カテゴリ:宮古島トライアスロン( 33 )

 

宮古島トライアスロン2016参戦記 その9(レース翌日)

 4月18日月曜日、レース翌日は、レースの記事だらけの朝刊にゆっくり目を通しながら、ホテルの朝食をたくさんいただきました。
前夜は空腹なんだけどムカムカして食べられず、胃が痛いぐらいに腹ペコなのに食べずに我慢して寝たので、おかゆにパンにい~っぱい食べました(^^ゞ。
これは一部(^^ゞ。
c0236857_21362682.jpg
戸原選手、二連覇おめでとうございます。
8時間を切ったのは戸原選手だけでしたね。

c0236857_13454302.jpg

スイムは西内選手が一番だったんですね。

c0236857_13454829.jpg


c0236857_13455400.jpg
昨年の女子1位の酒井選手は、バイクで伊良部大橋を通過中に1000kcalぐらい入ったボトルを落としてしまって、エイドでも補給したけどランの30kmでハンガーノックになって、35kmからは根性で走ったそうだ。
それでも3位は凄いですよね。
1000kcalは大きいよねぇ。
想像だけどプロの選手は、必要なカロリーをきっちり計算してちょうど必要な量を決められた距離や時間で摂取して、エイドでスピードダウンしなくて済むように、エイドではどうしても必要な物しかもらわずに高速で走り続けるんでしょうね。
落としたボトルの中身が何か?興味あるな。

c0236857_13455876.jpg

c0236857_13460485.jpg

バスでお隣だった吉本さんの記事も大きく載っていました。

c0236857_13460941.jpg
スタッフの皆さん、沿道で応援してくれた皆さん、ありがとうございました。

c0236857_13461636.jpg
これ↓は訓練の様子ですね。

c0236857_13462363.jpg

c0236857_13462997.jpg
ゴールでプロポーズだって(^^ゞ。
「ゴメンナサイ」って言われなくて良かったねぇ~(爆)。

c0236857_13474369.jpg
シーコンを送り返す手続きを済ませたら、チェックアウトしてタクシーで体育館に行って完走証をもらいました。
c0236857_13471636.jpg
宮古島よ、今年もありがとう!
もうこの一言に尽きる。
感謝の気持ちしかないですね。
大会関係者の皆さん、応援してくださった皆さん、共に頑張った選手の皆さん、全ての皆さん、ありがとうございました。
何度も書いてるけど、夢のような4日間でした。
来年もストロングマンになれるように、また1年間楽しみながらトレーニングを続けます。

c0236857_13472327.jpg
片付けが進む陸上競技場。
寂しいけど、去年に比べたら晴れ晴れした気分で見ることができました。
やるだけやったからね、悔いはなし。

c0236857_13472989.jpg
レース前日だったか当日朝だったかに、FBの近況報告に、『出し切ってカスになってフィニッシュする!』って書いたんだけど、たしかにカスになってフィニッシュしました。
どんなに絞っても、もうあれ以上に走れる力はどこにも残ってなかったよ。

宮古島まもる君ともお別れだね。

c0236857_13473816.jpg
c0236857_21350710.jpg


表彰式までに時間があったので、近くの食堂で昼食を食べながら、そこでも新聞のトライアスロン関連の記事を読み漁りました。

表彰式前↓。

c0236857_21352579.jpg
c0236857_21353181.jpg
c0236857_21353778.jpg
c0236857_21354423.jpg
c0236857_21355089.jpg

表彰式が始まる直前まで体育館にいたんだけど、帰りの飛行機の時刻が迫ってきたので、残念だけど美味しそうな御馳走は今年も一口も食べることができず、空港に向かいました(>_<)。

那覇空港から神戸空港までは加古川のトライアスロンの大先輩のあにぃと同じ便だったのに、あにぃは宮古空港をもっと遅くに発つ便だったので、しっかり食べて、もういらん!っちゅうぐらいビールも飲んだって(>_<)。
来年は一番遅い便にして絶対食うぞ~(^^ゞ。

宮古空港のロビーに今年も写真が展示してありました。

c0236857_21355613.jpg
c0236857_21360367.jpg
1枚写ってた!
ラッキー(^^ゞ。
ありがとうございます、いただきました。

c0236857_21360944.jpg
c0236857_21361874.jpg




陸上競技場と体育館が見えた!
ついさっきまであそこにいたのになぁ。

c0236857_09320926.jpg
那覇空港のラウンジで、また2時間ほど時間をつぶして、神戸空港に着いたら寒くて寒くてホット缶コーヒーを2本飲んだけどまだ寒かった。
ボクは極度に疲労するといつもこんな感じなんです。
おそらく熱産生能力が落ちてるんでしょうね。
汗臭いシャツをリュックから引っ張り出して着て、タオルを首に巻いて加古川駅まで帰ってきて、寒くてとてもチャリなんかで帰れないのでタクシーで帰って翌日にクルマでチャリを取りに行ったのですが、家に入ったら、娘達にその恰好でJRに乗って帰ってきたのか?って小言を言われました(>_<)。
タクシーの中でも震えるぐらい寒かったんだもん(^^ゞ。

後片付けは後回しにしてあっちあちの風呂に入ったけど、それでもまだ寒かった。

バイクで重ね履きしたレーパンの尻が破れてました。
こんなところどうして破れたんだろ?
尻はぶつけてないのにね。
落車した時に尻餅ついたのかな?

c0236857_09290444.jpg

あ~、楽しかったなぁ。
来年まで待てないよ~って言わないよ(^^ゞ。
楽しいことはまだ残ってるもんね(^^ゞ。
次はバラモンキングが待ってるぜ~、宮古島の余韻に浸って腑抜けている暇はない!

バラキンも頑張るど~!
お~!

下のバナーをポチっとしていただけたらたいへん嬉しいです。
よろしくお願いします。

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村




by piyopiyodesu | 2016-05-02 22:00 | 宮古島トライアスロン | Comments(4)  

宮古島トライアスロン2016参戦記 その8(ラン後半)

 4月30日にようやくシーコンが戻ってきました。
レース翌日の18日に発送手続きをしたので、12日もかかったわけですが、おそらく宮古島を出るまでに何日もかかったんでしょうね。
『追跡』で見ても、『発送』としかわからないので、一体、今どこら辺まで運ばれているのか?さっぱりわからないから、あんまり意味ないですね。

1日は、16歳も年が離れた従弟の結婚式に出席しました。
1年に一度着るかどうかのスーツを着て、ネクタイを締めて、革靴を履いたら、トライアスロンするより疲れちゃった(^^ゞ。
新郎35歳、花嫁25歳、花嫁のお父さんはボクより三つも若い48歳でした。
オレがそんな歳になってきたってことか(^^ゞ。

日頃のボクの一食分の食費と比べると、100倍とはいかなくても、50倍ぐらいは高そうなご馳走を食べてきたので、夜ローラーでカロリー消費しなくちゃ!って思ってたんだけど、ブログの更新もサボっているので、カロリー消費は明日以降に延期してブログ書いてます(^^ゞ。

秦さんがFBに載せてくださった写真から、ボクが写っているのをいただきました。
秦さん、いつも綺麗な写真をありがとうございます。

これは伊良部大橋の往路かな。
3度目の落車をする前だから、左のアームカバーがまだ破れていません。
c0236857_22151739.jpg
これはどこかな?
来間大橋の往路かな?
渡り切って坂を上っているところかな?
今年は鯉のぼりが無かったですね。
アームカバーがボロボロです(>_<)。

c0236857_22154171.jpg
c0236857_22155128.jpg
 さて、前回の続きです。
折り返しまではすごく順調に走ることができました。

c0236857_09295705.jpg
後半のラップはこんなんでした。
前半同様のペースで走れたのは23kmまでで、その後のペースダウンは目を覆うばかり(>_<)。
25kmで7:13もかかっているのは何かあったのか?よく覚えてないのだけど、上りが33mもあってかなりキツイ1kmだったから一気に脚にきたのかもしれません。

c0236857_15155148.png
c0236857_15155817.png
c0236857_15160475.png
5km毎のラップはこんなんでした。

0~5km 25:28 平均ラップ5’05

5~10km 24:57 平均ラップ5’00

10~15km 25:28 平均ラップ5’05

15~20km 25:39 平均ラップ5’08


20~25km 28:50 平均ラップ5:46

25~30km 28:46 平均ラップ5:45

30~35km 30:38 平均ラップ6:08

35~40km 31:41 平均ラップ6:20



笑いますよね(^^ゞ。
もう典型的な初心者の走り!
前半突っ込み過ぎて後半バテバテの悪い見本みたいなペース配分ですな(>_<)。
いつもマラソンはネガティブスプリットがいいって言ってるくせに全然できてないですね(>_<)。
アホやね。

そんなに責めないでよ~(>_<)。
これでも当の本人はネガティブスプリットのつもりで走ってたんだからさぁ。

どういうことかと言うと、前半はかなり強い向かい風が吹いてたんです。
後半はこの強い風が追い風になるんだ!同じ調子で走っても労せずしてペースは上がるはずだ、残り半分と思えば気分的にも元気になるし、後半はもっとペースアップできるだろう、うしゃしゃしゃしゃ~・・・・・なんて思いながら走っていました(^^ゞ。
少なくても30kmまで頑張れば、あとは気合いと根性でなんとかなる!、いやっ、なんとかしてみせる!ってね、甘いの~(>_<)。

しんどくなって走れなくなった時のために、あの写真を持っていました。
これを見れば力が湧いてくる!
これを見れば去年の悔しさを思い出して、気合いで走れる!
クタクタでもなんとか走れるようになる!

と思っていたのだけど、ダメでした。
精神力だけではどうにもならない部分もある(^^ゞ。

c0236857_09314694.jpg
もっと速く走れ!
しんどいのは気のせいや!
しんどいのはみんな一緒や俺だけやない!
死ぬ気で走れ!

