「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:バラモンキング( 51 )

 

今日はやりきれず(>_<)

 29日の日曜日は自然に目が覚めるまでゆっくり寝て起きて、10時頃から3本ローラースタート(^^ゞ。←遅過ぎる!

c0236857_19503016.png

いつものように、1時間毎に5分ほど休憩してトイレに行ってシャツを換えてシャモアクリームを塗り足しました。
今日のトレーニングを回転焼きに例えると、薄い皮が破れてはみ出しそうなほど餡子が詰まっていて、一つ食べたら胸焼けしそうなぐらい充実したトレーニングだったと思う(爆)。
ナンヤソレ!

回転焼きってコレですよ↓。


c0236857_19560000.jpg


日本各地でいろんな呼び名があるようですね。
兵庫県南西部でボクがよく聞くのは『大判焼き』、『回転焼き』、『御座候(ござそうろう)』の順かなぁ。
調べてみたら、たくさんの呼び名があるんですね~(@_@)。

姫路に住んでいて物心ついた頃に、親が『回転焼き』と呼んでいたので、今でも回転焼きと呼ぶことが多いですが、次は大判焼きかな。
『今川焼き』も健闘してるな(^^ゞ。
コレ↓を見るまでは、『今川焼き』と聞いても何のことやらわからなかったと思います。


c0236857_19560891.jpg

子供の頃は甘い食べ物が苦手で、餡子は食べなかったし、かりんとうも嫌いだったし、缶詰のみかんとパイナップルは食べてたけど桃は甘過ぎて苦手だったし、羊羹なんて見向きもしませんでした。
ケーキは好きでしたが、カステラはあんまり好きじゃなかったかな。

親戚が来て仏壇に供えてくれた箱を、親戚が帰ったらすぐに持ってみて、ずっしり重いと期待するわけですよ(^^ゞ。
ずっしり重い場合は、だいたいカルピスかジュースか果物の缶詰かサラダ油でしたね。
サラダ油だったら思い切り凹んでましたね(>_<)。

ずっしりとまで重くなくて、ちょっと重い場合もワクワクしてましたね(^^ゞ。
開けてみて、ゼリーだったら大喜びで、羊羹だったらその親戚を嫌いになって、水ようかんだったら渋々食べてました(^^ゞ。

そんなボクが、ロードバイクで長距離ライドをするようになって、業務スーパーの安いどら焼きを補給食に食べるようになってから、餡子も甘い物も食べるようになって、今じゃ大好きです(^^ゞ。

まぁ、そんな話はどうでもいいですね(^^ゞ。
餡子が詰まった胸焼けしそうなぐらいに充実したトレーニングだと思った割には、ゾーン4にも入っていませんでした(^^ゞ。


c0236857_19504192.png

昼食後に、2階の壊れたブラインドを付け替えてからプールへ行きました。

右脚で強くキックすると膝が痛いので、右は弱く、その分左を強くキックしていたら、左キックの時だけグイーンと進む感じがあって、徐々に右膝が痛まなくなってきたので、両足でしっかりキックしたら今までにない滑る感じで良く進む気がしました。

こういうのを怪我の功名って言うのかな(^^ゞ。

最近、少しだけ楽に速く進むようになってきたような気がしていて、その理由として上半身の筋肉が落ちてスリムになって水の抵抗が減ったからではないか?ということを何日か前に書きましたが、それだけじゃなくて、ストリームラインが良くなってきたとか、体幹が強くなって身体の軸がブレなくなったとか、水を捉えきれずに滑っていた左プルで少しは水を捉えられるようになってきたとか、そういうのもあるのかな?って思っています。
でもまぁ、まだまだ遅いですけどね(^^ゞ。

気持ち良ーく2,500m泳いで終了。

さて、最後は一番イヤなトレミランです(>_<)。

走り始めたら、いつもならすぐに感じなくなる右膝の違和感がず~っと続くので、ビルドアップしながら様子を見ていたら、ゲーリーみたいで、続けて3回もトイレにダッシュ(^^ゞ。

右膝の違和感はなくならないし、まだお腹がモゾモゾしているしで、5kmで止めました(>_<)。
アカンなぁ、右膝とゲーリーを言い訳にしているけど、実は伏線があるんです。

新潟の嫁はんの実家で日本酒を飲んだんですよ。
3種類ぐらい出してもらって小さなグラスで冷で飲み比べたら、苦手だった日本酒が美味しいと感じて、帰ってからすぐに甘口の飲みやすそうな安いのを買ってチビチビ飲むようになったんですね。
土曜の夜も11時には寝られたのに、早く寝りゃいいものをチビチビ飲んで結局コップ一杯(は1合って言うのかな)ぐらい飲んでたら寝るのが12時を過ぎちゃって、起きたら8時過ぎてるし起床時心拍数は長く寝たのに56もあるしで、ポイントトレーニングをする日の体調管理としては失敗でしたね。

決めました、アルコールはポイントトレーニングを頑張った日の夜にだけ飲むことにします(^^ゞ。
本当はトレーニングで疲れているのは筋肉だけじゃなくて内臓も肝臓も疲れていると思うので、トレーニングを頑張った日には飲まずに、休みの日に飲むのが理に適っているのかもしれないけどね、なかなかそういうわけにはいきませんね(^^ゞ。

下の写真をポチっとしていただけたらたいへん嬉しいです。
よろしくお願いしま~す(^^ゞ。


にほんブログ村

by piyopiyodesu | 2017-01-29 21:36 | バラモンキング | Comments(0)  

バラモンキング出場決定!

 一日千秋の思いでお待ち申し上げておりました。
2017年五島長崎国際トライアスロン大会の出場決定通知書が届きました。

やっほ~(^^ゞ。

c0236857_21293779.jpg
もちろんAタイプです。
今年はランがさ~っぱりアカンかったからなぁ、この冬はランニングをしっかり強化して、来年はバラキン自己ベストを更新します。

さっさとエントリー料を入金しました。
これで取り敢えず出場取り消しにはならへんでしょう(^^ゞ。

今年も国内ロング4大会全部出て、全部で自己ベスト更新を狙っています(^^ゞ。
まずは一つ決定で嬉しいな~嬉しいな~(爆)。

下の写真をポチっとしていただけたらもっともっともっと嬉しいです。
よろしくお願いしま~す(^^ゞ。



にほんブログ村

by piyopiyodesu | 2016-12-21 21:41 | バラモンキング | Comments(2)  

2016バラモンキング参戦記 8 レース翌日

 皆生トライアスロンの3日前の昨日(14日)は、午前中に3本ローラーでゆるめのインターバル(って言うほどでもないけど))で1時間乗りました。


c0236857_08051718.png
c0236857_08052276.png
昼食後に2,800m泳ぎました。
水中を滑るようななかなかいい感じで泳げた瞬間もありました。瞬間ね瞬間(^^ゞ。
やっぱり疲れてない身体で泳ぐとよく進むような気がしますね。

だけど力任せにならないように無駄な力を使わないように脱力してできるだけスムースに泳ぐことに気を付けました。

帰宅後、剱号のチェーンをクリーニングしました。
ボロ布で黒い汚れが付かなくなるまでよく拭いて、クリーナーをたっぷり吹き付けて汚れを浮かせてからよく拭きとって、最後に注油して終わり。

インフィニティで勧められたこれを使っています。
このオイルは粘性が高くて雨の日でも使えるそうな。

c0236857_08054088.jpg
Viperに、サドルポストにレースナンバープレート(って言うのか?)を固定するためのパーツが付属していたので、バラモンキングのレースナンバープレートを着けてみました。
皆生のレースナンバーシールがどんなのか知らないけど、フレームにはきれいに貼れないので、これに貼ろうと思います。

c0236857_08055053.jpg
夕方に少しだけ走るつもりだったけど、雨が降ったのと、右足に少し違和感があったので止めました。
今日の昼休みに、冷房の効いたジムのトレミでちょっとだけ走ってみようと思っています。

