カテゴリ:小ネタ( 137 )

 

ガーミン935の弱点

 いなちくロングライドの記事が、15日の神戸新聞の朝刊の西播のページに載っていました。
写真は、第五エイドの平福駅を出てすぐの佐用川(千種川の支流)沿いの道で、背景に写っている土蔵についてはこちらをどうぞ~(^^ゞ。



c0236857_08292205.jpg

c0236857_08292940.jpg


 さて、ものすごく気にいっていて、数日に一度充電するために外す時以外は、毎日24時間着けっぱなしのガーミン935ですが、一つ困ることがあることに気付きました。
ボクにとって、920XTJと比べて935の魅力や優位点は数あれど、最大の利点は心拍センサーベルトが不要であるということです。

しか~し、バイクに乗る時に、長袖のジャージと手首まで覆う手袋を使うと、935が見えなくなってしまうんですね(^^ゞ。
先日のビワイチの時に初めて気付きました(^^ゞ。

920XTJなら、心拍センサー乳バンドで心拍数を拾うから、ジャージの袖の上から装着しても、ハンドルに巻き付けておいても良かったのですが、935は手首の皮膚に密着していないと心拍を拾ってくれないので、そんな使い方ができません。

こういうのを何て言うのかな?
痛し痒し? 微妙?
器用貧乏? 近いか?
衣食足りて礼節を知る? 全然違うな(^^ゞ
船頭多くして船山に上る? 全く見当違いも甚だしいな(^^ゞ
まぁ、とにかくそんな感じです。 ナンヤソレ!
ピッタリの諺が見つかりそうで見つかりません(^^ゞ。
誰かエエの見つけたら教えてください(^^ゞ。

走りながら手袋と袖をめくって心拍数を確認するなんて危ないので、全く見られません(^^ゞ。
見られたとしても、たまにケイデンスと心拍数を見るぐらいだから、見られなくても大して困らないんですけどね。
それなら使う意味ないじゃん!っていう感じだけどさ、それでも920XTJにはもう戻れないですね(^^ゞ。

ローディ達はガーミンエッジっていうの?小さいスマホみたいなのをハンドルに着けて使っている人が多いけど、アレを買う予定はないな(^^ゞ。
まっ、そんなことはどうでもエエことですね~(^^ゞ。



にほんブログ村

by piyopiyodesu | 2017-11-15 11:39 | 小ネタ | Comments(2)  

初めてのナイキ

 そのちゃんお勧めのNIKEのランニングシューズ、AIR ZOOM SPEED RIVAL 6 W を買ってみました(^^ゞ。
ボクの記憶が確かなら初ナイキです。

c0236857_21280986.jpg
c0236857_21281827.jpg
c0236857_21282530.jpg
アマゾンで6,375円と、お手頃価格と言うより安いですね。

ボクの足は特別幅広じゃないと思うんですけど、ミズノもアシックスもワイドモデルでないと痛くなるので、いつもワイドを買っていて、ナイキもワイドにしました。
持ってみたら軽い!
かなり厚底で、しかも完全にフラットなスリッパみたいなソールです。
こんなの初めて。
膝に優しそうなクッションのいいシューズを試してみたいと思っていたので、ちょうど良かったです。
明日はバイクでビワイチの予定なので、金曜日に走ってみるのが楽しみです(^^ゞ。

神戸マラソンで使ってみようと思うようなシューズだといいなぁ(^^ゞ。



にほんブログ村

by piyopiyodesu | 2017-11-08 21:37 | 小ネタ | Comments(4)  

モンベル製品を安く買う方法(^^ゞ

 matsuさんのブログがなくなっちゃって寂しいのだ。
しかし、彼にとって良くないことが起こったわけではなく、今後の目標について前向きに考えた結果だそうだから、新しいスタートなのかな?
応援しています!