って思って、手が切れそうなぐらいにこの写真をぐっと握りしめて走ろうと思うんだけど、全然ダメでした。
正直に書くけど、情けないことに3回歩きました。

短いけどキツイ傾斜の上り坂で、もうどうにも足が出なくなって、歩いて上りました。
空港まで帰ってきた辺りで、ここから全部歩いたら楽だろうなぁなんてぼんやり考えて10mぐらい歩いちゃった。

残り3kmぐらいから走っても走っても次の距離表示が遠く感じて、上り基調だったこともあって、市役所前を過ぎた辺りでもちょっと歩きました。
若い選手がボクを追い抜く時に「あと少しですよ、頑張りましょう!」って声をかけてくれて、またノロノロと走り始めることができました。

前半をもう少し抑え気味に走っていれば、また違った展開になっていたのではないか?とは思うけど、走っている最中は、後半にはもっとペースアップしていけるものと信じて疑わずに走っているわけだから、まあ結果論ですよね。

しょうがないで片付けたらアカンのやろうけど、しょうがないです(>_<)。
力不足でしたね。
秦さんが撮ってくださった写真です。
c0236857_22160060.jpg

c0236857_22160909.jpg
ランの記録は4:02:35で順位は144位で、総合では193位でした。

バイクフィニッシュ時のスプリットでは340位だったので、T2とランで147番上がりました。
スイム順位が552位だったので、バイクとランで359人抜いたってことかな?

スイムをわざとゆっくり泳いで、バイクとランで追い上げる作戦は数字だけみたらうまくいったようだけど、課題の残るランでした。

フィニッシュ後は、トラック内の芝生の上でしばらく起き上がることができずに、横になってました。
しんどかったなぁ。

巡回していたお医者さんらしき方が、大丈夫ですか?と尋ねてくれたので、しばらく横になっていれば大丈夫ですと答えて、そうだ、明るいうちに写真を撮っておこうと思ってヨロヨロ立ち上がって、高校生らしきスタッフにこの写真を撮ってもらいました。
元気そうだけど空元気です(>_<)。
c0236857_13442133.jpg
昨年までの完走タオルは、デザインの部分がゴムを吹き付けたような感じでゴワゴワした感じで、あんまり使い心地は良くなかったんだけど(爆)、今年は柔らかい普通のタオルでした(^^ゞ。
バラキンのタオルもゴワゴワなんだけど、今年はどうかな(^^ゞ。
c0236857_13450681.jpg

昨年の悔しさを晴らすことができたような?できなかったような?微妙な結果でしたが、T2の時間を含まないガーミンの記録ではギリギリながらなんとかサブ4で走ることができたので、昨年の自分は超えることができたかなって思います。
一つ収穫があったとすれば、トレーニング次第ではまだ伸びしろがありそうだと感じたことです。
来年も出られたら、ランの前半のペースが後半も維持できるように強くなりたいと思いました。


c0236857_09353711.png

c0236857_09354887.png
フィニッシュ後は寒くて寒くて、2年前の完走賞のストロングマンウィンドブレーカーを着ても寒いので、さっきもらったばかりの完走Tシャツを袋から出して中に着て、タオルを腰に巻いて、暖かい食べ物をもらおうと思ったけど、沖縄そばは苦手なのでスープだけもらって飲んだら美味しかった。
これがうどんだったらなぁ(爆)。←こんなことを言ってはいけません(^^ゞ。

また芝生の上で寝てしまって、気付いたら暗くなってて花火が上がる直前でした。
風邪ひかなくてよかったよ。

c0236857_13452736.jpg
c0236857_13453244.jpg
バイク返却時刻まで待って、返却してもらうのに長いこと待った後ホテルまで乗って帰って、疲れていたけど風呂でバイクやウェットスーツを洗って、ほぼ荷造りを済ませてから寝ました。
爆睡!


下のバナーをポチっとしていただけたらたいへん嬉しいです。
よろしくお願いします。

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村


by piyopiyodesu | 2016-05-01 23:49 | 宮古島トライアスロン | Comments(2)  

宮古島トライアスロン2016参戦記 その7(ラン前半)

 4月28日木曜日、明日まで貴重な連休です。
朝一で病院へ行って胸部レントゲン写真と心電図検査をしてもらいました。
心電図の例の異常な波形は変わってなくて、今やってるようなトレーニングをしているうちは治らないものだそうなので、気にしないでおきます。
以前の写真と比べても、心臓が肥大化していることもないようで、特に注意されることはありませんでした。
良かった良かった(^^ゞ。

新聞に、男性は50歳を超えたら前立腺癌の検査を受けるべきだと書いてあったので、検査用の採血をしてもらいました。
来月、心エコーの検査を予約したのですが、その時に前立腺検査の結果も説明していただけるようです。

まだシーコンが戻ってきません。
今までこんなに遅かったことはないです。
帰りはバイクの発送が集中するでしょうから、たまたま後回しになって宮古島の倉庫でしばらく待たされていたのか?地震の影響か?わかりませんが、早く戻ってこないとウェットスーツにカビが生えちゃう(^^ゞ。

ローラートレーニングはロードバイクの青空号でやってますが、DHポジションがとれないので1時間が限界です(^^ゞ。

今日は午前中は病院行きで潰れたので、午後から10分ぐらいの休憩を挟んで3本ローラー1時間を3本やって、18km走ってブリックトレーニングしました。
3時間ぶっ通しはなかなか厳しいですね。
1時間毎に汗でビチョビチョになったシャツを換えて、トイレ行って、ちょっと食べて、10分ほど休憩を挟むだけでもかなりリフレッシュできるので、新たな気持ちでまた1時間っていうのがボクには合っているかもしれません。


さて、前回の続きです。
バラモンキングまでもう50日ちょっとしかないので、ブログの更新よりトレーニングを優先している関係上、進行が遅くてすみません(^^ゞ。←って言うほどのことはしてませんが(^^ゞ

 
降車ラインが見えてきたら、早めにバイクシューズから足を抜いて、シューズを踏んづけてペダリングしました。
うっかり降車ラインを超えちゃうとペナルティをとられるので、余裕をもって1mぐらい手前で降車して裸足でバイクラックまで走りました。

c0236857_13513767.png

バイクの記録は5:28:43でバイク順位は346位。
スイム+バイクのスプリットでは6:28:51で340位でした。
スイム順位が552位だったので、T1とバイクで212番上がったということですね。
スイムをわざとゆっくり泳いでバイクとランで追い上げる作戦でしたから(^^ゞ、まっ、こんなもんでしょうか(爆)。

もうちょっと速くなりたいよなぁ。
みんな速いよねぇ。

3度の落車に加えてチェーン落ちが1回ありました。
チェーン落ちしても惰性で進んでいれば、アウターにシフトしてゆっくりペダルを回すと復活することも多いんだけど、きつめの上り坂だったもんですぐに止まりそうになって、焦ってペダリングしたらチェーンがBBの狭い所に食い込んでしまって、手を真っ黒にしながらチェーンを掴んでグイグイ引っ張ったけどなかなか直らなくてビビリました(>_<)。

2分ぐらい止まってたような気がします。
チェーンリングで指は切るし、ヘタっぴはあきませんね。
落車とチェーン落ちで5分はロスしたと思います。
全て自分の責任ですけどねぇ(>_<)。
5分は大きいなぁ。

それでもメカトラブルも大きな怪我もなくT2会場まで辿り付くことができてラッキーだったと思うべきかな(^^ゞ。

ちなみに、初出場初ロングだった2014年の第30回記念大会では、スイム順位が548位、バイク順位が372位、スプリットが375位だったので、バイクの順位は少しだけ上がったけどスイムは下がりました(爆)。←予想通り!


バイクをラックにかけたら、どっこいしょ!とひとまず地面に座りました。
To Bike Finishのバッグの中身を出して、ヘルメットと重ね履きしていたレーパンを脱いで入れて、CW-Xの5本指ソックスとランシューズをはきました。
5本指ソックスはいつものように土曜日に一日中はいて立体的な形になじませておいて、さらに指の内側にワセリンを塗っておいたので、スルスルっとすぐに足が入りました(^^ゞ。
洗濯したままのペッタンコの状態だと、爪が引っかかったりしてしっかり履くのに結構時間がかかるんですよね。
ジェルやOS-1(の類似品)パウダーなんかを入れたウェストポーチを腰に巻いて、キャップを被ったらランスタート。

スタートと同時ぐらいにガーミンを見たら、スイムスタートしてからの経過時間がたしか6:34ぐらいで、目標にしていた10時間を切るにはランを3時間25分で走り切らないといけないとわかって苦笑いでした。

しょうがないな、目標設定にかなり無理があったな(^^ゞ、こうなったら少しでも10時間に迫れるように頑張って走ろうと思って走り始めました。

走り始めはいつもそうだけど、身体が無茶苦茶重い!
なんじゃこりゃ~って松田優作みたいに叫びたいぐらいに重い(^^ゞ。

こんな重い重い身体で42kmも走れるんやろか?って毎回不安に思うんだけど、だいたい2kmほど走ると身体が慣れてくるって言うか、重さが徐々に消えて走れるようになってくるんですよね。←ならないこともあるけど(爆)

身体って凄いね!

その日、どれぐらいのペースで走れるかは、実際に走ってみるまで予測がつかないんですよ。
案外調子よく走れることもあれば、ず~っと身体が重いままで全然ペースが上げられないこともある。
だから、走り始めるまでは期待半分不安半分、どっちかって言うと期待2割不安8割ぐらいかな(^^ゞ。

今日はどうなんやろ?ちゃんと走れるんやろか?って心配で心配で、探るような感じで走り始めるんですよ。

思い起こせば2年前の2014年の宮古島はボクにとっては初ロングの大会でした。
初めて経験する距離だから、目標と言っても目標の立てようがなくって、ランだけはサブ4を目標にしていました。
ランの結果は4:10でした。

目標は達成できなくて残念ではあったけれど、初ロングで4:10は悪くないなんていう気持ちもありました。
その年のIM北海道でサブ4を達成できたことが大きな自信になって(北海道は涼しかったもんなぁ、フラットコースだったしなぁ)、2015年の宮古島では、サブ4はよほどのことがなければ達成できるだろうと思っていました。

普通、そう思いますよね~?
初出場で4:10で、宮古島より長いアイアンマンディスタンスで3:50で走れたら、2回目の宮古島ではサブ4はイケルやろ~?って思うのが普通ですよね~?

ですよね~?って同意を求められても困りまんがな(^^ゞ。

書いてて気付いたんだけど、IMはトランジションの時間は別に計ってるから、3:50は正味のランタイムだけど、宮古島はT2のタイムがランに足されるから、ランの正味のタイムは4時間5~6分だったんや!
今初めて気づきました(^^ゞ。←遅いっちゅうねん!
惜しかったんや(^^ゞ。←5~6分は大きいよ、惜しくない!

