「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:トレールランニング( 3 )

 

トレランもどき(^^ゞ

 17日の日曜日、ご近所さんでトライアスロン仲間のあにぃが、地元の人気の山、高御位山(たかみくらやま)から桶居山(おけすけやま)まで縦走トレランして、姫路マラソンの後で一緒に食事した姫路の中華料理屋で食べて飲むと言うので、一緒に走ることにしました。

それやったら、Bさんも誘って宮古島トライアスロンの反省会とお疲れ会にするかってことでBさんも誘いました。
もう一ヶ月も経ってるけど・・・・(^^ゞ。

登山口に近いコンビニで8時に待ち合わせ。
そこまで8km自走(^^ゞして行ったら、あにぃは既に16km走ってきたって(^^ゞ。

自宅がすぐ近くだったBさんは準備運動不足だったのかなぁ(^^ゞ。

↓登山口まではジョギング。
二人とも皆生トライアスロンに出るんですよ。
エエなぁ~。
オレも出たかったなぁ(^^ゞ。

c0236857_20122948.jpg
高御位山は高さは304mと低~い山だけど、周辺のさらに低い山と尾根つながりになっていて、登山口がたくさんあって、いろんなコースが選べるのが魅力の一つ。
↓この日は辻登山口から入山しました。
この日にこのコースを歩くのは我々が最初だったようで、先頭のあにぃは枯れ木を振り振りしてクモの巣を取り除きながらのトレランでした(^^ゞ。
最後尾のボクは、露払いの後を悠々と走るだけ(^^ゞ。

c0236857_20123460.jpg
少し登った所に、
『太閤岩』なるものがあった。
秀吉がこの岩に腰かけて、志方城攻めを見物したという言い伝えがあるそうな。
c0236857_20123986.jpg

c0236857_20124890.jpg
こうやって見ると、低山だけどなかなか良い山ではあるな。
右端のピークが高御位山。

c0236857_20125342.jpg
歩いたり走ったりしているうちに高御位山の山頂に着いた。
山頂の神社。
c0236857_20125818.jpg
よく走る平荘湖が見えた。
c0236857_20130363.jpg
加古川河口。
c0236857_20130892.jpg
あにぃとBさん。
あにぃは大けがの後で筋肉が細くなってしまってゲッソリした感じだった。
今なら何やってもオレが勝つな!と内心思っていたのだけど(^^ゞ、もうすっかり元に戻ってしまって勝てそうにない(^^ゞ。
c0236857_20134533.jpg
あにぃのブログから無断拝借しました(^^ゞ。
Bさんとボク。

c0236857_20120621.jpg
高御位山から主縦走路を移動して、桶居山への分岐点に着いた。


c0236857_20131494.jpg
岩山なので、低木しか生えてないから、日当たりが良く冬でも暖かいけど夏は暑過ぎる縦走路。
右奥のピークが高御位山。

c0236857_20121276.jpg

前夜に飲み過ぎたBさん、この辺りから体調不良で走れなくなってしまった(^^ゞ。
あにぃとボクはハイドレーションを背負っていたが、Bさんは持ってない。
リュックの中にボトルが入っているものと思っていたけど、全く飲むところを見なかったので、聞いてみたらドリンクを持ってきてないって!
アレマー(^^ゞ。

スタートしてから入山するまでに買うつもりだったけど、すぐに入山したから自販機が無くて買えなかったそうだ。
おやまぁ(^^ゞ。
飲み物買ってくるからちょっと待っててって言えば良かったのに、遠慮したんですね。
おくゆかしい!
ボクには無いモノをお持ちですね(^^ゞ。
我々相手にそんな遠慮はいりまへんよ(^^ゞ。

ボクなんか所構わず
「うんこ!」
と言ってあにぃを待たせます(爆)。

ボクのハイドレーションの飲み口を抜いて、チューブから時々飲んでもらいました。

桶居山が見えてきました。
Bさんは、一人で帰るから行ってくれと言ったけど、3人で桶居山の手前で下山しました。

こんな低山でも登山者が亡くなったことがあります。
一昨年だったかな、記憶が曖昧だけど、5、6人の中高年のパーティーのうちの男性一人がペースダウンした。
遅れて行くから山頂で待っていてくれと言われた仲間は、彼を置いて先に行き、山頂で待ったがなかなか追いついてこないので心配になって引き返してみたら、倒れていて、ヘリで搬送されたが亡くなりました。

