ると、「大山を讃える」って書いてあるこんな彫刻があって、

c0236857_21314161.jpg


さらに登ると、溝口ICの見慣れた鬼のトイレに着きました。

c0236857_21343239.jpg


行ったことが無い方のために説明すると、米子自動車道の溝口ICを出たところにトイレがあって、こんな鬼の顔の形をしているんです。

向こうには伯耆富士と呼ばれる富士山型の大山(西から見ると富士山みたいな形なんです)があるはずなんだけど、霧でじぇーんじぇん見えませんでした。

山頂が雲で隠れていることは珍しくないけど、ふもとまで全く見えないなんて初めてです。

これは『ツール・ド・大山の帰りに同じ場所から撮った写真です。
ねっ?富士山みたいでしょ?

c0236857_21401426.jpg


これは電話BOXです。

c0236857_2134514.jpg




そこからさらに登って、大山の周りを時計回りに少し回って、米子方面に少し下った所に大山乗馬センターがあります。

やったー、着いたーemoticon-0100-smile.gif

c0236857_21411445.jpg















定休日でしたemoticon-0106-crying.gif
そう言えば、ここに来るのはいつも木曜日か日曜日で、水曜日なんかに来るの初めてだもんなー。
乗馬センターにだって定休日ぐらいあるよなー(>_<)。

c0236857_21422488.jpg


c0236857_21423617.jpg


しょうがないので、明日再び坂を登ってここまで来ることにして、泣きながら米子に向かって矢のように下っていったのでした(^^ゞ。

2日目は大山に登ることなく、平坦な9号線を帰るつもりだったのになぁ(^^ゞ。


米子を通り過ぎて境港まで行きました。
米子から境港までは20kmほどなんですが、やたらと信号が多くてイヤになります。
右手には松林があり、その向こうには長い長い弓ヶ浜があります。

もう7年前になるけど、その弓ヶ浜で大きなカレイを釣ったことがあるんです。
48cmのイシガレイです。

c0236857_21472599.jpg


日本海は瀬戸内海より大きなカレイが釣れるんです。
冬になると日本海は荒れて無い日が珍しいぐらいに荒れた日が続くんですけど、弓ヶ浜のカレイはちょっと海が荒れて大きな波が立っているぐらいの方がよく釣れるんです。

境港に着きました。
向こうの橋が境水道大橋で、あれを渡ると島根県です。
海は境水道です。

c0236857_21523744.jpg


境水道にも何度か釣りに来たことがあります。
えっ、釣りの話はもういい?
まっ、そう言わずにもうちょっとだけ(^^ゞ。

境水道の北側の島根半島の山々が冬の北西風を遮断するので、冬でも荒れることなく釣りができるのと、大きなカレイやスズキが釣れることで良く知られている場所なんです。

遠くは大阪からでも大勢の釣り人(主に投げ釣り)が集まってきて、よく釣れる実績のある釣り場は、前の晩から場所取りしないと釣る場所がないぐらいなんですよ。

ボクと一緒に行った友人が1mぐらいのスズキを釣ったことがあります。
ボクは65cmぐらいが最高でしたけどね。
小さくて悪かったな!

スズキは出世魚だから、65cmだとスズキと呼べるかどうかギリギリぐらいですね。
ちなみに40cmまでぐらいをセイゴ、65cmまでぐらいを関西ではハネ(関東ではフッコ)、それ以上をスズキと呼びます。
いつから釣りブログになったのだ?


