カテゴリ:ロードバイク ロング( 135 )

 

あわいち

 宮古島トライアスロンの1週間後の4月26日に、淡路島を2周するアワニに誘われていました(^^ゞ。

アワニやて、よーそんなこと思いつくわ!

ちなみにボクがアワニを走った時のことはコチラコチラに書いてあります(爆)。


昨年は宮古島トライアスロンの1週間後に、ボクが言いだしっぺになってビワイチアワイチ(1日で琵琶湖1周と淡路島1周を走ること(^^ゞ)を走ったので、アワニはなんとか走れるんじゃないかと思って参加しましたが、1周目のあまりのペースの速さに、ドラフティングでついて走るのがやっとこさで、上り坂では何度も待ってもらったりして1周で脱落しました(>_<)。

ボク以外の4名は見事にアワニを達成されました。
約300kmかな。
素晴らしい!
ボクにはもうそんな元気はないです(>_<)。


c0236857_20193026.jpg

c0236857_12551719.png

すみません、思い切り手抜きです(^^ゞ。
長~い長~い宮古島トライアスロンのブログで疲れたので、しばらくは手抜きです(爆)。

下のバナーをどちらか一つ、ポチっとしていただけたらたいへん嬉しいです。
よろしくお願いします。

にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村



by piyopiyodesu | 2015-05-05 14:02 | ロードバイク ロング | Comments(4)  

のんびりビワイチ その2

 前回の続きです。

白髭神社の鳥居の前で写真を撮った後は、住友輪業さんの先導で、あるハンバーガーショップに行きました。

ボクはファーストフードが嫌いで、マクドナルドなんてもう5年ぐらい行ってないし、その前も付き合いで3年に一度行くか行かないかぐらいで、ハンバーガーなんていつ食べたか記憶にないぐらいです。
コンビニで済ませる食事もファーストフードですけどね(^^ゞ。
以前はしょちゅう食べていたカップ麺も、トライアスロンを始めて食べる物に気を付けるようになってからは一つも食べていません。

住友さん曰く、ここのハンバーガーはファーストフードではないと。

そのハンバーガーショップはかなり人気があるらしく、この日も1時間待ちだとか。
我々は先を急ぐのでローソンでちょっと食べて済ませましたが、1時間も待ってハンバーガーを食べようっていう人がいるもんなんですねぇ。
次々と人がやってきていました。
余計なお世話だけど、よっぽど暇なんかなぁ。
オレは昔に比べたらかなり気が長くなったけど、それでもハンバーガー食うのに10分以上は待たれへんなぁ。

次は、瀬田の唐橋西詰を瀬田川に沿って南へ少し走った所にある和菓子のお店に案内してもらいました。

ボク一人なら、100回ビワイチしても絶対立ち寄ることはない!と断言できるような佇まいの高級な和菓子のお店でした(^^ゞ。
ここの和菓子が美味しいらしい。

業務スーパーの1個39円(税抜き)で215kcalのどら焼きで十分満足な、ケチじゃなくて倹約家のボクにとっては、1000円近くもする甘いオヤツと言うんだか料理と言うのはヘンだな、なんて呼べばいいのかわからないけど、今風に言えばスイーツかジェラートか、そんな甘い食べ物を嬉しそうに召し上がる皆さんを見て、サイクリングの楽しみ方も人それぞれだなぁと認識を新たにしたのでございます(^^ゞ。

バイクに乗るようになって、今でこそエネルギー補給のためと思って甘い物も食べるようになったけど、それまでは甘い物なんて殆ど食べず、アンコは嫌いで、どら焼きなんてもっての外、羊羹なんて見るのもイヤ、ケーキは家族の誕生日かクリスマスの時にしか食べないという男だったので、この日も甘くない物で少しでもお腹の足しになりそうな物ということで、このおこわをいただきました↓。
LightWeight AUTOBAHNなんて超高価ホイールは買うくせに、1000円のおこわを注文するのに清水の舞台から飛び降りるような決心が必要だったのだよ(爆)。
業務スーパーのどら焼きなら20個以上買えるなぁとか、ドリンクゼリーが幾つ買えるかなぁなどと考えてしまうボクは、このお店に来る資格なしです(^^ゞ。

まああんまり書くと次から誘ってもらえなくなると困るからな。
人付き合いは大切にしないとな。←喧嘩売っとんのか(^^ゞ。



c0236857_07571758.jpg
いい食材を使い、無添加で、手間暇かけて丁寧に調理してあるのでしょう。
美味しいけど・・・・・普通やん(爆)。←やっぱり喧嘩売っとる?
腹一杯食べるようなお店じゃないのはわかるけど、1000円払ってこれっぽっちとはなんとかならんものかいのぅ。←あ~間違いない(^^ゞ
もしかしたらお代わり自由だったんやろか?
そんなわけないわなぁ(^^ゞ。


c0236857_07572304.jpg
この味噌汁はドロっと濃厚で美味しかったな。
香ばしいアラレが良いアクセントになっていたな。←珍しく褒める(^^ゞ。
c0236857_07573026.jpg
100km以上走ってきたサイクリストには和菓子をオマケしてくれるんだそうな。
このお店の代表的な和菓子、たばしるをいただきました。
小豆が硬いな。←折角褒めたのに、やっぱり喧嘩売ってる(^^ゞ。
口の中でゴリゴリするぞ。←あ~もうダメだぁ(^^ゞ
柔らかく滑らかな餅と、ゴリゴリする具の食感の違いを楽しむお菓子なのかな。

c0236857_07573784.jpg

ブログのネタ的には最高のお店であった!
また行くことが・・・・あるかな?・・・・ないかな?・・・・ないな(^^ゞ。←もう誘ってもらえないこと決定(爆)。
c0236857_07574400.jpg

視線を感じて、誰かこっちを見ている!と思ったらな~んだ狸か(^^ゞ。

c0236857_07575016.jpg

どういう意味だ?
おうすって何?
c0236857_07575820.jpg

店の前で写真を撮っていたら、何の前触れもなく突然hiroさん夫妻がクルマでやってきた!
生後2ヵ月の男の赤ちゃんを連れて!
抱かせてもらったのだ。

c0236857_07350013.jpg


お腹が満たされていたのかよく寝ていた。
うひゃあ、かわいいねぇかわいいねぇ(^^ゞ。
ウチの子が赤ちゃんだった頃を思い出すよ!


c0236857_07580576.jpg


見て見てこのちっちゃい手。
c0236857_07581323.jpg


ちっちゃい足!
かわいいねぇ。
他人の(^^ゞ子供がこんなにかわいいんだから、自分の孫ならまさに目の中に入れても痛くないぐらいに可愛いんだろうねぇ(^^ゞ。
ウチの娘は高3と中2。
孫ができるのはいつかなぁ。
まだ早いな(^^ゞ。
まだ困るな(^^ゞ。

リキさんにはかわいいかわいい女のお孫さんがいらっしゃるんですよね。
時々ブログに、孫ザウルスが登場します。

ボクが今のリキさんの年齢になる頃には、トレーニングだ!とか言いながら、ひょっとしたら孫ザウルスを背負って走っているかも(^^ゞ。

c0236857_07582101.jpg


瀬田の唐橋だす。
この橋さえ渡れば、あとはどの道を選んでもフルビワイチだす。

この日の相棒は、DHバーをとっぱらった青空号(ピナレロ クワトロ)+BORA2。
ず~っと固定ローラーに固定されっぱなしなので、たまには外に連れ出してやらないとね(^^ゞ。


c0236857_07582958.jpg

これはレーシングカヌーですね。
幅が狭いねー(@_@)。
素人が乗ったら、乗った瞬間にひっくり返るでしょうね。

誰も聞いてないけど、カヌーとカヤックの違いは、水カキ(ブレード)が片方だけに付いているシングルブレードパドルで漕ぐのがカヌーで、両端に付いているダブルブレードパドルで船底に尻を着いて脚を前に伸ばして漕ぐのがカヤック。

