2017年 03月 12日 ( 1 )

 

高御位山トレランもどき

 12日の日曜日は、前夜に夜更かししてしまったので、自然に目が覚めるまでゆっくり寝て、昨日の予告通りに近所の人気の山、高御位山(たかみくらやま)でトレランもどきをしてきました。
なんでもどきなのかと言うとですね、結構傾斜のきついところが多くて、上りはキツ過ぎて走れない、下りは危なくて走れないっていう場所が多いんです。
それでも走れる体力と技量がある人は走るんでしょうけど、安全第一で絶対に怪我をしない、特に仕事に支障が出るような怪我は何が何でも絶対してはならないということで、ゆる~く歩いたり、たまには走ったりしてきました(^^ゞ。

大腿四頭筋を中心に、ハムストリングスと尻の筋肉、まぁ下半身の全ての筋肉の実戦的な筋トレという位置付けのトレーニングで、心肺機能はまた別のトレーニングで鍛えるつもりなので、それでいいんですということにしておきましょう(^^ゞ。

クロスケでフロッシュに行って、すぐ近くの成井の登山口から登りました。

おお~、オレの宝物が2台並んだ~(^^ゞ。
ウチではいつも並んでいるんですけどね(^^ゞ。

クロスケの『2396』は、ボクの髪がフサフサクログロになりますように!っていう願いを込めて決めたんですよ(爆)。←マジ!
ポルシェは993という型の911なので、『993』か『911』にするオーナーが多いですね。

c0236857_20390541.jpg
c0236857_20391332.jpg
高御位山の山頂の岩でロッククライミングしているグループがいました。
指が写っちゃった(^^ゞ。
ボクもクライミングを始めた頃は、一人でロープを持ってここへ来て、この岩じゃないけど、その隣の岩壁で練習したものです。
もう長いことクライミングしてないなぁ。


c0236857_20453675.jpg
ロープでビレイしてあるから落ちることはないけど、ヘルメットぐらい被った方がエエよ(^^ゞ。
落ちてロープにぶら下がった時に頭や顔をぶつけて怪我するよ。
ヘルメットの出っ張りが顔を守ってくれるからね。

c0236857_20454958.jpg
高御位山は304mしかない低い山なんですけど、この周辺では一番高い山で、周辺の山々との縦走路が幾つもあって人気の山なんです。

こんな日当たりの良い縦走路を走ったり歩いたりしました。

c0236857_20460495.jpg
主縦走路から枝分かれして桶居山(おけすけやま)に登りました。

c0236857_20461195.jpg
桶居山からは姫路の市街地が一望できます。
↓の所に姫路城が見えました。

c0236857_20461978.jpg
なんかクネっとしていますね(^^ゞ。

c0236857_20462856.jpg
クネと言えば、日本の悪口を言うしか能が無かった某国の大統領は罷免されましたね、アホですね。
新しい大統領候補の方々はクネちゃん以上に日本の悪口を言うことで国民の支持を得たいようですが、国と国との約束事を何だと思っているのでしょうね、もうちょっと未来志向の考え方はできないものなんですかね~。
まぁ、そんなことはどうでもよくはないけど、ブログに書いてもどうにもならないことですね(^^ゞ。

北の方角には、冠雪した山が見えました。
兵庫県最高峰の氷ノ山(ひょうのせん)は右か?左か?

c0236857_20463773.jpg
桶居山から主縦走路に戻って、高砂の鹿島神社の裏山まで縦走して折り返しました。

前に来た時には無かった新しい標識がありました。

c0236857_20464543.jpg
目と鼻の位置に小石が置いてあるからカエルに見えなくはないけど、小石が無ければタダの石やな(^^ゞ。
暇な人がいるもんだ(爆)。

c0236857_20465360.jpg
高御位山頂まで戻ってきました。

c0236857_20470338.jpg
淡路島が見えてます。

c0236857_20470982.jpg
こんなコースでした。

c0236857_21295339.png
強度は低いけど、狙い通りに下半身の筋肉にしっかり負荷をかけて鍛えることができたと思うし、良い天気で楽しくて気持ち良かったです。