 アマゾンの買い物が無料になるとかなんとか書いてるブロガーさんが、ひょっこり現れて突然去っていきましたが、あれは何だったんでしょうね(^^ゞ。
世の中、いろんな人がいますね(^^ゞ。


 さて、長年使ってきたモンベルのカーボンのストックが折れてしまって、もっと長く使ってきたイスカのエアーマットから空気漏れするようになってしまったので、新しいのを買いました。

モンベルの製品を買ったのですが、買う前にふるさと納税しました(^^ゞ。
ふるさと納税に対する返礼品として、モンベルで使えるバウチャー(ポイント)をくれる自治体が幾つかあります。
長野県の小谷(おたり)村と大町市、宮城県の加美町、北海道の小清水町です。
小谷村以外は、ふるさと納税額の半額のポイントをくれるので、10,000円をふるさと納税したら、モンベルで5,000円の買い物ができるというわけです。
小谷村だけは、9月頃まで返礼率が50%だったのに、今は約30%に下がっちゃいました。
ほぼタダでモンベル製品が買える(もらえると言うべきか?)のですから、これはなかなか良い制度です(^^ゞ。

トライアスロンとマラソンだけやってたらモンベル製品とはあまり縁が無かっただろうと思いますが、カヤック、登山もやってるボクはモンベル製品をた~くさん持っています。
海外メーカーの同等性能の製品と比べると、かなり安い(それでも普通の服よりは高いけど)のがいいですね。
アウトドアの専門メーカーが作ったウェアは、とにかく軽くて丈夫で快適!
冬の間は、モンベルのアウトレットで安く買ったゴアテックスのジャケットを、もう何年も着続けていますが、素晴らしい耐久性でまだまだ10年ぐらいへっちゃらで使えそうな感じです。
ゴアで蒸れにくいし軽くて楽チンだから、重い革ジャンなんて全然着なくなりましたね。

夏の間は、溢れるぐらいにある大会の参加賞のTシャツを着るから、数年に一度ユニクロで下着を買うぐらいで、衣類はま~ったく買わずに済んでます(^^ゞ。


カーボンストックとエアーマットと防水のオーバー手袋を買いました。

c0236857_23141940.jpg
c0236857_23143234.jpg

ストックにSサイズが加わっているのに初めて気付きました。
登りでは95cm、下りでも115cmまでで使うことが殆どだし、ツェルトの支柱として使うにも115cmあれば十分なので、レギュラーサイズよりも少しだけど軽くて仕舞い寸法が短いSサイズを買いました。
黒は使っている人が多いので、間違われにくい色にしてみました。
さらに目印になるように白いビニルテープを巻いて名前を書いて、消えないようにその上に透明なビニルテープを巻きました(^^ゞ。
大山でよく似たストックを使っていた人に間違えて持っていかれたことがあるんです(>_<)。
オレのに良く似ているけど違うストックが残っているのに気づいて、急いで下山してオレのストックを持っていた人に追いついて返してもらったんですけどね。
自分の大事な道具を間違えるか~?

既に持っている手袋のインナーと一緒に使って防水透湿性の手袋にするためのオーバーグローブです。

c0236857_23135333.jpg
エアーマットです。
むか~し持っていた同社のエアーマットと比べると、かなり丈夫そうです。
当たり前だけど進化してますね(^^ゞ。

c0236857_23140151.jpg
標高が高い所で空気を吹き込んだら、頭がクラクラしそうです(^^ゞ。
上半分。
c0236857_23140716.jpg
下半分(^^ゞ。
長いのでいっぺんに写せないのだ(^^ゞ。
なかなか丈夫そうで寝心地も良さそうです。
c0236857_23142639.jpg



にほんブログ村

by piyopiyodesu | 2017-10-24 08:14 | 小ネタ | Comments(0)  

遂にカボチャが!

 神戸新聞に、グリーンパークトライアスロンin加西の記事が載っていました。

c0236857_19371084.jpg
↓この写真は、同日に開催された村岡ダブルフルウルトラランニングです。

c0236857_19371670.jpg
 21日に白龍号(CEEPOバイパー)で3本ローラーやってて、サドルの高さを調整してたら、シートポストクランプの締め付けボルトが効かなくなってしまいました。
ボルト側もクランプ側もネジ山が潰れてしまっていました。


c0236857_19372453.jpg
すぐにインフィニティのRさんに連絡してパーツを取り寄せてもらって、今日(28日)届いたと連絡があったので、取りに行ってきました。

c0236857_19373484.jpg
バイクって、こんなパーツ一つバカになっただけで全く使い物にならなくなっちゃうんですね。
白龍号が使えなくても、剱号と青空号があるから3本ローラーするのもサイクリングするのも困らないと言えば困らないんだけど、剱号(CEEPO katana)は、トレーニング用の太いタイヤを着けたアルミクリンチャーホイールだと干渉してしまって使えないので、ちょっと不便と言えば不便。