漕ぎ手の後ろ向きに進むのはボート(^^ゞ。



c0236857_07583753.jpg

あんまり何度も長い休憩をするもんだから、こんな調子じゃ木ノ本駅に戻る前に日が暮れちゃうよ!と心配していたのですが、はじめからそういう計画だったようです。
何時ごろにどこそこに寄って、次は何時ごろにどこで何を食べて、夕方はあの辺りで夕焼けを見て、この辺で日没を迎えて、暗くなってからゴールするという筋書きが最初から最後までできていたようです。

ふ~ん、そうだったのか、なるほどね~。
初めての200kmライドを華やかにする演出がいろいろと用意してあったんですね。

c0236857_07584610.jpg

夕焼けに染まる琵琶湖は美しい。


c0236857_07585439.jpg



c0236857_07590229.jpg

7時過ぎだったかな、無事に木ノ本駅に戻ってきました。

バイソンさん、脚がつったりパンクしたりといろいろあったけど、初の200kmロングライド達成おめでとうございます。

次はぜひソロで走ってみてください。
みんなでワイワイ走るのももちろん楽しいけど、ソロで200kmを走り切った時の達成感は格別ですよ!
たとえ、一緒に喜んでくれる仲間が誰一人としてその場にいなくても、きっと大きな大きな満足感が得られるはずです。
少し心細く、少し不安で、尻は痛いし、腰も痛いし、脚はだるいし、途中で引き返そうかな?などと弱気になることもきっとあるでしょうが、それを乗り越えて全ての問題を自分一人で解決して、先が見えてきた時の気持ち良さ、すがすがしさ。
一歩成長できたような気がしますよ。
そして、サイコンが200kmを示した時の喜びは何物にも代え難く、いい思い出になりますよ。

久しぶりにのんびりサイクリングを楽しめて、いい一日でした。
皆さんありがとうございました。
また誘ってくださいね~(^^ゞ。
バイクの後にランニングしなくてもいいのがシアワセ~でしたね(^^ゞ。

アンビットのバッテリー切れで、途中までしか軌跡を残せませんでした。


c0236857_08183485.png



下のバナーをどちらか一つ、ポチっとしていただけたらたいへん嬉しくありがたいです。
よろしくお願いしますね~(^^ゞ。

にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

by piyopiyodesu | 2014-09-13 12:13 | ロードバイク ロング | Comments(8)  

のんびりビワイチ その1

 最近はバイクで走るというと専らトライアスロンのトレーニングのためであり、ファンライドからは久しく遠ざかっていました。

TTバイクの剱号に補給ドリンクと補給食を積んで、エアロヘルメットを被り、できるだけ信号が無くて交通量が少なくて坂があって止まらずに走り続けられるコースを選び、休憩は一切せずに、止まるのは飲み物が無くなって自販機で買う時だけというライドばかりでした。

日本ブログ村の『ロングライド』カテゴリーに籍を置くくせに、ちっともロングを走ってないではないか!というのがちょっと気になってはいたんです(^^ゞ。

ちなみに、「このバナー↓をポチっとしてください」といつも書いておりますが、ポチっとしていただけると、INポイントというのが10点もらえて、それがたまるとハワイ旅行に招待されるなんてことはなくて、ブログの順位に反映されるんです。


にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村 にほんブログ村


10点のうち6点が『トライアスロン』カテゴリーの、4点が『ロングライド』カテゴリーのポイントになるように設定しています。
どちらのバナーをポチっていただいても、同じことなんです(^^ゞ。

トライアスロンの方に重点を置いていることがばれちゃった(^^ゞ。
ロングライド好きな皆さん、ゴメンナサイ(^^ゞ。

ロングディスタンストライアスロンのバイクパートもロングライドには違いあるめぇと言い訳しつつも、たまにはロングも走らなきゃな!ってことで久しぶりに長い距離をのんびり走ってきました(爆)。
一応、100kmを超えたらロングライドと呼ぶようにしています。



ボクが所属する『臨時漕会』の若き新会員バイソンさんが、ロードバイクに乗り始めて半年にして200kmオーバーライドに挑戦することになりました。
サポート役と案内役は臨時漕会代表のコギコギさんと、臨時漕会最速男の座をhiroさんと競う住友輪業さん。

2人が選んだコースは琵琶湖1周。
琵琶湖大橋より北側の北琵琶湖1周だと200kmに足らないので、琵琶湖の南端、瀬田の唐橋を渡るフルビワイチです。

まだトライアスロンの大会が一つ残っているので参加を迷っていたのですが、チームShorosのリキさんも参加されると聞いて、これはリキさんに会いに行かねばなるまい!ということで参加決定しました(^^ゞ。

リキさんは『モーツァルトな走りで』という人気ブログを書かれている方で、とっても上品で穏やかで、読んでいて心地良い文章を書かれる方なんです。
ボクのブログにコメントを書いてくださったのが縁で、時々互いのブログにコメントを書き合う仲だったのですが、いつか是非お会いして一緒に走りたいと願っていたので、こういう機会を作ってくれたバイソンさん、住友輪業さん、コギコギさんに感謝しないといけませんね(^^ゞ。
ありがとうございます。
ちなみに、Shorosはもちろん初老の複数形のことで(そうですよね?)、ボクも入会資格を満たしているかな(^^ゞ。


9月7日日曜日午前7時に、JR北陸本線の木ノ本(きのもと)駅に集合です。
木ノ本と言えば琵琶湖の北東端の町で、SL北びわこ号の写真を撮りに何度か行ったことがありますが、早朝に起きて一人でクルマを運転して行くにはちょっとしんどい距離です。
特に、帰りの名神高速は大津あたりでよく渋滞するし、200km走った後だと居眠り運転が怖いと思って、JRで輪行で行くことにしました。

輪行が好きなんですよ。
ちょっとした旅気分が味わえるし、本を読んだり車窓の景色を眺めたりスマホで遊んだり、ローカル線ならビールを飲んだりもできますからね。

加古川駅前の金券ショップで、京都までの往復は格安切符が買えるしね。
↑これは結構な差額なんですよ。
正規料金の切符なんて買う気がしない(^^ゞ。

居眠りしちゃって乗り過ごしには気をつけないといけませんけどね。

加古川で下りないといけないのに、姫路まで行っちゃったことが何度かあります(^^ゞ。

輪行に決めたはいいけど、日曜の朝に出たのでは7時に到底間に合わないので、土曜の夜に木ノ本駅まで行ってテントで寝ることにしました(^^ゞ。

モンベルのステラリッジ2型テント。
土砂降りでも平気なテントですが、雨の中で設営するのは面倒だなと思っていたら、うまい具合に駐輪場が空いてました(空けました(^^ゞ)。