だけどね、ロングの大会は過去の記録なんてぜ~んぜんあてにはなりませんね。
10年も20年も安定した記録を残し続けてきた選手ならある程度の確かな予測はできるだろうけど、始めて3年ほどの初心者選手はほんのちょっとしたことで1時間ぐらいすぐにかわっちゃいますよね。

ナメてたわけじゃないし、サボってたわけでもないし、自分なりにトレーニングも積んで臨んだのだけど、結果はなんと4:50
脚が攣ったとか、どこかが痛くて走れなかったというのならまだ納得もできるけど、攣ったわけじゃないし、どこも痛くないし、ハンガーノックでもない、ただず~っと身体が重くて重くて走れませんでした。

その時の写真が例のコレです。

c0236857_20185308.jpg
この日以来、この写真をトレーニングルームに貼り付けて、1年後の宮古島でこの時の悔しさを晴らすことだけを考えてトレーニングしてきました。
大袈裟じゃなく、一日たりともこの日の悔しさを忘れた日はありませんでした。

2016年の宮古島でなんとか自分なりに満足できる結果を残して、2015年の呪縛から解放されたいってず~っと願い続けてきました。
そんな気持ちが強過ぎて、ちょっと冷静さを失っていたのかなぁ。


走り始めてみて、自分の感覚では1km6’00ぐらいかかっているペースのような気がしたんだけど、ガーミンでは最初の1kmが5’07(@_@)。

エ~、マジか?速過ぎるやん!

最初の数kmは下り基調(帰りは上り基調だからキツイのよ!)だから、そのせいかな?特に無理してる感じじゃなくて、自然に脚が出るに任せて走っていたので、敢えてペースを落とすことはせずに、そのまま走ってみました。

2kmは4’54(@_@)。
下り気味だったからなんだけど、なんか今日は調子エエやん!
よっしゃ、このまま行ったれ!っちゅう感じ~(^^ゞ。

下りではこれ幸いとストライドを大きくしてガシガシ下ったので、下り気味の1kmは5分を切って、そうでない1kmは5分ちょっとのペースで走ってます。

下りで飛ばし過ぎると、大腿四頭筋が疲労して後半に走れなくなる恐れもあったけど、バイクでは大腿四頭筋を酷使せずに温存したし、強化期トレーニングの最後に、坂道ランをやって大腿四頭筋をしっかり鍛えて超回復させてきたから、オレの大腿四頭筋は大丈夫、これぐらいでヘタバルようなヤワではない!な~んて、妙な自信がありましてん(^^ゞ。

c0236857_15153749.png
c0236857_15154414.png
5km毎のラップはこんなんでした。

0~5km 25:28 平均ラップ5’05

5~10km 24:57 平均ラップ5’00

10~15km 25:28 平均ラップ5’05

15~20km 25:39 平均ラップ5’08


おおっ、これは3時間30分台が十分狙えるエエペースではないですか!
こんなに飛ばして大丈夫かい?
無理してるっていう感じはなくて、ちょっと頑張ってる(それを無理してるって言うんだよ!)ぐらいで、自分でもびっくりするぐらいいい感じで走れてました。

周囲に気をとられないように、顎を引いていいフォームで走れるように、キャップを深くかぶって数m先の地面だけを見るようにして走りました。

このペースで走っていると、抜かれるってことは殆どないですね。
抜いていった選手もいただろうけど全然記憶にないです。

抜いて抜いてさらに気持ち良くなって抜いて抜いて・・・・これが後半なら良かったんだけどなぁ(^^ゞ。

前半はかなり向かい風が強かったので、折り返したら後半は追い風だ!同じ調子で走っても労せずしてペースは上がるはずだって思ってました。

エイドの手前でOS-1(の類似品)パウダーやアミノ酸やクエン酸を口に入れて、エイドのコーラで飲み込みました。
スポンジを濡らすための大きなポリバケツの中の氷をもらってキャップに入れてそのままかぶったら、解けた冷たい水が気持ち良かった。

10km毎にここでジョミを飲んで、その合間合間にはパワージェルも飲みました。

余裕をもって折り返したつもりだったんだけどなぁ(>_<)。


c0236857_09295705.jpg
つづく・・・・(^^ゞ

下のバナーをポチっとしていただけたらたいへん嬉しいです。
よろしくお願いします。

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

最近買ったお買い得品です(^^ゞ。
ワイドーパーティーで、ご夫婦で出場するという若いお二人が、「ぴよぴよさんですね、ブログ見てますよ、お買い得品コーナーが楽しみです。」って言ってくれたので、久しぶりに載せます。

買い得品コーナーが市民権を得たと判断していいですね(爆)。
文句があればそのお二人に言ってください(^^ゞ。

これはナニ?
干し柿です(^^ゞ。
干し柿は大好きで前から気になってはいたんだけど、正規の値段じゃ買う気にはなりませんでしたが、60円なら試してみるか?
硬いけど干し柿の味がしました(^^ゞ。
c0236857_23322959.jpg
生シイタケ2パックで70円(^^ゞ。
オーブントースターで焼いて醤油かけて食べるのが好きです。
もう一品欲しいっていう時に簡単で便利(^^ゞ。
1パック食べると翌日のおしっこも大ちゃんもモロにシイタケの香りです(爆)。
c0236857_23323668.jpg
生姜たくさん入ってて70円、これは安い!
毎日のミックスジュースに必ず入れるので、助かるなぁ(^^ゞ。

c0236857_23324313.jpg
メロン1個80円(^^ゞ。
ちょっと柔らか過ぎて中の状態が想像できたので買うのやめようと思ったのだけど、肥後産なので買いました。
熟れ過ぎてたけど腐ってはなかったので、種と皮をとって冷凍してミックスジュースに入れてます。

c0236857_23325178.jpg
キュウリ3本50円。
モロキューが好きだけどモロミは高いので塩キュウリで食べました(^^ゞ。
c0236857_23325831.jpg
まだまだあるんだけどもっと見たい?えっ、見たい?
じゃ載せるね(爆)。

イチゴ1パック150円。
半分食べて半分冷凍保存。

c0236857_23332120.jpg

イチゴ120円(^^ゞ。
c0236857_23332869.jpg
ナス3本半で50円(^^ゞ。
流石に暑くなってきて進化鍋はもう終わったので、次の冬まではず~っと野菜炒めば~っかり食べます(^^ゞ。

c0236857_23333463.jpg
これで250円(@_@)。
c0236857_23334114.jpg

玉ねぎ8個で150円(^^ゞ。

c0236857_23334865.jpg
キンカン一袋80円。
キンカンはウチの庭にも2本あって、毎日1個はとってミックスジュースに入れてますが、やっぱり売ってるキンカンの方が大粒で美味しいです。
c0236857_23340060.jpg
ブロッコリー40円。
なんか臭い臭いと思ってたら一部腐りかかってたけど、そこさえとれば問題無し。

c0236857_23335449.jpg
おしまい(^^ゞ。

by piyopiyodesu | 2016-04-29 00:02 | 宮古島トライアスロン | Comments(2)  

宮古島トライアスロン2016参戦記 その6(ドラフティングペナルティ)

 前回の続きです。

 バイクで、ドラフティングのペナルティを取られて止められている選手を何人か見ました。
ペナルティを取られる瞬間も一度目撃しました。

後ろから二人乗りのビッグスクーターの音が近づいてきたと思ったら、疑わしい選手の10mぐらい斜め後方を追尾しながらしばらく観察して、違反だ!ってことになったら並走しながら笛を吹いて右側に停止させてました。

ドラフティング違反をすると、バイクフィニッシュしてランスタートする前に、ペナルティボックス(そんなの見なかったけど)で4分間停止しないといけないだけじゃなく、違反した現場でも止められて、たぶん「あなたドラフティングしてましたね、違反ですよ。」なんてことを言われているうちにも1~2分なんてすぐ過ぎちゃうでしょうから、せっかくいい調子で巡航しているところから停車して再加速していくロスも考えたら、4分どころでは済まなくて6分以上のロスになるのではないでしょうか。

走りでそれだけ取り戻そうとしたら、かな~り頑張らないといけないし、そんなことをしたらランが苦しくなるでしょうから、ドラフティングペナルティを取られてしまった場合の代償は小さくないですね。

集団で走っていると目を付けられやすいですね。
ボクの斜め後方をマーシャルのバイクが並走していて、ボクを含む集団が監視されていると感じることもありました。
クルマで道路を走っている時に、たまたま直後にパトカーに着かれたら、やましいことはなくても何かいい気持ちがしないのと同じで(それは何かやましいことがあるからじゃないの?スカート内を盗撮したとか?・・・・・いやっない、そんなもんには興味ない(^^ゞ)、マーシャルに見張られていると思うといい気持ちはしませんね(^^ゞ。

ドラフティングゾーンには入っていないつもりでも、厳しくとるマーシャルもいるかもしれませんから、そういう時にジワっと前車との車間距離を長くとったりすると、それまでドラフティングしてましたって認めることになるんじゃないかと思って(考えすぎですが)、逆に積極的に前の選手達を抜いていくようにしています。

明確な意思を持って追い抜き行為をしているのだ!ということがはっきりわかるように、それなりの速度差を持って集団を抜いていき、先頭に出てしまえばこっちのもんです(^^ゞ。

ボクのドラフティングゾーン内から15秒以内に出ないといけないのはボクの直後の選手ですから、ボクがペナルティをとられる心配は全くなくなるわけですからね、あとはマイペースで走るだけ(^^ゞ。

直後の選手がボクを抜き返そうとするなら、一旦ボクのドラフティングゾーンの外(後ろ)に出てから改めて抜きにかからなければならないのだけど、この辺はボクも含めてちゃんとできている選手は殆どいませんね。
でも、マーシャルに監視されている状態ではヘンなことできないから、とにかく疑われるような行為はしないのが一番ですね。

バイクフィニッシュの陸上競技場のすぐ近く、あと1kmほどでフィニッシュの辺りから、ボクの右斜め前方にマーシャルのバイクがいて、ボクの前の二人の選手を監視していました。

