7時間耐久レース参戦記その1

 4月21日、岡山国際サーキットでの『晴れの国おかやま 7時間エンデューロ(耐久レース)』に参加してきました。

初参加の昨年は、3名で7時間チームの部にエントリーしました。
その時のことは『出し切った』というタイトルでブログに書いてますので、お暇な方は読んでみてくださいね(^^ゞ。

チームメイトのAさんが撮影編集してくれた動画もあります(^^ゞ。



今年は7時間ソロの部にエントリーしました。

目標はただ一つ。
7時間を平均時速30km以上で休憩なしで走り切ること。

これだけです。
順位なんて全く気にしません。

どうしてもトイレに行きたくなった場合はしょうがないけど、それ以外では絶対休まずに走り続けるつもりでいました。

『臨時漕会』のメンバーに、

「トイレに行きたくなったらどうするの?」

と聞かれて

「もちろんタレ流しやん!」

と答えたら、ボクなら本当にやりかねないと思われたようですが、流石にそれはね(^^ゞ。
ボクの尊厳にも拘わりますからね。

青空号が可哀相ですがな(^^ゞ。
誰にもバレなきゃいいんですけどね(爆)。

この目標が達成できるかどうかは微妙なところ。
自分よりちょっと速いペースのトレインに、どれだけ長く乗っていけるかで決まると思っていました。

さて、どうなったのでしょうか?
目標は達成できたのでしょうか?(^^ゞ

前日の天気予報では、前夜からの雨はレースが始まる頃には止んで、一日中曇りということだったのですが、山の中にあるサーキットなので、最悪の場合は雨の中のレースになることも想定して、登山で使うゴアテックスのレインウェアの上下を用意していましたが、予報どおりに早朝には雨があがり、レースが始まる頃には路面は乾いていました。

試走の時間帯はまだウェットで、高速アトウッドコーナーでは滑りそうで怖かったので、ゆっくり走りました。

レース中にバックストレートでボクのブログを見てますよと話しかけてきてくれた若い方は、試走中に落車されたそうで、レーパンは破れて左太腿からは血が出ていました。

サーキットは広くて障害物がないので、自分が思っている以上にスピードが出ていることがあるので、ウェットの時は要注意ですね。

気温が低くて冬用のウェアでいくか夏用でいくか、直前まで迷いました。
両方用意していましたが、せっかくの『臨時漕会』のレーパンとジャージを着て走りたかったので、下にヒートテックの半袖Tシャツと、モンベルの速乾性Tシャツの2枚を着て、爪先と手袋内と腹に二つカイロを貼りました。
さらに、レース数日前にアマゾンで急きょ購入した裏起毛のアームカバーを装着。
これが安い割には暖かくていい買い物でした(^^ゞ。

下は、ユニクロのスケスケウスウスセクシーパンツとワコールのサポートタイツCWXを履いた上に『臨時漕会』のレーパンを履いてちょうどいいぐらいでした。

どんだけ寒がりやねん!っていう感じ~(^^ゞ。

レース中に陽が当った時はちょっと暑く感じることもありましたが、胸のファスナーを少し開けて温度調節すれば、それぐらい重ね着してちょうどいいぐらいでした。

じじぃになると寒いのが堪えるんだよね~(^^ゞ。

サポートタイツのCWXは、却って抵抗になると嫌う人もいるようですが、ボクは+効果の方が大きいと思って気に入ってます。
山歩きでも必ず着用します。

好みの問題ですね。

もう一つ迷ったのが水の量です。

4本のボトルを用意していました。

ストロー付きのキャメルバックのボトルには、補給食としてパワーバー(パワージェル)を10個、約1000kcal分を入れていました。

ボトルに入れずにパワーバーの容器(袋)から直接飲んでも良かったのですが、ケチじゃなくて節約家のボクとしては、容器の隅っこに少し残ってしまうジェルがもったいなかったんですよね~(^^ゞ。
予めボトルに移しておけば、最後の一絞りまで無駄なく絞り切れますからね~(^^ゞ。
ケチじゃないんですよケチじゃ、倹約家なんですよ~(^^ゞ。
勘違いしないでくださいね~(^^ゞ。

背中のポケットに10個も入れたら400gにもなって腰が痛くなると心配したこともありますしね。

パワーバーはかなりドロっとしてますが、ストロー付きのキャメルバックでも飲めることは確認済みでした。

しかし、気温が低かったせいでジェルの粘度が高くて、飲むのにかなりの吸引力を必要としました。

吸っても吸ってもなかなかジェルが上がってこないんだなーこれが(^^ゞ。

事前に確認した時は、気温が高くてジェルが柔らかくなっていて飲みやすかったんですけどね。

ただでさえ呼吸が苦しい走行中に、思い切り吸わないとジェルにありつけないのはちょっと失敗でしたね。
飲めたのは飲めたのですが、水で薄めるとかしてもう少し飲みやすくしておくべきでした。

