カテゴリ:湯原温泉トライアスロン( 10 )

 

湯原温泉トライアスロン2016参戦記 3 バイク&ラン

 バイクスタートして間もなく、温泉街を抜けたらすぐに、湯原湖畔(ダム湖)のクネクネ道に入ります。

c0236857_19465277.png
そこで、ぶっといマムシが腹を上にして死んでいるのを見ました(^^ゞ。
クルマに踏まれたのかな?
コーナーを曲がり切れずに草むらに突っ込んだらマムシに咬まれるかも(^^ゞ。
地元の病院には血清が常備してあるとは思いますが、心臓がバクバクしていると毒の巡りも早いと思うので、注意しましょう(^^ゞ。
同じコースを2周するので、マムシを2回見ました。当然か(^^ゞ。

ロングではいつも使っているプロファイルデザインの二槽式のエアロボトルの、小さい方にジェル6本で約600kcalのドリンクを入れて、大きい方には水で少し薄めたOS-1を800mlぐらい入れておいたらちょうど飲み切るぐらいでした。

暑くなると思っていたので、身体にかけて冷やすための水をボトル2本で1L持っていましたが、曇りがちだったので1Lもいらないと思って、軽くするために走り始めて最初の上りのスピードが落ちたところで1本は身体にかけてさっさと使い切って、残りの1本はウェアが乾いてきたら上りの遅いところで身体にかけて冷やしました。
上半身はスイム中は裸+ウェットスーツで、T1でバイクジャージを着たので、バイクスタート時はまだ濡れてなかったのでちょうど良かったです。

エイドでは、バイクもランも紙コップで水かスポーツドリンクをくれるので、バイクでは停止するかよほど減速しないと受け取りにくいので、止まりたくない選手は自前で必要な量を持っておくのがいいでしょうね。

ボクは冷たい真水を飲みたいと思って一度だけ停車して飲んで、冷たい水を頭にかけました。
冷たい水で泳ぐのは嫌いだけど、飲んだりかけたりするのは嫌いじゃないです(^^ゞ。

1周目だったか2周目だったかもう忘れちゃったけど、バイクを押して歩いている選手がいて、バイクトラブルかな?と思いながら通り過ぎたら、右(だったか?)上腕が血だらけになってました。
落車したんでしょうね。

日陰になる道路の端の方には苔が生えていたり、砂が浮いていたりはするんだけど、晴天続きで乾いていたので、よほど端っこを走らなければ滑りそうな感じはしなかったけど、運が悪かったのでしょうか。
あの選手、骨折なんてなくて打撲と擦過傷だけで済んでたらいいんだけどね。

昨年は、一か月後に迫っていた坂だらけのIM北海道のバイクコース対策として、試験的に上りでは軽いギアでクルクル回して、その後のランでしっかり走れるようにしてみたんですけど、大して走れなかったので(爆)、今年はそういうことは一切考えずに、本能が命じるままに上りもしっかり走りました。
コースも距離も昨年と同じだったのは3種目中バイクだけだったので、昨年と比較するとちょうど5分速くなっていました(^^ゞ。

やったぁ~(^^ゞ。
一つジジィになっても5分速くなったど~。
昨年のクルクル走行が遅過ぎたっていうことですね(^^ゞ。
上りでは呆れるぐらいに抜かれまくりでしたからね。

剱号+ディスクホイールは下りでは敵無しでした(^^ゞ。
下りで抜かれた記憶がない!

それでもバイク109位ということはだな、下り以外がどれだけ遅いねん!っちゅうことになるわけで、喜んでいいのやらどうやら微妙なところではありますが、上りも下りも全部遅いよりはエエかな(^^ゞ。

1周に数kmほど対面通行部分があるんだけど、モーニングさんとは一度も擦れ違いませんでした。

バイクフィニッシュ直前で、ご近所さんトライアスリートのBさんが応援してくれていました。
ランフィニッシュ後には写真を撮ってもらいました。
Bさん、ありがとうございました。

c0236857_13491423.png
バイクフィニッシュしたらロングの時と同様に、ワセリンを塗りたくっておいた5本指ソックスを履いて、ジェルを2本入れたランポーチを腰に巻いてキャップを被ってランスタートしました。
途中で空腹感を感じ始めた時に、約100kcalのジェルを1本だけ飲みました。
ランは温泉街とその周辺を3周+αするコースです。

走り始めはいつもそうだけど足が重い。
だけど、42km走るのが当たり前になっちゃっているので、たった19kmでいいんだと思うと気が楽でした(^^ゞ。
ロングのランでは前半はそれなりに走れても、後半はつぶれるってことを繰り返してきたけど、今日は後半はないんだよ、前半で終わりやと思って、始めから積極的にとばしていきました。大したことないけど。
エイドでは紙コップの水をもらって身体にかけて常に濡れた状態で走りました。

コース脇でホースで水をかけてくれる人が何人かいたので、「かけて~」って言いながら走り過ぎてかけてもらいました。

1周目の湯原ダムのすぐ下で折り返して、温泉街を通過して橋を渡って対岸に渡ろうとした時に、2周目のモーニングさんとすれ違って、彼がボクに気づいて声をかけてくれました。
ありゃ~、ずいぶん差をつけられてるなぁ。
4km?5km差か?
20分以上の差やな。

ちょっとこのままではマズイがな。
負けるにしても負け方っちゅうもんがあるがな。
大敗はカッコ悪い、惜敗ぐらいに持ち込まなアカンがな・・・・と思いまして、ペースアップしました(^^ゞ。

ふとガーミンを見たら、心拍190でした(@_@。
51歳ですよ。
これってエラーですよね?
今までで見た最高心拍は170台前半だから、190ってのは絶対おかしいな。
c0236857_19473271.png

エイドで無駄な時間を使わないように、紙コップを両手でとって一つ飲んで一つ身体にかけてすぐスタートっていう感じでガンガンいきました。たいしたことないけど(^^ゞ
やっぱり前に目標があると走れますね。
最後までタレずにボクとしてはなかなかいいペースで走れました。

c0236857_19472643.png

ボクの成績は、
スイムは47:35で113位。
平凡~(^^ゞ。

バイクは2:20:12で109位。
これも平凡~(^^ゞ。

スプリット(バイク終了時点での記録)は3:07:47で94位。

ランは1:30:18で23位!
やった~(^^ゞ。
総合で51位、エイジ(50歳代男性)で7位でした。
スイムスタート直後はどうなることかと心配したけど、終わってみればボクとしてはほぼいつも通りの成績で良かったぁ(^^ゞ。
ランがちゃんと走れたら、だいたい出場者数全体の1/7ぐらいの順位になります。
これを1/7の法則と呼んでいます(^^ゞ。
皆生はちゃんと走れなかったので、もっと下でした(>_<)。

モーニングさんは総合で47位、エイジで6位でした。
モーニングさんには、スイムで4:29負けて、バイクで14:29負けて(^^ゞ、ランで16:29勝って、トータルでは2:26負けてました(^^ゞ。

タラレバになりますが、ボクがスイムでもう少し速くて、バイクでももう少し速くて、ランでももう少し速かったら(条件つけ過ぎやろ~(^^ゞ)、結果は違っていたかも(大爆)。

ランだけは頑張ったでしょ?(^^ゞ。

今後もやっぱりこの路線で行くしかないな(^^ゞ。
ランで自分なりにしっかり走れると、きついけど気持ち良くて総合順位もそこそこになるし、フィニッシュ後の達成感も大きいけど、ランが走れないと遅いくせにきつくてしんどくて順位もダメダメで達成感もイマイチってことになっちゃう。

ランをもっともっと鍛えよう!

ランだけならエイジで何位だったんやろ?と思って調べていて驚愕の事実に気付きました!