ボクの直前の選手が、その前の選手に近過ぎたんですね。

マーシャルが笛を口にくわえて、息を吹き込もうとして息を吸い込むのが見えました(^^ゞ。
あ~、あの選手やられる!と思った瞬間、短い坂を上った次の交差点を左折したのでマーシャルは笛を吹くのを躊躇したようでした。

その後もドラフティングが疑われる短めの車間距離は続いて、何度か笛を吹こうとしている感じだったのだけど、右折して左折して笛を吹くタイミングを逸したようで、最後の直線に入った辺りで、「もうフィニッシュだからまっ、いっか~。」みたいな感じでバイクは去っていきました。
一部始終を見ていたボクは、ハラハラドキドキしちゃったじゃないの!(^^ゞ

ドラフティングで楽してやろうという感じではなくて、157kmを走り切って疲れてそんなこと考える余裕がないような感じに見えたけど、フィニッシュ直前でペナルティを取られることもあるかもしれないので、下車するまでは気を抜けませんね。

ボクの一つ前にバイクフィニッシュしたアナタ、危なかったですよ(^^ゞ。

この日は不規則な風が吹き荒れている感じで、半分向かい風でも半分追い風なら納得もできるんだけど、7割ぐらい向かい風だったような気がしました(^^ゞ。

まぁ、実際には横から吹き付けてくるような風でも向かい風のように感じたせいなのではないかと思うんですけど、どこに行ってもほとんど向かい風のような気がしてました。

明らかに追い風で気持ち良く走れたのは、来間大橋の行きしだけでしたね(>_<)。
それでも楽しい157kmでした。
終わってしまうのがもったいないような、もっと走っていたいようなそんなバイクパートでした。
落車による傷の痛みも、走っている最中はほとんど感じませんでした。
オレの集中力って凄い!
集中してたら最初の二度の落車はなかったでしょうけどね(^^ゞ。
三度目は集中していても避けられなかったと思う。
あんな突然足払いを掛けられたような突風はどうしようもないよ。


下のバナーをポチっとしていただけたらたいへん嬉しいです。
よろしくお願いします。


にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村



by piyopiyodesu | 2016-04-26 11:47 | 宮古島トライアスロン | Comments(0)  

宮古島トライアスロン2016参戦記 その5(バイク)

 4月24日日曜日。
宮古島トライアスロンから1週間経ったので、今日から様子を見ながらですけど、ボチボチとトレーニングを再開することにしました。

バイクで近所の定番のトレーニングコースを何周かして、ノーストップトレーニング100km走りました。
その後、ブリックランニング。
右膝が痛くなってきたので、ちょっと短いけど8kmで止めました。

6月19日の五島長崎国際トライアスロンで、昨年の記録を超えられるように、徐々に強度と距離を上げていく予定ですが、故障すると困るので、痛みには敏感でいようと思います。

 さて、前回の続きです。
砂浜を走り、階段を駆け上がり、芝生の広場のTo Swim Finishバッグを取った頃から、大粒の雨が落ちてきました。
雨はどんどん強くなって、あっという間に路面はウェットになりました。

放送で、トップの選手が伊良部大橋にかかりましたと言ってました。
速ぇ~(@_@)。

あちゃ~、降りやがったか!
でも、予報が大外れしなければすぐ上がるだろうから、それまでは慎重にいこうと思いながらバイク置き場へ続く小道の横の芝の上でウェットスーツを脱いでゴーグルとキャップと一緒にバッグに押し込んで、最初のエイドでは何ももらわずに、バッグを高校生ぐらいの男の子に預けてバイクまで走りました。

裸にならないなら、着替えテントには必ずしも入らなくてもいいようですね。
この辺は、全選手が必ず着替えテントを通過しなければならないバラモンキングよりは緩いですね。

冷静にサングラス、ヘルメット、重ね履きするレーパン、レースナンバーベルトを身に付けて、バイクを押して乗車位置まで走りました。

T1はまあまあうまくできたと思います。
スイムは2ビートキックでゆっくり泳いだので、T1で走って移動する時に下半身の疲労は殆ど感じませんでした。

ペダルに着けておいたバイクシューズに左足を突っ込んでサドルに跨り、続いて右足を突っ込もうとしたらうまく入らなくて、そっちに気をとられているうちにふと前を見たら、左端にバイクから降りてバイクをいじっている選手がいて、あっと思った瞬間、バイクにぶつかってコケてしまいました。

立ち上がると同時に
「すみません、ごめんなさい、大丈夫ですか?」
と謝ったら、
「大丈夫ですよ~、でもちゃんと前を見てくださいね~。」

ごもっとも。
申し訳ありませんでした。
コケたボクに突っ込んだり、避けようとして二重事故が起きたかもしれないわけで、今後は十分に気を付けます。

再スタートする時にしっかり右足を突っ込んで走り始めて、左手のガーミンを操作していたら、ふと見たら前輪が左側の側溝に突っ込む寸前で、あっと思った瞬間に突っ込んで、側溝と言っても丸くて5~6cmの深さなんだけど、突っ込んだらコケますわなぁ、さっきコケた場所からまだ30か40mしか走ってない場所で、早くも2度目の落車をしてしまいました。
ボトルがコース上に転がったけど、誰も巻き込まなくて良かった!

ご迷惑をお掛けした皆さん、ごめんなさい。
2度とこのようなことがないように注意します。

あ~酷い目に遭った(全部自分の責任なのに)。

そこから先は、コーナーや、白線の上なんかでは細心の注意でもって走りました。

雨には降られちゃったけど、バイクは楽しくて楽しくてワクワクしながら走ってました。
オレは今、夢の島、宮古島を走っているんだ~って思うとにやけてにやけて(^^ゞ。

バイクでは張り切り過ぎないように、いつものように出力80~85%ぐらいで、ランがしっかり走れるようにってことを一番に考えて走りました。

いつも通りに走ればだいたい平均30km/hぐらいで走れるだろうから、それでいい、それでランに繋げたら、後はなんとかなるって思ってました。(なんとかならなかったんですけどね(^^ゞ)

精神的疲労も考えたら、3本ローラーで3時間乗るより宮古島のバイクコース157kmを走る方が、よ~っぽど楽!
どんな強度で走るかにもよるけど、3本ローラーだとず~っと同じ景色を見ながら、負荷を下げることはできても脚を止めることはできなくて、殆ど同じ姿勢だからケツは痛いし、たとえ1時間毎にシャツを換えたりトイレに行ったりして小休止を挟むにしても、3時間乗るのは本当に苦痛。

それが宮古島だとね、上りもあるけど下りもあるし、下りではペダリングしながらでも休めるし、ダンシングで腰をほぐすこともできるし、景色は変わるし応援してくれる人達はいっぱいいるし、エイドまであるもんね、5時間以上かかっても絶対に宮古島の方が楽!

そう思うと、3本ローラーで長時間乗る効果はありますね。
集中してトレーニングできる時間は人にもよるでしょうけど、1時間とか1時間半ぐらいかもしれないけど、長く乗れば乗っただけのトレーニング効果はやっぱりある!と思いますね。
2時間で既にかなり疲労して、集中力が切れかかったところからさらに1時間乗ることで精神力は間違いなく鍛えられると思います。
3本ローラーだとなっかなか時間が過ぎていかないんだけど、宮古島では、「おっ、もう50km走ったのか!」「えっ、もう100km?早いな。」って具合で、時間の経過が早く感じられました。

オレには無理だけど、もしも、たとえ低い強度であっても、3本ローラーで5時間平気で乗れたら、宮古島のバイクコースなんて楽勝!って思えるんじゃないやろか。

昨年も一昨年も、だいたい100kmを超えると腰と首が痛くなって、DHポジションを維持するのがつらくなって、空気抵抗が増すのがわかっていてもハンドルを持って走らざるを得ない時間が長かったんだけど、今年は全く痛くないってことはないものの、ほぼ最後までDHポジションで走るべき場所ではDHポジションが維持できたと思います。
首の痛みも大したことなくて、顔を上げて前を見るのも苦痛っていう程ではありませんでした。
3本ローラーに乗る時もエアロヘルメットを被って、しっかり顔を上げて乗ったことで首の筋肉が強くなったのかもしれません。


 ハルさんも書かれていましたが、伊良部大橋のアスファルトの継ぎ目は、濡れるとものすごく滑るんです。
普通の継ぎ目ってせいぜい幅が30cmぐらいなもんだけど、どういうわけか伊良部大橋は1.5mぐらいの幅で、風呂のスノコみたいな形でツルツルなんです。

伊良部大橋を渡り始めて最初に継ぎ目を通過した時に、後輪が空転してドキっとしました。
滑ることは知っていたけど、これは相当慎重に走らないと危ないなと改めて思いました。
この継ぎ目が往復で全部で6ヶ所ぐらいあったかな、継ぎ目を通過する時は完全にペダリングを止めて、トルクをかけないようにして惰性で通過しました。

伊良部島には直角に近いコーナーが幾つかあるのですが、十分に減速して絶対コケないように走りました。

伊良部大橋の復路になって、小さいコブを過ぎて、大きいコブも過ぎて、最後の継ぎ目にかかった時に、ペダリングを止めて惰性で通過しようとした瞬間に右から突風が吹いて、その瞬間左側にかなり派手にデデデ~ンと転倒してしまいました(>_<)。

反対車線を伊良部島に向かって走っていた選手の一人が「大丈夫ですか!?」って声をかけてくれたので
「大丈夫!」って言いながら手を上げて、すぐにバイクを起こして再スタートしたけど、バイクが壊れなくて良かったです。

あの落車はねぇ、う~ん、防ぎようがなかったなぁ。
ディスクホイールでなければコケずに済んだかもしれないけど、あれはオレのせいじゃないよなぁ。

左肘を擦りむいて血が出ていることには気付いたけど、左太ももはレーパンで隠れて見えなかったので、なんか痛いなぁ、たぶん擦りむいているんだろうなぁって思いながら走り続けて、ホテルに帰ってから初めてこんなになっているのに気づきました(^^ゞ。

