2017年 03月 29日 ( 1 )

 

栃木県の雪崩事故で思うこと

 高校生7名と引率の先生1名が雪崩に巻き込まれて亡くなられた事故は、同じ年頃の子がいる親としてはやるせない気持ちになります。
高校生の長男を亡くされたお父さんが気丈にもインタビューに応えられているのをテレビで見ましたが、もらい泣きしてしまいました。

「短い人生だったが幸せだったと思う、だけど、親より先に死ぬのは親不孝だ。」
というようなことをおっしゃっていました。

不治の病で早逝するのも悲惨だけど、いつものように元気に「行ってきます。」と言って出かけた子供が無言の帰宅をするなんて悲惨過ぎて言葉もないです。

報道を通じて事故の詳細が明らかになるにつれて、人災だったのだなぁという思いを強くしています。
現場にいなかった関係者でもないボクにとやかく言う資格はありませんが、趣味で登山を楽しむ登山者なら、山には行かないような大雪だったのだから、大人の誤った判断で7名もの高校生を死なせてしまった事故で、避けられた事故だという気がします。

生徒達は、先生が「ここでラッセルするぞ!」って言えば従わないわけにいきませんよね。
一人ぐらい雪崩発生の可能性について気付く先生がいなかったのだろうか?

雪崩が起きるような場所に行く時は、ビーコンを装備するべきという専門家のコメントを見ました。
ボクがビーコンについて書いたブログがあったので、興味がある方は読んでみてください。

安い物ではないので、50名近い生徒全員に装備させるのは難しいかもしれないし、そもそもビーコンが必要だと思われるような場所に(そんな天候の日に)連れて行くべきではないと思いますが、行くなら持つべき装備だとボクも思います。




えらそうなことを書いても、自分が現場にいたとして、雪崩の危険に未然に気付いたかどうかはわかりませんが、残念でしかたないです。

先日は、長野県の防災ヘリコプター墜落事故で、9名もの隊員の方々が亡くなられたばかりというのに、もうこれ以上悲しい事故は起きないで欲しいです。
北アルプスに登っていると、パトロール中の長野県の防災ヘリをよく見かけるんです。
亡くなられた操縦士の方はベテランパイロットで山岳救助にも出動されていたそうだから、ボクが見かけたヘリを操縦されていたかもしれません。

白馬岳に登った時に、滑って転んで腰を強打して動けなくなった登山者を救助に来た長野県の防災ヘリです。





亡くなられた方々のご冥福をお祈りします。

by piyopiyodesu | 2017-03-29 23:46 | その他 | Comments(0)