ランだけならエイジで2位で、他はボクより若い選手ばかりでした、一人を除いては!
ナント!ランで1位だったのは60代の女性選手だったんです!
スゲェ~(@_@。
Tammyさんみたいな選手だ!(^^ゞ
Tammyさんはもっと若いけど(^^ゞ。

その選手は総合では5時間20分だったけど、ランは42分59秒!
ん~?ちょっと速過ぎるんじゃねぇか?って思って計算してみました。
だって、ラン2位の選手は1時間18分だもんね。

ミドルのランは21kmから19kmに変更されたのですが、ボクのガーミンが記録した距離は17.84kmだったので、それで平均ペースを計算してみたら1kmを約2分25秒!ありえんな(^^ゞ。
ジョーゲンセンより速い(^^ゞ。

スゲェ!って思ったけど、計算してみたらスゲェ間違いだな(^^ゞ。
間違いと決めつけるのはマズイけど、ないよね(^^ゞ、計測ミスかな。
ということは、ボクのランは23位じゃなくて22位だよ~、一つ上がった~(^^ゞ、どうでもいいけど(^^ゞ。


昨年同様、肩の日焼け防止と、トライスーツよりも水を多く含んで乾きにくくて少しでも涼しそうなバイクジャージをT1で着ました。
さらに、これも昨年と同じですが、水をたっぷり含んで乾きにくい保冷タオルっていうのか?それを首に巻いて走りました↓。
バイクでもランでもしょっちゅう身体に水をかけていましたが、保冷タオルからしみ出した水の気化熱で首周りを冷やしてくれたので、使って正解でしたね。
佐渡でも暑くなりそうなら使おうと思います。

c0236857_23392093.jpg
なかなかカッコイイタオルです。
c0236857_23394267.jpg
c0236857_06533333.jpg
c0236857_06534050.jpg
モーニングさんは奥さんと来られていて、手をつないで同伴フィニッシュしたそうです。
ヒュ~ヒュ~、やるね~(^^ゞ。
ウチじゃ考えられんな。

c0236857_23392586.jpg

「もしもし、ぴよぴよさんの奥さんですか?タイヘンです、ぴよぴよさんが水泳中に心肺停止状態で救助されて、現在集中治療室で治療中です、すぐ来てください。」

「余計なことしないで川に戻してやってください、あの人はトライアスロンの最中に死んだら本望だと申しておりました。」

「へっ?いやっ、そっそれは・・・・、そういうわけには・・・・、下流の住民が迷惑・・・・。」

「治療は一切しないでください、あの人は日頃から延命治療はするなと申しておりましたので。」

「えっ、いやっ、延命?延命治療はするなって・・・・、まだ51歳・・・・・、奥さん、何もしないと亡くなりますよ、いいんですか?」

「切り刻んでオオサンショウウオのエサにでもしてください、それでは。」

こんな感じだろうなぁ(^^ゞ。
絶対先には死ねんな(^^ゞ。


合わせて101歳のハグ(^^ゞ。
モーニングさんがなんか顔を背けているように見えるんだけど、どうしてだ?
オレのこと嫌いになったのか?

この写真は彼の奥さんが撮ってくれたんだけど、二人の関係が奥さんにバレるのを恐れたのか(爆)。
オレはそんなこと気にしないぞ!
2人の愛はその程度だったのか?
c0236857_23394874.jpg

念のために、ボクは男には全然興味ありません!
ボクが興味あるのはトライアスロンだけです!
おおっ、言いましたね~、かっこええ~(^^ゞ。
ホンマか?
ん~、女性にもちょっとだけ(爆)。

2人とも無事に完走できて、めでたしめでたし(^^ゞ。

モーニングさんは来年も出る!って言い切ってるけど、オレはなぁ・・・・あのちべたいスイムは憂鬱やなぁ(>_<)。
来年は7月になったら故郷の千種川の上流で冷たい川で泳ぐトレーニングをするかのぅ(^^ゞ。

選手は無料の豆カレーをいただきました。
え~っと、要するに、大豆がブツブツたくさん入っているカレーです(^^ゞ。
運動後にはタンパク質摂らにゃぁ!
c0236857_23400480.jpg

c0236857_23395430.jpg
ウギャ~、完走証を見ながら食べてたら、カレーを落としちゃったよ(>_<)。
c0236857_23400993.jpg
なめるオヤジ(^^ゞ。
c0236857_23401430.jpg
シミ付きの完走証。
まっ、これも思い出の一つだなぁ(^^ゞ。

c0236857_21383820.jpg

c0236857_21384624.jpg
B-1ナントカには全然興味ないんだけど、選手はこれも無料でした。
c0236857_23402432.jpg

c0236857_23402947.jpg
ジェラートなんて言うのはこっ恥ずかしいけど、アイスクリームも無料で、昨年と同じパパイヤ味をいただきました。
c0236857_23403660.jpg
c0236857_23404126.jpg
剱号よ、よく走ってくれたね。
お疲れさま~(^^ゞ。
クロスケも2週続けて米子道までご苦労様!
c0236857_23404795.jpg
さあ、次はいよいよ佐渡Aだよ佐渡A!
佐渡も頑張るど~、おー(^^ゞ。

下のかっこいい写真をポチっとしていただけたら、佐渡でもきっと頑張れると思うんです!
よろしくお願いしまーす(^^ゞ。


にほんブログ村

by piyopiyodesu | 2016-07-31 06:56 | 湯原温泉トライアスロン | Comments(8)  

湯原温泉トライアスロン2016参戦記 2 スイム

 7月24日日曜日、朝食をしっかり食べて、出すものを出して(^^ゞ、レースに必要な物をリュックに入れてバイクの自走で会場に向かいました。
クルマで来ている選手は、周辺の駐車場を指定されるのですが、ボクが指定されたのがたまたまさつき荘の前だったので、クロスケはそのまま駐車しておきました。
温泉街からスイム会場までバイクだと10分もかからないぐらいかな。

バイクのセッティング完了!
トランジションの流れを指差し確認して、必要な物がちゃんとあるかを何度も何度もチェックしました。
レース終了まで必要ないものはリュックごとトランジションバッグに入れて置いておきました。
支給されたバッグにさえ入れておけば、何を置いといても可です。

ディスクホイールなんか使ってるのはボクだけでした(^^ゞ。
後輪もBORA2にしようかと思ったんだけど、今BORA2に付いてるタイヤが結構摩耗しているので、レースに使うなら交換した方がいいと思うんだけど、それが面倒だったっていうだけのことです(^^ゞ。
実は、皆生でディスクホイールを使ったのもその理由からでした(^^ゞ。

トレーニングにはまだまだ使えるタイヤだけど、レースで使うには摩耗しているってことありますよね?
クリンチャーと違って外したタイヤを再び使うって、できないことはないけど面倒だし、ローラーばっかりやってるとチューブラーホイールは使わないしで、タイヤの換え時に悩みます。
c0236857_23385012.jpg
モーニングさん。

c0236857_23385783.jpg
湯原温泉病院の駐車場がトランジション会場です。


c0236857_23390212.jpg
天気予報では最高気温が32℃まで上がるということで、暑い一日になると覚悟していましたが、一日中こんな感じの曇り空で、時々日が差すこともあったけどたぶん30℃までは上がらなかったんじゃないかなっていうぐらいで助かりました。

昨年はミドルディスタンスはDNSも含めて278名のエントリー数だったのが、今年は354名でした。
増えましたね~。
いい大会だもんね、来年はもっと増えるでしょうね。
今年はショートとリレーも合わせて400名ぐらいの参加者数だったそうですが、この駐車場にはまだ余裕があるから、500名ぐらいまではイケルかな?