今は、傷は当たらなかったら痛くないけど、かなり強く打撲したみたいで、走ると左の股関節が痛いです。

c0236857_09551886.jpg

↓伊良部大橋の往路、伊良部島上陸直前。
まだ無傷(でもないか(^^ゞ)。
c0236857_09293664.jpg
↓これは池間大橋の復路かな。
この頃から路面が乾いてきました。
左腕のアームカバーが破れて血が出ています(^^ゞ。

c0236857_09294328.jpg
アドレナリンのお蔭で痛みは殆ど感じず、ニタニタしています(^^ゞ。
c0236857_09295095.jpg
伊良部島を走っている時に、ガーミンのスピードが20前後なのに気付きました。
あれっ?なんでや?
いくらオレが遅くても平坦な場所で20km/hはないやろう?
よっぽど乗れてないんやろか?
でも周りの選手も同じようなスピードで走ってるもんなぁ。

スピードがおかしいので、距離もおかしくて、5km毎に路肩に距離が表示してあるんだけど、その距離とガーミンの距離がぜんぜん違ってました。

心拍数とケイデンスさえわかれば、スピードと距離はなくても困らないんだけど、何がわるいのかわからなくて、伊良部島内で一度ガーミンの計測を切って、再計測したので、これ↓は始めの23kmほどの記録です。

レース翌日になって気付いたのですが、距離の単位がマイルになってました(爆)。
スイムスタート前に弄り回してうっかり誤操作してしまったのだと思います。
バカだねぇ(>_<)。
ランでは、1km毎のラップがわからないと困るなと心配していたのだけど、距離は相変わらずおかしい数字を示すものの、1km毎のラップはいつも通りにちゃんと表示してくれて助かりました(^^ゞ。

老眼だから、小さな文字の距離の単位なんてぜ~んぜん見えまヘンがな(^^ゞ。


c0236857_09344111.png
バイクスタート直後は落車したこともあってか、殆どゾーン4で走ってました。
c0236857_09345678.png
残りの記録。
c0236857_09350880.png

c0236857_09352396.png
つづく・・・・(^^ゞ。

下のバナーをポチっとしていただけたらたいへん嬉しいです。
よろしくお願いします。


にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村



by piyopiyodesu | 2016-04-24 23:24 | 宮古島トライアスロン | Comments(6)  

宮古島トライアスロン2016参戦記 その4(スイム)

 21日の木曜日に仕事が休みだったので、レースから3日以上経ったし筋肉痛もほとんどなくなったし、ちょっと走ってみました。
雨だったのでトレミでゆっくり走り始めてみたら、まだ体全体がどよ~んと重い感じだったので、ちょっと走ってれば軽くなるかな?とは思ったけど、まあ焦ることはないやと思って500mで止めました(^^ゞ。

22日の昼休みにはゆっくり8km走ってみました。
まだ重いけど、もうボチボチトレーニングを再開してもよさそうに感じたので、アクティブレスト的な弱い強度で再開していこうと思います。
こういう時はスイムがいいと思うんだけど、3度の落車のせいでアチコチに擦り傷ができてるから、あまり水に浸かりたくないんですよね(>_<)。


 さて、前回の続きです。
スタート2分ほど前にガーミン920をスタートさせて、スイム中のバトルでボタンに当たってしまっても誤作動しないようにデバイスロックしました。

7時ちょうどに、レスリングの世界チャンピオン吉田沙保里さんの合図でスタートしました。
スターターのピストルが「バン!」と鳴らずに「カスッ」っていう音だったように聞こえたんですけど、あれでちゃんと鳴ったのかな?

腰の深さまでぐらいは走って行って、その辺りから飛び込んで泳ぎ始めました。

ん~、わかってたことだし、一度は経験済みなんだけど、宮古島のスイムはやっぱり凄いね(^^ゞ。
↓こんな感じ(爆)。
撮影された動画や写真を見ると、案外、選手と選手の間に適度な隙間があるように見えるんだけど、実際にあの密集スイムを経験した者の感覚としては、まさにこんな↓イメージがピッタリ(^^ゞ。

コイツらは手がないからね、オレたちゃ手がある分隣と隙間ができるけど、その手をひっきりなしに振り回しているからね、コイツらより始末が悪い!

全員同じ方向を向いてる分、まだマシかな(^^ゞ。
c0236857_08260894.jpg
c0236857_08262671.jpg

バラモンキングも一斉スタートだけど、人数は半分だし、IM北海道はウェーブスタートだったから、こんなバトルスイムは久しぶりだよ(^^ゞ。

もうどうしようもないね。
ストロングマンになるためには避けては通れない試練だと思って耐えるしかない。
2014年に初めてこの密集バトルスイムを経験した時は、遅くなってもいいから集団の外へ出たい!と切実に思ったものだけど、さすがに経験値が上がって打たれ強くなって(^^ゞ、平気とまではいかないけど、ほぼ平気になった(^^ゞ。

ひどく蹴られることがないようにってことだけは注意して、マイペースで泳ぎ続けた。
左隣の選手が、ストロークの度にオレの頭を小突きやがる(>_<)。
ポカン、ポカン、ポカン、ポカン・・・・・。
「こらぁ~お前~、オレの頭は木魚じゃねえぞ!気安く小突くんじゃねぇよ!これ以上バカになったらどうするんだよ!」
って言いたいけど、必死で泳いでる最中だから言えない(^^ゞ。

そうかと思うと、うまくタイミングが合うと、ボクの腕が隣の選手を叩き続けることもあった(^^ゞ。

ボコン、あっゴメン、ボコン、あっまたゴメン、ボコン、ありゃぁ~またまたゴメンナサイ、わざとじゃないからね~勘弁してね~って言いたいけど、そんなこと言ってるヒマはない(^^ゞ。

慣れりゃあ楽しいかも(爆)。


鈍角に右ターンする最初のブイまでが長かったなぁ。
気付かないうちにもう通過しちゃったんじゃないか?って思うぐらいかなり時間が経ってからやっと通過した感じ。
宮古島のブイは、上に人が立ってるんですよ(^^ゞ。

だけど集団の中にいるとほとんど見えないし、メガネ無しだと視力も弱いから、ヘッドアップの何回かに一回だけ一瞬ブイらしきものが見えたのを頼りに、集団から外れないように泳ぐしかありませんでした。

スイムは準備運動だと考えていたので、できるだけ疲れずに泳げればいいやってぐらいに思って焦ることはありませんでした。

600m泳いで右ターンした後もかなり密集状態が続いて泳ぎにくかったけど、そこから先は案外早く終わったような気がしました。

やっと泳ぎ終わって波打ち際で立ち上がったところは、尖った黒い岩があちこちにあったのに、気付かずに踏んで足の裏を切ってしまいました。
その時は「いてっ!」って思っただけだったのだけど、翌日に足裏が痛いのに気付いて、なんでこんなところが痛いんだろう?って見たら、右足裏の親指の付け根付近が小さく切れてました。

今でもまだちょっと痛いけど、バイクとランの間は全く痛みを感じませんでしたね。
やっぱりアドレナリンが出て興奮状態だと痛みに気付きにくいんですね(^^ゞ。


砂浜を走りながらウェットスーツの上半身を脱いで、長袖なので、袖から腕を抜く時にガーミンを誤作動させてしまわないように、腕を抜いてからデバイスロックを解除してBACKボタンを押してスイム→T1に切り替えました。

正式記録ではスイムは1:00:08で、スイム順位は552位でした。
おそっ!
この辺のタイムだと、1分違うとだいたい100番違いますね。
来年も出られたら、55分は難しいので58分ぐらいを目標にしてみます(弱っ!)(^^ゞ。
2014年の58:46より遅かったことには触れないでおこう(>_<)。

60分で泳ぐことが目標だったので、バッチリ目標どおりでした(^^ゞ。
泳ぎにくくて70分ぐらいかかってるんじゃないかって思ってたので、上出来です。

ガーミンはスタート2分程前にスタートさせたから、こんなもんかな。
c0236857_09341799.png
↓これってかなり蛇行してますよね?
3,770mも泳いだことになってるし、遅いのに余分に泳ぐからますます遅くなるんだよなぁ(>_<)。
うまく泳げば、今の泳力のままでもあと5分ぐらいは短縮できるかもしれへんなぁ。
来年までの課題にしよう。
速くなるんじゃなくって、早く泳ぎ終わるテクニック(^^ゞ。
c0236857_20211364.png
下のバナーをポチっとしていただけたらたいへん嬉しいです。
よろしくお願いします。


にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村


by piyopiyodesu | 2016-04-23 21:47 | 宮古島トライアスロン | Comments(0)  

宮古島トライアスロン2016参戦記 その3(スイムスタートまで)

 4月17日、遂にこの日がやってきました!
ホテルからすぐ近くの市役所前から、4:40に選手用の臨時バスが出るので、3:20に起きてホテルの朝食を食べました。
いつもは朝食は7:00からだけど、レース当日だけは3:30から用意してくれます。

時間は十分あるので、ゆっくり新聞を読んで、こんな写真を撮りながら炭水化物をメインにたくさん食べました。

c0236857_13433373.jpg

c0236857_13434089.jpg

c0236857_13434578.jpg

トイレを済ませて、トランジションバッグを三つ持って、市役所前まで歩きました。
最初に来たバスの運転席のすぐ後ろの席に座ったら、隣の方が神戸の年配の方で、なんと宮古島トライアスロンの第1回から今回の第32回まで連続出場されている偉大な方で、65歳で迎えた今大会が最後になるということでした。
うひゃ~、凄い選手がいるもんだ、しかも近所に!