他のロングの大会では、金曜日は仕事を休んで移動するのが普通なので、金曜日にまだ仕事するのがなんだか変な感じです(^^ゞ。
今回は液体燃料作戦はやめて普通に食事することにしましたが、食物繊維を減らして大ちゃんが少量になるようにと、カーボローディングを兼ねて、今日からは玄米ご飯を白ご飯にかえて、野菜は少なくして、炭水化物とタンパク質をやや多く食べることにしました。

 
 続きです(^^ゞ。
ホテルをチェックアウトしたら、福江文化会館に行って完走証をもらいました。

c0236857_21370036.jpg
3度出場した中でワースト記録だったけど、棄権しないで完走だけはしといて良かった。
苦しいレースだったけど、この経験は今後の参考になるし、きっとバネにもなるだろう、たぶん(^^ゞ。

表彰式で、Bタイプに出場された80歳代のこの選手が表彰されていました。

c0236857_21371615.jpg
スゲェ~(@_@)。
80代ですよ80代!
元気に畑仕事している80代なら驚かないけど、元気にバラモンキングを完走する80代って化けモンか~(^^ゞ。(あ~、また失礼なこと書いちゃった(^^ゞ)
ちょうどボクの父親ぐらいの年齢です。

スイムは真ん中辺で上がっていらっしゃったと紹介されていました。
たぶんオレより速いな(^^ゞ。
弟子にしてもらおうかな(^^ゞ。

いやはやホンマに凄い!
30年後にオレはバラキンのBタイプで完走できるやろか?
う~ん、できそうな気がする(爆)。

前の席の選手のTシャツ(^^ゞ。
リタイアしなくて良かったぁ(^^ゞ。

c0236857_21371164.jpg

 Aタイプのボクと同じエイジで1位になった選手が、2014年のIM北海道で同宿だったMさんで、二晩続けてお風呂で一緒になってボクが話しかけたのがきっかけで面識があったんです。
MさんはそのIM北海道でもエイジ2位で表彰されていて、そんな凄い選手だと知らなかったのでビックリしたのですが、バラキンに出られていると全然知らなかったので、またまたビックリでした。
ステージから下りて来られた所で、「おめでとうございます!」と言って握手してもらったら、ボクのことを覚えてくださっていて、ブログも時々読んでくださっているとのことでした。
嬉しい~(^^ゞ。
「ランで擦れ違ったけど、だいぶ疲れてましたね。」
なんて言われてメッチャ恥ずかしかった~(>_<)。

閉会式後の立食パーティーで偶然ボクの横に来てくれたので、いろいろお話させてもらいました。

c0236857_21374111.jpg
「いつ頃からトレーニングを再開するんですか?」
って聞いたら

「どこか筋肉痛がありますか?」
「いいえ、どこも痛くないです。」
「そうでしょ、そしたらすぐ始めたらいいんじゃないですか、ボクはすぐ始めますよ。」

と言うことでした(^^ゞ。
いやぁ、やっぱりエイジで1位になる選手は言うことが違いますね~(^^ゞ。
今までに何人かの選手に同じ質問をしたことがあるけど、痛くなければすぐ始めるなんて言う人は初めてやぁ(^^ゞ。
たいていは、まあ1週間は休んでからボチボチとか、しばらく休む・・・・みたいな感じですよね(^^ゞ。

と言う理由でですね、ボクは水曜日から再開したわけです(^^ゞ。

皆生トライアスロンの選手名簿を何気なく見ていたら、Mさん、皆生にも出場されるんですね!
またお会いできるのを楽しみにしていますね!
皆生ではあんまりみっともないところを見られないように頑張ります(^^ゞ。
擦れ違うところはないからエエかな(^^ゞ。

選手全員に、スポンサー様からこの食べ物と飲み物が提供されました。
ありがとうございます。

c0236857_21372399.jpg

いろんな料理の出店が出ていて、選手は3品まで無料で食べられる食事券をもらっています。

五島うどんと、お肉と、おでんをいただきました。
それだけでは足らないので、おにぎりを二つ買って食べました。
c0236857_21372902.jpg
c0236857_21373504.jpg
続く・・・・かな(^^ゞ。

下のバナーをポチっとしていただけたらたいへん嬉しいです。
ポチっとしていただけたら、たぶん皆生でいつも以上の力が湧いてくると思うんです(^^ゞ。
いつもの力が大したことないので、湧いてきたところで大したことないんですけど(爆)、たぶんちょっとは励みになると思うのでよろしくお願いします(^^ゞ。←真面目に書いてるのか!

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村


by piyopiyodesu | 2016-07-15 08:27 | バラモンキング | Comments(0)  

2016バラモンキング参戦記 7 フィニッシュ後

 すみません、今頃になって続きです(^^ゞ。

 ランの後半はほとんど歩いて帰ってきたくせに、フィニッシュ後の疲労感は今までで一番酷かった。
昨年も一昨年も疲労困憊だったけど(それが普通だと思いますが)、しばらく経ったら食欲が出てきて昨年は五島うどんを5杯もいただいたし、最後の選手がフィニッシュするのを見届ける元気もあったけど、今年は全く食欲がなくて、空腹なんだけどムカムカしていて食べられそうになくて、それでも回復を早めるためには少しでも食べなきゃ!と思って五島うどんを一杯だけは食べたけど戻してしまいそうでした。
最後の選手が駆け込んでくる感動のシーンも見たかったんだけど、それ以上に早く横になって休みたくて、ハルさんやはるっちさんとおしゃべりしたり写真を撮ってからバイクを引き取ってホテルに帰りました。
c0236857_23554203.jpg

↓この時刻にはホテルに帰ってたんですね。
この浮腫み具合(@_@)。
赤ちゃんの手みたい(^^ゞ。
c0236857_08340910.jpg
ランの途中でふと見て気付いてビビりました。
この丸々した手はなんや!
こんな身体で走っていてエエんやろか?とちょっと不安に思った。
いつも使っている2XUのコンプレッションアームカバーはかなり締め付けが強いので、それのせいかもしれないと思ってランの途中で脱いだのだけど変わりませんでしたね。
そういう問題じゃないみたいです。
脱水にならないようにと、バイクでもランでもしっかり水分補給をしていたのだけど、湿度が高くて汗の量が少なかったんでしょうね。
滝のようにだーらだら汗がかける人が羨ましい(^^ゞ。

c0236857_08340494.jpg


いつもなら疲れていても、ウェットスーツとバイク、ウェア、シューズ、ボトルをお風呂で洗って干してから寝るのですが、この夜はもうそんなことはどうでもよくて、翌朝にすることにしてシャワーで汗と塩水を洗い流して、すぐに寝ました。

ランの後半からず~っと、後悔していたことがありました。
あ~あ、なんで皆生と佐渡にエントリーしたんやろう(爆)。
あ~あ、オレってどこまで調子モンなんやろう(^^ゞ。

こんな身体で4週間後の皆生なんて走れるわけあらへんがな。
あ~、憂鬱やなぁ、出たくないなぁ。
なんかうまいことDNSする手はないかなぁ。
知り合いのお医者さんに何かそれらしい診断書でも書いてもらって、ドクターストップがかかったってことにすれば、オレの面目も立って世の中平和に治まるやんなぁ・・・・。
ホンマは出たいんやけど、お医者さんが止めるから家族のことも考えてDNSにしますってことやったら格好付くやん!
それがエエかなぁ・・・・なんてずるいことを考えて本当に思い悩みながらもあっと言う間に寝ましたね(^^ゞ。
爆睡(^^ゞ。
もう二度と目覚めないかもしれないと思いつつ死んだように寝ました。


翌朝4時に自然に目が覚めた。
お腹ペッコペコだったので、買い置きしておいたパンとあんこ饅頭を食べながら昨夜できなかったギアの水洗いを済ませて、バイクの水を拭き取って、濡れたウェアやシューズは三重ぐらいにして袋に入れてシーコンの荷造りをしました。

たった5時間ほど寝ただけなのに、どこも痛くないし、さすがにちょっとまだだるかったけど、階段の上り下りもスタスタ歩けるし、何より気持ちが前向きになっていました。

ん?皆生?
出たらエエがな~、なんで止めなアカンのや?
まだ4週間もあるがな~、イケルイケル、皆生で挽回じゃ!って思いましてん(^^ゞ。

まあホンマに何ちゅうたらエエのか、おかしいと言うかアホと言うかイカレテルと言うかパッパラパーと言うか、一晩でこうまで変わるもんかぁ?っていうぐらいの変化でした。

まあ、ロングトライアスリートって大なり小なりみんなこんなんですよね(爆)。
レースの最中はたいてい「なんでこんなしんどいことしてるんや?もう今年で最後にする、もう来年は出ない、出ても短いのにする、長いのヤメル!」なんて思いながら走っている人が多いのではないでしょうか。