ゲゲゲの鬼太郎の作者の水木しげるロードです。
これを知らない方はいませんよね?
知らないぞって言う方は、自分で調べてみてください(^^ゞ。

c0236857_2233137.jpg


c0236857_2235162.jpg


c0236857_2241297.jpg


c0236857_2242497.jpg


ねずみ男と握手したぞ!

c0236857_225020.jpg


c0236857_2251859.jpg


c0236857_2253199.jpg


目玉オヤジの街灯。
凝ってますね。

c0236857_226211.jpg


境港駅前です。

c0236857_2282449.jpg


c0236857_2285228.jpg


ポストの上にも。

c0236857_229556.jpg


c0236857_2293937.jpg


駅の待合室。

c0236857_221043.jpg


平日の夕方だったので、観光客はまばらでしたが、日曜日だと結構大勢の観光客がカメラ片手にゾロゾロ歩いてるんですよ。

妖怪達を見ているうちにすっかり休息モードになってしまったのと、早くホテルに着いてビールを飲みたくなったのと(これが一番?(^^ゞ)、境港線の電車に乗ってみたかったのと、走るのが億劫になったので、米子まで輪行しました。

c0236857_22131840.jpg


バス停なみに短い間隔で駅があって、たった20km走るのに50分もかかったよ。。
バイクの方が早かったかも(^^ゞ。

車内放送は目玉オヤジの声で、駅には本来の駅名に加えて妖怪チックな名前が付いていました。
境港に行かれることがあれば、妖怪ロードを歩くだけじゃなく、妖怪電車にも乗ってみたらいかがでしょうか?

米子駅前はホテルの価格競争が激しいようで、ボクが泊まったユニバーサルホテルは、2食付で4698円でした。
部屋の中までバイクをそのままで持ち込みOKでした。

c0236857_2216645.jpg


もっと安いホテルもたくさんありましたよ!

腹が減っていたので、まずはホテルの夕食を食べました。
昔の学食みたいな食事だったけど、安いから文句は言いません。
館内のビールの自販機も外と同じ値段だったのは良かったな。

c0236857_22174828.jpg


腹ペコだったから、これを食べないで居酒屋で食べていたら、相当な出費になっていたでしょう(^^ゞ。

その後、大浴場で汗を流してさっぱりしたら、再び汗まみれのサイクルウェアを着て、近くの居酒屋へ。
着替えなんて持ってきてないもんねー(^^ゞ。
フロントで飲食店のマップをもらったら、マップを持参したら生ビール1杯サービスと書いてある店があったので、迷わずその店に決定(^^ゞ。

タダのビールは旨い!

c0236857_22191450.jpg


鯵の姿造り。
西日本一の水揚げ量を誇る境港港が近いので、とても新鮮で美味しかったですよ!

c0236857_22193459.jpg


魚介類のお店が多かったな。

大山鳥の串焼き。

c0236857_22214991.jpg


ホテルでも1杯飲んできたので、これでお腹がすっかり膨れて帰って寝ました(^^ゞ。
1000円ちょっとで済んじゃった(^^ゞ。

ウェアが汗臭いので、全裸で寝ました(^^ゞ。

この日の走行距離は約230kmでした。

続く・・・・。



オレもねずみ男と握手したことあるある~と言う方、ポチっとしていただけたら嬉しいです。

あんな気持ち悪りぃ所、二度と行きたくねぇ!と思った方もポチっとしていただけたら嬉しいです(^^ゞ。
たしかにあんまり気持ちのいい場所じゃないですよね。
コラコラ~、なんちゅうことを言うんじゃ(^^ゞ。

にほんブログ村 自転車ブログへ

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

by piyopiyodesu | 2012-06-15 22:40 | ロードバイク ロング | Comments(4)  

大山の友人を訪ねて

 これは、2012年6月13日の出来事です。

先日、「6月には祝日がない!」というタイトルでブログに書いたように、13日の水曜日に臨時休暇をとって、1泊2日でロードバイクの旅に出かけることにしました。

行く先はどこだって良かったのですが、できれば交通量が少なくて走りやすくて、景色が綺麗で、ブログのネタになる所(^^ゞで、総走行距離が500km程度になる所にしたかったのです。

1日に300kmは走る自信はありましたが、そんなに走ると一日中ほぼ完全に走ることだけに費やすことになってしまって、ちょっとした観光をしたり、景色のいい場所で写真を撮ったりする時間も余裕も無くなってしまいます。