c0236857_21300379.png

下山してフロッシュに帰ったら、クロスケのホイール交換が終わっていました。
うっひゃ~、カッコエエ~(^^ゞ。
こんなカッコエエクルマないな~(爆)。


c0236857_21284566.jpg

c0236857_21285546.jpg
新しいタイヤがバッチリ似合ってますね(^^ゞ。
全く摩耗していない新品タイヤってこともあるのでしょうが、スタッドレスタイヤと比べても遜色ないぐらいにロードノイズが静かで、乗り心地は、タイヤよりもクルマの方の問題が大きいようですが(^^ゞ、それでもかなり向上してました。

c0236857_21290790.jpg
ポルシェはまだパーツ交換が終わっていませんでした。
ボクのポルシェ911は1995年式の993カレラRS C/S(クラブスポーツ)というモデルです。
もう22年も前のクルマなんやなぁ~。
2003年の38歳の時にすごい借金をして、清水の舞台どころか東京タワーのてっぺんから飛び降りるぐらいの決心で買ったのですが、このクルマがあるから仕事を頑張れたっていうことはたしかにあるので、買って良かったって思っています。

c0236857_20473040.jpg
ボクが買った頃は、新車価格から年を経るごとに順当に値下がりしていたので、今から思えばものすごく安く買えたのですが(それでも十分高かったですが(^^ゞ)、その後、最後の空冷モデル993の希少なRSで、さらに希少なC/S(クラブスポーツ)ということで値上がりしていって、数年前からは投機目的で海外のバイヤーが走行距離が少なくて程度が良い日本の空冷ポルシェのレーシングモデルを買い漁ったらしくて、とんでもない値段に跳ね上がってました(@_@)。

そのバブルも峠を越えたようで、今いくらで売れるかはわかりませんが、3年前にポルシェ仲間のこれ↑と同じモデルが〇〇〇〇万円で売れたんですよ!
たぶんその頃が高値のピークだったのでしょう。
〇〇〇〇じゃ面白くないですよね(^^ゞ。
こっそり書いておきますね(爆)。
最初の〇は1です(爆)。
次の〇は9です(@_@)。
新車で1300万ぐらいだったクルマですよ~(@_@)。
ボクが買った時はもちろんこんな値段じゃないですよ、こんな値段じゃ買えるわけない!

ボクは、1900万なんかじゃ絶対売りません!
3000万なら話ぐらい聞いてやってもいいかな(^^ゞ。
5000万なら即決です(爆)。

あ~、オレのRS(RSって呼んでるんです)~、好き好き好き~、愛してる~(爆)。
認知症になっても手放さないよ~(^^ゞ。


c0236857_20474040.jpg
c0236857_20474918.jpg

これはクルマの形をしているけどクルマじゃなくってタカラモノなので、もしもウチの近くの加古川が氾濫してRSが水没しそうな横で鬼嫁が溺れかかっていたら、周囲を見回して目撃者がいないことを確かめてから、鬼嫁に「これでも喰らえ~!」って叫んでデカイ石をぶつけるか、足が届く範囲なら顔面を蹴飛ばして流しておいてから、RSを高台に移動します!キッパリ(^^ゞ。
娘達には「母ちゃんを助けようとしたけどアカンかった(;_;)。」って言いますね。

隣のオレンジ色の993もRSみたいですが、これはRSと同じエアロパーツを組んだRSルックです。
ノーマルの993カレラはあんまりカッコ良くないので、993をカッコ良くしようとするとRSルックにするのが一番いいんです。
本物のRSなんて買いたくっても無いし、あったとしてもメンタマ飛び出るような値段ですからね~(^^ゞ。
このオレンジ号はオールペン(色を塗り直すこと)したそうで、隣の黄色いRSよりずっと綺麗でした(>_<)。
もう何年も洗車もワックスがけもしてないからな~(^^ゞ。

c0236857_20475975.jpg
帰宅してから、アクティブレストとして近所のプールで泳いできました。
3,000mは泳ぐつもりだったのですが、疲れていてしんどかったので2,000mでやめました。
アクティブレストが目的なら、あと1,000mを無理して泳ぐことに大した意味はないですもんねっていう言い訳です(^^ゞ。

下の写真をポチっとしていただけたらたいへん嬉しいです。
よろしくお願いしま~す(^^ゞ。




にほんブログ村

by piyopiyodesu | 2017-03-12 22:47 | トレールランニング | Comments(2)