いなちくロングライド 2

 千種高原スキー場の第三エイドからさらに1kmほどきつい坂を上ったら、その後はず~っと下りです。

c0236857_21493263.png

下りは寒いだろうと思って持ってきたウィンドブレーカーが役に立ちました。
この辺りで標高1000mぐらいです。
県境を越えて西粟倉村へ。
兵庫県には、地方自治体としての『村(そん)』はないけど、岡山県にはまだあるんですね。
たしか西粟倉村と東粟倉村があったかな。


c0236857_20521812.jpg
↑この先、ブレーキをかけないと60km/h以上スピードが出そうなワインディングの下り坂が延々と続くんですけど、イベントでは40km/hに速度規制されていました。

そこで重大事故が起きたそうです。
ボクのちょっと後ろを走っていた住友さんとリキさんを追い抜いていった女性参加者が、オーバースピードで曲がれず落車して怪我をしたそうです。

握力不足か機材トラブルかで制動がかけられていないように見えたので、二人は「ブレーキ!ブレーキをかけろ!」と声を掛けたそうですが、減速できなかったようです。
介抱した彼らによると、脛骨を開放骨折して白い骨が見えていたけど、意識はしっかりしていたそうです。
脛骨って膝から下のぶっとい骨ですよ!
あれが折れるなんて余程の衝撃だったのでしょう。
ブレーキは旧モデルの105だったそうです。

ボクは手があまり大きくないので、ドロップハンドルの下ハンドルを持った時にブレーキ(コントロール)レバーに人差し指と中指の指先がやっとかかるぐらいになるので、遊びを大きめに調整して、指先をしっかりレバーに掛けてレバーを少し引いた状態でもブレーキがまだ掛からないぐらいにしているし、握力は人並みにあるから、ブラケットポジションでもウェットでなければオーバースピードにならない程度にはブレーキを効かすことはできるけど、ボクよりもっと手が小さくて握力が弱い女性で、しかも機材が下のグレードだったり、ブレーキシューの摩擦面が汚れていたり、寒くて手がかじかんでいたりなんかすると、十分な制動が得られないってことはありそうな話です。

コントロールレバーをもっと握りやすく小さく近くできないものか?とよく思っていました。
その点、DHバー付きのブルホーンハンドルはブレーキレバーが小さくて握りやすく、ボクのCEEPOは2台ともデュラエースってこともあると思うけど、指一本でも十分な制動力を得られるので、ロードバイクよりTTバイクの方が好きなんです。
いなちくはDHバーのバイクは禁止だったのでロードで走りましたが、そうでなければ・・・・やっぱりロードで走ったかな(^^ゞ。

ボクも含めて皆さんもスピードが出る下りには十分注意しましょうね。
一緒に走る仲間の中に初心者がいれば、気をつけてあげましょうね。
あの坂を上れるやろか?って、上りを心配することはあっても下りを心配することってあんまりないと思うんですけど、スピードが出る下りの方が遥かに危険度は高いですもんね。
怪我をした女性が早く回復されることを願います。


千種高原から殆ど漕がずに下ってきただけの『あわくら旬の里』が第四エイドでした(^^ゞ。

c0236857_20522809.jpg
パンを一つと缶ジュースを一本いただきました。

c0236857_20524407.jpg

『作州』と言えば、作州宮本村は二刀流の剣豪、宮本武蔵の生誕地と言われていますね。
智頭急行智頭線には『宮本武蔵駅』という駅があるんです。
行ったことないけど(^^ゞ。

c0236857_20530535.jpg

c0236857_20531128.jpg

美作市大原は因幡街道の宿場町として栄えた町なので、同じく宿場町として栄えた佐用町の平福と同じように、往時を思わせる古い佇まいの建物が多くありました。
クルマ通りから一本裏手に入っただけで、こんな落ち着いた雰囲気の古い町並みが残っているなんて知りませんでした。
いずれバイクで散策に来てみたいと思いました。

c0236857_20532049.jpg

c0236857_20532844.jpg
智頭急行平福駅が第五エイドでした。

c0236857_20534438.jpg
揚げたての鹿肉コロッケと、とろろご飯。
揚げてくれていたのは、すぐ近くにある『道の駅平福』の駅長さんで、ボクの小学校中学校時代に一番仲が良かった同級生の弟さんでした(^^ゞ。
4歳下だから、あんまり一緒に遊んだことはないけど、「お兄ちゃん元気?」って聞いたら「元気にしてるみたいです。」って他人みたいな返事でした(^^ゞ。
↓わかりにくいけど、控えめに塩味の効いたとろろがご飯にかけてあります。

c0236857_20533529.jpg

この自然薯は、白くておそらく畑で栽培されたものだと思いますが、ボクが子供の頃は、秋が深まるとともに黄色く色づく自然薯の縦長のハート型の葉っぱを探して、山で天然の自然薯を掘ったものです。
一日がかりでも3本ぐらい掘るのがやっとでしたね。
自分ちで食べるのだから折れたり傷ついてもいいんだけど、できるだけ折らずに傷付けずに丸ごと一本掘り出すように慎重に慎重に掘っても、木の根っこやらでかい石やらが邪魔で、最後の最後にポキっと折れちゃったり、蔓が太いからさぞやデカイ自然薯だろうと期待しながら掘ったのに、短くてがっかりしたり、逆に細い蔓なのにでかかったり、懐かしい思い出です。
こんなこと書いてたらまた自然薯堀りに行きたくなったな(^^ゞ。
蔓が枯れて切れてしまう前に見つけないと絶対見つけられませんからね、掘るなら早く行かないと(^^ゞ。