ボクがよく走るバイクコースやランコースのことも流石によくご存じで、話が弾んで全く緊張することなく会場に着きました。

ランコースの脇にも、この方を応援する横断幕がありました。

見事に完走されていましたよ。
新聞社の取材を受けて忙しそうでしたが、合間に挨拶して握手してもらいました。
9月のウチの近所のグリーンパークトライアスロンin加西に出ようかなと仰っていたので、再会できるのが楽しみです。
吉本さん、見事に有終の美を飾られましたね!
おめでとうございます!
宮古島は今年が最後でも、まだまだ現役で頑張ってくださいね。
ボクも頑張ります!
c0236857_13452192.jpg


 東急リゾートに着いたら、ヘッドライトを点けて、ペットボトルに入れて持って行った補給ドリンクをバイクのボトルに入れました。
タイヤに空気を入れて、ヘルメット、ペダルに着けたバイクシューズ、レースナンバーを前後に付けたレースナンバーベルト、サングラス、トライショーツの上に重ね履きするレーパンを何度も指差し確認したらバイクの準備完了!
c0236857_13435013.jpg

計測用チップを受け取って、失くさないようにすぐに手首に巻き付けて、マジックでレースナンバーを書いてもらいました。
これも時間厳守で、遅れるとレースに出られません。

スペシャルニーヅはバイクでは預けずに、ランの行きと帰り用にサバスのジェルを4個預けました。

昨年は、海を見に行ったら波がザッパンザッパン状態で、スイム中止になるかも?と思ってなんだか落ち着かなかったけど、今回はまだ発表はされてなかったけど中止になることはないと思って落ち着いて平常心でいられました。
5:30からの競技実施検討委員会で、スイム中止になるかどうかが決まるんです。
c0236857_13435722.jpg

マジックでレースナンバーを書いてくれる女性スタッフは美人揃いでした(^^ゞ。
みんな美人看護師さんに注射される時のように神妙な顔つきでしたね(^^ゞ。
c0236857_13440448.jpg

まだ試泳をしてなかったのと、ゴーグルに水が入りやすいので早く行って試泳してゴーグルを合わそうと思って、To Bike FinishバッグとTo Run Finishバッグをさっさとそれぞれのトラックのスタッフに預けて、To Swim Finishバッグを東急リゾートの中庭の自分のナンバーのフックに掛けて、芝生の上でウェットスーツを着て、足首に計測チップを巻き付けて、ゴーグルとキャップを持ってスイムスタート地点に向かいました。

東急リゾートの中庭から砂浜に降りるスロープと階段の途中に計測ポイントがあって、そこを通過するともう戻れない。
何度も何度も確認して、バッグの中身もバイクも身に付けているものも、全てにぬかりも忘れ物もないとわかっていても、それでもなんか気になって、計測ポイントを通過する前に躊躇して立ち止まってしまう。

あっち側へ行っちゃっていいのか?
本当にもういいんだな?
あまりいい気分とは言えない複雑な、ちょっと心細いような、怖いような、逃げ出したくなるような、ちょっと待って!って言いたくなるような独特な不安な気持ちになる。

そこを思い切ってエイヤ!と通過して気持ちを切り替えた。

出たくて出たくて夢にまで見た大会がいよいよ始まるんだよ、嬉しいじゃないか、喜べ!
51年の人生の中で、この数ヶ月ほどトレーニングに打ち込んだことはないじゃないか!
昨年の宮古島トライアスロンが終わってから、6月のバラモンキング、8月のIM北海道、11月の神戸マラソン、12月の加古川マラソンと、ず~っと走り続けてきたやん!
今ここにいるのは、間違いなくオレ史上最強のオレだ!
1年前よりも2年前よりも絶対強くなっているに決まってる!
オレを信じろ!
いつも通りに走れば、必ず結果はついてくる!

そう言い聞かせると、不安な気持ちは消えましたね。
完全に消えましたね。
子供の時の遠足に行く前のような楽しい気分になりましたね。

やっぱり、やれるだけのことはやってきたんだ!っていうのが自信になったんでしょうね。
1年前に比べるとハムストリングスなんて形が変わったもんね。
それが必ず良い結果につながるとは限らないけど、今まで積み重ねてきたトレーニングの成果を、やっと試すことができる発表会みたいなもんだと思えばワクワクしてきましたね。

スイムスタート地点まで歩く途中で、写真を撮ってもらいました。
自分で言うのもナンですが、吹っ切れたようないい顔していると思います(^^ゞ。
レース翌日に買ったんだけど、ちょっと高いんだよねぇ(>_<)。
もうちょっと安けりゃいいんだけどなぁ。
でも、これ買わないわけにゃイカンよなぁ(^^ゞ。
1500円(>_<)。


c0236857_09292634.jpg

不安な気持ちが消えたら大事なことを思い出した(^^ゞ。
ガーミン920のバッテリーが長もちするように、Wi-FiとBluetoothをオフにしようとしたんだけどやり方がわからなくて困った(^^ゞ。
そんなもん長いこと操作してないから覚えてるわけないっちゃ(^^ゞ、
散々いじくり回していたら、偶然設定画面が開いてなんとかオフにすることができたのだけど、この時に気付かないうちに余計なところを触っちゃったみたいなんですよねぇ(^^ゞ。
後で困ったことになりました(^^ゞ。

試泳してみたら、ほぼベタ凪だった一昨年に比べると少々波とウネリがあったけど、すぐ慣れた。
ゴーグルにすぐに水が入ってきて焦ったけど、しばらくするとボクの脂が行きわたったのか(^^ゞ、入ってこなくなった。

スタート前のセレモニーで、司会の方が、「今日が誕生日の選手いますか~?」って呼びかけて、二人だったかな紹介されて、マイクで頑張ろう!とか、完走するぞ~!って叫んでました。
「昨日じゃダメですか~?」って言ってみようかな?って思ったんだけど、ボツだとカッコワリィと思って黙ってました(^^ゞ。

いずれ16日が日曜日になる年が巡ってくるかな?
そんな年に限って落選したりしてね(^^ゞ。
23日がレース日になったりするかも(^^ゞ。

↑こんなこと書いた後で、何気なくスマホのカレンダーで見てみたら、わおっ、来年の4月16日は日曜日でした(^^ゞ。
やった~、来年はみんなの前で叫べる~(^^ゞ。
何か面白いこと叫んで笑いをとらんとな!
今から考えとこ(^^ゞ。
出られたらね(^^ゞ。


スイムスタートエリアの海に向かって右側には『1時間以内(に泳ぐ選手)』、左側には『1時間以上』、中央付近には『エリート』と書かれたプラカードを持ったスタッフの方がいました。

ちょうど1時間ぐらいで泳ぐボクとしてはですね、どの辺りからスタートするのがいいかしばらく悩んであっちへ行ったりこっちへ行ったりしたのですがね、よほど後方から出ない限りモミクチャにされるのは間違いないですからね、どうせモミクチャにされるんならちょっとでも前の方でモミクチャにされる方がお得かな~なんてね考えましてね、左側の右寄りのほぼ最前列付近に並びましてん(^^ゞ。

さぁ、どうなるんでしょうか!

つづく・・・(^^ゞ


下のバナーをポチっとしていただけたらたいへん嬉しいです。
よろしくお願いします。


にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

by piyopiyodesu | 2016-04-22 12:30 | 宮古島トライアスロン | Comments(6)  

宮古島トライアスロン2016参戦記 その2(土曜日)

 4月16日土曜日は、ボクの51歳の誕生日でした~(^^ゞ。
おめでと~、パチパチパチパチ~emoticon-0166-cake.gifemoticon-0166-cake.gif
人生の折り返しポイントを過ぎて早くも1年経ったのかぁ~(^^ゞ。

アンタ!幾つまで生きる気や!

あはははは~、100はチョロいやろ~(^^ゞ。(毎年同じことを書いてます(^^ゞ)

何にもありませんでした(爆)。

FBにはおめでとうメッセージをたくさんいただいたのですが、取り込み中でお一人お一人に返事できなくてゴメンナサイ。
もういいよね?(^^ゞ

この日にすることは、13~16時の間にバイクを預託することだけなので、クルマもあるし、午前中はのんびり過ごしました。
レース前日には、精神的にも肉体的にもできるだけ疲れないようにしたかったので、3つあるトランジションバッグの中身の用意や、補給ドリンクやジェルの用意は金曜の夜に済ませておきました。

ランニングやバイクも、金曜日まではやるけど土曜日には一切しません。
翌日になれば、イヤでももうエエっちゅうぐらい運動できるので(^^ゞ、前日にはできるだけ疲れるようなことはしないようにしています。

ホテルの朝食を食べながら(飲みながら)、地元紙に目を通すのが楽しみです。
固形食は食べず、牛乳とスープだけ飲んで、夕食用にパンを幾つかもらいました。

地元紙はトライアスロン関連の記事満載です。
c0236857_13413852.jpg

c0236857_13415147.jpg
c0236857_13420859.jpg
エントリー料は上がったけど、選手が払うエントリー料だけでは大会費用は賄えないでしょう。
協賛、寄付してくれる企業の皆さん、ありがとうございます。

c0236857_13421481.jpg
c0236857_13421924.jpg
朝食を終えたら砂山ビーチに行きました。
昨年初めてここを訪れた時、美しいビーチなのにゴミがたくさん落ちているのが残念でゴミ拾いをしたのですが、小さな袋しか持ってなかったので全部を拾えなかったことがとても心残りだったので、今年は大きなゴミ袋を持って行きましたよ~(^^ゞ。

ゴミ拾いをしている間は物凄く集中できるんです。
翌日のレースに向けて、いい感じでどんどん集中力が高まる感じがしました。

だけど、3度も落車しちゃったんですよね~(>_<)。!
一晩寝たら集中力がダダ下がりになっちゃうんだなぁ(^^ゞ。
困ったもんだ!
寝ないで一晩中起きとけば良かったのかも?
もっとコケてたやろな(^^ゞ。

袋に入らない大きなゴミ以外は、草むらの中も手が届く範囲内はほぼ全てのゴミを拾い尽しました!
よっしゃ~、去年の鬱憤は晴らしたど~(^^ゞ。  ←レースで晴らしなさいよ!

この夜ね、夢の中に砂山ビーチの神様が現れてね

「よきかなよきかな~、おみゃぁを来年も宮古島トライアスロンに出してやるぞよ~、精進するがエエだにゃぁ~。」

って言いました(^^ゞ。 ←ウソや!

ウソじゃねぇよ!そんな夢を見たんだからしょうがないじゃん、見たんだから!

これで2017年の宮古島トライアスロンも出場が決まったようなものだ~、ブハハハハハ~(^^ゞ。

去年も同じことを書いたな(^^ゞ。
正夢になったやん!