それでもまた出ちゃうんですよね~。
みんなアホですね(^^ゞ。
愛すべきアホばっかりや~(^^ゞ。
都合の悪い記憶は一晩で消えますね。
楽しい記憶しか残らへん都合のエエざるみたいなドタマの人ば~っかりでんなぁ(^^ゞ。

ホテルの方にシーコンの発送をお願いして、送料をお支払いして、また来年の予約をして(^^ゞ、チェックアウトしました。

でも、来年は二食付きの民宿にしようかなと思っています。
液体燃料作戦はもう止めて、食べたいだけ食べて、大ちゃんが出たら出たでしょうがない作戦に変更するつもりなので、それなら素泊まりのビジネスホテルより二食付きの民宿の方がエエやんなぁ。
どなたか良いところを紹介してください、お願いします(^^ゞ。

ロングトライアスリートはアホばっかりなんて失礼なことを書いちゃいましたが、関西では『アホ』は悪口とも言えない程度の軽~いノリの愛情を含んだ言葉で、(言い方にもよるけど(^^ゞ)『バカ』の方がキツイ言葉なんです。
そうですよね?関西の皆さん。

だから、アホと言われても「そうやねん、オレアホやねん、あはははは~。」ってニタニタ笑ってた人が、バカと言われた瞬間に(その時の気分に大いに左右されます、酔ってたりするとマズイかも(^^ゞ)「だれがバカやねん!しばくぞお前、もういっぺん言うてみぃ!」なんて怒り出すかもしれないので、慣れない人は注意しましょう(^^ゞ。

ボクの書いたアホは愛情をた~っぷり込めたアホですからね、同じアホのよしみで怒らないで下のバナーをポチっとしてってくださいね~(^^ゞ。
トライアスリートでない方ももちろん大歓迎ですよ~、ポチっとしてってね~(^^ゞ。

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村






by piyopiyodesu | 2016-07-13 07:55 | バラモンキング | Comments(4)  

2016バラモンキング参戦記 6 ラン

 ごめんなさい、ランのことは早く忘れたくて書くのが億劫で遅くなりました(爆)。


 バイクで走っている時は気温はあまり高いとは思わなかったのですが、とにかく湿度が高く感じられて、前夜の雨で濡れた道路、草木、田畑、山々から蒸気が出まくってて、まさに身体にまとわりつくような湿気を感じたので、身体を冷やさなきゃ冷やさなきゃと思って、エイドではスポーツドリンクだけでなく水ボトルももらって身体にかけながら走りました。
水分補給もいつもより多めに飲みました。

トライスーツはスイムでも着れるぐらいだから水分をほとんど保持してくれないので、水をかけてもヒンヤリする感じが長くは続かずにすぐ乾いちゃうから、こういう時はバイクジャージの方が袖もあるしいいかもしれませんね。

来年は天候によってはT1でバイクジャージを着ようかなと思いました。

中央公園までの往復の対面交通区間を過ぎて、鬼岳を左手に見ながら走る最後の約15kmは、2014年大会と同様にやや追い風で下り基調で、ものすごく気持ち良くビュンビュンかっとんで走ることができました。
それはそれは気持ち良く走れたのですが、あそこはもう少し控えめに走るべきだったかなと今は思います(>_<)。

外堀公園のT2会場まで戻ってきて、バイクキャッチャーの方にバイクを預けてお礼を言って、裸足で外堀公園に走り込みました。
ランバッグを受け取って着替えテントに入ると、折りたたみ椅子が一つだけ空いていたので、よっこいしょ!と座ってヘルメットを脱いで5本指靴下とランシューズを履いてキャップをかぶり、エネルギージェルとOS-1(の類似品)パウダーを入れたランポーチを腰に巻きました。
テントを出てバッグを渡して走り始めました。

ランスタートのデジタル時計は15時2分か3分だったかな、スイムスタートの7時から8時間を少し過ぎていました。
昨年は15時の2~3分前だったので、昨年より5~6分遅れていました。
スイムが昨年より5分速かったのはわかっていたので、バイクが10分以上遅かったんだなってことがここで初めてわかりました。

バイクではほとんどガーミンを見ないんですよ(^^ゞ。
見たところでどうにもなりませんからね。
見ても計算できないし~(^^ゞ。
他人(ガーミン)に急かされるのはイヤなんです(^^ゞ。

バイクではいつも自分の感覚だけを頼りにペース配分と言うか、その時々のペースを決めているんです。
これ以上ペースを上げると続かないとか、これ以下だと遅すぎるとか、これぐらいが丁度いいっていう感じです。
ものすごく非科学的(^^ゞ。
パワー管理するのが流行りだけど、見ないもんなぁ。
デジタル苦手だし~(^^ゞ。
今後もアナログオヤジだなぁ(^^ゞ。

だから、ガーミンはランのラップタイムを見ることでしか必要ないんだよなぁ。
猫に小判で悪かったなぁ~(^^ゞ。

スイムからの記録が残るのは後で見る楽しみがあるけどね。

 さて、今日はどれぐらい走れるかな?
一番不安に思う瞬間です。

ロングトライアスロンのランは、走り始めてみるまではその日どんな走りができるかの予測ができません。
昨年はバイクの終盤でムカムカしてジェルを吐いてしまったりして、ランに対してすごく不安を感じながらも、実際に走り始めてみたら案外走れて驚いたのですが、今年はどうだろうか?

ガーミンをT2からランに切り替えながら走り始めてみると、あ~去年よりも身体が重いと感じました。

去年は自分で感じているペースよりもガーミンが表示するペースの方が速くて、思っている以上のペースで走れていることが嬉しかったのですが、今年は自分がこれぐらいのペースかなぁ?と思っていたよりもガーミンが表示するペースの方がかなり遅くて愕然としました。

それでも、徐々に身体が慣れてくればペースは上がってくるだろう、なんとかサブ4のペースは維持していこうと思って5分後半のペースで走りました。

ところが、5km走っても10km走っても身体が軽く感じられることはなく、サブ4ペースを維持するのがかなりきつかった。
こんなペースを続けていたら後半には絶対走れなくなるだろうなぁと思いつつも、走れるうちはペースを落とせない。

もうちょっとペースを落とすべきなんじゃないかなぁ。
だけど、もしかしたら最後までなんとかこのペースを維持できるかもしれへんし。

葛藤しながらちょうど2時間でハーフを走って外堀公園まで戻ってきた時には既にかなり消耗していて、体力だけじゃなく気力はほとんど0になっていました。
ハーフで既に終わってましたね。
やっぱり前半の無理なペースが堪えましたね。

あと1往復するのがイヤでイヤで・・・・・、あんな遠いところまでもう一度行って戻ってくるなんて、なんでそんな無駄なことせなアカンのや?そんなことして何になるんや?
一旦マイナス思考に陥ってしまったドタマは、もう負のスパイラル状態で、爪先から頭のてっぺんまで、もうこれ以上走りたくないという考えが支配していました。

リタイヤするならここが一番都合がいいよなぁ、収容車を待たずに済むし、フィニッシュ地点はすぐそこだからシャワーでさっぱりして五島うどん食べて、フィニッシャータオルはもらえないけど、タオルはたくさんあるし(爆)、ホテルまで歩いて帰ってすぐ寝られるし、リタイヤするならここがベストだよなぁ・・・・・なんて思いながらもリタイヤする決心がつかないまま渋々折り返して走っていると、ハルさんが応援してくれました。

「もうダメです。」
とかなんとか情けないことを言ったと思います。

ハルさんから見えない辺りまでヨタヨタ走って、歩道に腰かけて休みました。
全身を覆う疲労感にたまらず寝そべってしまった。

だれかが「どうしましたか?大丈夫ですか?」と声をかけてくれていたら、甘えてそこでリタイヤしていたかもしれないけど、だ~れも声をかけてはくれませんでした(>_<)。
案外冷たいね(爆)。

走っている選手をぼんやり見ていた。
みんな、しんどそうな足どりでも一生懸命走っていた。
みんなよーやるわ!