そんなことより、トライアスロンの大会の直前とか前日になってシートポストクランプがバカになったらエライコッチャ!って思いました。
最も頻繁に調整するところなので、時々点検しておくのが良さそうだと思いました。


 カボチャがね、花は次々と咲くんだけど、実はこれぐらいの大きさでことごとく枯れてしまっていました。

c0236857_19374092.jpg
水も肥料もやったのに、なんで枯れるのよ、一つぐらいデカイのできろよ!って思っていたら、やっと一つだけこれぐらいになりました。
まだ安心できないけど、なんとか枯れずに大きく成長してほしいものです(^^ゞ。
形がイビツだけど、形なんてどうでもいいからなんとか食い応えのある大きさになってくれ!
c0236857_19374645.jpg
 今日は、朝食前に10km走って、昼前に1時間だけ3本ローラーやって、夕方にまた10km走りました。
夕方のランニング後は、いつものようにゴミ拾いしながら帰ったのですが、なんでこういうことするかね~(-_-メ)。
やっぱりゴミの中で数が一番多いのは吸い殻ですね。
日本全国屋内外問わずタバコ禁止にすりゃエエのにね。
全部拾いましたよ。
c0236857_20264870.jpg
ウチの前の彼岸花、もうボチボチ終わりかな。

c0236857_20264041.jpg

ガーミン935は、日没後のランニング中に、時計を見るようなアクションをすると自動的にバックライトが点く機能があって、便利です(^^ゞ。
普通に腕を振って走っているだけでは点かないけど、ちょっと大きく振るか、顔の前に手首付近を持ってくるような動きをすると点きます。

920でもボタンを押せば点くんだけど、走っている最中に両手を使うってのがリズムが狂って面倒だから滅多に点けることは無かったですね。
そもそも暗くなってから走ることも少なかったですけどね。
デバイスロックなんかしてたら、まずロック解除してからでないと点かないから、ロック中でも腕の振りだけで点くこの新機能はなかなかグッドです(^^ゞ。



にほんブログ村

by piyopiyodesu | 2017-09-28 20:32 | 小ネタ | Comments(0)  

新しいオモチャ

 新しいオモチャを買っちゃった(^^ゞ。
佐渡のエントリー料は実質無料みたいなもんだし(^^ゞ、去年の佐渡はフィニッシュ後に熱中症の治療を受けて治療費が7,200円かかったけど今年は0円だったし(爆)、娘との鹿児島旅行は台風でお流れになってキャンセル料は一切かからなかったし、最近は何か高価な買い物したかな~って胸に手をあてて思い出してみても、な~んにも買うてないし、まっエエかぁっちゅうことで思い切りました(^^ゞ。

c0236857_20430904.jpg

そんな言い訳じみたことを長々と書かんでも、『買いました』でエエんやけどさ、今まで使っていた920XTJが壊れちゃったわけじゃなくてさ、まだ使えるのに新しいのを買うってところにね、ケチじゃなくて倹約家のボクとしましてはですね、若干の後ろめたさのような感覚があってさ、ちょっと言い訳を聞いていただいたってことさぁ(爆)。

920XTJは何年使ったんだろう?って過去の記事を探したら、2015年の6月に買ってたので、2年と3ヵ月か。
もっと長いこと使ってたような気がしてたけど案外短かったな。
まっ、もう買っちゃったもんしょうがないよね~(^^ゞ。
920は今後も時々使おうかな~・・・・な~んてことはないやろな~(^^ゞ。

935は、心拍数を測定するのに、面倒な乳バンドが不要ってのがいいですよね(^^ゞ。
乳バンドは、エラーが出にくいように冬でもびちょびちょに濡らして、走り終わったら水洗いで汗の成分を洗い流して、週に一度ぐらいは洗濯ネットに入れて洗濯して、昼休みに使う日は職場に持って行くのを忘れないようにして・・・・とよく考えたらめっちゃ面倒なことしてたんやなぁ(^^ゞ。
面倒くさがりのオレが、よく今まで我慢して使ってたもんだ(^^ゞ。

935でランニングダイナミクスを記録するには、右端の黄色いのをランパンツの後ろに引っ掛けて走る必要があります。
フックがしっかり引っ掛かって走っている最中に落ちて失くすってことはなさそうですが、ランニングダイナミクスなんてほとんど見ないから、使わないかな(^^ゞ。
920より小さく薄く軽く、ちょっと大きめの腕時計っていうサイズですね。

c0236857_20431571.jpg

光学式センサー付きは初めて使うんですけど、心拍数が時々ヘンテコリンな数値になるみたいですね。
だけど、乳バンドを使っていても明らかにヘンテコリンな数値になることは珍しくないので、それなら光学式の方がいいですよね。