この神様、神様の世界ではあまり実力者ではないようで、ウェイティングから拾ってもらったのだけど、出られりゃなんでもエエだ。
でも、来年はできれば一発目で決めてください、お願いします(^^ゞ。
またゴミ拾いに来ますから(^^ゞ。

アディダス↓はゴミじゃなくてボクのシューズです(^^ゞ。
ミムラボで採寸して作ってもらった3万円以上もするミムラボぴよぴよスペシャルです(^^ゞ。

もったいなくてランニングには使えないので(爆)、大事な大会前にできるだけ疲れないように過ごす時のためだけに使っています。
ボクの足にジャストフィットで一番疲れにくいと思うんです。

ビーチサンダルの選手が大勢いたけど、余計なお世話だけどサンダルで歩くと足に余計な力が入って疲れるし、万一足をぶつけて爪を剥いだり怪我したりするとタイヘンなので、ちゃんとしたシューズを履いておくのがいいと思っています。
c0236857_13422413.jpg
紐だと思って拾ったら、ウミヘビでした(@_@)。
ヌルっとしてちょっと臭かった(>_<)。
c0236857_13422904.jpg
c0236857_13423400.jpg
c0236857_13424000.jpg
c0236857_13424929.jpg
市役所近くのランコース脇にあるストロングマン花壇。
c0236857_13425614.jpg
部屋でちょっと休んで、冷やしておいたドリンクゼリーを幾つか飲んで、バイクの最終点検をしてからクルマでバイク預託に行きました。
バイク預託時間は13~16時だけです。
宮古島の雰囲気はのんびりしてるけど、大会は時間厳守です。
余裕をもって早めに預託するのが吉です。

ホテルの敷地内にはバスとタクシーとたぶん宿泊客のクルマしか入れないので、ホテルを出てすぐの選手用臨時駐車場に着いたのが13時ちょっと過ぎ。

ヘルメットを被って、ランシューズでバイクに乗って預託会場に走って行く途中で・・・・
ナント、ナントナント
後輪がパンク(@_@)。
おえおえおえおえ~、ウソやろ~、なんでやねん!
新品のコンペティションやで~、なんでこんなとこでパンクするんや~、まだ20kmしか走ってヘンのに~。

パンク修理のシーラント剤、NOTUBESを入れておいたのに、タイヤのサイドというより、殆どホイールのリムに隠れるぐらいの位置からシーラント剤が出ていました。

路面と接地する部分に小さな穴が開いても、そこにシーラント剤が流れ込んで塞がることは何度も経験しているし、自分で実験(コレコレ)したこともあるけど、こんなサイドに開いた穴は塞がりにくいし、仮に塞がったとしても、大事なレースにこんなタイヤを使うわけにはいきません。

ロングの大会では、万一パンクしても一度までなら再スタートできるように、スペアタイヤ1本、リムテープ1回分、CO2ボンベを失敗した時のために念のために2本必ず積んでいます。
小さな穴ならタイヤを交換しなくてもシーラント剤を追加注入することで塞がることも多いので、1回分のシーラント剤と注入用の小さなシリンジ、バルブコアを外す専用工具も積んでいます。

しょうがないので、落ち着いた場所でタイヤ交換することにして一旦ホテルに戻りました。

新品のTUFOのS3ライトに交換して、シーラント剤を注入しました。

ボクがチューブラーホイールを買って初めて使ったチューブラータイヤがコンチネンタルのコンペティションで、一度もパンクすることなく摩耗して交換するまで何の問題も無く使えたので、コンチネンタルタイヤの耐久性、対パンク性は素晴らしいと思っていたのだけど、こういうことがあるとなぁ、たまたまだとはわかっていてもなぁ、またコンチを試そうっていう気にはならんなぁ。

スペアタイヤが無くなったので、CEEPOで売ってないか?と聞いてみたら、中古だけどまだまだ使えるタイヤを貸していただけました。
コンペティションでした(^^ゞ。

リムテープも使っちゃったので、文具の両面テープ(十分代用できると思っています)を買おうと思っていたのだけど、借りたタイヤにリムテープが残っていてネッチャネッチャしていたので、そのまま使えそうでした。

こんなこともあるからね~、バイク預託は早めがいいですよ~。
特に、自走で預託に行く方は、万一途中でパンクしても間に合うように早めに行動してくださいね~。

これで厄が落ちた!と思っていたのに、翌日は3度も落車しちゃったんですよね~(^^ゞ。←シツコイ

まっ、考えようによっちゃぁ、前日のうちにパンクしといてくれて良かったよ。
何か異物が刺さったのか?、タイヤに問題があったのか?はわからないけど、バイクスタートしてすぐパンクなんてことにならなくて良かった良かった。

代わりに、バイクスタートしてすぐコケちゃったんだけどね(^^ゞ。 ←シツコイ


c0236857_13430272.jpg
c0236857_13430985.jpg
この雰囲気も宮古島独特ですよね。
c0236857_13431687.jpg
c0236857_13432275.jpg

c0236857_13432870.jpg
土曜の夜と日曜の朝はしっかり固形食を食べてカーボローディングするので、スーパーでいろいろ買って帰ってたくさん食べました。
さあ、いよいよ明日はレースが始まります。

早目に風呂に入って、目覚ましアラームを何度も確かめて、トランジションバッグの中身も点検して早めに寝ました。
3:30に起きることにして20時過ぎには寝たかな。

下のバナーをポチっとしていただけたらたいへん嬉しいです。
よろしくお願いします。


にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村





by piyopiyodesu | 2016-04-21 12:59 | 宮古島トライアスロン | Comments(4)  

宮古島トライアスロン2016参戦記 その1(金曜日)

 月曜日の遅くに帰宅して、火曜日の起床時の心拍数は68とかなり高かったのですが、今朝(20日)は52と、一気に平常値よりやや低いぐらいに戻りました(^^ゞ。
ホンマか?と思って何度か数え直したのですが、やっぱり52~53でした。
昨日までは深く息を吸い込むと咳きこむ感じがあったのですが、今朝にはそれもほぼなくなりました。

脚の筋肉痛もほぼ解消しつつあるのですが、落車でできた左太腿のこの傷だけが痛くて歩くのがぎこちないです(>_<)。

c0236857_09551886.jpg

 さて、楽しかった4日間の出来事を思い出しながら、ボチボチ書いてみます。

 4月15日金曜日の早い便で、まずは神戸空港から那覇空港へ移動しました。
加古川駅までは、始発のバスでも間に合わないし、妖怪山姥(やまんば)に借りを作りたくなかったのでクルマで送ってもらわず、大きなリュックを背負ってチャリで行きました(^^ゞ。

10時頃には那覇空港に着いたのに、宮古空港行きの便まで3時間もあったので(>_<)、カード会社のラウンジで無料のマンゴージュース、牛乳、トマトジュースを飲みまくって過ごしました(^^ゞ。
飛行機の手配は旅行会社に丸投げだったのですが、もう少し接続のいい便にしてくれよなぁ(>_<)。

神戸空港でも無料のラウンジが利用できたので、仕事で使っているビジネスカードがちょっとだけ役に立ったかな。
貯めておいたポイントを使ったので、今回の飛行機代とホテル代はタダで済んだんですよ~(^^ゞ。
しょうもない景品に換えるより旅行費用に換える方が換算率が高いので、助かるなぁ(^^ゞ。

レース中に飲むカフェイン入りのエネルギードリンクの効果が上がるように、1週間前からカフェイン絶ちしていたので、コーヒーは飲まずに我慢しました。
そんなことして効果あるのかどうかわかりませんけどね(^^ゞ。

c0236857_13350641.jpg

近くに自衛隊の基地なんてないので、こんな飛行機を見る機会ないです。
c0236857_13351413.jpg


c0236857_13352164.jpg
ようやく那覇を脱出(^^ゞ。

c0236857_13352701.jpg


c0236857_13353838.jpg

30分ほどで宮古島に着きました。
c0236857_13355690.jpg

c0236857_13361050.jpg
恒例のシーサーとの記念撮影。
ムスっとしてるようだけど、機嫌が悪いわけじゃないんですよ、上機嫌です(^^ゞ。

c0236857_13361629.jpg
昨年(^^ゞ。
c0236857_14133612.jpg
一昨年(爆)。
変わってねぇなぁ、オレ(^^ゞ。
c0236857_08164973.jpg
c0236857_13370666.jpg

c0236857_13371397.jpg
島中、至るところにこのポスターがベタベタ貼ってありました。

c0236857_13372032.jpg
恒例のオリックスレンタカー。
市街地内ならタクシーでもだいたい1,000円ほどで移動できるので、なくてもいいんだけどあればあったで便利ではあるかな。
金曜と土曜の2日間だけ借りました。

c0236857_13372523.jpg
ここへ来ると、あ~、いよいよだなぁっていう気になります。
この場所に戻ってこられたことに感謝です!
南の島の生暖か~い風が心地良かった。

c0236857_13373170.jpg


c0236857_13373888.jpg
これこれ、これが宮古島トライアスロンの雰囲気だよ。

c0236857_13374423.jpg


c0236857_13375018.jpg


c0236857_13375783.jpg


c0236857_13380451.jpg
まずは、体育館の2階で選手登録受付を済ませました。

c0236857_13381134.jpg
選手名簿の写真で本人確認をしてから、リストバンドを着けてもらいました。
スタッフの皆さん、ありがとうございました。
またここへ戻ってくることができたんだなぁって思うと、もうそれだけで感激して涙が出ちゃった。
よっしゃ~、頑張るど~(^^ゞ。

c0236857_13381864.jpg

c0236857_13382452.jpg
開会式とワイドーパーティーの準備中。

c0236857_13383025.jpg
CEEPOの田中社長に挨拶しました。
よろしくお願いします。
ホントに気さくな方ですよね~。

c0236857_13383699.jpg

ホテルも定宿のここです。
チェックインしたらすぐにシーコンを受け取って、バイクを組み立てて点検しました。
何か問題があれば翌日のバイク預託までに解決しないといけないので、早め早めの行動が吉です。

昨年、IM北海道からシーコンを自宅に送ったら、DHバーにかなりの重量がかかるか衝撃があったみたいで、DHバーの角度が下がって尖端のDi2のスイッチ部分が凹んでいたので、想像だけどあまり丁寧な扱いはされていないようなので、シーコンみたいなソフトケースでは特にトラブルがないか注意が必要です。
送料が安いのは助かるけどね。
帰りで少々壊れても保険で直せるけど、行きで壊れるとマズイですよね。

c0236857_13384289.jpg

 昨年の暴風雨の中でも安定した走りだったこのホイールを使いました。
50mmのBORA2は横風にも強いし、軽いし速いし丈夫だし、素晴らしくかっこいいし(^^ゞ、スーパーオールラウンダーだと思う。
他のホイールのことは知りまヘンので、比較できまヘンのやけど(^^ゞ。

アウトバーンは35km/hを超えたら無敵だ(^^ゞ。
超えなければ普通だ(爆)。
前後BORA2でも良かったんだけど、せっかく持ってるので使いました(爆)。
ウソウソ、高いだけあってアウトバーンは凄いよ(^^ゞ。
ただね、ボクの脚ではその性能を発揮しきれないのが残念なところ(^^ゞ。

c0236857_13384839.jpg


c0236857_13385415.jpg
ホテルの駐車場内でちょっと乗ってDi2やブレーキの点検をしてみたら、異常なし!
乗れる人が乗ったら無茶苦茶速そうなバイクだ(^^ゞ。
普通のオヤジが乗ったら普通のバイクでした~(>_<)。

いやいや、そんなことないですよ(^^ゞ。
向かい風でも少ない失速で良く進む感じはありました。
katanaより重い割には上り坂でも重さを感じなかったし、平坦路では少ない入力でしっかり進む感じがしましたね。
流石にCEEPOの最高峰、いいバイクだと思います。
6月の五島長崎も白龍号で走ります!

c0236857_13390321.jpg

シートチューブの後ろ側に、ゴム製の小物入れが付いてるでしょ↓。
田中社長に

「これがある方が空力的に良くなるんですよね!?」

って聞いたら、

「いやぁ、変わらないんですよ、外しますか?ちょっと軽くなりますよ。」

だって(@_@)。
マジッすか?