こんなところで走れないフリをしてサボっている自分が恥ずかしくなってきた。

もうしょうがねぇ!
まだまだ時間はたっぷりあるんだから残り全部歩きでもいいからとにかく折り返しまで行こうと思い直して、走ったり歩いたりを繰り返してなんとか折り返しに辿り着いた。
まさになんとか辿り着いたっていう感じやったなぁ。
全てのエイドで立ち止まって、コーラとバナナをもらった。
今年のバナナはちょっと傷みかけて柔らかいのが多かったね(^^ゞ。
いつも業務スーパーでそんなバナナばっかり買ってるから気にならなかったけど、持つだけで皮がズルリと剥けるのが多かった(^^ゞ。

本当に強い人は、調子が悪くても悪いなりに粘って粘って終わってみたらほぼいつも通りの記録だったり、ちょっと遅いぐらいでまとめるのでしょうが、口先だけのうどん屋の釜はあきまへんな。
今日は調子悪いなんて言ってその日の調子のせいにするし、アカンと思い出したらガタガタ崩れて立て直しができひん。
相変わらず弱っちいね。

エイドの皆さんや沿道で応援してくれる皆さんの応援が嬉しかったですね。
応援されても走れなかったけど、とにかくゴールを目指そうという気持ちになれました。

折り返しても走るより歩く方が多いぐらいで、後半のハーフに3時間かかってなんとかフィニッシュだけはしましたが、反省が多い・・・・なんてもんじゃなくて、全部反省、100%反省のレースでした。

c0236857_22205548.jpg


c0236857_07032366.jpeg
なかなか思うようにいきませんね。
そう簡単に思うようにいかないことはわかっちゃいるけど、ロングトライアスロンは難しいなぁ。
でも、難しいからこそ面白いし、次はああしてみようこうしてみようっていう気になります。
また来年、挑戦するど~!

下のバナーをポチっとしていただけたらたいへん嬉しいです。
よろしくお願いします。

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村



by piyopiyodesu | 2016-07-04 23:06 | バラモンキング | Comments(8)  

2016バラモンキング参戦記 5 バイク

 バラモンキング直後の1週間のトレーニングです。
c0236857_21304889.png
スイム 1:25 3,500m
バイク 8:34 279km
ラン  3:26 41km
合計では13:24でした。

昨年も12時間ちょっとはトレーニングしていたので、ほぼ同じぐらいですね。
速くは走れないくせに、長時間労働には耐えられる身体になってきてるのかな?
来年あたり花が咲いてくれへんかな(^^ゞ。

 さて、前回の続きです。

 慌てず落ち着いて白龍号を押して乗車ラインまで走りました。
乗車ラインを数m行き過ぎてから、まずは左足をペダルに着けておいたバイクシューズにしっかり突っ込んで、右足で地面を蹴って乗車すると同時に右足もシューズに突っ込んでうまくスタートできました。

宮古島ではバイクスタート直後にボクの不注意で二度も続けて落車してしまったので、今回は注意していました。
宮古島では焦っていたのかなぁ?
落ち着いてやればこんなに上手にできるのになぁ(^^ゞ。

あ~やれやれ~、何のトラブルなくスイムフィニッシュできて良かった良かった。
やっぱり陸上はエエわぁ~(^^ゞ、肺呼吸できるもんね~。
スイム中でも肺呼吸ですけどね、エラはありませんからね(^^ゞ。

トライアスロンを始めて4シーズン目ですが、未だにOWSには少なからず恐怖感を持っています。
こんな足が着かない海で何か起きたらえらいこっちゃ!
ライフセーバーの方達が見守ってくれているって言ったって、ず~っとオレばっかりを見てくれてるわけじゃないし、溺れたオレを岸まで運ぶのに時間がかかるし、まだ死にたくないっていうことを常に考えているので、息が上がってハァハァゼェゼェ言うような強度では泳がないし泳げません。
蹴られてもど突かれても、不意にゴーグルが外れてもサメがいてもパニくらないように心身ともに十分な余裕を残して泳ぐようにしています。

だから、オリンピックディスタンスの1,500mも、アイアンマンディスタンスの3,800mも目標のペースは同じ100m2分なんですよ(^^ゞ。
今年のバラキンはスイムでスタートダッシュしてみるって前に書いたけど、あれはウソです(爆)。
ゴメンナサイ(^^ゞ。
そんなことして苦しくなって溺れたらどうするのよ!
スイムは安全が一番だべ~(負け惜しみ(>_<))。

そう言えば、スイム中に意識不明で病院に運ばれたというBタイプの選手はその後回復したのかな?
元気になって無事に帰宅できてたらいいんだけど。

 さて、バイクで走り始めてみると、両方のふくらはぎがヘンな感じ。
芯の部分が痛い。
芯って何や?っていう感じだけど、どこやろ?脛骨が痛い感じとでも言えばいいか、今までに感じたことのない痛みがあって、ペースが上げられない。
ふくらはぎが攣りそうな感じがすることはよくある。
ふくらはぎの中をイモムシが這っているような感じがして、ピクンピクンする時はたいてい力んで膝から下に余計な力が入っていることが多いので、膝から下は脱力するように気をつけていたらたいていは1時間も走れば治まるんだけど、この時はバイクの前半は断続的にず~っと痛みが続いていました。

おかしいな、こんなこと初めてやな、テーパーリングで疲労が抜け切れてなかったんやろか?←これは大いに疑わしい(^^ゞ
今更そんなこと言ってももうどうしょうもないので、バイクフィニッシュまでにはなんとか治まってくれないとランがとても心配と思って、無理のない痛くないペースで走っているとですね、まあ抜かれる抜かれる(>_<)。

自分でも呆れるぐらいに抜かれまくりでしたね。

スイムはわざとゆっくり泳いで、バイクとランで追い上げていくというのがいつものボクのパターンなんだけど、まあ抜かれる抜かれる(^^ゞ。

まあしょうがないなぁ、こんな日もあるさ、ランのために体力温存していると思えばエエなぐらいに思って無理のない(痛みがでない)ぐらいのペースで走りました。

思うようなペースでは走れなかったけど、バラモンキングのバイク180kmはとても楽しい時間でした。
エイドはあるし、応援は温かいし、一番長くて傾斜が急(と思う)な上り坂では、お祭り用の大きな赤い団扇を持った応援団が、毎年声をからして応援してくれるもんね。

「一日中そんな大声で応援してたら声がかれちゃうでしょう?ありがとうございまーす。」
って、心配になって逆に応援しちゃったよ(^^ゞ。

幾つかのトライアスロンの大会に出てきたけど、バイクコースに関してはバラモンキングが一番安心して気持ち良く走れますね。
全てのグレーチングとマンホールが完璧にマットで覆ってあるので、パンクや滑って落車する確率が低くて安心して走れるし、温かい応援がありがたいですね。
宮古島もグレーチングはたいてい覆ってあるけど、人家から離れた所は覆ってないところもあるし、マンホールまでは覆ってなかったように思う。

ここで選手が転んだらかわいそうやとか、ここでパンクしたら気の毒や・・・・って気を遣って覆ってくださるんでしょうね。
ありがたいですよね。
そんなことしたって自分たちが得するわけでもなくて、しないならしないで済んじゃうことなのにね。
きっちり覆って、終わったら外して、1年のうちの364日は保管して・・・・よく考えたらタイヘンな作業ですよね。

アイアンマンのことを決して悪く言うわけじゃないけど、IM北海道なんて、な~んにもしてなかったもんねぇ(^^ゞ。
IM北海道ではバイクトラブル(パンクかどうかはわからないけど)らしき選手を大勢見かけたけど、バラキンでは一人二人ぐらいしか見なかったもんね。
IM北海道はそれがIMの基準なんだろうから文句言うわけじゃないけど、バラキン基準は選手にとっては最高のおもてなしですよね。
パンクの心配せずに(全くないわけじゃないけど)、思い切り気持ち良く走れるってのは何より嬉しいですよね。

バイクの序盤で、アップダウンを繰り返すジェットコースターみたいな部分があるんですけど、長い直線を下って一番スピードが出るところに、道路を完全に横切る形でグレーチングがあるんですけど、もしもあそこがマットで覆われてなければ、リム打ちパンクの選手が続出するんじゃないかと思うな。
何が気が重いかって、バイクのパンクほど気が重いものはないですよね。
トレーニング不足で走れないのも、トレーニングし過ぎで走れないのも自分の責任だけど、パンクだけはどんなに気をつけていてもする時ゃするもんね、その危険性をぐ~っと下げて安心して走れるバラキンのバイクコースは最高だわ!