ランでもバイクでも手首の内側に着ける方が見やすいので、920は内側に着けて使っていました。
935も内側に着けて、しかも締め付けがきついのは嫌いなので、緩めに着けて10kmほど走るのに初めて使ってみましたが、ちゃんとそれらしい心拍数を記録していました。
マニュアルには手首の甲側にぴったりときつすぎないように着けろと書いてあるんだけど、内側でも心拍を計測してくれるみたいで良かった良かった。

いぢりまくって、なんとなく操作方法を覚えました(^^ゞ。

今日は、朝食前に10kmジョグ、昼過ぎに3本ローラー1時間、夕方、935を使って11kmビルドアップランをしました。

24日のグリーンパークトライアスロンin加西が実戦デビューです(^^ゞ。



にほんブログ村

by piyopiyodesu | 2017-09-21 21:01 | 小ネタ | Comments(0)  

シーコンはもう使えない?

 サイクリングヤマト便で送れる荷物のサイズに、三辺の合計が203cmの上限ができたってことを知りませんでした(爆)。

6月に福江島に送った時、CJ+のウェブサイトに、たしか『バイク用で203cm以内に収まる輸送用の専用ケースがないので、従来通りにシーコンが使えるようにヤマト運輸と交渉中である』というようなことが書いてあったように記憶しています。

バラモンキングでは従来通りの料金で問題なく輸送してもらえました。

そして佐渡、何も考えずにいつものように往復の利用券を購入して、往復のヤマト便の伝票番号を入力して、ヤマトの馴染のドライバーさんにシーコンを持っていってもらいました。
おそらく、ドライバーさんも、彼が所属する営業所の方も、203cmのことをご存じなかったんでしょうね。
初めてサイクリングヤマト便を利用した時も、そういうのがあるってことをご存知なくて、説明してもなかなかわかってもらえませんでしたからね(^^ゞ。

すんなり運んでもらえたので、ヤマト便の荷物サイズの規定が変わっても、サイクリングヤマト便は特別扱いで従来通りに利用できるんだと思い込んでいました(^^ゞ。

佐渡の宿から帰る時に、宿の清算と同時に、シーコンの送料を払って帰ったのですが、数時間後にヤマトのドライバーさんから電話があって
「大き過ぎるから運べません。」って(^^ゞ。
「でもね、サイクリングヤマト便の利用券をちゃんと買ってるし、行きもそれで送ってもらったしなんとか送ってもらえないですか。」
と言うことで送ってもらえることになりました。
この段階でもボクは203cmのことは知らなくて、一旦引き受けておいて、伝票番号まで既に入力して手続き済みなのに、今頃何言ってるんだ?って頓珍漢なことを思ってましてん(^^ゞ。

しばらくして今度は営業所の方から電話があって、
「大き過ぎるからヤマト便では送れません。」って(^^ゞ。
さっきと同じ頓珍漢な説明をして、なんとか送ってもらえないかと交渉したら、
「ガムテープで荷物を絞ってサイズを小さくしてもいいですか?」
と言われるので、そんなこと全然構いませんからやってくださいってことで何とか送ってもらえました(^^ゞ。

帰宅してからCJ+のサイトを見て、初めて203cmの上限ができたのだってことを知りました(^^ゞ。

木曜日にシーコンが届いたら、ガムテープは貼ってありませんでした。
クロネコヤマトの皆さん、このたびは無理を聞いていただいてありがとうございました(^^ゞ。

もしも、佐渡に送る時に203cmを超えているってことで拒否されていたとしたら、どうしたでしょうね。
慌てたでしょうね(^^ゞ。
輪行袋に入れて手荷物として持って行ったかな。

今後は、サイクリングヤマト便としては、シーコンは大き過ぎてもう使えないっちゅうことですね。
他にシーコンが使える輸送方法がないかと調べていますが、なさそうですね。

どなたか良い方法があれば教えていただけませんか、よろしくお願いします。

シーコンを何回使ったかを思い出してみました。
2014年の宮古島、バラモンキング、IM北海道
2015年の宮古島、バラモンキング、IM北海道
2016年の宮古島、バラモンキング、佐渡 (皆生はクルマで自走したので)
2017年のバラモンキング、佐渡

合計11往復でした。
幾らで買ったんやったっけ?
全然覚えてないんですけど、5~6万円ぐらいだったかな?
一回当たりの使用量としては安くなかったか?

