無補給でトライアスロン

 先日、超人気ブログ『自転車コギコギ日記』で、ヴァームのことが紹介してありました。

『ヴァームが効いたと思った日』

です。
読まれた方も多いのではないでしょうか。
まだ読んでない方は、先にコギコギさんの記事を読んでからこの記事を読んでみてくださいね。

その方が話が判りやすいと思います。

説明マル投げ(^^ゞ。

自転車に乗り始める何年も前に、仕事帰りにプールで泳いでいた頃にヴァームを飲んでいました。
特に太っていたわけではないのですが、腹の肉が気になり始めていたので、脂肪が燃えやすいという謳い文句につられて試しに飲んでいたっていう感じでした。

その時は、特に効果らしきものは感じられず、高木ブーが出演していたCMが記憶に残っていただけでした。

「ババッババッバヴァーム、ババッババッバヴァーム」っていうCM覚えていませんか?

コギコギさんの記事を読んで、何でも自分で試してみないと気が済まないボクは、早速ヴァームを買ってきました。

一番高いスーパーヴァームです。

c0236857_21163897.jpg


スーパーヴァームは本気でカラダを動かす人や、さらに上のステージを目指す人のVAAMです。

と書いてあるじゃないですか!

c0236857_21475618.jpg


まるで本気じゃない人は飲まなくてよろしい!と言ってるみたいです。

そうは言ってないか(^^ゞ。

よーし、オレは本気だぜぃ!
飲んでやるぜ!


3月28日、7時過ぎに朝食を食べました。
ボクの朝食はだいたいいつも同じです(^^ゞ。
トースト1枚と低脂肪乳400mlとグレープフルーツ1個。

そして、9時ごろにスーパーヴァームを飲みました。
一袋を水に溶かして仁王立ちになって一気飲みです(^^ゞ。

もちろん手は腰にです(^^ゞ。
パイナップルの味でした。
嫌いな味ではないです。
昔飲んだのは、ポカリスウェットを薄めたような味だったけど。

c0236857_21295676.jpg



昨夜の雨で路面が濡れていたこともあって、バイクには乗らずにまずは近所のプールへ行きました。

トライアスロン用のパンツとウェットスーツを着て100往復5000m泳ぎました。
2000m毎に水分だけは補給しました。
水の中にいても汗はかいているハズですよね?

昼前に一旦帰宅して、小一時間ほど休憩しました。
お腹がグ~と鳴りました。
胃の中は空っぽのはずです。
空腹感は感じるけれど、まだ我慢できる程度でした。

水だけ飲んで何も食べませんでした。

次はバイクです。
加古川河川敷マラソンコースへ移動して、 レースのつもりで40km走りました

半分追い風、半分向かい風でしたが、なかなかいいペースで走ることができました。
DHpはいいね!
風を切り裂いて進む感じが気持ちいいです。
気分はもうカンチェラーラですね(^^ゞ。

スピードは随分違うけど(^^ゞ。

c0236857_21271612.jpg


c0236857_21303145.jpg


平坦路だけならケイデンスはこんな感じです。

c0236857_21304198.jpg


サドルの後ろにボトルホルダーを取り付けて、振動で落下しないかをテストしましたが、ボトルが満タンでも空でも落ちることはありませんでした。
サドルの後ろのボトル2本で約1.5kgもありましたが、平坦路なら重さはあまり気になりませんね。

c0236857_7484052.jpg


c0236857_7485215.jpg


走り終えたのが2時過ぎ。
ここまで、水分補給だけで補給食は一切口にしていません。

さらに走り続けたらどうなるのかが気になったので、もう少し走ってみることにしました。

河川敷を後にして加西方面へ。

空腹感は感じるんです。
感じるんだけど強い空腹感ではなくて、小腹が空いたなぁっていう感じがず~っと続いて、先日のハンガーノックの時みたいに脚が動かなくなることはありません。

時々、強い空腹感を感じて、

「あ~、腹へった!このまま走り続けていても大丈夫なのかなぁ?」

と心配になることも何度かあったんですけど、そのまま走り続けていたら、しばらくするとまた小腹が空いたなぁっていう感じに戻るんです。

結局、ほとんど休憩せずに109km走りました。
補給食を買わないからコンビニで止まることもないし、3ボトルだから水も足りるし、疲れたらペースを落として休むから、休憩する必要がなかったんですね。

もちろん、赤信号では停車しましたよ。

アベレージは28.32km/hでしたから、決してノンビリ走ったわけではないです。

道端で綺麗な花を見かけた時は、ちょっと止まって写真を撮ったりはしました。

c0236857_7554839.jpg


c0236857_755567.jpg


5時40分ぐらいに帰宅して、靴を履き替えてすぐに走りに出ました。
変則的だけど一人トライアスロンです(^^ゞ。

さすがに体が重く感じたけど、いつもの10km定番コースを走ることができました。
59分でした。

なんとか1km6分を切りました。
遅いけど、今のボクには上出来です。

6時45分に帰宅するまで、水以外は一切口にしていません。

うっひゃ~、たまげたね~。

ホンマに脂肪が燃えてエネルギーに変わってるんやね!