ボクの走力では100kmを移動するのに、補給や休憩や信号での停車時間も含めて5時間はかかります。
300km走るには15時間。
朝5時に出発したとしても、目的地に着くのは20時ぐらいになってしまって、観光どころではないですよね。

そういうストイックなロングライドもたまにはいいけど、今回は多少の観光もしたかったし(ブログネタ用にね(^^ゞ)、美しい景色と出会ったら写真も撮りたかったし、旧友とおしゃべりする時間も欲しかったので、500kmにしてちょうどいいぐらいでした。

1日250kmぐらいにしておけば、日の長い今の季節なら途中で多少の道草をしたとしても、まだ明るいうちに目的地に着くことができるでしょう。

そんなこんなで、大好きな山である大山に寄り道して、片道200kmちょっとの境港まで行ってみることに決定しました。

大山に行ったことがある方ならご存知かもしれませんが、大山寺やスキー場がある大山の中腹から米子方面に下って行く道の途中に、『大山乗馬センター』があって、ここのKさんが大学時代のボクの後輩なんです。
ボクが大学時代に馬術部というマイナーなクラブに入っていたことは、以前のブログで書いたことがあると思うのですが、Kさんはその馬術部の2年後輩なんです。
Kさんの奥さんも後輩なんです(^^ゞ。

後輩と言ってもKさんは乗馬センターの息子で子供の頃から馬に乗っていましたから、大学に入ってから乗馬を始めたボクよりもずっと上手かったのですが、先輩の顔を立てる配慮のできるいいヤツだったのです。

大山登山に行く度に、時間に余裕があれば必ず『大山乗馬センター』に寄って、昔話に花を咲かせながら食事をして、コーヒーをご馳走になるのを楽しみにしていました。

ロードバイクに乗り始めてすぐに、いつかきっと大山までバイクで行って、Kさんを驚かせてやろうと思っていたのです。
こんなに早く実現するとは思ってもいませんでしたけどね(^^ゞ。

さて、前置きが長くなってしまいましたが、今回の荷物はスマホの充電器とUVクリームが増えたぐらいで、いつもの日帰りライドと全く一緒です。

いつもはカメラを入れるウエストバッグとか、リュックサックとか、身体の負担になりそうなものは一切身に付けたくなかったので、初めてモンベルのフロントサイクルバッグを使ってみました。
第一回目のしまなみ海道遠征用に買ったけど、結局使わないままになっていたんです。

c0236857_7592464.jpg


ベルト2本でハンドルに簡単に装着できて、容量は4.5Lと結構大きくなかなか便利でしたが、モンベルの自転車用バッグに共通して言えることですが、開口部が狭いのが不満ですね。

今回はオリンパスのミラーレス一眼カメラと、交換レンズ1本を入れて行ったのですが、コンパクトなミラーレス一眼でさえ出し入れの時に引っかかってしまいます。
左右にサイドポケットを付けて3室構造になっているのですが、そんなもんいらないので1室構造にして大きくガバっと開く開口部にして欲しいものです。

本当は操作性が悪く反応の鈍いミラーレス一眼じゃなくて、一眼レフを持って行きたいところですが、このバッグでは入りません。

辰野さん(モンベルの創始者です)、この記事を読むことがあれば、ぜひ参考にしてください(読むわけないか(^^ゞ)。

あっ、でも身体は楽でしたよ。
腰や背中が痛くなることも全くありませんでした。
やっぱり、軽くてもウエストバッグやリュックは結構な負担になるんでしょうね。


前置きが長くなったと言いながら、またまた無駄な前置きを書いてしまった(^^ゞ。

加古川市北部の自宅を6時に出発。
姫路城の前を横切って、まずは、たつの市新宮町の道の駅『新宮』を目指しました。

快調にとばしていたら、サイコンに見慣れない表示が現れました。

「BATTERY LOW」

ありゃりゃ、電池換えなきゃ。
大事な走行データが消えたらタイヘンだ!

