真冬のフルアワイチ159km その1

 1月4日の記事で、舞子の明石海峡大橋のたもとから対岸の淡路島を眺めながら、

「久し振りにアワイチ(淡路島1周)をしようかな。」

と書いたところ、徳島の暴れん坊、ボーンズさんから間髪入れずに

「アワイチやるならオレを誘え!」

と脅迫じみたコメントが書き込まれ、今更冗談ですとも言えず、寒いのに19日に走ることになりました(^^ゞ。

それを目ざとく見つけたkonoさんが、大阪から近鉄、JR環状線、神戸線と乗り継いで輪行で参加。
アンタも好きねぇ(^^ゞ。

この○ソ寒いのに、物好きが3人集まりました。

何気なく書いてみただけだったんですけどねぇ。
口は災いの元とはよく言ったものです(^^ゞ。

分厚い脂肪層に包まれたボーンズさんは極寒に耐えられるのでしょうが(^^ゞ、体脂肪率12%のボクは寒いのがてんでダメです。

こごえるような寒さを覚悟していたのですが、先日買ったパールイズミの3点+モンベルのTシャツで、なんとか乗り切ることができました。

ウインドブレークジャケットって暖かいですね、もっと早く買っときゃよかった。
ヒートテックシャツも、ユニクロのヒートテックみたいに汗でヒンヤリすることなく、薄いけど暖かかったです。

ウィンドブレークビブタイツも秀逸でしたね。

やっぱり高いウェアは高いだけのことはありますね。
買って良かったよ(^^ゞ。

ボーンズさんは、スポーツバルムっていうトウガラシの成分が入ったクリームを塗ってきたそうで、薄着でもポカポカ暖かいって言ってました。


ナヌッ!そんなエエモンがあるんかいな。
脂肪のおかげじゃないのか!?(シツレー(^^ゞ)

オレも買うど!と思って帰宅してから検索したけど、スポーツバウムで検索したせいかヒットしませんでした(爆)。

バルムで検索したらちゃーんとでてきましたよ~。


人一倍末端が冷えやすいボクは、靴下と、二重にした手袋にカイロを貼っていましたが、早朝と
日没後は指先の感覚が完全に麻痺してしまってシフト操作ができなくて困りました。

ギアを重くするための小さいレバーが操作できないんです。


徳島からクルマで来られるボーンズさんとは、淡路島の岩屋で9時に待ち合わせだったので、明石発8時20分のジェノバラインに間に合うように7時にウチを出ました。

ウチから明石までは約24kmで1時間、準備運動にちょうどいい距離です。

この日は久し振りにDHbを外した青空号+シャマルウルトラで走りました。
c0236857_21460270.jpg
 

最近ず~っと固定ローラーに固定されっぱなしなので、たまには外の空気を吸わせてやらないとね。

明石でkonoさんと落ち合って、いざボーンズ小次郎が待つ巌流島へ。
遅いぞ武蔵!
小次郎敗れたり~(^^ゞ。

c0236857_21455574.jpg

c0236857_21461028.jpg

昨年7月、ボクのトライアスロンのデビュー戦『ひわさうみがめトライアスロン』の応援に来てくれて、熱いレースを目の当りにしたボーンズさんは、ぴよぴよさんのようなカッコイイオヤジになりたい!と思われたのかどうかは知りまヘンが、今年トライアスロンにデビューの予定です(^^ゞ。