調べてみると、脂肪1gで9kcal ものエネルギーに変わるんですね。

1日でどれぐらいのカロリーを消費したのでしょうか。
ネットで調べてスイム5kmバイク109kmラン10kmの消費カロリーを計算してみたら、それぞれ約21002600600kcalということがわかりました。

体重、性差、速度まで入力して調べたので、ほぼ正しい数値ではないかと思います。

ただし、スイムの時にウェットスーツを着用したので、その分を補正したいと思います。
ウェットスーツを着ると、バイクで言うとまるでドラフティングしているみたいに楽にスイスイ泳げるので独断で2100kcalの約7割の1500kcalにします

合計で4700kcalです。

朝食分のカロリーも計算してみます。
ネットで調べたら、マーガリン10gを塗った6枚切りトースト1枚で約250kcal。
低脂肪乳400mlはパックに書いてあるからすぐわかる、150kcal。
グレープフルーツ(中)1個は約90kcal。

朝食分は合計約490kcalになりますね。

体脂肪が燃えたことによって得られたのであろう熱量は、
4700-490=4210kcal
ということになり、それに相当する体脂肪量は468gになるハズですね。

(朝食を食べる前からあった血糖量は無視しちゃってるんですけどね)

日頃から体重と体脂肪率をきっちり管理していれば、その変化量は測定可能かもしれません。

しかし、運動直後に測定してもそれは無意味だと思うんですね。
運動直後にはたいてい体重が減っているものですが、それはほとんど水分が減ったことによるものなんですね。

アワイチを走ると1日で2kgぐらい体重が落ちますが、翌日か遅くても翌々日ぐらいには元にもどってしまいます。

また、体脂肪率測定機能のある体重計も、条件をそろえないとなかなか信頼できる測定はできませんよね。
朝と夜では全く違う数値だなんてことは皆さんも経験されていることと思います

ウチにはオムロンのこんな体脂肪率測定機能付き体重計があります。

c0236857_2236766.jpg


体に微弱な電流を流して抵抗値の大きさから体脂肪率を予測する方式なので、皮膚の水分量で随分違った数字になります。

汗ばんでいたり、風呂上がりなどで皮膚が湿っぽい時と、カサカサ乾燥している時では、2~3ポイントもの差が出ます。

そういうわけで、数値の信頼度は低いものの、できるだけ測定時の条件を一定にすることで、変化の傾向ぐらいは参考にできるかなっていうぐらいに思った方がいいと思います。

ウチの体重計によると、ここ数年のボクの体脂肪率は11~12%台で安定しています。
こんなに低くはないだろうと思っていますが、 同じ条件で継続して測定することによって、増加しつつあるのか減少しつつあるのかぐらいはわかるだろうと思っています

一般的には起床後すぐの測定がいいと言われているようですが、ボクはもの凄く快便で、便意で目覚めてベッドからトイレへ慌てて直行っていう日もあれば(^^ゞ、ゆっくり新聞を読みながら優雅な朝食中に徐々に徐々にもよおしてくるっていう日もあるのです(^^ゞ。

排便前後か、朝食前後かで体重が変化してしまうと分母が変わって体脂肪率にも影響があるだろうと思うので、1日の中で最も体の状態が一定であると思われる帰宅後すぐに測定しています。

だから、468gの脂肪が消費されたのかどうかは、翌日の測定を待って結論を出すことになりました。

29日の夜、仕事から帰宅して体脂肪率を測定してみました。

体重59.6kg 体脂肪率11.9% 総体脂肪量は7090g。
そして、27日の夜に測定しておいた体脂肪率は
体重60.6kg 体脂肪率12.1% 総体脂肪量は7330g。
減少した体脂肪量は240g!

ありゃ!468gの半分ぐらいやん!

これはどう考えたらいいのか?