道の駅「新宮」にあるコンビニの前で、どんな電池が入っているのだろう?と思って電池蓋を強引に回して開けて確認したら、結構分厚いボタン電池でした。

コンビニには置いてありませんでした。
途中何軒かのコンビニで探しましたが、あまり使われていない電池なのでしょう、どこにも置いてありませんでした。

困ったな。
しょうがないので、残り少なくなった電池をサイコンに戻して走り始めました。

TOTAL ODO とTOTAL TIMEの記録だけは残っていましたが、その日のデータは消えてしまいました。
自宅から新宮までの約40kmを平均時速27km台で走っていました。

どうしよう?
大きな家電店なら置いてあるかな?

津山まで行けば家電店があるだろう。
そこに置いてあればいいんだけど。

50km走った佐用町のコンビニで最初の補給。
走っていると汗をかいてもかいてもすぐに乾いてしまうので、思った以上に汗をかいていて、気付かないうちに脱水状態になってしまう危険があります。
エネルギー切れは腹が減るのですぐわかるけど、水分補給は意識してしっかり摂っていかないと最悪の場合走れなくなってしまいますよね。

500mlのペットボトルの水は安くても100円はするので、一日に何本も買っていたら結構な金額になりますよね。
水道の水でもいいんだけど、できれば美味しい飲み物が飲みたいので、1Lの紙パックのお茶を買うようにしています。
1Lで105円ぐらいなので、お買い得な気がするんです(^^ゞ。

650mlのボトルに入るだけ入れて、残りはその場で飲んでしまいます。

佐用町から373号線を上月町まで走り、上月からは179号線を岡山県の津山市方面に向かいました。

家で地図を見ながら計画を立てていた時は、初めて走る道だと思っていたのですが、実際に走ってみたら、以前に超人気ブログ『自転車コギコギ日記』のコギコギさん、ykさん、お姉さんと一緒に走ったことがある道でした。
反対向きでしたけどね。

あ~、あの時コギコギさん達と走った道だ~!
そうか、こんな風につながっているんだなぁなんて一人で妙に納得してしまいました(^^ゞ。

c0236857_828197.jpg


100kmほど走って10時半頃に津山に着いたら、ちょうどデオデオという大型家電店が開店するところでした。
ここまでの100kmは4時間半で走りましたね。
なかなかいいペース(^^ゞ。

津山って遠い遠い都市だと思っていたけど、案外近いんだなぁ。
たいした峠も無かったし、200km日帰りライドの目的地に良さそうだなぁ。

電池を買いました。

c0236857_8303613.jpg


新宮から津山までのデータが消えてしまいました(>_<)。
約60kmをアベレージ28km台で走っていました。

結構とばしてるねーぴよぴよさん。
まだ100km以上残っているし、明日も走るのにそんなにとばしてモツの?

モツモツ!いけるいける!
しんどくなったらペースを落とせばええがな。
いつも通りの80%の出力でどんどん行くでー(^^ゞ。

中国道沿いの道を西へ西へと走り、院庄(いんのしょう)から179号線と別れて181号線へ。
院庄で道に迷ったのですが、親切なガソリンスタンドのお姉さんが地図を出してきて詳しく教えてくれました。
旅先での人の親切はありがたいですね。

あ~、時間が無くなりました。

続きはまた書きますねー。

時間が無いので省略形です。
ポチっとしていただけると嬉しいです(^^ゞ(^^ゞ。


にほんブログ村 自転車ブログへ

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

by piyopiyodesu | 2012-06-15 08:42 | ロードバイク ロング | Comments(0)  

無事に帰宅しました!