海外の大会に出場する気は全くないので、擦り切れて破れていよいよ使えなくなるまで使い倒すつもりだったのに、こんなに早く使えなくなりそうで残念です。

まっ、しょうがないけど、かなりボロくなったとは言え、まだまだ使える状態のシーコンを使わないのはもったいないです。
もったいないけど使えないモンはしょうがないですね(^^ゞ。

来シーズンまでに代わりの輸送方法を考えねば!
今のところ、最有力候補はこれです。

c0236857_08062359.png

ピッタリ203cmなので、サイクリングヤマト便が利用できそうです。
ちょっとバイクをバラさないと入らないようだけど、ハンドルとペダルを外すぐらいならボクにでもできそうです。

もう一つはこれです。

c0236857_08063010.png
いっそのこと、自分で持って行けばエエんやないか?って思ったりもするんですけど、航空会社の手荷物預けのサイズより大きいので、飛行機に積んでもらえるかどうかを確かめておかないといけないなぁって思ったり、バイク以外の荷物を別便で送ることを考えたら、バイクポーターproの方が隙間に詰め込めて結局安上がりかなぁって思ったり、思案中です。

やっぱりバイクポーターproがハードケースで安心かなぁ。
送っちゃえば身軽だしね。

今までシーコンを使われていた皆さんはどうされるのでしょうか?
お勧めの方法があれば教えてくださいね、お願いします。




にほんブログ村

by piyopiyodesu | 2017-09-11 12:03 | 小ネタ | Comments(6)  

新しいウェットスーツの感想

 ニンジンの種だと思って蒔いたらアサガオだった件ですが、そのアサガオの種ができ始めました↓。

c0236857_08200980.jpg
これはどう見てもアサガオの種ですよね、子供の頃から何度も見てきたアサガオの種です。
ダイソーで買ったニンジンの種の袋にこの種が入っていたら、
「ニンジンの種って初めて見るけど、アサガオの種に似てるな~。」
って思っただろうと思うんですけど、全然似ていない種だったんですよ。
すごく小さくて薄っぺらくて初めて見る種でした。
あ~、不思議だ~、なんで~?。
今夜は寝られそうにないな~(^^ゞ。


 ところで、今年の佐渡は涼しそうですね!
予報が多少前後にズレても涼しそうです(^^)v。
この気温なら、熱中症で佐渡中央病院に運ばれて、看護士さんに『厄日だ!』って言われずに済みそうです(^^ゞ。
バイクジャージをジョキジョキ切られずに済みそうです(^^ゞ。

c0236857_21353627.png
 さて、新しいウェットスーツ『鏡花水月』を使ってみた感想ですが、始めに断わっておきますが、ボクにウェットスーツの性能について能書きをたれるような能力はありませんので、子供の戯言程度に思って読んでくださいね。

その前に、『ひめじ家島OWS大会』の3.2kmの部で計測に誤りがあったそうで、正しい記録が発表されました。
ボクは3分ほど速くなって1時間2分20秒でした。
これならガーミンの記録と余分に計測した時間との差とほぼ一致するので、合点がいきます。

いつも100mを2分で泳ぐことを目標にしているボクとしては、3,200mを、しかもガーミンの記録では3,400m以上を泳いで1時間2分というのは速いです(^^ゞ。

そりでは感想です。
んっ?感想?感想ね~(^^ゞ。
ん~、え~っと、そうさな~、あのね~・・・・・よくわかりません!
以上(爆)!

着ただけで速くなる魔法のウェットスーツなどありません(爆)!
速くなりたければモノに頼らず練習しなさいっちゅうことです(^^ゞ。

まぁね、たしかにそうなんですけどね、それを言ってしまっては身も蓋もありませんのでね。
途中で次のブイがわからなくなって、何度か平泳ぎしながらキョロキョロしたことを思えば、ボクとしてはかなりいいペースで泳げたのではないかと思います。

それに、速く泳ごうなんてことは考えずに、レースじゃないんだから練習のつもりでゆったり大きな疲れにくい泳ぎをしようと思って泳いだので、もう少しペースアップできる余裕は残っていたので、何の根拠もないですが、アスリートカンパニー製のウェットスーツよりは若干速く泳げるのではないかいな~、ホンマかいな~、そうかいな~ってな感じでしょうか(^^ゞ。

