2017年 06月 17日 ( 1 )

 

バラモンキング2017反省記 3 土曜日

 すみません、ちょっと忙しかったり、職場で使っているPCの上にヴァームウォーターをこぼして壊れたりして、なかなかブログを書く時間がとれないでいます(>_<)。

 10日の土曜日は、飛行機で知り合った彼女(Kさん)を8時に迎えに行って、バイクとランコースの下見のお手伝いをしました。
軽自動車を借りていたので、下見したい人がいれば3人までイケルよと言ってたのですが、希望者はKさんだけでした。

まずは富江のT1会場に行こう!ということで、バイクコースを逆走する感じで富江漁港に行きました。
バラキン初出場のKさんに、スイムコースやレース当日の流れを説明しながら、自分自身もしっかり思い出して、その時になって慌てないようにしました。


c0236857_23404842.jpg
初出場の2014年は、一番遠くにある3番と4番の黄色い大きなブイを見て、あんな遠くまで泳ぐのかぁ(;_;)と不安に思ったものでしたが、流石にもう慣れましたね(^^ゞ。
まだ慣れてなかったらどうかしてますよね(^^ゞ。
「ここは湾内だから少々風が吹いても海が荒れることなんてなくて、いつも凪で泳ぎやすいよ。」
なんてKさんに説明してたんだけど、レース当日は結構さざ波がザワザワしてましたね(^^ゞ。

c0236857_08285231.jpg
c0236857_08303683.jpg

この辺りにエイドがあるとか、二本楠の交差点で直進と左折を間違わないようにとか、下りのブラインドコーナーが続くところでは、路面がウェットなら十分注意するとか、先輩面していろいろ解説しながら下見しました。

続いてランコースも下見しました。
「クルマで走ると大したことないようなアップダウンに思えるけど、自分の足で走るとここは結構な上り坂だよ。」
なんて偉そうに説明しておきながら、結局Kさんは見事に完走して、ボクは熱中症でDNSしちゃってカッコ悪いったらありゃしない(>_<)。

フィニッシュの赤じゅうたんは準備中でした。

c0236857_08285972.jpg
c0236857_08290527.jpg

下見しながらバイク預託はどうするのかと尋ねたら、できれば富江会場で預託したいので、バイクで自走して、帰りは足がないから走って帰ってこようかな・・・・などとゴジャ(関西弁で無茶)なことを言うので、預託もお手伝いすることにしました(^^ゞ。
セカンドシートを倒せばバイク2台は十分積めますからね。

Kさんを一旦宿に送ってからホテルに戻ってバイクとランバッグを積んで、再びKさんを迎えに行き、バイク2台を積んで再び富江に行きました。

バイクとヘルメットの検査を受けて、合格シールを貼ってもらいました。

c0236857_08293803.jpg
c0236857_08291175.jpg
トップチューブバッグには、既に、スポーツヨーカン+を3本ぐらいと、好きなチョコ味のシリアルバー2本と、ウィグルで買った安いエナジーバー2~3本を入れておきました。

DHバーの2種類のドリンクが入れられるエアロボトルはまだ空っぽで、当日の朝にペットボトルに入れて持ってきた高カロリー補給用ドリンクと、水で少し薄めたOS-1を入れました。
c0236857_08291660.jpg

確実に雨の予報だったので、百均のカバーを掛けました。

c0236857_08292233.jpg
まだ使える物をなかなか捨てられないボクは、初ロングの2014年の宮古島用に買ったカバーを使い続けています(^^ゞ。
シーコンに入れておいて、干して乾かして小さく畳んでおいて再使用です(^^ゞ。

c0236857_08292825.jpg

c0236857_08293341.jpg
福江会場で預託されたバイクを積んだトラックが次々と到着していました。

c0236857_08294444.jpg
c0236857_08295054.jpg
去年も書いたけど、大切に大切に扱ってくださっていましたよ。
福江会場で預託する方は、カバーを掛けるなら裾の部分をガムテープでしっかり貼って留めるとか何とかしないと、運んでもらっているうちにめくれてカバーの役割を果たせない状態になってしまっているバイクが多かったですよ。

ボランティアで運んでくださっている方々が一々めくれ上がったカバーを直すところまでは流石にしてくれないでしょうし、そんなことまで期待してはいけませんもんね、強風が吹いてもめくれ上がらないようにしっかり留めておきましょうね。

漁船を陸に揚げるスロープです。
綺麗な奥半分がスイムの入水と上陸のコースなんですけど、選手が足を怪我しないようにという心遣いなんでしょう、ヘラか何かを使ってたぶん残った藤壺なんかを取ってくださっている方がお二人いらっしゃいました。

何もしなければ、おそらく手前のように藤壺なんかがびっしり付いてるんでしょうね、それを高圧洗浄機で掃除して、さらに手作業で掃除してくださっているのを見て、やっぱりバラモンキングはいい大会だよな~って改めて思いましたね。
この時はかなり引き潮で、レースの時はあの方がいる辺りまで水位が上がって見えなくなる場所なんですけどね。

宮古島と皆生で天然の岩で足裏を切ったことがあるボクとしては、本当にありがたいと思いました。

c0236857_08295675.jpg
c0236857_08300263.jpg
c0236857_08300878.jpg
c0236857_08301356.jpg
c0236857_08301965.jpg
c0236857_08302582.jpg
c0236857_08303163.jpg
すぐ横にある浜口水産さんで、選手に無料で天ぷら(五島ではこれを天ぷらと呼ぶそうです)を振舞ってくださっていたので、一ついただきました。


c0236857_08304260.jpg
福江のスーパーで食料を買って、Kさんを送り届けてホテルに帰りました。

タトゥシールを貼っておきました。
ノースリーブのトライアスロントップを着るか、T1から半袖のバイクジャージを着るかで迷っていました。
アームカバーは必ず使う予定だったので、唯一露出する可能性のある肩付近に貼りました。

c0236857_08304721.jpg
日曜日は3時に起きることにして、8時過ぎには寝ました。

鬼岳の写真をポチっとしていただけたらたいへん嬉しいです。
よろしくお願いしま~す(^^ゞ


にほんブログ村

by piyopiyodesu | 2017-06-17 23:03 | バラモンキング | Comments(4)