約3分で別荘の完成です(^^ゞ。
これで遅刻することはない(^^ゞ。
寝坊しても、まさか置いて行かれることはないだろう。
目の前が集合場所だからな(^^ゞ。
c0236857_07553631.jpg
たまにはビールを飲もう!
(発泡酒だけど)

c0236857_07554541.jpg
さすがアイアンマン!とか、発想がすごい!とか言われたけど、普通ですやんね。
車中泊するのが普通なんだろうけど、代わりにテントで寝るだけのことで、アイアンマンとは無関係ですがな(^^ゞ。
クルマで寝るよりぐっすり眠れて疲れもとれます。
テント慣れしているかどうかだけのことですよ!
エアーマットとエアー枕があればなかなか快適な寝心地なんですよ。

朝6時に起きました。
パンをムシャムシャ食べながらテントの撤収をしていたら、住友輪業さんとkonoさんが来られました。

その前に、急遽参加することになったONIさんも着いていたそうで、ニコニコしながら近づいてこられました。


c0236857_07345045.jpg
写真を撮り忘れちゃったけどこの日のメンバーは、コギコギさん、リキさん、バイソンさん、ONIさん、konoさん、住友輪業さん、ボクの7名でした。

木ノ本駅の駐車場から反時計回りにビワイチをスタートしました。

北部は景色が綺麗な場所が多いですね。
c0236857_07555655.jpg
ビワイチには殆ど坂がなくて、向かい風さえ吹いてなければすごく走りやすいのですが、初めての200kmに挑戦するバイソンさんが無事に最後まで走り切れるように、案内役の2人ができるだけ坂を避けて、なおかつ景色が美しいビューポイントを取り入れて、絶妙なコースを組んでくれていました。

前を走っているのは、Shorosのリキさんと、konoさんですね。
konoさんのGIANTのニューバイクは、青色に統一されていてカッコイイですね。

リキさんはバイク歴まだ2年で、この日が初めての200km超えだったそうですが、ものすごく安定した滑らかなペダリングで、ボクより8歳年上とお聞きしましたが、とてもそんな風には見えない力強い走りでしたね。

c0236857_07560272.jpg
早生品種なのか?もう稲刈りが終わっている田んぼがありました。
この日は暑かったけど、すっかり秋ですね。

こんなコースを走りました。
アンビットを12時間バッテリーがもつモードにしていたのですが、8時間ほどで早々とバッテリーが切れてしまいました。
あかんなぁ(>_<)。
使用状況にもよるのでしょうが、アンビットのバッテリー持続時間はカタログ表示の8割以下ぐらいに思っていた方がいいですね。

c0236857_08125919.png

c0236857_07560899.jpg
朝日を反射してキラキラ光る湖面。
イイネ!
こんな湖畔にテント別荘を張って建てて寝るのも楽しそうだ!

c0236857_07561451.jpg

c0236857_07561947.jpg
ビワイチは何度かやってますが、いつも湖畔の道ばかりを走っていたので、湖畔から少し離れた所にこんな素敵な道があると知りませんでした。
立派なメタセコイヤの並木が2.5kmぐらい続くとてもとても気持ちいい道です。
電柱と電線が邪魔だけど、並木道に入ってしまえば見えなくなります。
絵葉書に使えそうな風景ですよね。


c0236857_07562572.jpg

c0236857_07563039.jpg

c0236857_07564287.jpg

c0236857_07565057.jpg
白髭神社の鳥居を前に記念写真を撮ってもらっているのは、リキさんと住友輪業さん。
c0236857_07565721.jpg
人気の場所なのか、次々とモーターボートや水上バイクが集まってきていました。

c0236857_07570411.jpg

続く・・・・・・(^^ゞ。

下のバナーをどちらか一つ、ポチっとしていただけたらたいへん嬉しくありがたいです。
よろしくお願いしますね~(^^ゞ。

にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村 にほんブログ村


by piyopiyodesu | 2014-09-10 11:23 | ロードバイク ロング | Comments(14)  

1日で2度おいしいビワイチアワイチ(^^ゞ その2

前回の続きです。

ビワイチの約190kmを走り終えて、大津駅前でポーズを決める方々(^^ゞ。

c0236857_08192458.jpg
c0236857_08191956.jpg
JRで明石駅まで輪行して、そこからバイクで数分のジェノバライン乗り場に着きました。
c0236857_08121916.jpg
後部のオープンデッキにバイクを積んで、イザっ、淡路島子ちゃんに会いに行くよ~。

c0236857_08122629.jpg
この時まではまだ余裕でした、この時まではね(^^ゞ。
c0236857_08123834.jpg

c0236857_08123359.jpg

こんな時間に淡路島に渡るのは初めてだにゃぁ(^^ゞ。
c0236857_08124738.jpg

岩屋港で我々を待ち構えている人がいました。
徳島の暴れん坊(^^ゞ、ボーンズさんでした。
我々がビワイチをしている間に、彼は既にアワイチを済ませていて、2周目のアワイチを我々と一緒に走るという計画だったのだ!


c0236857_08125395.jpg
ボクが先頭になって岩屋港を出て走り始めると、大津から岩屋までの移動の間に休憩できたのに脚が重くて、いつも通りに走っているつもりなのに30kmが出ないんですよ(>_<)。
ちょっと向かい風だったせいもあるんだけど、明らかにペースが上がらず、宮古TAの疲労がどよ~んと残っている感じでした。

そんなヘロヘロペースに皆が満足するハズもなく、すぐに住友輪業さんとモーニングさんに先頭をとって代わられ、その後洲本のコンビニで休憩後に再びちょっとだけ先頭を走った以外は、ず~っとず~っと後方で楽をさせていただきました。

これは、福良の手前にあるホテルニュー淡路前の絶景ポイントですね。
c0236857_08125889.jpg

途中から、初対面の若きトライアスリート、レンジャーさん(仮名(^^ゞ)がトレインに加わり、5人仲良く走り続けました。
ボクはいつトレインから脱落するか?っていうぐらいにヨレヨレだったのですが、後半、西海岸の追い風に助けられてなんとか最後まで落ちこぼれずに済みました。

いやあ、住友輪業さん、最後までスピードが落ちなかったねぇ、凄いねぇ!

モーニングさんもボクと同級生とは思えない激しい走りでした。
特に上りが速かったね。
いつの間にあんなに上りが速くなったのだぁ?
秘訣があれば教えてほしいのだ(^^ゞ。
やっぱり米の力かぁ?

ボーンズさんは、1日の最長走行距離が200km未満だったのに、一気に300kmを超えましたね!
みんなヤルなぁ!