ウェットスーツを買われたそうです。
水泳も始めたとか。

いやあ、本気だったんですね(爆)。
嬉しいなぁ(^^)。
てっきり冗談かと思っていましたよ(^^ゞ。

今年のひわさではライバルですね!
エイジはボクの方がだいぶん上だけど負けまヘンで!(^^ゞ。


明石から岩屋までは13分なので、9時よりかなり早く着いたのですが、ボーンズさんは既に我々を待ってくれてました。

挨拶とおしゃべりもそこそこにすぐにスタート。

なにしろ寒くて、ペダルを回してないと震えるぐらいなので、休憩時間は短めになりますね。

スタートして間もなく、ボーンズさん、konoさん、ボクの順でドラフティング走行していると、7人トレインに追いつきました。

もうちょっと速くてもいいかな、だけど抜いていくほどでもないかなという微妙なペース。

ボーンズさんが振り向いて

「どうしましょう?付かせてもらいましょうか?」

と聞くので、

「付きましょう!」

と即答。

最後尾の方の許可を得てトレインに加えてもらいました。
ラッキー(^^ゞ。

c0236857_21491866.jpg


今日はこのまま一日楽チンできるんかいなぁと思ったけれど、世の中そんなに甘くはないですね。
佐野の旧道に進んだ7名は、どこかに寄り道されたので、お礼を言ってその後は3名で先頭交代を繰り返しながら走りました。

この日は北西の風6~7m。
冬の淡路島ではお決まりの風です。

東海岸を南下する序盤はあまり風の影響を感じませんでしたが、中盤の山岳ステージでは不規則な複雑な風で、西海岸を北上する終盤はモロに向かい風でした(>_<)。

わかっていたことなので、こんなもんだと思って走りましたけどね。
ランニングばっかりであんまりバイクには乗ってないのですが、バイクの走力はあんまり落ちてないなぁと思って安心しました。

洲本の長いこと道路工事が続いている場所で、片側交互通行の整理役のおじさんが(ボクも立派なオジサンなんですけどね)、

「速(はや)チャリ3台が最後。」

ってトランシーバーで連絡してました。
なるほど~、ママチャリと区別するのにロードバイクは速チャリって呼ばれてるんやね。
おもしろいね。

洲本のファミリーマートでいつものように休憩して、持参したどら焼きを半分食べました。

39円で215kcalの業務スーパーのどら焼きは、コスパが高くてお気に入りです。
いつもサドルバッグか背中のポケットに二つ入れて出ます。

konoさんとボーンズさんはコンビニで売ってるらしい小さな羊羹を食べてましたね。

ボクは子供の頃から羊羹が嫌いで、お盆に親戚が来て仏壇に供えた箱を開けてみて、ゼリーだったら大喜び、水羊羹ならまあまあ、羊羹とかサラダ油なんかだったらがっかりしたものです。

今では羊羹も少しは食べられるようになりましたけどね。

c0236857_21461824.jpg

寒いのですぐに出発(>_<)。

水仙郷の峠の頂上近くにて。
露出オーバーでわかりにくいですが、山の間に海が見えてるんです。

ずっと海岸沿いを走ってきたくせに、山の上から海が見えるとなんだか嬉しくなっちゃう(^^ゞ。

c0236857_21462622.jpg
道端に雪が残っていましたが、路面凍結はしていませんでした。

c0236857_21463449.jpg

水仙郷の下りで、ロードバイクとクルマの事故現場に遭遇しました。

下りブラインドの狭い左コーナー。
クルマ同士だと徐行以下のスピードでないと擦れ違えないような道幅でした。

下っていたバイク対上ってきたクルマの事故のようでした。
バイクの人は左太腿の付け根付近に大きな擦過傷(けっこう深手に見えた)があるものの立っていて、

「大丈夫ですか?」

と聞いたら頷いていたのでたいしたことはなさそうでしたが、マビックの高そうなホイールは完全に曲がってました。

想像ですが、コーナーに進入してからクルマに気付いてブレーキ→リアが滑って転倒→滑走してクルマに接触・・・・みたいな感じでしょうか。

クルマがキープレフトを守っていたのかどうかは不明です。

アワイチの中で、この水仙郷の峠が一番危険なんです。
狭いしタイトコーナーの連続だし。

ボクも下りの左コーナーでインベタで上ってきたクルマと接触しそうになったことがあります。

見通しの悪いコーナーには必ずカーブミラーがあるので、ボクは早くからクルマの存在に気付いていて、十分減速して白線の外側を走っていたから避けられましたが、バイクが左にバンクしてなければ間違いなくドアミラーに引っ掛けられていたと思います。