しか~し、もう少しペースアップしていたら、ジタバタするばかりでフォームが崩れて水の抵抗が増して、逆に進まない泳ぎになっていたかもしれないので、本当にペースを上げることができたかどうかは眉唾物ですけどね(^^ゞ。

新品だから生地が柔らかいのと、腕と下腿部分はかなり薄いので、柔らかくて脱ぎやすいので、T1のタイムはAC製より短縮できそうな気はします(^^ゞ。←これも性能のうちかな(^^ゞ

採寸して作ったから当然と言えば当然なんですけど、スイムスタートを陸上で待っている時の締め付け感や圧迫感は少ないです。
ウェットの首周りにワセリンを塗っておいたのですが、塗る量が少なかったのか、首の右後ろが泳いでいる最中に痛くなりました。
2日経ってもまだ触るとヒリヒリしています。
ウェットのその部分の処理がちょっと雑かなぁって思います。
そんなもんなのかもしれないですけどね。

こんなところでしょうか(^^ゞ。 ←何の役にも参考にもならん!
baobaoさん、ごめんちゃい(^^ゞ。

ボクの記憶がたしかなら、AC製は5mm厚のウェット生地で、膝から下は浮き過ぎないように3mmだと説明してもらったような気がするんですけど、間違っていたらごめんなさい。
それでも足が浮き過ぎてキックが空中キックになりがちなんだけど、水月は膝から下は1mmだったかな?(今見たら2mmはありそうだけど(^^ゞ)程よく足が沈むので、積極的にキックする選手にはいいかも・・・・なんて子供の戯言ですよ戯言(^^ゞ。
結局、速い人は何着ても速いし着なくても速いですよね(^^ゞ。
ドン亀は何着ても遅いっちゅうことですね(^^ゞ。



にほんブログ村

by piyopiyodesu | 2017-08-29 23:02 | 小ネタ | Comments(2)  

手袋買いました(^^ゞ

 バイクに乗る時は夏でも手袋をします。

指切り手袋は、脱ぎにくいのと、変な日焼け跡ができるのと、万一落車した時に指を怪我しそうなので、二つ持ってはいるのですが滅多に使いません。

たしか大阪のウエムラとかナントカっていうショップの、ワゴンセールで安く買ったパールイズミのこれを長いこと使っていました。
冬用は幾つか持っているのですが、夏用はこれしかなくてずっと使っていました。

c0236857_23003387.jpg
c0236857_23004296.jpg
c0236857_23005094.jpg
破れたところや縫い目がほどけたところを繕って使っていましたが、生地が薄々になってしまって流石にもうボチボチ寿命ですかね(^^ゞ。
たぶんもうしばらく、決定的に破れてしまうまでは使うと思うけど(^^ゞ。

全く同じのを持ってるんです(^^ゞ。
これは近所のトライアスロン大会に加古川のショップが出店していて、1,000円で安売りしてたのを喜んで買ったのですが、かなり古い新古品だったみたいで、使い始めてすぐに右の掌部分が大きく裂けてしまったので、当て布をして繕って使っています。
汗が染み込んだままだと劣化が早まるので、夏場は使う度に洗濯するので、2つあると便利でした。

佐渡では自分で繕ったコレ↓を使います。
トライアスロンのレース中は、スイムが終わって濡れた手に手袋を履くのを面倒に思ったのと、エイドでボトルを受け取る時に滑りそうで、使ったことはなくていつも素手だったのですが、今年の皆生で初めて熱中症対策の一つとして使ってみたら、ロングのレースなら手袋を履く時間なんて気にすることはないし(^^ゞ、ボトルも滑ることなくとれたし、手袋を濡らしていたら手がスースーしてとても涼しく感じられたので、今後はロングの暑い日のレースでは積極的に使うつもりでいます。

c0236857_23005835.jpg
c0236857_23011496.jpg

古い方はいつ使えなくなるかわからないぐらいに酷い状態なので(普通の人ならとっくに捨ててます(^^ゞ)、アマゾンで安い1,698円のを(安いと言ってもボクにとっては安くないんですけど)買いました。
ネットに入れて小まめに洗濯してあげるから、最低でも三夏ぐらいはもってもらわないと困るな(^^ゞ。
手を入れてみただけならいい感じだけど、丈夫かどうかはしばらく使ってみないとわかりませんね。
高いから丈夫で安いからすぐダメになるとは限らないので、ちょっとでも長持ちするように丁寧に使おうと思います(^^ゞ。

c0236857_23001959.jpg
最近のトレーニングは、ほぼ福澤先生のこのメニューに従っています。

c0236857_09103121.jpg
サブ3レベルでもこんなにゆるい(^^ゞ。

c0236857_09103797.jpg
明日は初めて参加する『ひめじ家島OWS大会』です。
今夜は早めに寝ます(^^ゞ。


にほんブログ村

by piyopiyodesu | 2017-08-26 08:03 | 小ネタ | Comments(0)  