レンジャーさん、また実家に帰って走ることがあれば一緒に走りましょう。

左端のボーンズさんはアワニ、レンジャーさんは初アワイチ、右の3名はビワイチアワイチを走りました。

c0236857_08130372.jpg
やったね!
c0236857_08131045.jpg

いつもは、アワイチ後は加古川の自宅まで約25kmを自走で帰るのですが、あまりに疲れていたのと、そんな状態で交通量が多くて狭くて暗い国道2号線を走って帰るのは危険だと思い、明石駅から加古川駅まで輪行しちゃった(^^ゞ。
モーニングさんと一緒だったしね。

コ・シ・ヌ・ケ(^^ゞ。

ビワイチアワイチの距離です(自宅から加古川駅まで自走した距離も含んでます)。
c0236857_07533033.jpg
通しの平均時速です。
やっぱりビワイチよりアワイチの方が距離は短いけどしんどいね。

c0236857_07534036.jpg
動画です。
うっかり録画しっ放しになってて、SDカードが一杯になってしまったので、いくつか長すぎる動画を消去したため、淡路島での動画が少ないです。
ボーンズさん、あまり映ってなくてゴメンナサイ(^^ゞ。
雰囲気ね雰囲気、雰囲気を感じてもらえたら嬉しいな。



http://www.youtube.com/watch?v=bBxx6M-PhLY

下のバナーをどちらか一つ、ポチっとしていただけたらたいへん嬉しくありがたいのです。
よろしくお願いしますね(^^ゞ。
にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

by piyopiyodesu | 2014-05-12 07:33 | ロードバイク ロング | Comments(12)  

1日で2度おいしいビワイチアワイチ(^^ゞ その1

 関西で有名なバイク(自転車)による1周モノと言えば、淡路島1周のアワイチ琵琶湖1周のビワイチですが、1周で物足りなくなったボクは昨年アワニビワニを達成しました。
アワニのことはコチラに、ビワニのことはコチラに書いてますので、まだ読んでないぞ!という方は、先にそちらを読んでいただいた方が話が早いかと思われます(^^ゞ。

今回は、2周モノ3部作の最終章であるビワイチアワイチを走ってきました(^^ゞ。

一日で淡路島を2周した方や、琵琶湖を2周した方は大勢いらっしゃることでしょう。
だけど、一日でアワイチとビワイチの両方走った人はいないのではないでしょうか(^^ゞ。

もしいらっしゃったら名乗り出てください(爆)。

一日でビワイチアワイチを走りませんかと言うボクの誘いに乗ってくれたのが、臨時漕会のモーニングさんと住友輪業さん の2人。
あんた達も好きねぇ(^^ゞ。

モーニングさんとは昨年11月にビワニを一緒に走りました。
この時に所用で参加できなかった住友輪業さんはとても残念だったそうで、次のロング企画には何をおいても参加しようと思っていたそうです。

決行日は諸般の事情により4月27日と決まっていました。
宮古島トライアスロンの1週間後です.
できればあと1週間ほど休みたかったのですが、色々とイベントが続くので、メンバーの都合も考えるとこの日しかなかったのです。
ロングトライアスロンの1週間後かぁ~、ランはまだまだ走れないだろうけどバイクならなんとかなるだろうと安易に考えていましたが、思っていた以上に疲労が残っておりなかなかハードな一日となりました。

26日土曜日の遅い電車で大津駅に向かいました。
加古川駅にて。
家を出るまでになんとか4時間寝ました。
若い頃と違って睡眠時間が足りないと全然元気が出ないんだなぁ。
 
c0236857_08100888.jpg
姫路駅から乗ってきたモーニングさんと合流し、神戸駅では住友輪業さんが乗ってきました。
最も空いている先頭車両に並んだ輪行バッグ3つ。

c0236857_08101544.jpg
線路内に人がいたそうで電車が50分も遅れて大津駅に着きました。
日付が変わったらすぐに出発する予定だったのに、1時頃の出発になっちゃった。
まあ1時間ぐらいどおってことないんですけどね。

c0236857_08102015.jpg

c0236857_08102647.jpg
ボクの高校の同級生、スーパーオヤジ、モーニングさんが手にしているのはデカイ握り飯(^^ゞ。
米を食べないと元気が出ないんだそうです。
ポパイのほうれん草みたいなもんだな(^^ゞ。
c0236857_08103137.jpg
1時間しか寝られなかったという住友輪業さん。
c0236857_08103726.jpg
ボクの今回の相棒はDHバー付きの青空号+シャマルウルトラ。
剱号はまだ宮古島から帰ってきてなかったのと、ドラフティングしながら走るつもりだったので、青空号の方が都合が良かったのです。
疲れが残っていて2人に付いていけない場合は、潔く先に行ってもらって単独で走破するつもりだったので、その場合に備えてDHバーを外さずに来ました。
とかなんとか言って、普段ローラーで乗る時に着けているのを、外すのが面倒だったっていうだけのことなんですけどね(^^ゞ。
外したらまた着けないといけませんからね(^^ゞ。
 
c0236857_08104297.jpg
大津駅を出発して、琵琶湖ホテル横を右折したら、まずは琵琶湖の南端、瀬田の唐橋に向かいました。
ここを渡らねばビワイチにあらず!と思ってますからね。

琵琶湖大橋より北側の北琵琶湖1周はホボイチです(^^ゞ。

c0236857_08104916.jpg
c0236857_08105507.jpg


走り始めてみると、脚が重いもののなんとかローテーションの一角を果すことができました。
モーニングさんが先頭の時に、なかなかエエペースで走るなぁと思ったのだけど、暗くてサイコンが見えないので何km出ているのかわからなかったのですが、街灯の明かりでちらっと見たら34kmぐらい出てました。
彼は1週間前には長野マラソンを完走し、2週間前には岡山国際サーキットで7時間耐久レースをソロで走り切っています。
なんてタフなんだ!

冗談で彼をトライアスロンに誘ったことがあるんだけど、もう誘わない。
彼と同じ大会に出たら間違いなくオレの順位が1つ下がる(爆)。
エイジでも!

ボクが先頭になるとちょっとペースが落ちるなぁと思いながら走っていたのだけど、サイコンがチラッと見えたら34kmぐらい出てて、あっ、オレもなかなかやるやん!なんて思っちゃた(^_^)。

臨時漕会最速の住友さんが先頭の時はあと2~3km速かったのは流石でしたね。

通行止めなのはわかっていたけれど、未練がましくまだ走ったことがない奥琵琶湖パークウェイを走って行ってみました。
クルマは無理でもチャリぐらい通れるんじゃないか?と思っていたけど甘かった(>_<)。
無駄に上って無駄に下ることになってしまった。
上りでかいた汗が冷えて下りの寒かったこと(>_<)。
震えながら下りました。

c0236857_08110134.jpg
c0236857_08110770.jpg
その辺りで夜が明けてきました。
3人で適当に先頭を交代しながら、なかなかいいペースで走りましたよ。

 
c0236857_08111316.jpg
琵琶湖の北側をぐるっと回って西側を南に走り始めた辺りで太陽が昇ってきたので、休憩を兼ねて写真を撮りました。

c0236857_08111897.jpg



c0236857_08112421.jpg

c0236857_08113104.jpg
この頃はまだ元気でした、この頃は(^^ゞ。
c0236857_08113882.jpg
琵琶湖大橋近くの米プラザでトイレ休憩しました。

c0236857_08114488.jpg
ビワイチを終えて大津駅に戻ってきました。
3人でローテーションしたし、ビワイチはほとんど平坦なので、1週間前の宮古TAの疲れを感じつつも、2人に遅れることなくなんとかビワイチを走りきることができました。

2人の輪行バッグは前後輪を外すタイプなので、ちょっと時間がかかるんです。
c0236857_08115003.jpg
ボクのも前後輪を外すタイプなのですが、後輪を外すと何かと面倒なので前輪しか外さないで使っています。
速いのだ(^^ゞ。
5分かからない!

c0236857_08115636.jpg
2人を待っている間に、大津駅横のコンビニでパンを買ってきてハトと戯れたのだ(^^ゞ。
あまりに無防備にボクの手からパンを食べるので、1羽捕まえてやろうとしたのだけど逃げられた(^^ゞ。
その様子は後日公開する動画に映ってます(^^ゞ。
c0236857_08120171.jpg
最初に来た新快速電車がひどく混んでいたので、一本見送って次の電車で明石駅へ。
駅から見えた明石城公園。

大津から明石までの移動も自走したら完璧なんだけど、それはちょっと危ないし時間がかかりすぎるし、しんどいですよね(^^ゞ。
そんなしんどいことしたくないですよね(^^ゞ。

 
c0236857_08120707.jpg
明石駅構内の吉野家で補給。
モーニングさんだけ特盛りを食べてたな(^^ゞ。
ボクは大盛りね。


c0236857_08121331.jpg

続く・・・・・・(^^ゞ。
後半のアワイチは一体どうなるのでしょうか?
無事に走りきることができたのでしょうか?
ワクワクドキドキしますよね?