相手のクルマの運転手は、カーブミラーを見ていたのかどうかわかりませんが、クルマなら気付いても小さなバイクには気付かないかもしれないし、な~んにも考えずにインベタで走る人もいるでしょうから、そういうつもりで走らないと命が幾つあっても足りませんね。

自分もクルマを運転しますから、こんなことは書きたくないけれど、他人の運転は信用しない方が身のためですね。

目が合ってアイコンタクトがとれたから、コチラの存在に気付いてくれているのだろうなんてことは思わない。
クルマは見えても自転車は見えない不思議な目の人が多いです。

このタイミングで割り込んでくることはないだろうなんて甘い期待はしない。
いかなる場合でも、自転車よりクルマが優先だと勘違いしている人が結構いる。
自転車の運転手よりクルマの運転手の方が身分が上で、自転車の運転手なんぞひき殺されても文句は言えないと思っている輩もいる。

それぐらいに思っておいた方が長生きできるでしょう。


続く・・・・(^^ゞ。

下のバナーのうち、どちらか一つで結構ですのでポチっとしていただけたら、早く続きを書かなきゃ!っていう気になるんじゃないでしょうか(爆)。

よろしくお願いしますね(^^ゞ。

にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

by piyopiyodesu | 2014-01-23 08:52 | ロードバイク ロング | Comments(6)  

Commented by ボーンズ at 2014-01-23 14:28 x
本当に寒かったですが楽しかったですね(^^)d
気温は5℃を下回っていたので、体脂肪20%を上回る僕も寒かったです(^^;
水仙郷は結構危険ですから事故のないように走りたいですね(-_-;)
トライアスロンデビュー戦に向けてダイエットしますよ(^^)/
Commented by kono at 2014-01-23 20:49 x
だいぶ輪行にも慣れて来ました。アワイチはオールシーズン楽しめるってわかりました。私はまだ暑い熱いアワイチと寒い寒いアワイチしか知りません。次は春を楽しみにしてます。
勾配がついてくると、何故かペースアップするお二人…序盤早々に脚が攣りかけました(^_^;)
事故現場には初めて遭遇しましたが、本当に気持ちが引き締まる思いでした。
これからも安全第一を心掛けます!
Commented by nolly at 2014-01-23 21:15 x
>他人の運転は信用しない方が身のためですね。
同意です。
交差点での対向右折車も自転車を無視して突入して来ると常に思っています。
Commented by piyopiyodesu at 2014-01-23 21:39
ボーンズさん、たしかに寒かったんですけど、走っている間は気になりませんでしたね。それだけ発熱してたんですね。
ダイエットなんてしたらタイヘンですよ、力が出なくなりますよ!
今のままのボーンズさんが好きなんです。
現状維持か25%ぐらいを目指してください(爆)。
Commented by piyopiyodesu at 2014-01-23 21:42
konoさん、遠方よりお疲れ様でした。
輪行はやればやるほど手の抜き方が身に付いて早くなりますね。
真冬のアワイチは真夏よりは楽かもしれませんね、着ればなんとかなりますもんね。
3月と言わず2月ぐらいにもう一度・・・・・・(^^ゞ。
Commented by piyopiyodesu at 2014-01-23 21:46
nollyさん、コメントをありがとうございます。
相手がどんな運転をしてくるのかが分らない以上、最悪の場面を想定して自分を守ってやらないと、自分の代わりはいませんからね。
それでアベレージが少し遅くなろうと、気分が悪かろうと、事故よりずっとずっとマシぐらいに思うべきですね。

<< 真冬のフルアワイチ159km その2 マラソン大会6週間前の練習 >>