2017年 08月 07日 ( 1 )

 

汗をかけない若者増加

 先日の神戸新聞にこんな記事が載っていました。
幼児期に冷房の効いた所で、あまり汗をかかないで過ごす時間が長いと、汗をかく能力の低い大人になって、熱中症にかかりやすいそうです。

c0236857_22110144.jpg
大人になってからできるだけ冷房に頼らず、汗をたくさんかくような環境で過ごす時間を長くしても、もう遅いってことなのでしょうか?
冷房を使わず、扇風機だけで寝る努力は無駄なのでしょうか?
そんなこと聞かれても知りまヘンよね(^^ゞ。

3本ローラーでもトレッドミルでも、真面目にやれば冬でも汗まみれになるから、汗をかく能力が低くて熱中症になりやすいってことはないと思うんですけど、どうなんでしょう。
だけど、夏のトライアスロンでも身体から出る水より溜める水の方が多いから浮腫むんですもんね。
やっぱり汗をかく能力が低いのかな?
でも、ボクの幼児期なんて冷房が効いている場所なんてほとんどなくて、扇風機さえも今よりずっと高価で一家に何台もはなかっただろうと思うので、汗をいっぱいかいて育ったはずなのにね。
この記事に書いてあることは信用してエエのかな(爆)。

根拠はないですが、ボクの勘ですが(^^ゞ、冷房の効いた環境で幼児期を過ごした人でも、大人になってから汗をたくさんかく環境で過ごせば、未発達だった汗腺が発達して汗をたくさんかく能力が高くなっていくように思うし、またその逆もあるのではないかと思います。
証拠はないですけどね(^^ゞ。

ウチの子供達(二人は成人ですが)はどうなんだろう?
幼児期にしっかり汗をかく能力を獲得させてやれたのだろうか?って気になります。


ポチッとしていただけたらたいへん嬉しいです。
よろしくお願いしま~す(^^ゞ。


にほんブログ村

by piyopiyodesu | 2017-08-07 22:03 | その他 | Comments(0)