下のバナーをポチっとしていただけたらたいへん嬉しくありがたいのです。
よろしくお願いしますね~(^^ゞ。
にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ
にほんブログ村

by piyopiyodesu | 2014-05-08 08:44 | ロードバイク ロング | Comments(6)  

サバイバルアワイチ  その3

 前回の続きです。

鳴門岬の道の駅を後にして、坂を上り、大鳴門橋記念館には行かず、淡路南I.C.前の坂を下っていた時に、海からの強風が吹き付けました。
DHポジションでは下りでスピードが出過ぎると怖いので、その時はブラケットポジション(ブルーホーンハンドルにはブラケットはないんだけど)で下っていたからまだ良かったけど、唐突に大きくグラっときて焦りました。

レースで道路封鎖してあれば大胆に思い切ってDHポジションで下るでしょうが、封鎖されていない一般道では安全マージンをとっておかないと怖いですからね。

だけど、レース中にDHポジションで走行中にいきなりあんな風に吹かれたらビビルやろうなぁ(>_<)。

アイオロスのモーニングさんは平気だったそうです。

淡路島の西側、サンセットラインを走る頃には、前半の勢いがすっかりなくなってしまったぴよぴよさん、遅れずに付いていくのがやっとになってしまいました(>_<)。

いつまでたっても元気なモーニングさん、hiroさん、住友輪業さんがほぼ3人で先頭を交代しながら引っ張ってくれたんじゃなかったかな(^^ゞ。

記憶も定かでない(^^ゞ。

前回のアワイチでは、前半に飛ばしすぎて後半に失速した感のあったモーニングさんでしたが、今回は最後まで元気でしたね。
この人はお腹さえふくれていたらいつまででも高速巡航が可能なんですね。

ところが、さらに上をいく猛者がおりました。

モーニングさんが先頭を引く車列の最後尾で、やっとの思いで付いていってるというのに、さらにペースが上がったので、モーニングさん、元気過ぎるやろ!と思ってよく見たら住友輪業さんが先頭に立ってました。

住友輪業さんとアワイチするのは初めてで、速いのは知ってたけど、既に120kmぐらい走っているのにまだ40km/hで走り続けることができるなんて、すげぇすげぇ!

DHポジションでドラフティングするのは危険だから、車間距離を開けて走る!なんてことを言ってたらついていけないので、DHポジションは止めてドラフティングで必死についていきました。

最後のコンビニ休憩で、思わず住友さんをマラソンにスカウトしちゃったよ~(^^ゞ。
キミなら必ずサブ3達成できるよってね(^^ゞ。
ボクの指導をきちんと守れば必ず達成できる(爆)。

臨時漕会のアワイチには最後の契り愛が憑き物付き物なんです。

最後の信号を過ぎ、道端の集落がなくなり、枝道からクルマや人が飛び出してくる心配のない区間に入ると、今日の契り愛は一体どんな展開になるんだろう?誰が一番に飛び出すんだろう?

皆自然と無口になり、緊張感が高まっていきます。

ず~っとhiroさんが一番獲ってるけど、今日は住友ちゃんがやってくれそうな気がするけどどうかなぁ。
オレは一番は無理でもできれば見届けられるぐらいの差で付いていきたいよなぁ。

ボクの最後はあっけなく終わっちゃいました。

最後尾を、前車のドラフティングゾーンに入らないように走っていたボクは、先頭の住友輪業さんがスパートしたのに全く付いていけませんでした。

ふと気がつくと、既に車間距離が大きく開いていて、慌ててダッシュするも全く追いつけませんでした。
それでもトレーニングだと思って全力で追いかけましたが、差は開く一方でした。

何キロ出てるんだ?
DHポジションで走っているとサイコンが見にくいんですよね。
39キロ出てる。
だいたい37~40キロぐらいで追っているのにどんどん差が開くなんて、やっぱり一人で集団に追いつくのは無理だなぁ。

やがて、落ちてきたコギコギさんをパス。

追い抜きざまに
「乗って乗って!」
と声を掛けたけど、

「もう無理~。」
だそうでした(^^ゞ。

後から聞いた話では、住友さんをかわしてモーニングさんが先頭に出て42~3キロで引いたらしい。
住友さんが落ちかけたところをタイプRさんが抜いて、その後ろをドラフティングで付いていった住友さんが復活して、最後はhiroさんが一番獲ったらしい。

2番は住友さん、3番はモーニングさんだったとか。

みんな確実に速くなってきていると感じました。
ボクだって1年前に比べりゃ多少は速くなっていると思うんだけど、皆の勢いに埋没してしまいそう(>_<)。

ちょっと言い訳させてもらうとですね、3日前の30km走の疲れがまだ残っていたのと、トライアスロンにスプリントは必要ないんだわさ(^^ゞ。

くっ、苦しい言い訳だ~(^^ゞ。


c0236857_21290218.jpg
ちょっと休憩が多かったけど、なかなか中身の濃いいいトレーニングになったアワイチでした。
次が楽しみですね。
 
下のバナーをポチっとしていただけたらたいへんうれしくありがたいのです。
よろしくお願いしますね(^^ゞ。


にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

by piyopiyodesu | 2014-03-14 07:49 | ロードバイク ロング | Comments(10)  

サバイバルアワイチ  その2

 前回の続きです。

2度目の休憩の後、再びボクが先頭で走り始めたのですが、不規則な向かい風に吹かれてあまりにフラフラするものだから、モーニングさんのアイオロス7と取替えっ子してもらったことは、 『C75のセカンドインプレッション』に書いた通りです。

c0236857_20542129.jpg


ちょっとした形状の違いで、こんなにも風に対する反応が違うものか!と愕然としましたね。
平地も上りも明らかにアイオロスの方が漕ぎが軽かったしね。
フロントだけであれだけ差があるなら、前後換えたらもっと軽かったんちゃうかな?

あ~早く忘れたい(ToT)。

ホテルニューアワジへの上り。
ここに限らず全ての上りという上りを、まるで平地のように軽やかに駆け上って行く住友輪業さんと、負けずに追って行くhiro
さん、体型はちょっと違うけど(^^ゞ2人とも凄いわ!

その後を大きく引き離されて喘ぎ喘ぎ上る同級生の48歳オヤジ2人(^^ゞ。
ちなみに、同級生だった高校時代は同じクラスにならなかったので、互いの顔と名前は一致するっていう程度で会話したことはなく面識なし。
モーニングさんはコンピューター部で、ボクは帰宅部(^^ゞ。

大学時代は、彼はアメフト部でボクは馬術部(^^ゞ。

アメフトのことはよく知らないんだけど、彼のポジションは相手にぶちかまして道を作る役だったそうだ。

だから、目の前に誰かがいるのが許せないんだって!