ヴァームを飲んでいたから補給食は必要ないかも?とも考えたのですが、空腹感を感じながら走るのは精神的につらいので、小腹がすいた時にチビチビ飲みながら走りました。

1/3ぐらい残ってました。

ドリンク用のボトルは3本用意していましたが、気温が低かったので2本だけ積んで走ることに決めました。
中身はヴァームウォーターです。
すっかりヴァームが気に入ってしまいましたね。
明治のお得意様になっちゃったよ(^^ゞ。

水分補給は多過ぎるとトイレに行きたくなるだろうし、不足すると筋肉が痙攣する原因になるとか言われているので、喉が渇いて口の中がネバネバしてきたら一口だけ口に含んで、口の中を潤してからゴクン。

しばらくしてまた喉が乾いたら同じように一口だけゴクンっていう感じでボトル2本で少し余るぐらいでした。

筋肉が痙攣する兆しも全くなく、ハンガーノックに陥ることもなく、7時間を走り抜くことができました。



幾つか出店してましたが、準備に慌ただしく、7時間走っていたのでゆっくり見る間はありませんでしたね。

c0236857_832287.jpg


c0236857_8321318.jpg


c0236857_832174.jpg


c0236857_8322125.jpg


c0236857_8323010.jpg



チーム『臨時漕会』のメンバーは全員がソロで参加でした。
ボクだけが7時間で、他の皆さんは4時間でした。

仁王立ちでメンバーに気合を入れるチーム監督のおねえさん(^^ゞ。

c0236857_8322536.jpg


c0236857_8324691.jpg


c0236857_8325152.jpg


チーム全員そろって、レース前の記念撮影です。

c0236857_833246.jpg


c0236857_83365.jpg


一旦ピットロードにバイクを並べて、この後ホームストレート上のスタートラインへ移動しました。

c0236857_8331696.jpg


c0236857_8332134.jpg


c0236857_833256.jpg


8時30分に、7時間のソロとチームに参加の選手たちがスタートして、その3分後に4時間のソロとチームの選手たちがスタートしました。

昨年は厚かましくも最前列からスタートしたボクですが、今年はおとなしく3列目ぐらいからスタートしました。

スタートを待つ間が寒くてねー、参ったなぁ。

隣の方に、
「寒いですね、どちらからですか?」
と話しかけたら、ボクのジャージを見て
「コギコギさんのチームですか?ブログ読んでますよ。」
と言われまして、

「ボクのブログはこれなんです。」
と、ジャージに印刷してあるボクのブログ名を指さしたら、
「あ~、見たことあるかも~。」
だって。

その程度かい!(^^ゞ。

久しぶりの自転車ネタです。
登山記事じゃあポチれないよ!と思っていた方も、今回は心おきなくポチっとしていただけますよね(爆)。
よろしくお願いします。
ポチっとしてくださいね~(^^ゞ。


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

by piyopiyodesu | 2013-04-23 08:41 | ロードバイク ロング | Comments(4)  

Commented by おばさん at 2013-04-23 16:34 x
仁王立ちの後ろ姿は、立派な オッサンの風格ですな^^;
天候がどうなるんだろう?…が一番心配でしたね! 風が強く とても寒かったけれど、雨が降る事を思えば 万々歳でしたね! お疲れ様でした!
Commented by piyopiyodesu at 2013-04-23 22:17
鬼監督に見えますね(^^ゞ。
雨が降らなくて良かったですよ~、風なんて半分向かい風でも半分は追い風ですからね、かわいいもんです(^^ゞ。
応援ありがとうございました!
Commented by しし at 2013-04-24 00:27 x
ぴよぴよさんはじめまして。
僕も7時間チームでですが出てましたよ。
少しの間後ろつかして頂き千切れて行きました(^_^;)お礼も言えずにでしたのでここでご挨拶とさせてもらいますね。
当日天気はどうなるかと思ってましたが無事に晴れて良かったですね。風はキツかったですが。。。
Commented by ぴよぴよ at 2013-04-24 07:45 x
ししさん、コメントありがとうございます。
お礼だなんてとんでもないです。
後ろにぴったり付いてもらった方が、少し空気抵抗が減るので、ボクは歓迎です。
吹き流しのあるコーナーは上りで向かい風で厳しかったですね。
みんな同じ条件だから雨が降らなかっただけでも良かったです。
今後もよろしくお願いしますね。

<< 7時間耐久レース参戦記その2 西穂高岳登山 その3 >>