2013年 03月 31日 ( 1 )

 

スローパンクしたタイヤのその後

 前々回の記事の続きです(^^ゞ。

間にヴァームの記事が入ったので分断してしまいました(^^ゞ。

たった一日の出来事で引っ張るね~(^^ゞ。

枯渇に備えて、記事は一定数は備蓄しておかないとね(^^ゞ。

帰宅後、スローパンクしたタイヤに、パンク防止剤NOTUBESを追加で入れてみました。

コンチネンタルとTUFOのチューブラータイヤは、バルブコアだけを外すことができます。

専用の小さなプラスティックの工具でバルグコアを外します。
簡単に外れます。
この時に、前もって空気を抜いておかないと、ゆるんだバルブコアが飛んでいくかもしれないので要注意です。

c0236857_8393643.jpg


NOTUBESをよく振ってから適量を計量カップにとります。

c0236857_8421265.jpg


注射器で10mlほど入れてみました。

c0236857_8425632.jpg


c0236857_843619.jpg


タイヤ全体に行きわたるように回転させて、穴が開いた部分を下にしてしばらく放置しておいたのですが、空気漏れは止まりませんでした。

おそらく、10mlを全体に行きわたらせたことによって、穴を塞ぐのに十分な量が穴の部分に溜まらなかったのだろうと思ったので、さらに7mlぐらい追加して、回転させずに穴の部分を下にして放置しました

そうすると塞がりました。
これでもう大丈夫です。穴が開いた部分の内側にはNOTUBESの層ができてしっかり穴を塞いでくれているハズなので、もうしばらくの間、このタイヤが使えると思います。

スローパンクしたのが24日で、28日には109km走りましたが、空気漏れはありませんでした。

めでたしめでたし(^^ゞ。


ポチっとしていただけたら嬉しいです。
よろしくお願いしますね(^^ゞ。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

by piyopiyodesu | 2013-03-31 17:38 | 小ネタ | Comments(0)