体調不良の仲間を一人にすることはできませんね。
低山とは言え山の中ですからね。
まあ、そういうこともありますよ。
それに、トレランはあくまでもで、その後に飲むのが主ですからね(爆)。
c0236857_20132031.jpg
予定していた姫路の中華料理屋ではなく、下山して国道に出たところの新しい中華のお店で飲んで食って腹一杯になりました(^^ゞ。
電車とバスで帰宅して、午後は疲れて爆睡でした(^^ゞ。
夕方、アルコールが抜けたところで少しでもバイクで走るつもりだったけどそんな気にならず、さぼっちゃった(>_<)。
楽しい一日でした。
c0236857_20132503.jpg

アンビットをオートポーズにしておくと、ペースが落ちると歩いているのにポーズになっちゃって、なかなかスタートしてくれないので、オートポーズ機能を切っておいた。
そうすると、休憩時に手動でポーズにしたまま、再スタートする時にスタートさせるのを忘れちゃう。
ポーズのままで移動した部分は直線で表示される↓。
アンビットもアンビットだけど、オレもオレ(>_<)。
似た者同士か(^^ゞ。
c0236857_20133369.png


c0236857_20134021.png

下のバナーをどちらか一つ、ポチっとしていただけたらたいへん嬉しいです。
よろしくお願いします。

にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村





by piyopiyodesu | 2015-05-19 07:41 | トレールランニング | Comments(2)  

氷ノ山トレッキング その2

 前回の続きです。
氷ノ山山頂からはほぼ正面に見える鉢伏山を目指して、ゆるやかに右カーブを描く稜線上を縦走しました。

c0236857_20315920.jpg
鳥取県の若桜町からの登山道と合流する氷ノ山越にある氷ノ山越避難小屋。
大勢の登山者が休憩していました。
c0236857_20322574.jpg
4,5歳ぐらいの女の子が、自分で挟んだのか?リュックに色付いた大きな葉っぱを挟んでいました。
微笑ましいね。
オレより高いリュックを背負ってる(^^ゞ。
c0236857_20323178.jpg
天気はいいし、暑くも寒くもないし、最高のトレッキング日和でした。
c0236857_20323879.jpg
視界が開けた場所は気持ちいい!

c0236857_20324347.jpg
ススキの高原に出た。
こんな気持ちいい場所があるなんて知らなかったな。
c0236857_20325045.jpg

c0236857_20325599.jpg
氷ノ山方向を振り返ったところ。
紅葉とススキが美しい。

c0236857_20330110.jpg

c0236857_20341159.jpg
少ないけど時折花も咲いていました。

c0236857_20341707.jpg
こんな道を走るのは気持ちいいね。
足も軽くなるってもんだ。

c0236857_20345443.jpg
左端の山が氷ノ山。
c0236857_20350148.jpg
鉢伏山に近づいてきた。
ここは禿山になってるね。
植生保護のために木道が設置してあるのでしょう。

c0236857_20351191.jpg
ハチ高原スキー場です。
スキーシーズンにしか来たことないけど、地形はなんとなく覚えている。

c0236857_20352164.jpg

c0236857_20352836.jpg
鉢伏山をバックに。
この日は、キャメルバックのハイドレーションバックパックに、自作のエネルギードリンクを1.5L、どら焼きを3個、イオンのライトミール(カロリーメイトみたいなスティック状のクッキー)を1600kcal分ぐらい、200kcalぐらいの羊羹を1本、薄手のウィンドブレーカー、トイレットペーパーを入れていました。
ドリンク0.5Lとどら焼き1個と羊羹は残りました。
かなり食べたな(^^ゞ。
早め早めに多め多めに食べたからな。
c0236857_20353456.jpg
鉢伏山山頂のリフト小屋が見えてきた。

c0236857_20354001.jpg
鉢伏山山頂に着きました(^^ゞ。
c0236857_20354722.jpg
氷ノ山。
c0236857_20355494.jpg
山頂から直滑降して下山しました。
人工降雪機の試運転でもしたのか、ザラメ場の雪(氷)がありました。
c0236857_20360057.jpg
今シーズン初の雪だるまを作った~(^^ゞ。
c0236857_20360569.jpg
このスロープは、この前の冬にスキーに来て、娘達と何度も滑った場所だ。