c0236857_23390797.jpg
スタート前に、CEEPOの田中社長と。
いつもお世話になりまして、ありがとうございます。
c0236857_23391424.jpg
ウェットスーツを着てスイム会場の旭川に入ってみると、わかっていたことだけど冷たい(>_<)。
水温は21.5℃と発表されていました。
試泳を済ませて浅いところでスタートを待ちました。

フローティングスタートなんだけど、昨年は段取りが悪く、大勢の選手が入水する前にスタート時刻になってしまったので、今年は川に入るためのスロープが2倍に広げられて、早め早めに川に入るようにハンドマイクで呼びかけていました。

スタート10分前にスタートラインに着くように言われたけど、大勢の選手がスタートラインの横の足が着く浅い岸近くで立って待っていました。
ボクも膝上までぐらいの深さの所で立って待ちました。
10分も立ち泳ぎしてたら凍死するがな。

岸近くからスタートしても、岸から遠いところからスタートしても、二等辺三角形みたいな感じで、第1ブイまでの距離はほぼ同じでした。

3分前に渋々スタートラインまで泳いでいきました。
う~、さっぶ~、はよスタートしてくれ~。

大会幹部の方の挨拶があって、「頑張ってください。」とかなんとか言われたのだけど、そんなんで気合い入るわけないやん!っていうしょぼい挨拶でした(^^ゞ。

う~、さぶい~、どんどんテンション下がる~。

アカン、このままでは泳がれヘンがな、気合い入れなアカン!

不肖ワタクシ、ぴよぴよが気合い入れの音頭をとらせていただきました。

「みんなぁ~、ぜ~~~たい、完走するっぞ~!」
と、ゆっくりと大声で叫んで右拳を突き上げました。
ここで無反応だと沈んでしまってカニの餌になるところだけど、ありがたいですね~、次の瞬間

「お~!」
という怒涛の叫び声が湧き起りました。
続いて
「がんばるっぞ~!」
「お~!」

よっしゃよしゃ、やっぱりトライアスロンのスタート前はこうでなくっちゃ(^^ゞ。
ちょっとは気合い入ったけど、それでも寒いものは寒い。

9時ちょうどにスタートしたら、昨年以上の混み具合で、水は冷たいし、どんどん息苦しくなってきました。
アカン、なんでこんなに混んでるんや!苦しい、苦しいぞ。
これはマズイパターンや!

ゆっくりでいいから落ち着いてしっかり泳ごうとするんだけど、左右からどんどん当たってきて息苦しさは酷くなる一方(>_<)。
これはホンマにマズイと思って平泳ぎしてたんだけど(ボクの平泳ぎは足が沈んでいるので後ろの選手を蹴ることはないです(^^ゞ)、後ろからどんどん選手が抜いていくので、こんな真ん中で平泳ぎしてたら邪魔やから端に行ってブイに掴ってちょっと休もうと思って、後ろから来る選手の間を縫うようにして右へ右へ移動したら、ブイとブイを繋ぐロープが水中に見えてちょっとほっとして落ち着けました。

浮力なんぞない細いロープ1本でも、いざとなれば掴まれるモノがそこに見えているというだけで安心できて、その後はロープに沿って落ち着いて泳ぐことができました。

情けないけど冷たいのは苦手なんですよ。
爪先はかじかんで感覚がなくなっていました。
冬になると、仕事が終わってクルマで帰宅する20分程の間に、分厚い手袋をしていても指先が冷えて白っぽくなって感覚がなくなってしまって、帰ったらお湯で暖めないといけないぐらいに末端が冷えやすいんです。

養命酒でも飲もかな(^^ゞ。

こんなこと書くと後出しじゃんけんの言い訳みたいになっちゃうけど、皆生の1週間後だから無理はしないで楽しもうと思っていました。
日常生活をする分には皆生の疲労は全く感じなくなっていたけど、まだ完全には疲労は抜けてないですよね、たぶん。
昨年はトライアスロンの大会で4名亡くなったそうですよね。
その方達もまさか自分が死ぬなんて思ってもいなかったでしょう。

苦しいのを我慢して無理して泳ぎ続けている時に、たまたま呼吸しようとしたタイミングで乗られて沈められて呼吸ができなくて、不幸なことにそんなことが2度3度と続くとパニックになったり意識を失って溺れるのかなぁって思う。

もしも後で前夜にアルコールを飲んでいたらしいなんてことになると「前の晩に飲むからやん!」て言われるだろうし、ろくにトレーニングしていなかったらしいなんてことになると「ちゃんとトレーニングせなアカンやん!」って言われますよね?
ボクはどちらにも該当しないけど、「アイツは出過ぎやねん!」って言われるかもしれないので(^^ゞ、たとえ棄権して笑い者になっても、無理して取り返しがつかない事故を起こして大勢の人に迷惑をかけるよりはずっとマシだと思っていたので、冷静な良い判断だったと思っています。

精神的な要因もあるのかなぁ?
2014年のIM北海道のスイムでも同じように苦しくなって、しばらく平泳ぎしてたことを思い出しました。

2周目に入ってややペースを上げていたら、左ふくらはぎが攣った(>_<)。
いでででで~。

宇宙戦艦ヤマトの沖田艦長になったつもりで指令を発しました。
沖田艦長を知らない方のために、この方です(^^ゞ。
c0236857_13054156.jpg
「左舷第二エンジン(左キック)停止~。」

古代守「艦長!ただいまヤマトはレース中でありますが?」

「古代!復唱はどうした!」

古代守「はいっ、左舷第二エンジン停止しまーす。」

左キックが使えない分、右キックを強くしていたら右ふくらはぎも攣った(>_<)。
いでででで~。
沖田艦長「右舷第二エンジン停止~。」

古代守「右舷第二エンジン停止しまーす。」

沖田艦長「ヤマトはこれより両舷第一エンジンのみで航行する。」

古代守「ヤマトはこれより両舷第一エンジンのみで航行しまーす。」

沖田艦長「両舷第一エンジン、出力80%を維持せよ!」

古代守「両舷第一エンジン、出力80%を維持しまーす。」

脚は攣るし退屈だし水は冷たいし、水中でこんなこと思いながら泳いでました(^^ゞ。

2周目の後半は攣りがおさまって気持ち良く泳げました。

スロープを駆け上がって、走りながらウェットスーツの上半身を脱いでからガーミンを見たら、たしか9:47でした。
9時スタートだから、2,000m泳ぐのに47分もかかっちゃったけど、生きているだけで十分よ~(^^ゞ。
相変わらず、スイムの記録は笑わせてくれますなぁ(^^ゞ。
621mしか泳いでいないってことになってました(^^ゞ。
デバイスロックしてたから、誤操作はないハズなんだけど。
不正なことはしてないですよ(^^ゞ。

c0236857_08024181.png
バイクラックに着いて見たら、モーニングさんのバイクは既にありませんでした。
まぁ、そうやろな。
 
続く・・・・(^^ゞ。

なんとか死なずにスイムフィニッシュしました。
この写真をポチっとしていただけたらたいへん嬉しいです。
よろしくお願いしまーす(^^ゞ。


にほんブログ村



by piyopiyodesu | 2016-07-30 08:06 | 湯原温泉トライアスロン | Comments(2)  

湯原温泉トライアスロン2016参戦記 1 レース前日

 7月24日に開催された、第3回湯原温泉トライアスロンに出場してきました。
昨年に続いて2度目の出場です。

スイムは旭川を堰き止めてできた冷た~い淡水の湖を2周で2km、バイクも2周で65km、温泉街の中とその周辺を3周するランは21kmから19kmに変更されていましたが、19kmより1kmぐらい短かったと思います。
全選手が同条件だからどうでもいいことですが、昨年も14kmのハズが12kmより短かったので、湯原の距離は信用していいのかな?って思う(^^ゞ。
短い方が楽チンでいいんですけどね(^^ゞ。
c0236857_17275976.jpeg

