第7回神戸マラソン奮戦記 1

 11月19日の日曜日、ついに第7回神戸マラソンの日です。
第4回大会から連続4回目の出場です。
第3回大会に初めてエントリーした時は落選でしたが、第4回で当たって、第5回からは年代別チャレンジ枠ってのができて当選確率が飛躍的に上がったんじゃなかったかな(^^ゞ。
既にうろ覚え(^^ゞ。

 この冬一番の冷え込みになるという予報だったのですが、5時に起きて朝刊を取りに出てみたら、寒いことは寒いけど思っていたほどではなくて、寒いのが苦手(暑いのも苦手、結局全部苦手で悪かったなぁ(^^ゞ)なボクでも、これぐらいならまぁ大したことないなって思いました。

佐藤の切り餅を5個焼いて、インスタント味噌汁二つ分に入れて食べました。
糖質と塩分補給できました。
アンコが入った大福を4個持って行って、電車で1個、会場で1個食べたかな。
いつもなら急激に血糖値が上がらないようにと、ブログネタのために(爆)アンコ抜きするところですが、面倒なので止めました(^^ゞ。
たぶん日頃から運動していれば、大福1~2個分のアンコぐらいでインシュリンが出るほど血糖値は変化しないんじゃないか?って思ってます。

日頃から糖質摂取量をかなり少なくしているので、ボクの体は体脂肪を効率良くエネルギーとして利用できる体質になっていて、レース直前にたくさん食べなくても走れるか、たくさん食べない方がかえって調子よく走れるぐらいになっているのではないか?とは思うんだけど、でもまぁ少ししか食べないのはまだ怖いですね。
食おうと思えばかなりたくさん食えるので、切り餅5個食べてもまだ腹五分目ぐらいでしたけどね(^^ゞ。

お腹と背中とつま先にカイロを貼っておいて、スタート15分前ぐらいに百均のレインウェアの上下と一緒にゴミ集めの方に渡して捨ててもらいました。
足の指には、マメ防止のためにいつもならワセリンを塗るところですが、代わりに足指、腕、脚にホットバームっていう唐辛子の成分が入っていて塗るとポカポカ暖かく感じるクリームを塗りました。
モロにトウガラシ~っていう匂いがします(^^ゞ。

c0236857_21464445.jpg
c0236857_21465039.jpg

足指には多めに、他は少なめにね。
塗り過ぎるとね、痛いぐらいになっちゃうからね、使ってみようと思ったら、レース本番でいきなり使わずに事前に試しておくことをお勧めします(^^ゞ。
顔とか脇とかデリケートゾーン(^^ゞとか、皮膚が薄い敏感なところには塗らない方がいいですよ。
キン〇マなんかに塗ったらタイヘンよ! ←塗ったことないから想像だけど、きっとヒリヒリしてマラソンどころじゃなくなるハズ(^^ゞ
キン〇マヒリヒリのせいでDNSとかDNFなんてことになったら末代までの恥ですからね、気をつけてね(^^ゞ。
塗った指で目に触れたりするとマズイので、必ずゴム手袋を使いましょう(^^ゞ。

筋肉を温めるために、加古川駅まで6kmほどを自転車で行きました。
8時前には三ノ宮駅に着きました。
一番にトイレを済ませて、上着を脱いでレースウェアになって、ヴァーム等のアミノ酸たっぷりのぴよぴよスペシャルドリンクを不味いけど我慢して飲んで、荷物をトラックに預けて、Bブロックの前から1/3ぐらいの左端に並びました。

整列前に、BブロックとCブロックの間の空いた場所で、ゆっくりゆっくり10分ぐらいジョギングしてウォームアップしました。

体が冷えないように時々足踏みしながらスタート時刻を待ちました。

「しあわせ運べるように」の合唱を聴いて、ポロっと出た涙をそっと拭いて、お決まりの黄色い手袋を着けた両手を上げてヒマワリの花を咲かせて(毎年書くけど、ヒマワリというよりイチョウだよね~(^^ゞ)、9時にスタートしました。

昨年はAブロックだったので、すぐにスタートラインを通過したような記憶があるんですけど、今年は思っていたより時間がかかって、グロスとネットのタイム差は1分13秒でした。
まっ、そんな差はどうでもいいのですが、その後もかなり長いこと密集状態が続きました。
スロースタートのボクにはちょうどいいぐらいでしたけど、ジグザグに抜いていく選手もチラホラいるので、足を踏んだり踏まれたりして転倒しないように気を遣いました。
そういうことまで考えると、やっぱりできるだけ前の方からスタートする利点はありますね。
来年も出られたら、もう少し前の方に並んでみようと思います。

周りの選手との間に適度な空間ができて、ほぼ自分が走りたいペースで走れるようになっても、5kmまでは様子見と準備運動だと思って、ラップタイムはあまり気にしないで楽なペースで走りました。

今年からコースが少しだけ変わりました。
昨年までは、神戸の中心部の三宮から西へ走って、明石海峡大橋の手前で折り返していたのを、今回は大橋を過ぎて折り返すように変わったので、ここで往復で約2.5km距離が伸びました。
その分、35kmから神戸大橋を渡ってポートアイランドに下りてから、応援してくれる人がまばらで殺風景な埋め立て地を、アッチに曲がりコッチに曲がり、また曲がりして4km近くも走っていたのが、1.3kmに短縮されました。