c0236857_20535081.jpg
この平福駅のすぐ近くに、宮本武蔵が決闘で切り殺した6名を供養する六地蔵があります。

c0236857_20540137.jpg
この女性は『おつうさん』かな(^^ゞ。

c0236857_20541529.jpg
↑顔出し看板(って言うのかな?)の上の方に小さく『利神城(りかんじょう)』と書いてありますが、この平福駅の裏山の山頂に、利神城跡があって、先月、国史跡に指定されたばかりなんですよ。
登ったことないんですけどね(^^ゞ。

佐用町と言えば大イチョウが有名です。

c0236857_20542638.jpg
所在地がまだ『佐用郡』のままではないか!

c0236857_20543587.jpg
元地元民のくせに、初めてここへ来ました(^^ゞ。

c0236857_20544318.jpg
大きさが伝わるように、仲間に写真に入ってもらいました。
イチョウに抱きつけとは言ってないんですけど~(^^ゞ。

c0236857_20545080.jpg

c0236857_20545642.jpg
フィニッシュしてチェックを受けたら、こんな醤油が抽選で当たっていました(^^ゞ。
ラッキ~(^^ゞ。


c0236857_20550258.jpg
佐用名物のホルモン焼きうどんとおでんとコーヒーまでいただきました。
ほぼ一緒に走ったおねえさんが小食でうどんが食べられないと言うので、ありがたくいただきました(^^ゞ。

c0236857_20550848.jpg
こんなお土産付きでした(^^ゞ。
6,500円で一日遊んで三食付きで土産付き(^^ゞ。
トライアスロンの大会と同様に、参加者達が気持ち良く楽しく安全にサイクリングを楽しめるように、おもてなしの精神と気遣いと配慮に溢れるタイヘン素晴らしいイベントでした。
トライアスロンの大会と同様に、エイドでも交通整理の方の前を通過する時でも、「ありがとうございます。ありがとうございます。」と言いまくって走ってきました。
楽しかった~(^^ゞ。
バイクフィニッシュの後でランニングしなくてもいいのがいいね~(爆)。
来年もたぶん参加させていただくでしょう(^^ゞ。


c0236857_20551590.jpg
ブラックサンダーをかなり食べたので、ホンマに摂取カロリー>消費カロリーになったかもしれないと思い、帰宅後にヘッドライトを点けて安全な加古川河川敷のマラソンコースを8kmだけジョギングしておきました。

c0236857_21492494.png


にほんブログ村

by piyopiyodesu | 2017-11-14 09:18 | サイクリングイベント | Comments(6)  

Commented by おばさん at 2017-11-14 20:51 x
おつうさんの写真撮る時に言ってくれたら 一緒に撮りたかった…でも、この表情は…出来なかったかも…(^^;;
落車された女性の一日も早い回復をお祈りします!
下りの怖さを今一度 認識しました。
Commented by 北鎌のヘンなヤツ at 2017-11-14 21:39 x
お久しぶりです!北鎌でご一緒させていただいた兵庫のヘンなヤツです。
コースが近所なのでぴよぴよさんを探してみましたが北鎌の時のイカツいグラサンのイメージしかないので見つけられませんでした。
しかしなんとストイック!山でのあの速さと丈夫さにも納得です。
Commented by piyopiyodesu at 2017-11-14 23:22
おねえさん、ボクは顔出し看板を見つけたら写真を撮らずにいられない性格なので、また機会はありますよ(^^ゞ。
下りは怖いね、安全第一やね。
Commented by piyopiyodesu at 2017-11-14 23:24
北鎌のヘンなヤツさん、お待ちしておりましたよ~(^^ゞ。
コメントありがとうございます。
アチコチでお人形さんの写真を撮っているのですか?(^^ゞ
いなちくのコースの近くにお住まいなんですか?
Commented by 北鎌のヘンなヤツ at 2017-11-15 20:47 x
その節はお世話になりました。
はじめてのルートでしたので先行者がいるってだけで心強かったです。
山はモチロン、フルマラソンでザックに担いで走ったり、ビワイチで人目に付かないようコソコソ撮影したりしてますよ笑
ちなみに生まれも育ちも住まいも佐用ですが誰も知らない田舎なので便宜上姫路らへん出身と答えることが多いです。
Commented by piyopiyodesu at 2017-11-15 22:54
マラソンもバイクもやるんですね!
共通点多いですね(^^ゞ。
ボクは姫路生まれで、海内小学校入学と同時に父の実家の佐用町海内に引っ越して、大学入学で佐用を離れました。
そんな二人が北鎌で会うなんて、なんと奇遇な!
今後もよろしく~(^^ゞ。

<< ガーミン935の弱点 いなちくロングライド 1 >>