開会式、競技説明会会場の湯原ふれあいセンター前のエキスポです。
何も買いませんでした(^^ゞ。
c0236857_23355535.jpg

c0236857_23360031.jpg

c0236857_23360667.jpg

c0236857_23361173.jpg
皆生トライアスロンのフィニッシャーTシャツを着て、さりげな~く連戦をアピールして他の選手をビビらせる心理作戦です(爆)。
ウソです、疲れてるんだからイジメないでねって訴えてるんです(^^ゞ。
c0236857_17282295.jpeg

昨年の参加賞はCEEPOのロゴ入りのメッシュのバッグでしたが、今年は粉飴1kgでした。

c0236857_21381602.jpg
c0236857_21382895.jpg
粉飴はアマゾンだとおそらく最も安く買えるマルトデキストリンで、ボクは時々買っています。
たしか5kg買うと送料が無料になるので買う時は5kg買うのですが、そうするとかなり長いこともちます(^^ゞ。

ロングレースの補給ドリンクに使う時は、できるだけ少量で高カロリーになるようにと思って、無茶苦茶濃くしていましたが、そうすると甘過ぎて飲めなくて、クエン酸で甘さを抑えたら酷い味になって余計に飲めない(爆)ってことを繰り返してきました(^^ゞ。
懲りない男なのです!

試飲コーナーがあって飲んでみたらものすごく薄くてわずかにほんのり甘い程度でした。
きっとケチってるんだと思って(^^ゞ、販売もされていたので質問してみたら、それぐらい薄くても(30%水溶液)十分なカロリーがあるそうなので、最近は使ってなかったけど安いのは魅力だからまた試してみようかな。

大きな大会も小さな大会も、強力してくれる方々のお陰で成り立っていますね。
この日も、ありがとうございます、ありがとうございますと言いまくっていました。

c0236857_23361952.jpg
その他の参加賞は、Tシャツ、湯原温泉のタオル、入浴剤、近くの昭和シェル石油の500円券、フィニッシュ後の食べ物引換券でした。
c0236857_17273430.jpeg
大胆なデザインだな。

c0236857_23362470.jpg
地元の子供さんが応援メッセージを書いてくれた団扇。

c0236857_21535130.jpg
c0236857_21540293.jpg
こんな木造の建物が健在なのはなんだか嬉しい。
c0236857_23363179.jpg

c0236857_23364456.jpg
すぐ横にあるのに、昨年は気付かなかったオオサンショウウオ保護センター。
オオサンショウウオは半分に裂いてもまだ生きているということで『ハンザキ』という別名があるんですねぇ。


c0236857_23365363.jpg

c0236857_23370095.jpg

c0236857_23370657.jpg
中学高校の同級生(森本君(^^ゞ)の家では、裏の浅い井戸で大きなオオサンショウウオを飼ってました。
特別天然記念物だから個人で飼ってちゃいけないんだけど、勝手に井戸に棲みついているってことでした(^^ゞ。
高校生の時に一度だけ夏休みに遊びに行った時に、アマガエルを捕まえて井戸に入れたら、ゆ~っくりゆ~っくり近づいてきて、一瞬で バクっ!と飲み込んだのを覚えています。
夜行性で昼間はじっとしているのでしょうね、殆ど動きませんでした。

c0236857_23372816.jpg

c0236857_23372326.jpg
『くみ』という名前の女性は、こういうのを見たらどう思うのでしょうね?
私の方が可愛いわ!って思うのかな(爆)。

c0236857_23371791.jpg

クミちゃん、かわいいね(^^ゞ。
よ~く見ると小さな目があるんだけど、わかりにくいですね。
c0236857_23374332.jpg

c0236857_23374862.jpg
みんなよっぽどオオサンショウウオが大好きなんだねぇ~(^^ゞ。
c0236857_23380369.jpg

c0236857_23380998.jpg
ボクの高校の同級生、兵庫県立龍野高校の36回生のモーニングさんです。
上の写真じゃないよ(^^ゞ。
下ね、下(^^ゞ。
c0236857_21474512.jpg
高校時代は二人とも理系だったけど同じクラスにはならなかったので、名前と顔が一致する程度で会話をしたことは一度もなかったのだけど、ロードバイクが縁で数年前に再会して、ボクの影響も少しはあったのかどうかは知らないけど、ついに湯原の1週間前の ひわさうみがめトライアスロンでトライアスロンデビューしたばっかりなんです。

ボクもデビュー戦はひわさで、その前に実戦的トレーニングとして一人トライアスロンなんてやりましたが、彼も何度かオリンピックディスタンスで一人トライアスロン(スイムはプール)をやっててその結果をFBに書いてるのを見たら、オレより断然速いんですよね(>_<)。

ボクのデビュー記録は2時間50分だったけど、彼は2時間42分でした。

6月にはウェットスーツを買ったばかりの彼と二人で、赤穂の海でOWSの練習もしました。
琵琶湖2周で400km走ったのも彼と一緒でした。

スイムは彼が少し速く、バイクは圧倒的に彼が速く(^^ゞ、ランはちゃんと走れたら(ここが重要(^^ゞ)オレの方が少し速いかなぁ~っていう感じなので、スイムをほぼ同時に上がれたらもしかしたらランで逆転できるかどうか微妙なところだと思っていました(^^ゞ。
オリンピックディスタンスの10kmでは逆転は厳しいけど、21kmならもしかしたら・・・・ってね。

同級生だし、トライアスロンの経験値で言えば彼はまだ2戦目の1年坊主ですからね、4年生のボクとしてはできれば先輩としての貫禄を見せたいところではありますが、何分皆生の一週間後で疲れておりますので(^^ゞ、彼もひわさの一週間後ですが、皆生とひわさを一緒にしてもらっては困る!と、なんだかスタート前から既に言い訳しているみたいですが(^^ゞ、勝負の行方はどうなったのでしょうか(^^ゞ。

ライバルがいたり、目標にする選手がいたりするのはとてもいいことだと思うけど、あまりに勝負に拘り過ぎると、せっかくの楽しいトライアスロンが却って楽しくなくなってしまうので、そこらヘンはホドホドにね、あくまでも楽しみの一つとして、彼とのレースも楽しみにしていました。(既に言い訳モード(^^ゞ)

同級生が同じ大会に出ているってのはいいもんです。
モーニングさん、ありがとうね~(^^ゞ。

一人トライアスロンをやった後でオリンピックディスタンスは物足らないって言う彼に、1年目でロングは出られないけど、ミドルの大会なら近くていいのがあるよ!って言って湯原を勧めたのがボクですから、エントリーしたよって聞いた時は嬉しかったのですよ。

大阪から東京まで約500kmをバイクで1日で走ることをキャノンボールって呼ぶんですよね?詳しくは知らないんだけど、彼は自宅がある太子町(姫路市の西隣の町)から東京のどこだっけ?日本橋?決まった場所があるんですよね?そこまで27時間(36時間に訂正します(^^ゞ)ぐらいで走っちゃうぐらいだから、そりゃあ51.5kmじゃ物足らんやろ~(^^ゞ。
来年はロングに出るって言ってるので楽しみです。

 開会式の司会進行役は吉本興業のこの3人でした。
彼らはリレー部門にエントリーしていて、右端のいかにもスイマー体型でゴーグル着けてる人はかなり速いスイマーで、何mを何分何秒の記録があるって紹介してたけど、パッと聞いただけではそれがどのぐらい速いんだか速くないんだかボクちゃんにはワカランのだけど、会場がどよめいていたから結構速いのでしょう(^^ゞ。
ボクちゃんは、例えば、自由形で100m50秒って言われても、オレよりは速いのはわかるけど(爆)、それがどういうレベルなんだかさ~っぱりワカリマセン(^^ゞ。
100mに2分かかるボクにとっては、1分30秒って聞くとハエェ~って思う(爆)。←そんなレベルです(>_<)