そんな暖かい選手思いのおもてなしの気持ちに対して、我々選手がお返しできることはただ一つ!

感謝の気持ちを持って、ルールを守って一生懸命走ることしかないやんねぇ。

余裕があれば会釈をしたり「ありがとう!」と言ったり手を振ったりできればいいけど、そんな余裕がないことだってあるだろうし、手を離すのが危険な場面だってあるだろうから、感謝の気持ちを持って一生懸命に走ればきっと伝わると思う。

ドラフティングがルール違反だなんてことは、応援してくれている方達はおそらく知らないと思うので、全ての選手に暖かい声援を送ってくれるけど、そういう状況でズルいことができる選手がいるってことが信じられないね。

後半になってやっとフクラハギの痛みを感じなくなって徐々にペースを上げていけたように思います。
後半は抜かれるよりも抜くことの方が多くなって、自分よりもレースナンバーが大きい選手(若い選手)を一人、また一人とポツポツ抜きながら走りました。

日頃のバイクトレーニングで殆ど外乗りをせずに3本ローラーばっかりやってると、たまに外を走るのが楽しくて気持ち良くて、180kmが短く感じられていいかも~(^^ゞ。
10km毎に距離を書いたボードが路肩に置いてあるんですけど、おっ、もう50km走ったのか!えっ、もう100km!?なんかはえぇなって思って得した気分になりますね。
前をよく見ないで走っていると、時々このボードのギリギリを通過してドキっとすることがあります(^^ゞ。←アカンがな~。

宮古島のこのボードはかなりセンター寄りにはみ出ているので、ホンマにやばかったことが何回かあります(>_<)。

3本ローラーする時に、バイクの前にPCを置いてじーじさんの車載動画をYouTubeで何度も見ていたので、じーじさんの速さと自分の遅さのあまりのギャップにがっかりしながら走ったのも事実ですけどね(>_<)。

今はじーじさんの皆生の車載動画を見ながらローラーすることが多いんですけど、またがっかりするからあんまり見ない方がいいかもね(^^ゞ。

3本ローラーで乗る時に、ヘアースタイルの乱れを気にしないでいい出勤前以外はエアロヘルメットを被っていたので、首の筋肉が少しは鍛えられたのか、首が痛くてDHポジションが維持できないということもあまりなく(あまりです、あまり、全然ないとは言えないところがまだ甘い(^^ゞ)、DHポジションで走るべき場面ではほぼDHポジションを維持できたかな。

上りでは敢えて積極的にダンシングも取り入れて、上半身の筋肉が凝り固まってしまわないように、ストレッチを兼ねてほぐしながら走りました。

レース翌日に地元の写真屋さんから買った写真です。

c0236857_10203290.jpg
c0236857_10203871.jpg

続く・・・・(^^ゞ。

下のバナーをポチっとしていただけたらたいへん嬉しいです。
よろしくお願いします。

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村








by piyopiyodesu | 2016-06-30 10:21 | バラモンキング | Comments(4)  

2016バラモンキング参戦記 4 スイム

 冷たい水に慣れるのに時間がかかるボクは、試泳の時間を十分とるために、ウェットスーツを着ていつでも泳げる状態で入水ゲート前でゲートオープンの時刻を待ちました。

話は逸れますが、子供の時、夏に川遊びする時に、水中眼鏡の曇り防止に草の汁を塗っていたので、この時も道端の草を少しちぎって手でよく揉んで出てきた汁をゴーグルの内側に塗りました。
田舎モン丸出しだけど、バッチリ効果あるんですよ!
ツバはよほどドロ~ン(^^ゞとしたのでないと効きませんね(^^ゞ。
プールで泳ぐときは曇り止めを使いますが、屋外では荷物は少ない方がいいし、試泳でゴーグルに水が入ったりしたら流れて効果がなくなりますからね。
草の汁が一番(^^ゞ。
ヨモギが最高なんだけど、なければ何でもよろしい(^^ゞ。
手が緑色になっちゃうけど、泳いでいるうちに落ちます(^^ゞ。

海に入ってみたらちょっと冷たかったけど泳いでいる最中はちょうどいいぐらいでした。
ちょうど1週間前に赤穂の海でOWSの練習をしたせいか、いつもよりもすぐに水に慣れてスイスイ(遅いけど)泳ぐことができました。

おおっ、いい感じやん!これなら目標にしている75分で泳げそうだ!って思ったんだけどなぁ(^^ゞ。
今回のスイムで気をつけたことは、ブイをよく確認して、できるだけ最短距離で泳ぐことと、右利きのボクはどうしても左手のプルが弱くて、水を撫でるような感じになってしまうことが多いので、ピッチは遅くてもいいから一かき一かきをしっかり丁寧にすることです。
今更急に速くなるわけないから、遅くならないように、落ち着いていつも通りの自分なりの一番いい泳ぎができるように心がけました。

いつものようにスタートラインのブイに捉まって、最前列右側からスタートすることにしました。
左側にいる選手がやや多い感じで、昨年よりはバトルが少なかったような気がしました。

恒例の、何を言ってるのかよく聞こえないけど大声で叫んで拳を突き上げること数回、気合が入ってきたよ~。
スタート1分半ぐらい前にガーミン920をスタートさせて、誤操作してしまわないようにデバイスロックしました。
毎度同じちょっと間の抜けた象の屁みたいなホーンを合図に、長い長いレースがスタートしました(^^ゞ。

穏やかな凪の海はプールみたいに泳ぎやすくて、呼吸の時にちょっと頭を上げるだけで第1第2ブイはよく見えました。
ライフセイバーの方の黄色いシャツがブイの色と同じで紛らわしく思うこともありましたが(罰当たりな!)、ほぼ直線状にいい感じで泳げたと思います。

できるだけ最短距離で泳ぐようにしていたら、第2ブイから第3ブイまではブイとブイをつなぐロープがすぐ右側の水面下に見えていて、ヘッドアップすることなく直線状に泳げたと思います。

c0236857_22155314.jpg
第4ブイを右折後は、大勢の選手がかなり左へ寄っているのを無視して、遠くに見える第5ブイを目指してできるだけ一直線に泳いだつもりです。
周囲にあまりに選手がいなくて、ポツンと一人だけだとちょっと不安になったけど、すぐ近くにいたライフセーバーの方が何にも言わないのだからショートカットとかミスコースはしていないはずだと思って泳ぎ続けました。
第5ブイに近づくにつれて選手が集まってきました。

1周目を終えて一旦上陸した時にデジタルの公式時計を見たら、たしか37分台でした。
この時はまさかうどん屋の釜になるとは思ってもいませんでした(^^ゞ。

よっしゃ~、思ったほど速くなかったけど、後半は選手がバラけてもっとマイペースで泳げるだろうから、半分終わって37分なら目標の75分は楽勝やん!と思ってややペースを落としたのが悪かったのかなぁ(^^ゞ。

スイムフィニッシュは80分でした(>_<)。
オーマイガー(>_<)。
2周目の方が100mほど距離は長いにしても、前半37分後半43分とは落ち過ぎですがな(>_<)。