ヴァームは確かに脂肪を燃えやすくする効果があるようですが、おそらく継続して飲んで、継続して運動しなければ体脂肪率はすぐに元に戻ると思うんです。

昼食と補給食を抜いたのだからと油断して運動後にバカ食いしたら、元に戻るどころか却って体脂肪を増やすことにもなりかねないと思うんです。

生体には恒常性(ホメオスタシス)という機能が備わっていて、生体内の大きな変化をきたさないようにできているんですね。

ヴァームを飲んで1日激しい運動をしたところで、体脂肪率の変化は僅かで、減った体脂肪はすぐにまた溜め込まれて元に戻るだろうと考えています。

ボクの体は、運動後の24時間で既に減った分の脂肪を蓄えつつあるのではないかと思います。
緊急備蓄燃料を常に一定量確保しておこうとする働きがあるはずです。

体脂肪量を減らしたければ、体脂肪量が減少していることに体が気付かないぐらいに、少しづつ少しづつ長期間かけて減らしていくのがリバウンドしにくい賢いやり方じゃないかと思うんです。

体脂肪は全てが「悪」ではなくて、緊急時備蓄燃料としての役割もあるし、体温維持やクッションとしての役割もあるそうですから、あまりにたくさんのクッションを身に纏うのはどうかと思いますが、減らしすぎるのも良くないと思っています。

イチローやプロボクサーじゃないんだから、程ほどに体脂肪がある方が疲れにくいと思います。

ウチの体重計で、10%台にまで落とした(落ちた)ことがありますが、なんだか体がだるくて疲れやすかったのを覚えています。

各自にちょうどいい体脂肪率ってのがあるんでしょうね。

何か目的があって計画的にゆっくりと体脂肪率を減少させるには、ヴァームは役に立つように思います。
それにしても根気と精神力の強さがいる作業だとは思います。

今後も運動前にはヴァームを飲んでデータを集めていこうと思っています。
新しい事実が判明したらお知らせしますね。


なんだか、科学的なようで科学的でない結果になってしまいましたが、何かのヒントになれば書いた甲斐があるというものです。

そんでもって、ポチっとしていただけたら、水だけで運動し続けた甲斐があるってもんです。
よろしくお願いしますね(^^ゞ。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

by piyopiyodesu | 2013-03-30 07:47 | トライアスロン | Comments(8)  

Commented by a-elf at 2013-03-30 08:44
ネットで検索してみるとヴァームの効果について懐疑的な意見が多く見受けられますが
実際に飯も食わずに試してみたんかと思いますよね。
この運動量を補給無しで
ハンガーノックにならずに行えた事は
普通のスポーツ生理学の考え方ではありえない事です。
もっと注目されていいスポーツ飲料だと思いました。
Commented by ぴよぴよ at 2013-03-30 12:01 x
そうなんですよ。ネットではヴァームが効く!とは書いてないんですよね。
育ち盛り食べ盛りのオヤジが(^^ゞ、朝から晩まで何も食べないでいたら、家でゴロゴロしているだけでも空腹で耐えられないと思うんですけど、さらにこの運動量ですからね。
効果アリは間違い無いですね!
Commented by おばさん at 2013-03-30 13:09 x
明治に勤めている友達が読んだら 大喜びして ヴァームいっぱい送って呉れないかなぁf^_^;)
勿論 お二人に 分け前を(^_−)−☆
こう言うのを 取らぬ狸の…って言うんですよね
Commented by ぴよぴよ at 2013-03-30 18:52 x
おねえさん、明治の友人にこのブログを読んでもらってください。
お礼のヴァームは預かっておいてください(^^ゞ。
Commented by タイプR at 2013-03-30 21:30 x
ぴよぴよさんもスーパーヴァーム買ったんですね。実は僕も昨夜同じのを買ったんですよ。「自転車コギコギ日記」を見て買いました。
明日、雨が降らなければサイクリングの予定なので試してみようと思ってます。
コギコギさんやぴよぴよさんの体験からするとかなり期待できそうですね。楽しみです。
Commented by ぴよぴよ at 2013-03-30 22:24 x
脂肪も燃やすし補給もするハイブリッドがいいのではないか?と思ったりしています。
ただし、糖分を摂取すると脂肪の燃焼が止まると書いてある所もあるので、糖分を含まないのがいいのかなと思ったり・・・・。
試してみてくださいね。
明日は降りませんよ!
Commented by ボーンズ at 2013-03-31 00:13 x
僕も今日黒いヴァーム買って来ました!
明日ヒルクライム大会なんですが、短い時間とはいえ飲まないよりは効果があるだろうから飲んで走ります☆
Commented by ぴよぴよ at 2013-03-31 07:35 x
脂肪が燃えてエネルギーに変わっても乳酸が発生しにくいそうなので、短い時間でも全力に近い走りのヒルクライムでも有効である可能性は高いのではないかと思いますよ。
頑張ってくださいね~(^^ゞ。

<< スローパンクしたタイヤのその後 バイクのあとはラン! >>