中央の人は、競輪学校出身だとか何とか言ってたかな。
左端の人はフルマラソンのPBが2時間40分で、ハーフは1時間一桁分だって言ってたから、それは速いってのはボクちゃんにもわかります(^^ゞ。
c0236857_21480175.jpg

おおっ、スペシャリストのチームだから断トツで優勝するのかなぁって思ってたけど、リザルトを見たらチームの部でスイムは2位、バイクは4位、ランは3位で総合3位でした。
やっぱりさ、吉本なんだからさ、真剣に勝ちにくるよりも、
「ボクはスイムが得意なんですけど、今日はランの担当でーす。」
とかさ、
「フルマラソンのPBが2時間40分なんですけど、カナヅチなんですけど泳ぎまーす。」

な~んて、笑いをとって欲しかったな(^^ゞ。

1位のチームは3種目とも断トツで1位ですね。
上位3チームが突出して速い!
もしもボクが一人でチームの部に出てたら6位でした(^^ゞ。
来年はひよひよさんびよびよさんと組んでチームの部にエントリーしようかな(爆)。
c0236857_17560630.png


昨年と同じさつき荘に泊まりました。


c0236857_23382016.jpg


c0236857_23382682.jpg
大会直前まで、宿泊するか、車中泊するか、どこか近くでテント泊するか、一旦家に帰るかで迷ったのですが、車中泊は暑いだろう、テント泊は面倒だ、通いはしんどいなってことで、皆生が終わってから電話したら、当然だけど既に満室でした。
しょうがないので、湯原温泉協会に電話したら、キャンセルの出た旅館がありますって紹介してもらったのがさつき荘さんでした(^^ゞ。

いやぁ、縁があるなぁ。

さつき荘さんに行ったら去年泊まったことを覚えてくれていて(もしかしたら覚えているフリをしてただけかもしれないけど(^^ゞ)、おばあちゃんが、
「あらぁ、ぴよぴよさん、もう部屋が空いてなくてねぇ、私が使ってた部屋やけどい~いぃ?鍵が壊れてるんやけど。」

今更アカンとは言われヘンがな(^^ゞ。
もう、ここにおるっちゅうねん!

「あ~、いいですよいいですよ、寝られたらどこでもいいですよ。」

小さなブラウン管のテレビはデジタル何とかみたいなのが繋いであったけど、全てのチャンネルが砂の嵐!
窓枠にはまった年代物のエアコンは、ウルサイけど出てくる風は外気温!
洗面所はあるけど水は出ない(^^ゞ。
とまぁ、なかなかネタ満載の部屋でしたが、そんなことは気にしません。
家にいたってテレビは見ないし、山の中だから夜になれば網戸で十分涼しかったしね。
風呂と美味しい食事と布団があればそれで十分。
10,500円を10,000円にまけてくれたしね(^^ゞ。
来年もたぶんここに泊まりま・・・・どうしようかなぁ(^^ゞ。

晩御飯はご飯を3杯、朝御飯は控えめにして2杯いただきました。

c0236857_23383202.jpg

かくして、湯原温泉の夜は更けていったのでありました(^^ゞ。
c0236857_23383948.jpg

c0236857_23384518.jpg
↓このかっこいい写真をクリックしていただけると、アナタにはな~んの得にもならないんですけどね、ボクはインポイントってのが10点もらえてね、ブログの順位が上がる仕組みになっているんですよ。
いや、1位と2位は固定化されつつあるので、上がりませんね(^^ゞ。
上がりませんが、下がらないようにお願いしますね(爆)。
何位でもいいんですけどね~(^^ゞ。


にほんブログ村

by piyopiyodesu | 2016-07-29 08:14 | 湯原温泉トライアスロン | Comments(4)  

完走しました!

 湯原温泉トライアスロンを無事に完走しました!
c0236857_15341155.jpeg

完走証の上にカレー落としちゃった^_^;。
c0236857_15354370.jpeg
c0236857_15360617.jpeg

スイムとバイクは遅かったけどランは頑張って23位、全部では52位でした!
湯原温泉トライアスロンはええ大会や〜!
応援ありがとうございました。
え~っと、非常に厚かましいのですが、お疲れ様~っていうことでポチっとお願いします(^^ゞ。
ホンマに疲れました。
これでしばらくは休めるよ~(^^ゞ。

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

by piyopiyodesu | 2016-07-24 15:30 | 湯原温泉トライアスロン | Comments(0)  

明日は湯原温泉トライアスロン!

 明日は岡山県の湯原温泉トライアスロンです。
スイム2km、バイク65km、60kmだったっけ?(^^ゞ、ラン21kmのミドルに出ます。



死なない程度に頑張ります(^^ゞ。
応援よろしくお願いします。

c0236857_17273430.jpeg

c0236857_17275976.jpeg

c0236857_17282295.jpeg
インポイントが増えると、大勢の方達が応援してくれているんだなぁって思って元気になれるし、手が抜けなくなるので、たぶん20秒ぐらいは速くなると思うんです(爆)。
お願いしますね~(^^ゞ。

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

by piyopiyodesu | 2016-07-23 17:17 | 湯原温泉トライアスロン | Comments(6)  

湯原温泉トライアスロン大会にエントリー

 7月24日の湯原温泉トライアスロン大会にエントリーしました。
昨年も出た大会です。
これです↓。
http://piyodesu.exblog.jp/24453108/

皆生トライアスロンの翌週だけど、皆生はおそらくまた落選するだろうと思ってエントリーしちゃいました。

オリンピックディスタンスよりも短いショートクラスがあるので、初めての方のデビュー戦としてはいいのではないでしょうか。
ボクは昨年同様ミドルクラスにエントリーしました。

[ショート] スイム 1km 社湖(1周)
33km バイク 25km 湯原湖畔(1周)
ラン 7km 湯原温泉街(1周)
[ミドル][リレー] スイム 2km 社湖(2周)
88km バイク 65km 湯原湖畔(2周)
ラン 21km 湯原湖畔(3周)
















スイム会場が旭川の上流なので、水がかなりちべたいですが、暑い時期なので気持ちいいです。
バイクコースは、前半は上り、後半は下り、間は平坦(^^ゞっていう感じで、これ以上ないぐらいにメリハリが効いています(^^ゞ。
ランコースは、湯原温泉街の中を走るので、大勢の温泉客が応援してくれて元気が出ますが、暑い!です(^^ゞ。
昨年はランが14km(実際には12kmぐらいしかなかった)だったのが、21kmに長くなってますね。

とても気持ちのいい良い大会だと思います。
皆さん、出てみませんか!