公式記録では1:19:59で395位でした。

ガーミンの記録では約82分で時間は合ってるんだけど、距離が2,085mになってました。
なんでそんなに短いの?
1周分しか記録してへんやん!
昨年に続いてぴよぴよさんスイム距離詐称の疑いあり~(^^ゞ。
ボクはズルイことはしていません、ウソじゃありません、本当です、本当に2周泳いだんです、信じてください(爆)。
↓あまり直線とは言えませんね(>_<)。
c0236857_09425905.png
これを見たら、どういうわけか?前半は記録してないですね。

c0236857_22023762.png

目標の75分から5分も遅かったけど、それでも昨年の85分よりは5分も速い!
バイクとランで巻き返すぞ~って思っていました。
この時点では、まさかうどん屋の釜さんになるとは想像だにしていませんでした(^^ゞ。

長袖のウェットスーツを脱ぐ時にガーミンを誤操作してしまわないように、走りながら上半身を脱いでからガーミンのデバイスロックを解除して、スイムからT1に切り替えました。
バイクバッグをとって着替えテントに走り込んだら、スッポンポンになっている小太り選手の白い尻が目に飛び込んできました(>_<)。

うげっ!いやなモン見てしもた(>_<)。

こんな小太り選手にスイムで負けたのかぁ~って悔しがってる暇などなく、急いでウェットスーツを脱いで重ね履きのレーパン、サングラス、ヘルメット、レースナンバーベルトを身に付けて、ウェットスーツ、キャップ、ゴーグルをバッグに押し込んだらテントから走り出て外のバッグ置き場に置いて一目散に白龍号の元へ走りました。

スイムの疲労は殆ど感じませんでしたね。
速さの進歩はのろいけど、同じスピードなら以前よりも少ない疲労で泳げるようにはなってきているような気がします。
気のせいでなければいいんですけどね(^^ゞ。


下のバナーをポチっとしていただけたらたいへん嬉しいです。
よろしくお願いします。

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村






by piyopiyodesu | 2016-06-28 07:46 | バラモンキング | Comments(0)  

ドラフティングについて思うこと

 バラモンキングのバイクでのドラフティングの件が話題になってますね。

ドラフティングって曖昧な部分もたしかにあって、前車の前輪の先端から左右にそれぞれ1.5m、後方に10m(大会によって違う数字のこともある)の3x10mの長方形のドラフティングゾーンに入ってはいけません、入っていいのは前車を追い抜く時だけで、それも15秒以内ですっていうことなんだけど、10mという距離と15秒という時間の感じ方には個人差があるでしょう。

ボクも話題になっている数台の集団で走るBタイプの選手にバイクで抜かれたので、目撃者の一人です。
その瞬間だけを見ればドラフティングに見えないこともないっていうこともままありますが、あの集団はボクの視界から消えるまでず~っと集団で走っていきましたから、明らかに故意に、しかもグルでドラフティング走行している集団だと判断しました。

しかし、その選手達のレースナンバーやバイクや顔を覚えているわけじゃないので、証拠はありませんが、バイクの計測地点の通過記録や、他の選手の目撃情報から判断すると、故意にドラフティングをしていた選手達は簡単に特定されますね。


バラモンキングでは開会式の後の競技説明会で、わざわざバイクを2台ステージに前後に並べて置いて、10mのロープを張って、10mはこの距離ですよっていうのを示してくれるし、バイクコース上に10m間隔で道路を横切るラインが何本か描いてあるところがあって、走りながら10mという距離感を把握しやすいようにしてあるんです。

だから、普通の良識ある選手なら、前車との間に最低でも10mと思われる距離をあけて走ろうとするもんだと思うんだけど、あの集団ドラフティングの選手達は、ペナルティーさえとられなければ何してもいいと思っているのかな?誰にも見られていないとでも思っているのかな?
だとすればあまりにも浅はかというか思慮に欠けますよね。
おそらく、表彰台に上がる蜜の味をひとたび知ってしまうと、次も次もと思って、そのためなら手段を選ばないように堕落していってしまうのでしょう。
違うかな?

ここを読んで、オレのことかな?と思い当たるフシのある選手は、次からドラフティングをやめましょうよ。
カッコ悪いよ。
皆見てますよ。
せっかく高い運動能力を持っているんだから、正々堂々と自分の力だけで勝負しましょうよ。

普通は悪事を働く時ってのは、人目に付かないようにこっそりやるもんだと思うんですけど、周りの選手の目なんて気にしないのかね?
悪いことをしているっていう感覚がないのかね?
速ければ何をしても許されるって勘違いしているのかね?
まあいずれにしても厚顔無恥というか、ある意味その図太さが羨ましい(^^ゞ。
オレなんて遠慮深くて遠慮深くて言いたいことの半分も言えないような控えめな性格だから、彼らの爪の垢でももらって飲み・・・・たくないね(^^ゞ。

せっかく頑張っていい記録で完走して上位に入っても、99%を自力で走っていても、たった1%のズルイ行為であなたの頑張りは地に落ちてしまいますよ。

アスリートはカッコ良くなきゃ!
表彰台に上がる事だけがカッコイイわけじゃないですよ!
あなたの周りの人達は、「入賞おめでとう!凄いね!流石だね!」と祝福してくれるかもしれませんが、内心どう思っているかわからへんでぇ~。

『ドラフティングすりゃそりゃ速いだろよ!この卑怯者め!』って軽蔑されてるかもよ~。


 今回のマーシャルはドラフティングに対して甘かったよなぁっていうのがボクの感想です。
ドラフティングが疑わしい集団にオートバイで追いついてきても、笛を吹くわけでもなく、自然にばらけるのをしばらく見守って、ばらけたら走り去るっていうシーンを何度か見かけました。
大きな音がするマフラーに交換しているビッグスクーターで、無言の圧力を掛けているつもりなのかもしれないけど、静かに忍者のように近づいて来てスパっと取り締まらないとアカンよなぁ。

ボクは後方から見ながら、これが宮古島なら何台かペナルティ喰らってただろうなって思いました。
宮古島もドラフティングに対して甘いとブログに書かかれているのを幾つか読みましたが、少なくともバラモンキングよりは厳しかったと思います。
バイクの残り1kmを切っていてもペナルティーをとろうとしているのを目撃しましたからね。
宮古島ではマーシャルのバイクは二人乗りで、運転に専念する人と取り締まりに専念する人が分業しているように見えたけど、バラキンのバイクは全部一人乗りでしたから、一人で全てをこなすのは負担が大きかったのかもしれませんね。

疑わしきは罰せずというのが基本的な考え方なのかもしれませんが、ボクは、疑わしきは片っ端から罰するようにすればいいと思います。
少なくとも、マーシャルから見てドラフティング行為に見えたのなら、すぐさまペナルティーをとればいいと思います。

2度目のペナルティーは即失格(DNF)だからみんな慎重になるでしょう。
そんな不名誉なDNFは誰だって絶対イヤですよね。

万一、ボクが身に覚えのないペナルティーをとられたとしても、マーシャルから見たら疑われるような行為(前車との距離が短かったとか、15秒以上ドラフティングゾーンに入ってしまっていたとか)があったんだなということで反省はしても文句は言いません。←ホンマか?←ホンマです(^^ゞ。
次から気を付けようと思います。

トライアスロン大会に限らず、ある大会にエントリーするということは、その大会のルールを守りますと誓約(約束)するということですよね。
ドラフティング禁止の大会なら(殆どの大会が禁止ですけど)、ドラフティングはしませんと約束して出てるわけで、その約束を守らないということは言語道断、卑怯極まりない行為だと思います。

大人の社会で約束を守らない人は信頼を失いますよね。
するべきことをしない人、してはいけないことをしてしまう人・・・・こういう人たちとは付き合いたくないし、都合上どうしても付き合わないわけにいかないとしても、信用できないから上部だけの付き合いになりますよね。

こういう平気でルールを守らず約束を違える人たちってのは、友達に借りた物は返さないだろうし、借りたお金も返さないだろうし、図書館の本の返却期限が過ぎても平気だろうし、スーパーで使ったカートをカート置き場に返さずにマイカー横に放置しても気にしないだろうし、約束の時間には遅れてくるだろうし、健常者のくせに車椅子マークの駐車スペースに平気で駐車するだろうし、ゴミのポイ捨てだってするだろうし、結局そういう人たちなんだろうと思います。
日頃は善人なんだけど、トライアスロンの時だけルール違反してしまうなんてことはないよね、一事が万事というように、常にルール違反をしてもなんとも思わない人達なんでしょう。