買いました(爆)

 『買いました』シリーズ第3弾です(^^ゞ。 いつの間にシリーズ化したのだ?
ドライブレコーダー、ライフジャケットとトライアスロンに関係の無い物が続きましたので、そろそろトライアスロン関係の物が出てこないと愛想を尽かされそうですね(^^ゞ。

さて、何を買ったのでしょうか~(^^ゞ。
じゃじゃじゃじゃ~ん、これです。
鏡花水月のポロシャツです(^^ゞ(^^ゞ。

c0236857_22251405.jpg
襟の内側と袖口の内側がオレンジ色でお洒落です(^^ゞ。

c0236857_22252232.jpg
特別キャンペーン実施中ということで、ポロシャツを買ったらこんなゴム製のつなぎがオマケで付いてきました(爆)。


c0236857_22253085.jpg

今使っているウェットスーツはアスリートカンパニー製で、使い始めて今年で5シーズン目です。

大阪のショップまで採寸に行って作ったのですが、その頃と比べて大腿部が少し太くなったかな?っていうぐらいで、体重も体型も大きな変化はないです。
劣化すると固くなるそうですが、ずっと使っているとそれはなかなか気付かないですよね。
昨年、同じウェットスーツを作った高校の同級生のモーニングさんと海練習した時に、ちょっと触らせてもらったら、たしかに4年古いボクの方がちょっと固かったけど、まだまだ使用可能な範囲内と思って使っていました。

7月はじめに近所の屋外50mプールで使った時は、肩が回しにくいし苦しいし、なんて泳ぎにくいウェットスーツだ!って思ったんですけど、その後の皆生と湯原ではそういうことは感じなかったので、あと1,2シーズンは使うつもりでいました。

ところがですね、7月23日の湯原温泉トライアスロンのエキスポ(っていうほどの規模じゃないんですけどね(^^ゞ)で、CEEPOのテント内にこのウェットスーツが展示してあって、手に取って見ることができたのと、開発者の竹内鉄平さんのお話も直接聞けたのと、CEEPOの田中社長に勧められたこともあって、来年買うなら今買っちゃえ!っていうことで思い切っちゃいました(^^ゞ。

今年は宮古島に行ってないし(^^ゞ、高いものは何にも買わないで、野菜の苗と支柱を買ったぐらいで(爆)、無駄遣いしないで良い子(オヤジ)にしてたから、ちょっと高かったけど、まっエエかなっていう感じ(^^ゞ。
お年玉とバレンタインとホワイトデーとハロウィーンと(^^ゞ、お盆とクリスマスがいっぺんに来たと思えばいいかな(^^ゞ。 ←なんやそれは(^^ゞ

HUUBは良さそうだけど高いし既製品しかないよなぁ・・・・、鉄人魂も良さそうだけどどうなんやろう?・・・・シロモトは採寸に行ったら社長の話が長くて、採寸だけなら30分で終わるところが4時間は覚悟しとかなあかんらしいしなぁ・・・・・とか、幾つか候補はあったのですが、どれが自分に合うか合わないかとか、自分の泳ぎ方(キックをどれぐらい打つとか打たないとかね)に合うか合わないかってこともあるので、実際に着て泳ぎ比べてみてタイムを計ってみないことには、自分にとってベストなウェットスーツなんてわからないと思うので、こういうのは出会いが大事かなって思いましてん(^^ゞ。
オレと、このウェットスーツとは赤い糸で結ばれていたのかもな・・・・な~んて思ってさ、買っちゃったわけですよ(^^ゞ。

これを使った選手は誰もが、驚くほど速くなるそうだから、ボクだけ遅くなったら困りますね。

背中のジッパーを開閉するための紐ですが、こんな紐付きのウェットスーツを着ている人を見る度に、泳いでいる最中に誰かに引っ張られて開いちゃったりしないのかな?って思っていましたが、そんなことないのでしょうか?