下のバナーをポチっとしていただけたらたいへん嬉しいです。
よろしくお願いします。

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村



by piyopiyodesu | 2016-04-02 07:55 | 湯原温泉トライアスロン | Comments(0)  

湯原温泉トライアスロン参戦記 3

 前回の続きです。 
 バイクスタートして少しだけ国道を走って、すぐに温泉街の中に入っていきました。
大勢の方が応援してくれて元気になりました。
一人、アホの坂田みたいな横歩きするおもろいおばちゃんがおったなぁ(^^ゞ。
温泉街を出て間もなく、湯原湖沿いの上り基調のクネクネ道に入ったら、ま~抜かれる抜かれる(>_<)。
キミタチ、スイムはオレより遅かったくせに、なんでそんなに上りで速いのよ?と、余計な突っ込みを入れたくなるぐらいに抜かれまくりでした。

IM北海道のための実戦トレーニングのつもりで走ったので、ランの脚を残すためにできる限りケイデンス95以上で回すようにしていました。
上りではそんな高回転では回せないけど、できるだけ軽いギアで走ったので、ちょっときつめの上りになったらすぐインナーローに入ってクルクル回してたら、ま~抜かれる抜かれる(>_<)。

そのかわり、ランに入ったら脚が軽くて抜きまくり・・・・・ってなるはずだったのに、そうはいかなかった(爆)。

もうちょっと重いギアでしっかり上っても良かったかも(^^ゞ。
まあエエわい、何事も経験よ~経験(^^ゞ。
c0236857_08241754.png
平坦な場所と下りではあんまり抜かれた記憶がないな。
他のどの大会のバイクコースとも違っていて、なかなか面白いコースでしたね。
バイクの公式記録は2:25:14で114位でした。
おっそ~(>_<)。
真ん中へんやん!
下りではかなりとばしたのに、上りがそれだけ遅かったっちゅうことやなぁ。
バイク終了時の順位は106位。
スイムが99位だったから7番落ちたってことです。
ショートでもロングでもバイクで順位を落としたのってこれが初めてや~(^^ゞ。
はははは~、何事も経験よ経験(>_<)。
ちょっと手抜きし過ぎたかな。
ランの脚を残すってことにこだわり過ぎたかもね。
ランってったって14kmなんだからもっと攻めても良かったな。

まあ、何事も経験よ経験~(^^ゞ。
ガーミンの距離は62.57kmでした。(公称では64km)
c0236857_21264067.png
降車ラインの手前で裸足で降車したら、アスファルトが熱い!
熱い熱い熱い!
火傷するかと思った(>_<)。
バイクラックまでバイクを押して走ったら、ウェットスーツを踏んづけてランシューズを履きました。
2014年の宮古島でも同じ経験をしていたのに、そこまで頭が回らんかったなぁ。
何事も経験よ経験と言いながら、その経験が役に立っておらぬではないかいなぁ(>_<)。
c0236857_21264606.png
走り始めたら、いつものように身体がどよよよ~んと重かったけど、1kmか遅くても2km走れば軽くなってくるはずと思ってちょっとオーバーペースかなと思うぐらいのペースで走りました。

しかし、身体がちょっと軽く感じられたのは8kmぐらい走った後で、そこからやっと4分台で走れるようになりました。

c0236857_23090615.png
10kmぐらい走った辺りで、あれ~?あと4kmも残ってないんちゃうかぁ?って思い始めました。
あそこをこう行ってああ行ってすぐゴールやん、14kmもないんちゃうかぁ?

ガーミンでは11.74kmでした。
他の選手にも2人聞いてみたら、やっぱり12kmにちょっと足らないぐらいの距離でした。
まあ全選手公平だからそれぐらいのことはどうでもいいんだけど、それがわかっていたらもうちょっと早めにペースアップできてたなぁって思いますね。

公式記録では1:00:38で41位でした。
総合成績は4:09:02で78位でした。
ランで28人抜き返しました(^^ゞ。

予想タイムで目標タイムだった4時間19分より10分も速かった!
しか~し、ランが2kmも短かったので、あと2kmあればやっぱり10分近くはかかっていたはずだから、目標タイムギリギリでしたね(^^ゞ。
おそらくギリギリでクリアできていたと思う。
それにしてもええ線突いた予想タイムだったな(^^ゞ。
自分のことがそれだけよくわかっているってことだな。
いいことだ(爆)。
彼(コース特性)を知り己を知れば百戦危うからず(^^ゞ。

たいした成績ではなかったけど、楽しかったからエエっか(^^ゞ。
前からわかってたことだけど、オレはやっぱりショートよりロング向きだなぁと改めて思いました(^^ゞ。
ボクの筋肉は全部遅筋なんです(爆)。
速筋ないんです(^^ゞ。

c0236857_21254646.jpg

c0236857_21255220.jpg
フィニッシュ後はバナナ食べまくり、水とコーラ飲みまくりでした。
用意しておいたプロテイン、アミノ酸、クエン酸入りのペットボトルに、スポーツドリンクを入れて飲みました。
粉末で用意しておいて飲む時に溶かさないと夏場は傷みそうでこわい。

無料の食事券で豆カレーと、マンゴーソフトクリームをいただきました。

c0236857_21255889.jpg

c0236857_21260531.jpg
2013年のトライアスロンさぎしま大会に出場した時のボクのブログを読んで、2014年の同大会でトライアスロンデビューを果たしたと言う広島県のshuさんが、先日このブログにコメントを書いてくださったのですが、フィニッシュ後に話しかけてきてくださって、いろいろ楽しい話ができました。
shuさん、ありがとうございました。
次の大会のご予定は?とお尋ねしたら、トライアスロンを始めて2年目でIM北海道に出たボクの影響で、彼もIM北海道にエントリーされているそうです(^^ゞ。
うひゃぁ~、いいねいいね!
3戦目がアイアンマンとは、やりますね~(^^ゞ。
お互いに頑張りましょう!

いやぁ、なかなか楽しくておもしろくていい大会だったなぁ。
冷た~いスイム、前半は森林浴のワインディング、後半1/3は気持ち良い下りを2周するバイクコース、温泉街のラン・・・・と、とても個性的な魅力あふれる大会でした。

お世話になった皆さん、ありがとうございました。
来年は皆生トライアスロンに出られる予定(そんな気がするだけです(^^ゞ)ですが、開催日が重ならなければまた出ようと思いますので、その折にはよろしくお願いします。

ひまわり館で露天風呂に入って、シェルのスタンドで給油(500円分は無料券で)して帰りました。

下のバナーをどちらか一つ、ポチっとしていただけたらたいへん嬉しいです。
よろしくお願いします。

にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村




by piyopiyodesu | 2015-07-29 08:34 | 湯原温泉トライアスロン | Comments(4)  

湯原温泉トライアスロン参戦記 2

 7月26日レース当日です。

5時過ぎに起きて6時前には朝食をたらふく食べて、出すものを2回出して(^^ゞ、まずは指定された駐車場に移動しました。
そこから必要最小限の荷物を入れた袋を持って、レース会場までバイクに乗って移動しました。

スイム会場の旭川。

c0236857_21251371.jpg
肩が日焼けしないように、バイクとランは半袖のバイクジャージを着てアームカバーも使ったので、レースナンバーは手に書いてもらいました。
他に書くとこないもんね。
c0236857_21252485.jpg
トランジション会場で写真を撮ろうとしたら、オフィシャルの方に、電子機器の使用は禁止ですと言われてカメラをしまいました。
そんなこと言われたのは初めてだなぁ。
スマホにカメラに大勢使っていたのにね。
そういうわけで写真は撮れませんでした(^^ゞ。
↓これは何?
これは写真じゃなくて、写真みたいな絵です(^^ゞ。

c0236857_21253255.jpg
朝から暑かったけど、午前中はやや曇りがちで風があって覚悟していたよりは涼しく感じました。
フィニッシュ後は暑かった~(^^ゞ。
c0236857_21254055.jpg
スイム会場の水温は21度。
入ってみたら、かなり冷たい!
ほぼ選手全員が冷たい!と声を出してました(^^ゞ。
スタート前にしっかり泳いで身体を慣らしておくのがいいでしょうね。

試泳が始まってもしばらく顔をつけることができず、平泳ぎで泳いで冷たさに身体が馴染んできてからクロールで泳ぎ始めました。
冷たい水に入ると、迷走神経が刺激されて呼吸が浅くなって息苦しく感じるんですよね。
平気な人もいるだろうけど、ボクはとても苦手です。

