真夏の300km第一弾  その2

 昨日の続きです。

鳥取砂丘まであと15分ぐらいのローソンで、ガリガリ君を食べて休憩しました。
正午には砂丘に着きそうだなと思いながら何気なく青空号の後輪を見たら、こーんなことになってました

c0236857_20553667.jpg


老眼なので度付きサングラスをかけていると、はじめはよく見えなかったんです。
(それにしても、47歳で老眼という言葉は勘弁してほしいものです(>_<))

ガムがくっ付いているのか?と思ってグラサンを外して見たら、やっぱりこんなでした。

c0236857_20583353.jpg


戸倉峠の下りでロックさせた時にズル剝けになったんでしょうね。
リアのタイヤがすり減って、センターが平らになっていることはもちろん知っていたんです。
コンチネンタルのコンペティションというタイヤなんですけど、ボクにとっては初めて使うチューブラータイヤなので、換え時がわからなかったんです。

サイクルオンディマンドで見てもらった時は、「まだまだ大丈夫ですよ」と言われたので、そんなもんなんだと思っていたのですが、よく見ると路面と接する部分はかなりウスウスになってました。

走行中にバーストしなくてよかった!
チューブラータイヤは万一パンクしても、クリンチャータイヤに比べるとゆっくり空気が抜けて、いきなりぺったんこになってグリップを失うということは起こりにくいと言われていますが、バーストしたらどうしようもないですもんね。

バーストしてたら大切なBORA2が傷だらけになってたかもしれません。

不幸中の幸いですね。
オレってツイテル!

ローソンの前でタイヤ交換を始めました。

知ってますか?
チューブラータイヤって両面テープでホイールに固定してあるんですよ。
一回分の専用両面テープ(約2m)を、こんな風にチョコエッグの容器に巻き付けて携帯しているんです。

c0236857_21581741.jpg


こんな風に力任せにタイヤをホイールから剥がしていきます。

c0236857_2184849.jpg


結構力がいります。

ここまで剥がせたら後は早いです。

c0236857_2119582.jpg


ディープホイールなので、エクステンダーという延長バルブを使います。
タイヤのバルブの構造がタイヤメーカーによって違うんです。

これは外したコンチネンタルのバルブとエクステンダー。
バルブの先にエクステンダーをねじ込みます。

c0236857_21224272.jpg


これは予備のビットリアのバルブ。
バルブが根元から外れます。

c0236857_2124852.jpg


コンチネンタルからエクステンダーを外してビットリアにつけ換えようとしました。

?????????
?????????


アリャっ?
ヘンだぞ!

エクステンダーがつかへんやん!
コンチネンタルとビットリアではバルブの構造が違うことは知っていました。
知ってはいましたが、どう違うかまではよく理解していませんでした(爆)

途中から外すか根元から外すかの違いだけだろうと勝手に思いこんでいたんです(^^ゞ。

頓挫しました!

わお!どうしよう?
困ったぞ!

しばらく考えました。

①自走は諦めて輪行で帰る?
②コンチネンタルのズル剝けタイヤでおとなしく帰る?

そうだ!コンチネンタルのズル剝けタイヤをもう一度装着して、ロードバイクのショップを探そう!

さっき外したばっかりのタイヤを付け直して、スマホでロードバイクショップを探しかけた時に、一人の若者が話しかけてきてくれました。

「パンクですか?」
「そうなんですよ、かくかくしかじかで」←便利(^^ゞ。

「それなら、ここから1kmぐらいのところにロードバイクのショップがありますよ。」

彼は高校時代は自転車部員だったそうです。

オレってホンマにツイとーなー(ついてるな)。
お礼ついでに、ブログを書いてることを言ったら、
「そのブログ見たことあります!」
だって!

こんなの初めて。
メッチャ嬉しいなぁ。

お名前をうかがうのを忘れましたが、その節はありがとうございました。
助かりました。
これからもこのブログを見てくださいね。
できれば見るだけじゃなくてちゃんと読んで(^^ゞ、一日一回ポチっとしてくださいね(爆)。

ショップはすぐに見つかりました。

c0236857_21475371.jpg


「かくかくしかじかなんです。」←ほんっと便利(^^ゞ。
突然押し掛けたのにすぐに見てくださいました。

どのメーカーのタイヤにも使えるエクステンダーを着けてもらって一件落着~。

c0236857_2151097.jpg


このエクステンダーのいい所は、空気を入れた後で外せるところです。
外してしまえばエクステンダーの先端がホイールからはみ出さないので、見た目もスッキリするし、僅かですが空気抵抗も減るはずです。

パンク防止のシーラント剤は置いてなかったので、後日なんとかしないとね。

新しいタイヤはビットリア コルサ EVO CXです。

c0236857_21552711.jpg


コンチネンタル コンペティションとの違いは全くわかりませんが、さっき触ってみたら空気が抜けるのがかなり早いようです。
前輪はまだ硬いのに、後輪は既に柔らかくなってました。