も~、ずっこけるなぁ~(^^ゞ。
正直な方だ!好感が持てますね(^^ゞ。
シーコンが戻ってきたら外します(爆)。

c0236857_13391195.jpg
後輪のタイヤをいつも使っているTUFOのS3ライトからコンチネンタルのコンペティションに換えてきたので、その慣らしと点検を兼ねて伊良部大橋まで往復20kmほど走ってみました。
伊良部大橋を渡って、伊良部島に入ったところで勤務中の宮古島まもる君。
勤務、お疲れさまです!

c0236857_13391747.jpg
18日の帰りに、那覇空港のラウンジでまた2時間ほど過ごした(>_<)のですが、地元紙を読み漁っていたらこんな記事を見つけました。

c0236857_12275230.jpg
事故に巻き込まれて入院されたとはお聞きしていましたが、退院されたのですね、おめでとうございます!

事故関連の記事はコチラです。
入院中に市長さんがお見舞いされたそうです。
c0236857_12274342.jpg
この記事によると、伊良部島勤務のこの方↓は『たかや君』ですね。
まだ唇の色が悪いし腫れぼったいですが、大丈夫?

c0236857_13392209.jpg
あっちに見えるのが宮古島。
c0236857_13392958.jpg
ホテルに戻ってバイクを部屋に置いて、開会式とワイドーパーティーに行こうとしてたら、昨年のバラモンキングで同じビジネスホテルに泊まっていて、ちょっとお話したことがあるOさんが話しかけてきてくれました。
Oさんとは、昨年のIM北海道でもスイムスタート前だったかに偶然再会したんですよ。
ちょうどいい話し相手ができた(爆)と思って、体育館までクルマで一緒に行きました(^^ゞ。

体育館前の芝生の広場で、バカボンさんとふとっちょさんに会うことができました。
トレーニングをしていく上でとても参考になる示唆に富んだ記事を書いてくださるバカボンさん、いつもありがとうございます。
今回も44位と素晴らしい成績おめでとうございます。
ボクも144位ぐらいまではいきたいなぁ~(^^ゞ。
あと50人抜くだけだったのになぁ(爆)。
無理だな(>_<)。

イヤイヤ、無理と思えばそこで終わり、イケルと信じてコツコツやれば夢は叶うかもしれません。
頑張ります!

ふとっちょさんは、持病で十分なトレーニングができなかったようですが、見事に完走されて、昨年の悔しさを晴らされました。
おめでとうございます。
これからもよろしくお願いします。

c0236857_13393457.jpg
大会スポンサー企業の一つ、沖縄銀行のマスコットらしい。
c0236857_13394029.jpg

大量のパン。
c0236857_13394847.jpg
恒例のストロングマンケーキ。

c0236857_13402954.jpg
御馳走の数々。

c0236857_13403612.jpg
カボスさんにお会いしました。
昨年の宮古島で初めてお会いした時に、

「『思い立ったが吉日』っていうブログを書いてるぴよぴよです、よろしくお願いします。」

って挨拶したら、

「あ~あ~、あの長いブログ書く人ですね!」

って、ちゃ~んとボクのことを認識してくださってました(^^ゞ。
なるほど~、カボスさんはボクのことを『長いブログを書くヤツ』と覚えてくれてるんだと思ったので、今年は

「かぼすさんこんにちは、長いブログを書くぴよぴよです。」

って挨拶しました(爆)。
覚えてくれてました(^^ゞ。

これも長いです(^^ゞ。
長くてど~もすみません(^^ゞ。

maomaoさんにもお会いしました。
写真を載せていいのかどうかわからないので、一応ボカシときますね(^^ゞ。
初ロングで見事に完走おめでとうございます!

c0236857_11131618.jpg
今年も乾杯を待たずに食べまくってるマナー違反の方々が大勢(1/3か半分ぐらい)いましたが、昨年よりはちょっと静かだったかな。
野良犬じゃないんだから、食べていいと言われるまで我慢しましょうよ。
『待て!』ぐらい犬でもできるよ。
人が食ってるの見たら食いたくなるのはわかるけど、大人なんだからさ。
飲むのはいいけど、食べるのは乾杯が終わってからお願いしますって司会の方が言ってるのに聞いてないの?
人間として、アスリートとして、ストロングマンとして、誇りはないの?
乾杯が終わるまでに料理の半分以上無くなってたよ。
あ~、カッコ悪い!


子供達の琉球國祭り太鼓の演奏です。
皆さんありがとうございました。
c0236857_13404428.jpg

c0236857_13405081.jpg
この獅子舞、暴れる暴れる(^^ゞ。

c0236857_13405534.jpg

c0236857_13410234.jpg
いつものように、金曜の夜、土曜の朝、昼は固形食を食べないことに決めているので、アイスクリームばかり6個ぐらい食べたかな(^^ゞ。
どれも甘過ぎず、美味しい!
空港の売店で見かけたら1個200円ぐらいで売ってた!
美味しかったけど、200円なら絶対買わヘンな(爆)。

c0236857_13410743.jpg
c0236857_13411584.jpg

せっかくなので、ストロングマンケーキを少しだけいただきました。
c0236857_13412077.jpg
見る見るうちにこんなになりました(^^ゞ。

c0236857_13412727.jpg
沖縄県では知らない人がいないぐらいの超人気ご当地アイドルユニットだそうですが、名前忘れた(^^ゞ。
中学生ぐらい?
c0236857_13413248.jpg

こうして1日目は終了しました。


下のバナーをポチっとしていただけたらたいへん嬉しいです。
よろしくお願いします。


にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村



by piyopiyodesu | 2016-04-20 14:08 | 宮古島トライアスロン | Comments(4)  

宮古島トライアスロンの目標

 4月11日月曜日。
出勤前に20分だけ3本ローラーで軽く回しておきました。
昼休みにはまたレースウェアで日焼けジョグをしたかったのだけど、寒くてそんなことしてたら風邪ひきそうだったので止めて、長袖シャツで3kmだけ走って調子をみました。
だけど、3kmじゃあ調子なんてわかりませんでした(^^ゞ。


 さて、6日後に迫った全日本トライアスロン宮古島大会の、目標を記しておこうと思います。

目標はただ一つ!
10時間を切ること! (どうだ~、気合のデカ赤文字だ~(^^ゞ)
これしかない!


ちなみに、初ロング初宮古だった2014年は、

S 0:59
B 5:15
R 4:11  

合計10:24でした。
昨年からバイクコースに伊良部島が加わって少し変更されたので、バイクの距離が157kmに長くなりました。

2014年のバイクコースは155kmということになってますが、実際はもっと短く150kmぐらいだったそうなので、実際には7km近く長くなっているんだそうです。(間違っていたらごめんなさい)

7km長くなると、30km/hで走っても14分はかかるので、2014年の自分の記録より38分も短縮するのは、かな~り厳しい至難の技だとは思いますが、目標は大きい方がいいと思って頑張ってみます。

それでは、今年のタイムを予想してみましょう!
スイムは・・・・・スイムはねぇ、え~っとねぇ、そうやねぇ・・・・・・上達していません(キッパリ!)。
遅くなっているかもしれません、いや、かもじゃなくて、その可能性は大いにある(^^ゞ。

スイムは60分を切ったらヨシ!としましょう(^^ゞ。
スイムはわざとゆっくり泳いで、バイクとランで抜いていくってのがオレのやり方だからな(^^ゞ。
能ある鷹は爪を隠すのだ~(^^ゞ。 ←ちょっと違うな(>_<)

バイクとランはどうなるか?自分でも全く予想ができません。
トレーニング中は常に大なり小なり疲労が蓄積した状態で走っていたので、すっかり疲労が抜けた時にどれほど素晴らしい走りができるのか?はたまたいつもと同様のマッタリした走りなのか?ワカリマセン!

しかし、どちらも2年前より速く強くなっていることは間違いない!  ←そうか? ←そうなんだよ!余計なチャチャ入れるなよ!

10時間は絶対切れる! ←そんなに簡単ちゃうで!  ←わかっとるっちゅうに!うるせぇんだよ!

ということで、10時間を切ることがどれほどタイヘンなことかは十分十分承知した上で、目標に設定することにしました。

やるど~!

もし10時間を切れなかったら?
もしも、10時間を切れないようなことがあれば、そんなことがあれば・・・・・・



































また来年頑張ったらエエやん(^^ゞ。
出られたらの話だけど(>_<)。
下のバナーをポチっとしていただけたらたいへん嬉しいです。
よろしくお願いします。


にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

今日のお買い得品(^^ゞ。
ミカンアソート250円。
同じようなのを買いまくっていますが、一人で着実に消費しています(^^ゞ。
今ボクは、ミカンとキャベツで生きています(^^ゞ。

c0236857_13460506.jpeg
バナナ10本で150円(^^ゞ。
まだ青いので、よく熟すまで手を出さずに待ちます。

c0236857_21235156.jpeg



by piyopiyodesu | 2016-04-11 21:30 | 宮古島トライアスロン | Comments(2)