スイムスキップしようか?なんてまた思っちゃった(>_<)。
試泳を終えて岸で待機していたら、大ちゃんを出したくなった(爆)。
会場に着いた後も2回出したのに、まだ少量残っていたみたい。
いつもこうなんです。

スタートまであと22分!
出す・・・出さない・・・出す・・・出さない・・・(^^ゞ
愛してる・・・愛していない・・・愛してる・・・愛していない・・・また桜田淳子かよ!
揺れ動く男心(爆)。

スイム中に出ることはないだろう(爆)。
バイク中もおそらく大丈夫。
問題はやっぱりランだな。
走り始めた途端に出そうになるかも。

結局、計測用のアンクルバンドを一旦返して出しに行きました(^^ゞ。

戻ってきたらスタート5分前ぐらいで、既に入水が始まっていてスロープは渋滞中。

フローティングスタートのブイまで泳いで近づいて、あと15mぐらいのところでスタートしてしまった(>_<)。
まだ入水していない選手も大勢いたと思う。
ちょっと段取りが悪かったな。

バトルって言うほどのバトルはなく、前後左右に選手はいるもののひどくぶつかることはなく、ほぼ等間隔を保って泳ぐことができました。

↓ガーミンもスントもスイムの軌跡はあんまり信用できませんね。
c0236857_21263464.png

ボクはブイに向かってほぼ直線的にうまく泳げたと思っているんだけど、集団から離れて一人ポツンと泳ぐ時間が長くて不安になった。
ありゃ?ショートカットしたりしてないよなぁ?

c0236857_11013183.png
間違いやすい一番遠くのブイは間違いなく通過しました。
間違えて手前のショートディスタンス用のブイを回ったりしたら、ライフセーバーの人が知らせてくれるだろう?
間違いなく一番奥の岸に近いブイを回りました。
間違えるような複雑なコースじゃないしなぁ。
と思いながら細長い三角形のコースを2周しました。
いつものようにキックはバランスとタイミングをとる程度に弱く、できるだけ水の抵抗が小さくなるように肩身が狭い居候のような気持ちで泳ぎました。←なんやそれ!

泳ぎ終えて、スロープを走り上がりながら時計を見たら9:42でした。
おっ、予想タイムの45分より速いではないか!(9時スタート)
よしよし、ウェットスーツ着用で50mプールで泳いだ効果が多少はあったようだ。

ガーミンの記録では1770m泳いだことになってました。
あれぇ、普通はちょっと長く出るもんですよねぇ?
2000m泳いだはずなのに1770mっておかしくない?
コースが短かったのかな?
これは確かめようがないけど、ズルイことはしていませんよ(^^ゞ。

バイクラックまでは150mぐらいあったので、走りながら脱ぎにくいウェットスーツの上半身を脱ぐのに十分な時間があった。
コースの両脇には大勢の人達がいて、声援を送ってくれました。
みんなオレのことを応援するためにわざわざ暑い中を来てくれたんだ!と勝手に都合よく思ってニコニコしていました(^^ゞ。

バイクに着いたらウェットの下も脱いで、スイムキャップとゴーグルと一緒にバイクの下に置いて、バイクジャージを着て、首周りを冷やすための保冷タオル(水を多く含んでなかなか乾かないで気化熱で首を冷やすタオルみたいなヤツ(^^ゞ)を首に巻いてヘルメットとサングラスとレースナンバーベルトを身に着けてスタートしました。

濡れた体にバイクジャージを着るのに何秒かかかったけど、肩を覆って日焼けをふせいでくれたし、濡らすとトライスーツより乾きにくくて涼しくて正解だったと思う。
暑い日のレースでは半袖シャツがいいね。
2XUからも来年には出るそうだから、出たら買おう。

スイムの公式記録は43:10で、完走した245名中99位でした。
バイクラックが置いてある駐車場の直前に計測ポイントがあったので、純粋にスイムだけならやっぱり42分ほどだったのでしょう。
まあたいしたことはないけど、とりあえず半分よりは前っちゅうことで、ボクとしては『可』ですかね(^^ゞ。

続く・・・・・(^^ゞ。

下のバナーをどちらか一つ、ポチっとしていただけたらたいへん嬉しいです。
よろしくお願いします。

にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村



by piyopiyodesu | 2015-07-28 10:52 | 湯原温泉トライアスロン | Comments(6)  

湯原温泉トライアスロン参戦記 1

 7月25日土曜日、仕事を少し早目に終わって、帰宅せずに直接湯原温泉に向かいました。
中国道から米子道を走って湯原ICで下りたところから、こんな案内表示が置いてあって、迷うことなく受付会場まで行けました。

c0236857_21193038.jpg
受け付け、競技説明会、開会式の会場の湯原ふれあいセンター。

c0236857_21194965.jpg

c0236857_21200069.jpg

c0236857_21200541.jpg
大きな大会も小さな大会も、ボランティアの方々の協力があってはじめて成り立つんですよね。
皆さんありがとうございました。


c0236857_21201132.jpg
スイムキャップがどんどん増える。
カビが生えて黒くなっても破れるまでは捨てられないので、1年に5個ぐらいづつ増えていく(^^ゞ。
やっぱりカビが生えたのは捨てるかなぁ(^^ゞ。
なんか再利用できないかなぁ(^^ゞ。

c0236857_21201672.jpg

競技会場近くのガソリンスタンドで使える500円分の金券、会場すぐ横の露天風呂ひまわり館の無料券(石鹸とシャンプーは置いてなかった)、スイーツと食べ物の引換券付き。
これらはなかなか良かったな。
c0236857_21202875.jpg
参加賞Tシャツもどんどん増えていく。
あまり奇抜な色のシャツより、こういう無難な色のシャツの方が使いやすいかな(^^ゞ。

c0236857_21203481.jpg

c0236857_21204350.jpg
こんなバッグも付いてました。

c0236857_21204914.jpg
写真じゃわかりにくいけど、マチが大きくてたくさん入りそうだし、上面がメッシュで使いやすそうです。
これはアタリ!ですね。

c0236857_21205693.jpg
地元の小学生が応援メッセージを書いてくれた団扇。
c0236857_21210395.jpg
CEEPOの田中社長と。
首から下はほぼ合同ですね(^^ゞ。
レンズの歪のせいもあるけど、オレって太いなぁ。
もうちょっと減量せなアカンなぁ。


c0236857_21211418.jpg
受け付けを済ませた後、開会式までに時間があったので、クルマでバイクコースの下見をしました。
約32kmのコースを2周します。
c0236857_21264067.png
湯原ダムでできた湯原湖沿いの道は、狭くてクネクネ曲がっていてアップダウンが多くて速い選手と遅い選手の差が開きやすいコースだったと思います。

c0236857_08241754.png
c0236857_21212125.jpg
短くて狭いトンネルが二つあった。

c0236857_21213046.jpg
湯原ダムの下流側を見たところ。
湯原温泉街の一部が見えてます。
c0236857_21213688.jpg
湯原湖。

c0236857_21214517.jpg
路面が荒れているところもあったけど、そこはスピードが出ない場所だから問題無し。
上り基調のアップダウンの連続はきつかったけど、日陰が多くて涼しくて良かった。
c0236857_21215324.jpg
湯原湖から離れると、こんな感じ。
c0236857_21220646.jpg
気付かないうちにカメラが絵画調モードになってた(^^ゞ。

c0236857_21221488.jpg

c0236857_21222227.jpg
最後の10kmちょっとはず~っと下りで気持ち良かった。

c0236857_21225287.jpg
スイム会場と、トランジションの流れの下見をしました。
まだ絵画調になったままであることに気付かず(^^ゞ。
これじゃワカランな(^^ゞ。

c0236857_21225999.jpg
大会会場の絵(^^ゞ。
c0236857_21230419.jpg

c0236857_21231047.jpg
湯原温泉病院の駐車場がT1とT2の会場でした。
c0236857_21231670.jpg
童謡『ふるさと』の『山はあおき、水は清きふるさと』という歌詞がぴったりくるような素朴な感じのいい町でした。