去年までのコースを走ったことがあるランナーなら、ほぼ100%の人が新コースを歓迎するんじゃないかなって思うぐらいに、ランナーにとっては大きなコース改善だと思います。
ほんのちょっとのことで劇的に走りやすくなりました。
特に、メンタルな部分で集中力が維持しやすいコースになりましたね。

ビルの間を走っているうちはあまり感じなかったのだけど、海沿いの道に出たら西からの向かい風が強くて、できるだけ前のランナーを風よけにして姿勢を低くして走るようにしました。
ここで頑張り過ぎると余計な体力を使っちゃうから、向かい風ならペースが上がらないのはしょうがないと納得して、こんなペースだとサブ3.5も厳しいかなぁとは思いつつも、追い風になる後半に備えて体力を温存する作戦で走ってました。
福澤流のゆる~いトレーニングしかしてこなかったことも不安材料の一つで、どれぐらい走れるのか?最後までペース維持できるのか?っていう心配もあって、ペースを上げたくても怖くて上げられなかったってのが本音かな(^^ゞ。

そんなペースで走っているとですね、まぁ抜かれる抜かれる(>_<)。
おっちゃんにもおばちゃんにも若い子にも、呆れるぐらいに抜かれる抜かれる(^^ゞ。

ボクがエラかったのは(^^ゞ、どんなに抜かれても焦らず、と言うか深く考えず(^^ゞ、風よけのランナーを時々乗り換えながら、体力消耗を最小限にするために脳への血液供給さえも絶って(爆)、省エネ自動ランニングモード、別名『走る屍モード』で走り続けたことかな(^^ゞ。

どうせ誰かの後ろを走るなら女性の後ろだと思って、できるだけ若くてかわいい感じの女性ランナーの後ろに付いて走りました(^^ゞ。
スキー場と同じで、後ろから見るとみんなかわいこちゃんに見えるんだけど、ほんとに若くてかわいいランナーなのか、おばちゃんが若作りしているのか(爆)を鋭く瞬時に見抜く目を日頃から養っておくことは、他力本願なマラソンランナーとしてはタイヘン重要なのであります(^^ゞ。
がっかりしたくないので、追い抜きざまに振り返って確認するなどという失礼なことは絶対しません。
あ~、これで女性ファンがかなり減ったな(^^ゞ。

ボクは男性ランナーとしてはピッチ(ケイデンス)が速い方じゃないか?と思っていて、今回も平均ピッチが194でした↓。


c0236857_13521417.png

風よけに利用させてもらうなら大柄な男性ランナーがいいに決まってますが、ピッチが合わなくてどうも気持ち良く走れないことが多いんです。
それがね、女性ランナーだとピッタリシンクロしてすごくいい感じで気持ち良く走れることが多いんです。

こんなこと書くとさ、まるでボクがド助平なエロオヤジみたいだけどさ、ボクは福澤先生の教えに従っただけなのさ(^^ゞ。

この本にね、

c0236857_21371924.jpg
こう書いてあるんだわさ(^^ゞ。
ボクのことをド助平なエロオヤジだと早トチリしたそこのアナタ!反省してください!

c0236857_21373210.jpg

ず~っとお尻を見ながら走ってました(大爆)。
お尻が好きで見てたわけじゃなくってね、ん~まぁお尻ももちろん嫌いじゃないけどさ・・・正直言って好きなんだけどさ、ヒィヒィハァハァ走ってるマラソンの最中にヘンなこと考えてる余裕なんぞありまヘンからね(^^ゞ。
ボクは走りに集中するためにいつもかなり俯いて走るからさ、そうすると必然的に視線の先にお尻が来るんだわさ(^^ゞ。
↓これは、20km付近で神戸在住のカヤック仲間が撮ってくれた写真で、左端がボクなんだけどかなり俯いているでしょ、ウソじゃないんですよ。

c0236857_22255807.jpg
だってさ、他にどこ見るよ?
背中見てもしょうがないべ。
頭見るか?見ないべ。
腰?脚?
やっぱ尻だべ(爆)。

ということで、20kmを昨年よりも2分44秒遅れで折り返しました。



にほんブログ村

by piyopiyodesu | 2017-11-20 22:50 | マラソン大会 | Comments(2)  

Commented by Hiro at 2017-11-21 10:00 x
ポーアイのグルグルがなくなった(ちょっとだけ残ってるけど)は気分的に凄く楽でしたよね(^^)
西の折り返しはちょっと走りにくかったけど、あんなもん一瞬やし。

続き楽しみにしてます(^^)
Commented by piyopiyodesu at 2017-11-21 11:55
ポーアイのグルグルは選手のアンケートでもきっと不評の嵐だったんでしょうね~、想像できますね。
神戸大橋で力尽きたところからの3.9kmは長かったですよね~(>_<)。
1.3kmならスパートを維持できる距離ですもんね。
もう元には戻せないでしょう(^^ゞ。

<< 第7回神戸マラソン奮戦記 2 神戸マラソンでの自己ベストでし... >>