c0236857_20361101.jpg
鉢伏山山頂に上るリフト。
c0236857_20362319.jpg
温泉で汗を流してさっぱりして帰りました。

c0236857_20363277.jpg
駐車場に戻ってきたところで、ボクのアンビット2Sが示す距離は16km台。
一方、あにぃのガーミン910は21km台。

2Sは、歩いている最中でも速度が遅いとすぐにオートポーズ機能が働いちゃう。
手動でリスタートにしても、またすぐにオートポーズになっちゃう。
だからしょっちゅうピーピー鳴ってうるさい!

小走りで走っている時でさえオートポーズが働くし、停止状態から動き始めてもなかなかオートスタートしないことが多い。

計測制度の問題ではなくて、たぶんこの辺りに問題があるのではないかと思う。

アンビットはオープンウォータースイムでは笑いのネタにしかならないのは判っていたが、どうやら山向きでもないらしい。


僅かな距離で5kmも差が出たらあかんやん!

近いうちにスントとガーミンの精度比べをしてみたいと思います。

帰りも大半は寝ていました(^^ゞ。
あにぃ、行き帰りの運転ありがとうございました。
楽しいトレッキングに誘っていただいてありがとうございます。
また誘ってくださいね。


下のバナーをどちらか一つ、ポチっとしていただけたらたいへん嬉しくありがたいです。
よろしくお願いしますね~(^^ゞ。


にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

by piyopiyodesu | 2014-10-29 08:36 | トレールランニング | Comments(3)  

氷ノ山トレッキング その1

 10月26日の日曜日に、ご近所さんでトライアスリートの先輩であるあにぃに誘っていただいて、氷ノ山にトレランに行ってきました。
トレランと言うよりトレウォークに近かったけど(^^ゞ。

氷ノ山(ひょうのせん)は1510mしかないけど兵庫県では最も高い山です。

2011年の大晦日から元旦にかけて、山頂でテント泊して登山した時のことを『年越し登山』に書いていますので、お暇な方は読んでみてくださいね~。

早朝4時にあにぃが家の前まで迎えにきてくれて出発。

前夜は早く寝るつもりだったのに、娘を遅くに塾に迎えに行くことになったりして結局4時間ほどしか寝られませんでした。
そのせいか、助手席で何度も何度も睡魔に襲われて、ブラックコーヒーを飲んでも半分ぐらいは居眠りしてました(>_<)。

あにぃ、行き帰りの運転ありがとうございましたm(__)m。

あにぃは怪我からの復帰中なので、あまりペースは上げられないだろうと思い、前日の土曜日に10km走るか20km走るか迷いながら結局20km走ったのだけど、歩き始めてすぐに10kmにしとけばよかったと後悔しました(^^ゞ。

あにぃはけがの影響を全く感じさせないぐらいに上りで速い!
ボクが遅いっていうことなんでしょうけど、付いて歩くのがやっとこさ。

バイクで上りが遅いヤツは足での上りも遅いという法則が成り立つと思う(^^ゞ。

駐車場から見た氷ノ山。
北側から見ています。


c0236857_20285709.jpg

よく見ると、山頂の避難小屋が見える。


c0236857_20290307.jpg

いくつかある登山道の中から、今回は氷ノ山の東尾根から入山して、氷ノ山山頂を通って隣の鉢伏山(はちぶせやま)まで縦走して下山するぶん回しコースと呼ばれるルートを歩きました。(一部走りました(^^ゞ)
c0236857_20291251.jpg