その話を聞いて一同深ーく深ーく納得~(^^ゞ。


「どおりで~(^^ゞ。」

やたらと先頭を走りたがる彼の性格は、アメフトで培われたものだったのだ~。
ニューホイールで浮かれてたわけじゃなかったんだ(爆)。

浮かれてたのはオレだな(^^ゞ。

若けぇモンには負けても同級生には負けられん!と、まるで星飛雄馬と花形満のように目から火花を散らしながら上るオヤジ2人であった。

前半は負けてなかったけど、後半は全く勝負にならなかったな(>_<)。

脚が攣りやすいタイプRさんは、攣りそうな時とそうでない時の落差が激しかったですね。
スイスイスイ~っと上っていくこともあれば、ブービーの時もあった。

最後にLSD明けで本調子でないコギコギさんという図式がボボ・ブラジルじゃなくて、ほぼ固まりつつあった。

c0236857_08045078.jpg
c0236857_08050027.jpg

福良の鼓亭でアイオロスをモーニングさんにお返しして、昼ご飯を食べました。

食事後は腹が重いこともあって、いつもはややのんびりモードになるところですが、ここでもぴよぴよさんが先頭に立ってそれなりのペースを作りました。
すぐ抜かれちゃうんだけど、その積極性は評価されるでしょう(爆)。

腹が苦しいのを我慢して懸命に上っているのに、モーニングさんが余裕シャクシャクで抜いていった。
言わなくてもいいのに

「やっぱこっちの方が軽いわ~!」

だって!

あひ~(>_<)。
そんなこたぁわざわざ言われなくったって、オレだって感じてるんだよ!
オレの傷ついたハートにさらに塩を擦り込むようなことを言うんじゃないよ!


くそ~、いつかぶち抜いて7年殺ししてやる!(^^ゞ
あっでも、バイクじゃ敵いそうにないな(弱っ)。

トライアスロンならいつでも相手になってやるど!(自信ないけど)
相手がトライアスロンに興味がないことを知っててこんなこと言うのは負け犬の遠吠えと言います(>_<)。

あっ、そうだ!
マラソンはオレの方がまだ勝ってるな!
ぶははははは~(^^ゞ。


すっかり魅力を感じなくなってしまったC75(>_<)。


鳴門岬への分岐に向かう上りで、いち早く上り終えた住友輪業さんとhiroさんがまたもやコギコギさんを迎えに引き返していった。

やがてコギコギジョーが2人の丹下段平に追われるようにして上ってきました(^^ゞ。

鳴門の道の駅。

c0236857_08050722.jpg
続く・・・・・・。

下のバナーをポチっとしていただけたら、傷ついたハートが癒されます。
よろしくお願いしますね(^^ゞ。


にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

by piyopiyodesu | 2014-03-13 08:46 | ロードバイク ロング | Comments(12)  

サバイバルアワイチ その1

 3月9日の日曜日に、臨時漕会の仲間と春の恒例行事になりつつある『ひなまつりアワイチ』を走ってきました。

昨年はたまたま3月3日にアワイチしたのでこの時期のアワイチを『ひなまつりアワイチ』と呼ぶようになったんですね。
今年はちょっとずれちゃったけど、アワイチは何度もやってるので、何かしら覚えやすい名前をつけておかないと、後で思い出話をする時にいつのアワイチだったのか?がわからなくなっちゃうんですよね。

それぐらいの理由です(^^ゞ。

今回のメンバーは、コギコギさん、ボクの同級生モーニングさんhiroさん住友輪業さん、高松から参加のタイプRさんとボクの6名です。

淡路島の岩屋港に8時集合だったので、加古川の自宅を6時40分に出て24kmを自走して、明石港を7時40分に出るフネに乗りました。

明石と淡路島を結ぶタコフェリーがなくなって、淡路島に渡るにはジェノバラインという高速艇を利用するしかありません。
大人は片道450円、自転車は片道200円で乗せてもらえます。

この日のボクは、トライアスロンのトレーニングとして走りたいということを事前に仲間に伝えて了承を得てありました。

どういうことかというと、できる限りDHポジションで走るということです。
DHポジションは空気抵抗が小さいし、肘乗せに肘を乗っけて上半身の体重を預けて走れるから楽チンなんだけど、それでも150kmもず~っと同じ姿勢で走り続けていたら、尻やら腰やら首やら、アチラコチラが痛くなることがあるんですよね。

ボクの場合は特に首ですね。
深い前傾姿勢からしっかり顔を上げて前を見ないといけないので、首の後ろの筋肉が疲労してだんだんと首が上げられなくなってくるんです。

疲れて上半身を起こすと空気抵抗が増してスピードが落ちてしまうので、ドラフティング禁止のトライアスロンではどれだけ長くDHポジションを維持できるかってことがとても重要なんですね。

先頭か最後尾を走らせてもらうことで、できる限りDHポジションを維持して走りました。

ブレーキレバーに指をかけておかないと危険な道路状況であるとか、きつい上りでダンシングするとか、速度が落ちる上りではブラケットポジションで走るとか、上半身の筋肉をほぐすために敢えてブラケットポジションで走るということはありましたが、全行程の2/3はDHポジションで走れたと思います。

残りの1/3は、ドラフティングしないととても付いていけないぐらいにペースが上がったので、ルール違反だけどブラケットポジションでドラフティングをして走ったんですけどね。
そのへんはね、柔軟な頭で臨機応変に上手く対応する能力も必要なんだわさぁ(^^ゞ。

ボク以外の5名で先頭をローテーションしている時も、咄嗟にブレーキをかけられないDHポジションで車間距離を詰めるのは危ないので、ローテーションには加わらずに、前車のドラフティングゾーンに入らない程度の車間距離をあけて最後尾を走らせてもらいました。

こんなヘルメットで走りましたよ(^^ゞ。
バリバリ本気モードです(^^ゞ。

c0236857_08052113.jpg
c0236857_08053169.jpg
ボクが明石のジェノバライン乗り場に自走で着いた時は、皆さん既にお揃いだったのですが、初めて見るこのヘルメット姿のボクに、誰だかわからなかったようです(^^ゞ。

ヘンなヤツが来た!ぐらいに思ったのでしょう(>_<)。
初めてコレを被って家を出て行く時は、かなり抵抗があったけどもう慣れました(^^ゞ。

被ってる本人には見えないので、いつものロード用ヘルメットのつもりで平気でコンビニにも入っていったのですが、こうやって改めて写真で見るとかなーり特殊ですね(^^ゞ。

まあでも、コンビニ強盗と間違えられて非常ベルを鳴らされるなんてことはオソラクないでしょう(爆)。

顔を上向けると背中に何か当たるので、何が当たってるんだろう?と思ったらヘルメットの後端でした(^^ゞ。


岩屋でタイプRさんと合流して、ボクが先頭で岩屋を出発。
準備運動が既に終わっているのはボクだけなので、しばらくはゆっくり目に走って、皆さんの準備運動が終わった頃からペースを上げていきました。

気持ち良く先頭を走り続けていたのに、ボクのペースでは不満らしく、モーニングさんが抜いていきました。
ボクは最後尾へ。

TREK乗りのモーニングさんは、ボクがC75を買ったのとほぼ同時にボントレガーのカーボンディープホイール、アイオロス7を買ったばかりで、この日が初ロングライドだったので、もう嬉しくって嬉しくってしょうがない、ぴよぴよの後ろなんぞ走っていられるかい!っていう感じで、まあいつものことなんですけど、ちょっとでも集団のペースが落ちるとすぐに先頭に出て引きまくるんですよ。

最初の休憩場所である洲本のファミマまでのアベレージが過去最高で33kmを超えてました。
信号で何度も止まってるのに、こりはかなーり速いんでないかい?