予定より1時間遅れて13時に砂丘に着きました。
144kmをアベレージ26.26kmでした。

c0236857_21561176.jpg


砂丘に行くと必ずすること。
それは、お土産売り場で試食品を全て食べることです(^^ゞ。

c0236857_2273490.jpg


c0236857_2274678.jpg


c0236857_2275678.jpg


この梨羊羹だけは食べ尽くされていて食べられなかったのが残念。
また食べに砂丘に行かねば(^^ゞ。

c0236857_228117.jpg


白兎海岸前のローソンで冷やしぶっかけうどんの大を食べました。
うどんにはウルサイボクですが、コンビニで290円で食べられるうどんとしては合格ですね(^^ゞ。

c0236857_22104835.jpg


ビキニギャルが大勢いるのではないか?と秘かに期待していたのですが、平日だったせいかまばらでしたね。

c0236857_2212032.jpg


水をかぶりながら自転車で走るより、あっちの方がええなぁ(^^ゞ。

c0236857_22125261.jpg


日本海は綺麗です。

c0236857_22135323.jpg


c0236857_22142429.jpg


c0236857_22143711.jpg


白兎海岸を出発したのが14時半でした。
残り約150km!
走るど~。

智頭線の恋山形駅(の案内板)です。

c0236857_22215472.jpg


地図を見ていて偶然見つけた駅なんです。
名前が変わっているので目についたんです。

こんな地名なのかな?と思って調べてみたら、地名は「山形」で、この地方の旧国名である「因幡」を頭につけて、「因幡山形駅」になる予定だったのを地元の人達の要望で、人が集まるようにという願いを込めて「来い」と「恋」をかけて「恋山形駅」になったそうなんです。

こういうのちょっと好きです。

なーんにも無い所なので、人は集まらないでしょうが、それでいいじゃないですか(^^ゞ。

c0236857_2223113.jpg


もっと山奥の田舎で育ったボクとしては、綺麗な川と山があればそれでいいじゃないですかね。
なかなかこんな自然に囲まれた中で子供時代を過ごすことはできないですよね。
大人になって都会暮らしをするようになったとしても、きっと将来いい思い出になると思うなぁ。

右は智頭線、左は鳥取自動車道です。

c0236857_22261918.jpg


道の駅新宮のコンビニで休憩している時に日が暮れました。

c0236857_2227539.jpg


予定より1時間ほど遅れて21時頃になんとか帰宅しました。
5時に出発して21時ですから、タイヤトラブルで1時間よけいにかかったことを考えると、100km5時間の法則どおりですね。

200kmを超えたあたりから腰痛がひどくなって、脚はまだ元気なんだけど連続してペダルを回すのが苦痛になってきて、ちょっと回してはペダルを止めたり、ダンシングして腰を伸ばしたり、手放しで体操したりしながら走り続けました。

大原駅、あわくら温泉駅、石井駅、平福駅・・・・・・・駅の案内板を見る度に、ここから輪行したらどんなに楽だろうと思いましたが、今日は300km走るのが目標なのだから、走れるうちは絶対走ると決めていました

先日、佐用町のヒマワリを見に行った時は、あまりの向かい風に根負けして輪行してしまったので、自分を甘やかしてはイケナイ!ヘンな癖をつけてはイケナイと思ってペダルを回し続けました。

素晴らしい!
なんと見上げた心がけでしょう!
(誰も言ってくれないので自分で言います(^^ゞ)

まるで自転車乗りの鏡ではないですか(^^ゞ。
え~、ご希望の方にはボクの爪を格安にてお譲りします。
売るんかい!
そんなもんいらんわい!

走行距離:304.49km (サイコン不調のせいで4kmぐらい損した~)ヒツコイ(>_<)
走行時間:11h32m
平均時速:26.37km
最高時速:60.69km
平均CAD:87
平均心拍数:145
最高心拍数:166
消費CAL:6190
TOTAL ODO:9495km (since 2011 10 16)



よく頑張りました!と思われた方、思うだけじゃなくて態度で示して下さい。ポチっとお願いします(^^ゞ。

心拍数低いヤン!もっと頑張れたんちゃうか!とか、バルブの違いぐらい理解しとけよ!と思われた方、もう頼みません(>_<)。
でもやっぱりポチっとお願いします(^^ゞ。

にほんブログ村 自転車ブログへ

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

by piyopiyodesu | 2012-07-27 21:09 | ロードバイク ロング | Comments(6)  

Commented by おばさん at 2012-07-28 20:08 x
半端無い暑さの中 300キロオーバーは 凄い!
私は今日128キロ走りましたが、目がチカチカして 頭が痛くなり…危なかったです(T_T)
水分ばかり欲しくなり、まるで渇き病でした(;_;) 気をつけていた積もりでも 足りなかったかもしれませんね (-_-;)
Commented by ぴよぴよ at 2012-07-28 20:44 x
おねえさん、大丈夫?
ボクはね、信じてもらえないかもしれないけど、保冷タオルと水かけ作戦の効果で、走行中はあまり暑いと思わなかったですよ。
水はぬるい方が吸収が早いから、冷たいのばっかり飲んじゃダメですよ。
128kmはすごいですよ!
Commented by おばさん at 2012-07-29 09:16 x
フレームの関係で2ボトルが出来ないのが辛いです(>_<) 首には一応保冷の物は巻いていたのですが、朝から強烈な陽射しで、ご存知 銀行強盗ルック!夏はいかに暑さに対応するかも大きな課題ですね!
Commented by ぴよぴよ at 2012-07-30 12:35 x
やっぱり、空冷には限界があると思います。
だって、体温と変わらないような風があたっても冷えないでしょ?
保冷の物を水が滴るぐらいびょびちょにして、休憩の度に水をかぶるぐらいした方がいいですよ。
Commented by なお at 2013-04-22 01:14 x
これは素晴らしい。私もがんばらねば!と思わせる内容ですね。
じぶんは300はやったことないですねまだ無理かな。260でへこたれてきましたし。
Commented by ぴよぴよ at 2013-04-22 07:35 x
なおさん、古~い記事にコメントをありがとうございます(^^ゞ。
その日の体調とコース次第で、同じ300でも余裕があったり厳しかったりしますね。
お互い楽しみながら頑張りましょうね!

<< 乗鞍ヒルクライム 真夏の300km 第一弾  その1 >>