民宿街の(街ってほどじゃないんだけど)路地を下り、谷川を渡り、棚田の間の農道を上り、登山口まで歩きます。
c0236857_20291809.jpg

東の空が明るくなってきた。
いい天気になりそうです。
c0236857_20292560.jpg

紅葉はあんまり綺麗じゃなかったけど、朝焼けに染まる山は美しかった。
c0236857_20293121.jpg

氷ノ山国際スキー場のゲレンデを上り、標高が上がると、
c0236857_20293894.jpg

氷ノ山と向かい合うようにある鉢伏山の山頂が見えてきた。
山頂がとんがっているのが鉢伏山。
c0236857_20295150.jpg

氷ノ山国際スキー場のロッジ前を通過して、やっと東尾根登山口に着いた。
c0236857_20295875.jpg

朝露でシューズが濡れるはずだから、できればゴアテックスのトレランシューズがいいとあにぃから聞いていたけど、まだトレランシューズを持っていないので(^^ゞ、持っているランシューズの中で最もソールが厚くてソールパターンがビブラムソールに近い形状のミズノのインペタスで行きましたが、なんとかなりました。
この日の程度のトレラン(殆ど歩きでしたが(^^ゞ)ならランシューズでもなんとかなりますね。
一度だけ石を蹴飛ばしてしまって爪先が痛かったですけどね(>_<)。
c0236857_20300442.jpg

ここからは、杉林の中の階段状の登山道を東尾根の稜線までジグザグに一気に上るので、結構きつかった。

普通の舗装路のランでは、上り坂と言ってもそんなに長くは続かないけど、山ではず~っと上りとか、ず~っと下りなんて珍しくないので、下りが続くのも楽なようでかなり足腰の負担になるから、いいトレーニングになると思った。

氷ノ山はそこそこ標高が高いからいなかったけど、ウチの近所の低山は秋はクモだらけだから行きたくないんだよね。
木々の葉がすべて落ちて、クモがいなくなる晩秋から冬にはトレランもトレーニング兼遊びの一つとして走りに行こうと思う。
c0236857_20301021.jpg
東尾根の稜線に出たら、東尾根避難小屋がありました。
氷ノ山はたしか西日本で最高積雪を記録したことがある豪雪の山なんですよ。
まあそれは昔のことで、温暖化が進む近年は少なくなってきているんでしょうけど。

かなり積雪があってもいいように、高床式でとんがり屋根ですね。
c0236857_20301730.jpg

紅葉はくすんだ感じで綺麗じゃなかったけど、朝日が当たると輝いてそこそこ綺麗に見える木もあった。
c0236857_20304035.jpg
神戸大学氷の山体育所(神大ヒュッテ)。

c0236857_20304677.jpg


c0236857_20305164.jpg

山頂の避難小屋が見えてきました。
c0236857_20305804.jpg
どんどん近づいてきて嬉しいねぇ。
c0236857_20310605.jpg
到着~(^^ゞ。

c0236857_20311369.jpg
風が冷たくて長居はできないんじゃないかと思って薄手のウィンドブレーカーを持っていましたが、心地良い程度の気温と風で写真を撮ってゆっくり休憩できました。
c0236857_20313007.jpg
小屋の内部には、たき火ができるような炉があります。
燃やすものはないけどね。
c0236857_20313632.jpg

c0236857_20314247.jpg

c0236857_20315388.jpg
右端に写っている山が鉢伏山で、ハチ高原スキー場も写ってます。
あそこまで縦走しました。

あの山の裏側がハチ北スキー場です。
ハチとハチ北は山頂でつながっていて行き来することができます。
山頂は上級者レベルですけどね(^^ゞ。

c0236857_20315920.jpg

我々より数分遅れて別ルートから登ってきた30代後半ぐらいの男性が、山頂に着いてリュックを下すなりタバコを吸い始めました。
一応気を遣って山頂広場の隅っこで吸ってるんだけど、我々の風上だったので臭いにおいが漂ってきた。

「タバコ臭いので、風上で吸うのは止めてください。」

と言ったら、

「これは配慮が足りませんでした。申し訳ない。」

と言ってすぐに風下に移動してくれました。

たいていの人は注意すればわかってくれますね。
注意されることがないから注意されるまで気付かないのでしょうね。
我慢しないでどんどん指摘してあげることが大切ですよね。

我々が下山を始める時に、彼が
「すみませんでした。」

と、また言うので、

「いいえぇ、禁煙するのが一番いいですよね~。」

と言ってあげたら

「わかっちゃいるんですけどね~。」

だって。
禁煙するのがいいことだと思ってるんならその瞬間から止めりゃいいのにね。

続く・・・・(^^ゞ。

下のバナーをどちらか一つ、ポチっとしていただけたらたいへん嬉しくありがたいです。
よろしくお願いしますね~(^^ゞ。

にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

by piyopiyodesu | 2014-10-28 08:23 | トレールランニング | Comments(2)