c0236857_22253992.jpg
前腕部分は、しっかり水をキャッチできるような特殊な加工がしてあります。

c0236857_22254861.jpg
胸の内側にもロゴ入り(^^ゞ。

c0236857_22261985.jpg
着てみました(^^ゞ。
床屋に行ってきました(^^ゞ。
27日の姫路家島OWS大会で初泳ぎの予定です。

c0236857_22261056.jpg

24日、佐渡に剱号を送る用意をするのに、皆生以来のディスクホイールを着けたら変速がおかしかったので、すぐにインフィニティで調整してもらいました。
クイックのスプリングを噛んでホイールが真っ直ぐ入っていないだけでした(爆)。
まぁでも、微調整をしてもらって安心しました(^^ゞ。

c0236857_22241363.jpg

シーコンにはRDを保護するためのこんなパーツが付いています。

c0236857_22245656.jpg
しかし、昨年佐渡に送った時に、ディレーラーハンガーが少し歪んでいて、現地でメンテが必要だったので、それ以来、こんな風にしています。
ダイソーで買ったボウルの穴に紐を通してフレームに固定しています。
紐で固定しているのは一ヵ所だけですが、シーコンの保護パーツにボウルが当たっていてずれないので、ボウルがRDに当たって無理な力が加わるようなことはないです(なさそうです(^^ゞ)。

c0236857_22250526.jpg

25日に佐渡に送ります。
従来通りにサイクリングヤマト便が使えるのだろうか?と気になっていたのですが、今回は今まで通りに送る手配ができました。
兵庫県から新潟県まで片道で3,144円でした。
保険を10万円にするので、+100円かかるかな。
さらに、往復の利用券を購入するのに540円だったかな?かかってます。
それでも高くはないと思います。



にほんブログ村

by piyopiyodesu | 2017-08-25 06:52 | 小ネタ | Comments(2)  

興味深い本

 アマゾンで欲しい商品を探していて、偶然、この本が目に留まって、面白そうだったのと、レビューでも高評価だったので買ってみました。
『この商品を買われた人は、こんな商品も買っています』
なんてのがあると、ついつい見ちゃうんですよね(^^ゞ。
本を買っただけでは速くも強くもならないのはよくわかっているんですけど、活字を読むのは嫌いじゃないので、レビューを読んでおもしろそうだなって思うとついポチっとしてしまいます。
あまり船頭が多すぎるのもよくないんですけど、何か一つか二つでも得るものが書いてあればいいなぁって期待しちゃうんですよね。

年々疲労が抜けにくくなってきているのを実感しているし、大会前に2週間ほどテーパリングする程度では疲労が抜けきってないような気もするし、それじゃ疲労が溜まるほどの高強度のトレーニングをやってるのか?って言うとそうでもないし(^^ゞ、いろいろと悩み事の多いお年頃のオヤジにとって、何ぞ役に立つことが書いてあればエエな~って思いましてん(^^ゞ。


c0236857_22162715.jpg

c0236857_22163516.jpg
トレミをよく利用するボクには、興味ある。
c0236857_22164234.jpg

c0236857_22164915.jpg

c0236857_22165663.jpg

c0236857_22170477.jpg

c0236857_22171224.jpg

c0236857_22172065.jpg

項目だけ見たら、なんだかエエ感じでしょ(^^ゞ。
何かエエこと書いてあったらお知らせしますね。
っていつも書くけどたいていすっぽかすんですけどね(^^ゞ。

ボクがよく利用するトレッドミルは、ペースにもよるそうですが0.5~1.0%程度の傾斜をつけることによって、空気抵抗がある外を走るのと同程度の負荷をかけることができるそうです。
まっ、そんなことはボクでも知ってましたから、誰でも知ってることですよね(^^ゞ。

トレミランと外ランは全く違う運動だという人もいるけど、殆ど同じと考えてもよいと、この本には書いてありますね。
ただし、トレミランは着地衝撃が小さいので、トレッドミルだけを走るのはよくなくて、外も走るのがいいそうです。
これも、今年の2月の姫路城マラソンで身をもって経験しましたので、よ~くわかります(^^ゞ。


ポチっとしていただけたらたいへん嬉しいです。
よろしくお願いしま~す(^^ゞ。



にほんブログ村

by piyopiyodesu | 2017-08-05 09:12 | 小ネタ | Comments(0)