こんなことを書くとボクは完全無欠な善人だと言ってるみたいだけど、ボクにもズルイところはあります。
高速道路で速度超過してパンダに止められても、言い逃れしたことは何度かあります(爆)。
しかし、ことトライアスロン(スポーツ)ではルール違反はしていない自信があります。

しかしまぁなんですね(^^ゞ、いろいろ好き放題書きましたが、世の中にはいろんな人たちがいるわけで、違反だとわかっていても止められない人とか、違反だと説明されてもそれが理解できない心の病にかかっている人もいるのでしょう。

スカートの中を盗撮してはいけないとわかっていても、何度捕まっても止められない人とか、お金に困っているわけでもないのに万引きが止められない人とか、試食品を持ち帰って窃盗罪で逮捕される人とか(^^ゞ、外観は健常者に見えても、心やドタマに病を抱えている人達ってのは結構な数にのぼるんじゃないかな。

そういう人たちは、病が癒えるまではエントリーを控えて欲しいですね。
来年のバラモンキングでは、皆でよ~く注意しておいて、再びドラフティングした選手が表彰されるようなことがあれば、表彰式で『ドラフティング野郎!入賞おめでとう!』って叫んでやりましょう。

下のバナーをポチっとしていただけたらたいへん嬉しいです。
よろしくお願いします。

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村



by piyopiyodesu | 2016-06-27 12:39 | バラモンキング | Comments(6)  

2016バラモンキング参戦記 3 スイムまで(^^ゞ

 6月26日日曜日は、ゆっくり起きてまずは3本ローラー3時間。
最近は1時間x3本にすることが多いのですが、1時間じゃ短いかなぁ?って思って、1.5時間x2本にしてみたら、半分終わったところで袋の横が(^^ゞ痛くてたまらんようになって、後半はシャモアクリームを塗り直してレーパンも二枚重ねにしたけどそれでも痛くてグダグダでした(>_<)。

やっぱり1時間x3本にしときゃ良かったかな。

c0236857_21312534.png
4分やや強く、1分さらに強く、2分軽くとインターバル風にやってますが、その日の疲れ具合で心拍数は思うように上がらない日が多いです(>_<)。

c0236857_21313639.png
c0236857_21314533.png
午後は2,000m泳ぎました。
亀よりものろい歩みだけど、ちょっとづつ、ちょ~っとづつ上手く泳げるようになってきているような気はしますが、気のせいかもしれません(爆)。

夕方、いつもより速いペースで10kmだけ走ってみました。
こんなペースで走ったのは久しぶりだなぁ。
バラモンキングの疲労は抜けたな(^^ゞ。


c0236857_21315785.png
c0236857_21320610.png
トレーニング時間だけはそこそこ長いので、体力と回復力だけは向上してきているような気がします。
それが速さになかなか結びつかないのよね~(>_<)。

まあでも冷静に考えてみたら、今回のバラモンキングでは大して消耗しなかったように思います。

ウェットスーツ着て良く浮く海で3,800mを80分かけてゆっくり泳いだって殆ど疲れませんよね。
穏やかな凪の海だったしね。

バイクの180kmなんて走っている最中はそれなりにしんどかったけど、バイクは案外疲労が残らないもんね。(ボクがその程度のペースでしか走れていないからですけど)

ランの前半を2時間で走った部分だけがそれなりに負荷が高かった部分で、後半は3時間もかかってほとんど歩きだったから負荷じゃなくてリカバリーになったぐらいで、全体で見ても大した負荷じゃなかったからすぐ回復したんだろうなぁって思っています。

不本意な記録だったけど、レース後はすぐ元気に戻るよりも、レース後何週間も疲れが抜けなくても満足できる記録で走れる方がエエな(^^ゞ。
全てはワタシの不徳の致すところでございます(>_<)。


 前回の続きです。
レースの朝はスイム会場の富江緑地公園行きのバスが4:45に出るので、少し余裕をみて3:30に起きました。
前日に買っておいたおにぎり弁当とパンを食べて、牛乳、豆乳、スープも飲みました。
7時のスイムスタートまでにはまだかなり時間があるので、ちょこちょこ食べられるようにパンを持って行きました。

昨年のバラキンで同宿だったHさんとは、その後、昨年のIM北海道、今年の宮古島でも偶然お会いしていたのですが、今回も同じホテルだったので、待ち合わせて一緒にバス乗り場まで歩きました。

T2会場の外堀公園前からバスが出ました。

前夜は熟睡していて気付かなかったのですが、雷を伴ってかなり強い雨が降ったそうです(^^ゞ。
大会の開催さえ危ぶまれるほどの雷雨だったそうな(^^ゞ。
警報が出てたら中止とか、解除待ちになったかもしれませんよね。

夜中にトイレに起きた時に、やっぱり降ってるなぁ、明日は雨のレースになるなぁってぼんやり思ったぐらいで、雷の音なんて全然聞いてません(^^ゞ。
寝たモン勝ちですね(^^ゞ。

バス乗り場に歩いて行く頃には雨は止んでいて、風はやや強く吹いていたものの、スイム中に路面は殆ど乾いてバイクはドライ路面を走ることができました。
ランの最中にミスト状の細かい霧雨が降ることがあっただけで、トライアスロンをするには最高の天気でした。
雨の方が涼しくていいと言う選手も多いようだけど、ボクはとにかくバイクでウェット路面を、特に下りのワインディングを走るのが怖くてしょうがないので、蒸し暑いのは我慢するからドライ路面を走りたいと思う方です。
人それぞれでしょうね。

Hさんとおしゃべりしてたら緊張することもなく、すぐに富江会場に着きました。
c0236857_08323694.jpg

白龍号の雨カバーを外して畳んで、ペットボトルで持って行った補給ドリンクとOS-1を二槽式のメインボトルに入れました。
バイクシューズをペダルに着けて、左が下、右が上でほぼ水平になるように踵に輪ゴムを掛けて調整しました。
トランジションで、バイクの前後どちら側の通路からアプローチするかを決めました。
前側から前進させてバイクを出すことにしました。
ローターの楕円チェーンリングQringsは、後輪を逆回しするだけで簡単にチェーン落ちすることがあるので、要注意なんです。(オレだけか?)
c0236857_08324203.jpg


Bタイプに出場の近藤真彦選手のバイクです。
彼はボクと同い年なんですね。
ランで擦れ違った時は、ボクと同じぐらいにしんどそうでした(^^ゞ。
テレビでは殆ど見かけない(ボクが全くテレビを見ないから(^^ゞ)けど、それなりに忙しいのでしょうし、どこに行っても騒がれるでしょうから、トレーニングの時間を確保するのも難しいでしょうに、こうやってミドルの大会に出場するのは大したもんだと思います。

c0236857_08333843.jpg

c0236857_08334441.jpg


バーテープは銀色でした。
やっぱり意識してるんでしょうね(^^ゞ。
c0236857_08335309.jpg

バイクで使うヘルメット、サングラス、レースナンバーベルト、重ね履きするレーパンを入れたバイクバッグを、自分のナンバーのフックに掛けて、その位置をしっかり記憶しました。
最終選手登録(計測チップを受け取ることで、出場する意思を示す)を済ませて、計測チップを受け取りました。
裸足になって、ウェットスーツ、ゴーグル、スイムキャップだけを残して、あとはプレスイムバッグに入れて預けました。
c0236857_08333083.jpg
つづく・・・・・ごめんなさい(>_<)。

下のバナーをポチっとしていただけたらたいへん嬉しいです。
よろしくお願いします。

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村




by piyopiyodesu | 2016-06-26 22:02 | バラモンキング | Comments(0)  

2016バラモンキング参戦記 2 レース前日

 6月23日木曜日はポイントトレーニングの日でした(^^ゞ。

バラモンキングをフィニッシュした夜は、疲れ切って、もう二度と目覚めないんじゃないか?目覚めたら天国にいるんじゃないか?(地獄かも(^^ゞ)と思いながら寝たのですが(ちょっと大袈裟(^^ゞ)、4~5時間しか寝てないのに翌朝にはすっかり元気になってしまって、水曜日の昼休みに試しにトレミで走ってみたら、バラキン前よりいい感じで走れてしまいました(爆)。

c0236857_23063577.png
c0236857_23064505.png

一体どういうことなのでしょうか?
こんな怪奇現象はどう説明したらエエのでしょうか?