なかなか良い大会だった。
定員に達しなかったようだけど、徐々に人気が出てくるんじゃないかなぁって思います。
皆さん、出てみませんか、いい大会ですよ。

c0236857_21232242.jpg
フィニッシュゲートはまだ準備中でした。
c0236857_21232895.jpg
会場近くの畑の横に、こんなお湯が出ている所がありました。
手をつけてみたら、ぬるめのお風呂ぐらいのお湯でした。


c0236857_21233419.jpg

c0236857_21234159.jpg
翌日に撮り直した写真です。

c0236857_21235884.jpg
↓これ読んで笑っちゃった(^^ゞ。
ここに入浴するヤツはおらんやろ~って思うけど、こんな札が立ててあるぐらいだからいたんやろね~(^^ゞ。
いいねぇ、そんなヤツに会ってみたいなぁ(^^ゞ。
この立札が無かったら、オレ、入ってたかも~(爆)。


c0236857_21240797.jpg
開会式の絵です(^^ゞ。
ぼかし入れなくてもいいから便利かも(^^ゞ。
c0236857_21241304.jpg
はんざき(オオサンショウウオ)の生息地で有名(かどうかは知らないけど)な湯原なので、祭りの時にはこれを曳いて回るのかな?
巨大なはんざきだ~(^^ゞ。
コレは翌日にはフィニッシュゲート近くに移動してありました。
はんざきの前を走ってフィニッシュでした(^^ゞ。
c0236857_21241986.jpg
2匹いたのだ。
c0236857_21242539.jpg
はんざきの手とオレの手(^^ゞ。
でかい!
いかん!夢に出てきてうなされそうじゃぁ~(^^ゞ。
c0236857_21243215.jpg
湯原温泉街の中にあるさつき荘という旅館に泊まりました。
大会事務局からの宿泊所案内に載っていた旅館の中で、ここが一番安かったんです。

旅館に着いて予約していたぴよぴよですと言ったら、ばあちゃんに、そんな予約は知らないと言われましてん(>_<)。
予約の電話をした時に対応してくれたのがものすっごく耳の遠いじいちゃんだったから、怒鳴るような大声で会話したんだけど、それでも理解できているのかどうか疑わしい感じだったので、もしかしたらと思ってはいたけど、それでもちゃんと念を押して予約内容を確認しておいたから大丈夫だと思っていたんだけど、やっぱり~って感じ(^^ゞ。

耳の遠いじいちゃん相手に確かに予約しましたよって言ったら、しばらく待たされて、違うばあちゃんが現れて、はいはい予約いただいておりますよって言ってこの部屋に案内してくれた。
布団が三組敷いてある(^^ゞ。
なんで?

c0236857_21243963.jpg
迷惑なら、座布団を3枚ほど借りて、クルマで寝てもいいやと思って、(ボクのクルマは大人一人なら完全に横になって寝られるので)

「おばちゃん、予約できてなくて無理に部屋を空けてくれたんじゃないの?」
って言ったら、
「いいえ、ちゃんと予約いただいてましたよ。」
ホンマかい?(^^ゞ

「2食付きやんなぁ?」
「食事もされるの?」

そりゃ食うやろ(^^ゞ。
やっぱりあやしい。

結局二食付きで8990円でした。
朝食は無理を言って6時前に用意してもらいました。

晩御飯↓。
この後、熱々のカレイの揚げたのが2匹出た。

c0236857_21244946.jpg
鴨肉でした。
なすびは生煮えだったな(>_<)。
晩御飯も朝御飯もご飯を三杯食べた(^^ゞ。
元をとらなきゃ!と思って食いすぎたな(^^ゞ。
翌日、身体が重かった(>_<)。

c0236857_21245909.jpg
続く・・・・(^^ゞ。

下のバナーをどちらか一つ、ポチっとしていただけたらたいへん嬉しいです。
よろしくお願いします。

にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村


by piyopiyodesu | 2015-07-27 08:30 | 湯原温泉トライアスロン | Comments(2)  

湯原温泉トライアスロンの予想タイム(^^ゞ

 26日の湯原温泉トライアスロン大会での自分のタイムを予想してみよ~(^^ゞ。
予想タイムじゃなくて目標タイムを書いたらいいのでしょうが、スイム2000m、バイク60km、ラン14kmという初めて経験する変則的な距離なので、目標タイムったって目標の立てようがないので、予想タイムです(爆)。

その予想タイムを目標タイムにします。
なんや、結局どっちでも一緒やん!
そういうことです(^^ゞ。

スイム2000mは旭川のダム湖だから、たぶん水温低めで水は綺麗でしょう。
波はあってもさざ波ぐらいできっと泳ぎやすいのではないかな。

ミドルの定員400名が一斉スタートみたいだから、多少はバトルがありそうかな。
でも、昨年の参加者はDNSを含めても200名よりかなり少なかったみたいなので、この写真を見ても、バトルは無さそうかな。
どうかな?

c0236857_14154840.png

いつも通り50mを1分、2000mだから40分を目標にしたらいいんだけど、最近の大会では50mを1分でなんてま~ったく泳げていないので、ちょっとオマケして45分ぐらいが予想タイムかな(^^ゞ。
c0236857_11013183.png
このバイクコース60kmが結構曲者っぽいなぁ。
かなりクネクネ曲がっているので、できれば試走に行きたかったのだけど、行こうと思っていた日がことごとく雨で行けませんでした。
しょうがないな、ぶっつけ本番もおもしろいかな。
TTバイクの剱号よりロードバイクの方が適しているかもしれないけど、剱号で走ります。

交通規制はしていないそうなので、警音器(ベル)の取り付けが義務になっています。
たしか、皆生トライアスロンでもベルが義務でしたね。
ダイソーで買うつもりだったけど、折り畳み自転車に付いていたベルを剱号のDHバーに移植しました、チーン(^^ゞ。

このコース図だけでは、アップダウンのことが全く分からないけど、アベレージ28km/hで走れるとしたら約2時間9分。
28は厳しいかなぁ(^^ゞ。
27.5にしとこうかなぁ(^^ゞ。
そうすると2時間11分。

c0236857_11013602.png
ラン14kmは1kmを4分50秒ぐらいで走れるといいなぁってことで1時間18分
これに、T1とT2のタイムがどれぐらいかかるやろ?
合計で5分とすると、
S45分+B2時間11分+R1時間18分+T5分=4時間19分。
c0236857_11014278.png
これって、昨年の第1回大会ではどれぐらいの順位になるんやろ?と思って見たら、もうほとんどビリッケツの方やった(>_<)。
うわっ、みんな速いやん!と思ってよ~く見たら、スタンダードディスタンスって書いてあった(^^ゞ。
昨年はミドルじゃなくてオリンピックディスタンスだったのかな(^^ゞ。

というわけで、数々のデータを入力してカンピューターで計算した4時間19分を目標タイムにします(爆)。

当日の天気予報は晴れで最高気温は34℃(^^ゞ。
とても暖かい一日になりそうです(爆)。

スイム時にウェットスーツの下は上半身裸で泳いで、バイクスタート前に半袖のバイクジャージを着てバイクとランを走ろうかなと思っています。
肩が日焼けして後でヒリヒリするのはイヤだもんね。
何秒かロスしてもいいや。

下のバナーをどちらか一つ、ポチっとしていただけたらたいへん嬉しいです。
よろしくお願いします。

にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村



by piyopiyodesu | 2015-07-24 23:50 | 湯原温泉トライアスロン | Comments(2)