初っ端から既にサバイバルレースの様相を呈しており、だれが真っ先に脱落するか?っていう雰囲気でしたね。

いつもなら、この休憩の後は水仙郷までちょっとのんびりモードに入って、おしゃべりしながら走ったりすることが多いのですが、この日はボクが率先して先頭に出てペースを作りました。
と言っても、たいしたペースで走れるわけじゃないので、すぐにモーニングさんあたりに抜かれちゃうんだけど、中だるみしないようにトレーニングと呼ぶにふさわしいペースを維持できるようにしたつもりです。
前半はね(^^ゞ。
後半はもちませんでちた(>_<)。


最初の峠、水仙郷も、遅いんだけど遅いなりに頑張って攻めの走りをしました。

c0236857_08042671.jpg
c0236857_08043480.jpg
水仙郷を下って南淡路水仙ラインに出ると、交通量が少なく見通しがいいこともあって、たいてい走りながら写真を撮ったり動画を撮ったりペースをゆるめておしゃべりしたりするのですが、みんな本気モードになってるから飛ばす飛ばす。

写真なんぞ撮る余裕ありまへんがな。
コギコギさんも、住友輪業さんもこの日のことを後日ブログに書かれるでしょうが、殆ど写真はないはずです(^^ゞ。

南淡路水仙ラインの後半、前の5名がグルグルローテーションを始めてペースが落ちたので、ボクが先頭へ。

しばらく気持ち良く走って振り返ると、タイプRさんとモーニングさんしかいませんでした(^^ゞ。

先行する3人の共通項はカーボンディープホイール
やっぱり平坦路の巡航はディープが強いのかなぁ?と思ったのも束の間、アワイチ中最大傾斜の上り坂、灘大川の坂のちょっと前にある上りにさしかかった途端、住友輪業さんとhiroさんに抜かれちゃった(>_<)。
結構差があると思っていたのに、いつの間に追いついてきたのだ!?

やるのぅ!

灘大川の坂を過ぎた所のいつもの自販機前で2度目の休憩。

やや遅れたコギコギさんを迎えにいくために、hiroさんと住友輪業さんが引き返していきました。

うげっ、折角上った坂をまた下りていくなんて信じられん!

コーラを飲んで、持参した業務スーパーの39円で215kcalのどら焼きを食べていると、

ボクシング漫画『あしたのジョー』矢吹丈にリングサイドから

「立て!立て!立つんだジョー!」

と声を掛け続ける丹下段平のように、コギコギさんの後ろから2人して励ましながら上ってきました(^^ゞ。

この後も、上り坂でコギコギさんが遅れ始めるとか、

「もうダメ!」

と弱音を吐きそうになる度に、hiroさんが丹下段平に早変わりして後ろから言葉巧みに叱咤激励し続けるので、コギコギさんも遅れるわけにいかずタイヘンだったことでしょう(^^ゞ。
お見舞い申し上げます(爆)。

続く・・・・・・。

下のバナーをポチっとしていただけたらたいへんたいへんありがたく嬉しいのです。
よろしくお願いしますね(^^ゞ。




にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

by piyopiyodesu | 2014-03-12 07:48 | ロードバイク ロング | Comments(8)  

暴風アワイチ  その3

 前回の続きです。

hiroさんとモーニングさんの猛追に、あっけなくロングスパートに失敗したボーンズさんとボクは、何事も無かったように平然と4台列車で走り続けました(^^ゞ。

スパートしたと言っても猛烈な向かい風のせいで普通に走ってるのと大差ないぐらいのスピードだったから、我々が逃げたことに気付いてないんちゃうか!
なんて思ってたけど、そんなわけないか(^^ゞ。

交差点の反対側にあるローソンで最後の補給とトイレ休憩。
残り15kmほどか。

だいたいこのローソンで最後の休憩をすることが多い。

3人とも何か食べていたけど、ボクは腹が膨れて体が重くなるのを嫌って何も食べず、トイレだけ借りました。

先頭交代を繰り返しながら走り続けてあと8kmほどになった。
先頭を走っていたボクが2番手のボーンズさんに交代を要求して最後尾についた。

最後尾ってのは楽そうであんまり楽じゃないんですよね。
先頭よりはもちろん楽なんだけど、前後を挟まれている方がずっと楽。

だから、先頭で頑張って走った後は、最後尾で付いていくのも結構しんどかったりするんですよね。

ふと見ると、前に2人しかいないではないか!

ボーンズさんが先頭に立つと同時に逃げたようだ。

ありゃ~、やってくれるわい(>_<)。

2番手のモーニングさんも、3番手のhiroさんも(逆だったかも)追わないもんだから、ボクが気付いた時には既に50mぐらいの差ができていた。

hiroさんはなぜ追わない?

きっと、この強烈な向かい風の中を一人で逃げ切るなんて無理、必ず落ちてくるはずだからここは3人列車で体力温存を図るべき・・・・・と考えたんでしょうね。

ボクもそう思って追いませんでした。
追おうにも、単独で追えるだけの体力が既に残ってなかったんですけどね(>_<)。

だって、ついさっきまで先頭走ってたんだもん(^^ゞ。

暖かいコタツからなかなか出られないのと似てるか?
違うな(^^ゞ。


ところが、すぐに落ちてきて再吸収されるだろうと思っていたボーンズさんが、落ちてくるどころかじわじわと差を広げつつあった。

おおっ、やるのー!

そう言えば、ボーンズさんが飛び出す前に先頭を走った時の時間が短かったぞ(^^ゞ。
ボクからボーンズさんに代わってすぐにモーニングさんに代わってたよなぁ。
ありゃっ!もう交代したのか!って思ったからなぁ。

飛び出すつもりで体力温存してたんやなぁ(^^ゞ。

いいぞいいぞ、今までになかった展開ではないか!
おもしろいじゃん(爆)。


コーナー一つ分の距離が二つ分に広がって、さすがにこのままでは逃げ切られてしまうんじゃないか?と思い始めた時に、先頭のモーニングさんを抜いてhiroさんが前に出てペースを上げた。

ボクも続いてモーニングさんをパス。

すぐにhiroさんが先頭交代を要求してきた。

ウゲッ、もうちょっと、もうちょっとだけ休ませて(^^ゞ。

「ムリ!」

と答えた(^^ゞ。

しばらくしてhiroさんに疲れが見え始めた時に、ようやく復活してきたボクが前に出てペースアップ。

おそらくモーニングさんはこのあたりで千切れたようだ。

必死に走ってボーンズさんとの距離がちょっとづつ、ほんのちょっとづつ詰まり始めたように思えたけど、もういっぱいいっぱい。

hiroさんが、

「追いますよ~。」

と言って抜いていった。

「まだまだぁ!」

と叫んでついていこうとしたけど、もうダメら~(>_<)。

走っている最中に脚が攣るなんてことはボクはないんだけど、この時は両方のフクラハギが攣る寸前だった。

力んで余計な力が入ってるんやなぁ、膝から下は脱力膝から下は脱力と思ってももう遅い。

hiroさんに離されて地獄の単独走が始まった。
この時は4人とも単独走だったから同じ条件やね。


hiroさんがどんどんボーンズさんに追いついて、やがて背後に付いたところまでは見えたけど、その後どうなったかは距離が開き過ぎて見えませんでした(>_<)。

背後のモーニングさんの影に怯えながらなんとかゴール。
明石海峡大橋の下をくぐる手前の信号がゴールです。

最後のスプリント勝負を制したのはこのカマキリ男↓、hiroさんでした。
c0236857_21555461.jpg



c0236857_21560516.jpg
動画を撮ったんですが、デジカメのバッテリー切れで、逃げるボーンズさんがチラチラ写っているあたりまでで切れてます(>_<)。
いつもバッテリーを3個持って行くんですけど、切れる前に交換するのを忘れちゃうんですよねー(^^ゞ。

よかったら、お暇な時にでも見てくださいねー。

http://www.youtube.com/watch?v=-mo689wvFcA


今までのアワイチで最高にしんどかったけど、おもしろかった!

