2017年 08月 29日 ( 1 )

 

新しいウェットスーツの感想

 ニンジンの種だと思って蒔いたらアサガオだった件ですが、そのアサガオの種ができ始めました↓。

c0236857_08200980.jpg
これはどう見てもアサガオの種ですよね、子供の頃から何度も見てきたアサガオの種です。
ダイソーで買ったニンジンの種の袋にこの種が入っていたら、
「ニンジンの種って初めて見るけど、アサガオの種に似てるな~。」
って思っただろうと思うんですけど、全然似ていない種だったんですよ。
すごく小さくて薄っぺらくて初めて見る種でした。
あ~、不思議だ~、なんで~?。
今夜は寝られそうにないな~(^^ゞ。


 ところで、今年の佐渡は涼しそうですね!
予報が多少前後にズレても涼しそうです(^^)v。
この気温なら、熱中症で佐渡中央病院に運ばれて、看護士さんに『厄日だ!』って言われずに済みそうです(^^ゞ。
バイクジャージをジョキジョキ切られずに済みそうです(^^ゞ。

c0236857_21353627.png
 さて、新しいウェットスーツ『鏡花水月』を使ってみた感想ですが、始めに断わっておきますが、ボクにウェットスーツの性能について能書きをたれるような能力はありませんので、子供の戯言程度に思って読んでくださいね。

その前に、『ひめじ家島OWS大会』の3.2kmの部で計測に誤りがあったそうで、正しい記録が発表されました。
ボクは3分ほど速くなって1時間2分20秒でした。
これならガーミンの記録と余分に計測した時間との差とほぼ一致するので、合点がいきます。

いつも100mを2分で泳ぐことを目標にしているボクとしては、3,200mを、しかもガーミンの記録では3,400m以上を泳いで1時間2分というのは速いです(^^ゞ。

そりでは感想です。
んっ?感想?感想ね~(^^ゞ。
ん~、え~っと、そうさな~、あのね~・・・・・よくわかりません!
以上(爆)!

着ただけで速くなる魔法のウェットスーツなどありません(爆)!
速くなりたければモノに頼らず練習しなさいっちゅうことです(^^ゞ。

まぁね、たしかにそうなんですけどね、それを言ってしまっては身も蓋もありませんのでね。
途中で次のブイがわからなくなって、何度か平泳ぎしながらキョロキョロしたことを思えば、ボクとしてはかなりいいペースで泳げたのではないかと思います。

それに、速く泳ごうなんてことは考えずに、レースじゃないんだから練習のつもりでゆったり大きな疲れにくい泳ぎをしようと思って泳いだので、もう少しペースアップできる余裕は残っていたので、何の根拠もないですが、アスリートカンパニー製のウェットスーツよりは若干速く泳げるのではないかいな~、ホンマかいな~、そうかいな~ってな感じでしょうか(^^ゞ。

しか~し、もう少しペースアップしていたら、ジタバタするばかりでフォームが崩れて水の抵抗が増して、逆に進まない泳ぎになっていたかもしれないので、本当にペースを上げることができたかどうかは眉唾物ですけどね(^^ゞ。

新品だから生地が柔らかいのと、腕と下腿部分はかなり薄いので、柔らかくて脱ぎやすいので、T1のタイムはAC製より短縮できそうな気はします(^^ゞ。←これも性能のうちかな(^^ゞ

採寸して作ったから当然と言えば当然なんですけど、スイムスタートを陸上で待っている時の締め付け感や圧迫感は少ないです。
ウェットの首周りにワセリンを塗っておいたのですが、塗る量が少なかったのか、首の右後ろが泳いでいる最中に痛くなりました。
2日経ってもまだ触るとヒリヒリしています。
ウェットのその部分の処理がちょっと雑かなぁって思います。
そんなもんなのかもしれないですけどね。

こんなところでしょうか(^^ゞ。 ←何の役にも参考にもならん!
baobaoさん、ごめんちゃい(^^ゞ。

ボクの記憶がたしかなら、AC製は5mm厚のウェット生地で、膝から下は浮き過ぎないように3mmだと説明してもらったような気がするんですけど、間違っていたらごめんなさい。
それでも足が浮き過ぎてキックが空中キックになりがちなんだけど、水月は膝から下は1mmだったかな?(今見たら2mmはありそうだけど(^^ゞ)程よく足が沈むので、積極的にキックする選手にはいいかも・・・・なんて子供の戯言ですよ戯言(^^ゞ。
結局、速い人は何着ても速いし着なくても速いですよね(^^ゞ。
ドン亀は何着ても遅いっちゅうことですね(^^ゞ。



にほんブログ村

by piyopiyodesu | 2017-08-29 23:02 | 小ネタ | Comments(2)