 先ほど無事に帰宅しました。

2日間の走行距離は504kmでした。
500kmに20kmほど足りなかったので、ちょっと遠回りして大台に乗せました(^^ゞ。

できるだけ早く(忘れないうちに(^^ゞ)ブログに書きますねー。

笑いあり涙ありの珍道中にご期待くださいねー(^^ゞ。


ぴよぴよさん、『笑い』はあったように思うけど、『涙』なんかあったっけ?。

なんや、もう忘れたんかいな。
目に虫が入って涙出たがな。


・・・・・・・・(>_<)。
それは普通『涙あり』とは言わんやろ?

ええがなええがな、『涙』には違いないがな。
黙っとったらわからへんがなー。

バレバレやがな(+_+)。

c0236857_2242297.jpg



おっ、無事に帰ってきたか、良かった良かったと思ってくださった方、思うだけじゃなくてポチっとしていただけたら嬉しいです(^^ゞ。

こんなこと書く暇があったら、はよう記事を書かんかい!と思われた方もポチっとしていただけたら嬉しいです(^^ゞ。

にほんブログ村 自転車ブログへ

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

by piyopiyodesu | 2012-06-14 22:57 | ロードバイク ロング | Comments(1)  

6月には祝日がない!

 6月には祝日がないのです!

ボクの休みは木曜日と日曜祝日です。
平日休みというのは、それはそれでなかなか魅力的ではあるのですが、連休がないんです。

無いこともないんですけど、年末年始とお盆とGWを除けば、祝日がらみの連休しかないんです。

毎週土日休みの人がウラヤマシーと思うこともしばしばです。

泊まりがけで山登りに行きたくても、ロードバイクで遠出したくても滅多に行けません。

そこでですね、ここ数年は祝日のない6月の水曜日を一日休むことにしているんです。
ブハハハハー(^^ゞ。

その休みが明日なんですー。
ブハハハハー(^^ゞ。
どうだ!まいったか~(^^ゞ。

連休前夜です。
嬉しくって嬉しくって笑いが止まらんのー。

しかもしかも、一昨日までは明日は雨の予報だったのに、昨日からは水曜木曜だけ奇跡的な晴れの予報に変わりました!

ぴよぴよさん、よーっぽど日頃の行いが素晴らしいんやねぇ。
ええ、そうなんです(^^ゞ。 (自分で言うな!)
ボクは日頃の行いが素晴らしいんです(^^ゞ。 (ムカツク?)

一昨年は大山に登って、山頂の避難小屋に泊まりました。
その時のことは、『大山から見た日本海の夕焼け』というタイトルでブログに書いてますので、まだ読んでない方はぜひ読んでみてくださいねー。
読んだらついでにポチっとしてくださいね(^^ゞ。

昨年は、大山の南東にある烏ヶ山に登ってから、一昨年とは違うユートピアコースというルートで再び大山に登って、ユートピア小屋に泊まり、大山の縦走(危険だから禁止されてるんですけどね(^^ゞ)を果たしたのでした。

3年連続で梅雨の晴れ間をゲットするなんて、なんという強運でしょうか!
ぴよぴよさん、ホンマに日頃の行いがめっちゃ素晴らしいんやねー(^^ゞ。
ええ、そうなんです~、以下省略。

そして今年はどこに行く・・・・?

パンパカパーン!
今年も大山に行くことにしました。(他に行くとこないんかえ?)

今年は登山目的ではありましぇーん。

ロードバイクで大山まで行ってきます。

無事に完走できたら、2日間で500kmぐらいの走行距離になると思います。

昨夜、久しぶりに真っ黒のチェーンを洗って注油しました。
計画通りにいけば、米子で美味しいものを食べてくる予定です(^^ゞ。
キタローにも会えるといいんですけどね。

気をつけて行っておいで~と思われた方、ポチっとしていただけたら嬉しいです。
ケッ、人が働いている時に平日の連休かよ!いい気なもんだぜ!と思われた方もポチっとしていただけたらもっと嬉しいです(^^ゞ。

にほんブログ村 自転車ブログへ

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

by piyopiyodesu | 2012-06-12 21:36 | ロードバイク ロング | Comments(6)