モーニングさん、hiroさん、ボーンズさん、楽しい一日をありがとうございました。
寒くても風が強くてもなんとかなるね(^^ゞ。
アワイチにハズレはないね。

またやりましょう!

明石からの帰りが滅茶苦茶寒い!
昼間はまだいいけど、陽が落ちてからの寒さは尋常じゃないぐらい。
腹はペッコペッコ。

コンビニでカップラーメンを食べて、帰宅したらすぐに風呂に入りました。

208.8km走ってアベレージは24.67kmでした。
遅いね(^^ゞ。

下のバナーをポチっとしていただけたらたいへん嬉しいです。
よろしくお願いしますね~(^^ゞ。

大切なバナーを貼るのを忘れてた!
タイヘンだ~(^^ゞ。

にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

by piyopiyodesu | 2014-02-15 07:46 | ロードバイク ロング | Comments(6)  

暴風アワイチ  その2

 前回の続きです。

ホテルニューアワジの巨大風車を後にした我々4名は、福良の町へと坂を下っていきました。

両側を山や木々に挟まれた道路を過ぎて海沿いの道にでると、時折ヒヤっとするぐらいの突風が吹きつけて、4台ともが同じように一瞬斜めになって走ることが何度かありました。

おーこわぁ!

この日のホイールはシャマルウルトラだったからまだマシだったけど、50mmディープのBORA2を履いた剱号で来てたらもっと怖かっただろうなぁ。

昼食は福良の『鼓亭』でうどんを食べることが多いのですが、この日は寒くて風も強かったので、ローソンで何か買って食べて先を急ぎましょうっていうことになりました。

ボクは一人で何度もアワイチやってますが、一人の時はコンビニ以外で食べたことなんてないです。
仲間と一緒なら落ち着いて席に着いておしゃべりしながら食べるのもいいけど、一人ならしゃべる相手もいないし、休めば休むほど次に走り出す時に脚がダルイので、パンかおにぎりをさっと食べてすぐに再スタートするのが合ってます。

ボクのアワイチに付き物の3ヶ所の寄り道ですが、一つ目のホテルニューアワジはたいした寄り道じゃないので、全員賛成で寄っていきました。

二つ目の鳴門岬の先っぽは、多数決で決めました。
2対2でもめないように、ボクは投票を控えて3名で投票してもらったら、2対1で寄っていくことになりましてん(^^ゞ。
反対票を投じたのはhさんです(^^ゞ。

必ずこういうことをするお調子者がクラスに何人かはいましたよね~(^^ゞ。
子供の頃はこんなことしない子だったのに、オヤジになってからはせずにいられないのはどうしてだろう(爆)。

c0236857_21553149.jpg
多数決で負けて、来たくもない鳴門岬に来てしまって意気消沈のh氏・・・・・ではなくて、いつもは座らないベンチなんかに座っちゃったりなんかして、疲れたフリをして油断させようとしている図(爆)。
c0236857_21554304.jpg
三つ目の寄り道である大鳴門橋記念館は、反対3票でパスすることになりました。
ボクは行きたかったんだけどなぁ(^^ゞ。
大鳴門橋子(おおなると きょうこ)ばかりに会いに行って、記念館子(きねん かんこ)に会いに行かないと館子が怒るんだよなぁ。
あっ、2人ともボクの彼女なんです(爆)。
本命は淡路島子(あわじ しまこ)なんですけどね(>_<)。

南端の峠を走り終えて西海岸に出てみたら、強烈な向かい風が吹き荒れていて、頑張っても25kmとか、ひどければ20kmも出ないぐらいになってしまいました。
予測はしていたとは言えツライ(>_<)。

4人で先頭交代を繰り返しながら修行のようなペダリングでした。

西海岸はサンセットラインと呼ばれ、ほとんどが海沿いのほぼ平坦な道なんですけど、何ヶ所かちょっとしたアップダウンがあるんです。

残り30kmを切った辺りだったか、ボクが先頭で崖っぷちの坂を上って、上りきったところで2番手のボーンズさんに先頭交代を要求。
ボーンズさんが前に出てくれたところで振り返ったら、3番手のモーニングさんが40~50mぐらい遅れていて、4番手のhiroさんがそのすぐ後ろにいました。

モーニングさんは平坦路では遅れることはなかったんだけど、上りになるたびに遅れがちだったんですね。

それを見たボクは後ろからボーンズさんに囁きました。
悪魔の囁き(^^ゞ。

「ボーンズさん、2人で逃げようか!」

「・・・・・・・・・。」

なんや無視かえ(>_<)。

1分ほど経って

「ぴよぴよさん、2人で逃げましょう!」

なんや、えらい長い間(ま)やったなぁ(^^ゞ、返事するのになんでそんなにかかるねん!

この空白の1分間に、一体彼が何を考えていたのか?想像してみましょう(爆)。

『ん?2人で逃げる?ちょっと待てよ。うまく逃げ切れたとして最後はこのオヤジと決戦かぁ。勝てるかな?このオヤジ、TTバイクでDHポジションで走られたら厄介やけど、今日はロードやしDHbも外しとったな。前半の坂で張り切って上っとったし、エエ加減疲れとるやろ・・・・・・、hiroさんと決戦よりちょろいな・・・・・よっしゃ勝てるぞ!』


おそらく、いやほぼ間違いなくこういうことを考えていたはず(爆)。


そこから2人してダッシュ!

と言っても、向かい風ビュンビュンで30kmなんて出てなかったと思う。
この風なんとかならんかのぅ、キッツイのぅ。

だけど、きついのは後ろの2人も同じ条件。

モーニングさんがhiroさんのペースに付いて2人で追いかけてくるのはおそらく無理だろうから、hiroさんは1人で追うことになるはずだ。
2人で逃げているオレ達の方が有利なハズじゃん(^^ゞ。

先頭交代を要求されて前に出て、少し風がゆるんだのでペースを上げて走っていると、後ろからボーンズさんの悲壮な声が・・・・

「ダメでーす。」


振り向いたら3人いました(爆)。

何事もなかったように4人列車に戻りました(>_<)。

クソ~、剱号だったらもうちょっと逃げられたかもなぁ。
セコイけど(^^ゞ。
空気抵抗が少ないDHpは、向かい風にも強いもんね。

それにしてもhiroさん、すぐに追いついてきたなぁ(@_@)。
恐るべし・・・・・。


続く・・・・・(^^ゞ。

下のバナーをポチっとしていただけたらたいへん嬉しいです。
よろしくお願いしますね~(^^ゞ。



にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

by piyopiyodesu | 2014-02-14 08:22 | ロードバイク ロング | Comments(4)