ボクが思いますに、

バラモンキングで消耗した体力 < 福江島でもらった元気

という図式が成り立つのではないでしょうか。
それしか考えられませんね。

と言うことで昨日は、3本ローラー1時間x3本+1,500mスイム+13kmランの3種目やりました。

アホやコイツ、どこまで調子モンやねん!バラモンキングからまだ4日目やで!もっと休まなアカンやろ~!と思われる方もいるでしょう。

へえへえ、言われなくてもワテは調子モンだす(^^ゞ。 ←おっ、開き直ったぞ!
どうせオイラはうどん屋の釜さんだよ!悪かったな!(>_<)。

だけどさぁ、どこも痛くねぇしよ~、しんどくもねぇしよ~、病人じゃねぇんだからよ~じっとなんかしてられへんやん!(爆)。

皆生トライアスロンが迫ってきてるから焦ってるなんてことはないよ!
matsuさんに負けたくない!なんてことも思っていません(^^ゞ。 ←ちょっと思ってたりして(^^ゞ
どこかが痛くなったり違和感があったり、きつかったら止めようと思いながらやってたんだけど、何ともないんだもん(^^ゞ。
でもまぁ、ランは20kmぐらいは走るつもりだったんだけど、ちょっとしんどいなぁって思ったので短くしました(^^ゞ。

c0236857_23054610.png
バラキン前よりZ4が長いよ(^^ゞ。
バラキンでいかにサボったかがばれちゃうな(>_<)。

c0236857_23055763.png
c0236857_23061305.png
c0236857_23062379.png
 健康にいいことしているって気はしませんね(^^ゞ。
きっと早死にするな(>_<)。



 さて、前回の続きです。
レース前日は、13時から15時の間にバイクとランバッグを富江会場で預託するだけなので、朝のうちにバイクボトルに入れる高カロリードリンクを作って冷蔵庫に入れておいてから、ここ↓に行ってみました。
三井楽町にある道の駅『遣唐使ふるさと館』です。
バイクコースのすぐ脇にあります。
日本史好きのボクは、前から気になっていたんです。
日本史好きと言っても、高校の社会科で日本史と政治経済を選択したっていうだけのことなんですけどね。
当時の共通一次試験では、この二科目の平均点が最も低かった(>_<)。

2014年はここから近い三井楽ユースホステルに泊まったのでこの前を何度も通ったのに、コース下見に時間がかかったのと、寄ってみるだけの心の余裕がありませんでした。

c0236857_22125655.jpg
道の駅の建物の一角に、遣唐使関連の資料を少し展示してあるだけでしたが(^^ゞ、満足しました。
タダですからね!
贅沢を言ってはイケマセン。
c0236857_22115566.jpg
c0236857_22120230.jpg

c0236857_22121025.jpg

c0236857_22121602.jpg
c0236857_22122254.jpg
c0236857_22122743.jpg
c0236857_22123154.jpg
c0236857_22123733.jpg
c0236857_22124281.jpg
c0236857_22125056.jpg

道の駅の前にあるバス停は遣唐使船の形でした。
c0236857_22130214.jpg

時刻表チェ~ック!
バスに乗ったが最後、帰ってこられません(爆)。
三井楽町の人口がどんどん減少してしまうやないの?

これはどういうことだ?
c0236857_22130872.jpg

あっ、わかったぞ!
このバス停は終点なんだな!
福江方面の反対方面に行く便はないんだろう。


岐宿(きしく)地区のここ↓にも行ってみました。

魚津ヶ崎と書いてぎょうがさきとは絶対読めないね。

c0236857_22131316.jpg

c0236857_22131979.jpg

c0236857_22132461.jpg

海岸に降りてみました。
c0236857_22132872.jpg

c0236857_22133338.jpg

c0236857_22133766.jpg

綺麗な場所なのにゴミが気になったので、趣味のゴミ拾いをしました(^^ゞ。

c0236857_22135226.jpg

すぐ近くにこんなアジサイ畑がありました。
c0236857_22135795.jpg

c0236857_22140217.jpg
今時の軽自動車は侮れませんね~。
広いし十分良く走るしアイドリングストップだし。
c0236857_22140873.jpg

13時ちょっと前に富江会場に着いたので、車検が始まるまで少しだけ待ちました。
c0236857_22141273.jpg

ヘルメットとバイクの点検を受けて合格したらバイクを預託して、ヘルメットは一旦持ち帰ります。

c0236857_22144034.jpg

c0236857_22141787.jpg

確実に雨の予報だったので、カバーを掛けました。
c0236857_22142209.jpg

洗濯ばさみを使ったけど、風が強いと止めきれないかもしれないので、ガムテープの方が確実かも。

c0236857_22142733.jpg

c0236857_22143132.jpg

c0236857_22143502.jpg

福江会場で預託されたバイクを積んだトラックが次々と到着して、スタッフの方々が一台一台丁寧にラックまで運んでかけてくださっていましたよ。

c0236857_22144498.jpg

カバーを掛けてあるバイクは持ち上げて運んでくださっていました。
本当に大切そうに丁寧に扱ってくださっているのを見て、ボクのバイクじゃないけど感激して涙が出たよ。
やっぱり素晴らしい大会だわ!
c0236857_22144964.jpg

カバー無しのバイクは、押して歩く方や持ち上げて運ぶ方がいました。

c0236857_22145595.jpg

何度も何度も中身を確認して持ってきたランバッグの中身を、最後にもう一度確認して預託しました。

c0236857_22152402.jpg
スイムコースを示す赤いブイ。
曲がる角の部分の黄色い大きいブイは、まだ設置されていませんでした。
c0236857_22145994.jpg


c0236857_22155314.jpg

c0236857_22153864.jpg

c0236857_22154362.jpg

青と白のブイをつなぐ直線がAタイプのスタートラインです。
この時は干潮だったのかな?岩場が見えてますね。
c0236857_22152888.jpg

c0236857_22155745.jpg

c0236857_22160690.jpg

c0236857_22161113.jpg

c0236857_22161518.jpg

c0236857_22161976.jpg
雨がぱらついてきたので、クルマに戻る途中で偶然、完熟マンゴーさんと会いました。
マンゴーさんとは同い年なので、レースナンバーもバイクラックもすぐ近くでした。
毎年そうなりますね(^^ゞ。

c0236857_22162348.jpg

ホテルの近くの商店街の花屋さんにいたネコは、人懐っこくて可愛かったな。

c0236857_22162740.jpg
こんなパンを見かけたので、完走パンとバラモンちゃんかりんとを買いました。
c0236857_22163285.jpg

これはパンなんですよ。
お店のおばちゃんに、展示した後は捨てるのですか?って聞いたら、うまく作れた時はず~っと保存がきくので、何年も前に作ったパンの金メダルも保存しているけど、ダメな時はカビが生えるんだって言われたかな。

c0236857_22163673.jpg

隅っこを齧らせてもらってもいいですか?とは、流石に言えませんでした(爆)。

c0236857_22164296.jpg

レースナンバータトゥシールは、右はうまく貼れたのですが、左は上下間違えちゃった(^^ゞ。
かっこわりぃ~(^^ゞ。
どうせ誰も見ないからエエかな。
c0236857_22164734.jpg

c0236857_22165311.jpg

レースの朝は3:30に起きることにして、20時過ぎには寝ました。
緊張で寝られないなんてことは一度もないです(^^ゞ。
常に爆睡!


ブログ順位が上がりすぎです(@_@。
口先だけのうどん屋の釜のお笑いブログなのに上がり過ぎて困惑しています。

もっとポチってもっと困らせてやろうなんて、決して思わないでください(^^ゞ。
ホドホドにしてください(^^ゞ。
お願いします。

でもコレ↓は載せる(爆)。

下のバナーをポチっとしていただけたらたいへん嬉しいです。
よろしくお願いします(^^ゞ。

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村




by piyopiyodesu | 2016-06-24 08:09 | バラモンキング | Comments(0)